クイーンC
 3歳牝馬の重賞。桜花賞へ向けての1戦だが、ここを使うとトライアルレースまでのレース間隔が短くなる。データ的にも日本オークスのほうに結びつきが強い傾向にあり、オークス向きの馬を選ぶのも手か?




  クイーンC 予想

 牡馬相手に京成杯4着のリトルアマポーラ。初コースになるが、輸送は2度目で広い競馬場は阪神で経験済み。シンザン記念と京王杯2歳S5着のミッキーチアフルに勝った実力からもここでは上位。

 札幌2歳S4着のカレイジャスミン。阪神ジュベナイルFでは7着だったが、初めての関西圏での競馬で戸惑いもあったはず。今回は東京1600mですでに赤松賞で勝っているコースで力は出せるはず。血統も、父は日本ダービー馬タヤスツヨシで、伯父に安田記念と富士S勝ちのエアジハードがいて東京は合う。

 牡馬相手にジュニアCで3着、前が残る菜の花賞で3着のマルターズオリジン。乗り替わりは少し気になるが、相手なりに競馬が出来るのは魅力。菜の花賞は展開が結果を分けた可能性が高く、本来の競馬が出来れば違った結果になると考えられる。出走したレースがすべて1600mの経験は活きるはず。

 阪神ジュベナイルF5着のシャランジュ。デイリー杯2歳Sでも5着と脚の使いどころが難しいように思われる。夏デビューで東京も初めてだが、関西でも重賞で上位争いが出来ただけに、輸送が短いなら力は出せるはず。

 2連勝で臨んだ阪神ジュベナイルF7着のラルケット。前走はGⅠで、しかも初めての関西のレースと結果を考えると走れているほうだろう。ここでもう一度見直したい。

 悩んで切ったのはスワンキーポーチ。キャリア2戦目で重賞2着で、前走が菜の花賞2着。ただ、前走展開が前に向いたとはいえ、切れを見せていないことからも先行して粘る脚質にみえる。それだけに交せなかったのは、少し足りていないのではないだろうか。
[PR]
by a_doctrinaire | 2008-02-23 10:30 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://desktheory.exblog.jp/tb/7327416
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 京都記念 きさらぎ賞 >>


競馬重賞の傾向と嵐世記や太閤立志伝4などのゲーム
検索
最新の記事
富士Sの予想 2017
at 2017-10-21 01:06
菊花賞の予想候補 2017
at 2017-10-21 00:24
富士Sの予想候補 2017
at 2017-10-20 00:40
ブレイニーランのデビュー!
at 2017-10-20 00:04
菊花賞の枠順決定! 2017
at 2017-10-19 14:44
富士Sの傾向 2017
at 2017-10-19 00:01
菊花賞3着の傾向 2017
at 2017-10-18 00:02
菊花賞の傾向 2017
at 2017-10-17 00:28
平成30年のJRA開催あれこ..
at 2017-10-16 21:33
秋華賞の結果 2017
at 2017-10-16 00:04
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク