アネモネSの傾向 2017
中山1600mで行われる3歳牝馬限定オープン戦「アネモネステークス」。

桜花賞トライアルなので、チェックしておきます。今年は3着馬まで。

2着までに優先出走権が与えられる。99年までは阪神1400mで行われており、上位馬から本番で絡む馬が出ていた。中山になってからは02年の8着アローキャリーが勝ったが、阪神ジュベナイルF2着馬だった。関連が薄れている感は否めない…。

※2011年は震災の影響で中止となっています。


 アネモネSの傾向 (11年を除く過去10回の連対馬+3着馬データから) 2017


<実績>
最低連対ラインは「新馬・未勝利勝ち」。

該当するのは…

「新馬2着、未勝利1着」のチェッキーノ
「新馬3着、未勝利3着、1着、からまつ賞4着、つわぶき賞7着、500万4着」のアッラサルーテ
「新馬1着、アルテミスS16着、赤松賞4着、フェアリーS5着、クイーンC5着」のメイショウメイゲツ
「新馬2着、未勝利6、3、1着、菜の花賞3着、500万4着」のペイシャフェリス
「新馬3着、未勝利1着、アルテミスS15着、菜の花賞3着、クイーンC3着」のジーニマジック
「新馬7着、未勝利2着、1着」のツーデイズノーチス
「新馬1着、さざんかS3着、500万3着」のフローラルカーヴ

共通するのは「500万以上4着以内」か「未勝利勝ち直後」。

次点は「500万連対」。

「500万2着、アルテミスS10着、フェアリーS3着」のテンダリーヴォイス
「500万2着、アルテミスS3着、エルフィンS8着」のニシノミチシルベ
「500万勝ち、OP以上出走無し」のパララサルー、ソーマジック、エミーズスマイル
「500万勝ち、クイーンC7着」のギンザボナンザ
「500万2着、クローバー賞7着」のアンプレショニスト

ココでは「GⅢ3着かOP以上1戦以下」。

残り6頭は「重賞連対」。

(3着は「新馬・未勝利勝ち」。「GⅢ4着、GⅠ4着、OP4着」、「エルフィンS4着」、「500万以上出走なし」4頭。次点は「500万2着」で、「OP4着やGⅢ6着など」と「OP以上出走なし」2頭。残り1頭は「OP連対」。)



<距離>
全馬に共通するのは「1400m以上連対」。

「1400mまで」は、1600m以上が…

「出走無し」のアッラサルーテとソーマジック
「アルテミスS16着、赤松賞4着、フェアリーS5着、クイーンC5着」のメイショウメイゲツ
「赤松賞4着とひいらぎ賞11着」のアンプレショニスト
「1600万500万3着のみ」のフローラルカーヴ

残り15頭は「1600m以上連対」。

05年に「1400m以上初」のペニーホイッスルがいるが「1200mの新馬1着、フェアリーS(1200m時)2着、菜の花賞(OPで1200m時)2着」だった。

(3着は「1200m以上勝利」。1400m以上が「1600mGⅢ4着、GⅠ4着、1400mOP4着」。次点は「1400m連対」で、「1600m以上初」2頭。「1500m勝ち」で「エルフィンS4着とこぶし賞5着」。残り6頭は「1600m以上連対」。)



<コース>
「中山連対」10頭、「初出走(ダート除く)」5頭。

残りは…

「GⅢ3着のみ」のテンダリーヴォイス
「GⅢ5着のみ」のメイショウメイゲツ
「500万3着のみ」のペイシャフェリス
「新馬3着と500万3着」のジーニマジック
「500万11着のみ」のアンプレショニスト

1戦か3着なら出走があってもセーフ。

(3着は「中山連対」3頭、「初出走(ダート除く)」7頭。)



<脚質>
「逃げ」3頭、「先行」6頭、「マクり差し、差し」11頭。

1000mは59.9、61.3、60.2、58.9、61.4(不良)、59.5、60.1(不良)、59.3(稍重)、60.9、59.5、59.4。
それほど速くはならないし、直線も長くない割に「後ろからも届いている」。

(3着は「先行」2頭、「マクり差し、差し」7頭、「追い込み」1頭。)

3週目に入っており、馬場状態の確認が必須か。



<その他>
2011年の中止を除いた10回分で

1番人気は5連対、2番人気4連対、3番人気4連対。

7番人気2連対で、残りは4、6、9、10、14番人気。
実績の割に、半分はある程度の人気で決まっている。判断が難しいレースかと。

3着は2、4、6、1、15、4、8、3、4、2番人気。



「上がり3ハロン3番手以内」は10回で12頭。

後方から通用する分に加えて、「マクリ」の多さもあって該当している馬が多い。
10回中勝ち馬は9頭が該当しており、まずは良い脚が使えるタイプを狙いたい。ただ、「2番手」や「3番手」が多いので、じっくり溜めればいいというワケでもない。

(3着は10頭中6頭該当。)



「鞍上」は現役では「柴山雄一」騎手、「戸崎圭太」騎手、「北村宏司」騎手、「内田博幸」騎手、「田中勝春」騎手らが2連対ずつ。
たまに若手も絡むが、ある程度関東の有力な騎手は決まっているようで…。ただ、他に有力馬がいる影響もあってか03年まで戻らないと「蛯名正義」騎手の名は見当たらない。

(3着は「柴田善臣」騎手3回や「武士沢友治」騎手と「勝浦正樹」騎手の2回が続く。)



所属は20頭中19頭は「関東」。

残り1頭は「地方」で、「関西」が苦戦している。
関西馬も10回で3着が4回あり、馬次第だとは思うが「不利」。輸送のリスクは少なからずあるのかと。



「前走」は20頭中14頭は「3着以内」。

残りは「クイーンC5着」、「500万4着」2頭、「エルフィンS8着」、「クイーンC7着」、「クイーンC10着」。
OP以上はやや不問だが、500万は4着がライン。

(3着は10頭中7頭が「2着以内」。残りは「紅梅S4着」、「春菜賞7着」、「こぶし賞5着」。)



[PR]
by a_doctrinaire | 2017-03-06 12:20 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://desktheory.exblog.jp/tb/23919479
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 金鯱賞の傾向 2017 弥生賞の結果 2017 >>


競馬重賞の傾向と嵐世記や太閤立志伝4などのゲーム
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
最新の記事
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク