カテゴリ:競馬(傾向)( 1325 )

アイビスSDの傾向 2017
新潟の直線1000mで行われるGⅢ「アイビスサマーダッシュ」。


2005年以前は8月の後半(2週目)に行われていたが、06年からは7月の開幕週に移行。番組編成の都合もあってか13年から開催がさらに1週延びて7月末~8月頭に。12年は2週4日目開催だったが、また開幕週2日目に戻ってきている。

今年は3着もチェックしてみます。


 アイビスSDの傾向 (過去10年の連対馬+3着馬データから) 2017


<実績>
最低連対ラインは「1000万勝ち」。

「1600万12着、11着、3着、3着、OP以上出走なし」のケイティラブ

次点は「1600万連対」。

「1600万2着、OP以上出走無し」のシンボリディスコ
「1600万勝ち、OPは京葉S12着、重賞はガーネットS16着のみ(芝初)」のサンアディユ

次々点は「OP連対」。

「OP勝ち、重賞は5戦してオーシャンS4着やシルクロードS9着など」のネロ
「OP勝ち、重賞はシルクロードS4着、オーシャンS4着、函館SS4着」のセイコーライコウ
「OP2着、重賞は8戦して函館SS3着、桜花賞5着、フィリーズR7着など」のフォーエバーマーク
「OP2着、重賞は前年のCBC賞18着のみ」のエーブダッチマン
「OP勝ち、重賞初出走」のエーシンヴァーゴウとジェイケイセラヴィ

残り11頭は「重賞連対」。
ただ、06年には「1000万1戦2着、1600万出走なし、OP以上はバーデンバーデンC4着のみ」の3歳マリンフェスタがいる。

(3着は「1600万2着」。「OP以上初」が1頭。次点は「1600万勝ち」で、「OP以上は阪神牝馬S10着のみ」で1頭。次々点は「OP勝ち」で「重賞初出走」と「重賞12戦して函館SS3着など」と「重賞3戦してFR5着など」。残り5頭は「重賞連対」。)



<距離>
全馬に共通するのは「1000m以上勝利」。

1000mまでしか連対が無かった馬ケイティラブ(芝1200mは3戦して3着1回)以外は「1200m以上勝利」。

逆に「1000mが初めて」は8頭、「出走して連が無かった」のは「アイビスSD4着のみ」と「アイビスSD3着のみ」の2頭。

(3着は10頭とも「1200m以上勝利」。「1000mが初めて」が3頭。出走があると「アイビスSD3着と韋駄天S3着2回」「韋駄天S3着のみ」、「アイビスSD14着のみ」。)



<コース>
「新潟連対」10頭、「初出走(ダート除く)」7頭。

残りは「アイビスSD4着のみ」、「1600万4着のみ」、「アイビスSD3着のみ」。

輸送や滞在も2度目なら…やれる?

(3着は「新潟連対」3頭、「初出走」2頭。残りは「4戦3着3回(GⅢとOP)」、「OP3着のみ」、「芝はアイビスSD14着のみ」、「アイビスSD9着と11着」、「マリーゴールド賞4着のみ」。)


<距離+コース>
特殊な「直線1000m」という事で「新潟1000m」では…

「新潟1000m連対」8頭、「新潟1000m初」10頭。

残りは…

「アイビスSD4着のみ」「アイビスSD3着のみ」と1戦である程度走れていた。

(3着は「新潟1000m連対」3頭、「新潟1000m初」3頭。残りは「アイビスSD3着、韋駄天S3着2回」、「韋駄天S3着のみ」、「アイビスSD14着のみ」、「アイビスSD9着と11着」で、3着か2戦はセーフか。)



<脚質>
※直線だけという事もあり、前に馬がいない状態が長く続いたり、カメラワークの影響で番手が分からないのでパスします。

ちなみに600mの通過は…

32.8、32.5、32.2、32.9、32.1、32.3、31.8、33.1(重)、32.1、32.5(重)。



<その他>
「人気」は1番人気6連対、2番人気2連対、3番人気3連対。

5番人気3連対、残りは6、7、8、9、10、13番人気。
上位人気が半分を占めている。

3着は3、4、3、6、4、11、16、2、6、5番人気。



「上がり3ハロン3番手以内」は12頭。

直線だけという事を考えると、残り600mを真っ直ぐいい脚を使える馬はいい。
ただ、あまり今まで上がりが速くなかった馬が、このコースに変わって最速を出す事もあるので、その辺りには注意しておきたい。

(3着は10頭中5頭。)



「直線のみ」というコースなので『外ラチを利用して真っ直ぐ走る』というのが多い。

枠は10年で平均16.2頭の「内7:外13」と「外が有利」。
ただ、スタートから内の馬でも外へ向かって走り出して確保したり、内を真っ直ぐ走る場合もあり、内が必ずしも厳しいというワケでもない。

「馬番」は「13番」が4連対、「9番」「12番」「16番」「17番」「18番」が2連対など。
(3着は「内5:外5」。)



「鞍上」は10年で「M.デムーロ」騎手、「内田博幸」騎手、「小牧太」騎手、「村田一誠」騎手の2連対が複数。

後はバラバラで、3場開催の影響もあり、若手やマイナー騎手も絡む。

(3着は「柴田善臣」騎手の2回が複数。)



10年で「牡(せん)11:牝9」。

短い距離はあまり差はないし、夏の暑い時期だけに牡馬に影響は出やすいか…。
(3着は「牡5:牝4」。)



「年齢」は…

「5歳」9連対、「4歳」6連対、「6歳」3連対、「3歳」1連対、「7歳」1連対

少し延ばすと6歳が増えるし、14年に7歳が絡んでおり、どの年齢にもチャンスはありそう。
(3着は「5歳」4頭、「6歳」3頭、「3歳」2頭、「4歳」1頭。)



[PR]
by a_doctrinaire | 2017-07-26 00:29 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)

クイーンSの傾向 2017
札幌1800mで行われる牝馬限定GⅢ「クイーンステークス」。

以前は旧・エリザベス女王杯や秋華賞のトライアルとして秋の中山開催だったが、2000年から札幌にも移って古馬も出走可能に。12年は開幕2週目で行われたが、それまではほとんどが開幕週で、今年も開幕二日目。

09年は函館改修の代替をやって引き続きの札幌開催だった。13年は札幌競馬場の改修工事のために函館で行われたので、除いて考えます。


 クイーンSの傾向 (札幌開催過去10回の連対馬+3着馬データから) 2017


<実績>
最低連対ラインは「1000万勝ち」。

該当するのは…

「1600万は7戦して3着など、OPは不出走、重賞は阪神牝馬S15着のみ」のピエナビーナス

次点は「1600万2着」。

「1600万は2戦2着と8着、OP出走なし、重賞は福島牝馬S6着のみ」のラブフール

重賞1戦程度なら下のクラスからでも通用することも…。

次々点は「OP勝ち」。

「重賞10戦して秋華賞3着、エリザベス女王杯3着、マーメイドS3着など」のアロマティコ。

残り17頭には「重賞連対」があった。

(3着は「1000万勝ち」。「1600万は二桁2回、OPは紅梅S8着、重賞はFR10着と福島牝馬S14着」。次点は「1600万2着」で、「OP以上は重賞5戦してクイーンC3着やフェアリーS4着など」と「OP以上初」。次々点は「1600万勝ち」で「OP以上がチューリップ賞13着のみ」。その後は「OP勝ち」で、「重賞6戦してNHKマイルC7着や阪神牝馬S7着」。残り5頭は「重賞連対」。)



<距離>
全馬に共通するのは「1500m以上連対」。

1500mまでだったのは…

「1600mは3戦して新馬5着、1800mは3戦して1600万6着が最高」のピエナビーナス

09年は函館開催分を札幌で行って使い続けるために、芝の長さが違った可能性もあるが、他の年の3着で2頭いるだけに、平坦なコースという事もあって、このレベルで大丈夫だったりする。

次点は「1600m連対」で、1800m以上が…

「優駿牝馬4着のみ」のアイムユアーズ
「優駿牝馬6着のみ」のアプリコットフィズ
「優駿牝馬3着のみ」のレジネッタ
「クイーンS4着、エプソムC4着、秋華賞12着」のデアリングハート

4歳デアリングハート以外は「3歳、1600m連対、1800m以上が前走2400mGⅠのみ」だった。

残り15頭は「1800m以上連対」。

(3着も「1500m以上連対」。1500mまでは「1600mが6戦NHKマイルC7着や阪神牝馬S7着など。1800mは3戦してチャレンジC9着が最高」と「1600m500万9着、1800mは福島牝馬S14着とパールS11着」。次点は「1600m勝ち」で、「1800m以上初」。残り7頭は「1800m以上連対」。)



<コース>
「札幌連対」7頭、「初出走(ダート除く)」11頭。

残りは…

「クイーンC6着のみ」のマコトブリジャール
「クイーンS4着のみ」のデアリングハート

芝が洋芝という事もあり、札幌連対が無い10頭中4頭は「函館連対」。それ以外では「阪神」も連対が多いが、関東馬の場合は「桜花賞9着と中山牝馬S(阪神代替)3着」、「桜花賞5着のみ」、「阪神JF5着や桜花賞4着など」でセーフ。

(3着は「札幌連対」4頭、「初出走」4頭。残りは「新馬5着と未勝利3着」と「4戦3着3回とクイーンS7着」。)



<脚質>
「逃げ」2頭、「先行」12頭、「差し」4頭、「追い込み」2頭。

1000mは61.5、59.9、57.8、60.2、58.4、60.6、60.1、60.9、60.2、58.2でペースはたまに速くなる。
開幕週でコースは前の方が有利だが、14頭立てもあってか後方からも届いており、侮れない。

(3着は「先行」1頭、「差し」8頭、「追い込み」1頭。)



<その他> 
「人気」は1番人気6連対、2番人気5連対、3番人気2連対。

6番人気2連対、10番人気2連対で、残りは7、9、11番人気。
二桁人気が4頭おり、実績を考えても人気薄も可能性はある。

3着は11、4、1、3、4、3、6、6、12、5、7番人気。



「上がり3ハロン3番手以内」は11頭。

前からの馬が多い事や直線の短さもあってか該当馬は少ない。
残り600mよりも、前に勝負所があると考える。

(3着は10頭中5頭が該当。)



「年齢」は…

「5歳」7頭、「3歳」5頭、「4歳」5頭、「6歳」3頭

ただ、勝ち馬では「6歳」3勝、「3歳」3勝、「4歳」2勝、「5歳」2勝となっており、3連単で買うなら少し考える必要がありそう。
(3着は「5歳」5頭、「4歳」3頭、「3歳」1頭、「6歳」1頭。)



「鞍上」は「池添謙一」騎手の2連対が複数。

他がバラバラで、3場開催という事もあって、騎手では狙いにくいか…。

(3着は「横山典弘」騎手の3回、「蛯名正義」騎手の2回が複数。)



[PR]
by a_doctrinaire | 2017-07-25 00:08 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)

函館2歳Sの傾向 2017
函館1200mで行われる2歳GⅢ「函館2歳ステークス」。


96年以前は札幌の方が開催が早かったが、97年以降は函館が先に開催されており、それ以降は2歳世代で初めて行われる中央重賞に。

函館4週+4週の8週目に行われていたが、12年から3週+3週の6週目に(12年は日曜、13年と14年は土曜、15年と16年は日曜開催)。それにともなってラベンダー賞が無くなった。開催日数だけで言うと函館4週+2週の6週目だったラベンダー賞と同じで、OP戦がなくなった事で出走メンバーの経験的にもラベンダー賞出走馬と近い経験に。参考までに以前のラベンダー賞の傾向も載せてみます。


09年は札幌代替開催だったので、除いて考える。ちなみに2013年はスタンド改修の札幌の代替開催を見据えて芝が短かったのか時計が速かった。


 函館2歳Sの傾向 (過去5+5年の連対馬データを中心に) 2017


<実績>
13年から「新馬勝ち、或いは未勝利勝ち」。

開催時期が変わって、OP戦もないので、地方馬でない限りは1勝馬しか出走が無い。それ以前は「ラベンダー賞3着以内」というのもあった。

ちなみに「新馬勝ち」8頭と「未勝利勝ち(新馬は2着か5着)」2頭。
(残りの5年は「新馬勝ち直後」3頭、「新馬勝ち+OP3着」1頭、「未勝利勝ち」2頭、「OP連対」3頭。)

ラベンダー賞函館4回では「地方馬デビュー勝ち+α」以外は「新馬勝ち」か「新馬2着→未勝利1着」。

(3着も「新馬勝ち」5頭。12年以前は「新馬勝ち」5頭だが、内1頭は「ラベンダー賞11着降着(2位入線)」。)



<距離>
13年以降の10頭では「1000m勝ち」1頭と「1200m勝ち」9頭。

(それ以前も「1000m勝ち」1頭と「1200m勝利」9頭。)

ラベンダー賞函館5回でも「1000m勝ち」か「1200m勝ち」。ただ、旧・函館2歳Sと比べると「1000m勝ち」の率が高かった。

(3着は「1200m勝ち」4頭、「1400m勝ち」1頭。12年以前は「1000m勝ち」1頭、「1200m勝ち」4頭。)



<コース>
13年以降の10頭は「函館勝ち」。

(それ以前の10頭は「函館連対」だが、「ラベンダー賞2着のみ」のマイネショコラーデ以外は「函館勝ち」。)

以前と比べると他場の新馬戦が増えたので「初出走」の可能性はある。
ラベンダー賞函館5回でも地方馬や「阪神勝ちのみ」、「京都ダート勝ち」など「初出走」がいた。

(3着は「函館勝ち」2頭、「阪神勝ち」1頭、「東京勝ち」1頭、「福島勝ち」1頭。12年より前も「函館勝ち」は3頭、「福島勝ち」1頭、「新潟勝ち」1頭。)



<脚質>
「逃げ」1頭、「先行」9頭、「差し」10頭。

600mは33.5、34.1(稍重)、34.1、33.7、34.1、34.1、35.0、33.6、35.8(重)、34.2。
コース的には前が有利だが、最終週を考えると差しも決まる。

ラベンダー賞函館5回では「逃げ」3頭、「先行」6頭、「差し」1頭。
600mは34.3、34.5、34.1、34.9、33.7。

(3着は「先行」4頭、「差し」5頭、「追い込み」1頭。)



<その他>
「人気」は、1番人気5連対、2番人気4連対、3番人気2連対。

5番人気3連対、11番人気2連対で、残りは4、6、7、9番人気。
3着は13、10、2、8、2、4、3、5、2、8番人気。



「上がり3ハロン3番手以内」は函館10回で17頭。

該当しないのは「逃げ」と「2番手」のみなので、基本はいい脚が使える方がいい。
16頭に「勝利時に上がり最速」、「勝利時に2番手」1頭。

(3着は10頭中6頭該当。8頭が「勝利時に上がり3番手以内」。)



「鞍上」は函館開催10回で…

「三浦皇成」騎手の3連対がトップ。
「四位洋文」騎手、「木幡初広」騎手の2連対が続く。ただ、他はバラバラで3場開催の影響は出ているかと。

(3着は「池添謙一」騎手と「横山典弘」騎手の2回ずつが複数。)



函館10回分で「牡8:牝12」で「牝馬有利」。

(3着は「牡6:牝4」。)

この時期はまだ「同斤量」で行われているのだが、「仕上がりの早い」「暑さにも強い」という部分もあるのかと…。

元々古馬になっても短いトコロでは通用しやすいので、そこでも利はありそう。



[PR]
by a_doctrinaire | 2017-07-19 00:01 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)

中京記念の傾向 2017
中京1600mで行われるハンデGⅢ「中京記念」。

以前は3月に2000mで行われていたが、2012年の中京改修や番組改編で全く違うモノに。

ですので、改修後の過去5年の3着まで15頭を見ていきます。さらに実績などは他の「1600mハンデGⅢ」を、コースや脚質などは「1000万以上の新・中京1600m(中京記念と2歳OP除く)」の連対馬を参考までに載せておきます。


 中京記念の傾向 (過去5年の3着馬データ+α) 2017


<実績>
最低連対ラインは「1600万勝ち」。

該当するのは…

「OPは3戦5着3回、重賞は共同通信杯12着と京都新聞杯3着」のガリバルディ
「OPがパラダイスS8着のみ、重賞は福島牝馬S6着とヴィクトリアマイル15着」のアルマディヴァン

次点は「OP勝ち」。該当するのは…

「重賞5戦して新潟2歳S3着やデイリー杯2歳S3着、きさらぎ賞4着など」のピークトラム
「重賞は阪急杯11着とマイラーズC8着」のケントオー
「重賞11戦してNHKマイルC3着、毎日杯3着、鳴尾記念3着、小倉大賞典3着など」のリルダヴァル
「重賞8戦して阪神C3着、阪急杯3着、京成杯4着、アーリトンC5着など」の12年のフラガラッハ

残り9頭は「重賞連対」。
うち6頭が「複数重賞連対」。


開催時期やコースは違いますが、同じ「1600mハンデGⅢ」の「京都金杯」「ダービー卿CT」「京成杯AH」10回の連対馬では…

「京都金杯」は「1600万勝ち」3頭、「OP勝ち」2頭、「重賞連対」15頭(2年延ばすと「1000万勝ち」があるが)
「ダービー卿CT」は、「1600万勝ち」4頭、「OP勝ち」2頭、「重賞連対」14頭
「京成杯AH」は、「1600万勝ち」4頭、「OP勝ち」1頭、「重賞連対」15頭

夏開催という事を考えると、少し実績は低くなると考えたい。



<距離>
全馬に共通するのは「1400m以上勝利」。

1400mまでなのは、1600m以上が…

「1600mダート未勝利10着と1800m未勝利5着」のスマートオリオン

それ以外の14頭は「1600m以上勝利」。
この内10頭に「1800m以上連対」があり、15年までは1600mまでは牝馬のみだったが、16年に牡馬も絡んでしまったので、気にする必要はないようで…。

ちなみに「距離短縮」では「1800mや2000m勝ちで、1600m7戦して米子S3着や中京記念4着」の13年度のミッキードリーム以外は「1600m連対」があった。

直線が延びて坂が出来ており、すこし長い距離で結果がでている方が良さそうだったが…。



「1000万以上の新・中京1600m連対馬(中京記念と2歳OP除く)」38頭では…

「連対なしで1000万出走(1600m未勝利3着、1800m1000万3着)」のケルンフォーティー以外に「1600m以上勝利」があった。

内27頭には「1800m以上連対」があった。
ちなみに3頭は「1800m以上勝利で、1600m連なし(出走あり)」。



<コース>
「中京連対」5頭、「初出走」7頭。

残りは…

「新馬7着と500万7着」のケントオー
「高松宮記念7着のみ」のスマートオリオン
「中京記念4着のみ」の13年時のミッキードリーム

左回りに加えて、直線に急な坂が出来た影響もあってか、中京に連対のなかった10頭には「東京連対」か「阪神連対」があった。


「1000万以上の新・中京1600m連対馬(中京記念と2歳OP除く)」38頭では…

「中京連対」13頭
「初出走」13頭
「3着」7頭
「5着」4頭
「7着と8着」1頭



<脚質>
「先行」5頭、「差し」8頭、「追い込み」2頭。

1000mは59.0、58.2、60.1(稍重)、58.7、59.1。
5回中4回は後方からが勝っており、直線の長さと最終週の馬場もあって後方からが有利。



「1000万以上の新・中京1600m連対馬(中京記念と2歳OP除く)」38頭では…

「逃げ」5頭、「先行」15頭、「差し」18頭

開催が早い場合もあってか前が多く、1000mは57.4~62.6で速くなる事も。



<その他>
人気は…

16年が7→6→4番人気
15年が6→13→3番人気
14年が7→11→5番人気
13年が5→13→3番人気
12年が5→6→10番人気

上位人気よりも5番や6番人気が強い?1番人気が10、7、10、10、7着、2番人気は12、8、8、4、11着と苦戦している。



「上がり3ハロン3番手以内」は15頭中10頭。

2016年の2着、2015年の1、3着と2012年の2、3着以外が該当しており、いい脚が使える馬はプラス。
「最速」が4勝しており、最も良い脚を使えそうな馬は注目。

「1000万以上の新・中京1600m連対馬(中京記念と2歳OP除く)」では38頭中28頭が3番手以内に該当していた。



ハンデは52~58キロで平均56.07キロ。中央値は56キロ。

「実績も高い」事や「52キロと54キロが牝馬」だった事を考えてもハンデが重めでやれている。
トップハンデは57~58.5キロで、のべ10頭で58キロ以下が1着2頭、2着1頭、3着2頭。



「鞍上」は…

連対は「高倉凌」騎手の2勝、「小牧太」騎手と「太宰啓介」騎手の2着2回が複数。
小牧騎手は違う馬で6番人気で2度、同じ馬での連対だが、高倉騎手が5番人気2度、太宰騎手は二桁人気2回と上手く乗っている。
3着も含むと「福永祐一」騎手の1勝3着1回。



ちなみに「1000万以上の新・中京1600m連対馬(中京記念と2歳OP除く)」38頭では…

「福永祐一」騎手、「和田竜二」騎手、「北村友一」騎手、「吉田隼人」騎手の3連対がトップ。

「川田将雅」騎手の2連対が続く。
中京という事もあって、3場開催などの影響もあり、若手の騎手も多いので、その辺りを狙うのも一つか。



「年齢」は…

「5歳」6連対、「6歳」3連対3着3回、「4歳」3着2回、「7歳」1連対

夏競馬という事もあってか年齢が高い馬でもやれている。もちろん、馬次第だが…。



15頭だが「内6:外9」で外が多い。

特に「16番」が2連対、「15番」「14番」「13番」が1連対ずつで、外が不利という感は無い。
最終週という事を考えても馬場のいい所を通れるのはプラスか。



近走は「3戦以内にGⅡ7着、GⅢ8着、OP6着以上」で可能性がある。

連だけでなく3着でも「1年以上前」になる場合もあるので、見極めがしづらい。
「状態」というよりも「コース適性」の印象もある。

ただ、15頭中9頭は「2戦以内に連対」しており、全くダメというワケでは無い。



[PR]
by a_doctrinaire | 2017-07-18 00:09 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)

函館記念の傾向 2017
函館2000mで行われるハンデGⅢ「函館記念」。


96年以前は8月開催、97~99年は7月頭、2000年からは7月末週付近、12年からは7月2週目辺りに。10年以前は「4週+4週」の2回4日目や1回8日目だった。12年と14年は「3週+3週」の2回6日目、13年、15年、16年は「3週+3週」の2回4日目。今年も「3週+3週」の第2回4日目。


09年は札幌開催なので、除いて函館開催のみで考えてみます。


 函館記念の傾向 (函館開催過去10回の連対馬+3着馬データ) 2017


<実績>
最低連対ラインは「1600万勝ち」。

該当するのは

「重賞5戦して小倉大賞典4着やマイラーズC7着など、OPは4、9、6着」のケイティープライド
「重賞初出走、OPは2戦して福島テレビ杯3着など」のトランスワープ
「重賞6戦中日新聞杯3着、OPは5戦して5着が最高」のイケトップガン

次点は「OP勝ち」。

「重賞は中山記念11着、中日新聞杯7着」のアンコイルド
「重賞7戦共同通信杯3着、小倉大賞典2位入線など」のマイネルスターリー
「重賞4戦で新潟大賞典3着、京都金杯5着など」のフィールドベアー

ココまでは「重賞3着かGⅢ1戦以下、OP3着で重賞出走無し」がポイントか。

残り14頭は「重賞連対」。

(3着の最低ラインは「1600万勝ち」。「OPは6、7、3着、重賞は京成杯15着のみ」のツクバアズマオー、「GⅡ5戦して青葉賞3着など」のステラウインド、「OP以上出走無し」のマヤノライジン。次点は「OP勝ち」で、「重賞9戦してアーリントンC3着など」のミッキーパンプキン。残りは「重賞連対」。)



<距離>
全馬に共通するのは「1600m以上勝利」。

ただ、1600までだったのは…

「デビューから1600m3連勝後に故障し、1年以上休養。1800m以上が復帰戦の福島民報杯4着、目黒記念7着、巴賞4着」のトーセンキャプテンのみ

次点は「1800m勝ち」。

「2000m以上初」のケイティープライド

それ以外の18頭は「2000m以上連対」。「2000mが函館記念2着と3着や中日新聞杯3着など」のマヤノライジン以外は「2000m以上勝利」だった。

(3着は「1600m以上勝利」。1600mまでは「1800m以上初」の3歳ヤマカツエース。1800mまでは「2000m以上初」のマヤノライジン。残り8頭は「2000m以上連対」。)



<コース>
「函館連対」7頭、「初出走」9頭。

残りは…

「巴賞8着のみ」のアンコイルド
「巴賞5着と未勝利12着」のイケトップガン
「函館グランドOP14着と未勝利6着」のキングトップガン
「巴賞4着のみ」のトーセンキャプテン

OP1戦くらいならセーフ。

(3着は「函館連対」5頭、「初出走」5頭。)



<脚質>
「逃げ」2頭、「先行」8頭、「差し」10頭。

1000mは60.0、58.6、59.6、58.8、59.1、59.7、57.8、59.0、63.0、60.5(稍重)。
コースやペースの割に後方からでも通用している。

(3着は「先行」4頭、「差し」6頭。)



<その他>
1番人気は3連対、2番人気3連対、3番人気3連対。

4番人気3連対、7番人気2連対、8番人気2連対で、残りは9、10、12、13番人気。
上位人気で決まったのは10回中2回。7回は1~4番人気と7~13番人気の組み合わせ。

3着は9、7、7、8、7、7、5、2、2、3番人気。



「上がり3ハロン3番手以内」は14頭。

先行勢の割に該当馬は多い。仕掛けるタイミングがポイントになりそう。
速めのペースで逃げて上がり3番手など、馬次第の部分も大いにありそうだが…。

(3着は4頭と少ない。)



ハンデは函館10回で52~58キロの平均55.23キロ。中央値は56キロ。
重いハンデが多いので全体的に上がっているが、軽量馬も来ている。

(3着は53~57キロで平均55.5キロ。中央値も55.5キロ。)

トップハンデは56.5~58キロで、のべ10頭で2連対と少な目。
ただ、ココ5年で2回が絡んでおり、悩みどころ。



「馬番」は函館10回で…

10~16頭の平均15.2頭立てで、「1~12番」の「内17:外3」で内が多い。
3~6番が15頭と集中している。
「3番」の5連対、「4番」の4連対、「8番」の3連対、「5番」と「6番」の2連対が続く。

(3着は1~15番で「内7:外3」。「2番」」の2回が複数。)



「鞍上」では連ではバラバラかと。

ハンデや3場開催の影響もあってか若手ドコロでも連対するので、年齢などだけで軽視するのは危うい?
(3着は「池添謙一」騎手の4回、「岩田康誠」騎手の2回、「三浦皇成」騎手の2回などが複数。)



「年齢」は…

「5歳」6連対、「4歳」5連対、「6歳」と「7歳」3連対、「8歳」2連対、「10歳」1連対。
ハンデの影響もあってか高齢馬も絡む事が多い。

ちなみに「性別」は、「牡馬」16連対、「せん馬」3連対、「牝馬」1連対。

(3着は「5歳」3頭、「6歳」3頭、「4歳」2頭、「3歳」1頭、「8歳」1頭。性別は「牡馬のみ」。)



[PR]
by a_doctrinaire | 2017-07-13 00:07 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)

プロキオンSの傾向 2017
中京ダート1400mで行われるGⅢ「プロキオンステークス」。

95年以前は中京OPだったが、96年から4月の阪神でGⅢに、00年から6月、06年からは7月に開催。11年は京都開催だったが、12年から新しくなった中京に移ってきた。

今の条件では6回目なので、まず5年間の3着までをチェック。それだけでは少ないので、06年以降は開催時期はほぼ同じなので、出走メンバーのレベルは変わらないと判断して「実績」は以前のプロキオンSを流用、「コース」「脚質」などは「1000万以上の新・中京ダート1400m(プロキオンS除く)」の連対馬をチェックしてみます。


 プロキオンSの傾向 (過去5回の3着まで+α) 2017


<実績>
最低連対ラインは「1600万勝ち」。

該当するのは…

「OPは京葉S6着のみ、重賞出走無し」のトシキャンディ

次点は「OP連対」。

「OP1着、重賞初出走」のキングスカードとキョウワダッフィー
「OP2着、ダート重賞は武蔵野S3着と平安S8着」の12年時のアドマイヤロイヤル

残り11頭は「重賞連対」。

(京都や阪神開催の5回分延ばしても「1600万勝ち」。「OPは3戦4着2回、重賞は2戦武蔵野S7着とカペラS4着」のシルクフォーチュン、「OP5着のみ、重賞マーチS9着のみ」のランテローザ、「OP3着のみ、重賞初出走」のトーホウドルチェがいる。次点は「OP連対」で、「OP勝ち、マリーンC4着のみ」のケイアイガーベラ、「OP7着と2着、重賞初出走」のヴァンクルタテヤマ。残り5頭には「重賞連対」があった。)



<距離>
全馬に共通するのは「1400m以上勝利」。

1400mまでは4頭なので、特に長い必要はなさそう。ちなみに残り11頭は「1600m以上連対」。


新・中京ダート1400m(1000万以上プロキオンS除く)連対馬72頭では…

「1200m連対まで」3頭 (1400m以上出走無しか3着、或いは1戦のみ)
「1300m連対まで」3頭 (1400m以上出走無しか芝3着や1600mOP6着など)
「1400m以上連対」62頭 

ちなみに「1600~2100m連対」のアールプロセスと「1600~1700m連対」のプラゾンドゥリストとデルマヌラリヒョンは「1400m以下初」で連対している。1600~1700m連対のノボバカラは「1400m1戦3着」があった。

直線が長くなった影響か、72頭中37頭は「1600m以上連対があり、少し長めの距離で結果が出ている。



<コース>
「新・中京ダート連対」7頭、「初出走」7頭。

残り1頭は「プロキオンS6着のみ」のガンジス。

新・中京ダートで連対の無かった8頭の内7頭には「東京連対」か「新潟連対」があり、残り1頭も「東京芝GⅠ3着とGⅡ3着」があり、『左回り』で結果が出ていた。


新・中京ダート1400m(1000万以上プロキオンS除く)連対馬72頭では…

「新・中京ダート初」30頭
「新・中京ダート連対」26頭
「新・中京ダート3着」6頭
「新・中京ダート4着」3頭
「新・中京ダート5着」3頭
「新・中京ダート6着以下(6、7、10、10着)」4頭

「新・中京ダート連対が無い馬」46頭中31頭は「東京か新潟か中京で連対(芝ダート問わず)」があった。



<脚質>
「逃げ」2頭、「先行」4頭、「差し」8頭、「追い込み」1頭。

1000mは57.2、58.9、58.5(稍重)、57.6、57.1で、ペースは速めだが前も残る。


新・中京ダート1400m(1000万以上プロキオンS除く)連対馬72頭では…

「逃げ」12頭
「先行」27頭
「差し」27頭
「追い込み」6頭

1000mはクラスの違いもあって57.2~60.9といろいろ。その影響やダートという事もあってか、直線は長めだが前も残る。



<その他>
「人気」は…

16年は1→3→2番人気
15年は4→2→8番人気
14年は1→2→10番人気
13年は2→5→1人気
12年は12→4→1番人気

改修後5年で1番人気と2番人気が4回ずつ馬券圏内に入っている。ただ、二桁人気でも絡んでいるので、人気薄も侮れない。



「上がり3ハロン3番手以内」は15頭中6頭。

「最速」が1頭しか絡んでいない(しかも3着)ので、早めに動いている方がいいかと。
新・中京ダート1400m(1000万以上プロキオンS除く)連対馬72頭でも該当するのは33頭とコチラも半分に届いてない。



「鞍上」は「福永祐一」騎手、「岩田康誠」騎手の2連対が複数連対。
3着だと「戸崎圭太」騎手の1連対3着1回。

新・中京ダート1400m(1000万以上プロキオンS除く)だと…

「濱中俊」騎手、「松田大作」騎手の5連対
「福永祐一」騎手、「武豊」騎手、「松山弘平」騎手、「勝浦正樹」騎手の4連対
「戸崎圭太」騎手、「秋山真一郎」騎手、「幸英明」騎手、「藤岡康太」騎手の3連対

などとなっている。乗りにくる数もあるとは思うが…。



「スタート地点が芝」の影響もあって、15頭中9頭に「芝連対」があった。

残りは、芝が「芝出走無し」のノボカラとキングスガード、ベストウォーリア2回と、「すずらん賞10着とクロッカスS7着」のニシケンモノノフと「新馬11着と桜花賞18着」のコーリンベリー。
6頭中4頭は「中京ダート1400m連対」で、後は「中京ダート1400m3着」と「中京初出走」。


新・中京ダート1400m(1000万以上)連対馬72頭では「芝出走無し」28頭、「芝連対」12頭、「芝3着」11頭、残り21頭は4着以下(3戦以内)。



「年齢」は

16年は4→5→5歳
15年は5→4→7歳
14年は4→6→5歳
13年は6→7→7歳
12年は6→5→7歳

「5歳」が5頭、「7歳」が4頭、「6歳」と「4歳」が3頭。少し年齢が高くても通用している。阪神や京都時代でも4歳よりも5歳以上が多めだった。




[PR]
by a_doctrinaire | 2017-07-06 00:03 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)

七夕賞3着の傾向 2017
七夕賞の連対馬をチェックした「七夕賞の傾向 2017」に続いて、七夕賞3着もチェックしてみます。


福島開催10回分をみています。※2010年は3着同着なので11頭をチェック。


 七夕賞3着の傾向 (福島開催過去10回の3着馬11頭のデータ) 2017


<実績>
最低連対ラインは「1600万勝ち」。

OP以上が…

「メイS8着とアハルテケS4着」のオリオンザジャパン
「OP3戦して9着が最高、重賞6戦して小倉記念8着など」のマデイラ
「エプソムC5着のみ」のマイネルキッツ

次点は「OP連対」。

「OP2着、重賞5戦して日経新春杯3着や朝日CC3着など」のタガノエルシコ
「OP1着、重賞5戦して京阪杯5着やセントライト記念9着など」のミキノバンジョー
「OP1着、重賞9戦して富士S3着や京都金杯5着など」のバトルバニヤン
「OP1着、重賞6戦して中日新聞杯4着や小倉大賞典7着など」のホッコーパドゥシャ
「OP1着、重賞は天皇賞(春)15着のみ」のユメノシルシ

残り3頭は「重賞連対」。

オリオンザジャパンは、ほとんどダートで芝は「メイS8着のみ」。
ちなみに04年は「1000万勝ち、1600万4着と9着、重賞は新潟大賞典6着のみ」のマーベラスダンスがいる。



<距離>
全馬に共通するのは「2000m以上勝利」。

06年は「2000m以上初」の05年時のグラスボンバー



<コース>
「福島連対」6頭、「初出走(ダート除く)」3頭。

残りは…

「500万12着、GⅢ13着、OP10着」のマデイラ
「1600万3着のみ」のサンライズベガ



<脚質>
「逃げ」1頭、「先行」2頭、「差し」7頭、「追い込み」1頭。

連対馬と比べると後方が多いが、ココ4年で2週目に変わっているので、変わってくる可能性も…。



<その他>
「人気」は11、16、1、14、7、1と2、2、3、3、2番人気。

以前は連対馬に比べると堅めが3着という印象でしたが、開催時期が早まって3着にも人気薄が?今後に注目が必要ですが、流れが変わってきた可能性も。



「上がり3ハロン3番手以内」は11頭中7頭。

連対馬と同じくらいですが、コチラは中団以降が多いので、当然かと。やはり連対馬の先行の多さに対しての上がりの速さに注目したくなる。



ハンデは52~58キロで平均55.92キロ。中央値は55キロ。

開催時期の変更後は、16年のオリオンザジャパンと15年のマデイラの52キロ以外は55キロ以上。馬場が良くなった分の影響か?



年齢は…

「6歳」6頭、「5歳」3頭、「7歳」1頭、「8歳」1頭。

連対馬同様に「5歳と6歳」が中心。4歳馬は03年まで延ばせば、いる。



「3ヶ月以上ぶり」が2頭。

連でも4分の1ほどが該当しており、仕上がりやすい時期というのもあるかと。



[PR]
by a_doctrinaire | 2017-07-05 00:13 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)

七夕賞の傾向 2017
福島2000mで行われるハンデGⅢ「七夕賞」。

毎年、7月7日の「七夕」に因(ちな)んで、枠連「7-7」がよく売れる。馬券オヤジたちの「出目買い」が先行するレース。ちなみに「7-7」は10回で1着3着が1回ある程度で、売上に貢献?している。

13年から2週目になったが、それ以前は4週目だった。タイムなどに影響が出ている。11年は震災の影響で中山開催だったので、福島開催分をチェックします。

今回は3着を別記事「七夕賞3着の傾向 2017」で。


 七夕賞の傾向 (福島開催の過去10回分の連対馬から) 2017


<実績>
最低連対ラインは「1000万勝ち」。

該当するのは…

「重賞とOP出走なし、1600万13着のみ」の08年時のミヤビランベリ
「1600万とOP出走なし、重賞4戦セントライト記念3着、青葉賞6着など」のミストラルクルーズ

次点は「1600万勝ち」。

「OP芝は出走無し、重賞は6戦して新潟大賞典5着など」のニューダイナスティ
「OP出走なし、京都金杯6着と東京新聞杯10着」のアスカクリチャン
「OP4着と10着、重賞3戦二桁止まり」のドモナラズ

次々点は「OP連対」。

「OP1戦1着、重賞10戦して青葉賞3着、函館記念3着など」のステラウインド
「OP1戦2着、重賞6戦して目黒記念4着、5着、日経賞5着など」のアドマイヤモナーク

残り13頭に「重賞連対」があった。



<距離>
全馬に共通するのは「1600m以上連対」。

1600mまでなのは1800m以上が…

「1800m3着3回と4着1回、2000m5着1回」のアスカクリチャン

次点は「1800m」。

「2000mがGⅢ3着、GⅠ5着、GⅢ5着、2400mがGⅠ10着」のグランデッツァ

走っていないか、ある程度やれそうだった。

残り18頭は「2000m以上連対」。



<コース>
「福島連対」7頭、「初出走」11頭。

残りは…

「1000万16着のみ」のメイショウナルト
「福島テレビOP4着のみ」のドモナラズ

1戦ずつだが、05年は「福島記念12着と七夕賞8着」のトーセンダンディがいるので、2戦くらいはセーフ。

福島で連対が無かった馬には「中山連対」か「阪神3着以内」があった。直線に急な坂もあるので、クリアできている方がいい。



<脚質>
「逃げ」2頭、「先行」8頭、「差し」8頭、「追い込み」2頭。


1000mは57.9、59.5、58.9、58.6、60.3(稍重)、61.0、61.1、60.3、59.8、59.0。

ココ4年で4週目から2週目に変わったので、少し時計が速くなっている。



<その他>
1番人気は4連対、2番人気2連対、3番人気2連対。

5番人気2連対、6番人気2連対、7番人気2連対、11番人気2連対。残りは4、8、10、14番人気。
ハンデ戦という事もあり、上位人気は少し少な目。

3着は11、16、1、14、7、1と2同着、2、3、3、2番人気。



「上がり3ハロン3番手以内」は10回で14頭。

逃げや先行が多いので、その割には該当している。
ココ4年では5頭なので、2週目なので早めに動いた方がいい可能性も。



ハンデは52~59キロで平均55.83キロ。中央値56.5キロ。

馬場の影響もあってかハンデが重くても差してきていたりする。
4週から2週目になって4回で平均56.75キロなので、数は少ないが重めでやれる感も。


トップハンデは57~59キロで、のべ15頭中6頭が馬券圏内。
細かくは1着2頭、2着2頭、3着2頭。
4週目から2週目になったココ4年は、のべ5頭中3頭が3着以内なので、よりやれそうになったが…。



「鞍上」は福島10回で「柴田善臣」騎手、「武士沢友治」騎手、「岩田康誠」騎手、「吉田豊」騎手らの2連対が続く。
1番人気で2連対の岩田騎手以外は4番人気以上なので、騎手で選ぶのも一つか。



「年齢」は福島10回で「6歳」が8連対がトップ。

「5歳」7連対、「4歳」3連対、「7歳」の1連対、「8歳」の1連対ずつ。
ハンデ戦という事や小回りという事もあってか、明け4歳は少し苦戦している。



福島10回で「3月以上ぶり」が5頭。

時期的に仕上がりやすい気候に加えて、ハンデやリフレッシュもあって「休み明け」でも通用する場合もある。



[PR]
by a_doctrinaire | 2017-07-04 00:04 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)

CBC賞の傾向 2017
中京1200mで行われるハンデGⅢ「CBC(しーびーしー)賞」。

04年以前は12月に別定GⅡ、95年以前は6月末開催だった。中京改修時には「阪神」と「京都」で代替開催されていた。

改修後は6回目。過去5年の3着までのデータをチェック。なお、実績や出走馬のレベルなどはそれ以前のモノも載せるが、コースや脚質は「新しくなってから今年3月開催までの1000万以上の中京1200mの連対馬データ」にする。


 CBC賞の傾向 (過去5年の連対馬+3着馬データ+α) 2017


<実績>
新・中京での5回15頭の最低連対ラインは「1600万2着」。

該当するのは、OP以上が…

「小倉2歳S3着のみ」のラヴァーズポイント

次点は「1600万勝ち」で…

「京王杯SC12着のみ」のダンスディレクター
「OPがエルフィンS9着、重賞がチューリップ賞6着、阪神牝馬S10着」のトーホウアマポーラ

次々点は「OP勝ち」で、重賞は…

「根岸S10着のみ」のレッドファルクス

残りの11頭は「重賞連対」。

(それ以前の5年の最低ラインは「1600万勝ち」。「OP以上初出走」のナカヤマパラダイスがいる。次点は「OP連対」で、「重賞6戦高松宮記念7着など」のヘッドライナー、「重賞3戦して京王杯2歳S3着、新潟2歳S4着など」のエイシンタイガー、「重賞初出走」のスリープレスナイト、「重賞12戦でアイビスSD3着やオーシャンS4着など」のスピニングノワール、「重賞3戦共同通信杯5着など」のブラックバースピン。「重賞連対」は4頭止まり。)



<距離>
新・中京での5年3着までの15頭が「1400m以上連対」。

ちなみにウリウリは「1200m以下初出走」。14頭は「1200m勝ち」もあった。

同じコースの高松宮記念も「1400m以上勝利」で、コパノリチャードなども「1200m以下初」だった。
少し長い距離でやれている方が多い。

「新・中京1200m(1000万以上CBC賞除く)」の連対馬80頭では…

「1200m連対まで」は22頭
「1400m以上連対」が58頭

少し長い距離でやれている方が多い。



<コース>
「中京連対」6頭、「初出走」1頭。

残りは…

「CBC賞5着のみ」のベルカント
「ファルコンS3着、CBC賞3着、高松宮記念4着、OP13着」のサドンストーム
「高松宮記念14着のみ」のエピセアローム
「ファルコンS6着、1000万8着、OP8着」のニンジャ
「ファルコンS11着と高松宮記念3着」のハクサンムーン
「ファルコンS3着のみ」のサドンストーム
「高松宮記念5着のみ」のマジンプロスパー
「高松宮記念4着のみ」のダッシャーゴーゴー

新・中京に連対が無かった8頭すべてに「阪神連対」があり、直線に坂ができた部分ではこなせているとプラス。
実績馬が多く早くから活躍している馬は、ローカルの条件戦には出走していない事が多い。出走があればこなせた可能性は高い。


「新・中京1200m(1000万以上CBC賞除く)」の連対馬80頭では…

「新・中京連対」22頭
「初出走、新・中京初、芝初」22頭
「3着」13頭

残り17頭は「2戦以下」と「4着2回と8着1回」なので、数走っているなら3着以内はほしい。



<脚質>
「逃げ」2頭、「先行」4頭、「差し」8頭、「追い込み」1頭。

600mは33.8、33.4(重)、34.2、34.2、33.7(重)。
直線の長さもあって、開幕週2日目でも差しが多い。


「新・中京1200m(1000万以上CBC賞除く)」の連対馬80頭では…

「逃げ」6頭、「先行」29頭、「差し」41頭、「追い込み」4頭。

600mは32.7~35.7。



<その他>
「人気」は…

16年 3→7→2番人気
15年 2→1→3番人気
14年 4→3→10番人気
13年 1→2→3番人気
12年 2→7→1番人気

実績馬が多いので、ある程度人気の馬が絡んでいる。
旧・中京時代は5年で1番人気1連対、2番人気1連対など少し荒れる傾向にあったので、今後荒れてくる可能性はあるが…。



ハンデは50~59キロで平均55.53キロ。中央値は55.5キロ。

16年 56キ→50→55.5キロ
15年 55.5→55→57キロ
14年 53→55→54キロ
13年 58→57.5→56キロ
12年 57.5→54→59キロ

実績もあるが、「重めのハンデ」でも上位に来ている。

ちなみに旧・中京時代のCBC賞では52~58.5キロの平均55キロ。中央値も55キロだった。


トップハンデは57~59キロで5頭中3頭が馬券圏内。ちなみに15年のサドンストームが57キロ3着だが、+2キロと考えるとウリウリの55.5キロ1着の方が重いとも考えらえるので、そちらを上に見た。



「上がり3ハロン3番手以内」は15頭中8頭が該当。

連対馬は5頭で、15年以外は1頭は逃げや2番手で絡んでいるので、あまり求められない。
短距離という事もあって、どちからというと仕掛けるタイミングの方が優先されるべきかと。



「鞍上」は数では「浜中俊」騎手の1勝2着2回がトップ。

勝利では「福永祐一」騎手の2勝。「酒井学」騎手の2着1回3着1回と続く。

旧・中京時代は「若手」が人気薄で絡む事があった。

ただ、新しくなってからはリーディング上位の騎手が多い。
競馬番組の改編などもあるので、その辺りにも違いがでているか…。


新・中京1200m(1000万以上CBC賞除く)連対馬80頭では…

「松山弘平」騎手の7連対がトップ。

「北村友一」騎手、「福永祐一」騎手、「藤岡康太」騎手が4連対、「勝浦正樹」騎手、「吉田隼人」騎手などの3連対。他にも2連対の騎手も多いが、抜けているのが分かる。



「年齢」は「5歳」の7連対3着3回がトップ。

「6歳」の2連対3着1回、「4歳」1連対3着1回。

性別は「牡9:牝6」で、牡馬が多い。



「前走」は…

「高松宮記念(12、3、5、4着)」4頭、「阪神牝馬S(10、4着)」2頭、「安土城S(3、1着)」2頭、「水無月S(6、1着)」2頭、「ヴィクトリアマイル13着」、「マイラーズC6着」、「京王杯スプリングC12着」、「アルクオーツスプリント12着」、「欅S1着)。

長めの距離からの参戦もあり、その辺りもハンデ同様に影響がありそう。



[PR]
by a_doctrinaire | 2017-06-28 00:06 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)

ラジオNIKKEI賞の傾向 2017
福島1800mで行われる3歳ハンデGⅢ「ラジオNIKKEI賞」。

05年以前は「ラジオたんぱ賞」の名称で「別定戦」とちょっと条件が違っていた。過去には「2着馬」からスクリーンヒーローやソングオブウインド、別定戦時代にはカンパニーやタイキブリザードなどの後のGⅠ馬が出走している。1着もシンコウラブリイの92年まで戻れば…。

以前は3週目に行われてきたが、13年から開幕週の2日目になっており、少し違いがでてくるかも…。
11年は震災の影響で中山開催なので、除いて考えます。


 ラジオNIKKEI賞の傾向 (福島開催過去10回の連対馬+3着馬データから) 2017


<実績>
最低連対ラインは「500万勝ち」。

該当するのはそれ以上が…

「プリンシパルS3着のみ」のゼーヴィント
「白百合S3着のみ」のミュゼゴースト
「東スポ杯9着、ホープフルS5着、京成杯12着、スプリングS8着、青葉賞8着」のウインマーレライ
「いちょうS3着、東スポ杯2歳S3着、ホープフルS3着、スプリングS3着、皐月賞8着」のクラリティスカイ
「京成杯3着、共同通信杯8着、稲村ケ崎特別(1000万)7着」のケイアイチョウサン
「1000万以上出走無し」のファイナルフォームとロックドゥカンブとソングオブウインド
「スプリングS6着、青葉賞4着」のアロマフェ
「プリンシパルS17着のみ」のサニーサンデー
「ラジオたんぱ杯8着、スプリングS4着、青葉賞7着」のタマモサポート

次点は「1000万勝ち」。

「新潟2歳S7着、プリンシパルS8着」のストロングガルーダ

残りは「重賞連対」2頭と「OP連対」6頭。

ただ、重賞に出走のなかった5頭以外に「重賞で7着以内」があり、コレはクリアしてほしい。
ちなみにOPは「OP1戦5着以内」が多いが、「初乗り替わりでプリンシパルS17着のみ」のサニーサンデーがいる。

(3着は「500万勝ち」。「OP17着のみ」「重賞2戦GⅢ3着や5着」「1000万8着、OP8着や11着」「GⅢ3着2回やGⅠ7着など」「OP4着、GⅢ6着」「1000万以上初」「GⅢ8着のみ」7頭。残りは「OP2着でGⅢ4着GⅡ5着GⅠ11着」と「重賞2着」2頭。)



<距離>
全馬に共通すのは「1400m以上連対」。

1400mまでなのは…

「1400m2着で、1600m以上はNZT5着(0.3秒差)とNHKマイルC9着(0.5秒差)」のカシノピカチュウ

1600mは2戦と少なく高いレベルである程度やれいたので、条件戦辺りならやれていた可能性は残る。

次点は「1600m」までは、1800m以上が…

「プリンシパルS8着のみ」のストロングガルーダ
「1800mは未勝利6着、2000mは3戦未勝利3着など」のサニーサンデー
「共同通信杯12着のみ」のレオマイスター

1戦か3着なので、数走ってなければセーフ。

残り16頭は「1800m以上連対」。

(3着は「1200m」。1400m以上が「シンザン記念9着、アーリントンC3着、NZT3着、NHKマイルC7着」のレト。次点は「1600m勝ち」で1800m以上が「毎日杯6着のみ」。残り8頭は「1800m以上連対」。)



<コース>
「福島連対」2頭、「初出走」18頭。

ローカルという事もあるが、開催時期や競馬番組の影響もあって「初出走」が圧倒的に多い。

福島は「直線に急な坂」があり、出走があった馬には「中山連対」か「中山重賞3着」、「阪神連対」があった。

(3着は「福島連対」4頭、「初出走」6頭。初めての内5頭は「中山連対」か「阪神連対」があり、残りは「東京2戦2勝」だった。)



<脚質>
「先行」10頭、「差し」9頭、「追い込み」1頭。

1000mは59.6、59.5、58.2、60.5、60.5、60.4、60.1、59.9、60.0、60.5(重)とあまり速くならない。
ペースも落ち着いた上に、コースも前目が有利だが後方からでも通用している。

13年から開幕週だが、5年で後方から5頭なので、コースよりもハンデなどの部分が大きいか…。

(3着は「逃げ」1頭、「先行」2頭、「マクり差し、差し」7頭。)



<その他>
「人気」は1番人気4連対、2番人気4連対、3番人気1連対。

5番人気3連対、8番人気2連対、14番人気2連対、残りは4、6、9、13番人気。
ハンデ戦という事もあって、人気薄も絡む。

3着は5、12、7、5、16、6、2、1、4、12番人気。



「上がり3ハロン3番手以内」は10回で12頭。

後方からもいて、いい脚は魅力的。ただ、直線が短いので、早めに動いている方が多い。
展開などもあるが、残り600mで勝負が動く。

(3着は10頭中3頭。)



「ハンデ」は福島10回で52~57キロで平均54.43キロ。中央値は54キロ。

ただ、52キロは南半球生まれで、半年ほど遅く生まれたロックドゥカンブ。それを除くと53キロが最軽量。
(3着は51~56キロで、平均54キロ。中央値54キロ。51キロは牝馬。)


トップハンデは56~57キロで、のべ14頭で2連対3着1回と劣勢。

4着2頭、5着2頭なので影響が出ており、あまりお奨めできない。
もちろん、馬次第やハンデ次第で可能性は残るが…。



「鞍上」は「戸崎圭太」騎手、「柴田善臣」騎手、「蛯名正義」騎手、「内田博幸」騎手の2連対。

後はバラバラだが、やはり関東の騎手が多い。
コースなどの経験も大きく影響してくるレースと考えたい。
(3着はバラバラ。)



実績で「重賞8着以内」をひとつの基準と考えたが、細かくみると…

レースは「スプリングS」「青葉賞」「きさらぎ賞」「新潟2歳」「皐月賞」「ニュージーランドT」「共同通信杯」
着順は「3~8着」が多い

ファルコンS2着のカシノピカチュウも「ニュージーランドT5着」があり、該当している。
新潟2歳S7着のストロングガルーダは2戦目以降に重賞への出走が無いので、「3歳1600m以上重賞3~8着以内」。
フェアリーS2着のダイワドレッサーはクイーンC4着と優駿牝馬8着と久しぶりに違う路線から。


15年は「共同通信杯3着と毎日杯3着」、13年は「京成杯3着と共同通信杯8着」が絡んだが、「上位人気で4着以下」に「重賞2~3着」が半分くらいいるので、ハンデも重たくならない『上位はないがその下あたり』がお奨め。

(3着も「アーリトンC」「ニュージーランドT」「毎日杯」など。「きさらぎ賞」「新潟2歳S」「チューリップ賞」で、イクスキューズがたくさん絡んでいるのでその辺りをどう判断するか。)



所属は「関東14:関西6」。

ホーム?の関東馬が多い。ただ、騎手の割に関西馬は多いので、ハンデやコース適性なども注意したい。
(3着は「関東8:関西2」。)


性別は「牡19:牝1」。3着は「牡8:牝2」。


[PR]
by a_doctrinaire | 2017-06-27 00:04 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)


競馬重賞の傾向とMHP3rd、太閤立志伝4やレトロゲーム
検索
最新の記事
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク