2017年 09月 21日 ( 1 )

オールカマーの傾向 2017
中山2200mで行われる古馬GⅡ「オールカマー」。

14年は中山のスタンド改修の影響で新潟開催。中山開催10回分の連対馬をチェックします。今年は3着も。


 オールカマーの傾向 (中山開催10回の連対馬+3着馬データから) 2017


<実績>
最低連対ラインは「1600万勝ち」。

該当するのは…

「OPが若葉S13着のみ、重賞が新潟記念10着のみ」のヴェルデグリーン

それ以外の19頭は「重賞連対」。
内15頭は「重賞連対+重賞連対」で、残りは4頭は「重賞連対+重賞3着」と2回ほど結果が出ている必要がある。

さらに「GⅡ以上連対+重賞3着以内」14頭、「GⅢ連対+GⅡ3着」4頭で、残りが「GⅡ出走無しでGⅢ連対+GⅢ3着」なので、『GⅡ3着以内』も重視したい。

(3着の最低連対ラインは「1600万勝ち」。「OPは4戦巴賞3着、重賞2戦して函館記念3着」。次点は「OP勝ち」。重賞が「札幌記念5着のみ」のカリバーン。それ以外の8頭は「重賞連対」。その内7頭が「GⅡ以上3着+重賞連対」で、残り1頭は「重賞3戦2勝、GⅡ以上出走なし」。)



<距離>
全馬に共通するのは「2000m連対」。

2000mまでだったのは…

「エリザベス女王杯6着と宝塚記念3着」のショウナンパンドラ
「2200m以上出走なし」のヴェルデグリーンとダイワファルコン
「重賞GⅡ3戦3着、4着、10着、2400mは東京優駿12着のシルクネクサス

残り16頭には『2200m以上連対』があった。

04年に「1800m勝ちで、2000mが重賞5戦してGⅢ3着など、2200mは500万10着のみ」のトーセンダンディがいる。有馬記念に代表されるように、中山は少しくらいの距離実績が無くてもこなせるコースなので、余地は残る。

(3着は「2000m以上勝利」。2000mまでは、2200m以上が「1000万の2200m9着のみ」、「優駿牝馬3着のみ」。それ以外には「2200m以上連対」があった。)



<コース>
「中山連対」16頭、「初出走」1頭。

残りは…

「フラワーC5着のみ」のショウナンパンドラ
「日経賞4着のみ」のアーネストリー
「新馬15着とオールカマー3着」のシンゲン

中山に連対が無かった馬は「中山GⅡ3着」のシンゲン以外に「阪神連対」があり、直線の急な坂をクリアしていた。腰が甘い?タイプは坂が苦手な場合もあるので、気を付けたい。

(3着は「中山連対」7頭、「初出走」1頭。残りは「セントライト記念11着と日経賞12着」と「新馬15着のみ」。)



<脚質>
「逃げ」2頭、「先行」8頭、「マクり差し、差し」10頭。

1000mは59.9、60.8、59.6、61.4(重)、60.5、60.0、61.0、61.8、61.0、61.5とあまり速くはならない。
4コーナーまでにある程度進出している馬も多く、かなり後方からでは難しい。

(3着は「先行」3頭、「差し」7頭。)



<その他>
中山10回での「人気」は…

1番人気7連対、2番人気3連対、3番人気5連対。

4番人気2連対、5番人気2連対、6番人気2連対、9番人気1連対。
頭数が平均13.6頭と落ちつく年もあってか、1~6番人気までがほとんど。大きな荒れを期待するのは少し難しいか…。

3着は6、7、1、6、2、6、2、8、7、6番人気。
6~8番人気が多いので、可能性はココか



「上がり3ハロン3番手内」は10年で11頭。

逃げ馬の多さもあるが、先週のセントライト記念よりも少ない。
古馬という事もあって粘り切れる部分もあるようで、仕掛けるタイミングがポイントになる。

(3着は5頭が該当。)



「鞍上」は「池添謙一」騎手の3連対(1勝2着2回)がトップ。

「蛯名正義」騎手の2勝、「横山典弘」騎手と「勝浦正樹」騎手の1勝2着1回などが続く。
同日に神戸新聞杯がある影響か、関西の騎手は少な目。

(3着では「吉田豊」騎手の5回が複数。「蛯名正義」騎手の名もある。)



「年齢」は「5歳」が8連対でトップ。

「4歳」5連対、「6歳」5連対、「7歳」2連対と続く。
主要GⅡではないからか6歳以上も多い。

14年の新潟開催は「6歳」と「4歳」だった。

(3着は「4歳」3頭、「5歳」3頭、「7歳」3頭、「6歳」1頭。)


性別は「牡馬18:牝馬2」。

牡馬優勢だが、10回中4回は出走自体が無く、1頭ずつ出走して3着が2回ある。

15年は4頭出走でワンツー、14年の新潟開催では4頭出走してラキシスが連対、出走メンバー次第では牝馬も十分絡んでくる可能性も。

(3着は「牡(せん)9:牝1」。)



10年で15頭が「中山1800m以上のGⅡ3着以内」。

残りは「有馬記念11着とオールカマー10着」のサトノノブレス、「中山重賞への出走自体なし」3頭、「初重賞(初輸送)だったフラワーC5着のみ」のショウナンパンドラと「16000万勝ち直後の初重賞(初輸送)だった日経賞4着のみ」のアーネストリー。

ひとまずはコレをチェックしてみたい。

(3着は「中山1800m以上GⅡ3着以内」4頭、「中山重賞への出走なし」3頭。残りは「GⅢ15着のみ」1頭、「GⅢ2着のみ」1頭、「GⅡ11着と12着」1頭。



「6月以前の出走」は20頭中12頭。

使われてきた馬が半分。11頭は「GⅠから」なので、その辺りの判断がポイントか。

(3着は「6月以前の出走」は10頭中6頭。内「GⅠから」は2頭のみ。)



[PR]
by a_doctrinaire | 2017-09-21 00:02 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)


競馬重賞の傾向と嵐世記や太閤立志伝4などのゲーム
検索
最新の記事
富士Sの予想 2017
at 2017-10-21 01:06
菊花賞の予想候補 2017
at 2017-10-21 00:24
富士Sの予想候補 2017
at 2017-10-20 00:40
ブレイニーランのデビュー!
at 2017-10-20 00:04
菊花賞の枠順決定! 2017
at 2017-10-19 14:44
富士Sの傾向 2017
at 2017-10-19 00:01
菊花賞3着の傾向 2017
at 2017-10-18 00:02
菊花賞の傾向 2017
at 2017-10-17 00:28
平成30年のJRA開催あれこ..
at 2017-10-16 21:33
秋華賞の結果 2017
at 2017-10-16 00:04
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク