2017年 04月 09日 ( 3 )

桜花賞の予想 2017
雨がどの程度影響するかがポイントになりそうです。

 桜花賞 予想 2017

阪神ジュベナイルF勝ちのソウルスターリング。GⅠでもムチが1発で全力で走った様子はない。チューリップ賞も楽に勝っており、力は抜けているかと。昨年の事もあって、鞍上もリスクは出来る限り回避すると思うので、頭で狙いたい。

1頭流しで。

クイーンC勝ちのアドマイヤミヤビ。牡馬相手に勝った百日草特別がいい内容。レース間隔が開いたクイーンCも快勝で、上積みを考えても、まだ上がある。

チューリップ賞2着のミスパンテール。休み明けのキャリア2戦目でソウルスターリングに0.3秒差。相手の仕上がりがそれほどでもなかったにしても、リスグラシューに勝ったのは評価できる。キャリアの少なさは気になるが、前走は揉まれる競馬もしているので、やれていい。

阪神JF2着のリスグラシュー。前走がかなり物足りなかったので、どうかとも思うが仕上がり次第では可能性は残る。

気性面と久々と枠がやれるならミスエルテ。輸送が問題なければアエロリット、ラジングリーズン。距離がやれるならカラクレナイ。


[PR]
by a_doctrinaire | 2017-04-09 03:15 | 競馬(GⅠ) | Trackback | Comments(0)

ニュージーランドTの結果 2017
スローペースとなったニュージーランドTは…

12番人気ジョーストリクトリはそこそこのスタートも仕掛けて前へ。5、6番手の内で手綱を引く。残り1200m辺りで5番手に上がる。残り600m辺りで肩ムチを使ったか仕掛け、4コーナーは内を回って直線へ。そのまま内を突いて追い出し、右ムチの連打で外へ向かい馬場の中ほどを加速すると残り200mを切って先頭に立つ。追って左ムチが入るが、外へ斜行しスズカゼの進路が狭くなる。リードを少し広げてゴールし優勝。

8番人気メイソンジュニアは好スタートからそのまま軽く仕掛けて行く。先頭に立つとグッと手綱を引いて半馬身くらいで逃げる。1馬身に差を広げるも手綱は引いたまま。持ったままで4コーナーを回るが馬場の中ほどを回って直線でも中に進路を取る。残り250m辺りで鞭を抜いて、追い出してムチが入って残り200m。すぐに内から交わされるも、並んで外には抜かせず2着。
「スタートが出過ぎたのでハナを切る形に…」と調教師のコメント。

5番人気ボンセルヴィーソもスタートはまずまず。外からジワっと上がって2番手につける。道中はその位置取りから動かず。600mを切って仕掛け、4コーナーで追い出して中ほどを回る。追ってムチが入ると残り200mで3番手。ムチと追いで頑張るも3着。

4着は最後の直線で不利のあったスズカゼ。5着はタイムトリップ。

1番人気クライムメジャーは8着。「馬場は大丈夫だった…」との話。2番人気スズカメジャーは6着で、騎手は「コーナーでゴチャついたところで一気に来られてしまった…残念」。3番人気ランガディアは13着で、「追走に余裕がなかった…反動があったのかもしれない」とのコメント。

稍重でしたが、過去10年で最も遅い1000mの通過。次点が良馬場で60.0。


予想は4着、6着、8着、10着。

敗因は予想候補を絞ろうとした事。荒れる可能性も高かったのに、過去10年の上位人気50%が気になってしまったのが失策。馬場もありましたし、上位人気に危うさもあったので、もう少し買いたい馬を狙った方がよかった…。

ジョーストリクトリの位置取りで最後に切ってしまう。アーリントンCくらいだと届かないと思ったのがマズかった。

さらに距離でメイソンジュニアを予想候補にも入れず。1600m重賞5着があったが、1400m勝ちがなかった(GⅢ1戦して0.1秒差)のを重視してしまいました…。ファルコンSでは本命にした馬で期待していたのですが、傾向にこだわったのがダメでした。

ボンセルヴィーソは大外枠を気にして予想に入れず。


評価の5番手が1着、6番手が3着…。


[PR]
by a_doctrinaire | 2017-04-09 00:30 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

阪神牝馬Sの結果 2017
小雨で重馬場発表だった阪神牝馬Sは…

1番人気ミッキークイーンは少し遅れたか、すぐに鞍上が仕掛けて巻き返す。6~8番手の横並びから馬群に入れて9番手に。道中はその位置取り。残り600mで仕掛けて、4コーナーも内目を回る。直線では馬群んお中で沿おtに出そうとするも直ぐに出せず。300mを切って、ジュールポレールが行った後に進路を取りつつ、ムチが入って追い出す。残り250mでムチがもう1発入り、連打で一気に加速し、残り200mで4番手に上がると、後は追うだけでグンっと伸びてゴール前に鞍上がガッツポーズの後に、クビ辺りをポンと叩いてゴールし優勝。

3番人気アドマイヤリードはそこそこのスタートで慌てずに後方へ。後ろから3番手の14番手を追走。残り800m辺りで13番手に上がるも、前に馬もいて14番手。4コーナーでは内を回って直線へ。仕掛けて内を狙うと、一気に加速して、残り250mで4番手まで上がる。追って追ってムチが入って残り200m。ムチの連打でクロコスミアとジュールポレールを交わすが、外には離される2着。

4番人気ジュールポレールはいいスタートから前に。5番から1頭交わして4番手に上がる。残り1200m辺りで2頭上がって6番手。残り700m辺りで仕掛け、4コーナーではやや外目を回って直線へすぐには追わず。残り250m辺りで追って、上がって行ってムチが入る。ムチの連打と追いで2番手で残り200m。先頭に立つも外と内から交わされる。内に併せて差し返そうとするもクビ差の3着。

4着はクロコスミア。5着はエテルナミノル。2番人気クイーンズリングは「落鉄」もあったとの事。ただ、掛かって抑えるも先頭に、残り1200m辺りから下がって3番手も、残り250m辺りで無理はせず、沈んで15着。


予想は1着、4着、12着、15着。

敗因はクイーンズリングの位置取りを気にしながら、重視した事。連はミッキークイーンと2頭で堅いと思ったのがマズかった。

実績「重賞2戦以下で5着」にして、「重賞6戦して桜花賞5着など」のアドマイヤリードを予想候補にも入れず…。

さらに重馬場での出走が無かったのでジュールポレールを最後に切ってしまう。鞍上も「道悪に脚を取られた…」という話でしたが、それでも3着は見事…。

+14キロもあったかもしれませんが、クイーンズリングがスタート後に掛かって行ったので、凹みました。単騎を期待したクロコスミアにも影響を与えて、ショックが2倍…。返し馬で馬場に出る時に左のお尻あたりをぶつけて入ったのはどうなのか…。

前走の感じから中団少し後ろの競馬を期待したデニムアンドルビーでしたが最後方…。しかも大きく広がった4コーナーでさらに大外ぶん回し…。アドマイヤリードがいるのに「その後ろから」というのも信じられませんし、内を回ったルメール騎手との力の差を感じました。この鞍上は怪しむ方がよかったようで。


距離が変わった分の傾向の違いは出走馬のレベルで対応する必要もありそうです…。

本命が勝ちましたが、またしても5番手が3着以内。


[PR]
by a_doctrinaire | 2017-04-09 00:04 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)


競馬重賞の傾向と嵐世記や太閤立志伝4などのゲーム
検索
最新の記事
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク