中京記念の傾向 2017
中京1600mで行われるハンデGⅢ「中京記念」。

以前は3月に2000mで行われていたが、2012年の中京改修や番組改編で全く違うモノに。

ですので、改修後の過去5年の3着まで15頭を見ていきます。さらに実績などは他の「1600mハンデGⅢ」を、コースや脚質などは「1000万以上の新・中京1600m(中京記念と2歳OP除く)」の連対馬を参考までに載せておきます。


 中京記念の傾向 (過去5年の3着馬データ+α) 2017


<実績>
最低連対ラインは「1600万勝ち」。

該当するのは…

「OPは3戦5着3回、重賞は共同通信杯12着と京都新聞杯3着」のガリバルディ
「OPがパラダイスS8着のみ、重賞は福島牝馬S6着とヴィクトリアマイル15着」のアルマディヴァン

次点は「OP勝ち」。該当するのは…

「重賞5戦して新潟2歳S3着やデイリー杯2歳S3着、きさらぎ賞4着など」のピークトラム
「重賞は阪急杯11着とマイラーズC8着」のケントオー
「重賞11戦してNHKマイルC3着、毎日杯3着、鳴尾記念3着、小倉大賞典3着など」のリルダヴァル
「重賞8戦して阪神C3着、阪急杯3着、京成杯4着、アーリトンC5着など」の12年のフラガラッハ

残り9頭は「重賞連対」。
うち6頭が「複数重賞連対」。


開催時期やコースは違いますが、同じ「1600mハンデGⅢ」の「京都金杯」「ダービー卿CT」「京成杯AH」10回の連対馬では…

「京都金杯」は「1600万勝ち」3頭、「OP勝ち」2頭、「重賞連対」15頭(2年延ばすと「1000万勝ち」があるが)
「ダービー卿CT」は、「1600万勝ち」4頭、「OP勝ち」2頭、「重賞連対」14頭
「京成杯AH」は、「1600万勝ち」4頭、「OP勝ち」1頭、「重賞連対」15頭

夏開催という事を考えると、少し実績は低くなると考えたい。



<距離>
全馬に共通するのは「1400m以上勝利」。

1400mまでなのは、1600m以上が…

「1600mダート未勝利10着と1800m未勝利5着」のスマートオリオン

それ以外の14頭は「1600m以上勝利」。
この内10頭に「1800m以上連対」があり、15年までは1600mまでは牝馬のみだったが、16年に牡馬も絡んでしまったので、気にする必要はないようで…。

ちなみに「距離短縮」では「1800mや2000m勝ちで、1600m7戦して米子S3着や中京記念4着」の13年度のミッキードリーム以外は「1600m連対」があった。

直線が延びて坂が出来ており、すこし長い距離で結果がでている方が良さそうだったが…。



「1000万以上の新・中京1600m連対馬(中京記念と2歳OP除く)」38頭では…

「連対なしで1000万出走(1600m未勝利3着、1800m1000万3着)」のケルンフォーティー以外に「1600m以上勝利」があった。

内27頭には「1800m以上連対」があった。
ちなみに3頭は「1800m以上勝利で、1600m連なし(出走あり)」。



<コース>
「中京連対」5頭、「初出走」7頭。

残りは…

「新馬7着と500万7着」のケントオー
「高松宮記念7着のみ」のスマートオリオン
「中京記念4着のみ」の13年時のミッキードリーム

左回りに加えて、直線に急な坂が出来た影響もあってか、中京に連対のなかった10頭には「東京連対」か「阪神連対」があった。


「1000万以上の新・中京1600m連対馬(中京記念と2歳OP除く)」38頭では…

「中京連対」13頭
「初出走」13頭
「3着」7頭
「5着」4頭
「7着と8着」1頭



<脚質>
「先行」5頭、「差し」8頭、「追い込み」2頭。

1000mは59.0、58.2、60.1(稍重)、58.7、59.1。
5回中4回は後方からが勝っており、直線の長さと最終週の馬場もあって後方からが有利。



「1000万以上の新・中京1600m連対馬(中京記念と2歳OP除く)」38頭では…

「逃げ」5頭、「先行」15頭、「差し」18頭

開催が早い場合もあってか前が多く、1000mは57.4~62.6で速くなる事も。



<その他>
人気は…

16年が7→6→4番人気
15年が6→13→3番人気
14年が7→11→5番人気
13年が5→13→3番人気
12年が5→6→10番人気

上位人気よりも5番や6番人気が強い?1番人気が10、7、10、10、7着、2番人気は12、8、8、4、11着と苦戦している。



「上がり3ハロン3番手以内」は15頭中10頭。

2016年の2着、2015年の1、3着と2012年の2、3着以外が該当しており、いい脚が使える馬はプラス。
「最速」が4勝しており、最も良い脚を使えそうな馬は注目。

「1000万以上の新・中京1600m連対馬(中京記念と2歳OP除く)」では38頭中28頭が3番手以内に該当していた。



ハンデは52~58キロで平均56.07キロ。中央値は56キロ。

「実績も高い」事や「52キロと54キロが牝馬」だった事を考えてもハンデが重めでやれている。
トップハンデは57~58.5キロで、のべ10頭で58キロ以下が1着2頭、2着1頭、3着2頭。



「鞍上」は…

連対は「高倉凌」騎手の2勝、「小牧太」騎手と「太宰啓介」騎手の2着2回が複数。
小牧騎手は違う馬で6番人気で2度、同じ馬での連対だが、高倉騎手が5番人気2度、太宰騎手は二桁人気2回と上手く乗っている。
3着も含むと「福永祐一」騎手の1勝3着1回。



ちなみに「1000万以上の新・中京1600m連対馬(中京記念と2歳OP除く)」38頭では…

「福永祐一」騎手、「和田竜二」騎手、「北村友一」騎手、「吉田隼人」騎手の3連対がトップ。

「川田将雅」騎手の2連対が続く。
中京という事もあって、3場開催などの影響もあり、若手の騎手も多いので、その辺りを狙うのも一つか。



「年齢」は…

「5歳」6連対、「6歳」3連対3着3回、「4歳」3着2回、「7歳」1連対

夏競馬という事もあってか年齢が高い馬でもやれている。もちろん、馬次第だが…。



15頭だが「内6:外9」で外が多い。

特に「16番」が2連対、「15番」「14番」「13番」が1連対ずつで、外が不利という感は無い。
最終週という事を考えても馬場のいい所を通れるのはプラスか。



近走は「3戦以内にGⅡ7着、GⅢ8着、OP6着以上」で可能性がある。

連だけでなく3着でも「1年以上前」になる場合もあるので、見極めがしづらい。
「状態」というよりも「コース適性」の印象もある。

ただ、15頭中9頭は「2戦以内に連対」しており、全くダメというワケでは無い。



[PR]
by a_doctrinaire | 2017-07-18 00:09 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://desktheory.exblog.jp/tb/24945777
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 函館2歳Sの傾向 2017 函館記念の結果 2017 >>


競馬重賞の傾向とMHP3rd、太閤立志伝4やレトロゲーム
検索
最新の記事
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク