スイートピーSの傾向 2017
東京1800mで行われる3歳牝馬OP「スイートピーステークス」。

トライアルなのでチェックしておきます。2着までに優駿牝馬への優先出走権が与えられる。ココを3連勝で勝ったカワカミプリンセスが本番でも優勝したが、やや結びつきは少ない。今年は3着まで。


 スイートピーSの傾向 (過去10年の連対馬+3着馬データから) 2017


<実績>
最低連対ラインは「新馬・未勝利勝ち」。

該当するのは…

「新馬11着、未勝利9着、1着、ゆりかもめ賞7着、デイジー賞8着」のトーセンナチュラル
「新馬7着、未勝利5着、1着」のベッラレジーナ
「新馬3着、未勝利6着、2着、1着、フラワーC3着」のリラコサージュ
「未勝利1着、デイジー賞4着」のココロチラリ
「新馬2着、未勝利1着、忘れな草賞6着」のシシリアンブリーズ
「新馬2着、未勝利1着」のトレノエンジェル
「新馬5着、未勝利1着、忘れな草賞3着」のサクラローズマリー
「新馬3着、未勝利4着、1着、セントポーリア賞3着、チューリップ賞4着、フラワーC13着」のスペルバインド

次点は「500万2着」。

「新馬3着、未勝利4、4、1着、ミモザ賞2着」のジェラシー
「新馬2着、未勝利13着、2着、1着、春菜賞6着、デイジー賞2着」のフロアクラフト
「新馬1着、菜の花賞2着、3歳500万6着」のアカンサス
「新馬2着、未勝利1着、ファンタジーS12着、千両賞2着、500万3着、紅梅S5着、きんせんか賞3着、さわらび賞4着、ミモザ賞2着」のスマートカスタム

次々点は「500万勝ち」。

OP以上は…

「忘れな草賞6着のみ」のフロムマイハート
「出走無し」のディープジュエリー、ダイワズーム
「フラワーC7着のみ」のニーマルオトメ

残りは4頭が「OP連対」。

OP以上のラインは「OP6着、重賞7着」だが共に1戦。2戦以上なら「OP5着、重賞4着以内」といった所。500万は「ゆりかもめ7着、デイジー賞8着」がいるが、「1戦なら4着」で、他は「500万連対」。未勝利勝ち直後もいる。

(3着も「新馬・未勝利勝ち」。「未勝利勝ち直後」2頭、500万以上が「500万3着のみ」「ひいらぎ賞3着、クイーンC7着、フラワーC4着」「春菜賞4着のみ」「春菜賞5着と500万5着」「ミモザ賞3着と500万3着」。次点は「500万勝ちでOP以上出走なし」1頭。2頭が「OP連対」。)



<距離>
全馬に共通するのは「1400m以上勝利」。

1400mまでなのは…

「1400m1着と1800m4着」のココロチラリ

次点は「1600m」で1800m以上が…

「出走無し」のシャイニーガール
「1800m6着のみ」のアカンサス
「フラワーC7着のみ」のニーマルオトメ
「フラワーC10着のみ」のアロマキャンドル

残り15頭には「1800m以上連対」があった。

ちなみに「2200m勝ち1戦のみ」で「1800m以下出走ありも連対なし」のトーセンナチュラルがいる。

(3着は最低連対距離は「1400m」。ただ、1600m以上が「阪神JF6着、クイーンC3着、NZT7着」。次点は「1600m勝ち」で、「フラワーC4着のみ」と「1800m以上初」。残り7頭は「1800m以上連対」。)



<コース>
「東京連対」4頭、「初出走」13頭。

残りは…

「新馬11着とゆりかもめ賞7着」のトーセンナチュラル
「500万6着のみ」のフロアクラフト
「500万3着のみ」のアロマキャンドル

ゆりかもめ賞が2400mだった事を考えると1戦程度はセーフと考えたい。

東京1戦の2頭と「あざみ賞7着のみ」のラブカーナの「左回り1戦」以外は「中京連対」4頭と「左回り初」。

(3着は「東京連対」4頭、「初出走」3頭。残りは「500万4着のみ」「未勝利4着と500万5着」「クイーンC3着のみ」。)



<脚質>
「逃げ」1頭、「先行」11頭、「差し」7頭、「追い込み」1頭。

1000mは61.7、60.9、60.6、60.3、60.5、61.6、61.5、60.8、61.3、59.9。
2週目という事もあり、それほどペースは上がらないが、直線の長さもあって後ろからでも届く。

(3着は「先行」2頭、「差し」8頭。後方が多くて3着という印象も…。)



<その他>
1番人気は4連対、2番人気2連対、3番人気4連対。

6番人気3連対、5番人気3連対、7番人気2連対、残りは4、15番人気。
上位人気が半分で「1~7番人気」が多く、それほど大きく荒れない。

3着は2、3、4、5、1、4、3、4、3、1番人気で、3着の方があまり荒れない。



「上がり3ハロン3番手以内」は11頭。

以前は「先行勢の多さ」に対して該当馬は多く、直線の長さやペースを考えても良い脚を使えるタイプが良かった。ココ5年で「最速」は減ってきており、早仕掛けが流行か。

(3着は10頭中5頭が該当。)



「鞍上」は「田中勝春」騎手の3連対がトップ。

「横山典弘」騎手の2連対が続く。
優駿牝馬のトライアルだが、同日にGⅠの天皇賞(春)があるので、トップジョッキーはそちらに向かいがち。
未勝利勝ちや500万連対で通用するし、未対戦の馬も多く、馬次第か。

(3着は「柴山雄一」騎手と「北村宏司」騎手の2回が複数。)



OP以上では「紅梅S」「チューリップ賞」「フラワーC」「忘れな草賞」辺りが多く見られる。

実績の部分の「重賞4着、OP5着以内」か「1戦で重賞7着、OP6着」をチェックしたい。
もちろん、500万連対で「OP以上不出走」も軽視してはいけないが…。



「前走」は…

「忘れな草賞(2~6着)」5連対
「デイリー賞(1~8着)」5連対
「フラワーC(3、7、13着)」3連対
「未勝利勝ち1着」2連対
「桜花賞13着」1連対
「ニュージーランドT13着」1連対
「ミモザ賞2着」2連対
「500万6着」1連対

「OP以上」が10連対、「500万クラス」が8連対、2連対は「未勝利1着」。
(3着は「フラワーC4着」「忘れな草賞2着」「ニュージーランドT7着」、「500万は(3、4、5、3、1着)」5頭で、「未勝利勝ち1着」2頭。)



「所属」は「東9:西11」。
輸送などの難しさはあるが、関西馬も負けていない。

(3着は「東9:西1」。)



枠は出走頭数13~18頭の平均16.1頭で、「内13:外7」。

馬番は「5番」「7番」の3連対、「1番」「4番」「9番」「13番」の2連対と続く。
(3着は「内7:外3」。「5番」の3回がトップ。「2番」の2回が続く。)


※頭数の影響もあるが、10年で22頭いる「15~18番」は3着以内に1度も絡んでいない。(ちなみに10年で40頭いる「1~4番」は5連対3着3回。)

数年延ばしてもおらず、1997~2002年まで14頭立てが6回続いた事もあり、96年2着の17番ハダシノメガミ、95年2着の18番ツキノロマン、92年3着の18番パーシャンスポットまでさかのぼる…。


[PR]
by a_doctrinaire | 2017-04-24 12:14 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://desktheory.exblog.jp/tb/24116789
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 天皇賞(春)の傾向 2017 フローラSの結果 2017 >>


競馬重賞の傾向と嵐世記や太閤立志伝4などのゲーム
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
最新の記事
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク