カテゴリ:競馬(重賞)( 2596 )

フラワーCの結果 2017
ペースが遅めとなったとなったフラワーCは…

1番人気ファンディーナはまずまずのスタートから仕掛けて前へ。1周目のゴール板辺りで2番手に上がる。手綱をしっかりと絞っての追走。向う正面では前とは2馬身ほどの差。4コーナーでも手綱を引いていたが、あっさり先頭に立つ。軽く仕掛けるとさらにリードを広げ、鞍上がターフビジョンを確認して残り200m。追わずに持ったままでゴールし楽勝。

8番人気シーズララバイはいいスタートだったが下げる。10番手を追走して1コーナーへ。残り800mを切って仕掛けて、4コーナーでは追って外を上がって行く。追い出して直線に入って6番手で、ムチが入って残り200m。大きくムチを入れながら追って、内の馬を交わしていき残り40mで2番手に上がるも、前は大勢決しており2着。

7番人気ドロウアカードは好スタートから仕掛けて、すぐ先頭に立つ。1~2馬身のリードで逃げる。残り800mを切って少し仕掛けたか差を広げる。しかし、600mを切って肩ムチを入れるもあっさり交わされる。右ムチが入って追い出し、ムチと追いを繰り返すも前とは離れていき、残り40m辺りで交わされ3着。

4着はクビ差でエバープリンセス。5着はハナレイムーン。2番人気デアレガーロは「引っかかった…」という事もあってか11着。3番人気ディーパワンサは6着。


予想は1着、2着、7着、9着。

馬連は2370円的中。近走は3着ラインだったが、今回のメンバーから少し幅を持たせた予想が功を奏したカタチ。

ただ、先行勢が有利と考えたが、休み明けを気にしてドロウアカードを予想に入れずに3連複は外す。


3着ラインも2頭以上入れる器量が必要でした。


[PR]
by a_doctrinaire | 2017-03-21 00:03 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

フラワーCの予想 2017
未対戦の馬も多く、力関係が計りづらいレースかと。

 フラワーC 予想 2017

2戦2勝のファンディーナ。デビュー戦で逃げて馬なりで1.5秒差の勝利。前走はスローで逃げが粘るなか先行で0.3秒差も3着以下は離しての勝利。上のクラスでもやれそうな気配。

京成杯7着のサンティール。前走は後ろから2番手だったが、デビュー戦から2戦は前目の競馬をしており、どこからでも競馬ができそう。牡馬相手でもある程度やれる所を見せており、牝馬同士なら…。

フリージア賞6着からのシーズララバイ。前走は勝ち馬と同じ上がりで6着。位置取りがそのまま結果に出た感は否めない。牡馬相手の500万で頑張っており、牝馬同士でなら、もう少しやれるはず。脚の使いどころがポイントになりそうではあるが…。

フェアリーS3着のモリトシラユリ。前走が気になるが、2走前は悪くない。ダートでは先行も出来ており、ペース次第で立ち回れるなら面白い。

乗り替わりが問題ないならディーパワンサ。中山がやれるならハナレイムーン。休み明けでもやれるならドロウアカードやサクレエクスプレス。前走がもう少しやれていればデアレガーロ。叩いた効果でトーホウアイレス。上のクラスでもやれるならブライトムーン。


[PR]
by a_doctrinaire | 2017-03-20 10:02 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

スプリングSの結果 2017
頭数が少なかったスプリングSは…

5番人気ウインブライトはスタートはまずまずか。特に仕掛けず8番手を追走。残り1000mを過ぎて1頭上がって9番手。800mを切って仕掛け始める。4コーナーで仕掛けて、4コーナーで大外を回って一気に交して直線へ。追いだして修正しつつムチが入って残り200mで2番手に。追って追って追って内を交わして、後続の追撃を確認してゴールし優勝。

2番人気アウトライアーズのスタートもそこそこ。10番手に下げるが、1コーナーを回って9番手。行きたがるのを抑えての追走。1000mを切って8番手に上がる。800mを切って仕掛けるも前に馬がおり、4コーナーで判断が遅れて外へ。追い出して残り200mでムチが入って5番手。加速して3番手に上がって、前を追うも勝ち馬とは脚が同じになる。ゴール前で1頭交わすも2着。

6番人気プラチナヴォイスもまずまずのスタート。下がって7番手。中団だが、前とは2馬身以上、後ろとも2馬身ほど離れた追走。残り1000m辺りで後続が近づいてくる。残り600mの手前で仕掛けて、上がって4コーナーでは外を回る。直線に入って、すぐに先頭に立つと右ムチが入る。しかし、内によれてラチ沿いまで向う。ムチと追いを繰り返していたが減速し、残り50mを切って2頭に交され3着。

4着はスタートですべって出遅れた1番人気サトノアレス。5着は後方からの3番人気トリコロールブルー。


予想は2着、4着、5着、7着。

敗因は展開の読み損ね。さらに近走の成績を気にして、プラチナヴォイスを予想候補にも残さず…。

後方からの競馬が厳しいと思っていたが、選んだ4頭中3頭が見事に後ろの3頭…。ウインブライトは後方勢の中では一番前の位置取り。

プラチナヴォイスはココ2走が重賞で6着と4着を気にした…。レース間隔もそれほどひらいておらず、上積みは厳しいかと思ったのですが、まさか脚質を変えるとは思わず…。

単騎で楽に行くと思ったオールザゴーは逃げず。乗り替わりもあったが…。


またしても切った馬に1頭絡まれる…もう才能かも(笑)。


[PR]
by a_doctrinaire | 2017-03-20 00:28 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

阪神大賞典の結果 2017
ダントツ1番人気が出走した阪神大賞典は…

1番人気サトノダイヤモンドはそこそこのスタート。下がって7番手辺り。1頭上がって8番手。1周目の残り600mでクビを横にして行きたがるのを抑えると、下がって9番手に。1周目の直線では落ち着いての追走。ゴ