札幌記念の傾向 2017
札幌2000mで行われるGⅡ「札幌記念」。


13年はスタンド改修工事の影響で函館開催なので除いて考えます。札幌開催時は勝ち馬や2着からその後のGⅠ馬が出ており、秋や来年に向けて注目の一戦。

16年、15年、14年と12年は2回2日目、09年は2回8日目、07年は1回8日目、残りは1回4日目。今年は3着もチェックします。


 札幌記念の傾向 (札幌開催10回分の連対馬+3着馬データから) 2017


<実績>
最低連対ラインは「1600万勝ち」。

該当するのは…

「OP以上が中山金杯7着、小倉大賞典3着、函館記念6着」のネオリアリズム
「故障で長期離脱後に復帰して、OP1戦0.1秒差6着、重賞はマイラーズC10着のみ」のアグネスアーク

残り18頭は「GⅢ以上勝利+重賞連対」。

GⅢ勝ちまでなのはGⅡが…

「毎日王冠4着、AJC杯5着」のディサイファ
「金鯱賞6着、府中牝馬S3着、阪神牝馬S3着」のフミノイマージン
「札幌記念3着と金鯱賞7着」のアクシオン

15頭には『GⅡ以上勝利+重賞連対』があり、コレをチェックしたい。

(3着は「OP勝ち」以上。重賞が「エプソムC3着のみ」が1頭で、それ以外は「重賞連対」。1連対以外に「NHKマイルC3着やNZT5着など」や「新潟大賞典3着や京都金杯5着など」以外は「重賞2勝以上。)



<距離>
全馬に共通するのは「1800m以上連対」。

「1800m勝ちで、2000m以上が京都新聞杯7着のみ」のモーリス
「1800m勝利で、2000m以上不出走」のアグネスアーク

以外には「2000m以上連対」。なお「3歳で1600m勝ち、2000m以上が優駿牝馬2着のみ」のハープスター以外は『2000m以上勝利』。

ちなみに上記の2頭と「2000m出走無し」のブエナビスタと「2000mがローズS3着と秋華賞3着」のフサイチパンドラ以外の16頭には「2000m勝ち」がある。

(3着も「1800m勝ち」。2000m以上が「東京優駿8着のみ」と「優駿牝馬3着、秋華賞3着、エリザベス女王杯4着、10着、6着、宝塚記念14着、札幌記念14着」以外は「2000m以上勝利」。



<コース>
「札幌連対」11頭、「初出走」6頭。

残りは…

「1000万4着のみ」のダークシャドウ
「新馬10着のみ」のタスカータソルテ
「クイーンS5着のみ」のフサイチパンドラ

1戦のみなので、それくらいはセーフ。
数を走ってダメなら可能性はあるが、洋芝も少ない出走ならあまり気にする必要はないかと。

(3着は「札幌連対」3頭、「初出走」6頭。残り1頭は「札幌記念4着のみ」。)



<脚質>
「逃げ」2頭、「先行」10頭、「差し」7頭、「最後方からマクり」1頭。

少し開催が違うが、1000mは59.9、58.9、58.4、59.5、60.4、59.3、60.2、58.4、60.7、61.2とそれほど速くはならないことが多い。

直線は長くないのだが、有力馬が出走する事もあってか、差し馬や最後方からでも早めにマクって連対してい馬がいる。

(3着は「先行」1頭、「差し、マクリ差し」9頭。)



<その他>
「人気」は札幌開催10回で、1番人気が8連対と多い。
連を外したのは15年のトーホウジャッカル、07年のマツリダゴッホ。
前者は長期休み明け2戦目、後者はメンバー的に少し手薄感もあった。

他の上位人気は、2番人気1連対、3番人気全滅と「連では危い(3着を含むとマシ)」。
変わりに5番人気が5連対と強く、9番人気2連対、12番人気2連対で、残りは4、7、8番人気。

3着は4、4、7、2、2、7、4、3、3、2番人気。



「上がり3ハロン3番手以内」は札幌10回で14頭。

先行勢が多い事や直線の短さの割に、「上がりの速い馬」は多い。
やはり実力馬の出走が多い事や、残り600mが勝負所だという事か。

(3着は10頭中7頭が該当。)



「鞍上」は札幌10回では「横山典弘」騎手の3連対がトップ。

現役では「福永祐一」騎手の2連対が続く。
GⅢ時代や函館開催を含めると8勝をあげている「武豊」騎手は注目。

(3着は「岩田康誠」騎手の3頭、「秋山真一郎」騎手の2回など。)



「牡馬(+せん馬):牝馬」は「15:5」で牡馬有利。

しかし、10年と08年は牝馬の出走自体が無く、それを除くと「11:5」とさらに近くなる。
2000m以上でも強い牝馬の活躍もあるが、それほど人気が無い馬も連対しており、可能性は残る。

(3着は「牡(せん馬)8:牝2」。10年と8年を除くと「牡6:牝2」。)



札幌10回での「年齢」は…

「5歳」8連対、「4歳」5連対、「3歳」3連対、「6歳」2連対、「7歳」1連対、「8歳」1連対

明け4歳に注目が集まる事が多いが、5歳の方が多い。
3着は「5歳」4回、「7歳」が2回、「4歳」2回、「3歳」1回、「6歳」1回となっている。



20頭中6頭が「5月以前の出走」。

ココから始動というケースもあり、「休み明け」や「リフレッシュ明け」でもある程度通用する。

(3着も10頭中2頭が「3ヶ月以上ぶり」。)



[PR]
by a_doctrinaire | 2017-08-15 12:54 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://desktheory.exblog.jp/tb/25324906
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 北九州記念の傾向 2017 関屋記念の結果 2017 >>


競馬重賞の傾向とMHP3rd、太閤立志伝4やレトロゲーム
検索
最新の記事
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク