オーシャンSの傾向 2017
中山1200mで行われる古馬GⅢ「オーシャンステークス」。


高松宮記念に向けての東の前哨戦。GⅢに昇格してから11年目。14年から阪急杯と同じくGⅢだがGⅡのように「1キロ減じる…」が適用され、1着馬に高松宮記念への優先出走権が与えられる。


 オーシャンSの傾向 (過去10年の連対馬+3着馬データから) 2017


<実績>
最低連対ラインは「1600万勝ち」。

該当するのは、OP以上が…

「出走無し」のスマートオリオンとアーバニティ
「OPはUHB杯12着、重賞は函館SS8着降着(3位入線)、キーンランドC11着、シルクロードS7着」のエーシンエフダンズ
「重賞はアイビスSD9着のみ」のプレミアムボックス

次点は「OP連対」。

「OP勝ち、重賞は高松宮記念9着と京王杯SC15着」のサクラゴスペル
「OP2着、重賞は阪神JF10着、セントウルS14着、シルクロードS7着」のコスモベル
「OP2勝、重賞は6戦でNHKマイルC3着、クリスタルC3着、シルクロードS3着など」のアイルラヴァゲイン

残りは13頭は「重賞連対」。

※実績馬が阪急杯に出走することもあって、シルクロードS同様にあまり実績は高くない。
別定戦だが、「重賞出走3戦以内なら重賞連対が無し」でも可能性がある。

(3着は「1600万勝ち」。「OPはジュニアC3着、重賞はシルクロードS4着のみ」「OPは6戦3着2回、重賞は京都新聞杯12着、菊花賞17着、函館SS5着、セントウルS13着」。次点は「OP勝ち」で、「重賞6戦してシルクロードS4着やオーシャンS6着など」。残り7頭は「重賞連対」。)



<距離>
全馬に共通するのは「1200m勝ち」。

レース数も多いし、結果が出ているに越したことはない。

ちなみに1200mまでは1400m以上が…

「4戦して1400m未勝利5着など」のスマートオリオン
「NHKマイルC3着やヴィクトリアマイル4着」のグランプリエンゼル
「1000万の1400m5着のみ」のエーシンエフダンズ
「1600万の1400m5着のみ」のプレミアムボックス
「1400mで1600万9着とOP10着」のエムオーウィナー
「阪神JF13着とダート1400m500万6着」のサチノスイーティー

残り14頭は「1400m以上連対」。
3割が1200mまでなので、あまり気にしなくてもいいかと。

(3着は「1400m以上勝利」。ただ、1200mが11年「初」と14年「オーシャンS3着、高松宮記念5着、福島民友C4着」のレッドスパーダ以外の8頭には「1200m勝ち」があった。)



<コース>
「中山連対」15頭、「初出走」2頭。

残りは…

「スプリンターズS5着のみ」のワンカラット
「朝日杯FS12着とスプリンターズS4着降着(2位入線)」のダッシャーゴーゴー
「1600万3着とスプリンターズS16着」のエムオーウィナー

「2戦以下で掲示板以上」なので、その辺りでセーフかと。
ちなみに3頭とも直線に急な坂は「阪神連対」か「福島連対」でクリアしていた。

(3着は「中山連対」7頭。残りは「ジュニアC3着のみ」「オーシャンS6着のみ」「芝はクリスタルC7着とスプリンターズS10着」。)



<脚質>
「逃げ」3頭、「先行」8頭、「差し」8頭、「追い込み」1頭。

600mは32.7、34.0(稍重)、33.9、33.1、33.4(重)、33.6、33.4(重)、33.4(稍重)、34.1、33.5で、馬場が悪くなった年は速くなる?

距離の影響もあってか差しも決まっている。
追い込みは11年時のGⅠ4連対キンシャサノキセキの2着のみなので、普通の馬では厳しいか…。

(3着は「逃げ」1頭、「先行」3頭、「差し」5頭、「追い込み」2頭。)



<その他>
1番人気は3連対、2番人気は3連対、3番人気は3連対。

5番人気2連対、7番人気3連対で、残りは4、6、9、10、11、12番人気。
上位人気は半分を切っており、二桁人気の多さを考えても少し荒れ気味。

3着は8、4、9、7、14、1、8、5、6、11番人気とコチラも荒れる。



「上がり3ハロン3番手以内」は10年で11頭。

先行勢もある程度多いので、他の重賞と比べると数は少ない。
距離も短いうえに直線も短いので、良い脚を使える事よりも「流れに乗る」のが重要。

(3着は10頭中6頭が該当。脚質通りに多め。)



「鞍上」は「横山典弘」騎手の3勝がトップ。

「川田将雅」騎手、「吉田隼人」騎手、「酒井学」騎手の2連対が続く。
チューリップ賞と同日なので、騎手が分かれる部分はある。
(3着は「戸崎圭太」騎手の2回が複数。)



「年齢」は…

「4歳」3連対3着1回
「5歳」6連対3着4回
「6歳」6連対3着1回
「7歳」4連対
「8歳」1連対3着4回

4~6歳が中心だが、高齢馬もやれている。
ちなみに性別は「牡16:牝4」(3着は「牡10:牝0」)。



開催9回で、枠は1~15番の「内13:外7」で「内が多い」。

馬番は「1番」「2番」「3番」「5番」「8番」「12番」「15番」が2連対。
(3着は「内3:外7」。馬番は「6番」「13番」「14番」が2頭ずつ。)



「前走」は「重賞7着以内、OP連対、条件戦勝利」が多い。

残りは「スプリンターズS12着、16着」、「阪神C18着」、「根岸S11着」、「京阪杯10着」などで、「休み明け」や「ダートから転戦」が多い。例外は「淀短距離S4着」くらい?

(3着は「重賞8着、OP4着以内」が多い。「東京新聞杯13着」「淀短距離S12着」「バレンタインS12着」「すばるS12着」。ダートや休み明けが多い。例外は「淀短距離S12着」くらい?)


連対ではハクサンムーン、サクラゴスペル、ダッシャーゴーゴー、キンシャサノキセキ、3着ではレッドスパーダ、シンボリグラン、2着3着のスノードラゴンなど「リピート率」が高め。





[PR]
by a_doctrinaire | 2017-03-02 00:13 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://desktheory.exblog.jp/tb/23892431
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< オーシャンSの予想候補 2017 チューリップ賞の傾向 2017 >>


競馬重賞の傾向とMHP3rd、太閤立志伝4やレトロゲーム
検索
最新の記事
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク