2017年 05月 10日 ( 1 )

ヴィクトリアマイル3着の傾向 2017
連対馬をチェックした「ヴィクトリアマイルの傾向 2017」に続いて、ヴィクトリアマイル3着もチェックします。


 ヴィクトリアマイル3着の傾向 (過去10年の3着馬データから) 2017


【実績】
最低連対ラインは「1600万勝ち」。

該当するのは…

「OP以上に出走無し」のショウナンラノビア

勝ち馬と1.4秒も離されているが、可能性は残る。

次点は「OP勝ち」。

重賞が「新潟2歳S15着、阪神牝馬S13着、中山牝馬S11着、福島牝馬S5着」のミナレット

次々点は「重賞1連対」。

「重賞7戦して中山牝馬S1着、フィリーズR3着や秋華賞5着など」のレディアルバローザ
「重賞9戦して阪神牝馬S2着、阪神C3着やフラワーC3着など」のブルーメンブラッド

残り6頭は「重賞2連対以上」。

GⅠ最先着は「GⅠ連対」3頭、「GⅠ3着」1頭、「GⅠ5着」1頭、「GⅠ6着」1頭、「GⅠ8着」1頭、「GⅠ10着のみ」1頭、「GⅠ初出走」2頭。

連対馬の「重賞1連対」と比べると「OP勝ちや1600万勝ちでも可能性は残る」。



【距離】
全馬に共通するのは「1500m以上連対」。

1500mまでだったのは…

「1500m2着、1600m以上エルフィンS6着のみ」のストレイトガール

次点は「1600m勝ち」。

1800m以上が…

「優駿牝馬4着、ローズS6着、秋華賞7着」のマルセリーナ
「中山牝馬S11着、福島牝馬S5着」のミナレット

残り7頭は「1800m以上連対」。



【コース】
「東京連対」7頭、「初出走(ダート除く)」2頭。

残り1頭は…

「優駿牝馬4着のみ」のマルセリーナ

距離不安などが言われた割にやれており、苦手という感じでもなかった。ちなみに左回り自体がこの1戦だけ。

連対馬の方も「GⅠ3着のみ」なので、「GⅠ掲示板か1戦のみ」はセーフか。



【脚質】
「逃げ」2頭、「先行」3頭、「差し」5頭。

連対馬と比べると後ろからが多いが、同じように「追い込み」はいない。



【前哨戦】
「阪神牝馬S2着」2頭、「中山牝馬S1着」2頭、「高松宮記念3着」1頭、「大阪杯3着」1頭、「福島牝馬S(2、5着)」2頭、「ダービー卿CT6着」1頭、「卯月S1着」1頭。

「前走二桁着順の多い連対馬」と違って、ダービー卿CT6着のデアリングハートと福島牝馬S5着のミナレット以外は「1~3着」。
これで3着なので、ある程度やれているのがいいのか悪いのか…。




【その他】
人気は2、18、6、5、3、3、11、7、4、8番人気。

上位人気が半分弱絡む連対馬と比べると、3~8番人気がほとんどと3着らしい?イメージ。
実績を考えても、この辺りが可能性が高い。



「上がり3ハロン3番手以内」は10年で6頭。

連対馬同様に新設3年目までは「速い上がり」が求められていたが、近年は1年毎と半分。
仮柵移動の措置などもあって、仕掛けのタイミングが重視される。

10回中8回は「3着馬が勝ち馬に上がりで勝てていない」。
脚かが同じになるか負けているので、能力で3着という印象が強い。



「鞍上」は10年で複数はない。

連対馬は同じ騎手が多いのでその影響もあるか…。連対にも名前のある「岩田康誠」騎手や「柴田善臣」騎手らがいる。



「年齢」は「5歳」6回がトップで、「4歳」2回、「6歳」2回。

3着に「5歳」が多いのも、連対馬の「4歳の強さ」を物語っている感もするが…。
ここも6歳が絡んでおり、チャンスはある。



連対馬に出走があるとあった「東京重賞連対」だが…

3着は10頭中3頭。

残りは「優駿牝馬4着のみ」、「府中牝馬S7着のみ」、「優駿牝馬9着とヴィクトリアマイル8着」と「東京重賞初」4頭と「東京重賞が初めて」。
この辺りも連対馬と同じか劣っている。



前走は「3~4月に出走」で、「休み明け」はいない。
一叩きは4頭だがデアリングハートの6着以外は1~3着。実績からも路線の違いがあるが、「状態が良さそうな馬」が多い。




[PR]
by a_doctrinaire | 2017-05-10 00:21 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)


競馬重賞の傾向とMHP3rd、太閤立志伝4やレトロゲーム
検索
最新の記事
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク