函館記念の結果 2017
重馬場発表だった函館記念は…

5番人気ルミナスウォリアーのスタートはよかったか。外の2頭が行って、少し控えるカタチか。1周目のゴール板は8~10番手辺り。向う正面では8番手。残り600mで仕掛けると激しく追って、外を上がる。4コーナーでは前に並びかける勢い。直線で追い出すと先頭に立って、左ムチが入る。リードを広げてムチがもう1発入ると先頭でゴールし優勝。

14番人気タマモベストプレイもいいスタートっぽい。仕掛けて前の方へ。2番手で内ラチの方まで移動。1コーナーでは3、4番手で。向う正面で3番手に。残り1100辺りでマイネルミラノが上がって4番手。4コーナーでは内を追い出す。直線で外に出しながら、残り200mで5番手で左ムチが入る。ムチを繰り返し、追ってゴール直前に2番手に上がって2着。

「積極的に行けた。この馬場もプラスだった。…略」との事。

7番人気ヤマカツライデンは好スタートか。内も行ったが、外から小刻みに仕掛けて前の方へ。内へ入って先頭に立つ。1.5馬身ほどのリードで逃げる。残り1200m辺りで1馬身ほどに。残り800m辺りで軽く仕掛ける仕草。4コーナーでは並ばれるが、直線で追い出してマイネルミラノを競り落とす。外から2頭に交わされるが、追って2番手に上がるも、ゴール前でタマモベストプレイに交わされ3着。

4着は3番人気アングライフェンで、「略…勝った馬に早めに来られたこともあり、甘くなってしまいました。…略」…。5着はケイティープライド。

1番人気サトノアレスは、距離もあってか6着だった。2番人気ステイインシアトルは15着で、「行きっぷりがいつもと全然違いました。きれいな馬場の方がいいのかもしれません」と武豊騎手。


予想は1着、4着、7着、14着。

敗因は雨の影響や展開が分からず、内を中心にした事。

予想候補に残しながら、外枠と2000mが久々という事もあってタマモベストプレイを予想に残さず。さらに実績を「重賞4着以内」を条件にして、「GⅡ以上しか出走しておらず6着が最高」のヤマカツライデンを予想候補に入れず…逃げ馬としてはステイインシアトルやマイネルミラノが行くと思ったのもマズかった。

前が激しくなると考えたのだが、外から単騎で楽に行かれてしまい、それに続いた馬も余力があったようで。


アングライフェンは交したのに、前に行った2頭に差し返され…4コーナーで馬連は行けると思ったのですが、残念です。

ナリタハリケーンは「4コーナーまで馬群が密集していたので、追い出しを待たされた」との事。外に出すかもう少し早めに動いて欲しかった…。

コメントが無いダンツプリウスは前走から斤量を気にしたので切ってしまったよかったか…。二桁人気を内から考えたので、危うさはあっただけに…。


展開が読めなかったのはありましたが、二桁人気が絡む可能性があったので、外枠でも気にせずに入れるべきでした。


[PR]
by a_doctrinaire | 2017-07-17 00:00 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://desktheory.exblog.jp/tb/24927928
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 中京記念の傾向 2017 函館記念の予想 2017 >>


競馬重賞の傾向とMHP3rd、太閤立志伝4やレトロゲーム
検索
最新の記事
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク