2017年 10月 04日 ( 1 )

京都大賞典の傾向 2017
京都2400mで行われるGⅡ「京都大賞典」。

以前は天皇賞(秋)へ向けての有力な前哨戦だったが、「本番への距離短縮」や「出走レース数の問題と調教技術の向上(直行馬の増加)」などもあって、結びつきは薄くなっている。

出走頭数も少なく、メンバー的に手薄になる事も多く、GⅡとしては残念になってきている。菊花賞からジャパンカップ出走できるように改編しなければ、昔のように3歳馬の出走もあっただろうが…。

12年や14年、15年や16年と同様に今年も3日間開催の最終日。今年も3着もチェックします。


 京都大賞典の傾向 (過去10年の連対馬+3着馬データから) 2017


<実績>
最低連対ラインは「1600万勝ち」。

該当するのは…

「OP以上がラジオNIKKEI賞4着、菊花賞4着、金鯱賞5着、宝塚記念8着」のスマートギア

次点「OP勝ち」で

「重賞5戦で菊花賞3着、日経新春杯10着、ダイヤモンドS4着、天皇賞(春)7着、宝塚記念11着」のビートブラック

残り18頭は「重賞連対」。
内14頭が「GⅡ以上連対」と中心だったが、それ以外がココ5年に集中しており、メンバー次第では「GⅢ連対」に以降してくる可能性も…。

(3着は「OP勝ち」。重賞が「京成杯3着のみ」ですみれS勝ち以来の3歳アルナスライン。残り9頭は「重賞2連対以上」。内8頭には「GⅡ以上連対+重賞連対」があった。)



<距離>
全馬に共通するのは「2000m以上連対」。

2000mまでだったのは2200m以上が

「2200m500万3着のみ」のアンコイルド
「オールカマー6着のみ」のメイショウカンパク
「2200m未勝利7着、菊花賞4着、宝塚記念8着」のスマートギア

2200mまでは…

「東京優駿9着と菊花賞8着」のトーホウアラン

残り16頭は「2400m以上連対」があった。

(3着は「2000m以上連対」。2000mまでは「2200m以上が目黒記念7着、JC15着、オールカマー7着」のトーセンキャプテン。次点の「2100m」は「メトロポリタンS15着と2500m1600万3着」のプロヴィナージュ。次々点の「2200m」は「2400m以上初」の3歳馬。残り7頭は「2400m以上連対」。)



<コース>
「京都勝利」18頭。

残りは…

「5戦して未勝利3着など」のヒットザターゲット
「芝は4戦白百合S5着、菊花賞3着、日経新春杯10着、天皇賞(春)7着」のビートブラック

共に3着があった。特に難しいコースではないので、結果が出ている方がいい。

(3着は「京都連対」が9頭。残り1頭は「新馬11着のみ」のトーセンキャプテン。)



<脚質>
「先行」9頭、「差し」8頭、「追い込み」3頭。

1000mは62.0、60.5、60.7、61.4、59.5、60.9、57.7、59.1、61.8、61.4。

開幕週だが、ペースがあまり速くならなくても「後ろから」届いている。

(3着は「先行」5頭、「差し」5頭。)



<その他>
「人気」は1番人気5連対、2番人気3連対、3番人気2連対。

4番人気3連対、6番人気3連対、7番人気2連対、残りは5、11番人気。
上位人気は半分ほどだが、6、7番人気の数を考えると、出走頭数(平均11頭)の割には堅くない。

3着は2、5、1、2、2、3、4、7、7、6番人気。



「上がり3ハロン3番手以内」は17頭。

該当しなかったのは、16年の2番手で「上がり5番手」のキタサンブラック、「上がり4番手」だった12年のオウケンブルースリと「7番手」の14年のタマモベストプレイ。
開幕週なのに後ろからが多い上に、先行勢もいい脚で上がっており、コレが重視される。

(3着は5頭が該当。)



騎手は現役で「池添謙一」騎手と「川田将雅」騎手の2勝がトップ。

「内田博幸」騎手、「浜中俊」騎手の2連対が続く。。
同日に毎日王冠がある年もあって、あまり重複は無い(近年は月曜開催が多く、被らないが)。
(3着は複数回はない。連対にも名のある騎手はいるが。)



毎日王冠と違って「58キロ(旧59キロ)」はのべ10頭出走して4勝3着2回。

コチラは実績馬を頭で狙っても大丈夫そう。



10年で20頭中13頭に『京都GⅡ以上連対』があった。

残りは

「菊花賞4着など」のラストインパクト
「きさらぎ賞1着や菊花賞8着など」のタマモベストプレイ
「京都重賞出走なし」のヒットザターゲットとアンコイルド
「シンザン記念11着のみ」のメイショウカンパク
「菊花賞4着のみ」のスマートギア
「菊花賞3着など」のビートブラック

京都のGⅡやGⅠである程度やれている馬はプラスと考えたい。
ただ、メンバー次第ではあまり気にしなくてもよさそうだが…。

(3着は4頭が「京都GⅡ以上連対」。残りは「京都GⅠ3着」3頭、「京都GⅠ5着1戦のみ」1頭、「京都GⅡ以上出走なし」1頭。)



馬齢は10年で

「4歳」9頭
「5歳」8頭
「6歳」1頭
「7歳」2頭

毎日王冠同様に「5歳」が多いが、ココ6年では「4歳」が増えてきた。
レース間隔の問題などもあってか「3歳はいない」が「7歳が頑張っている」。

性別は「牡19:牝1」。

(3着は「5歳」3頭、「6歳」3頭、「3歳」「4歳」「7歳」「8歳」1頭ずつ。性別は「牡9:牝1」。)



「休み明け」は10年で12頭。

残りは「8月以降に出走」があった。
毎日王冠と比べると使われてきた馬が少し多い。

(3着は「休み明け」8頭、「8月以降出走」2頭。)




[PR]
by a_doctrinaire | 2017-10-04 00:01 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)


競馬重賞の傾向と嵐世記や太閤立志伝4などのゲーム
検索
最新の記事
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク