カテゴリ:こぼれ話?( 17 )

土下座?
昨日、駅から歩いて家に向かっていると、団地の近くで三毛猫を見かけた。


後姿だったが、腰をしなやかに揺らしながら歩いている。


三毛猫はほとんどがメスという事なので、パリコレなどで華麗にウォーキングするモデルはあんな感じなのだろうか?などと思っていたのだが…


……





次の瞬間!


目の前の三毛猫が平伏(ひれふ)した!


両手(前足)を伸ばして、腰を落として、地べたに這いつくばっているではないかっ!?


ちょうど木の前で。


エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マジ?


と思って、携帯電話のカメラを手にしようとした瞬間、コチラに気づいたようで、立ち上がると…


塀の上に上がって、「モデル歩き」で行ってしまった。


まるで、大名行列が急遽通ったのに気がついたのか、はたまた、どこぞのご老公が印籠を出させた直後か?と思うような出来事。


世の中には様々な珍しい動物がいるとは思うのだが、「平伏した猫」というのを見たのは初めて。


あまりの出来事に不思議に思っていたのだが、周りを確認して、理由が分かったような気がした。


平伏した猫の前には『木』が立っていたのだが…


その木は根っこ?が地面から出ていた。


おそらくその猫は、『爪とぎ』をしようとしていたのではないだろうか?


猫が壁や柱で爪をとぐという話は聞いたことがある。


野良猫であろう、その猫が爪とぎをする木の根っこ辺りが地面から出ており、「とごう」とした瞬間に後ろに気配を感じて止めた所を目撃したということかと…。


理由はどうあれ、『木に土下座する猫』を見たという事実?は変わらない。


あくまで思い込みなのだが、コッチが楽しむのは勝手。


何がどうなって、どんなシチュエーションが生まれるかは分からないモノで、世の中まだまだ面白い事が転がっているのかもしれない。
[PR]
by a_doctrinaire | 2010-11-08 03:09 | こぼれ話? | Trackback | Comments(0)

ニュータイプになれます?
ガンダムの富野由悠季監督のインタビュー記事の『ニュータイプ…』という一文を見て、ふと思う。



しっかりとガンダムを知っているわけではないですが…



オヂさん(ワタクシ)は、おそらく(いや、しっかりと)「ニュータイプでは無い」と。



なぜなら、未だに「乗り物酔い」をするんです。



幼少期は「電車」に乗っても酔っていました。



一駅ずつ「息継ぎ」をして何とか目的地につけるのですが、「快速」や「特別急行」などは、



ほぼout!



ちなみに「out」は「嘔吐(おうと)」の事です…。



オヂさんになった現在でも、時々「電車」で酔います。



もちろん、船は酔いますし、かなり幼少期に乗った飛行機も酔いました。



船に関しては、かなり大型の船だとなんとか酔う程度なんですが、小さい船はout!



幼少時に2度乗った飛行機…行きは飛んでる途中でout!帰りは頑張ったものの飛行機が到着して止まった瞬間にout!



車は運転が上手い人や自分の運転なら何とかなります。



克服のために運転免許を取ったりもしました。



ただ、疲れ具合によっては、山を登ると自分の運転でも酔います。



そんなオヂさんですので、酔わないために乗り物に乗って長時間移動するなら、寝ます。



或いは、窓をあけて「風」を受けているとマシです。



ちなみに、「ジェットコースター」などの乗り物も乗った事ありません。



遊園地でoutしちゃうと大惨事ですので…。



とにかく一定の重力でないと、生活しづらいと思います。



ただ、乗り物酔いしやすさと宇宙酔いしやすさは関係が無いとの話も…。



しかし、オヂさんにはもう一つ理由があります。



それは…



「寝る時に『重力』が必要」なんです。



これに気付いたのは旅行に行った時でした。



普段は地べた(畳or絨毯)に布団で寝ているのに、その時はベッドだったのです。



寝つきと寝起きが悪く、腰が痛い。



しかし、ベッドもまったく経験が無いわけではありません。



小さい頃は兄弟と二段ベッドだったのですが、その時はそんな事もなかったので、意外でした。



おそらくはクッションの良いマットレス?が原因なんではないかと。



畳に布団なら、他所で寝ても大丈夫ですし、



家の二段ベッドは、普通に布団引いて寝ていたので…。



どうも腰が落ちすぎるし、頭も浮いた感じで、落ち着かない。



ワタクシは「ある程度全身に重力を感じるほうが眠れる」タイプのようです。



これは、「重力に縛られている」という事ではないでしょうか?



「重力」や「風」を感じていたいオヂさんは間違いなく…



オールドタイプ」!



はっ、以前よりカミーユに親近感を感じ得なかったのは、これが原因かっ!?



どうやら、オヂさんはティターンズらしい…そういえば「森のクマさん(ボリノーク・サマーン)」好きだわ。
[PR]
by a_doctrinaire | 2009-08-19 13:41 | こぼれ話? | Trackback | Comments(0)

伊坂はライチ?
伊坂幸太郎の本を読んだ…


終末のフール



太陽のシール



籠城のビール



冬眠のガール



鋼鉄のウール



天体のヨール



演劇のオール



深海のポール







秀吉のヤーツ



人ン家のフーロ



聞くことのヨーサ



コロ助のヤーツ



あ、「ハライチ」になってた…



丸坊主(澤部君)ではない方の岩井君が、「仙台がブーム」って言ってたらしい。



伊坂幸太郎も仙台だ…



語呂合わせは、



仙台のネータ



だったりするのだろうか?
[PR]
by a_doctrinaire | 2009-07-10 01:42 | こぼれ話? | Trackback | Comments(0)

続・人でなし
 Yahoo!ニュースに載っていたR25の記事が、オヂさんのアンテナに触れた!



 以前「人でなし」で、デジタルカメラの顔認識機能についての記事をあげていたので、



 (゚Д゚≡゚Д゚)エッナニナニ?



 興味があったンです。



 「デジカメの「顔認識」ってどんなしくみなのかな?」という記事。



 -以下記事から一部抜粋-



 最近のデジカメ界で、いちばんのトレンドとなっている機能といえばズバリ「顔認識」。読んで字のごとく、撮影画面内にある「顔」をカメラが自動認識し、そこにピントを合わせてくれる便利機能である。


 中略…


 ところで、この「顔認識」。あんなに小さなデジカメが、いかにして画面の中から人間の「顔」を認識しているのだろうか?



 そうなんですよ。これが知りたかったンです。



 記事によると



 「顔認識の技術には、いくつかの種類があり、デジカメのメーカーごとに採用する技術が違います。基本的には、あらかじめ集めておいた『顔のデータベース(顔辞書)』と、画面内にある“顔”と思われる物体を照合し、まゆ、目、鼻、口といったパーツの位置関係を確かめ、“顔”かどうかを判断している、と考えてよいでしょう」(デジカメ専門誌『デジキャパ!』編集部・河野氏)



 との事。



 ( ゚д゚)ハッ!



 ということは、あらかじめ集めておいた『顔のデータベース(顔辞書)』に、ワタクシの顔のパーツが無いという事では?



 パーツひとつひとつが珍しいのか?それともパーツの位置関係がおかしいのか?



 自分では、そんなに特別にかわった顔だとは思わないンですけど…と凹む。



 記事は



 そもそも「顔認識」の技術は、セキュリティのために個人を特定する『生体認証』技術のひとつとして開発されたもの。それをデジカメに応用している。そのためか、詳細なしくみや技術については、非公開としているところが多いそうだ。また、顔認識の精度は採用する技術のほか、デジカメ自体の処理速度や空きメモリ量によっても左右されるらしい。自分の顔が認識されずに凹んでいた人も、これでちょっと安心できるんじゃないかしら?



 で、括(くく)っていました。



 知人が直後に認識されていたので、処理速度や空きメモリ量は関係ないはず…。



 採用している技術が違うって事でしょうか?



 どちらにしても、一般的に認識される仕組みや技術では、認識されないという事に変わりないので、



 別に安心は出来ないデスよね(笑)。



 やはり、「一般的な人でない」ようです。



 このまま続くのか?



 『人でなし』




 やっぱり認識される人って羨ましいなぁ~。
[PR]
by a_doctrinaire | 2009-02-20 12:52 | こぼれ話? | Trackback | Comments(0)

メイちゃんのドラマ
 知人から「赤い糸」ってドラマの話を聞かされた。



 メイちゃんとアッくんの恋愛話だとか。



 なんでも元は、携帯小説らしく、若い子に絶大な人気があるとか無いとか。



 あらすじを話してくれたのだが、



 オヂさんはあまり興味が無いので、適当に聞いていた。



 なんかよく分らんが、



 ワタクシの一言で知人は笑い出した。



 「アッくんは最後には『執事』になるじゃないの?『メイちゃんの』!」



 今年からやってるって話のドラマの主人公の名前…。



 榮倉奈々と水嶋ヒロですよネ?
[PR]
by a_doctrinaire | 2009-01-18 00:28 | こぼれ話? | Trackback | Comments(0)

人でなし
 本日は、家電量販店にお出かけ。


 クリスマス前という事もあって、大勢の人で賑わっておりました。


 目的は知り合いに頼まれたオモチャの下見。


 さすがにイヴイヴは、混み具合が違います!


 たまたま今日に行くことになったので、お出かけしましたが、


 いつもは絶対にこういう日には行かないです…。


 人ごみに疲れますから。




 一通り物色した後で、ふと考えた。


 現在は、携帯のカメラを使用してますが、使い勝手が良い方が良くなくない?


 そろそろデジタルカメラを導入することも考えねば…。


 という事で、デジタルカメラコーナーへ。



 ソニーやキャノン、パナソニックなどなど色々なデジタルカメラがありました。


 が、あんまりデジタルカメラの事を存じ上げないもので、


 何を基準に選んで良いかわからず…。


 店員さんに声かけられても、困るので遠まわしに見ていたら、


 知人が気になるカメラを発見!


 なんでも、「顔認識センサー」みたいなモノがついていて、


 人の顔を瞬時に認識し、ピントを合わせるというシロモノ。


 知人が、実際カメラの前に顔を出してみると、


 「顔」の部分に黄色の枠が!


 しっかり『ロックオン!』します(甥っ子曰く、こういう時は「狙い打つぜ!」というらしい)。


 これは面白い!


 「凄いな」と言いながら、すでに実験の終了したデジタルカメラに自分の顔を写してみた。


 ………


 ……


 …


 「あれっ?」


 反応が無い。


 もう、索敵時間?が過ぎたのだろうか?と思い、フレームアウト。


 すぐさま、知人がフレームインすると…


 黄色い枠が、顔をロックオン!している。


 おい、おい、おい…。(オードリー版、藤岡ひろすぃ風)


 最近のデジタルカメラは、人を選ぶのか?


 (´・ω・`)ショボーン


 再度、カメラの前に立つものの


 ………


 ……


 …


 「ただの屍のようだ…」


 ガ━━Σ(゚Д゚|||)━━ン!!


 なーぜーっ!?


 『認識』されない。


 何度もチャレンジしたのだが、ワタクシだけされない…。


 そういえば、「性格は顔に出る」という。


 確かに自分自身でも、良い人とは思っていないのだが、「性格」や「人間性」が出ているのだろうか。

 
 最近のデジタルカメラの進歩はたいしたものである。


 「性格」で人を見極められる技術があるとは!?


 ………


 ……


 ん?


 カメラの横に「人物の顔を見つけて、ピントをあわせる」というような説明がされていた。


 「『人物』の顔を認識する機能」に反応しない…。


 どうやらワタクシは『人で無い』ようだ。


 このカメラにワタシは性格、顔共に「人で無し」と判断されてしまった!?気分である。


 ((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル


 お後がよろしくないようで…。
[PR]
by a_doctrinaire | 2008-12-23 23:28 | こぼれ話? | Trackback | Comments(0)

神様のいたずら? 11
 電車は比較的空いていた。


 肩の荷が下りた事もあって、話が弾む。


 「それにしても凄い。名前だけで的中とは…」


 厳密には相手のあげた馬だけでは1着、9着、11着なのだが、


 ワタシにそんな事を言う資格は無い。


 それに、こちらに任せるという決断を下したのも知人の器の成せる業なのだ。


 「ある種の才能やね」


 以前にも1度、すべてをこちらに任せて万馬券を取った事がある。


 あまり言ってこないのだが、頼んできた時に当たるとデカイ。


 ゆえに、馬券の収支はプラスになっていたりする。


 「単勝だけ買っても7460円は当たってるか」


 「こちらに絡ませる馬を選ばせる辺りが、あの人らしい」


 知人への賛辞だったのだが、


 途中で話が飛躍していく。


 「こちらがミスらず、アディアフォーンを入れていたら3連複も当てられる!」


 「なんなら3連単もいけてたかも」


 「いくらついてた?」


 携帯を取り出して3連単の配当を調べる。


 3連単3-1-5 294430円


 知人にも携帯を見せて


 「29万馬券!」


 「おーっ!」


 当たってもいないのに、盛り上がりを見せた。


 「3連単が当たったら、3-1-5だけに『サん、イち、ゴ(コ)-』でサイコーだったのに」


 「ホンマや。あれだけ名前がどうのとか言ってたのに、語呂で当てられたのかも」


 なんて話をしていたが、


 しばらくすると二人とも落ち着いたのか、言葉もなくなり、


 のんびり景色などを見たりしていた。


 「あーっ!」


 隣にいた知人が声をあげた。


 「?」


 どうしたのかと思ったのだが、すぐに話さない。


 こちらは、何がなんだか分からない。


 「西郷さん…」


 「?」


 「西郷」


 「??」


 「3-1-5はサイコーじゃなくて、『ん、ち、ー』で『サイゴー』…」


 「あっ!」


 本日の昼の出来事が甦る…。


 ………


 マクドナルドでCoke glassのblueを狙って、外し、食べ過ぎた時の、


 「満腹でゴワス!」


 そこから始まる西郷話…。


 ……


 レースまで時間を潰すために入った本屋。


 歴史系の本を多くおいていたトコロでの、


 『幕末裏返史 著・清水義範』の表紙の西郷隆盛の円らな瞳…。


 そこから再燃した西郷話…。


 本日、訳も分からず盛り上がった「西郷さん」が、


 『29万馬券の買い目 3-1-5』だったのだ。


 「まあ、よく『西郷隆盛』が現れる日だな…」


 頭にはよぎった。


 『縁』がある日だとは思ったが、まさかこんな繋がりがあろうとは…。


 しかも、Coke glassのblue(青色)が出ない=青色4枠のワイドサファイアが来ない…


 のオマケ?付きで。


 「ははっ…」


 思わず笑いが込み上げた。


 二人で大爆笑する…無論、車中なので、声を抑えた。



 苦しみながら挑んだマクドナルドで敗北。


 悩んで薦めた馬がハナ差で負けたと思い込み、


 後悔し倒した後に、的中が発覚!


 自身の馬券は2、3、4着。


 今日一日の様々な出来事が、


 随分と前から「確定」していたように思われた。


 見えざる手によって動かされていたような…


 気がしなくもない。


 たくさんの事があったので、特別に感じただけなのかもしれないのだが、


 GⅠの中休みに天から届いた


 『神様のいたずら』だったと思えてならない。




 電車が駅に着いた。


 改札を出て、それぞれの家路に向うのだが、


 知人とお互いに顔を見合わせて…


 「ごわす!」


 「ゴワス!」


 挨拶をして別れた。



 来週も再来週も競馬はある。


 また、いつか『神様のいたずら』に出会う日が来るのかもしれない。




 おわり
[PR]
by a_doctrinaire | 2008-11-12 23:46 | こぼれ話? | Trackback | Comments(0)

神様のいたずら? 10
 階段を上ってホームに着いた時点で、ようやく冷静?になった。


 「払い戻しはどれくらいだろうか?」


 気になったので、携帯電話を取り出し、


 ネットにつなげる。


 JRAのサイトから払い戻しを見てみると…


 馬連1-3 20880円


 「やっぱり万馬券かぁ…」


 携帯電話を閉じて、知人に話しかけた。


 「アディアフォーン入れとけば…」


 折角、気持ちに整理をつけたはずだったが、


 悔しさが再燃…。


 ………


 ……


 …


 (゚Д゚≡゚Д゚)アレ?


 ちょっと待て!


 さっき見たのは1-3ぢゃなかったか?


 アディアフォーンは5番だ!


 1番はワンカラット!


 返す刀?で携帯を取り出してオープン!


 再確認する。


 単勝3 7460円


 馬連1-3 20880円


 3連複1-3-5 42720円


 (☆∀☆)キラリン


 「おおーっ!」


 あ、当たってた。


 と言っても、知人の馬券なのだが…。


 財布から馬券を取り出して、確認し、


 すぐさま、隣にいた知人にも確認してもらう。


 「当たってる!」


 お墨付き?を頂いたので、一安心。


 今回の予想でもそうだが、


 自分自身で、ワタクシは「本当に信用ならんヤツ」だ!


 とりあえず、仕事中であろう知人に電話を入れた。


 どうやらブレイク中だったようで、少し電話ができる状態だった。


 幸い?送ったメールはまだ届いていなかったので、


 少々悪ふざけを。


 「すまン…5番入れてたら3連複で4万円台やったんやけど…」


 「そっか、気にせんでええよ!」


 「馬連で2万円になってしまいました…」


 「………」


 「……」


 「…」


 「うそっ!?」


 「マジで!?」


 「うぉーっ!やったー!」


 「これで仕事頑張れるわー!」


 興奮冷めやらぬ知人に、


 結果を間違えてメールしてしまった事と悪ふざけを詫び、


 「馬券」をまだ換金していない事を告げて、


 電話を切る。


 いつもなら結果が確定して、


 確認してからウインズを後にするのだが、


 アディアフォーンを切って、ワイドサファイアを入れた悔やみが、


 確定前にウインズから


 足を遠ざけた。


 逃げた。


 ったくホントに情けない…。


 確定まで待っていれば良かったモノを。


 いやお恥ずかしい。


 次からはこのような事が無いようにせねば。


 ちなみに未だに払い戻していない知人的中の馬券が↓。


d0133437_22172467.jpg



 それにしても的中って良かった…。


 ホッとしたトコロに帰りの電車が入ってくる。


 知人と共に電車に乗った。


 続く。
[PR]
by a_doctrinaire | 2008-11-11 22:50 | こぼれ話? | Trackback | Comments(0)

神様のいたずら? 9
 ウインズから駅にむかいながら、反省する。


 「アディアフォーン…」


 レース中にワイドサファイアが掛かった?時と同様の後悔が、さらに湧きあがってきた。


 知人の3頭に、自分のお奨め上位2頭を入れれば良かった。


 或いは、2頭ではなく3頭入れるべきだった。


 馬連で500円ほど追加するだけなのに…。


 勿論、知人は馬を選んだワタシを責めるような人間ではない。


 「惜しい!次もええヤツお願いします」


 と言って、笑ってくれる。


 しかし、そんな知人の的中をアシストできなかった事と、


 自分自身を信じられなかったのを悔やんだ。


 「3頭入れるべきやった…」


 一緒にいた知人にこぼす。


 いつもの事だが、こんな風に競馬で惜しかった時、


 その知人は何も言わずにこちらの愚痴を聞いてくれる。


 こちらの鬱憤晴らしに付き合ってくれるのだ。


 ありがたい…。


 馬券を外した競馬ファンというのは、ワタシも含めてコンナ事が多いだろう。


 結構周りに迷惑をかけているのだ。


 感謝し、反省せねば…。


 道中、メールを打つ。


 「スマぬ…1頭選び損ねた。1、3着だった」


 おそらくは、「気にすんな!」的なメールが返ってくるのは分かっているのだが、


 詫びたい気持ちで、メールを入れた。


 ただの自己満足であるのだが…。


 駅に到着し、改札に切符を通す。


 続く。
[PR]
by a_doctrinaire | 2008-11-11 22:13 | こぼれ話? | Trackback | Comments(0)

神様のいたずら? 8
 ちょうど良い時間にウインズへ到着。


 モニターでレースを見ようと思ったのだが、


 画面下の表示と実際の映像が違う。


 「全レース」とかかれた画面で「福島」のパドックを。


 「福島」とかかれた画面で、「京都」のレースを…。


 アレじゃ慣れてない人は間違いますぞ!


 改善を求むっ!


 そんな事を考えていると、目当てのファンタジーSが始まる。


 スターターが旗を振り、ファンファーレが流れた。


 各馬が、順調にゲートに入り。


 全馬が入った。


 ゲートが開いて、スタート!


 ワイドサファイアは少し出遅れ。


 先行勢から、内のコウエイハートがスッと前へ。


 アディアフォーン、ツルマルハート、イナズマアマリリスが続く。


 他には少し後ろを追走している内のワンカラット、その外をワイドサファイア。


 そのワイドサファイアが350mを過ぎた辺り?で顔を上げる。


 「掛かった!?」


 他馬が折り合っていたのに対し、1頭だけが目立つ。


 (´・ω・`)シクジッタ…。


 無論、知人の馬券にワイドサファイア絡めてしまったのを悔いたのである。


 アディアフォーンにしとけば良かった…。


 と、思ったが、


 すでに馬券は購入済みだし、メールで連絡を入れている。


 それに、まだレースは中盤である。


 少々、分が悪いが、まだ結果が出たわけではない。


 自分に言い聞かせて、レース観戦に戻る。


 すでに3コーナーを回って、逃げるコウエイハートを先頭に一塊の展開。


 ペースが遅い。


 先行有利だ。


 4コーナーを回って、直線に向くとコウエイハートが抜け出した。


 イナズマアマリリスとアディアフォーンが並んで差を詰めてくる。


 最内からワンカラットも脚を伸ばす。


 残り50mほど?で、コウエイハートをイナズマアマリリス、ワンカラット、アディアフォーンがとらえ、


 そのままイナズマアマリリスがクビ差ほど抜け出した所がゴール板だった。


 ワイドサファイアは4着…。


 「イナズマアマリリス、そしてアディアフォーン!広がってゴールイン!」


 その後の実況も、イナズマ→アディア→ワンカラットだったので、


 「くっ…」


 とウインズをすぐ後にした。


 続く…
[PR]
by a_doctrinaire | 2008-11-11 01:53 | こぼれ話? | Trackback | Comments(0)


競馬重賞の傾向とMHP3rd、太閤立志伝4やレトロゲーム
検索
最新の記事
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク