2017年 03月 16日 ( 1 )

フラワーCの傾向 2017
中山1800mで行われる3歳牝馬GⅢ「フラワーカップ」。

賞金加算で出走が狙える事もあり、桜花賞へ向けて最後のチャンスとも捉えられている。近年は出ていないが、キストゥザヘヴン、シーザリオ、ダンスインザムードらが本番でも勝利。優駿牝馬へ向けて使う場合もあり、注目の1戦。

※2014年は3日開催(3場中2場ずつで開催)の金曜日で2着同着。16年と今年は3日開催の月曜日。2011年は震災の影響で阪神で代替開催でしたので、除いて考えます。


 フラワーCの傾向 (中山開催過去10回分の連対馬+3着馬のデータから) 2017


<実績> ※14年同着で連対馬21頭
最低連対ラインは「新馬・未勝利勝ち」。

該当するのは…

「新馬3着、未勝利2着、1着」のエンジェルフェイス
「新馬4着、未勝利14着、1着」のアースライズ
「新馬勝ちのみ」のサクラプレジール
「新馬6着、未勝利1着」のエバーブロッサム
「新馬3着、未勝利1着、黄梅賞13着」のヴィーヴァヴォドカ
「新馬5着、未勝利2着、1着、500万4着」のレッドアゲート
「新馬2着、未勝利2着、2着、1着」のホクレレとキストゥヘヴン

「新馬・未勝利勝ち直後」と「500万は1戦のみ」。
500万の2頭も、共に牡馬相手で「未勝利勝ちから5か月ぶり13着」と「2400mで4着」なので「可能性はあった」かと…。

次点は「500万勝ち」。OP以上が…

「コスモス賞7着、ジュニアC5着」のゲッカコウ
「札幌2歳S14着、アルテミスS10着」のバウンスシャッセ
「フェアリーS4着、クイーンC9着」のオメガハートランド
「OP以上出走無し」のアルビアーノ、メイショウスザンナ、ブラックエンブレム
「チューリップ賞4着のみ」のオウケンサクラ
「阪神JF3着、エルフィンS6着」のフサイチパンドラ

14年に重賞で大敗したバウンスシャッセが入ったが、それまでは「重賞4着」がひとつのラインだった。新馬勝ちの後の重賞2戦で、ここは500万を勝ってからの挑戦ではあったが…。

次々点は「OP連対」。

「重賞出走無し」のショウナンタレント

残り4頭は「重賞連対」。

(3着は2着同着なので9頭。「新馬・未勝利勝ち」4頭で、「中京2歳S3着、アルテミスS8着、京都2歳S7着、水仙賞7着」「500万以上出走なし」「ひいらぎ賞5着、菜の花賞7着、500万7着」「チューリップ賞7着」。残りは5頭は「500万連対」で「OP以上出走無し」。)



<距離> ※14年同着で連対馬21頭
全馬に共通するのは「1600m以上勝利」。

1600mまでだったのは

「1800m以上初」のアルビアーノ、サクラプレジール、ヴィーヴァヴォドカ、キストゥヘヴン
「コスモス賞10着のみ」のディアジーナ
「1800m新馬8着と葉牡丹賞3着」のブラックエンブレム

「1戦以下」か「3着」はセーフ。

残り15頭は「1800m以上勝利」。

(3着は14年が2着同着で9頭。共通するのは「1600m以上勝利」。1600mまでは「京都2歳S7着と水仙賞7着」で、残り8頭は「1800m以上勝利」。)



<コース> ※14年同着で連対馬21頭
「中山連対」14頭、「初出走(ダート除く)」5頭。

残りは…

「ホープフルS9着と京成杯5着」のマイネグレヴィル
「フェアリーS4着のみ」のオメガハートランド

重賞で掲示板くらいがあればセーフかと。

直線の急な坂は、苦手なタイプもいるので気を付けたい。

(3着はは14年が2着同着で9頭。「中山連対」2頭、「初出走」4頭。残りは「水仙賞7着のみ」「未勝利6着、ひいらぎ賞5着、菜の花賞7着、500万7着」「新馬10着、未勝利3、4着」。)



<脚質> ※14年同着で連対馬21頭
「逃げ」4頭、「先行」8頭、「差し」8頭、「追い込み」1頭。

1000は61.5、61.7、62.1、62.0、63.3(重)、62.5、60.6、61.4、61.0、59.3と遅い。
ペースが遅く直線は短いが、その割に後方からも通用しており、出走馬のレベルや4週目の馬場というのも影響がありそう。

(3着は「先行」1頭、「マクり差し、差し」6頭、「追い込み」2頭。後方で3着…の感が。)

14年は3日開催の金曜日で、16年と17年は月曜開催。



<その他> ※14年同着で連対馬21頭
1番人気は7連対、2番人気2連対、3番人気3連対。

6番人気4連対、4番人気2連対、残りは8、11、12番人気。
2番人気はやや苦戦しているが3着があるので、あまり気にしなくてもいいかと。

3着は14、2、(同着)6、10、1、2、2、12、8番人気(14年は2着同着なので3着無し)。



「上がり3ハロン3番手以内」は10年で21頭中7頭。

先行馬が多い影響もあるが、それを加味してもかなり少ない。先行勢で該当したのはキストゥヘヴンで、少し延ばしてもシーザリオで「後のGⅠ馬」。
実績のある馬が少ない事もあり、前から良い脚を使うのが難しいようで。

(3着は9頭中6頭。)



「鞍上」は「横山典弘」騎手の2勝(全体でも3勝)がトップ。

「松岡正海」騎手、「内田博幸」騎手、「石橋脩」騎手の2連対が続く。
全体では4勝の「柴田善臣」騎手と相性がいい。
(3着はバラバラだが、「横山典弘」騎手、「柴田善臣」騎手、「内田博幸」騎手ら連にも名のある鞍上が)

14年や16年と同じく3日開催(3場中2場で開催)だが、例年は若葉SやファルコンSなど3歳OP以上と同日なので、鞍上の確保は難しいかと。



「牡馬相手の500万以上」で、それなりにやれている馬が目立つ。

2歳戦スタート時は、牝馬の方が仕上がりの速さなどもあって、差はないと言われたりするが、この時期になると牡馬の方に分が出てくる。しかし、それでも牡馬相手に掲示板以上があるのは「素質の現れ」かと。

ローテーションの部分もあって牝馬限定戦だけに出走しているケースもあるが、牡馬相手にある程度やれるとプラス。



年に1頭は絡むのが「脚質・前目」と「1~3番人気」。

併せてみると10年で9頭が「上位人気の逃げ・先行馬」。
もちろん、人気薄の先行や上位人気の差しもあるが、1頭はこのタイプを入れておきたい。



[PR]
by a_doctrinaire | 2017-03-16 00:10 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)


競馬重賞の傾向とMHP3rd、太閤立志伝4やレトロゲーム
検索
最新の記事
マーチSの傾向 2017
at 2017-03-23 13:00
毎日杯の傾向 2017
at 2017-03-23 01:08
日経賞の傾向 2017
at 2017-03-22 00:54
高松宮記念の傾向 2017
at 2017-03-21 12:01
フラワーCの結果 2017
at 2017-03-21 00:03
フラワーCの予想 2017
at 2017-03-20 10:02
スプリングSの結果 2017
at 2017-03-20 00:28
阪神大賞典の結果 2017
at 2017-03-20 00:13
スプリングSの予想 2017
at 2017-03-19 08:28
阪神大賞典の予想 2017
at 2017-03-19 00:45
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク