カテゴリ:競馬(重賞)( 2628 )

青葉賞の予想 2017
未対戦の馬も多く、力関係はハッキリしていないのではないかと。

 青葉賞 予想 2017

弥生賞4着のベストアプローチ。500万の2戦は前が残る展開で後方から。前走も勝ち馬はともかく、逃げ馬が2着に粘るペースに加え、直線ですぐに内がつけず、外に出したロスは大きかった。乗り替わりもあり、いい面が出れば…。

アザレア賞勝ちのアドミラブル。デビュー戦は9着と敗れて休養、復帰戦を楽に勝つと、連勝した。勝った2戦は共に着差があり、上のクラスでもやれそう。キャリアの少なさは気になるが…。

スプリングS5着のトリコロールブルー。前走は後方からの競馬で、早めに動いた馬が上位だった。黄菊賞も少頭数で、前に楽に行かせる競馬。まだ力は見せ切っていないはず。ただ、乗り替わりに不安は残る。

ホープフルS2着のマイネルスフェーン。前走は外に出せずに、直線も前が壁で200mくらいで京成杯3着。まともなら逆転もあったかと。レース間隔が開いたのは気になりますが、使い詰めだったのでリフレッシュ出来ていれば、面白い。

楽に行ければイブキ、ダノンキングダム。札幌2歳S以上でアドマイヤウイナー。京成杯の敗因次第ではポポカテペトル。


[PR]
by a_doctrinaire | 2017-04-29 01:15 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

青葉賞の予想候補 2017
過去10年の連対馬+3着馬をチェックした「青葉賞の傾向 2017」を元にして、青葉賞の予想候補を選んでみます。

実績「新馬・未勝利勝ち以上で、500万連対かOP3着か重賞7着以内、または未勝利勝ち直後」、距離「2000m以上連対、あるいは1800m勝ちで2000m重賞4着程度か出走無し」、コース「東京連対か1戦か重賞掲示板」、前走「GⅡ7着以内、GⅢかOP3着以内、500万勝ち」を条件にすると…

アドマイヤウイナー
アドミラブル
イブキ
ダノンキングダム
トリコロールブルー
ベストアプローチ
マイネルスフェーン

がクリア。

重賞1戦京成杯10着の

ポポカテペトル

はセーフか。