2017年 03月 26日 ( 4 )

マーチSの予想 2017
ハンデ戦に加え、メンバーがメンバーだけに判断が非常に難しい。

 マーチS 予想 2017

総武S4着のメイショウスミトモ。ダート重賞は掲示板もないが、1600mとGⅠの2戦のみ。ただOPで2勝しており、ある程度の能力はある。中山もOPで勝っており、乗り方ひとつであっさりがあっていい。

佐賀記念勝ちのロンドンタウン。東海S7着で0.4秒差と中央重賞では悪くない。中山1800mも1600万で勝っており、状態と仕掛けひとつで。

仁川S2着のコスモカナディアン。川崎記念3着だが、メンバーが少し物足りなかったので、評価がしにくい。ただ、中央はOP2着1戦で重賞は初めてなので、通用してもいい。

雅S勝ちのコクスイセン。前走は8着に敗れたが、勝利はすべて逃げてのモノ。うまく逃げる事が出来れば…。

前走の脚を信じればディアデルレイ。うまく行ければショウナンアポロン。前走以上でマイネルクロップ。展開でピットボス。3走前ほど走ればアスカノロマン。騎手が魅力のディアドムス。カッチー次第でアルタイル。前走の敗因次第でリーゼントロック。中央でもやれるならストロングサウザー。


[PR]
by a_doctrinaire | 2017-03-26 09:11 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

高松宮記念の予想 2017
離脱が多くて、出走メンバーが寂しいですが、どんなレースになるのか。

 高松宮記念 予想 2017

スプリンターズS勝ちのレッドファルクス。中京でも勝っており、コースも問題ない。前走の海外遠征の影響や久々が無ければ、通用するはず。

スプリンターズS3着のソルヴェイグ。ハンデもあったが函館SSでシュウジ、レッツゴードンキに勝利。前走は休み明けの+18キロで逃げて0.5秒差。叩いた効果次第の感は否めないが、身が入れば…。

阪神C勝ちのシュウジ。スプリンターズSでも0.1差の4着がある。キーンランドCではレッツゴードンキに先着。前走やファルコンSではレース間隔が開いた影響か12着敗れており、気性的な問題かと。折り合いがついて、鞍上の乗り方で…。

京都金杯3着からのフィエロ。2走前にシュウジに同タイム3着がある。重賞未勝利だが、マイルCS2着2回などがある。8歳だが3歳時は1戦のみで、レース数もそれほど多いワケでは無いので、馬はまだ若いと考える。後一歩の感が否めないが、距離短縮がいい方に出れば、上位があってもおかしくない。

仕掛けるタイミングでレッツゴードンキ。乗り替わりが問題ないならセイウンコウセイ。相手強化もやれるならメラグラーナ。前走以上でヒルノデイバロー、トーキングドラム、ナックビーナス、ワンスインナムーン。


[PR]
by a_doctrinaire | 2017-03-26 08:36 | 競馬(GⅠ) | Trackback | Comments(0)

日経賞の結果 2017
記憶がある中では初めて16頭フルゲートだった日経賞は…

4番人気シャケトラは、そこそこのスタート。軽く仕掛けるも少しずつ下がって行く。12番手の中を追走していたが、1周目の4コーナー過ぎにレインボーラインが上がって13番手。直線で11番手に上がって1コーナーへ。道中は11番手のまま。残り900m辺りで仕掛けて、外を進出して600mを切って8番手。4コーナーで追い出して、外をあがって、肩ムチと追いで直線へ。外を上がって右ムチと追いで残り200mで5番手。残り100mを切って一気に差を詰めて、2番手に上がると残り30m辺りで交わしてゴールし、優勝。

7番人気ミライヘノツバサは、スタートもそこそこ。押してあがって先頭に立つ。ヤマカツライデンがあがって2番手を追走。手綱を引いて1馬身くらい後ろと追走。道中はずっと2番手だったが、800mを切って差を詰める。4コーナーで並びかけるとそのまま先頭に立って肩ムチが入って直線へ。右ムチの連打と追いで後続に2馬身差をつける。粘っていたが、ゴール前30mほどで交わされて2着。

6番人気アドマイヤデウスは、まずまずいいスタート。仕掛けて、内を見ながらの追走で3番手。手綱を引いて、前2頭とは2馬身ほど離れて1周目の4コーナーへ。ゴールドアクターが並んで3、4番手で向う正面。800mを切って、ゴールドアクターが先に行って4番手。4コーナーで追い出すも前との差は縮まらず、内を回る。直線に入って、2頭ほど外へ出して追う。4番手で左ムチが入って、立つような騎手のアクションと肩ムチでゴールドアクターを交わしにかかるも外から交わされる。3番手からムチの連打で前を追うも3着。

4着は2番人気レインボーライン。5着は1番人気ゴールドアクター。3番人気ディーマジェスティは6着。


予想は1着、5着、6着、11着。

敗因はゴールドアクターがペースを作ると考えた事。

強い先行馬だけに、ある程度のペースに自分で持って行けると考えましたが…。鞍上が「走らなかった。反応がない。絶好の展開だったのに、前もかわさないし、後ろにかわされた」とのコメントで、調教師は「自分の形でレースを進めていって伸びなかった。これから敗因を分析したい」との事。

展開が向けばと思ったミライヘノツバサも、ゴールドアクターの存在で切ってしまう…。アドマイヤデウスも最後まで迷ったが、ゴールドアクターを上に見たので…。

ディーマジェスティは「久々で多少重いのもあるし、馬場が悪く脚をとられたのもある。気持ちの難しさが昨年のダービー後から出ている。(力は)こんなものじゃない」と蛯名騎手。

ツクバアズマオーは「ある程度の位置で運んでくれという指示。アドマイヤデウスの後ろを取れたけど、最後は苦しくなってしまった。2500mは若干長いのかもしれない」との話。さすがに厳しかったか…。


迷った時は切った馬が絡む…やはり5頭目が本命か…(苦笑)。


[PR]
by a_doctrinaire | 2017-03-26 00:16 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

毎日杯の結果 2017
頭数が少なく、1番人気が圧倒的な支持となった毎日杯は…

2番人気アルアインは半馬身ほど出遅れ。仕掛けて行くと、1ハロンほどで2番手に上がる。前とは1馬身半くらいだった差が、5馬身以上も広がる。残り1000mを切って前のと差が縮まりはじめ、クリアザトラックが外から上がって3番手に。追いかけて、残り600mで3頭並んで4コーナーを回る。先頭に立つがクリアザトラックと併せ馬のカタチから、残り300mを切って追い出して左ムチが1発入ると差を広げる。ラチ沿いを肩ムチ?を連打し、残り200m。その後も肩ムチ連打と早追いを繰り返して、ゴールして鞍上が外を見て優勝。

1番人気サトノアーサーはいいスタートも、抑えて8番手の最後方。前の馬の3馬身ほど後ろを追走。行きたがったか、残り1200mでは2馬身以内に縮める。手綱を引いての大きなフォームでの追走。外に出して、残り800mでキセキに並ぶ。4コーナーでは外をに出して仕掛ける。大外を肩ムチが入って追い出して、外へ行って左ムチが入る。右ムチが入って、鞭を持ち直して、さらに右ムチと追いを繰り返す。残り200mで5番手で、ムチの連打と追いで100mを切って3番手に上がり、残り20mを切って2番手に上がるも届かず2着。

7番人気のキセキもスタートはよかった。鞍上がグッと手綱を引いて下がって行く。後ろから2番手の7番手。前とは2馬身、後ろが3馬身くらい離れての追走。道中はその位置取り。残り800mで最後方と並ぶも手綱は引いたまま。4コーナーでは最内を回って直線へ。追い出して、内回りのラチへ一気に差を詰める。右手だけに手綱を持ち直して、左ムチが入る。200mを切って3番手からすぐ2番手に上がって、追ってムチが入るも外から交わされて3着。

4着はプラチナムバレット。5着は5、6番手追走のトラスト。3番人気ガンサリュートは7着だった。


予想は1着、2着、4着、5着。

馬連370円を的中もマイナス。1点か馬単で勝負していれば良かったのですが…。

さらに「重賞5着以内か1戦7着以内」をラインにして、キセキを予想候補にも入れず…。「3戦してOP以上はすみれS3着」があったのですが、0.9秒差を気にしたのがマズかった。頭数が少なかったので絞ろうとしたのも影響しました…。

サトノアーサーは鞍上らしさが出ました。勝った馬は同厩舎ですし、賞金加算は出来て「ダービー直行」との話らしいので、特に問題はないのかもしれませんが馬券を買っていた人には…。

個人的にトラストだけは…残念。この頭数なら、前からの競馬で粘る事も出来ると考えていただけに…。賞金的に足りているので、可能性が0ではなかったんですが、このタイミングではちょっと…。

競馬では、こういう事もあるので、コチラがどうかしないとドウもなりませんが…。


ゲート開かないと分からないので、本当に展開は難しい…。


[PR]
by a_doctrinaire | 2017-03-26 00:01 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)


競馬重賞の傾向とMHP3rd、太閤立志伝4やレトロゲーム
検索
最新の記事
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク