2017年 04月 05日 ( 1 )

阪神牝馬Sの傾向 2017
阪神1600mで行われる古馬牝馬のGⅡ「阪神牝馬ステークス」。

2006年ヴィクトリアマイルの新設に伴って、前哨戦として移設・1400mに距離短縮されていた。05年までは12月の阪神1600mで行われていた。

ターコイズSの新設に端を発した「京都牝馬Sの移動+1400mへの距離短縮」にともなってか1600mに。距離が延びた事で、以前と比べて実績のある牝馬が出走してくる可能性は高い。

距離や脚質なども違いが出そうなので、阪神1600mの牝馬重賞の「阪神ジュベナイルF」「チューリップ賞」「桜花賞」と、阪神1600mGⅡの旧・マイラーズC(改修後の阪神開催07~11年)を参考までに載せておきます。
特に桜花賞は翌日なので馬場状態の参考にはなりそう。


 阪神牝馬Sの傾向 (1600m時1年+1400m時10年の連対馬データ+α) 2017


<実績>
16年は…

「GⅠ2着+GⅡ3連対+GⅢ勝ち」のスマートレイアー
「GⅠ2勝+GⅡ1連対+GⅢ連対」のミッキークイーン
「GⅢ勝ち+GⅢ2着」のウインプリメーラ

1400m時10年の最低連対ラインは「1600万2着」。

該当するのは…

「OP戦は出走無し、重賞が京都牝馬S5着のみ」のクィーンズバーン

次点は「1600万勝ち」。OP以上は…

「出走無し」のカフェブリリアントとエイジアンウインズ
「重賞5戦してニュージーランドT3着やファルコンS4着など」のベルルミエール
「ターコイズS3着と洛陽S5着、重賞出走無し」のアンシェルブルー
「中山牝馬S12着と愛知杯8着」の07年時ジョリーダンス
「OP1戦6着、重賞は5戦してスワンS3着や京都牝馬S3着、ヴィクトリアマイル5着など」のアグネスラズベリ

次々点は「OP連対」。重賞が…

「OP4勝、阪神JF3着、チューリップ賞4着、京都金杯4着」のサウンドオブハート
「OP1戦2着、重賞はフィリーズR8着のみ」のカレンチャン
「OP勝ち、重賞8戦で阪神C3着、フラワーC3着、阪神牝馬S5着など」のブルーメンブラッド

残り10頭は「重賞連対」。
ちなみに「ダート重賞連対で、芝はラジオNIKKEI賞9着、秋華賞3着、東京新聞杯8着」のプロヴィナージュがいる。

※距離が延びて、マイル~中距離戦を目指す古馬牝馬の有力ドコロが出走しやすくなるかと。




<距離> ※16年から1600mに変更
16年は…

「1400~2000m連対」のスマートレイアー
「1400~2400m連対」のミッキークイーン
「1600~1800m連対」のウインプリメーラ

1400m過去10年連対馬に共通するのは「1200m以上勝利」。

1200mまでだったのは、「1400mがフィリーズR8着(0.4秒差)のみ」のカレンチャン。

残り19頭は「1400m以上勝利」。

「1400mまで」が3頭、「1600m以上連対」は16頭。

ちなみに「1600m以上勝利」で1400m以下が…

「出走無し」のスマートレイアーとウリウリ
「阪神C4着のみ」のマルセリーナ
「京王杯SC7着のみ」のザレマ
「フィリーズR3着のみ」のエアメサイア

が、「1400m連対なし」をクリアしていた。



※同じ阪神1600mの牝馬重賞10年では…

阪神JFは、「1400mまで」3頭、「1600m以上勝利」17頭。
チューリップ賞は、「1400mまで」2頭、「1600mGⅠ2着」1頭、「1600m以上勝利」17頭。
桜花賞は、「1400mまで」1頭、「1600mGⅢ2着」1頭、「1600m以上勝利」18頭。

改修後のマイラーズC5年(07~11年)では「1600m以上勝利で1800m以上連対」だが、阪神1600mOPに「1400mまで」がいるので、少数でも1400mまででも可能性は残る。



<コース>
16年は…

3頭ともが「阪神連対」で、しかも「+阪神重賞連対」。


1400mの10年は「阪神連対」13頭、「初出走」2頭。

残りは…

「チューリップ賞6着とローズS3着」のウリウリ
「阪神JF3着と桜花賞4着」のサウンドオブハート
「阪神JF4着と桜花賞11着、フィリーズR4着、1600万4着と3着」のイチオクノホシ
「500万6着と1600万3着」のクィーンズバーン
「芝はフィリーズR8着のみ」のカレンチャン

「出走数が少ない」か「3着」なら問題はなさそう。



<脚質> ※16年から1600mに変更
16年は1000mの通過は58.9で、「逃げ」「差し」「先行」。


1400m時代は「逃げ」2頭、「先行」7頭、「差し」11頭、「追い込み」1頭。

800mは46.3、45.5、47.3、46.4、45.6、45.5、46.8、47.2、45.5、45.0。
馬場の影響やペースもあって後ろからが多いが、追い込みは13頭立てなのでかなり後方からでは厳しい。

10回中7回は「2着より1着の方が前」なので、早めに動く方が有利か。


※同じ阪神1600mの牝馬重賞10年の連対馬では…

阪神ジュベナイルFは、「先行」4頭、「差し」14頭、「追い込み」2頭。
チューリップ賞は、「逃げ」4頭、「先行」6頭、「差し」7頭、「追い込み」3頭。
桜花賞は、「逃げ」2頭、「先行」3頭、「差し」10頭、「追い込み」5頭。

ちなみに古馬は改修後のマイラーズC5年(07~11年)では「逃げ」2頭、「先行」4頭、「差し」4頭。

※先週からBコースなので、直線の割には前が残ってもおかしくない。



<その他>
16年は2→1→5番人気。
阪神1600mは力を出しやすいコースと言われている。


1400m時の10年で1番人気は4連対、2番人気3連対、3番人気3連対。

4番人気2連対、5番人気3連対、7番人気3連対で、残りは9、11番人気。
2015年と2010年を除いて「1頭は1~3番人気が連対」しており、まずは上位人気を1頭は入れたい。

3着は3、9、7、4、3、10、4、9、1、8番人気。



「上がり3ハロン3番手以内」は2016年が「8番手」→「最速」→「4番手タイ」。

1400m時の10年で14頭。
差しが多いので、良い脚が使えるタイプは入れておきたい。
「最速」5頭、「2番手」4頭、「3番手」5頭、「4着以下」6頭なので、仕掛けるタイミングが大きいが。

※同じ阪神1600mの牝馬重賞10年の連対馬では…

阪神ジュベナイルFは20頭中15頭、チューリップ賞は20頭中16頭、桜花賞は20頭中17頭。




「鞍上」は「M.デムーロ」騎手→「C.ルメール」騎手→「川田将雅」騎手。

1400m時は「福永祐一」騎手の3連対がトップ。
「池添謙一」騎手と「武豊」騎手が続く。
移設時からニュージーランドTが同日にあり、騎手は分かれがち。




「年齢」は16年は「6歳」→「4歳」→「6歳」


1400m時は…

「4歳」13頭
「5歳」4頭
「6歳」2頭
「8歳」1頭

若い馬の方が抜けて多い。
牝馬はある程度の年齢で引退して繁殖に入る。春前なら種付けも可能なのでその影響も…。



[PR]
by a_doctrinaire | 2017-04-05 00:05 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)


競馬重賞の傾向とMHP3rd、太閤立志伝4やレトロゲーム
検索
最新の記事
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク