カテゴリ:競馬(年間収支・データ)( 13 )

重賞の1番人気 2016
中央競馬の重賞が終了しましたので、来年に向けて2016年の復習?を。

買う買わないを判断する上でも必要になるであろう「1番人気(単勝)」をチェックしてみます(後半で2番人気と3番人気も)。

予想をするは「平場重賞」で、今年は128レース。

おそらく「1番人気」は1着41回、2着28回、3着12回(同率や間違いがあるかもしれません…)。

16年は「勝率」32.03% 「連対(2着以内)率」53.91% 「複勝(3着以内)率」63.48%

ちなみに数年前は…
15年は「勝率」21.42% 「連対率」48.41% 「複勝率」60.03%
14年は「勝率」25.40% 「連対率」45.24% 「複勝率」57.14%
13年は「勝率」31.45% 「連対率」41.94% 「複勝率」53.23%
12年は「勝率」26.61% 「連対率」48.39% 「複勝率」58.87%

年毎に違いがありますが、「4回に1度勝つ程度」「2回に1度以上は3着以内」くらいに思っているのが良いようで…。


レース中の「不利」や「故障」は仕方ないですが、「連対馬より位置取りが後ろ」「不利な脚質」「実績不足」「初コースや初遠征」「休み明け」など戦前から怪しい部分のある『過剰人気』もみられます。

それに毎年「上位人気が苦戦するレース」では『求められるモノが違う』ようで、1番人気と思わない方がいい場合も…。

「正しい?評価の1番人気」だともう少し違うような気もしますが、コレばかりは新聞各社の影響などもあるので、どうにもなりません。

それに、その影響で人気薄の高配当というのが生まれるワケですし…。

「1番人気をどう判断するか」が、予想のポイントになると思うので、しっかり考えたいです。


上位人気として、まとめる事も多いので、2番人気や3番人気もチェックしておきます。

16年 2番人気「勝率」20.31% 「連対率」38.28% 「複勝率」53.90%
15年 2番人気「勝率」18.25% 「連対率」29.37% 「複勝率」40.48%
14年 2番人気「勝率」19.84% 「連対率」34.92% 「複勝率」43.65%
13年 2番人気「勝率」18.55% 「連対率」33.87% 「複勝率」45.97%

16年 3番人気「勝率」17.96% 「連対率」30.46% 「複勝率」43.75%
15年 3番人気「勝率」15.07% 「連対率」21.43% 「複勝率」34.13%
14年 3番人気「勝率」15.05% 「連対率」27.78% 「複勝率」37.30%
13年 3番人気「勝率」11.29% 「連対率」24.19% 「複勝率」40.32%

と、数字上は「人気が高い方が来る事が多い」です

ただ、コチラは「逆転を期待されての怪しい人気」も多いので、「馬連」の売れ方をチェックする方がイイ事も…。


[PR]
by a_doctrinaire | 2016-12-29 00:12 | 競馬(年間収支・データ) | Trackback | Comments(0)

重賞収支 2016
中央競馬(JRA開催)が終了しましたので、いつも通りのマイナスですが、「2016年の重賞収支」を載せておきます。

予想は基本「4頭選んでBOX」で、馬連6点と3連複4点で1点100円で計算。中山金杯は1頭除外で3頭BOX。変則買いは弥生賞ときさらぎ賞(馬連2点、3連複1点)、クイーンCと東スポ杯2歳S(馬連3点、3連複3点)、優駿牝馬(馬連1点)、ローズSとオールカマーと神戸新聞杯(馬連1点、3連複2点)。

 重賞収支 2016

中山金杯 0 0 ※除外で3頭BOX
京都金杯 0 0
シンザン記念 0 0
フェアリーS 0 0
愛知杯 0 0
京成杯 0 0
日経新春杯 510 0
AJC杯 0 0
東海S 0 0
根岸S 0 0
シルクロードS 0 0
東京新聞杯 4690 0
きさらぎ賞 0 430 ※馬連2点、3連複1点
クイーンC 0 0 ※馬連3点、3連複3点
共同通信杯 0 0
京都記念 0 0
ダイヤモンドS 0 0
京都牝馬S 0 0
小倉大賞典 0 0
フェブラリーS 0 0
アーリントンC 0 0
中山記念 800 900
阪急杯 1510 0
オーシャンS 4360 0
チューリップ賞 0 0
弥生賞 220 190 ※馬連2点、3連複1点
中日新聞杯 0 0
中山牝馬S 0 0
フィリーズR 0 0
ファルコンS 0 0
スプリングS 0 0
阪神大賞典 670 810
フラワーC 0 0
日経賞 600 0
毎日杯 370 0
高松宮記念 0 0
マーチS 0 0
ダービー卿CT 0 0
大阪杯 0 0
ニュージーランドT 0 0
阪神牝馬S 350 0
桜花賞 960 0
アンタレスS 510 0
皐月賞 0 0
福島牝馬S 0 0
フローラS 0 0
マイラーズC 0 0
青葉賞 0 0
天皇賞(春) 0 0
京都新聞杯 0 0
NHKマイルC 940 0
新潟大賞典 5190 0
京王杯SC 0 0
ヴィクトリアマイル 0 0
平安S 0 0
優駿牝馬 420 2070 ※馬連1点
東京優駿(日本ダービー) 700 0
目黒記念 0 0
鳴尾記念 630 0
安田記念 0 0
エプソムC 750 0
マーメイドS 6030 24090
ユニコーンS 340 0
函館SS 0 0
宝塚記念 0 0
ラジオNIKKEI賞 0 0
CBC賞 0 0
七夕賞 0 0
プロキオンS 0 0
函館記念 0 0
函館2歳S 0 0
中京記念 0 0
クイーンS 0 0
アイビスSD 360 0
レパードS 260 0
小倉記念 13340 0
エルムS 0 0
関屋記念 0 0
札幌記念 0 0
北九州記念 0 0
キーンランドC 0 0
新潟2歳S 0 0
札幌2歳S 0 0
新潟記念 0 0
小倉2歳S 0 0
紫苑S 1210 0
京成杯AH 0 0
セントウルS 490 5050
ローズS 0 0 ※馬連1点、3連複2点
セントライト記念 0 0
オールカマー 0 0 ※馬連1点、3連複2点
神戸新聞杯 0 0 ※馬連1点、3連複2点
シリウスS 800 1120
スプリンターズS 0 0
サウジアラビアロイヤルC 1090 570
毎日王冠 800 0
京都大賞典 1420 1520
府中牝馬S 0 0
秋華賞 0 0
富士S 0 0
菊花賞 0 0
スワンS 0 0
アルテミスS 440 1900
天皇賞(秋) 0 0
京王杯2歳S 0 0
ファンタジーS 0 0
アルゼンチン共和国杯 0 0
みやこS 0 0
デイリー杯2歳S 0 0
武蔵野S 0 0
エリザベス女王杯 0 0
福島記念 0 0
東京スポーツ杯2歳S 0 1100 ※馬連3点、3連複3点
マイルCS 0 0
京都2歳S 0 0
京阪杯 1110 0
ジャパンカップ 0 0
ステイヤーズS 0 0
金鯱賞 0 0
チャンピオンズC 0 0
チャレンジカップ 0 0
カペラS 0 0
阪神ジュベナイルF 510 0
ターコイズ 0 0
朝日杯フューチュリティS 0 0
阪神C 0 0
ホープフルS 0 0
有馬記念 440 0

合計すると…

「馬連」は購入73000円、払い戻し56370円、収支は-16630円 回収率は77.22%
128レースして的中は34レースで、的中率は26.56%

「3連複」は購入49600円、払い戻し40240円 収支は-9360円 回収率は81.13%
128レースして的中は13レースで、的中率は10.15%

毎年恒例の赤字ですが、今年も何とか「年1回万馬券」は達成…。馬連は小倉記念の1万3340円、3連複はマーメイドSの2万2090円の1つずつ。2つずつくらい当てれば、回収率も上がりますが…。

1~3着まで順番も的中していたのはマーメイドS、ユニコーンS、アルテミスSの3つのみ。ただ、マーメイドSは、買っていれば1点で14万7190円でした…。ほぼ毎年赤字に加え、なかなか当たらない事もあって、予算の都合で、馬単や3連単は買わないのですが、今年に限っては、1レース100円ずつ買っても1万2800円が15万ほどになったのに…。ま、こんな事は初めてなので、予想?できるはずもないのですが(それでいいのか?)。


GⅠは22レースして、当たったのが馬連7レースで的中率31.81%(回収率は59.21%)、3連複は1レースで的中率4.54%(回収率は23.52%)。昔と比べて、ココが一番マズい。時間をかけているのに、コレでは…。


問題点は昨年と変わらず。条件を引き下げたにも関わらず、128レース中23レースは予想候補の時点で外れており、傾向のチェック自体がダメなようで。マーメイドSのように上手く使えている時もありますが、さすがに少ない…。

逆を狙って失敗するのもいつも通り。傾向を重視して失敗すると、次軽視して失敗…騎手が下手に乗れば、次は可能性ありそうでも切ったり、展開などでも逆になるのも多かったです。買い方は固定した方がいいかもしれません。


結論?から言うと「ココの予想は買わないように!」

当たりはしませんが、来年も何となく予想していきます。楽しい予想を心掛けて…。


[PR]
by a_doctrinaire | 2016-12-28 00:20 | 競馬(年間収支・データ) | Trackback | Comments(0)

重賞の1番人気 2015
さて、中央競馬の重賞がすべて終了したので、翌年に向けて今年(2015年)の復習を。


馬券を当てる上で買う買わないを判断する上でも必要になるであろう「1番人気」をチェック!


予想するのはJRAの「平場重賞」で、今年も126レース。


おそらく「1番人気」は1着27回、2着34回、3着15回(同率とかあるかもしれないので)。

「勝率(1着)」21.42%、「連対(1着と2着)率」48.41%、「複勝(3着以内)率」60.03%

少し前は…

14年は「勝率」25.40%、「連対率」45.24%、「複勝率」57.14%
13年は「勝率」31.45%、「連対率」41.94%、「複勝率」53.23%
12年は「勝率」26.61%、「連対率」48.39%、「複勝率」58.87%

年ごとに違うので「4回に1度くらい勝つ」「2回に1度以上は3着以内」くらいに思っているのがよいのかと…。



レース中の「不利」や「故障」は仕方ないが、「連対馬より位置取りが後ろ」「不利な脚質」「実績不足」「初コースや初遠征」「休み明け」など戦前から怪しい部分のある『過剰人気』も多い。


特に毎年のように「上位人気が苦戦」するようなレースは、『求められるモノが違う』ので、気を付けたい。





ちなみに…

15年 2番人気「勝率」18.25%、「連対率」29.37%、「複勝率」40.48%
14年 2番人気「勝率」19.84%、「連対率」34.92%、「複勝率」43.65%
13年 2番人気「勝率」18.55% 「連対率」33.87% 「複勝率」45.97%


15年 3番人気「勝率」15.07%、「連対率」21.43%、「複勝率」34.13%
14年 3番人気「勝率」15.05%、「連対率」27.78%、「複勝率」37.30%
13年 3番人気「勝率」11.29%、「連対率」24.19%、「複勝率」40.32%


と、数字上は「人気が高い方が来る事が多い」みたいです。



[PR]
by a_doctrinaire | 2015-12-30 01:01 | 競馬(年間収支・データ) | Trackback | Comments(0)

重賞収支 2015
中央競馬(JRA開催)が終了しましたので、いつも通りのマイナスですが、例年通り「2015年の重賞収支」を載せておきます。


予想は基本「4頭選んでBOX」で、馬連6点と3連複4点で1点100円で計算。変則買いは京都記念(馬連1点、3連複2点)と桜花賞(馬連4点と3連複6点)、5頭BOXにした京阪杯(馬連10点と3連複10点)。

やむを得ない事情でクイーンSとアイビスSDは買えませんでしたが、馬券がないので外れとして計上。


中山金杯 0 0
京都金杯 0 0
シンザン記念 4080 0
フェアリーS 0 0
京成杯 1350 0
日経新春杯 0 0
京都牝馬S 0 0
AJC杯 0 0
東海S 0 0
根岸S 710 0
シルクロードS 0 0
きさらぎ賞 260 420
東京新聞杯 0 0
クイーンC 0 0
共同通信杯 710 0
京都記念 0 0 ※馬連1点3連複2点
ダイヤモンドS 0 0
小倉大賞典 0 0
フェブラリーS 0 0
アーリントンC 0 0
中山記念 880 0
阪急杯 0 0
オーシャンS 0 0
チューリップ賞 0 0
弥生賞 3380 0
中日新聞杯 0 0
中山牝馬S 0 0
フィリーズR 0 0
フラワーC 0 0
ファルコンS 0 0
スプリングS 1090 1180
阪神大賞典 0 0
日経賞 2190 0
毎日杯 0 0
高松宮記念 0 0
マーチS 0 0
ダービー卿CT 0 0
大阪杯 840 0
ニュージーランドT 0 0
阪神牝馬S 0 0
桜花賞 0 0 ※馬連4点3連複6点
アンタレスS 0 0
皐月賞 790 0
福島牝馬S 0 0
フローラS 1120 0
マイラーズC 0 0
青葉賞 1190 0
天皇賞(春) 0 0
京都新聞杯 0 0
NHKマイルC 0 0
新潟大賞典 0 0
京王杯SC 0 0
ヴィクトリアマイル 0 0
平安S 0 0
優駿牝馬 1160 0
東京優駿(日本ダービー) 0 0
目黒記念 0 0
鳴尾記念 0 0
安田記念 0 0
エプソムC 380 0
マーメイドS 0 0
ユニコーンS 0 0
函館SS 0 0
宝塚記念 0 0
ラジオNIKKEI賞 0 0
CBC賞 0 0
七夕賞 0 0
プロキオンS 0 0
函館記念 8120 0
函館2歳S 1390 0
中京記念 0 0
クイーンS 0 0 ※馬券買えずも計上
アイビスSD 0 0 ※馬券買えず計上
レパードS 0 0
小倉記念 2810 0
エルムS 1460 0
関屋記念 3800 25190
札幌記念 0 0
北九州記念 0 0
キーンランドC 0 0
新潟2歳S 0 0
札幌2歳S 0 0
新潟記念 0 0
小倉2歳S 1590 0
京成杯AH 0 0
セントウルS 11010 0
ローズS 0 0
セントライト記念 0 0
オールカマー 1010 0
神戸新聞杯 0 0
シリウスS 0 0
スプリンターズS 0 0
サウジアラビアロイヤルC 930 780
毎日王冠 0 0
京都大賞典 0 0
府中牝馬S 0 0
秋華賞 0 0
富士S 0 0
菊花賞 0 0
スワンS 0 0
アルテミスS 0 0
天皇賞(秋) 0 0
京王杯2歳S 0 0
ファンタジーS 0 0
アルゼンチン共和国杯 0 0
みやこS 0 0
デイリー杯2歳S 220 0
武蔵野S 0 0
エリザベス女王杯 0 0
福島記念 0 0
マイルCS 0 0
東京スポーツ杯2歳S 0 0
京都2歳S 0 0
京阪杯 0 0 ※5点BOX
ジャパンカップ 0 0
ステイヤーズS 0 0
金鯱賞 1440 0
チャンピオンズC 0 0
チャレンジカップ 0 0
カペラS 0 0
阪神ジュベナイルF 0 0
ターコイズ 0 0
朝日杯フューチュリティS 520 0
阪神C 0 0
ホープフルS 0 0
有馬記念 0 0



合計すると…

馬連は購入が75300円、払い戻しが54430円で、収支は-20870円 回収率は72.28%
126レース中27レース当たって、的中率が21.43%

3連複は購入51000円、払い戻し28360円で、収支は-22640円 回収率55.61%
126レース中5レース当たって、的中率は3.97%


いつも通りの赤字ですが、昨年出来なかった「年1回万馬券」は達成!しかし、関屋記念の3連複2万5190円とセントウルSの馬連11010円がありながらの上記回収率だけに褒められたモノでは…。


GⅠは22レース中馬連が3レースのみで、3連複は昨年同様に全滅。3連複は当然全くのゼロですが、馬連が的中率13.64%、回収率が19%と過去に記憶にないほど悪い結果でした…。

10月以降がかなり悪く、その影響がモロに出たカタチ。苦手の夏競馬が良かっただけに悔やまれる。


後、データで見ると「1着3着や2着3着」が多かったかと。「ワイド」だと的中率52.38%、回収率が88.59%と少しマシに。体感的に「遅いぞ、こらーっ!!」と何度叫んだか…どうも後ろから狙う傾向が強いようで(苦笑)。





問題点は昨年同じ…反省出来ていませんでした。

126レース中30レースは予想候補の時点で外れており、8割や9割ラインに引き上げているのが失敗のようで。絞れないですが、過去のデータの「最低ライン」からしっかり予想候補とすべきかと。うまく追加できるなら問題ないんですが…そこのセンスが足りない。


予想候補からの選択も同じくあまりうまく言って無いかと。人気薄を入れていると上位人気を入れ損ね、上位人気を狙うと人気薄を入れない…逆を行くのが上手いっ!(意味がネー)。


応援馬を今年はかなり切ったんですが、他が悪すぎて「そもそも応援馬は関係なかったんじゃ…」という始末。


来年こそは、反省を活かそう…活かさねば…活かす時っ!?





予想に時間が取れないようになってきて、楽しめてもいないのが毎年の悩み。ただ、例年苦手としていた夏競馬が1週間あたりのレース数が減る事に加え、応援馬の出走が少なかった事もあり、楽しみながらの予想ができたと思われます。


来年もソコを目指したい…(いや、回収率プラスを目指せヨ!)。



[PR]
by a_doctrinaire | 2015-12-29 02:25 | 競馬(年間収支・データ) | Trackback | Comments(0)

重賞の1番人気 2014
さて、JRAの重賞がすべて終わりましたので、例年通り翌年に向けて今年(2014年)の復習をしておきます。


馬券を当てる上で買う買わないを判断する上でも必要になるであろう1番人気をチェック!


予想に手を出すのはJRAの「平場重賞」で、今年は126レース。


おそらく「1番人気」は1着32回、2着25回、3着15回(同率とかあるかもしれないので)。

「勝率」25.40%、「連対(1着と2着)率」45.24%、「複勝(3着以内)率」57.14%


ちなみに…

13年は「勝率」31.45%、「連対率」41.94%、「複勝率」53.23%
12年は「勝率」26.61%、「連対率」48.39%、「複勝率」58.87%

年ごとにやや違いが出るので、「4回に1度くらい勝つ」「2回に1度以上は3着以内」くらいに思っている方がいいようで。


ただ、レース中の「不利」や「故障」は仕方ないが、「連対馬より位置取りが後ろ」「不利な脚質」「実績不足」「初コースや初遠征」「休み明け」など戦前から怪しい部分のある『過剰人気』も多い。

特に毎年のように「上位人気が苦戦」するようなレースは、『求められるモノが違う』ので、気を付けたい。



他の上位人気は

2番人気が「勝率」19.84%、「連対率」34.92%、「複勝率」43.65%
3番人気は「勝率」15.05%、「連対率」27.78%、「複勝率」37.30%

人気が上の方が絡む率は高くなっている。ただ、上位人気3頭で決まったのは126レース中4レースと少なく(2年延ばしても6、7レース)、3連複で上位人気ばかり買うのはあまりお奨めできない。

こちらは「1強」時に押し出されるカタチで過剰人気になるケースも。有名な所では「3歳クラシックのトライアル」などは2、3番人気が過剰人気になりやすい。





あくまで「人気」は「支持」なので、結果に繋がらない事も多いと憶えておきたい。




[PR]
by a_doctrinaire | 2014-12-31 00:09 | 競馬(年間収支・データ) | Trackback | Comments(0)

重賞収支 2014
JRAの今年の競馬が終了しましたので、かなりのマイナスですが、例年通り「2014年の重賞収支」を載せておきます。


予想は基本「4頭選んでBOX」で、馬連6点と3連複4点で1点100円で計算。変則はアーリントンC、阪神大賞典、優駿牝馬と除外で3頭になった小倉2歳S。


 2014年 重賞予想の収支

レース名 馬連配当 3連複配当
中山金杯 0 0
京都金杯 0 0
シンザン記念 320 970
フェアリーS 0 0
京成杯 0 0
日経新春杯 0 0
京都牝馬S 880 2470
AJC杯 0 0
東海S 0 0
根岸S 0 0
シルクロードS 0 0
きさらぎ賞 150 0
京都記念 4270 7420
東京新聞杯 0 0
クイーンC 480 0
ダイヤモンドS 0 0
小倉大賞典 2760 0
フェブラリーS 0 0
共同通信杯 680 0
アーリントンC 740 0 ※3頭BOX
中山記念 0 0
阪急杯 0 0
オーシャンS 0 0
チューリップ賞 0 0
弥生賞 690 0
中日新聞杯 0 0
中山牝馬S 800 0
フィリーズR 0 0
フラワーC 0 0
ファルコンS 850 0
スプリングS 0 0
阪神大賞典 0 0 ※馬連1点 3連複2点
日経賞 0 0
毎日杯 0 0
高松宮記念 0 0
マーチS 0 0
ダービー卿CT 0 0
大阪杯 0 0
ニュージーランドT 1400 0
阪神牝馬S 630 4850
桜花賞 370 0
アンタレスS 0 0
皐月賞 920 0
福島牝馬S 0 0
フローラS 0 0
マイラーズC 860 1310
青葉賞 0 0
天皇賞(春) 0 0
京都新聞杯 0 0
NHKマイルC 0 0
新潟大賞典 1050 1300
京王杯SC 0 0
ヴィクトリアマイル 8450 0
平安S 0 0
優駿牝馬 380 0 ※馬連3点 3連複3点
東京優駿(日本ダービー) 850 0
目黒記念 0 0
鳴尾記念 0 0
安田記念 0 0
エプソムC 0 0
マーメイドS 0 0
ユニコーンS 0 0
函館SS 0 0
宝塚記念 0 0
ラジオNIKKEI賞 0 0
CBC賞 0 0
七夕賞 0 0
プロキオンS 0 0
函館2歳S 0 0
函館記念 0 0
エルムS 0 0
中京記念 0 0
クイーンS 0 0
アイビスSD 0 0
レパードS 0 0
小倉記念 0 0
関屋記念 1990 0
札幌記念 400 0
北九州記念 0 0
キーンランドC 0 0
新潟2歳S 0 0
札幌2歳S 0 0
新潟記念 0 0
小倉2歳S 0 0 ※1頭除外 3頭BOX
京成杯AH 0 0
セントウルS 0 0
ローズS 0 0
セントライト記念 250 0
オールカマー 0 0
神戸新聞杯 0 0
シリウスS 840 0
スプリンターズS 0 0
いちょうS 2100 0
毎日王冠 0 0
京都大賞典 0 0
府中牝馬S 0 0
秋華賞 0 0
富士S 0 0
菊花賞 0 0
スワンS 0 0
アルテミスS 0 0
天皇賞(秋) 0 0
京王杯2歳S 0 0
ファンタジーS 0 0
アルゼンチン共和国杯 1510 0
みやこS 0 0
デイリー杯2歳S 1770 970
武蔵野S 0 0
エリザベス女王杯 0 770
福島記念 0 0
マイルCS 0 0
東京スポーツ杯2歳S 0 0
京都2歳S 0 0
京阪杯 0 0
ジャパンカップ 0 0
ステイヤーズS 0 0
金鯱賞 0 0
チャンピオンズC 0 0
チャレンジカップ 0 0
カペラS 0 0
阪神ジュベナイルF 2200 0
愛知杯 0 0
朝日杯フューチュリティS 0 0
阪神C 0 0
ホープフルS 0 0
有馬記念 0 0


合計すると…

馬連は購入が73800円、払い戻しが38590円で、収支は-35210円 回収率は52.29%
126レース中28レース当たって、的中率が22.22%

3連複は購入49400円、払い戻し19290円で、収支は―30110円 回収率40.61%
126レース中7レース当たって、的中率は5.56%


相変らずの大赤字ですが、特に回収率が下がっています。的中率も6月初旬~8月中旬にかけてが全滅と苦手の夏が始まる前からすでに赤信号…。最期の巻き返しを図る秋競馬もGⅠなどで1着3着、2着3着が多く、伸びず…。

さらに「年1年万馬券」も達成できず…チャンピオンズCを予想候補のまま買っていれば3連複が、有馬記念もいつも買わないデータのジャスタウェイと悩まなければ馬連と3連複にチャンスがあっただけに残念…。

5頭BOXでなら的中していた部分もありますが、そうすると経験則で「6頭目で当たっていた」という事になりかねないので、何とも…。

GⅠは、3連複は全滅で問題外。馬連は秋がかなり酷かった割に的中率31.81%の回収率1.05%ですが、まだマシな程度。



問題点は…

126レース中35レースは予想候補の時点で外しており、まずはココから改善する必要があるかと。過去のデータからは状態が分からない事もあり、実績・距離・コースが中心に。絞るための近走などに少し余地をみたい。

次に予想候補で人気薄を残せても予想に反映できていない、或いは人気薄は当たっているが上位人気を予想に入れないという辺り。チェックは上位人気からしていく事を心がけねば。

最期はやはり応援馬。予想に私情を挟まないようにすれば済むが、「切って来られるくらいなら、買って来ない方がいい」という精神衛生上の理由と、かなり厳しい予算の都合があり…。コレだけは譲りにくいので、何とか他で結果を出してカバーしたい。





ココ数年、あまり楽しめていないので、来年は楽しく予想できるように改善したいです。



[PR]
by a_doctrinaire | 2014-12-30 00:21 | 競馬(年間収支・データ) | Trackback | Comments(0)

重賞の1番人気 2013
昨年に続いて、来年に向けて少し復習?をしておく事に。


馬券を当てる…或いは高配当を当てるために、買う買わないはともかく必要となるであろう「1番人気成績」をちょっと調べておきます。


基本、ワタクシが手を出すのは「平地重賞」。今年は全部で124レース。


1番人気は、1着39回、2着13回、3着14回ではないかと(同率とかもあるかもしれないので…)。

「勝率」31.45% 「連対率」41.94% 「複勝率」53.23%


昨年とは違いがあるので、毎年違った見方をする必要はありそうです。



1番人気で4着以下になったレースでは…


「連対馬よりも位置取りが後ろ」
「出遅れ」
「レース中故障」
「ハンデ戦でトップハンデ、或いは別定でも斤量が重い」
「初コースや初遠征」
「休み明け」
「人気馬不振レース」
「OP以上初出走」
「重賞に出走あるが連なし」
「不利な脚質」


などがあったかと。


スタートしてみないと分からない場合もありますが、レース前から怪しそうな「過剰人気」も見受けられたので、そこに注意する必要がありそうです。



他の上位人気は…

2番人気は勝率18.55% 連対率33.87% 複勝率45.97%
3番人気は勝率11.29% 連対率24.19% 複勝率40.32%

と、数字上は「人気が高い方が来る事が多い」みたいです。





人気が高いという事は実績や実力が評価されている事が多いのですが、「人気上位=実力がある=今回勝利」というワケでは無いので、その辺りを冷静に判断できるようになりたいです。


ただ、特に東京優駿などGⅠでは「外してもイイから応援馬!」というスタイルは来年も変えられそうに無いですが…。



[PR]
by a_doctrinaire | 2013-12-27 00:21 | 競馬(年間収支・データ) | Trackback | Comments(0)

重賞収支 2013
さて、JRAの今年の競馬が終了したという事で、かなりマイナスな事が分かっていますが、「2013年度の重賞収支」を確認します。結果を載せていたので、毎週のように反省の弁?を述べながら、活かせていないというのが現状かと…。


予想は基本的に「4頭選んでBOX」で馬連(6点)と3連複(4点)で1点100円で計算します。今年は変則で買うのを減らそうとしたので、阪神大賞典の両方1点勝負と大阪杯の3点勝負の2回のみ。


 2013年 重賞予想結果

レース名 馬連配当 3連複配当
中山金杯 0 0
京都金杯 2150 0
シンザン記念 0 0
フェアリーS 0 0
日経新春杯 0 0
京都牝馬S 690 0
AJC杯 0 0
東海S 0 0
京成杯 0 0
根岸S 1380 0
シルクロードS 2380 0
東京新聞杯 0 0
きさらぎ賞 0 0
クイーンC 0 0
共同通信杯 0 0
京都記念 0 0
ダイヤモンドS 0 0
小倉大賞典 0 0
フェブラリーS 10330 16150
アーリントンC 330 0
中山記念 0 0
阪急杯 0 0
オーシャンS 0 0
チューリップ賞 0 0
弥生賞 0 0
中日新聞杯 0 0
中山牝馬S 0 0
フィリーズR 0 0
フラワーC 0 0
ファルコンS 0 0
スプリングS 0 0
阪神大賞典 0 0 ※馬連と3連複 1点ずつ
日経賞 0 0
毎日杯 0 0
高松宮記念 470 0
マーチS 0 0
ダービー卿CT 0 0
大阪杯 360 770 ※馬連も3連複共に3点
ニュージーランドT 0 0
阪神牝馬S 2320 0
桜花賞 0 0
アンタレスS 0 0
皐月賞 0 0
福島牝馬S 0 0
フローラS 0 0
マイラーズC 0 0
青葉賞 0 0
天皇賞(春) 0 0
京都新聞杯 2470 0
NHKマイルC 0 0
新潟大賞典 0 0
京王杯SC 2630 0
ヴィクトリアマイル 0 0
平安S 1930 0
優駿牝馬 0 0
東京優駿(日本ダービー) 970 0
目黒記念 0 0
鳴尾記念 0 0
安田記念 0 0
エプソムC 0 0
マーメイドS 0 0
ユニコーンS 0 0
函館SS 0 0
宝塚記念 0 0
ラジオNIKKEI賞 0 0
CBC賞 0 0
七夕賞 0 0
プロキオンS 0 0
函館記念 0 0
函館2歳S 0 0
中京記念 0 0
クイーンS 0 0
アイビスSD 0 0
レパードS 0 0
小倉記念 0 0
関屋記念 0 0
札幌記念 0 0
北九州記念 0 0
エルムS 0 0
キーンランドC 0 0
新潟2歳S 0 0
札幌2歳S 0 0
新潟記念 0 0
小倉2歳S 720 0
京成杯AH 1500 6860
セントウルS 240 430
ローズS 0 0
セントライト記念 0 0
オールカマー 0 0
神戸新聞杯 0 0
シリウスS 3100 0
スプリンターズS 400 0
デイリー杯2歳S 710 0
毎日王冠 0 0
京都大賞典 0 0
秋華賞 0 0
府中牝馬S 0 0
富士S 3930 0
菊花賞 0 0
スワンS 0 0
天皇賞(秋) 0 0
アルテミスS 1570 0
アルゼンチン共和国杯 0 0
みやこS 0 0
京王杯2歳S 0 0
ファンタジーS 5740 0
武蔵野S 0 0
エリザベス女王杯 0 0
東京スポーツ杯2歳S 0 0
福島記念 0 0
マイルCS 0 0
京阪杯 0 0
ジャパンカップ 0 0
ステイヤーズS 0 0
金鯱賞 0 0
ジャパンカップダート 0 0
朝日CC 0 0
カペラS 0 0
阪神ジュベナイルF 1240 6220
愛知杯 0 0
朝日杯フューチュリティS 0 0
ラジオNIKKEI杯2歳S 0 0
有馬記念 860 1420
阪神C 0 0


合計すると…


馬連は
購入が73600円で払い戻しが48420円 収支は-25180円 回収率は65.79%
124レース中的中は24レース 的中率は約19.35% 

3連複は
購入が49400円で払い戻しが31850円 収支は-17550円 回収率は64.47%
124レース中的中は6レース 的中率は約4.84%





相変らずの大赤字でした。今年は2月に良い的中があったにも関わらずその後が続かず。さらに「3月」「6月」「7月」がほぼ全滅と的中率が昨年より酷い。まず馬連を以前のように3割以上に戻さないと…。ちなみに前半は予想候補からの選択が悪く、後半は予想候補のラインや追加が不振。


私事や出走メンバーなどで「やる気」が極端に落ちるケースが多かったのもマズかった。現場での直感の方が的中しており、ジャパンカップは3連複を買っていれば、一気に回収率を上げる事が出来ていました。毎年の事ですが、メンタル面を何とかする必要はありそうです。


今年は頑張って?変則買いをせずに4頭BOXで勝負。ただ、それが良かったとは言い難く、5頭目を選べば的中というケースが多かったので、減らす方向では無く増やす事を考えるべきでした。





良かったのは目標にしていた「年1回万馬券」をフェブラリーSで達成できた事。ただ、今年は人気薄の単勝本命もいいのが無く、的中も少なかったため、他に良いトコロは見当たらず…。NHKマイルCのハナ差の1着、3着は惜しかったですが、2着を狙う事も可能でしたし、愛知杯2着のキャトルフィーユも2番手評価まで。


GⅠ22戦は、馬連が6レース当って的中率27.27%、3連複は3レースで的中率13.64%ながら、回収率が馬連108.11%、3連複264.33%とプラス。しかし、それもフェブラリーSが大きかっただけなので、何とも…。





昨年も同じような事を書いてましたが、「当たらないのでチャレンジしない」というのも何なので、また来年は頑張ってみます…。



[PR]
by a_doctrinaire | 2013-12-25 00:19 | 競馬(年間収支・データ) | Trackback | Comments(0)

重賞の1番人気 2012
今年の中央競馬が終わりましたが、来年に向けても少し復習をしておこうかと。


基本、ワタクシが手を出すのは重賞で、全部で124レースありました。


その内「1番人気」は1着33回、2着27回、3着13回で、


「勝率」は26.61%、「連対率」は48.39%、「複勝率」は58.87%


「半分弱が2着、6割くらいが3着に来ている」計算ですが、反対に「半分強は2着にも来ないし、4割は馬券に絡んでいない」ワケで…。その辺りをどう判断するかがポイントになりそうです。





ちなみに4着以下となった51レースの1番人気では…

「連対馬より位置取りが後ろ」
「初コース、初遠征」
「休み明け」
「ハンデ戦でハンデが重い」
「出遅れ」
「レース中故障」

などかと。


さすがにレース前に分からない部分もありますが、過剰人気っぽいのもあったので、その辺りが判断できれば。


「買っていい1番人気」、「買うと危ない1番人気」を判断できるようになるのも、「的中率アップへの近道」かもしれません。





「『1番人気』の性能をあてにしすぎる…『予想』はもっと有効に行うべきだ」



[PR]
by a_doctrinaire | 2012-12-29 00:36 | 競馬(年間収支・データ) | Trackback | Comments(0)

重賞収支 2012
さて、今年のJRAの競馬が終了したという事で、「2012年度の重賞収支」をチェック…。すでにかなり痛い目にあっているのはわかってしますが、現実に目を向けて、凹みたいと思います。


馬券は通常は4頭の馬連BOX(6点)と3連複BOX(4点)で1点100円で計算します。稀に変則があるので、それは※マークで。


 2012年重賞予想結果

レース名 馬連配当 3連複配当 ※変則買い
中山金杯 0 0
京都金杯 0 0
シンザン記念 0 0
フェアリーS 0 0
京成杯 0 0
日経新春杯 510 0
AJC杯 300 560 ※馬連3点 3連複1点
平安S 0 0
シルクロードS 0 0
根岸S 0 0
京都牝馬S 0 0
小倉大賞典 0 0
東京新聞杯 0 0
きさらぎ賞 0 0 ※馬連1点 3連複2点
クイーンC 810 0
共同通信杯 210 640
京都記念 1580 1730
ダイヤモンドS 0 0
フェブラリーS 0 0 ※馬連1点 3連複2点
アーリントンC 0 0
中山記念 0 0
阪急杯 0 0
オーシャンS 0 0
チューリップ賞 0 0
弥生賞 0 0
中日新聞杯 0 0
中山牝馬S 0 0
フィリーズR 0 0
フラワーC 2190 0
ファルコンS 0 0
スプリングS 0 0
阪神大賞典 0 0 ※馬連3点 3連複1点
日経賞 0 0
毎日杯 0 0
高松宮記念 950 1070
マーチS 0 0
ダービー卿CT 0 0
大阪杯 0 0
ニュージーランドT 0 0
阪神牝馬S 0 0
桜花賞 1850 0
アンタレスS 0 0
皐月賞 1220 2050
福島牝馬S  0 0
フローラS 0 0
マイラーズC 0 0
青葉賞 0 0
天皇賞(春) 0 0 ※馬連3点 3連複3点
京都新聞杯 0 0
NHKマイルC 0 0
新潟大賞典 0 0
京王杯SC 0 0
ヴィクトリアマイル 0 0
東海S 0 0
優駿牝馬 820 0
目黒記念 0 0
東京優駿(日本ダービー) 0 0
鳴尾記念 590 0
ユニコーンS 830
安田記念 0 0
エプソムC 0 0
マーメイドS 0 0
函館SS 0 0
宝塚記念 1010 0
ラジオNIKKEI賞 0 0
CBC賞 3110 0
七夕賞 0 0
プロキオンS 0 0
函館2歳S 0 0
函館記念 0 0
アイビスSD 0 0
中京記念 0 0
クイーンS 0 0
レパードS 1230 1170
小倉記念 0 0
関屋記念 0 0
札幌記念 0 0
北九州記念 0 0
エルムS 260 0
キーンランドC 860 1870
新潟2歳S 0 0
札幌2歳S 0 0 ※馬連1点 3連複2点
新潟記念 0 0
小倉2歳S 0 0
セントウルS 0 0
京成杯AH 0 0
ローズS 170 0 ※馬連1点 3連複2点
セントライト記念 0 0
神戸新聞杯 0 0
オールカマー 0 0
シリウスS 0 0
スプリンターズS 510 0
デイリー杯2歳S 0 0
毎日王冠 0 0
京都大賞典 0 0
府中牝馬S 0 0
秋華賞 250 1990 ※馬連1点 3連複2点
富士S 0 0
菊花賞 0 0
スワンS 0 0
天皇賞(秋) 0 0
アルテミスS  0 0
アルゼンチン共和国杯 0 0
みやこS 0 0
京王杯2歳S 4900 0
ファンタジーS 0 0
武蔵野S 0 0
エリザベス女王杯 0 0 ※馬連3点 3連複3点
東京スポーツ杯2歳S 470 2690
福島記念 0 0
マイルCS 0 0
京阪杯 0 0
ジャパンカップ 700 1010
ステイヤーズS 11470 0
金鯱賞 0 0
ジャパンカップダート 0 0
朝日CC 0 0
カペラS 0 0
阪神ジュベナイルF 0 0
愛知杯 0 0
朝日杯フューチュリティS 0 0
ラジオNIKKEI杯2歳S 0 0 ※馬連1点 3連複1点
有馬記念 0 4020 ※馬連1点 3連複2点
阪神C 0 0


合計すると…

馬連は、購入が69900円で、払い戻しは37500円 収支は-32400円 回収率は53.6% 的中率は20.61%
3連複は、購入が47500円で、払い戻しは18800円 収支は-28700円 回収率は39.6% 的中率は8.87%


大赤字でした。今年は上半期や下半期に関係なく、全体的に酷かった…。過去5年の連対馬データに該当しない場合もありましたが、予想候補で絞り過ぎたり、追加がうまく選べていませんでした。センスの欠片もありません…。


結果論ですが、何も考えずに「1~4番人気の上位人気だけをBOX」で買ったとしても「馬連 的中率40.32% 回収率は91.27%」、「3連複 的中率14.51% 回収率93.60%」で、赤字が全然マシに。来年は上位人気の見極めが的中率アップの近道かもしれません…。


そして、今年も変則買いはほとんど失敗…。来年は、混戦模様時の頭数増やす時だけにするようにします。





良かったのは、ステイヤーズSでギリギリ「年1回万馬券」は達成できた事。新潟記念を予想候補で絞った5頭から選べれば、もっと早く達成していましたが…。

他には、本命複勝回収率は101%とプラス(本命複勝率46.0%)だったので、3連複で頭から流すという方法もひとつでした。

後は、馬連の当り25レース中9レースがGⅠレース。ダメな年もありますが、データが多いのがいい方に出ているようで。GⅠだけ楽しむようにした方がよさそう…。


ウインズや競馬場など現場に行っての「勘働き」は冴えており、追加で的中とか多いんですけど、それだとブログにあげるのが直前とかになるので…。もう少し前の時点で「コレだっ!」と思えるようになりたいです。





「当らないからチャレンジしない」っていうのもナンなので、来年もまた頑張ってみます。



[PR]
by a_doctrinaire | 2012-12-27 00:34 | 競馬(年間収支・データ) | Trackback | Comments(0)


競馬重賞の傾向とMHP3rd、太閤立志伝4やレトロゲーム
検索
最新の記事
マーチSの傾向 2017
at 2017-03-23 13:00
毎日杯の傾向 2017
at 2017-03-23 01:08
日経賞の傾向 2017
at 2017-03-22 00:54
高松宮記念の傾向 2017
at 2017-03-21 12:01
フラワーCの結果 2017
at 2017-03-21 00:03
フラワーCの予想 2017
at 2017-03-20 10:02
スプリングSの結果 2017
at 2017-03-20 00:28
阪神大賞典の結果 2017
at 2017-03-20 00:13
スプリングSの予想 2017
at 2017-03-19 08:28
阪神大賞典の予想 2017
at 2017-03-19 00:45
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク