カテゴリ:ロイヤルブラッド( 12 )

能力よりもタイミング
たまにプレイしてみたりするファミコン版「ロイヤルブラッド」。


昔は守勢プレイでしたが、今は攻勢プレイで序盤をちょこちょこと。


じっくり準備してから攻める守勢プレイでは「9月の収入」がポイントになりますが、攻勢プレイでは『タイミング』が重要に。


特に「相場」と「第5部隊(特に宝石魔術師)」をいかに使えるか…が大きい。


「少々の兵士数」や「領主の能力」の差などは、どうにかなってしまう事も。


クリサリス家の軍事力67のガッシュもタイミング次第で、初戦から軍事力90やウルフスタンや軍事力85のレッドワルト相手でも戦えます。


もちろん国が複数になれば軍事力93のギメルシュを領主にできますが、当主との交替は1ターンを使ってしまうので痛い。


ガッシュのままでライル家を潰す事も出来るので、タイミングが優先されます。


序盤に能力差はどうにもし難い(アイテム探索で可能性はありますが)ので、それ以外の所で勝負するのがいいかと。


「能力が低くても勝てます!」。



[PR]
by a_doctrinaire | 2014-09-03 12:08 | ロイヤルブラッド | Trackback | Comments(0)

直轄地だって…
時々「序盤だけ」プレイしているファミコン版「ロイヤルブラッド」のお話。


ダブル主演?のブランシェ家とライル家ではあまりないですが、他の家でのプレイで起きるのが…


家臣不足による「直轄地の増加」


当主が治める本拠地や領主がいる領地では、

政治力…「民政」の開発や「対外」にも影響
軍事力…戦争時に有利で「対外」にも影響
魅力…「民政」の施しや「対外」、おそらくは第5部隊の(契約する)特殊傭兵にも影響

など治めている人物の能力が領地経営時に反映されます。


ただ、直轄地では「当主の能力の半分しか反映されない」ようで…。


結果として民政の効果にお金や食糧が多めにかかったり、戦争で攻撃力などが落ちるなど、領主がいる場合に比べるとマイナス面が大きい。


多く家臣がいると領地が増えても対応出来るのですが、弱小勢力では非常に難しい。

家臣を増やすにも、交渉で他国の人物を配下にするのにも「当主の能力」や「相手の義理?」などが影響するようですし、他勢力を滅ぼした後も名声なのか当主の能力なのか(名声が高い勢力に人物が集まるワケではない)、簡単に増やせません。



本拠地や領主のいる領地をいかにうまく動かすことができるかもロイヤルブラッドの腕と言えそうです。


しか~しっ!直轄地が全く使えないワケではないかと。


ユニコーンやグウレイグが直轄地に来た場合は、当主の能力が上がります。能力が上がれば直轄地での行動が有利になりますし、名声が上がれば第5部隊の特殊傭兵を雇って維持するためにも有利に。


直轄地をうまく使うのも実力って事で(笑)。





『馬鹿と直轄地は使いよう』



[PR]
by a_doctrinaire | 2013-12-29 01:57 | ロイヤルブラッド | Trackback | Comments(0)

愚者で蛙…
ぼちぼちファミコン版「ロイヤルブラッド」をプレイ中。


最近は攻めを優先する「攻勢プレイ」を試しています。


そんなワタクシですが、昔はシミュレーションゲームでは内政を重視する「守勢プレイ」タイプ。


当時、我が家にはファミコンが無かったので、友人の家でプレイさせてもらっていました。


その友人は「攻勢プレイ」タイプ。


「内政や軍備など準備してから攻める方が先々が楽になる」というワタクシに対して、「相手が準備する前に取ってから内政したらいい」という答えが。


もちろん、友人の方が知識や経験があったのですが、ワタクシは性格やプレイ時間があまり無かった事もあって、リスクの少ない方を選んでいました。


ただ、その頃は「攻勢プレイ」の意味?をまったく理解できなかったのですが、


自分でファミコンを持ってじっくり、しかも何度もプレイしてみて、何となく「そのゲームの何かしら」が分かってくると、そちらも出来るようになって、「攻勢プレイもアリ!」と思えるように。


かなりの年数が経っていますが、ようやく『彼の域?』に少し近づいたのかもしれません。ただ、ロイヤルブラッドに関してちょっとだけですけれど…。


一応、頑張れば…


シナリオ3のトルディン家で1年目の6月に王家を倒す事(だけですが…)が出来たりします。昔と比べると随分と早くなりました。


しかし、もっとすごい人はいるでしょうし、他のゲームの事をしっかり分かっている人も多いはず。


きっと、まだまだ「井の中の蛙」です(笑)。



[PR]
by a_doctrinaire | 2013-06-27 02:18 | ロイヤルブラッド | Trackback | Comments(0)

序盤攻略のポイント?…守勢編
時々プレイしているファミコン版「ロイヤルブラッド」。


ゲームの難易度は低めなのですが、腕が無い事もあって、当主次第で苦戦しながら遊んでいます。


最近はもっぱら「攻勢プレイ」をお試し中ですが、


初心者でも対応できるであろう「守勢プレイ」での攻略のポイント?を…。


まずは「兵士数」。

隣接国よりも兵士が多いと攻められる事がほとんどないので、「兵士数が少ない場合は増やす」。1回もターンが回ってこないのに攻めてこられる勢力もあるのですが…。後は移動や雇用などで兵士数が増える場合もあるので、「情報」で隣接国のチェックはしておくのがいいかと。


戦争でも、兵士数が多いと柵を建てたり、壊したりの確率が上がりますし、攻撃の威力も上がります。特に弓隊が効果的に使えるようになるので、コチラの被害が格段に少なくなるかと。


次に「金と作物」。

3、6、9、12月に金と作物が支払われます。兵士数や土地の価値に応じて出ていくし、戦争でも必要なので、多い方がいい。9月に「土地の価値」と「統治度」によって収入がありますが、勢力によっては、それまでじっくり待ってられない場合も。

そこで「民政」の「取引」で作物の売買を奨めます。「たかい」時に売って、「やすい」時に買えばよいので、難しくはないかと。「ふつう」もありますが、場合によっては上手くいけば儲けられます。2月から3ヶ月毎に相場が変動するので、その辺りはしっかりチェック。

ちなみに、開始最初のターンは相場は「ふつう」で、翌月には変動するので、どちからに賭けてみては?成功すればかなり楽になります。


最後は「民政」を繰り返して「良いイベント」を起こす。

3回ほど「民政」をしていると起こる事のあるラッキーモンスターイベント。金や作物をくれたり、統治度や土地の価値、兵士を増やしてくれたり、能力を上げてくれるので、起きてくれるとありがたい。1戦しか使えませんが、第5部隊パスハが出る事も。複数領地があるなら、移動して増やすことも出来ますが。

ただ、イベントが必ず起きるというワケでもないので、何か月も頑張って全く何も起きない時の虚しさったらありゃしません(笑)。開墾や統治度をあげておけば、9月に収入が増えるので、まったく無駄にはならないですが。





兵士数をしっかり増やして、第5部隊雇えば、ドラゴンを持つ王家相手でも十分戦えるので…。じっくり国を富ませてから攻勢に出ると初心者でも大丈夫ではないでしょうか?



[PR]
by a_doctrinaire | 2013-06-22 02:18 | ロイヤルブラッド | Trackback | Comments(0)

宝石魔術師に縛られたい?
たまにプレイしているファミコン版「ロイヤルブラッド」。


昔は「必要名声」が分からなかった事もあって、出現があればパスハさんに出陣願う事もあったが、気が付くと序盤は「宝石魔術師」のみで進めている事ばかり…。


そして宝石魔術師を増やすような方向へ進み、数が増えてくると、「宝石魔術師回し」に。余裕ができると兵を増やす方にお金を使い、相手の調査も済んで「第5部隊なし」で勝てるという事も。


「モンスターや特殊傭兵」など「宝石魔術師以外の第5部隊」を使う機会がないという事もあって、いつの間にか「宝石魔術師縛り」でプレイに。

(ま、「特殊傭兵」に関しては名声が低いと去ってしまうという事もあって、必要名声が分からないと使いにくいし、モンスターは契約できる国がある程度決まっているので、すべての国でプレイできないためにどうしても限られてくるんですけどネ。)


ただ、コレではロイヤルブラッドを楽しんでいるとは言い難い。


やはり、その辺りも使えてナンボです。


そこで『宝石魔術師を使わない』というのもひとつ…


……





(゚Д゚≡゚Д゚)?


……





( ゚д゚)ハッ!


結局、「縛り」になっている…


それじゃダメじゃん!真空系マシェーティです! (春風亭昇太さん風に)


m(_ _)m…お後がよろしくないようで。



[PR]
by a_doctrinaire | 2013-04-18 00:50 | ロイヤルブラッド | Trackback | Comments(2)

名声と魅力?
たまに遊んでいるファミコン版『ロイヤルブラッド』。


以前も書きましたが、第5部隊のモンスターや傭兵隊を雇う時に問題のない「必要名声」が知りたかったので、攻略サイトを探したのですが…


古いゲームだからなのか、難易度が低いゲームだからか、人気が無いからか、そういうのが載っているサイトが見当たらず。





仕方なく、ちょこちょこ自分で調べてみたりしていたのですが…


Σ(゚д゚lll)ガーン


あるサイトのペンドラゴンの説明に「…魅力の値が極端に低く第5部隊を手懐けられない。」との一文を発見!


…ガックリorz


契約金などを除いて第5部隊を問題なく雇っておくには、「名声」だけじゃなかったのかも…。


セーブしては進めて、「離反したり、領地を荒らさないか」を確認していたのですが、魅力も影響するとなると魅力が違う人物や名声だけ増やして調べる必要も出てきました。


文章の感じだと「領主の魅力」が影響する可能性があるのかと。


モンスターが意外と低い名声で大丈夫だと感じたのは、コレもあったのかもしれません。


ガンナー辺りまで問題無かったようなので、後少しだと思ったのですが、まだまだ確認が必要なようで…。



[PR]
by a_doctrinaire | 2013-03-09 01:58 | ロイヤルブラッド | Trackback | Comments(0)

モーブル家での行く道(改)
久しぶりにファミコン版「ロイヤルブラッド」をプレイ。


シナリオ2のモーブル家でしたが、ポイズンだけでは正直厳しい。


王家を相手にするには力不足だし、時間をかけ過ぎると後が続かない。


攻めてこられる前に、14国を捨てて兵を集結させて守りを固める。


スタート直後から戦いの火蓋が切られるクリサリス家とライル家の漁夫の利を得て、安全な生産国と宝石魔術師を手に入れる事が出来ると次が狙いやすく。


ランカシア王家とブランシェ家次第になるが、出来る限りスレテート家と隣接して、国を取られても3つ目の宝石魔術師を。


ブランシェ家と戦っている様子を見ながらライル家を叩ければ、もう大丈夫かと。


領土が増えて名声もあると思うので、物価の変動に対応できて金を増しているなら、モンスターを雇うのも一つ。





北上すれば大きく道が開ける気がします。


※宝石魔術師縛りになっています。





2014年10月13日追記

14国を残すパターンでは…

まずは『14国カーディフのターンが来ることをひたすら願い』ます。

でなければ、まずは王家のドラゴン相手に戦闘に…。兵力と第5部隊、直轄地で領主の能力の差もあり、ワタクシの力量では守りきるのがムリなので。

14国にターンが回ってくると食料を売って軍資金を増やし、兵士数を210を超えるようにします。食料が少なくなっても、数ヶ月まかなえる量を残しておけば、他の国や相場次第で何とか出来るので、ココは兵士数を優先。


次に、王家がスレテート家かブランシェ家と戦闘をしてドラゴンが使えなくなった間に、13国ポウィスのレアンデルが、15国エルジングへポイズンと攻め込みます。ちなみに序盤の戦闘では特に重要かと思いますが、出来る限り第1~4部隊の兵士数を減らさずに勝利したい。そこでポイズンの参戦となります。

15国を手に入れると、13国を安全な生産国になり、9国マーシアも北上がしやすく、また9月の収入時にまで残せます。

9国マーシアのフュステルは、クリサリス家とライル家がやりあった後に、7国ハーレックと8国アイランドを攻めます。疲弊した2国なら兵士数で勝っているので、ポイズンはいなくても問題ないかと。


同時に相場変動を利用して、軍資金や食料を増やして第5部隊を雇えば…。



[PR]
by a_doctrinaire | 2012-06-14 02:30 | ロイヤルブラッド | Trackback | Comments(0)

リアラッハミラクル?
ファミコン版のロイヤルブラッドをボチボチプレイ中。


シナリオ4のディアス家のリアラッハをやってみたンですが…


1年目の9月の時点で3国だったンですが、11月にはランカシア王家を倒してしまうという事がっ!


王家がテュードリア家の戦いに敗れて29を失っていた事、王冠ドラゴンを使った後という事もありましたが、裏切らせたペンドラゴンで19国から南下して20→21→30→28と次々とターンが回ってきて連戦できたのが大きかったかと。


最後に17国から22国を攻めて王冠ドラゴンを入手。


ターンが、コワイくらいにうまく回ってきたのに驚きました。


18国のライスは200弱の兵でブランシェ家からの侵攻を未然に防ぎ、19国のペンドラゴンは400近くの兵、17国のリアラッハは450ほどの兵で南下しようと思っていたのですが…。


「他国との戦い」や「相場の変動」など、流れ次第で意外とやれる状況になる事もあるロイヤルブラッド。


難易度がプレイした時々でかわってくると、同じシナリオの同じ当主でやっても楽しめます。
[PR]
by a_doctrinaire | 2011-09-22 02:01 | ロイヤルブラッド | Trackback | Comments(0)

アイテム探索!
もう止まらない?片づけ時に出てきたファミコン版「ロイヤルブラッド」をプレイ中。


クリサリス家のガッシュさんは選べる当主のなかでも能力が…。


民政を繰り返して「ユニコーン」や「グウレイグ」の出現を待つのも一つですが、「探索」でアイテムを手に入れる事が出来れば、随分と助かります。


アイテムは「水撃の剣」や「大地の書」など軍事力や政治力、魅力別に分かれています。


家臣もあわせて自家で最も能力の高い者に与えるのも一つですが、直轄地への能力の影響を考えて当主にする事が多いです。


もっとも「探索」は、中盤以降に余裕が出来てからの話…。


序盤で強化できるとかなり楽になるのですが、なかなか出てこないのでリスクがデカい。


すぐ見つかるようだとありがたいのに…。
[PR]
by a_doctrinaire | 2011-09-17 02:02 | ロイヤルブラッド | Trackback | Comments(0)

サイトを探しても見当たらない…
相変わらずファミコン版「ロイヤルブラッド」をプレイ中。


「昔のゲーム」だからなのか、「難易度が低い」ゲームということか…しっかりと載っている攻略サイトが見当たらない…。


検索で上位に引っ掛かってこないだけなのかもしれないですが。





「探索」で見つける事が出来るアイテムの名前と効果を知りたくて…。


スーパーファミコン版ではアイテムも追加されていたはずで、一気に能力をあげるアイテムがあったと記憶しており、確認したかっただけに残念。


やっぱりソフト探しに行かねば…。



後、「第5部隊の必要名声」とかもどうだったのか、憶えていない。


すぐに他人の力を頼るのはよくないので、ぼちぼち自分で解決していきますが、


あって欲しかったな…。
[PR]
by a_doctrinaire | 2011-09-16 03:49 | ロイヤルブラッド | Trackback | Comments(0)


競馬重賞の傾向と嵐世記や太閤立志伝4などのゲーム
検索
最新の記事
菊花賞の予想 2017
at 2017-10-22 09:53
富士Sの結果 2017
at 2017-10-22 02:54
ブレイニーランのデビュー戦
at 2017-10-22 01:25
富士Sの予想 2017
at 2017-10-21 01:06
菊花賞の予想候補 2017
at 2017-10-21 00:24
富士Sの予想候補 2017
at 2017-10-20 00:40
ブレイニーランのデビュー!
at 2017-10-20 00:04
菊花賞の枠順決定! 2017
at 2017-10-19 14:44
富士Sの傾向 2017
at 2017-10-19 00:01
菊花賞3着の傾向 2017
at 2017-10-18 00:02
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク