カテゴリ:競馬(GⅠ)( 1125 )

宝塚記念の枠順決定! 2017
2017年6月25日(日)に行われるGⅠ宝塚記念の枠順が発表されました。

 第58回 宝塚記念(GⅠ) 阪神 芝2200m

1枠 1番 ミッキーロケット 牡4 58 和田竜二 音無秀孝
2枠 2番 ゴールドアクター 牡6 58 横山典弘 中川公成
3枠 3番 スピリッツミノル 牡5 58 幸英明 本田優
4枠 4番 クラリティシチー 牡6 58 松山弘平 上原博之
5枠 5番 シュヴァルグラン 牡5 58 福永祐一 友道康夫
5枠 6番 シャケトラ 牡4 58 C.ルメール 角居勝彦
6枠 7番 レインボーライン 牡4 58 岩田康誠 浅見秀一
7枠 8番 ミッキークイーン 牝4 56 浜中俊 池江泰寿
7枠 9番 ヒットザターゲット 牡9 58 川田将雅 加藤敬二
8枠 10番 キタサンブラック 牡5 58 武豊 清水久詞
8枠 11番 サトノクラウン 牡5 58 M.デムーロ 堀宣行

過去10年の平均頭数は15.1頭で、2~17番の「内10:外10」。
(3着は1~11で「内8:外2」)

馬番は「8番」「9番」の3連対がトップ。「2番」「6番」「11番」「16番」「17番」の2連対が続く。
(3着を含むと「2番」と「11番」が4回が最多。)

春GⅠ2勝のキタサンブラックは10番、前走天皇賞(春)2着のシュヴァルグランは5番、阪神牝馬S勝ちのミッキークイーンは8番、香港ヴァーズがちのサトノクラウンは11番、日経賞勝ちのシャケトラは6番、日経新春杯勝ちのミッキーロケットは1番、有馬記念3着のゴールドアクターは2番に入った。


※出馬表・成績・オッズ等は主催者発表のものと照合してください



[PR]
by a_doctrinaire | 2017-06-22 15:44 | 競馬(GⅠ) | Trackback | Comments(0)

安田記念の結果 2017
直線で人気2頭が動けなかった安田記念は…

7番人気サトノアラジンはまずまずのスタート。スッとさげていく。残り1400mで15番手。残り800mで14番手に上がるが、4コーナーでは大外を回って直線へ。肩ムチが入って大外を追い出す。左ムチが入って残り400m。ムチの連打を繰り返し、残り300mから追いだけに切り替える。残り200mで6番手辺りだったが、一気に2番手に上がる。残り100mで左ムチを連打、最期は追って追ってゴール前に捕えてゴールし、優勝。

8番人気ロゴタイプもまずまずのスタートから前へ。外を押して一ハロンほどで先頭に立つ。1馬身くらいのリード。残り1000mで半馬身ほどの差に。4コーナーでも先頭で持ったまま。直線に入ってもすぐには追わず、残り400mを切ってから仕掛ける。リードを広げて、ムチが入って200m。追いとムチで粘っていたが、ゴール板で交わされて2着。

3番人気レッドファルクスもいいスタートだったので前目に。少しずつ下がって13番手。残り1100m辺りで14番手になる。残り800mで15番手。4コーナーでは内目を回り、直線では中ほどへ。前が壁になり、残り400mで鞍上が後ろを確認して追い出しながら、外へ進路を取る。残り250m辺りでサトアラジンの後ろにつけてムチが入り、12番手くらい。追って追って体勢を崩したか右ムチに替えて追いとムチを繰り返す。残り10mほどで3番手に上がるも3着。

4着はグレーターロンドン。5着は直線で前が開かず、残り200mから仕掛けて加速し始めた2番人気エアスピネル。1番人気イスラボニータも進路を確保できずに下がって、残り200mから少しだけ仕掛けた程度で8着。


予想は5着、8着、14着、15着、18着。

敗因は迷った事かと。

サトノアラジンは仕上げ具合が分からなかったのと鞍上、ロゴタイプは成長具合、レッドファルクスは距離で悩んで切りました。


イスラボニータは「略…直線でスペースがなかった…略…ラスト150mだけスペースがあった。でも遅すぎた。残念です。」とルメール騎手。

エアスピネルは「いいレースができなかった。4コーナーでレッドファルクスに先に入られてしまったのが痛かった。…略…」との武豊騎手のコメント。

2頭はほとんど競馬をしていない…。

アンビシャスは「いつものアンビシャスじゃなかった。ゲート入りしてから(ジョッキーが)いつも違う感じがしたみたいだけど、よくわからない」と音無調教師。

後の2頭はロジチャリスは「略…GⅠ級の馬とは絶対的なスピードが違った…略」。ブラックスピネルは「前で競馬をしました。流れが厳しかった事もあり、早めに苦しくなりました」との事。


1頭増やしたにも関わらず、切った方に3頭とも…センスがないようです。


[PR]
by a_doctrinaire | 2017-06-05 00:01 | 競馬(GⅠ) | Trackback | Comments(0)

安田記念の予想 2017
判断が難しい東京1600mだけにチャンスはどの馬にもあるかも。

 安田記念 予想 2017

マイラーズC勝ちのイスラボニータ。乗り方に不満のあった4~5歳を考えると、ルメール騎手になってから安定して、前走が休み明けながら良い勝ち方。楽に勝てるレースでは無いが、実績に加えて状態も良さそうなので。

京都金杯勝ちのエアスピネル。賞金加算もあったでしょうが、個人的には長めの距離でもやれると思っただけに、「マイルだけ」の参戦は…。今年に入ってからの3戦は、以前ほどの元気も感じられない。ガツンと来るようだとあっさりもありそうだが。

大阪杯5着からのアンビシャス。ドゥラメンテやキタサンブラックと差のない競馬をしていた。ココ2走は前からの馬が勝つ展開で後方から。ペースが速くなるか、いい位置につければ…。

東京新聞杯勝ちのブラックスピネル。前走は位置取りの部分が大きかった。乗り替わりがどうでるかだが、能力を出せれば3着辺りに来てもおかしくはない。

ダービー卿CT勝ちのロジチャリス。東風Sでは長期休み明けながら、グレーターロンドンに0.2秒差で、上積を考えると逆転も可能。昨年のエプソムCも直線で鞍上がバタバタしなければ3着はあったかと。今回で叩き3走目だが、大きな馬体を考えれば、使い続けての良化はあり得る。

久しぶりに変則買いで5頭に。

展開一つでサトノアラジン。乗り替わりが問題なければステファノス。力が足りればグレーターロンドン。距離がやれるならレッドファルクス。昨年より成長があればロゴタイプ。何かあればサンライズメジャーやクラレント。馬場が合えば海外馬。


[PR]
by a_doctrinaire | 2017-06-04 02:30 | 競馬(GⅠ) | Trackback | Comments(0)

安田記念の予想候補 2017
過去10年の連対馬をチェックした「安田記念の傾向 2017」を元にして、安田記念の予想候補を選んでみます。

実績「GⅡ以上勝利+GⅡ以上連対、または重賞勝ちが2戦以内」、距離「1600m以上勝利」、コース「東京連対か初出走、あるいは1戦のみ」、近走「GⅠ連対馬は2走以内にGⅡ7着以内、GⅠ連対なしは2走以内に重賞勝ち」を条件にすると…

イスラボニータ
ブラックスピネル
ロゴタイプ
ロジチャリス

がクリア。

コースが2戦だが、東京優駿4着と東京新聞杯3着の

エアスピネル

はセーフ。


データで後少し足りない

アンビシャス
クラレント
サトノアラジン
サンラジズメジャー
ステファノス

も可能性は十分にある。

問題の2頭…

7戦6勝2着1回で重賞出走無しの

グレーターロンドン

1600m以上がデビューから2戦目未勝利の9着のみの

レッドファルクス

も、ココでやれても不思議はない

海外調教馬の

コンテントメント
ビューティーオンリー

は状態と適性次第




[PR]
by a_doctrinaire | 2017-06-03 00:06 | 競馬(GⅠ) | Trackback | Comments(0)

安田記念の枠順決定! 2017
2017年6月4日(日)に行われるGⅠ安田記念の枠順が発表されました。

 第67回 安田記念(GⅠ) 東京 芝1600m

1枠 1番 トーキングドラム 牡7 58 石橋脩 斎藤誠
1枠 2番 ディサイファ 牡8 58 四位洋文 小島太
2枠 3番 サンラズメジャー 牡8 58 池添謙一 浜田多美雄
2枠 4番 アンビシャス 牡5 58 横山典弘 音無秀孝
3枠 5番 コンテントメント せん7 58 J.モレイラ J.サイズ
3枠 6番 レッドファルクス 牡6 58 M.デムーロ 尾関知人
4枠 7番 グレターロンドン 牡5 58 福永祐一 大竹正博
4枠 8番 エアスピネル 牡4 58 武豊 笹田和秀
5枠 9番 ロンギングダンサー 牡8 58 横山和生 田村康仁
5枠 10番 クラレント 牡8 58 岩田康誠 橋口慎介
6枠 11番 ブラックスピネル 牡4 58 松山弘平 音無秀孝
6枠 12番 ビューティーオンリ(ー) せん6 58 Z.バートン A.クルーズ
7枠 13番 ロジチャリス 牡5 58 内田博幸 国枝栄
7枠 14番 サトノアラジン 牡6 58 川田将雅 池江泰寿
7枠 15番 イスラボニータ 牡6 58 C.ルメール 栗田博憲
8枠 16番 ロゴタイプ 牡7 58 田辺裕信 田中剛
8枠 17番 ヤングマンパワー 牡5 58 松岡正海 手塚貴久
8枠 18番 ステファノス 牡6 58 戸崎圭太 藤原英昭

過去10年の連対馬は平均17.2頭の1~17番で「内13:外7」。
(3着は2~18番で「内5:外5」。)
馬番は「6」の3連対がトップ。「2」「3」「5」「10」の2連対が続く。
(3着も含めた全体だと「3番」の4頭がトップ。「2」「6」「10」の3頭が続く。)

マイラーズC勝ちからのイスラボニータは15番、京王杯SC勝ちからレッドファルクスは6番、京都金杯勝ちのエアスピネルは8番、東京新聞杯勝ちのブラックスピネルは11番、中距離路線からのアンビシャスは4番、大阪杯2着からのステファノスは18番、連対率100%のグレーターロンドンは7番、昨年の勝ち馬ロゴタイプは16番、ダービー卿CT勝ちからのロジチャリスは13番に入った。

※出馬表・成績・オッズ等は主催者発表のものと照合してください


[PR]
by a_doctrinaire | 2017-06-02 10:49 | 競馬(GⅠ) | Trackback | Comments(0)

東京優駿(日本ダービー)の結果 2017
かなりのスローとなった東京優駿(日本ダービー)は…

2番人気レイデオロはそこそこのスタート。軽く仕掛けて、抑えると13番手で1周目のゴール板を通過。2コーナー辺りから14番手。しかし、残り1500mを切った辺りで一気に外を上がって、残り1400mで5番手、1300mで2番手に上がる。鞍上が斜め左後ろを確認して、残りが1200m。逃げ馬とは1馬身ほどで追走。4コーナーで並びかける。直線では内に併せずに外目に出して、追い出して残り400m。右ムチが1発入って300mを切って、左ムチが2発入る。外から後続が近づいてくるが、追って追って左ムチが入るとグッと加速し、リードを確保するとムチを一発軽く入れてゴールし、優勝。

3番人気スワーヴリチャードは1馬身くらいか出遅れ。仕掛けるも内をゆっくりと上がる。10番手辺りで1周目のゴール板を通過。コーナーの内を利して7、8番手で向う正面へ。外から2頭上がるも下がった馬もいて、残り1200mでは8番手、1100mで7番手。800m辺りから、アルアインとダンビュライトの間に入れる。仕掛けて4コーナーから直線で外へ出して、アルアインを外へ広げるが、左ムチが入ると外へ。追って追って残り400mで4、5番手で、ムチが入って追う。残り200mで3番手に上がって、左ムチが1発入り、追って追って追うが内の逃げ馬を交わして2番手に上がるも前との差が縮まらず2着。

1番人気アドミラブルは外にヨレたスタートで少しおかれる。押して行き脚をつけると内へ移動して行って、14番手で1周目のゴール板。コーナーで外回った分で17番手に。向う正面で1500mを過ぎて上がって行き、12番手辺り。残り1200mで13番手。下がって残り800mで15番手になり、残り700mで仕掛けて追い出して残り600m。4コーナーでは外を追って、直線で大外を追い出すが、前が邪魔になってさらに外へ進路を変更。追い直して右ムチが入って、残り400mで9、10番手辺り。追って追って右ムチが入り、残り250mで左ムチが入る。残り200mで8番手で、右ムチと追いで内を交わしていくもゴール前に3番手に上がるのが精一杯で3着。

4着は逃げたマイスタイル。5着はアルアイン。


予想は1着、2着、5着、11着。

馬連1620円的中。

ただ、迷った末に人気だったので「普通に考えれば2着はあるとした」アドミラブルを予想に入れず。上位2頭に期待していたので馬連は取れると思ったのがマズかった。入れておけばよかった…。

1000mが63.2と過去10年で良馬場では61.6だが、それよりも1.6秒も遅い。逃げ馬が4着に粘っており、後ろからの馬には厳しくなりました。

早めに動いたレイデオロのC.ルメール騎手は見事でした。藤沢和雄調教師が「1000mの通過をアナウンス聞いて動いて…日本語分かってるんじゃ?(笑)」みたいな冗談言ってましたが、すでに900m時点で動いてましたね(笑)。追記…新聞に「300mくらいでスローと分かった」と記事がありました。

アルアインの松山騎手は「スタート良く、道中もすごくいいポジションを摂れたのですが、そこから自分が何もできませんでした」のコメント。

カデナの福永騎手は「馬は本当にいい状態でした。…略…僕がスタートを含めて勝負できるポジションで競馬をさせてあげられなかったのが全て。…略」との事。

その後の目黒記念の2着馬のマズさを見ても、やはり騎手の腕は大事です。


ヤネも考えて、素直に買う事も必要です。


[PR]
by a_doctrinaire | 2017-05-29 00:25 | 競馬(GⅠ) | Trackback | Comments(0)

東京優駿(日本ダービー)の予想 2017
皐月賞をどう判断するかで、予想が変わってきそうですが…。

 東京優駿(日本ダービー) 予想 2017

ホープフルS勝ちのレイデオロ。皐月賞馬ぶっつけ後方からで、0.4秒差の5着。強いと思わせた。使った上積みを考えると、さらに上の能力を見せてもおかしくない。

皐月賞6着のスワーヴリチャード。前走は位置を下げたり、右手前で走って6着。左回りで普通に走れるなら、あっさり逆転はある。東京も2戦2連対と相性は悪くない。

応援馬アルアイン。シンザン記念は不利があって6着。前走も一度下がりながらも盛り返してきたのは見事。ただ、さすがに距離はあっているかは分からない。後は速い脚をどれくらい使えるかもポイントになるかと。

弥生賞勝ちのカデナ。前走は馬体重も減っており、行く気もなかったとの事。馬体重を増やして、やる気があるなら3着があってもいい。

普通に考えれば2着はありそうなアドミラブル。鞍上次第でサトノアーサーとペルシアンナイト。位置取りでダンビュライト。一変するならマイネルスフェーン。うまく乗ればエストアプローチ。距離がやれるならウインブライト。


[PR]
by a_doctrinaire | 2017-05-28 03:37 | 競馬(GⅠ) | Trackback | Comments(0)

東京優駿(日本ダービー)の予想候補 2017
過去10年の連対馬をチェックした「東京優駿(日本ダービー)の傾向 2017」を元にして、東京優駿(日本ダービー)の予想候補を選んでみます。

実績「GⅡ以上勝利、またはGⅢ勝ちでGⅠ1戦かGⅡ以上連対」、距離「2000m以上勝利、または1800m勝ちで2000m以上1戦」、コース「東京連対か初出走」、上がり「連対時に上がり2番手以内3回以上」、前走「GⅠ不問、GⅡ勝利」を条件にすると…

アドミラブル
ウインブライト
カデナ
スワーヴリチャード
ペルシアンナイト
レイデオロ

がクリア。

上がりが2回で、シンザン記念で不利のあった

アルアイン

GⅢ2着2回が、雨や乗り方に問題のあった

サトノアーサー

実績もGⅠとGⅡで3着、距離も2000m3着2回などの

ダンビュライト

はセーフか。

3着は「東京優駿(日本ダービー)3着の傾向 2017」で、実績は「GⅡ連対や重賞勝ち」、距離「1800m以上連対」、コース「東京連対か初出走」、前哨戦「GⅠ不問、GⅡ6着まで」など…。

ベストアプローチ、マイネルスフェーン辺りも…。


[PR]
by a_doctrinaire | 2017-05-27 01:05 | 競馬(GⅠ) | Trackback(1) | Comments(0)

東京優駿(日本ダービー)の枠順決定! 2017
2017年5月28日(日)に行われるGⅠ東京優駿(日本ダービー)の枠順が発表されました。

※ちなみに通常と違って「東京10R」となっていますので、お間違いなく。

 第84回 東京優駿(日本ダービー) GⅠ 東京 芝2400m

1枠 1番 ダンビュライト 牡3 57 武豊 音無秀孝
1枠 2番 アメリカズカップ 牡3 57 松若風馬 音無秀孝
2枠 3番 マイスタイル 牡3 57 横山典弘 昆貢
2枠 4番 スワーヴリチャード 牡3 57 四位洋文 庄野靖志
3枠 5番 クリンチャー 牡3 57 藤岡佑介 宮本博
3枠 6番 サトノアーサー 牡3 57 川田将雅 池江泰寿
4枠 7番 アルアイン 牡3 57 松山弘平 池江泰寿
4枠 8番 トラスト 牡3 57 丹内祐次 中村均
5枠 9番 マイネルスフェーン 牡3 57 柴田大知 手塚貴久
5枠 10番 ベストアプローチ 牡3 57 岩田康誠 藤原英昭
6枠 11番 ペルシアンナイト 牡3 57 戸崎圭太 池江泰寿
6枠 12番 レイデオロ 牡3 57 C.ルメール 藤沢和雄
7枠 13番 カデナ 牡3 57 福永祐一 中竹和也
7枠 14番 ジョーストリクトリ 牡3 57 内田博幸 清水久詞
7枠 15番 ダイワキャグニー 牡3 57 北村宏司 菊沢隆徳
8枠 16番 キョウヘイ 牡3 57 高倉凌 宮本博
8枠 17番 ウインブライト 牡3 57 松岡正海 畠山吉宏
8枠 18番 アドミラブル 牡3 57 M.デムーロ 音無秀孝

過去10年で平均17.8頭の1~16番で「内14:外6」
(3着は1~14番で「内6:外4」)。
馬番は「1番」の6連対がトップで、「3番」「8番」が2連対ずつ。
(3着までだと、「1番」7回、「3番」5回、「7番」「14番」3回、「8」「10」「11」の2回。)

皐月賞馬アルアインは7番、ホープフルS勝ちのレイデオロは12番、青葉賞勝ちのアドミラブルは18番、共同通信杯勝ちのスワーヴリチャードは4番、、毎日杯2着からのサトノアーサーは6番、弥生賞勝ちのカデナは13番、皐月賞2着のペルシアンナイトは11番、皐月賞3着のダンビュライトは1番に入った。

※出馬表・成績・オッズ等は主催者発表のものと照合してください


[PR]
by a_doctrinaire | 2017-05-25 14:54 | 競馬(GⅠ) | Trackback | Comments(0)

優駿牝馬(日本オークス)の結果 2017
晴天の良馬場で行われた優駿牝馬(日本オークス)は…

1番人気ソウルスターリングは好スタートスッと目につけて2番手。1コーナーは3番手で回る。向う正面では4番手。残り1000mの手前で上がって行って2番手で800mを切る。4コーナーから直線で馬場の中ほどへ移動する。仕掛けて、残り400mから追い出す。先頭に立ったようだが、内から馬が来た影響か外に行って、ムチが入る。少し立ちあがるような仕草をしたので、ムチを連打。残り200mで反応すると抜け出して、ムチと追いでリードを広げてゴールし、優勝。

6番人気モズカッチャンもスタートはまずまずで、そのまま前目に。5、6番手辺り。2コーナーでは7、8番手。向う正面でも7、8番手辺り。残り1000mで6番手に上がり、4コーナーでは内を回りながら肩ムチが入った。直線では馬場の中ほどを追い出す。鞭を抜いて、右ムチが入って残り400m。追いとムチで先頭に立ったが、残り200mで外から一気に行かれてムチと追いで抗うも、差は広がって2着。

2番人気アドマイヤミヤビは少し2歩目が出なかったか後方から。13番手辺りで1周目のゴール板を通過。向う正面では13、14番手で並走。道中はほぼその位置取り。4コーナーは外を回って、ムチが入ったか追い出す。直線で一番外に出して、追い出す。右ムチが入って、一気に内へ行ったので、修正して左ムチが入る。右ムチを入れるもまた内へ入り、残り200mで7番手。追いとムチで少しずつ差を詰めていくも前2頭は抜けており、ゴール直前に3番手に上がって3着。

外枠もこたえたようで。

4着はアタマ差でディアドラ。5着は直線で接触があった3番人気リスグラシュー。馬場の内側も綺麗で、逃げたフローレスマジックが6着に粘る展開。


予想は1着、3着、4着、5着。

敗因はペースがココまで落ちるとは思わなかった事。1000mの通過が61.7で逃げ馬が6着。過去10年で最も遅かった61.3秒よりもさらに遅かった…。コレといった逃げ馬はいなかったが、先行勢の2、3頭からある程度行ってのペースになるかと考えたのが甘かった。

かなり後方からの馬を中心に選んだのが裏目に。枠も外だったのが影響したようで。枠もよく中団辺りにつけそうだったモズカッチャンは選ばず。


前日と同じです…今年は本当にペースを読めていないのがイタい。


[PR]
by a_doctrinaire | 2017-05-22 00:01 | 競馬(GⅠ) | Trackback | Comments(0)


競馬重賞の傾向とMHP3rd、太閤立志伝4やレトロゲーム
検索
最新の記事
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク