若葉Sの傾向 2017
阪神2000mで行われる3歳OP「若葉ステークス」。

重賞ではないですが、皐月賞のトライアルなのでチェックしておきます。2着までに優先出走権が与えられる。

以前は中山で行われていたが、2000年から阪神に移った。移設当初は結びつきが薄かったが、改修後の内回り2000mはそのままだと思うのだが…ワールドエース、ヒルノダムール、トライアンフマーチ、ヴィクトリーなどが本番でも連対している。

今年は3着もチェックします。



 若葉Sの傾向 (過去10年の連対馬+3着馬データから) 2017


<実績>
最低連対ラインは「未勝利勝ち」。

該当するのは…

「新馬3着、未勝利4、5、6、11、10、1着」のレッドソロモン
「ダート新馬6着、芝で未勝利5、3、1着、すみれS3着」のワンダーアツレッタ
「新馬2着、未勝利4着、1着」のダノンミルとトライアンフマーチ
「新馬5着、未勝利3着、3着、1着」のサンライズマックス

次点は「500万勝ち」。OP以上が…

「出走無し」のアドマイヤダイオウ、アドマイヤデウス、レッドルーラー、ペルーサ
「京成杯8着のみ」のナムラシングン
「野地菊S3着、ホープフルS6着、弥生賞7着」のメイショウカドマツ
「ホープフルS(旧)4着のみ」のカフナ
「京都2歳S4着、きさらぎ賞4着」のベストメンバー
「ラジオNIKKEI杯6着、京成杯5着、すみれS3着」のダンツウィニング

それ以外6頭が「OP連対」。内4頭が「重賞連対」。

(3着は「新馬・未勝利勝ち」。「500万以上初」が3頭と「弥生賞8着のみ」と「シンザン記念3着や共同通信杯3着、さざんかS3着など」。次点は「500万勝ち」で、「OP出走なし」、「すみれS3着のみ」、「京王杯2歳S5着、シンザン記念5着、アーリントンC5着」。残りは「OP連対」で「重賞出走なし」と「東スポ杯2歳S6着のみ」。)



<距離>
全馬に共通するのは「1600m以上連対」。

1600mまでだったのは…

「デイリー杯2歳S2着で、1800m以上がきさらぎ賞5着のみ」のクラウンレガーロ
「1600m勝ち、1800m以上出走無し」のトライアンフマーチ

次点は「1800m勝ち」。2000m以上が…

「2000m未勝利5着とすみれS3着」のワンダーアツレッタ
「出走無し」のウインフルブルーム

残りの16頭には「2000m以上連対」があった。

(3着は「1400m以上勝利」。1400mまでは「デイリー杯2歳S7着、シンザン記念3着、共同通信杯3着」。次点は「1800m連対」で「2000m以上初」4頭と「2000m未勝利7着と弥生賞8着」。残り4頭は「2000m以上連対」。)



<コース>
「阪神連対」7頭、「初出走」4頭。

残りは…

「500万3着のみ」のナムラシングン
「新馬3着のみ」のレッドソロモン
「芝はすみれS3着のみ」のワンダーアツレッタ
「野路菊S3着のみ」のメイショウカドマツ
「エリカ賞6着のみ」のカフナ
「ラジオNIKKEI杯2歳S4着のみ」のヒルノダムール
「未勝利3着とアーリントンC4着」のノットアローン
「ラジオNIKKEI杯2歳S6着とすみれS3着」のダンツウィニング
「未勝利3着のみ」のサンライズマックス

「3着」か「重賞1戦のみ」。

直線に急な坂があるので、苦手なタイプには厳しい。

(3着は「阪神連対」6頭、「初出走」3頭。残りは「芝は未勝利4着のみ」。)



<脚質>
「逃げ」2頭、「先行」8頭、「マクり差し、差し」8頭、「追い込み」2頭。

1000mは61.8(稍重)、61.5、60.5、60.8、63.0(稍重)、59.5、58.5、61.5、61.4、60.8とあまり速くならない。
後方からも多いが、頭数が8~16頭と少なくなるケースもあり、4コーナーである程度まで押し上げている馬が多い。

(3着は「先行」4頭、「マクり差し、差し」6頭。)



<その他>
1番人気は5連対、2番人気5連対、3番人気1連対。

4番人気2連対、7番人気2連対、8番人気2連対で、残り5、9、12番人気。
10年で7回は馬連で上位人気が1頭は絡んでおり、ある程度上位人気がカタチを作る。1、2番人気の決着は10年で4回。ただ、少頭数でも人気薄同士の決着もあるので、出走メンバーによる。

3着は5、2、3、2、3、2、8、3、2、8番人気。



「上がり3ハロン3番手以内」は10年で17頭。

15年、11年、12年で1頭ずつが該当してないが、ノットアローンなどは「逃げ」でも該当しており、残り600mで良い脚が使えるタイプを選びたい。「連対時に上がり3番手以内」はクリアしてほしい。

(3着は10年で8頭と多め。コチラは「連対時に上がり2番手以内」をクリア)

ちなみに当日34.9~36.7(3着は35.1~37.0)とあまり速くは感じないが…。



「鞍上」は「池添謙一」騎手の3連対がトップ。

現役では「岩田康誠」騎手の2勝、「川田将雅」騎手が続く。
3場開催の影響もあってかあまり偏りは見られない。
(3着は「M.デムーロ」騎手が2回。他は連に名前のある「川田将雅」騎手や「A.シュタルケ」騎手らの名前がある。)



10年間3着までの30頭中でペルーサ以外は「関西馬」。

出走自体が少ない事もあるが、東に移ったアネモネSと同じようにホームの出走が多い。
ただ、コチラは「本番に通用している」ので、移した意味はありそうですが…。



権利は取れるがOPという事もあってか「実績馬」は少ない。

出走メンバーによるが、「OP2~4着」や「重賞3着~6着」が中心で、特に「きさらぎ賞」や「京成杯」「ホープフルS」や「ラジオNIKKEI杯2歳S」で後少しというのが多い。GⅡなら8着はセーフか?

反対に「共同通信杯上位」は人気を集める割に3着以下という事もあり、相性の良し悪しがあるようで…。



「前走」は…

「条件戦」は1着、「OP」は3着以内
「重賞は8着以内」だが、「弥生賞7着」のメイショウカドマツと「弥生賞8着」のマコトヴォイジャー以外は「重賞5着以内」。

ある程度状態のいい馬から狙いたい。



[PR]
by a_doctrinaire | 2017-03-13 12:14 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://desktheory.exblog.jp/tb/23962600
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< スプリングSの傾向 2017 中山牝馬Sの結果 2017 >>


競馬重賞の傾向と嵐世記や太閤立志伝4などのゲーム
検索
最新の記事
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク