忘れな草賞の傾向 2017
阪神2000mで行われる3歳牝馬のOP戦「忘れな草賞」。

重賞でもトライアルでもないですが、1着の賞金加算で優駿牝馬へ出走を目指すレース。桜花賞への抽選漏れからの出走や同日に開催する事もあって『残念桜花賞』とも呼ばれる。10年でミッキークイーンとエリンコートが優駿牝馬を勝っている。


 忘れな草賞の傾向 (過去10年の連対馬データから) 2017


<実績>
最低連対ラインは「新馬・未勝利勝ち」。

該当するのは500万以上が…

「クイーンC3着のみ」のロッテンマイヤー
「アルテミスS4着、阪神JF4着、紅梅S4着、アネモネS3着」のペプチドサプル
「阪神JF8着、クイーンC3着、チューリップ賞4着」のロカ
「梅花賞9着、フラワーC10着」のディルガ
「ゆきやなぎ賞10着」のタガノベルーガ
「ゆきやなぎ賞7着」のセレブリティモデル
「エルフィンS11着、君子蘭賞4着」のナンヨーユナ
「ファンタジーS6着、白菊賞15着」のタガノミュルザンヌ
「500万16着と春菜賞4着」のハッピーグラス
「水仙賞5着、君子蘭賞3着」のヤマニンソルファ
「出走なし」のデリキットピース
「500万13着、チューリップ賞6着、フラワーC5着」のムードインディゴ
「中京2歳S7着、エルフィンS8着、アルメリア賞4着、フラワーC7着」のプティマカロン
「あすなろ賞3着、あざみ賞7着」のラブカーナ

2400mの500万に出走した3頭以外(芝のみ)では「500万掲示板やGⅢ6着以内」がラインかと。

次点は「500万2着」。OP以上は…

「フラワーC4着のみ」のキャトルフィーユ
「OP以上出走なし」のモーニングフェイスとザレマ

次々点「500万勝ち」。OP以上が…

「OP以上出走なし」のエリンコート
「チューリップ賞4着のみ」のブロードストリート

残り1頭は「重賞連対」。

「クイーンC2着」のミッキークイーン

(3着は「新馬・未勝利勝ち」。該当するのは8頭で、「未勝利勝ち直後」1頭、他は「500万3着~5着」で「OP以上はOP6着以上や重賞12着以内」が多い。残りは「500万2着」で、「アネモネS6着のみ」と「エルフィンS4着とアネモネS3着」。)



<距離>
全馬に共通するのは「1200m以上勝ち」。

1200mまでは1400m以上が…

「アルテミスS4着、阪神JF4着、紅梅S4着、アネモネS3着」のペプチドサプル

1600mでOP3着や重賞4着2回などがあった。

次点は「1400m勝利」。1600m以上が…

「白菊賞15着のみ」のタガノミュルザンヌ

11月末以来の休み明けで距離対応もしてきたか?

次々点は「1600m連対」。

「1800m以上初」のミッキークイーン、ハッピーグラス、ブロードストリート
「君子蘭賞4着のみ」のナンヨーユナ
「水仙賞5着と君子蘭賞3着」のヤマニンソルファ

その後は「1800m以上連対」。

「2000m以上初」のロカ、キャトルフィーユ、エリンコート、ムードインディゴ、プティマカロン
「ゆきやなぎ賞10着のみ」のタガノベルーガ

タガノベルーガは「ダート1800m勝ち」。

残り6頭は「2000m以上連対」。

(3着は「1200m勝ち以上」。1200mまでは「りんどう賞9着、ファンタジーS12着、阪神JF14着、1800m500万5着」。次点は「1400m」で、「アルテミスS11着、京都2歳S6着、阪神JF14着、君子蘭賞5着」。残り8頭は「1800m以上連対」。)



<コース>
「阪神連対」7頭、「初出走」3頭。

残りは…

「阪神JF4着のみ」のペプチドサプル
「阪神JF8着とチューリップ賞4着」のロカ
「芝はゆきやなぎ賞10着のみ」のタガノベルーガ
「未勝利7着とゆきやなぎ賞7着」のセレブリティモデル
「君子蘭賞4着のみ」のナンヨーユナ
「500万16着のみ」のハッピーグラス
「君子蘭賞3着のみ」のヤマニンソルファ
「チューリップ賞6着のみ」のムードインディゴ
「アルメリア賞4着のみ」のプティマカロン
「未勝利12着と6着」のラブカーナ

「500万以上掲示板」か「2戦以下」はセーフか。

(3着は「阪神連対」4頭、「初出走」3頭。残りは「GⅠ14着と500万5着」「GⅠ9着と500万8着」「フィリーズR4着」。)



<脚質>
「逃げ」1頭、「先行」7頭、「マクり差し」4頭、「差し」8頭。

1000mは64.8、63.6、60.7、61.4、64.8、60.1、62.3、60.8、60.0、61.3。
ペースが遅くなるし、コースもあって先行やマクリが多いが、距離適性もあって後方からでも通用する。

(3着は「逃げ」1頭、「先行」3頭、「差し」5頭、「追い込み」2頭。)



<その他>
「人気」は1番人気4連対、2番人気5連対、3番人気1連対。

7番人気4連対、8番人気2連対、9番人気2連対、残りは4、5番人気。
(3着は1、5、4、3、2、12、7、3、9、2番人気。)



「上がり3ハロン3番手以内」は10年で20頭中18頭。

2、3番手からの競馬をした2頭以外は該当しており、残り600mでいい脚を使えるかがポイント。
キャリア2戦のロッテンマイヤーとキャリア3戦のヤマニンソルファ以外は「連対時に上がり3番手以内」。

(3着は10頭中7頭が該当。「連対時に上がり2番手以内」。)



鞍上は現役で「浜中俊」騎手、「M.デムーロ」騎手、「藤岡佑介」騎手、「四位洋文」騎手が2連対。

桜花賞と同日だが、先を考えると賞金加算だけでは無く、本番にも乗ってもらえる騎手を選ぶ可能性も。有力馬がいない騎手に頼むという事も考えられる。
(3着は「藤岡佑介」騎手の2回が複数。)



連対馬の所属は「関東1:関西19」。

本番の優駿牝馬が東京開催だし、少し後にトライアルのフローラSとスイートピーSがあるので、わざわざ遠征してくる有力関東馬は少ないようで。
(3着は「関東0:関西10」。)



枠は平均13.4頭もあってか「内12:外8」で「内が少し多め」。

馬番は「1番」と「7番」が3連対でトップ。
「4番」「8番」「9番」「12番」「16番」が2連対ずつで続く。

距離もあり、ペースも上がらないので、大外が不利という事はなさそう。

(3着は「内7:外3」。馬番は「5番」「12番」が2回ずつ。)



[PR]
by a_doctrinaire | 2017-04-06 00:06 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://desktheory.exblog.jp/tb/24055177
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 桜花賞の枠順決定! 2017 阪神牝馬Sの傾向 2017 >>


競馬重賞の傾向とMHP3rd、太閤立志伝4やレトロゲーム
検索
最新の記事
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク