大阪杯の傾向 2017
阪神2000mで行われる古馬GⅠ「大阪杯」。

「魅力ある競走を提供するため」という事で、今年2017年からGⅠに昇格。「ドバイミーティング」などの影響もあって、何とか国内の盛り上がりを期待したようで…。

以前は天皇賞(春)の前哨戦のGⅡとしてヒルノダムールやメイショウサムソンが本番も勝利。他にも連対したドリームジャーニーやエイシンデピュティが宝塚記念を制しており、春のGⅠに向けて有力馬が出ていた。

昇格で出走メンバーは増えるとは思うが、ドバイに行く馬は挑戦すると思うので、ハイレベルになるかどうかは…。


 大阪杯の傾向 (過去10年の連対馬+3着馬データから) 2017


<実績>
最低連対ラインは「1000万勝ち」。

ただ、該当するのは…

「1600万とOPに出走が無く、重賞はセントライト記念5着のみ」の4歳ダークシャドウ

のみ。

残り19頭は「重賞連対」。

GⅡが「弥生賞4着、青葉賞5着、神戸新聞杯5着」の12年時のショウナンマイティ、「毎日王冠8着のみ」のエイシンデピュティ、「中山記念4着のみ」のシャドウゲイト以外の16頭には『GⅡ連対』があった。

ちなみに「GⅠ連対」は10頭。

(3着は「1600万勝ち」。「OP5着と6着、重賞4戦して日経新春杯4着、鳴尾記念5着など」のメイショウオウテ。それ以外は「重賞複数連対」。)



<距離>
全馬に共通するのは「1800m以上勝利」。

1800mまでだったのは…

「天皇賞(秋)14着降着(8位入線)のみ」のエイシンデピュティ
「菊花賞9着のみ」のカンパニー

共にGⅠで出走が1戦のみなので、数を走っていないならセーフ。

残り18頭は「2000m以上勝利」。

(3着は全馬が「2200m以上勝利」。)



<コース>
「阪神連対」15頭、「初出走」4頭。

残りは…

「新馬4着のみ」のフェデラリスト


05年に「マイラーズC4着のみ」のカンパニーと「毎日杯4着、6か月ぶり神戸新聞杯7着、1600万5着」のマッキーマックスがいる。

(3着は「阪神連対」9頭。残りは「宝塚記念9着のみ」のトーセンジョーダン。)



<脚質>
「逃げ」3頭、「先行」7頭、「差し」9頭、「追い込み」1頭。

1000mは61.1、61.1(不良)、60.5、61.5、65.2(稍重)、59.3、60.3、60.0、59.6、62.2であまり速くはならない。GⅠになってどうか…。
コース的には前が有利な部分もあるが、頭数が少なくなる事もあり、後方からでも通用している。

(3着は「逃げ」1頭、「先行」3頭、「差し」5頭、「追い込み」1頭。)



<その他> ※GⅠ昇格なので、違ってくる可能性も高い…。
1番人気6連対、2番人気4連対、3番人気1連対。

6番人気3連対で、残りは4、5、7、8、9番人気。
前哨戦GⅡ→GⅠの昇格なので、使ってきた馬や仕上げが変わるので、人気馬が増える可能性はある。

3着は4、6、1、5、2、3、1、4、4、8、5番人気。



上位人気で4着以下だったのは…

「GⅠ上位馬」
「GⅡ連対馬」
「前年の勝ち馬」
「中山巧者(阪神連対や出走無し)」
「前年のGⅠ以来の休み明け」
「牝馬」

などだった。

連対馬にも該当している場合もあるが「過剰人気」も見られ、「単勝人気だけ」で判断するのは危うかった。ここから始動する馬も多く、体調面は特にポイントだったのだが…さすがにGⅠ昇格で臨戦過程や仕上げ、面子などが違うかと。




「上がり3ハロン3番手以内」は10年で14頭。

実績の高さもあってか上がりの速い馬が多いが、「最速」5頭、「2番手」7頭、「3番手」3頭。
コースや脚質を考えると早めに動いている方がいい。勝ち馬は10頭中8頭が該当。
(3着は10頭中7頭該当。)

ペースによるが、「流れを読める騎手」か「流れに乗れる馬」を狙いたい。




「鞍上」は3連対の「武豊」騎手と「浜中俊」騎手がトップ。

現役では「横山典弘」騎手、「池添謙一」騎手らの2連対が続く。
(3着は「池添謙一」騎手2回、「四位洋文」騎手2回。)



※以前まであげていた牡馬58キロ(旧59キロ)ですが、GⅠになった事で斤量差はなくなります。



「年齢」は…

「4歳」9連対3着3回
「5歳」7連対3着2回
「6歳」3連対3着5回
「7歳」1連対

若い方が多いが、年齢が高いのがダメというワケでは無い。

性別は「牡18:牝2」(3着は「牡8:牝2」)。



「馬番」は10年で「3番」4連対がトップ。

「7番」「8番」「11番」の3連対、「6番」「9番」の2連対と続く。
8~15頭で平均12頭と頭数が落ちつきますが、偏りはあるような…。

(3着は「2番」「4番」「6番」「8番」が2回ずつ。)


[PR]
by a_doctrinaire | 2017-03-28 00:29 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://desktheory.exblog.jp/tb/24024496
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ダービー卿CTの傾向 2017 桜花賞の出走可能ライン? 2017 >>


競馬重賞の傾向とMHP3rd、太閤立志伝4やレトロゲーム
検索
最新の記事
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク