2017年 05月 01日 ( 2 )

プリンシパルSの傾向 2017
東京2000mで行われる3歳OP「プリンシパルステークス」。

重賞ではないですが、東京優駿のトライアルなので、チェックしておきます。今年は3着も。優先出走権は2010年から「1着のみ」となった。96年~02年までは2200mで行われていた。


 プリンシパルSの傾向 (過去10年の連対馬+3着馬データから) 2017


<実績>
最低連対ラインは「未勝利勝ち」。

「未勝利勝ち1着のみ」のムーンリットレイク

次点は「500万2着」。

「新馬1着、500万2着、共同通信杯3着、500万4着、毎日杯3着」のスピルバーグ

次々点は「500万勝ち」。OP以上が…

「OP以上出走無し」のアジュールローズ、キネオペガサス、サムソンズプライド、ミエノワンダー、ゴールデンダリア
「共同通信杯3着、毎日杯3着」のアンビシャス
「朝日杯FS9着、きさらぎ賞5着、アーリントンC4着、ファルコンS5着」のローレルブレット
「毎日杯3着、青葉賞3着」のトーセンレーヴ
「きさらぎ賞7着」のクォークスター
「きさらぎ賞13着」のアグネススターチ
「いちょうS7着」のプラテアード

出走があった場合は「OP以上5着以内」か「未勝利勝ち直後でOP以上1戦のみ」。

残り7頭は「OP以上連対」。内「重賞連対」は3頭。

(3着の最低ラインは「新馬・未勝利勝ち」。500万以上が「はなみずき賞4着のみ」と「萩S4着とはなみずき賞5着」。次点は「500万勝ち」で、「OP以上出走無し」2頭や「京都2歳4着、アーリントンC3着、若葉S5着など」「いちょうS7着とスプリングS5着」「朝日杯FS7着、きさらぎ賞3着や毎日杯4着など」「伏竜S5着のみ」。残り2頭は「OP以上連対」で、「OP2着」と「重賞2着」。)



<距離>
全馬に共通するのは「1600m以上勝利」。

該当するのは、1800m以上が…

「共同通信杯3着と毎日杯3着」のアンビシャス
「1800m以上初」のケツァルテナンゴとムーンリットレイク
「黄菊賞4着ときさらぎ賞5着」のローレルブレット

次点は「1800m連対」。

2000m以上が…

「京成杯10着と若葉S6着」のマイネルラフレシア
「青葉賞3着のみ」のトーセンレーヴ
「弥生賞5着のみ」のケイアイライジン
「皐月賞9着のみ」のアントニオバローズ
「2000m以上初」のアグネススターチ、プラテアード

残り10頭は「2000m連対」。

(3着の最低連対ラインは「1600m」。1800m以上が「萩S4着とはなみずき賞5着」。次点は「1800m」で、「ホープフルS12着と京成杯14着」と「2000m以上初」3頭。残り5頭は「2000m以上連対」。)



<コース>
「東京連対」8頭、「初出走」7頭。

残りは…

「共同通信杯3着のみ」のアイビシャス
「4戦して未勝利3着3回など」のサムソンズプライド
「セントポーリア賞3着のみ」のミエノワンダー
「青葉賞3着のみ」のトーセンレーヴ
「東スポ杯2歳S6着のみ」のベンチャーナイン

3着か1戦はセーフ。

(3着は「東京連対」2頭、「初出走」5頭。残りは「新馬7着のみ」「東スポ杯2歳12着のみ」「皐月賞(東京開催)14着のみ」。)



<脚質>
「逃げ」2頭、「先行」8頭、「差し」10頭。

1000mは59.4、59.3、60.9、62.5、60.6、60.2(稍重)、59.7、59.9、59.7(稍重)、60.3であまり速くはならない。
メンバーも微妙になる事が多く、ペースよりも馬の力差の方が大きそう。

(3着は「先行」4頭、「差し」5頭、「追い込み」1頭。)



<その他>
1番人気は8連対、2番人気1連対、3番人気全滅。

7番人気4連対、8番人気3連対で、残りは4、6、10、18番人気。
3着は3、18、6、2、3、3、5、5、3、11、6番人気。



「上がり3ハロン3番手以内」は12頭。

翌日のNHKマイルカップと同じくらい。先行の多さもあって数は妥当か。
まだ綺麗な馬場という事もあり、ある程度の位置取りから良い脚を使えるなら。
(3着は10頭中5頭。)



「鞍上」は「戸崎圭太」騎手の3連対がトップ。

「柴田善臣」騎手、「内田博幸」騎手、「田辺裕信」騎手、「北村宏司」騎手の2連対が続き、関東の騎手が多い。
関西では「京都新聞杯」があり、2010年からココが優先出走権が1着のみに対して、賞金次第では2着でも可能性の馬もいるので、鞍上が分かれていく可能性も。
(3着は「蛯名正義」騎手の2回。)



「前走」は…

「500万勝ち直後」8頭
「毎日杯(3、3、5着)」3頭
「皐月賞(7、9、13着)」3頭
「未勝利勝ち直後」1頭
「ファルコンS(6、5)」2頭
「青葉賞3着」1頭
「弥生賞5着」1頭
「若葉S6着」1頭

OP6着、GⅢ7着、GⅠ不問、500万以下1着がラインか…。

(3着は「500万(1、4、5、1、1着)」5頭、「伏竜S(14、5着)」2頭、「皐月賞14着」1頭、「スプリングS5着」1頭、「毎日杯4着」1頭。)



「枠」は18頭立てもあるが11頭立てもあって平均16.1頭で、1~16番の「内15:外5」で内が多い。

「馬番」は「4番」と「9番」の4連対がトップ。「1番」「5番」と「10番」の2連対が続く。
馬場状態もあって「大外枠」はあまりお奨め出来ない。

(3着は「内6:外4」。馬番は「2番」「13番」が複数。)



所属は「関東13:関西7」。
賞金で2着の可能性がある京都新聞杯が同日にあり、優先出走権が「1着のみ」という事もあってか、関東馬の方が多い。

(3着は「関東5:関西5」)




[PR]
by a_doctrinaire | 2017-05-01 00:27 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)

天皇賞(春)の結果 2017
オッズは2強となった天皇賞(春)は…

1番人気キタサンブラックは好スタート。スッと出て2番手につける。前とは離れており、1周目の4コーナーでは5馬身くらい、1周目のゴール板では10馬身ほど。1000mで60秒ほどで逃げている計算。残り1200mでも10馬身ほどの2番手。残り1000mで7馬身、残り800mで3馬身、残り600mを切って抜かして先頭に立つ。4コーナーで仕掛けて、追い出して左ムチが入る。もう1発左ムチが入って、右ムチと追いに替える。残り200mで2馬身差のリード。そのまま少し差を詰められただけでゴールし優勝。

4番人気シュヴァルグランもいいスタート。4番手から前を見ていく。内からシャケトラがあがって5番手。ワンアンドオンリーが上がって6番手。向う正面では5番手に上がる。4コーナーで鞭を抜いて、仕掛ける。追い出して、直線で2番手に上がる。残り200mで2馬身の差で、追うが少ししか縮まらず2着。

2番人気サトノダイヤモンドはそこそこのスタート。7番手の外へ。1周目の800m辺りで9番手。1周目のゴール板では8番手。向う正面で7番手。4コーナーで外で仕掛けて、肩ムチ。直線で4番手に上がり、追い出して、ムチが入って残り250m。ムチと追いを繰り返すも、差が縮まらず。ゴール前で加速して3番手に上がるが3着。

4着はアドマイヤデウス。5着はアルバート。3番人気のシャケトラは出遅れもあって9着。


予想は1着、2着、3着、12着。

馬連1040円的中。

3連複610円的中。

レインボーラインは後方待機で「向こう正面で進んでいかない感じだったし、最後も手応えほど伸びなかった。58キロが応えた感じもした」との事。


3頭勝負で良かったか…。


[PR]
by a_doctrinaire | 2017-05-01 00:02 | 競馬(GⅠ) | Trackback | Comments(0)


競馬重賞の傾向とMHP3rd、太閤立志伝4やレトロゲーム
検索
最新の記事
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク