阪急杯の傾向 2017
阪神1400mで行われる古馬GⅢ「阪急杯」。

高松宮記念の前哨戦で1着には優先出走権が与えられる。2012年から導入された「1キロ減じます…」でGⅡ同様の措置が取られているはず。06年から1400mの別定戦になったが、以前は違う距離で、(96年から)1200mでハンデ戦など条件が違う時期も。

07年は1着同着だった。


 阪急杯の傾向 (過去10年の連対馬+3着馬データから) 2017


<実績>
最低連対ラインは「1600万勝ち」。

OP以上が…

「OPは3着2回など、重賞は京王杯SC3着、キーンランドC4着、スワンS3着、京都金杯12着」のオメガヴェンデッタ
「シルクロードS8着のみ」のマジンプロスパー
「OPは葵S5着、重賞5戦して阪神牝馬S3着、ヴィクトリアマイル6着など」のスプリングサンダー

残り17頭は「重賞連対」。
ただ、「重賞が札幌2歳S12着、キーンランドC2着、スプリンターズS3着、京阪杯6着」のビービーカルダン以外の16頭は「重賞2連対以上」。

1年延ばしても2頭ともが「重賞連対馬」では無かった12年と06年は「3番人気が重賞連対なし」で共通しており、出走メンバーのレベルもあった。メンバー次第では条件を下げるのがいいかと。

(3着も「1600万勝ち」。OP以上が「京成杯4着、アーリントンC5着、東京新聞杯11着」と「橘S6着のみ」。次点は「OP2着」で、「重賞初出走」。残り7頭は「重賞連対」。内、「重賞複数連対」は4頭。)



<距離>
全馬に共通するのは「1400m以上連対」+「1400m連対」。

1400mが2着までだったのは

「1400m2着(0.1秒差)、1600m2着」のロードカナロア
「1500m2着(0.3秒差)など」のビービーガルダン

残り18頭には「1400m以上勝利」があった。

※阪神1400m重賞は、暮れのGⅡ「阪神C」や3歳春のGⅡ「フィリーズR」で「1400に出走のない1200m連対馬」がいるので可能性は残るが、1400mになって10年間「1200mまで」の連対はない。

(3着も「1400m以上勝利」。ただ、1400m以下が「京王杯2歳S3着やスワンS5着、京阪杯7着など」のオリービンと「1400m以下初」のフラガラッハは1400m以下で連がなかった。)



<コース>
「阪神連対」17頭。

残りは…

「アーリントンC8着、阪神C7着、チャレンジC5着、阪神C3着」のダイワマッジョーレ
「阪神C4着のみ」のガルボ
「1000万7着と13着」のビービーガルダン

2戦以上で連の無かった2頭が「関西馬」なので、輸送が短いなら気にする必要はないのかも…。

(3着は「阪神連対」7頭、「初出走」2頭。残り1頭は「GⅠ4着2回、GⅢ5着」。)



<脚質>
「逃げ」4頭、「先行」9頭、「差し」7頭。

600mは45.2、47.0(重)、44.9、45.6、45.8、44.8、46.2、45.7、46.1、45.7、46.3(不良)で、開幕週を考えるとペースは遅い。
なので、実績馬なら粘れており、その影響もあってか「前の方が多い」。
(3着は「先行」4頭、「差し」6頭。)



<その他>
10年で「人気」は1番人気4連対、2番人気4連対、3番人気4連対。

4番人気5連対で、残りは5、7、8番人気。
1~4番手人気が同じような数で、人気割れもあるのか、大きく荒れる事はないかと。
崩れ方でも1番人気がもっとも大きく、2、3番人気の方が掲示板を確保しやすかったりする…。

3着は5、9、5、11、1、5、7、2、6、2番人気。


上位人気で4着以下だったのは競走中止もいるが、「GⅠ3着以内」「前年以前の連対馬」「1400m以下連対なし」「阪神連対なし」「後方からの競馬」などが多い。
4着や5着が多いので判断が難しくはなるが、上位人気というだけで狙うのは危いかと。



「上がり3ハロン3番手以内」は10年で10頭。

前が多い事と距離を考えてもあまり該当してない。
半分以上なので、ある程度の脚は使えた方がいいが、展開を早めに動く馬を1頭は入れておきたい。
(3着は10頭中5頭。)



「鞍上」は「岩田康誠」騎手と「浜中俊」騎手の3連対がトップ。

「武豊」騎手、「四位洋文」騎手、「吉田豊」騎手の2連対が続く。
ちなみ関東の吉田豊騎手はサンカルロの2回なので、乗り馬のための遠征。後はすべて関西所属の騎手。
(3着は「川田将雅」騎手の3回、「吉田豊」騎手と「武豊」騎手の2回が複数。1回だが「四位洋文」騎手もいる。)


「年齢」は…

「5歳」10連対3着2回
「4歳」5連対3着7回
「6歳」3連対3着1回
「8歳」2連対

スタートの重要性もあってか、年齢が高くてもやれている。
ちなみに18頭中「牝馬」は2頭。(3着の「牝馬」は10頭中3頭。)



開幕週という事もあってか10年で「内14:外6」(3着は「内9:外1」)で「内有利」。

「馬番」は1~15番で…
「2番」が4連対でトップで、「4番」「13番」の3連対、「1番」「3番」「5番」「13番」が2連対
(3着は2~16番で、「3番」「6番」が3回ずつ)

など内が多い。



前走は「年明け出走組」と「年末以前組」が半分ずつ。

開催時期が変わる前と後の「阪神C」7頭、「京阪杯」からの11月末からが1頭、「香港スプリント」からの2頭を除く10頭が「年明け出走」。
上位人気で4着以下に敗れた馬に「10月や11月出走」が見られるので、状態には気を付けたい。

(3着は「年明け組」4頭、「年末以前組」6頭。)



ミッキーアイル、サンカルロ(3着も2回)、マジンプロスパー、ローレルゲレイロなど2回連対の「リピート率」は高め。

騎手も違う馬での複数上位も多いので、コース的にやりやすさが出やすいレースなのかも…。



[PR]
by a_doctrinaire | 2017-02-23 00:04 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://desktheory.exblog.jp/tb/23875906
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< アーリントンCの予想候補 2017 中山記念の傾向 2017 >>


競馬重賞の傾向とMHP3rd、太閤立志伝4やレトロゲーム
検索
最新の記事
一発くじで「クリスタルソード..
at 2017-08-19 01:36
北九州記念の予想候補 2017
at 2017-08-19 00:42
札幌記念の予想候補 2017
at 2017-08-18 12:39
ルーカスのデビュー!
at 2017-08-18 01:59
北九州記念の傾向 2017
at 2017-08-17 00:08
札幌記念の傾向 2017
at 2017-08-15 12:54
関屋記念の結果 2017
at 2017-08-14 12:06
エルムSの結果 2017
at 2017-08-14 00:27
関屋記念の予想 2017
at 2017-08-13 03:16
エルムSの予想 2017
at 2017-08-13 01:49
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク