アンタレスSの結果 2017
直線で前がなかなか開かなかったアンタレスSは…

3番人気モルトベーネはそこそこのスタートだったが、すぐに仕掛けて前の方へ。外からまとめて行ったので、7番手で1周目のゴール板を通過。向う正面では5番手に上がる。残り1000mを切ってアスカノロマンが少し上がって6番手。4コーナーでは内から2頭目を持ったままで回って直線へ。前が開いてモンドクラッセの外へ追い出そうとするが、内へ入ってきたので外へ進路変更して追い出す。残り200mを切って2番手に上がると、追ってムチが入って先頭に立つ。抜け出してムチを入れて、鞍上が後方を確認してゴールし、優勝。

6番人気ロンドンタウンはまずまずのスタートから前へ。8番手で1コーナーへ。向う正面では8、9番手。残り900m辺りで鞍上の手が動いて仕掛ける。4コーナーで追い出して、直線は追って前とは差があるも、開かない。ムチが入って、残り200mで6番手で外へ出して大きく追う。ムチと追いで加速すると、ゴール板手前で2番手に上がって2着。

8番人気ロワジャルダンもスタートはまずまず。10番手の内で1コーナーを回る。内から上がって、向う正面では7番手に進出。しかし、残り1000mを切って、外が上がって行って9、10番手に。4コーナーではモルトベーネの後ろを回る。前が開かずなかなか追えない。残り250m辺りでモルトベーネの行った後を追い出そうとするも、開かず。残り200mを切ってムチが入って、最内を突いてムチと追いで突っ込むも3着。

4着はリーゼントロック。5着はアスカノロマン。1番人気グレンツェントは「少し太かったですね…略…ペースも速くなく…」とのコメントもあり、後方からのまま9着。2番人気ミツバは、スタート直後から仕掛けるも下がって、後ろから2頭の競馬で11着。鞍上の話では「状態はよく、いつも通りのミツバだった。ただ、少し難しいところがあるからね」。


予想は1着、9着、11着、15着。

敗因はロンドンタウンの前走が乗り替わりで判断に悩んだ事。さらにロワジャルダンは馬体重が絞れるかどうかを気ににしたのですが-12キロ…絞れてました。

レース間隔が開いてどうかと思ったグレンツェントは…。ミツバはかなり後方からの競馬をするとは…。単騎で行ければ…と考えたモンドクラッセは2番手からで15着という始末。


またしても5番手が3着以内…。

複勝率は、本命が46.51%に対して、5頭目に切った馬は60.47%…ワザと変えて失敗した分もあるので、20%は最後に切った馬の方がいい事に…orz。


[PR]
by a_doctrinaire | 2017-04-16 00:07 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://desktheory.exblog.jp/tb/24092448
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 皐月賞の予想 2017 アンタレスSの予想 2017 >>


競馬重賞の傾向と嵐世記や太閤立志伝4などのゲーム
検索
最新の記事
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク