ダービー卿CTの傾向 2017
中山1600mで行われる古馬ハンデGⅢ「ダービー卿チャレンジトロフィー」。

2017年から土曜日開催に。11年は震災の影響で阪神代替だったので、中山開催分をチェックします。今年は3着まで。


 ダービー卿CTの傾向 (中山開催の過去10回の連対馬+3着馬データから) 2017


<実績>
最低連対ラインは「1600万勝ち」。

該当するのは…

「重賞4戦してシンザン記念5着、スプリングS4着など」のモーリス
「重賞4戦で朝日杯FS4着、シンザン記念4着など」のトウケイヘイロー
「重賞2戦ラジオNIKKEI杯5着、京成杯7着」の09年時マイネルファルケ
「重賞5戦スワンS3着、NHKマイルC5着など」のドラゴンウェルズ

次点は「OP勝ち」で…

「重賞8戦してスワンS3着、京成杯AH4着、阪急杯4着など」のオセアニアボス
「重賞13戦で中山記念3着、スプリングS4着など」のショウワモダン

残り14頭は「重賞連対」があった。

細かくみると『重賞へ出走が多ければ重賞3着以上、少なければ重賞5着以上』。

(3着は「1600万勝ち」。OP以上が「東スポ杯2歳S3着、ラジオNIKKEI賞10着」「中山金杯9着、中山記念5着」「OPは4戦ジュニアC4着、重賞は阪神C11着と阪急杯16着」。次点は「OP勝ち」で、「重賞7戦して札幌記念4着、函館記念3着、中日新聞杯3着、小倉大賞典3着など」。残り6頭は「重賞連対」。内5頭は「重賞複数連対」で、残り1頭は「重賞2着+重賞3着や重賞4着」。)



<距離>
全馬に共通するのは「1600m以上勝利」。

「1600mまで」は6頭で、残り14頭は「1800m以上連対」。
直線に急な坂があるので、馬によっては少し長め出結果が出ている方がいいかと。

(3着は「1600m以上連対」。「1600mまで」は4頭。残り6頭は「1800m以上連対」。)



<コース>
「中山連対」16頭。

残りは…

「1600万6着のみ」のマジックタイム
「OP15着と4着」のカオスモス
「朝日杯FS4着とカンナS3着」のトウケイヘイロー
「京成杯AH4着のみ」のオセアニアボス

3頭が「中山OP以上5着以内」、1頭が「6着のみ」でそこそこやれており、「阪神連対」か「福島連対」もあり「直線の急な坂」をこなせていた。

05年は「OP6着と5着、GⅢ5着と14着」のチアズメッセージ、03年に「GⅢ6着とOP4着2回」のダンツジャッジがいるので、1戦でもこなせていればセーフか。

(3着は「中山連対」8頭。残りは「芝はGⅢ12着、6着、OP3着」「NZT10着、京成杯AH5着、OP5着」。)



<脚質>
「逃げ」2頭、「先行」9頭、「差し」7頭、「追い込み」2頭。

1000mは58.3、58.0、57.9(稍重)、57.3、58.8、60.3、58.7、59.6、57.7、58.1で、少し速くなる事が多い。
ペースの割に前からでも残れている。

(3着は「先行」3頭、「マクリ差し、差し」6頭、「追い込み」1頭。)



<その他>
中山開催の10回で「人気」は1番人気3連対、2番人気全滅、3番人気2連対。

4番人気5連対、5番人気2連対、7番人気3連対、9番人気3連対で、残りは10、11番人気。
ハンデ戦という事もあるが、二桁人気…特に3着に15、16番人気も絡んでおり、やや荒れ気味。

3着は2、9、8、2、7、5、12、16、11、15番人気。



上位人気で4着以下に敗れた馬は…

「中山1600m重賞連対」
「中山重賞3着以内」
「中山1600mOP連対」
「中山1600m1600万勝ち」
「1600mGⅠ5着以内」
「前走、中山記念組」
「ハンデ56キロ以上」
「中山初」
「重賞2戦以下」

などが目立ち、主に『中山重賞実績が人気を集めやすい』。
ただ、上位人気に応えて連対したのは2頭で、いずれも「中山2000m以上のGⅡかGⅠで連対」。中山1600m重賞連対馬などはハンデもあってか苦戦。人気が少し落ちているくらいの方が連対がある。



「ハンデ」は53~57.5キロで平均55.8キロ。中央値は56キロ。
重賞実績などもあって、微妙なハンデ差が影響するので、判断は難しい。

トップハンデは57~58.5キロで、のべ14頭中1勝2着1回(3着なし)。
57.5キロと58キロで苦戦。

(3着は54~57.5キロで、平均55.25キロ。中央値は55キロ。)



「上がり3ハロン3番手以内」は中山10回で10頭。

先行馬の多さもあるが、それにしても該当馬が少ない。
ハンデもあって、いつもより早めに動いている馬も。
(3着は10頭中5頭。)



「鞍上」は「秋山真一郎」騎手、「松岡正海」騎手、「石橋脩」騎手、「蛯名正義」騎手、らの2連対。
人気薄で若手やマイナーな騎手でも絡むので、リーディング上位の騎手だけで判断するのは危い。
(3着は「吉田隼人」騎手の2回が複数。)

※17年から土曜日開催になるので、騎手の傾向は変わる可能性も。



「年齢」は…

「4歳」9連対3着2頭
「5歳」8連対3着5頭
「6歳」2連対3着1頭
「7歳」1連対3着1頭
「8歳」0連対3着1頭

まずは「4歳と5歳」をチェックしたい。
10回で「牡18:牝馬2」(3着は「牡10:牝0」)。



前走は10回で8頭の「東風S組」がトップ。

「1~16着」と着順に幅はあるが、同じ中山1600mという事もあってか絡む事が多い。
他は「阪急杯」の3連対、「東京新聞杯」の2連対など。

(3着は「東風S」5頭、「中山記念」3頭など。)



所属は「関東12:関西8」。
地の利もあって、関東馬が多い。

(3着は「関東6:関西4」。)



[PR]
by a_doctrinaire | 2017-03-29 01:39 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://desktheory.exblog.jp/tb/24028944
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ブラタモリでなく…ハラオウミ? 大阪杯の傾向 2017 >>


競馬重賞の傾向とMHP3rd、太閤立志伝4やレトロゲーム
検索
最新の記事
セレクトセール2017の1歳..
at 2017-06-29 02:16
CBC賞の傾向 2017
at 2017-06-28 00:06
ラジオNIKKEI賞の傾向 ..
at 2017-06-27 00:04
宝塚記念の結果 2017
at 2017-06-26 00:01
宝塚記念の予想 2017
at 2017-06-25 02:46
宝塚記念の予想候補 2017
at 2017-06-24 02:06
宝塚記念の枠順決定! 2017
at 2017-06-22 15:44
宝塚記念3着の傾向 2017
at 2017-06-21 10:08
宝塚記念の傾向 2017
at 2017-06-20 00:06
ユニコーンSの結果 2017
at 2017-06-19 00:25
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク