カテゴリ:競馬(傾向)( 1274 )

マーチSの傾向 2017
中山ダート1800mで行われる古馬ハンデGⅢ「マーチステークス」。

11年は震災の影響で時期をずらして阪神で代替開催。中山開催分をチェックします。今年は3着も。


 マーチSの傾向 (中山開催過去10回の連対馬+3着馬データから) 2017


<実績>
最低連対ラインは「1600万勝ち」。

該当するのは…

「OPは9、5、4、6着」のショウナンアポロン
「ダートOPは師走S10着、重賞は平安S6着のみ」のサイレントメロディ
「OP以上初」のナニハトモアレとナンヨーヒマワリ

次点は「OP勝ち」。重賞が…

「初出走」のバスタータイプ
「北海道2歳優駿5着、シリウスS14着、みやこS4着、川崎記念5着」のイッシンドウタイ
「ダートは兵庫CS3着、フェブラリーS12着」のソロル
「レパードS4着のみ」のジェベルムーサ
「武蔵野S10着のみ」のダイショウジェット
「マーチS12着とアンタレスS11着」のクワイエットデイ

OP勝ち以下は重賞出走が2戦以下と少なかった。

残り10頭は「重賞連対」。
ハンデ戦という事もあってか5頭が「交流重賞」なので、あまり気にする必要はないかと。

ちなみに04年に「芝重賞連対でダート重賞初出走」のプリサイスマシーンがいる。

(3着は「1600万勝ち」。2頭で「OP以上出走無し」と「仁川S3着のみ」。次点は「OP連対」で、「マーチS3着やレパードS5着」、「重賞初出走」2頭、「レパードS5着、全日本2歳優駿11着」、「重賞4戦でエルムS5着や武蔵野S4着など」、「5戦東京大賞典4着、東海S5着など」。残り2頭は「重賞連対」。)



<距離>
全馬に共通するのは「1600m以上連対」。

1600mまでは…

「1600m1着、スプリングS15着、兵庫CS3着、JDD6着、仁川S(1800m時)5着」のプライドキム

残り19頭に「1800m以上勝利」があった。

(3着は「1700m以上連対」。1700mまでは、1800m以上が「アンタレスS13着のみ」1頭。残りは「1800m以上連対」。)



<コース>
「中山連対」9頭、「初出走(芝除く)」5頭。

残りは…

「500万3着、OP5着、1600万7着」のマイネルクロップ
「GⅢ3着とOP5着」のバーディバーディ
「OP10着のみ」のサイレントメロディ
「OP3着と1600万10着」のメイショウタメトモ
「1600万6着のみ」のダイショウジェット
「OP3着とGⅢ12着」のクワイエットデイ

「1戦かOP以上3着」なので、ある程度は結果がほしいが…。

(3着は「中山連対」4頭、「初出走(芝除く)」4頭。残りは「OP13着と4着、GⅢ3着」、「OP13着と4着」。)



<脚質>
「逃げ」2頭、「先行」6頭、「差し」9頭、「追い込み」3頭。

1000m63.3、は61.9、60.7(重)、61.9、61.4(重)、61.3(稍重)、62.2、61.1、59.8(稍重)、61.0であまり速くならない。
ただ、ペースの割にかなり後方から通用しており、侮れない。

(3着は「先行」3頭、「差し」7頭。)



<その他>
「人気」は中山開催の10回で…

1番人気2連対、2番人気3連対、3番人気1連対。

『6番人気』5連対、8番人気2連対で、残りは4、5、7、9、10、13、16番人気。
ハンデ戦の影響もあってか、上位人気が苦戦しており、人気薄も絡む。

3着は2、1、3、7、3、2、1、4、7、3番人気。



10回で上位人気で4着以下に敗れたのは…

2頭を除いて「上がり4番手以下」で連対馬と比べて上がりで負けていた。

7頭が4、5着と惜しい内容でハンデの影響もある。

他は「前走フェブラリーS」「後方から(出遅れ含む)」「OP以上初出走」「重賞1戦のみ」「乗り替わり(テン乗り)」などが多い。

いつもと脚質が違っている馬も多く、ペースの違いかアクシデントなども考えておきたい。
上位人気が苦戦しているので、普段人気を集める要素だけでは3着以内は難しいのかも。



ハンデは54~59キロで平均56.08キロ。中央値は56キロ。

重賞実績馬の少なさもあって、ハンデは56キロ付近で落ち着いているが、後述が影響している感は否めない。
(3着は55~58キロで平均56.35キロ。中央値は56キロ。)


トップハンデは57.5~59キロでのべ15頭中5連対3着2回。
10回で5頭連対と平均年1頭は来ており、重賞連対馬の少なさの割にハンデ頭はコワい。



「上がり3ハロン3番手以内」は10回分で16頭。

該当していないのは「逃げ」と「3番手」、10回で最も着差が(0.4秒差)あった2010年の2着馬。
「逃げ」や「先行」でも速い上がりの馬が多く、かなり後方からでも通用している事もあり、600mの脚の使い方ががポイントになりそう。

(3着は10頭中7頭が該当。コチラも多い。)



「年齢」は…

「4歳」7連対3着2回
「5歳」2連対3着4回
「6歳」8連対3着2回
「7歳」3連対3着2回

ダート路線は芝からの転戦や交流重賞などもあり、息が長い馬が目立つ。高齢馬も侮れない。



中山10回で「鞍上」は現役では「田辺裕信」騎手と「北村宏司」騎手の2連対が複数。

同日にGⅠ高松宮記念があるので、トップジョッキーが中京に回るケースが多い。
3場開催で関西の若手は阪神があるので、関東の若手が多い?

(3着は「北村宏司」騎手の2回が複数。)



「所属」は中山10回で「東6:西14」と関東重賞だが、関西優勢。

ただ、ココ4年連続で関東馬が5連対しており、増えてきた。
アンタレスSが京都から阪神に早まった部分も考えられるので、今後に注目したい。
(3着は「関東5:関西5」。)



[PR]
by a_doctrinaire | 2017-03-23 13:00 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)

毎日杯の傾向 2017
阪神1800mで行われる3歳GⅢ「毎日杯」。

賞金加算で皐月賞へ出走が狙えるラストチャンス。NHKマイルCへの前哨戦とする馬もいる。

以前は2000mで行われていたが、阪神競馬場の改修にともない07年から1800mに変わった。その影響もあってか近年は皐月賞での活躍馬は出ておらず、ダノンシャンティやディープスカイが勝利し、コティリオンが2着とNHKマイルCとの結びつきが強くなっている。直線が延びた事もあり、キズナとディープスカイが東京優駿も制している。1800mになってからの11回目。


 毎日杯の傾向 (過去10年の連対馬+3着馬データから) 2017


<実績>
最低連対ラインは「新馬・地方特別勝ち」。

該当するのは…

「新馬1着、札幌2歳S4着、百日草特別3着、葉牡丹賞6着、共同通信杯4着」のミュゼエイリアン。
「新馬3着、未勝利2着、2着、7着、船橋・ベストホイップ特別1着」のゴールドチケット
「新馬1着、アーリントンC4着」のアイアンルック
「新馬1着のみ」のアドマイヤコマンド

次点は「500万2着」。

「新馬1着、エリカ賞12着(+24キロ)、京成杯5着、つばき賞2着」のダノンリバティ
「ダート新馬1着、ダート500万2着」のガイヤースヴェルト
「新馬1着、ベゴニア賞2着、ラジオNIKKEI杯3着、500万3着、きさらぎ賞6着」のコティリオン
「新馬4着、未勝利2、2、2、9着、1着、500万2着、アーリントンC3着」のディープスカイ

次々点は「500万勝ち」。

「新馬1着、白菊賞1着、アーリントンC7着」のエイシンブルズアイ
「新馬1着、黄菊賞1着、ラジオNIKKEI杯3着、弥生賞5着」のキズナ
「新馬1着、アルメリア賞1着」のマウントシャスタ
「新馬3着、未勝利5着、1着、福寿草特別3着、つばき賞1着」のミッキードリーム
「新馬2着、未勝利2、3、2、7、1着、つばき賞2着、ゆきやなぎ賞1着」のヒラボクロイヤル

残り7頭は「OP以上連対」。
「アーリントンC5着のみ」のアーバンキッドと「札幌2歳S5着、ラジオNIKKEI杯7着、共同通信杯4着」のマイネルフロスト以外の5頭は「重賞連対」。

出走があった場合は「重賞7着以内」だが、キャリア3戦のエイシンブルズアイ以外には『重賞5着以内』。出走がなければ「条件戦連対直後」なので、コレを条件にしたい。

(3着は「未勝利勝ち」。「500万以上出走なし」が1頭。次点は「500万連対」。「OP以上出走無し」3頭、「GⅡ4着など」1頭、「重賞3着」2頭。残りは「OP勝ち」2頭、「重賞連対」1頭。)



<距離>
全馬に共通するのは「1200m以上勝利」。

ただ、1200mまでだったのは「1200m新馬1着(1.1秒差)、キャリア2戦目のアーリントンCで先行有利の中、出遅れて後方から4着」のアイアンルックのみ。

次点は「1600m勝ち」。

「1800m以上出走無し」のアーバンキッドとエイシンブルズアイ
「1800m以上がラジオNIKKEI杯3着、きさらぎ賞6着」のコティリオン

残りの16頭には『1800m以上連対』があった。

(3着は「1600m勝ち」。「共同通信杯3着のみ」以外の9頭は「1800m以上連対」。「2000m勝ち」で、「1800m以下が共同通信杯3着や4着のみ」が2頭いる。)



<コース>
「阪神連対」6頭、「初出走」2頭。

残りは…

「アーリントンC5着のみ」のアーバンキッド
「エリカ賞12着(+24キロ)のみ」のダノンリバティ
「ラジオNIKKEI杯7着のみ」のマイネルフロスト
「500万3着とアーリントンC7着」のエイシンブルズアイ
「ラジオNIKKEI杯3着のみ」のキズナ、コティリオン、ダノンシャンティ、ナムラマース
「エリカ賞4着のみ」のヒストリカル
「アーリントンC4着のみ」のアイアンルック
「未勝利7着のみ」のゴールデンチケット
「アーリントンC3着のみ」のディープスカイ

他のレースと比べると連対や初が少ない。「1戦か3着」はセーフ。

(3着は「阪神連対」8頭、「初出走」1頭、残りは「新馬4着のみ」。)



<脚質>
「先行」7頭、「差し」13頭。

1000mは61.6、60.5、59.7、58.6、61.3(重)、60.4、62.3、61.0、59.0、60.8(稍重)。
ペースはそれほど速くならないが、直線の長さもあって基本は後ろからが多い。

(3着は「先行」4頭、「差し」5頭、「追い込み」1頭。)

2000m時には絡んでいた「逃げ」だが、1800m変更後は6着、13着、11着、10着、8着、18着、4着、4着、5着、5着と苦戦。



<その他>
「人気」は1番人気6連対、2番人気1連対、3番人気4連対。

6番人気3連対、4番人気2連対、5番人気2連対で、残りは7、12番人気。
主に「1~6番人気」で決まっており、あまり大きな荒れにはなっていない。

3着は2、1、4、3、7、1、2、2、11、4番人気。



1800m以後の上位人気4着以下では…

「GⅢ3着」

が最も多い。「きさらぎ賞」「ラジオNIKKEI杯2歳S」「京成杯」「アーリントンC」「共同通信杯」などで、連対馬にもいるのだが安易に狙うのは危い。

他も「良血」や「重賞2~5着」なども人気になりやすい。ただ、「OP9着のみ」や「逃げ」、「1戦1勝馬」など過剰人気も見られるので気を付けたい。



「上がり3ハロン3番手以内」は10年で15頭。

先行勢で該当していない馬がいるが、良馬場なら34秒台とタイムは速い。
うち2回は、0.4秒差と0.5秒差の2着馬で、共に「勝ち馬が後の東京優駿(日本ダービー)馬」。相手が抜けていた感も。

19頭に「連対時に上がり2番手内」。残り1頭は「逃げて上がり3番手」のゴールデンチケット。
キャリアがある程度あるなら「連対時に複数上がり3ハロン3番手以内」。

(3着は10頭中6頭。「連対時に上がり2番手以内」9頭、残り1頭は「逃げと2番手で、上がり3番手」)



鞍上は10年で現役では「川田将雅」騎手、「武豊」騎手、「小牧太」騎手の2連対が複数。

3場開催で日経賞が同日という部分もあるのでその影響もあるとは思うが、今後も注目したい。
(3着は「川田将雅」騎手2回、「内田博幸」騎手2回など。)



以前は10年で4頭が「ラジオNIKKEI杯3着」、3頭が「アーリントンC3着~5着」。

阪神1800m重賞という事もあって、阪神2000mや阪神1600mの重賞で惜しい馬が多く、1ハロンをこなしてくるケースが目立った。

ただ、ラジオNIKKEI杯2歳Sが無くなって、ホープフルSになった事や直線が長くなった影響もあってか共同通信杯や京成杯の4、5着辺りが絡みだしている。



「所属」は「関東4:関西16」。

改修直後は関東馬苦戦していたが、ココ4年連続で「関東馬」連対と戻しつつある。
(3着は「関東1:関西9」。)



少なくなっているが、開催のあった(11年は延期)9回の内3頭が「中1週」間隔。

ココ7年は中2週以上になっているが、通用していた。この年齢でも短いレース間隔でもやれる可能性はあるかと。
(3着も9頭中1頭。)



[PR]
by a_doctrinaire | 2017-03-23 01:08 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)

日経賞の傾向 2017
中山2500mで行われる古馬GⅡ「日経賞」。

天皇賞(春)へ向けての前哨戦のひとつ。以前と比べると本番でも結果が出てきている。11年は震災の影響もあって阪神2400mで代替開催。


 日経賞の傾向 (中山開催の過去10回分の連対馬+3着馬データから) 2017


<実績>
最低連対ラインは「1600万勝ち」。

OP以上が…

「アルゼンチン共和国杯5着とJC12着のみ」のホッコーレーヴ

次点は「OP2着」。

「重賞3戦して菊花賞5着、日経新春杯3着と5着」のストラタジェム

次々点は「OP勝ち」。

「重賞4戦して京都大賞典6着、アルゼンチン共和国杯10着、ステイヤーズS14着、ダイヤモンドS15着」のネコパンチ

ただ、この年は逃げた本馬を他がまったく追わず、展開の部分がかなり大きかったのだが…。

残り17頭は「重賞連対」。
この内、GⅡ以上が「AJC杯4着とオールカマー4着」の09年時のマイネルキッツ以外は「GⅡ以上連対」。

GⅡ以上への出走が少ないなら「GⅡ5着程度」、GⅡ以上への出走が多いなら「GⅡ3着以内」はクリアしてほしい。

(3着は10頭ともに「重賞連対」。内7頭が「GⅡ連対」で、残りは「青葉賞3着」2頭と「札幌記念4着」。)



<距離>
全馬に共通するのは「2000m以上勝利」。

競走距離の2500mとの差は大きい。ただ、コレは同じ中山2500mで行われる「有馬記念」も同じで、コーナーの多さなどもあってか、他の競馬場と違い実際に走る距離で連対が無くても大きな問題にならない。

2200m以上が…

「水仙賞5着、オールカマー4着、AJC杯4着」の09年時のマイネルキッツ

「2200mまで」は2300m以上が…

「有馬記念3着2回とJC5着」のエアシェイディ
「東京優駿7着と菊花賞5着」のバランスオブゲーム

「2400mまで」は…

「2500m以上出走無し」のアドマイヤデウス、フェノーメノ、カポーティスター

残り14頭に「2500m以上連対」があった。

05年は「1800m勝ち、19戦してAJC杯3着や2000mOP3着など」のユキノサンロイヤルがいる。

(3着は「2200m以上連対」。2200mまでは「2400m以上初」2頭。次点は「2400m連対」で「菊花賞4着のみ」、「有馬記念4着と6着」、「菊花賞13着のみ」。残り5頭は「2500m以上連対」。)



<コース>
「中山連対」14頭、「初出走」1頭。

残りは…

「皐月賞9着のみ」のアドマイヤデウス
「未勝利6着と3着、1600万3着」のホッコーレーヴ
「弥生賞7着のみ」の12年時のウインバリアシオン
「京成杯3着、有馬記念6着、AJC杯6着」のアルナスライン
「1600万4着のみ」のストラタジェム

「3着か1戦」はセーフ。
ちなみに中山に連対がなかった馬には「阪神連対」があり、「直線の急な坂」はクリアしていたかと。

(3着は「中山連対」8頭、「初出走」1頭。残りは「GⅡ9着と1600万6着」。中山に連対がなかった馬は「阪神連対」があった。)



<脚質>
「逃げ」1頭、「先行」9頭、「マクり差し、差し」9頭、「追い込み」1頭。

だいたい1000mの通過は64.6、59.2、62.9、60.9、60.8(重)、59.6(稍重)、59.2、60.7、60.4、61.0。
馬場の割にはペースは速くて前が多く、コースの特性が出ているかと。

(3着は「先行」3頭、「マクリ差し、差し」7頭。)



<その他>
1番人気は5連対、2番人気は3連対、3番人気2連対。

4番人気3連対、6番人気2連対で、残りは5、7、9、10、12番人気。
以前は堅めの時期もあったが、ドバイ遠征が増えた影響もあってか人気薄も絡んでいる。

3着は4、6、3、7、1、7、3、2、1、8、2番人気。



「上がり3ハロン3番手以内」は10回で18頭。

該当しなかったのは「逃げ」1頭と5番手追走の「先行」1頭で他が該当。先行の数の割に上がりが速い馬が多い。
直線が短く、コーナーも多いので、残り600mから重要になってくる。
(3着は10頭中7頭該当。他のレースと比べると多め。)

レース当日に良い脚が使えそうなタイプを選びたい。



ウインバリアシオン、マイネルキッツやトウショウナイト、古くはステージチャンプやライスシャワーなどが複数連対。

他にもホッコーブレーヴ、マツリダゴッホ、メイショウドトウ、ステイゴールド、ローゼンカバリーも3着以内が複数あり、「リピート率」は高め。
コースの難しさなどもあって、得意なタイプはレースがしやすいのかも。



中山10回で「鞍上」は「蛯名正義」騎手3連対がトップ。

「福永祐一」騎手、「武士沢友治」騎手、「岩田康誠」騎手、「松岡正海」騎手の2連対が続く。
同じ馬の複数連対があるので、その影響もあるが…。
(3着は「蛯名正義」騎手の2回が複数。)

3場開催で関西も「毎日杯」があるので、騎手は分かれるので、若手にもチャンスあり。



中山開催10回で「年齢」は…

「4歳」5連対3着3頭
「5歳」5連対3着4頭
「6歳」6連対3着1頭
「7歳」3連対3着2頭
「9歳」1連対

「4歳」~「6歳」が多いが、高齢馬が比較的多く絡んでおり、折り合いの面などもあって馬次第では通用する。
(代替開催時は4歳が2頭)。



「前走」は中山開催の10回で…

「有馬記念」7連対
「京都記念」4連対
「AJC杯」3連対
「ジャパンカップ」2連対
「白富士S」1連対
「日経新春杯」1連対
「ダイヤモンドS」1連対
「1600万2着」1連対

天皇賞(春)に向けて休み明けの出走も目立つ。

(3着は「AJC杯」2頭、「ダイヤモンドS」2頭が複数。「有馬記念」「ステイヤーズS」「小倉大賞典」「日経新春杯」「中山記念」「京都記念」。)



[PR]
by a_doctrinaire | 2017-03-22 00:54 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)

高松宮記念の傾向 2017
中京1200mで行われれる古馬GⅠ「高松宮記念」。

改修して新しくなってからは6回目。13年から1月に中京開催が増えているので、2012年とは若干違っていますが、5回分の3着までを中心に考えてみます。改修時は「阪神開催」でした。

ただ、15頭だけでは少ないので、実績やその他は「以前の高松宮記念の連対馬」、コースや脚質などは「新・中京1200mの1000万以上の連対馬」のモノも参考に載せておきます。

※ちなみに2016年から中京競馬場の走破タイムが速くなっています。


 高松宮記念の傾向 (過去5年3着まで+旧コース分+α) 2017


【実績】
連対馬10頭に該当するのは「重賞2連対以上」。

ただ…

「重賞4戦GⅢ2着2回、GⅡ3着、GⅢ5着」のビッグアーサー
「ダート重賞4戦2着1回、芝重賞1戦2着」のスノードラゴン

以外の8頭は「重賞2勝以上」。

ちなみに3着5頭は「重賞勝ち」。重賞5戦1勝の13年のハクサンムーン以外は「重賞勝ち+重賞連対」。


阪神開催時や旧・中京時代の5年延ばすと…

最低連対ラインは「OP勝ち」。

「重賞8戦してNHKマイルC3着、セントウルS3着、マイルCS5着など」のキンシャサノキセキ

次点は「重賞勝ち」。

「重賞5戦で東京新聞杯1着、阪急杯3着、富士S3着、朝日CC4着、京都金杯5着」のスズカフェニックス

残り8頭は「重賞2連対以上」、内7頭は「重賞3連対以上」。



【距離】
連対馬10頭に共通するのは「1200m以上連対」。

ただ、1200mまでなのは、1400m以上が…

「阪神C3着のみ」のビッグアーサー

それ以外の9頭は「1400m以上連対」。

「1200m以下初」のコパノリチャード、「1200mGⅠ3戦3着や4着」のミッキーアイル、「1200m2着」のサンカルロがおり、「1200勝ち」が無くてもいい。
海外馬エアロヴェロシティが1400m2着だが、日本馬は「1400m以上勝利」だった。

3着5頭も「1400m以上連対」。「1200m勝ち」ありは3頭。1200m以下は「オーシャンS5着のみ」と「出走無し」。

直線の長いコースでは少し長めで結果が出ているタイプが多いので、その影響か。


「新・中京1200m(1000万以上高松宮記念除く)の連対馬」76頭では…

56頭が「1400m以上連対」で、20頭が「1200mまで」。


ちなみに中京1200mGⅢ「CBC賞」の連対馬10頭も「1400m以上連対」。



【コース】
連対馬は「中京連対」2頭、「(新)中京(ダート除く)初」6頭。

残り2頭は「高松宮記念3着」のミッキーアイルとロードカナロア。

2012年は3月に新装なので2頭とも「新・中京初」。共に旧コースで「1連対」と「GⅠ1戦」と中京への輸送はクリアしていた。

3着5頭では「中京連対」1頭、「初出走」3頭。残りは「ファルコンS11着のみ」。


中京に連の無かった馬の『左回り』は…

日本馬は

「NHKマイルC3着など」のミッキーアイル
「NHKマイルC8着のみ」のコパノリチャード
12年の「初出走」と13年の「高松宮記念3着のみ」のロードカナロア
「クロッカスS7着とファルコンS11着」の14年時のハクサンムーン

以外が「左回り連対」。


「新・中京1200m(1000万以上高松宮記念除く)の連対馬」76頭では…

「新中京連対」26頭
「新コース初出走」16頭
「新中京3着」12頭

残りは「3戦以下」で、3戦は「4着2回、8着1回」のみ。

ちなみにCBC賞では「新中京連対」6頭、「初出走」2頭。残りは「GⅠ3着とGⅢ11着」「GⅠ5着のみ」。



【脚質】
「逃げ」1頭、「先行」8頭、「差し」6頭。

600mは32.7、34.0、34.5(不良)、34.3、34.5。
中京競馬場が変わった事もあり、勝ち時計も改修後は遅かった。ただ、路盤工事もあってか16年に一気に時計を詰めた。


「新・中京1200m(1000万以上高松宮記念除く)の連対馬」76頭では…

「逃げ」6頭、「先行」25頭、「差し」40頭、「追い込み」5頭。

600mも33.3~35.7で、同じく時計はあまり速くならない。



【前哨戦】
「阪急杯(1、2、1、1、3着)」5頭、「オーシャンS(5、2、2、4、9着)」5頭、「シルクロードS(5、2、1、2着)」4頭、「チェアマンズスプリント2着」1頭。

オーシャンS9着のハクサンムーン以外は「前哨戦の重賞5着以内」


阪神開催時や旧・中京時代の5年延ばすと…

連対馬は「阪急杯」5頭、「オーシャンS」2頭、「スプリンターズS」1頭、「シルクロードS」1頭、「中山記念」1頭。



【その他】
「人気」は1番人気2連対、2番人気3連対、3番人気2連対。残りは4、6、8番人気1連対。

3着は3、3、1、10、1番人気。
1番人気が3年連続3着以内で、上位人気がある程度来ている。


阪神開催時や旧・中京時代の5年延ばすと…

1番人気3連対、2番人気全滅、3番人気2連対。4番人気2連対、残りは5、6、13番人気。
3着は11、3、15、1、2番人気。

過去10年で見ても7割近くを「1~4番人気」が占めており、スプリンターズSでも10年で7割ほどが「1~3番人気」なので、スプリント戦はあまり大きくは荒れないかと。




「上がり3ハロン3番手以内」は15頭中8頭が該当。

10頭中6頭が連対馬なので、少し比率が高め。16年から時計が速くなっており、路盤工事の影響があるとかないとかで、変わってくる可能性もある。


「新・中京1200m(1000万以上高松宮記念除く)の連対馬」76頭では44頭が該当。



「鞍上」は5年で「松山弘平」騎手の2連対、「福永祐一」騎手と「岩田康誠」騎手の1勝3着1回、「酒井学」騎手の2着3着1回などが複数。

「新・中京1200m(1000万以上高松宮記念除く)の連対馬」76頭では…

「福永祐一」騎手、「濱中俊」騎手の5連対がトップ。
「北村友一」騎手、「藤岡康太」騎手の4連対、「太宰啓介」騎手、「勝浦正樹」騎手、「吉田隼人」騎手の3連対などが続く。




「年齢」は…

「5歳」3勝2着1回3着1回、「6歳」2着4回、「4歳」1勝3着3回、「7歳」1勝。

阪神開催時や旧・中京時代の5年では…
「5歳」7連対3着1回、「6歳」1連対3着1回、「7歳」1連3着1回、「8歳」1連対3着1回。




以前は「NHKマイルC4着以上」や「東京新聞杯連対」、「安田記念2着」など『東京1600m重賞』との相性は良かった。「左回りの高いレベル」という部分では共通しており、その辺りで近いモノはあったが、ココ5年ではミッキーアイルの「NHKマイルC1着」のみ。

新・コース2年の勝ち馬は共に「スプリンターズS勝ち」だが、コレは実力の高さが大きい。
3着までで見ると「シルクロードS1着」、「阪急杯1着」、「函館スプリントS1着」「京阪杯1着」などが共通しており、その辺りはチェックしてみたい。

※データに関して、たまに間違っている時があります…。


[PR]
by a_doctrinaire | 2017-03-21 12:01 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)

フラワーCの傾向 2017
中山1800mで行われる3歳牝馬GⅢ「フラワーカップ」。

賞金加算で出走が狙える事もあり、桜花賞へ向けて最後のチャンスとも捉えられている。近年は出ていないが、キストゥザヘヴン、シーザリオ、ダンスインザムードらが本番でも勝利。優駿牝馬へ向けて使う場合もあり、注目の1戦。

※2014年は3日開催(3場中2場ずつで開催)の金曜日で2着同着。16年と今年は3日開催の月曜日。2011年は震災の影響で阪神で代替開催でしたので、除いて考えます。


 フラワーCの傾向 (中山開催過去10回分の連対馬+3着馬のデータから) 2017


<実績> ※14年同着で連対馬21頭
最低連対ラインは「新馬・未勝利勝ち」。

該当するのは…

「新馬3着、未勝利2着、1着」のエンジェルフェイス
「新馬4着、未勝利14着、1着」のアースライズ
「新馬勝ちのみ」のサクラプレジール
「新馬6着、未勝利1着」のエバーブロッサム
「新馬3着、未勝利1着、黄梅賞13着」のヴィーヴァヴォドカ
「新馬5着、未勝利2着、1着、500万4着」のレッドアゲート
「新馬2着、未勝利2着、2着、1着」のホクレレとキストゥヘヴン

「新馬・未勝利勝ち直後」と「500万は1戦のみ」。
500万の2頭も、共に牡馬相手で「未勝利勝ちから5か月ぶり13着」と「2400mで4着」なので「可能性はあった」かと…。

次点は「500万勝ち」。OP以上が…

「コスモス賞7着、ジュニアC5着」のゲッカコウ
「札幌2歳S14着、アルテミスS10着」のバウンスシャッセ
「フェアリーS4着、クイーンC9着」のオメガハートランド
「OP以上出走無し」のアルビアーノ、メイショウスザンナ、ブラックエンブレム
「チューリップ賞4着のみ」のオウケンサクラ
「阪神JF3着、エルフィンS6着」のフサイチパンドラ

14年に重賞で大敗したバウンスシャッセが入ったが、それまでは「重賞4着」がひとつのラインだった。新馬勝ちの後の重賞2戦で、ここは500万を勝ってからの挑戦ではあったが…。

次々点は「OP連対」。

「重賞出走無し」のショウナンタレント

残り4頭は「重賞連対」。

(3着は2着同着なので9頭。「新馬・未勝利勝ち」4頭で、「中京2歳S3着、アルテミスS8着、京都2歳S7着、水仙賞7着」「500万以上出走なし」「ひいらぎ賞5着、菜の花賞7着、500万7着」「チューリップ賞7着」。残りは5頭は「500万連対」で「OP以上出走無し」。)



<距離> ※14年同着で連対馬21頭
全馬に共通するのは「1600m以上勝利」。

1600mまでだったのは

「1800m以上初」のアルビアーノ、サクラプレジール、ヴィーヴァヴォドカ、キストゥヘヴン
「コスモス賞10着のみ」のディアジーナ
「1800m新馬8着と葉牡丹賞3着」のブラックエンブレム

「1戦以下」か「3着」はセーフ。

残り15頭は「1800m以上勝利」。

(3着は14年が2着同着で9頭。共通するのは「1600m以上勝利」。1600mまでは「京都2歳S7着と水仙賞7着」で、残り8頭は「1800m以上勝利」。)



<コース> ※14年同着で連対馬21頭
「中山連対」14頭、「初出走(ダート除く)」5頭。

残りは…

「ホープフルS9着と京成杯5着」のマイネグレヴィル
「フェアリーS4着のみ」のオメガハートランド

重賞で掲示板くらいがあればセーフかと。

直線の急な坂は、苦手なタイプもいるので気を付けたい。

(3着はは14年が2着同着で9頭。「中山連対」2頭、「初出走」4頭。残りは「水仙賞7着のみ」「未勝利6着、ひいらぎ賞5着、菜の花賞7着、500万7着」「新馬10着、未勝利3、4着」。)



<脚質> ※14年同着で連対馬21頭
「逃げ」4頭、「先行」8頭、「差し」8頭、「追い込み」1頭。

1000は61.5、61.7、62.1、62.0、63.3(重)、62.5、60.6、61.4、61.0、59.3と遅い。
ペースが遅く直線は短いが、その割に後方からも通用しており、出走馬のレベルや4週目の馬場というのも影響がありそう。

(3着は「先行」1頭、「マクり差し、差し」6頭、「追い込み」2頭。後方で3着…の感が。)

14年は3日開催の金曜日で、16年と17年は月曜開催。



<その他> ※14年同着で連対馬21頭
1番人気は7連対、2番人気2連対、3番人気3連対。

6番人気4連対、4番人気2連対、残りは8、11、12番人気。
2番人気はやや苦戦しているが3着があるので、あまり気にしなくてもいいかと。

3着は14、2、(同着)6、10、1、2、2、12、8番人気(14年は2着同着なので3着無し)。



「上がり3ハロン3番手以内」は10年で21頭中7頭。

先行馬が多い影響もあるが、それを加味してもかなり少ない。先行勢で該当したのはキストゥヘヴンで、少し延ばしてもシーザリオで「後のGⅠ馬」。
実績のある馬が少ない事もあり、前から良い脚を使うのが難しいようで。

(3着は9頭中6頭。)



「鞍上」は「横山典弘」騎手の2勝(全体でも3勝)がトップ。

「松岡正海」騎手、「内田博幸」騎手、「石橋脩」騎手の2連対が続く。
全体では4勝の「柴田善臣」騎手と相性がいい。
(3着はバラバラだが、「横山典弘」騎手、「柴田善臣」騎手、「内田博幸」騎手ら連にも名のある鞍上が)

14年や16年と同じく3日開催(3場中2場で開催)だが、例年は若葉SやファルコンSなど3歳OP以上と同日なので、鞍上の確保は難しいかと。



「牡馬相手の500万以上」で、それなりにやれている馬が目立つ。

2歳戦スタート時は、牝馬の方が仕上がりの速さなどもあって、差はないと言われたりするが、この時期になると牡馬の方に分が出てくる。しかし、それでも牡馬相手に掲示板以上があるのは「素質の現れ」かと。

ローテーションの部分もあって牝馬限定戦だけに出走しているケースもあるが、牡馬相手にある程度やれるとプラス。



年に1頭は絡むのが「脚質・前目」と「1~3番人気」。

併せてみると10年で9頭が「上位人気の逃げ・先行馬」。
もちろん、人気薄の先行や上位人気の差しもあるが、1頭はこのタイプを入れておきたい。



[PR]
by a_doctrinaire | 2017-03-16 00:10 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)

ファルコンSの傾向 2017
中京1400mで行われる3歳GⅢ「ファルコンステークス」。

以前(馬齢変更前)は「中日スポーツ賞4歳S」の名称で1800mで7月開催、96年になって1200mで6月開催、01年から「ファルコンS」に名称変更、06年から3月開催だった。11年は中京改修時は阪神で行われ、12年から新・中京1400mで開催。

最近は「左回りで直線が長め」、「本番までのレース間隔」、「賞金加算」などの理由から、NHKマイルCの前哨戦として考えられている模様。フラワーCと同日という事もあって、距離などから桜花賞へも可能だと思うが、出走馬のレベルの違いもあってか、今の所みあたらない。今年も16年同様にフラワーCが祝日の月曜開催。

新しいコースになって6回目という事で、データが5年分と少な目…。そこで「1~3着までの15頭分」に加えて、実績などは時期が同じ3月の「旧・ファルコンS」5年分、距離や脚質などは「新・中京1400m(1000万以上2歳戦とファルコンSを除く)」の連対馬のデータをチェックしてみます。


 ファルコンSの傾向 (過去5年の1~3着まで+α) 2017


<実績>
最低連対ラインは「500万2着」。

該当するのは…

「新馬勝ち、500万を8戦して2着1回、3着1回、4着1回、5着1回など。OP以上出走無し」のカシノピカチュウ
「500万2着や4着や6着、シンザン記念7着」のエールブリーズ

次点は「500万勝ち」。OP以上が…

「シンザン記念3着、クロッカスS4着、アーリントンC12着」のシゲルノコギリザメ
「小倉2歳S6着、カンナS5着、朝日杯FS10着、クロッカスS9着」のタガノアザガル
「きさらぎ賞6着のみ」のサトノルパン
「クリスマスローズS4着のみ」のアルマエルナト
「OP以上初」のインパルスヒーロー
「ラジオNIKKEI杯5着、京成杯10着、アーリントンC7着」のブライトライン

後は…

「新潟2歳S11着、サウジアラビアRC7着、京王杯2歳S5着、クロッカスS1着」のトウショウドラフタ
「サウジアラビアRC1着、ホープフルS7着、京成杯12着」のブレイブスマッシュ
「函館2歳S1着、京王杯2歳S6着、朝日杯FS5着」のアクティブミノル
「すずらん賞2着、ききょうS6着、アーリントンC6着」のヤマカツエース
「ラジオNIKKEI杯5着、シンザン記念3着、アーリントンC2着」のタガノグランパ
「クリスマスローズS1着、シンザン記念8着」のレオンビスティー
「すずらん賞5着、京王杯2歳S2着、朝日杯FS6着」のサドンストーム


以前の中京1200m時(3月開催)では「1戦1勝」のヘニーハウンド以外は「500万勝ち以上」。時期的に出走可能ラインと考えられる。
しかし、OP以上を見ると『OPか重賞7着以内』が共通しており、その辺りがラインかと。



<距離>
12頭全馬に共通するのは「1200m以上勝利」。

ただ、1200m連対までだったのは…

「1400mは新馬10着とクロッカスS4着、1600mはシンザン記念3着とアーリントンC12着」のシゲルノコギリザメ
「1400m以上出走無し」のアルマエルナト
「京王杯2歳S6着、朝日杯FS5着」のアクティブミノル

で、「1400m以上が初出走」か「1600m重賞で掲示板」。

残り12頭には「1400m以上連対」があった。
ちなみに「1500mと1600m勝ち、1400m以下初」のブレイブスマッシュと「1600m2着、1800m勝利など、1400以下出走無し」のブライトラインが距離短縮をクリアしていた。


※新・中京1400m(1000万以上2歳戦とファルコンS除く)の連対馬42頭では…

40頭が「1400m以上連対」

残りは1200m勝ちで、「1400mは芝を11戦して1000万5着など、1600mは4戦して1000万4着など」と「1400mの新馬6着と未勝利9着」。
ちなみに、1400mで連対がなかった馬が2頭おり、1600m勝ちで「芝は1400m11戦して5着1回、1600mは5戦して4着1回など」や「1400m5戦して京王杯2歳S3着、阪急杯3着など」で、距離短縮をクリアしている。

2、3歳の重賞でも「8割くらいはそのレースの距離で連対」している。まずは「1400m以上連対」を考えたい。



<コース>
「中京連対」4頭、「初出走」11頭。

初出走11頭の内5頭が「東京連対」で左回りをクリアしており、残り4頭は「左回りが初」、「クロッカスS4着」、「京王杯2歳S6着」。

ローカル開催で出走自体が少ないので1戦くらいはセーフかもしれないが…。
ちなみに12年は改修後初がこの年の3月開催なので、3頭とも必ず「初出走」。

旧・中京1200m時代も「中京連対」か「初出走」(東京連対か左回り初)と同じ。


※新・中京1400m(1000万以上2歳戦とファルコンS除く)の連対馬42頭では…

「新・中京連対」19頭、「初出走(ダート除く)」16頭。

残りは「芝2000m10着のみ」「1600万18着と6着」「500万8着と11着」「500万3着と12着」「1000万12着と4着」「未勝利3着のみ」「GⅠ13着のみ」で、「2戦か3着以内」はセーフ…。



<脚質>
「先行」5頭、「差し」8頭、「追い込み」2頭。

800mは45.3、46.0、44.9、46.7、47.2(重)。

15年のみが連対馬が先行で決まったので、悩ましい。中京の直線の長さは他の距離ではあまりプラスになってない感じを受けたが…。


※新・中京1400m(1000万以上2歳戦とファルコンS除く)の連対馬42頭では…

「逃げ」3頭、「先行」12頭、「差し」24頭、「追い込み」3頭。

800mは44.5~48.1。
12年、13年、15年は差しが多かったが、14年は前が多くなっていた。16年は五分だが、16年12月と17年1月に1400mで1:19:8を切っており、時計が速くなっている。



<その他>
「人気」は…

16年が2→3→9番人気
15年は14→4→5番人気
14年は1→3→11番人気
13年は2→11→5番人気
12年は4→12→3番人気

1番人気1頭、2番人気2頭、3番人気3頭。
4番人気2頭、11番人気2頭、5番人気2頭、残りは9番人気、12番人気、14番人気。

16年は9番人気だったが、それまでは4年連続で二桁人気が馬券圏内に1頭は絡んでおり、少しは荒れる。
今後に注目したいが、通常の人気を作る要因だけでは当てにくいレースなのかも。

旧・中京1200mのファルコンSでは2~6番人気が多く、たまに二桁人気が連に絡んでいた。



上位人気で4着以下に敗れたのは…

OP以上が…

「中京2歳S1着、小倉2歳S1着、デイリー杯2歳S2着、朝日杯FS5着」のシュウジ
「OP以上出走なし」のフミノムーンとビヨンジオール
「新潟2歳S5着、ききょうS2着、もみじS7着、クロッカスS2着」のブリクスト
「朝日杯FS2着のみ」のショウナンアチーヴ
「函館2歳S3着、朝日杯FS5着、クロッカスS3着」のティーハーフ
「クロッカスS4着のみ」のプレイズエターナル
「ダリア賞2着、芙蓉S7着、京王杯2歳S1着、朝日杯FS3着」のレオアクティブ
「新潟2歳S7着、朝日杯FS4着、シンザン記念4着」のトウケイヘイロー

5頭は朝日杯FS組(5、2、5、3、4着)で、左回りも「中京1600m勝ち」や「東京1400m勝ち」、「クロッカスS3着のみ」。「朝日杯からの休み明け」と「OP3着」か「GⅢ4着」から。
残りは「OP以上出走無し」、「新潟2歳S5着や東京1400mOP2着」、「1200mまでしか連なしで、左回り1戦OP4着のみ」と過剰人気が疑われる。

馬場の適性も分からず、未対戦の馬もいるので、GⅠ1戦や対戦成績だけで判断するのは少し危うい。
内もいるが「外枠の差し、追い込み馬」が多い。



「上がり3ハロン3番手以内」は5年1~3着までの15頭中10頭。

15年は外れたが、4回は連対馬はすべて該当し、勝ち馬は「最速」だった。脚質を考えても残り600mで良い脚が使えるのはいい。

新・中京1400m(1000万以上2歳戦とファルコンS除く)の連対馬42頭中29頭が該当。



5年15頭で「鞍上」の重複はない。

14年と16年と今年は3日開催でフラワーCは該当しないが、通常は同日に「阪神で若葉S」「中山でフラワーC」があり、3場で3歳OPや重賞が行われる。

皐月賞や桜花賞、NHKマイルCへの出走がかかるレースなので騎手が分散しており、「若手などにもチャンス」が出てくるかと。
若手やマイナー騎手だと、変に評価が下がる事もあるので、気を付けたい。

新・中京1400m(1000万以上2歳戦とファルコンS除く)の連対馬42頭では…

「松山弘平」騎手、「秋山真一郎」騎手、「小牧太」騎手、「勝浦正樹」騎手が3連対



「所属」は「関東4:関西11」。

中京という一応関西圏という事か。
ただ、関東から新潟辺りを考えると、それほど関西よりの感じはしないが…。



枠は5年で平均18頭出走で、1~3着の15頭で「内11:外4」。

馬番は「8番」3頭、「1番」と「15番」2頭が複数。


新・中京1400m(1000万以上2歳戦とファルコンS除く)の連対馬42頭では…

枠は平均16.71頭で「内21:外21」と五分

馬番は「4番」の6連対、「15番」の5連対、「2番」「6番」「7番」「10番」「14番」の3連対など。



[PR]
by a_doctrinaire | 2017-03-15 12:26 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)

阪神大賞典の傾向 2017
阪神3000mで行われる古馬GⅡ「阪神大賞典」。

以前は天皇賞(春)に向けて有力なレースだった。近年は他路線の方が相性がよくなったが、10年間でアドマイヤジュピタ、ディープインパクトなどがココから本番を制している。有力どころが揃わなくなる年もあるが、出走メンバー次第では注目したい。


 阪神大賞典の傾向 (過去10年の連対馬+3着馬データから) 2017


<実績>
最低連対ラインは「1600万勝ち」。

該当するのは…

「OP以上出走なし」のジャミール
「OP不出走、重賞は日経新春杯7着のみ」のヒカルカザブエ

次点は「OP勝ち」。重賞が…

「毎日杯12着、東海S4着、アンタレスS7着、ステイヤーズS3着」のデスペラード
「13戦して菊花賞3着や阪神大賞典3着、鳴尾記念3着や天皇賞(春)4着など」のナムラクレセント

で「GⅡ以上3着」があった。

残り16頭は「重賞連対」。
その内、「重賞4戦以下」のシュヴァルグラン、ギュスターヴクライ、コスモメドウ、アドマイヤジュピタ、「GⅡ以下4戦(GⅠ2戦)」のタンタアレグリア以外は「GⅡ連対+重賞連対」なので、1頭は入れておきたい。

(3着は「1600m勝ち」。OP以上が「青葉賞15着、セントライト記念6着、菊花賞3着」と「きさらぎ賞8着、向米新聞杯6着、菊花賞3着」の3歳が2頭。残り8頭は「重賞連対」。この内、「ダイヤモンドS1着、GⅡ3着3回など」のモンテクリスエス以外は「GⅡ以上連対」があった。)



<距離>
全馬に共通するのは「2400m連対」。

2500m以上が…

「出走無し」のシュヴァルグラン
「菊花賞4着とダイヤモンドS4着」のタンタアレグリア
「有馬記念9着のみ」のデニムアンドルビー
「菊花賞3着、阪神大賞典3着、天皇賞(春)4着、日経賞8着」のナムラクレセント

で、「1戦以下」か「高いレベルの3000m付近で惜しいレース」があった。

次点の「2500m勝ち」。

「2600m以上出走なし」のジャミールとアドマイヤジュピタ

次々点は「2600m勝ち」。

「3000m以上出走なし」のヒカルカザブエ

13頭には「3000m以上連対」があり、ますはコレがメインかと。

ただ、05年に「2200m連対」で2400m以上が「2400mの500万8着、1600万4着、日経新春杯9着、7着」のマイソールサウンドがいる。

(3着は「2400m以上連対」。「2400mまで」は、2500m以上が「有馬記念7着、菊花賞4着、天皇賞(春)9着」「出走無し」「菊花賞3着のみ」の3頭。次点は「2500m」で「天皇賞(春)15着のみ」が1頭。次々点は「2600m」で、「菊花賞3着のみ」。残り5頭は「3000m以上連対」。)



<コース>
「阪神連対」17頭、「初出走」1頭。

残りは…

「未勝利10着と6着、1000万3着」のギュスターヴクライ
「1600万8着のみ」のコスモメドウ

共に「中山連対」と「京都連対」があり、「直線の急な坂」と「関西」はクリア済み。

(3着は「阪神連対」9頭。残り1頭は「ダート連あり、芝は4戦してローズS5着や1600万5着など」。)



<脚質>
「先行、マクリ差し」14頭、「差し」6頭。

1000mは61.6、60.4、63.2、61.2、64.9(稍重)、61.0、61.8、63.1(重)、63.8、65.1。
次の1000mはさらに遅くなり、長丁場らしく速くなる事はない。

頭数が9~14頭の平均11.4頭と少なくなる事もあり、前が有利。ただ、馬の力次第で後ろからでもあっさり通用する。
(3着は「逃げ」2頭、「先行」3頭、「差し」4頭、「追い込み」1頭。)



<その他>
「人気」は、1番人気が7連対、2番人気2連対、3番人気3連対。

4番人気3連対、5番人気3連対で、残りは6、7番人気。
出走頭数が平均11.4頭という事もあって、大きくは荒れていない。

3着は3、2、3、5、5、6、1、4、1、3番人気。

1番人気は9頭が「馬券圏内」。ただ、頭数は少ないが9頭中5番人気や10頭中7番人気も絡んでおり、上位人気が確実なワケでもない。



「上がり3ハロン3番手以内」は10年で18頭。

長丁場でペースが落ちつく事や有力馬が強い事もあって、「逃げ」や「先行」でもほとんど該当しており、まずは良い脚を使える馬を探す必要がある。
「最速」と「2番手」が同数で、最速だけがイイという事ではない模様。

(3着は10頭中5頭該当。)




一昔前は天皇賞(春)の最有力馬が出走して結果を出して、本番でも上位に入る事が多かった。

『菊花賞の位置取りが変わってきた』辺りから、関東馬の活躍と共に日経賞組が有利になってきて、長距離を走るダメージの影響もあってか、関西の前哨戦は大阪杯へ向かう馬も増えた。

出走メンバーが手薄だと上位人気が飛ぶこともあるので、その辺りは気を付けたい。。



年齢は…

「4歳」9連対3着2頭
「5歳」5連対3着3頭
「6歳」3連対3着1頭
「7歳」1連対3着2頭
「8歳」2連対

単純に若い方が多く、「充実の4歳」が抜けている。
ただ、折り合いなどの面もあってか、トウカイトリックやアイポッパーなど馬によっては高齢馬でもやれている。



「鞍上」は10年で…

「岩田康誠」騎手の3連対がトップ。

現役では「福永祐一」騎手、「四位洋文」騎手、「武豊」騎手の2連対が続く。
特に「武豊」騎手は過去に8勝しており、落馬前は強かった。
(3着は「池添謙一」騎手が2回。)




「前走」は「有馬記念」が6連対でトップ。

「日経新春杯」と「ダイヤモンドS」の4連対が続く。「ステイヤーズS」「京都記念」「AJC杯」などGⅡからの出走も多い。
有力馬が多いが、レース間隔の開いた有馬記念組の判断が鍵になりそう。
(3着は「ダイヤモンドS」が3頭「有馬記念」2頭、「日経新春杯」2頭、「御堂筋S」2頭など。)



ゴールドシップ、トウカイトリック、アイポッパー、ナリタトップロードらが複数連対。

3着までならナムラクレセント、リンカーン、ファストタテヤマなども。
長距離という事もあって、状態面が問題ないなら折り合いのつくタイプや適性がモノをいうのかも…。



[PR]
by a_doctrinaire | 2017-03-15 00:01 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)

スプリングSの傾向 2017
中山1800mで行われる3歳GⅡ「スプリングステークス」。

皐月賞トライアルで3着までに優先出走権が与えられる。16年に続いて、変則3日間開催で2回7日目。

過去の勝ち馬からはロゴタイプ、オルフェ―ヴル(阪神代替)、アンライバルド、メイショウサムソン、ネオユニヴァース、タニノギムレットらが皐月賞や東京優駿(日本ダービー)を勝利。キタサンブラックは菊花賞勝ち。2着や3着からもリアルスティール、マイネルホウオウ、ディープブリランテ、ローズキングダム、ドリームパスポート、ダイワメジャー、サクラプレジデントなどが3歳GⅠで連対している。

2011年は震災の影響で1週遅れの阪神代替開催だったので、除いて考えます。


 スプリングSの傾向 (中山開催の過去10回分の連対馬+3着馬データから) 2017


<実績>
最低連対ラインは「500万2着」。

該当するのは…

「新馬1着、つばき賞2着、こぶし賞5着」のゲシュタルト

こぶし賞は2戦と比べて後方からの競馬だった影響があったようで、脚質を戻して?の連対だった…。

次点は「500万勝ち」。

「OP以上出走無し」のマウントロブソン、マイネルハニー、キタサンブラック、ロサギガンティア、レッドスパーダ

次々点は「OP勝ち」。重賞が…

「共同通信杯3着のみ」のアリゼオ
「重賞初出走」のアンライバルド
「ラジオNIKKEI杯8着のみ」のフローテーション
「朝日杯FS6着のみ」のマイネシーガル

重賞は「1戦以下」か「3着」。

残り10頭には「重賞連対」があった。

出走メンバーにもよるが、まずは『重賞連対かOP勝ち』から見ていきたい。

(3着も「500万2着」。「新馬1着、いちょうS3着、東スポ杯2歳S3着、ホープフルS3着、セントポーリア賞2着」と「新馬1着、京成杯9着、セントポーリア賞2着」で、両方とも「500万はセントポーリア賞1戦のみで同タイム2着」。次点は「500万勝ち」で、「OP以上初」。次々点が「OP勝ち」で、「札幌2歳S9着と東スポ杯2歳S8着」。残り6頭が「重賞連対」。)



<距離>
全馬に共通するのは「1600m以上勝利」。

1600mまでだったのは1800m以上が…

「札幌2歳S4着のみ」のロゴタイプ
「1800m以上出走なし」のアジアエクスプレス、レッドスパーダ、マイネルシーガル

4頭ともにスタミナが求められる?直線の長い東京1600mで勝利しており、その辺りのプラスもあったかと。

残りは16頭は「1800m以上勝利」があり、コレが中心。ちなみに「2000m勝ち」で「1800m以下初」と「共同通信杯3着のみ」の「1800m連対なし」も2頭いる。ただ、距離短縮でダメな場合もあるだけに…。

(3着も「1600m勝ち」。「1800m以上初」が2頭。残り8頭には「1800m以上連対」があった。1年延ばして05年には「1600m勝ち、1800m未勝利11着」がいる。)



<コース>
「中山連対」7頭、「初出走」10頭。

残りは…

「若竹賞6着のみ」のマイネルハニー
「ひいらぎ賞5着のみ」のレッドスパーダ
「朝日杯FS4着のみ」のフライングアップル

1戦くらいはセーフ。

(3着は「中山連対」6頭、「初出走」2頭。残りは「ホープフルS(OP)3着のみ」と「寒竹賞4着のみ」。)



<脚質>
「逃げ」2頭、「先行」11頭、「マクリ差し、差し」7頭。

1000mは60.3、62.6、60.3、60.1、62.1(重)、60.2、62.6、60.8、59.9、60.3で、あまり速くならない。
直線の短さもあって、4コーナーである程度の位置まで上がっているケースが目立つ。同じコースで前日に行われる事の多いフラワーCと比べても近年は「前」が多い。

(3着は「先行」3頭、「差し」6頭、「追い込み」1頭。)



<その他>
中山開催の10回で「人気」は…

1番人気7連対、2番人気1連対、3番人気4連対。
4番人気2連対、5番人気2連対で、残りは6、8、10、11番人気。

「1番人気」は「10頭すべてが馬券圏内」とある程度信頼できるが、2番人気は「3割」と少し怪しい。弥生賞と違って頭数が揃う事や二桁人気が絡む事もあり、配当としては大きくなる事も。

3着は1、2、4、11、10、1、2、1、6、2番人気。



「上がり3ハロン3番手以内」は中山10回で10頭。

前有利という事もあって、少なめ。開催4週目という事もあり、以前は後方からでも多く通用していたが、06年以降は少なくなっており、上がり上位は3~5着止まりで「仕掛けの遅さ」も影響している。ただ、10年経つので、元に戻るか?

(3着は10頭中9頭が該当。06年以降に増えている。)

16年と17年は「変則3日開催」で「祝日の月曜日にフラワーC」があり、2回7日目。



「鞍上」は「横山典弘」騎手の3連対がトップ。

「M.デムーロ」騎手、「岩田康誠」騎手、「北村宏司」騎手、「福永祐一」騎手の2連対が続く。

※同日に阪神大賞典がある影響もあって、乗りたくても乗れないケースも多い。ワンポイントのみの代役という事もあり、海外騎手や手の空いている騎手に替わる事も。

(3着は「蛯名正義」騎手の3回、「内田博幸」騎手の2回など。)



10年(中山開催分)で10連対(3着6頭)が該当する『東京1800m重賞3着以内』と、重複もあるが「朝日杯FS連対」や「きさらぎ賞連対」が好相性。

コースの違いはあるが、「GⅠ」や「同じ距離の重賞」である程度の結果が出ているのは良い。
出走馬のレベル次第だが、コレをクリアしている馬を狙ってみたい。




「馬番」は中山10回分で平均頭数14.2頭だが、「内14:外6」で内が多い。

「1番」「2番」の3連対、「3番」「4番」「5番」「11番」の2連対が複数。
馬次第だが、「1~5番」で12連対なので、内はプラス。

(3着は「内5:外5」。馬番は「10番」の4回が複数。)



少し長くなるので最期に


中山開催10回で「上位人気で4着以下」だったのは…

A.ドレッドノータス、サンライズプリンス、トーホウアラン、パリブレストなど「2戦2勝」。
「無敗」ではあるが、『キャリアの少なさ』に不安はあるし、未対戦の馬も多く「実力があるか」は分からない。

B.サダムイダテン、ヴァーミリアン、ミスティックエイジなど「ラジオNIKKEI杯連対から」
間に共同通信杯勝ちを挟んだメジロブライトやナリタキングオーは連対しており、「距離短縮と休み明け」が影響している可能性が。
※現在は潰してホープフルSに統合。ただ、コースや時期の違う「ラジオNIKKEI杯京都2歳S」ではドレッドノータスが…。

C.アルフレードとコスモサンビームの「朝日杯FS1着馬」。
共に「休み明け」と「1800m以上初」と不安材料もあったかと。ただ、アジアエクスプレスがこなせていたりするので判断は難しい。
※朝日杯FSは2014年から阪神開催に変更となっており、違いは出るかと…。ちなみに14年の朝日杯FS勝ちの関東馬ダノンプラチナは0.1秒差の3着だった

D.ドリームシグナルとペールギュントの「関東2歳重賞2着→朝日杯FS3着か4着→シンザン記念1着」。
1800mが新馬3着や重賞2着しており、仲良く?6着止まりで似た「ローテーション」が気になる。共にデビューから6戦と使われており、長距離輸送も2歳時に2度。昔から言われる「目に見えない疲れ」というのも考えられる。
ただ、同じく使われていた「関東2歳重賞2着→朝日杯FS4着→共同通信杯3着」のフライングアップルや「関東2歳重賞1着→朝日杯FS1着→共同通信杯2着」のフサイチリシャールがおり、「共同通信杯で先行して2着か3着」に対して、「シンザン記念で後方から1着」という違いがある。同じ京都重賞でも「きさらぎ賞」は連対があるので、「シンザン記念から」という部分や「馬場の違いや脚質」の方も考えたい。

E.ドレッドノータス、ベルーフ、サンライズプリンス、トーホウアランの「1800m以下初」。
2000mで「4戦3勝2着1回」と「2戦2勝」で連対率100%だが、ペースの違いなどもある。2頭が4着だが、影響があると考えたい。

後は「連対率100%だが、500万2着2回」、「芝は新馬2着のみでダート2連勝」、「きさらぎ賞2着も0.6秒差」、「良血」など過剰人気と思われるケースも…。

展開では「後方からの競馬」は危うい。前が有利というともあり、「届かず…」という事も多いので、上位人気になる馬で「差し」や「追い込み」の場合は少し気を付けたい。

上位人気でも「キャリア」「距離」「ローテーション」「脚質」には要チェック!



[PR]
by a_doctrinaire | 2017-03-14 00:10 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)

若葉Sの傾向 2017
阪神2000mで行われる3歳OP「若葉ステークス」。

重賞ではないですが、皐月賞のトライアルなのでチェックしておきます。2着までに優先出走権が与えられる。

以前は中山で行われていたが、2000年から阪神に移った。移設当初は結びつきが薄かったが、改修後の内回り2000mはそのままだと思うのだが…ワールドエース、ヒルノダムール、トライアンフマーチ、ヴィクトリーなどが本番でも連対している。

今年は3着もチェックします。



 若葉Sの傾向 (過去10年の連対馬+3着馬データから) 2017


<実績>
最低連対ラインは「未勝利勝ち」。

該当するのは…

「新馬3着、未勝利4、5、6、11、10、1着」のレッドソロモン
「ダート新馬6着、芝で未勝利5、3、1着、すみれS3着」のワンダーアツレッタ
「新馬2着、未勝利4着、1着」のダノンミルとトライアンフマーチ
「新馬5着、未勝利3着、3着、1着」のサンライズマックス

次点は「500万勝ち」。OP以上が…

「出走無し」のアドマイヤダイオウ、アドマイヤデウス、レッドルーラー、ペルーサ
「京成杯8着のみ」のナムラシングン
「野地菊S3着、ホープフルS6着、弥生賞7着」のメイショウカドマツ
「ホープフルS(旧)4着のみ」のカフナ
「京都2歳S4着、きさらぎ賞4着」のベストメンバー
「ラジオNIKKEI杯6着、京成杯5着、すみれS3着」のダンツウィニング

それ以外6頭が「OP連対」。内4頭が「重賞連対」。

(3着は「新馬・未勝利勝ち」。「500万以上初」が3頭と「弥生賞8着のみ」と「シンザン記念3着や共同通信杯3着、さざんかS3着など」。次点は「500万勝ち」で、「OP出走なし」、「すみれS3着のみ」、「京王杯2歳S5着、シンザン記念5着、アーリントンC5着」。残りは「OP連対」で「重賞出走なし」と「東スポ杯2歳S6着のみ」。)



<距離>
全馬に共通するのは「1600m以上連対」。

1600mまでだったのは…

「デイリー杯2歳S2着で、1800m以上がきさらぎ賞5着のみ」のクラウンレガーロ
「1600m勝ち、1800m以上出走無し」のトライアンフマーチ

次点は「1800m勝ち」。2000m以上が…

「2000m未勝利5着とすみれS3着」のワンダーアツレッタ
「出走無し」のウインフルブルーム

残りの16頭には「2000m以上連対」があった。

(3着は「1400m以上勝利」。1400mまでは「デイリー杯2歳S7着、シンザン記念3着、共同通信杯3着」。次点は「1800m連対」で「2000m以上初」4頭と「2000m未勝利7着と弥生賞8着」。残り4頭は「2000m以上連対」。)



<コース>
「阪神連対」7頭、「初出走」4頭。

残りは…

「500万3着のみ」のナムラシングン
「新馬3着のみ」のレッドソロモン
「芝はすみれS3着のみ」のワンダーアツレッタ
「野路菊S3着のみ」のメイショウカドマツ
「エリカ賞6着のみ」のカフナ
「ラジオNIKKEI杯2歳S4着のみ」のヒルノダムール
「未勝利3着とアーリントンC4着」のノットアローン
「ラジオNIKKEI杯2歳S6着とすみれS3着」のダンツウィニング
「未勝利3着のみ」のサンライズマックス

「3着」か「重賞1戦のみ」。

直線に急な坂があるので、苦手なタイプには厳しい。

(3着は「阪神連対」6頭、「初出走」3頭。残りは「芝は未勝利4着のみ」。)



<脚質>
「逃げ」2頭、「先行」8頭、「マクり差し、差し」8頭、「追い込み」2頭。

1000mは61.8(稍重)、61.5、60.5、60.8、63.0(稍重)、59.5、58.5、61.5、61.4、60.8とあまり速くならない。
後方からも多いが、頭数が8~16頭と少なくなるケースもあり、4コーナーである程度まで押し上げている馬が多い。

(3着は「先行」4頭、「マクり差し、差し」6頭。)



<その他>
1番人気は5連対、2番人気5連対、3番人気1連対。

4番人気2連対、7番人気2連対、8番人気2連対で、残り5、9、12番人気。
10年で7回は馬連で上位人気が1頭は絡んでおり、ある程度上位人気がカタチを作る。1、2番人気の決着は10年で4回。ただ、少頭数でも人気薄同士の決着もあるので、出走メンバーによる。

3着は5、2、3、2、3、2、8、3、2、8番人気。



「上がり3ハロン3番手以内」は10年で17頭。

15年、11年、12年で1頭ずつが該当してないが、ノットアローンなどは「逃げ」でも該当しており、残り600mで良い脚が使えるタイプを選びたい。「連対時に上がり3番手以内」はクリアしてほしい。

(3着は10年で8頭と多め。コチラは「連対時に上がり2番手以内」をクリア)

ちなみに当日34.9~36.7(3着は35.1~37.0)とあまり速くは感じないが…。



「鞍上」は「池添謙一」騎手の3連対がトップ。

現役では「岩田康誠」騎手の2勝、「川田将雅」騎手が続く。
3場開催の影響もあってかあまり偏りは見られない。
(3着は「M.デムーロ」騎手が2回。他は連に名前のある「川田将雅」騎手や「A.シュタルケ」騎手らの名前がある。)



10年間3着までの30頭中でペルーサ以外は「関西馬」。

出走自体が少ない事もあるが、東に移ったアネモネSと同じようにホームの出走が多い。
ただ、コチラは「本番に通用している」ので、移した意味はありそうですが…。



権利は取れるがOPという事もあってか「実績馬」は少ない。

出走メンバーによるが、「OP2~4着」や「重賞3着~6着」が中心で、特に「きさらぎ賞」や「京成杯」「ホープフルS」や「ラジオNIKKEI杯2歳S」で後少しというのが多い。GⅡなら8着はセーフか?

反対に「共同通信杯上位」は人気を集める割に3着以下という事もあり、相性の良し悪しがあるようで…。



「前走」は…

「条件戦」は1着、「OP」は3着以内
「重賞は8着以内」だが、「弥生賞7着」のメイショウカドマツと「弥生賞8着」のマコトヴォイジャー以外は「重賞5着以内」。

ある程度状態のいい馬から狙いたい。



[PR]
by a_doctrinaire | 2017-03-13 12:14 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)

中山牝馬Sの傾向 2017
中山1800mで行われる古馬牝馬のハンデGⅢ「中山牝馬ステークス」。

※2014年は2着が同着。2011年は震災の影響で阪神で代替開催だった。


 中山牝馬Sの傾向 (中山開催過去10回分の連対馬+3着馬データから) 2017


<実績>
最低連対ラインは「1000万勝ち」。

該当するのは…

「1600万が7着と4着、OPはターコイズS6着のみ、重賞も愛知杯5着のみ」のマイネカンナ

次点は「1600万勝ち」。OP以上が…

「エリザベス女王杯7着と愛知杯8着」のシュンドルボン
「出走無し」のケイアイエレガント
「エリザベス女王杯15着のみ」のオールザットジャズ
「OPは9着と3着、重賞は8戦中山牝馬S3着、福島牝馬S3着、福島記念3着、ローズS4着など」のヤマニンベルメイユ

残り16頭には「重賞連対(ダート含む)」があった。

※重賞1戦以下か3着はセーフ。ただ、ダート重賞連対のウェディングフジコは芝はOP勝ち、重賞5戦して愛知杯6着やマーメイドS7着、エリザベス女王杯8着など、その辺りでも可能性は残る。

(3着は「1600万勝ち」。OP以上が「ターコイズS6着、重賞4戦で京都牝馬S3着や愛知杯5着など」、「OP3戦して紫苑S3着やターコイズS3着、重賞は4戦でフローラS5着や府中牝馬S6着など」、「中山牝馬S7着、福島牝馬S10着、府中牝馬S12着、愛知杯11着」、「ローズS4着、新潟記念9着、府中牝馬S14着」。残り5頭は「重賞連対」。※14年が2着同着なので3着は10年で9頭。)



<距離>
全馬に共通するのは「1600m以上勝利」。

ただ、1600mまでだったピンクカメオは1800m以上が「優駿牝馬5着、ローズS4着、秋華賞14着、クイーン賞5着」。
高いレベルである程度走れていた。

残り20頭は『1800m以上勝利』があるので、まずはコレをクリアしてほしい。

(3着はすべて「1800m以上連対」。2000mが愛知杯13着と5着、1600万4着」のパワースポット以外は「1800m以上勝ち」。※14年が2着同着なので3着は10年で9頭。)



<コース>
「中山連対」10頭、「初出走」6頭。

残りは…

「有馬記念10着のみ」のルージュバック
「フラワーC5着のみ」のキャトルフィーユ
「中山牝馬S4着のみ」のマイネイサベル
「500万15着とOP6着」のマイネカンナ
「京成杯AH6着のみ」のマイネサマンサ


コチラは「2戦以下か3着」はクリアしている。

ちなみに中山に連対が無かった11頭中9頭には「阪神連対」があり、直線の坂をこなしている馬が多かった。

(3着は「中山連対」7頭。残りは「6戦して1600万3着2回など」と「アネモネS4着のみ」。※14年が2着同着なので3着は10年で9頭。)



<脚質>
「逃げ」2頭、「先行」6頭、「差し」12頭、「追い込み」1頭。

1000mは63.7、59.2、60.4、61.3、61.5(重)、58.6、60.5(稍重)、60.8、60.8(重)。

後ろからの方が多いが、ペースの影響や馬場、ハンデもあってかどの位置からも通用している。

(3着は「逃げ」1頭、「差し」6頭、「追い込み」2頭。※14年が2着同着なので3着は10年で9頭。)



<その他>
1番人気は3連対、2番人気2連対、3番人気2連対。

4番人気5連対、8番人気3連対、残りは6、7、10、13、15番人気。
上位人気が苦戦しているので荒れ模様だが、ハンデ戦なので人気割れはする。

3着は15、5、(2着同着でなし)、1、11、9、11、3、12、8番人気。



上位人気で4着以下に敗れのは…

「GⅠ4着以内」「4歳」「12月2週以前に出走」

が多くみられる。特にホエールキャプチャ、ジェルミナル、アサヒライジング、トールポピーら人気馬は3つとも該当していた。実績の高さで人気を集めるが、「仕上がりの難しさ」などが影響していると考える。

人気で馬券に絡まなかった馬の半分が「約3か月以上ぶりの出走」。ただ、「休み明け」は、(上位人気ではなかったが)14年にマイネイサベルが「エリザベス女王杯からの直行」で勝って、03年のレディパステル以来となった。

他にも「後方からの競馬」も。連対馬に「差し」や「追い込み」がいるのだが、上位人気の場合はあまりお奨めできない…。



「ハンデ」は51~56.5キロで平均54.12キロ。中央値は54キロ。

あまり重くならないが、牝馬という事もあり、よく言われる「+2キロ」計算で考えたい。
54キロ以下が半分以上を占めている。
(3着は53~56.5キロで平均54.39キロ。中央値は54キロ。)

トップハンデは54~57キロで、のべ20頭出走して5連対(3着2回)。
15年は54キロで4頭と例年とは少し違う結果に。56キロ以上も2頭が勝利し1頭が2着なので判断が難しい…阪神1600mGⅠ勝ちや2400mGⅠ2着で実績は高かったが…。



「上がり3ハロン3番手以内」は10年で11頭。

半分ほどしか該当しておらず、後方からの数を考えると少ない。
直線が短い事やハンデもあって、早めに動くタイプの方がいい年もある。

(3着は9頭中5頭が該当。)



年齢は…

「5歳」8連対3着5回
「6歳」7連対3着2回
「4歳」5連対
「7歳」1連対3着2回

4~6歳が中心だが、「上位人気4着以下」では「4歳」13頭、「5歳」7頭、「6歳」1頭なので、6歳が有力という事になるか…。



「鞍上」は現役では「蛯名正義」騎手、「吉田豊」騎手の2連対が複数。

(3着は「大野拓弥」騎手の2回。)
ハンデの影響はあると思うが、若手の台頭はそれほど多くない。



[PR]
by a_doctrinaire | 2017-03-09 00:13 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)


競馬重賞の傾向とMHP3rd、太閤立志伝4やレトロゲーム
検索
最新の記事
高松宮記念の予想候補 2017
at 2017-03-25 00:56
マーチSの予想候補 2017
at 2017-03-25 00:38
毎日杯の予想 2017
at 2017-03-25 00:16
日経賞の予想 2017
at 2017-03-25 00:01
高松宮記念の枠順決定! 2017
at 2017-03-24 09:48
毎日杯の予想候補 2017
at 2017-03-24 00:15
日経賞の予想候補 2017
at 2017-03-24 00:03
マーチSの傾向 2017
at 2017-03-23 13:00
毎日杯の傾向 2017
at 2017-03-23 01:08
日経賞の傾向 2017
at 2017-03-22 00:54
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク