<   2009年 11月 ( 91 )   > この月の画像一覧

馬名の変更
2年に1度くらいだろうか?…いや、年に何度かはあるのかもしれない。



競走馬の名前が変更される事があります。



一応ルールでも、競走馬登録前なら何度でも、競走馬登録後は初出走前なら1回だけ変更することが出来るようです。



しかし、今回の馬名変更が決まった馬は、応援しようと思っていた馬なのです…。



デビュー前から注目し、競争馬登録されてからは名前で呼ぶようにしていました。



それが馬名変更になったので、



エ━━Σ(゚Д゚|||)━━ッ!!



驚いた次第でございます。



そろそろデビューだって事なので、期待に胸膨らませていたのですが、チョット気持ちのやりどころに困っています。



あまり気に入っていなかったなら、それでも良いのですが、そこそこ納得していた名前だけに複雑です。



変更を知ってから、結果出るまで少しありましたし、「心の準備?」をする期間もあったのですが、変わった名前が思っていたのより、ちょっとネ。



ま、馬が競馬で頑張ってくれれば、問題ないんですが、少々戸惑いそう。



当分、すぐに名前出ないかもしれないです…。
[PR]
by a_doctrinaire | 2009-11-30 17:29 | 競馬(POG) | Trackback | Comments(0)

長恵伝5 兵糧売却
まずは初めての主命を片付けた某(それがし)。



技能が少しずつですが、高まっている丸目長恵(まるめながよし)でございます。



さて、5月の評定が始まりました。



細川晴元殿が城増築に成功いたしておりますぞ。



さて、こたびは「軍備」をお望みの義輝公でしたが、「内政」を提案。



細川藤孝殿の口添え?もあって、「内政」を受けいれていただけた。



こたびも勲功値が50上がりましたぞ。



主命は「兵糧の売却」に致します。



「売却」という事で、3千石の兵糧を与えられますが、この主命では『売買』が可能です。



相場の安い町で買い、高い町で売って儲けをより多く出すことで高い評価を得られるとの事。



まずは、町に相場を調べに参ります。



ついでに交易品を売買しようと思い、相場の安い「堺の町」へ。



100貫かかりますが、「近畿地方の米相場」を把握しましたぞ。



すべての町を巡って一つずつ調べるもの良いですが、これの方が早く済みますので…金に余裕があるならお奨めです。



ついで?に交渉2度で「麹」250個を480貫で購入。



相場の高い「姫路の町」で交渉2度で「麹」は1590貫で売却。



そして「中国地方の米相場」も把握しました。



続いて「東海地方の米相場」を調べるついでに「浜松の町」で「茜」を求める。



「茜」250個を3160貫で購入。



「敦賀の町」に「北陸地方の米相場」を確認したのだが、相場も高かった。



交渉2度で「茜」は5520貫で売れた。



さて、ある程度「米相場」を調べたが、最も高く売れるのは駿府と宮津の427。



最も安く買えるのは倉敷の440。



まずは「倉敷の町」へ行って、現在の所持金で兵糧を買う事にいたします。



18千石を7128貫で購入。



売却価格の高い「駿府の町」で210千石を9849貫で売却。



隣の「小田原の町」で「蜜柑」250個を860貫で購入。



近くの町を見て周ると「鹿島の町」の相場が高い。



「蜜柑」を3240貫で売却した。



さらに近くの「江戸の町」で「茶」250個を3900貫で購入。



相場の高い「津の町」で5940貫で売却。



月が替わってしまう直前だったので、近くの「清洲の町」で兵糧を購入。



33千石を13959貫で購入。



ちょうど確認すると米相場は…宮津448が最も高く売り時、購入は敦賀の440。



宮津に移動することに。



道中で病になったので、薬を飲んで休んでおきます。



「宮津の町」で16236貫で売却。



「敦賀の町」で41千石を16236貫で購入。



「宮津の町で18942貫で売却できましたぞ。



先々のためにも「技能」を高めたいので、ここらで仕事を終わらせておきまする。



二条城に戻って4000貫を義輝公に献上いたします。



残りはまた次回の利益につなげる所存にて、ご容赦を。







さて、「弁舌」の師事を致します。



某(それがし)、「算術3」を持っており、3度交渉可能ですが、交渉時の確率が悪いようです。



「弁舌」を高めることで確率をあげましょうぞ。



細川藤孝殿に「師事」し、『弁舌2』を習得しました。



藤孝殿の台詞を確認するより、憶えて1文目と2文目を比較して間違っているかを同時に確認し、3文目と4文目へつなげるのが良いかと。



少なくなった「金塊」を求めて「京の町」へ。



城に戻ると…







「武田信玄軍と上杉謙信軍が北信濃の川中島で激突した模様です」(忍者)



「なに!?武田と上杉が!詳しく教えてくれ」(丸目長恵)



「はっ、では…」(忍者)







1561年12月 再三、北信の領有を巡って争っていた武田軍と上杉軍が川中島の地で激突



武田信玄・上杉謙信の両将とも、不退転の決意でこの戦いに臨んだため、かつてない大激戦となった



信玄は、上杉軍を挟撃するため、別働隊を妻女山の上杉陣へ出発させ、武田軍本隊を八幡原に移した



しかし、謙信は事前にこれを察知し、鞭声粛々、夜千曲川を渡り八幡原に布陣。夜明けとともに武田軍本隊に襲いかかった



上杉軍優勢の中、謙信は自ら武田本陣に突入。馬上から信玄に斬りつけること九太刀。信玄は軍配団扇で謙信の刃をかろうじて防ぐ



やがて武田の別働隊が戻ってきたため、形勢は一変し、やむなく上杉軍は越後へ向かって撤退していった



戦いの結果、川中島は一時的に武田方の領有に帰したが、信玄は弟・武田信繁、軍師・山本勘助を失い大きな打撃を受けた



かくして決着のつかぬまま。両者の戦いは終了した



世にいう「第四次川中島合戦」である







「…といった具合でございます」(忍者)



「うむ、ごくろうであった」(丸目長恵)







武田と上杉の戦いで、多数の犠牲が出ているようですな…。



体力も減っておりますし、次の月まで休む事にいたします。



さて、7月の評定でも「軍備」をお考えの義輝公に「内政」を提案。



これまた細川藤孝殿の助言もあって、「内政」を行う事になりましたぞ。




勲功値が50上がりました。



某(それがし)は「兵糧売却」を行います。



前回の影響もあって、そのまま「米相場」を確認可能ですぞ!



買い相場で安いのは宮津の430、売り相場は敦賀の441と輪島の427かと。



まずは宮津に兵糧を買いに走りまする。



3度の交渉で365まで下げる事が出来ましたぞ。



39千石を14235貫で購入いたしました。



最も高い敦賀は最後に取っておきたいので、輪島で42千石を20622貫で売却いたしました。



再び、「宮津の町」に戻って兵糧を購入します。



57千石を20805貫にて購入します。



やはり敦賀を残しておこうと思いますので、次点の「直江津の町」420で手を打ちましょう。



直江津で27531貫で売却いたしました。



三度、「宮津の町」で兵糧を買います。



64千石を23360貫で買いきりましたぞ。



「敦賀の町」で32448貫で売りました。



他に安くで買える町を探そうと「松倉の町」で「甲信地方の米相場」を調べるも…



特に安くで購入できる町は見つからず…。



「粟」250個を1260貫で購入。



相場の高い「井ノ口の町」で2632貫500文で売っておきます。



さて、月が替わって、買い相場が安いのは敦賀の460で、売り相場は石山の448。



交渉次第という所ですな…。



391貫で97千石を37927貫で購入。



「石山の町」で49955貫で売却できました。



さて、本来ならもう一度「敦賀の町」にて兵糧を買って売却したい所ではございますが、ここは師事をして「弁舌3」を身につけようかと思いまする。



二条城に戻って4000貫を献上し、勲功値が60上がりましたぞ。



では、細川藤孝殿の元へ「弁舌」を師事しに参ります。



以前と同じ手順で行い、何とか『降伏勧告』と『弁舌3』を習得いたしましたぞ。



評定まで休むといたします。
[PR]
by a_doctrinaire | 2009-11-30 01:28 | 太閤立志伝4 長恵伝 | Trackback | Comments(0)

ウオッカ鼻出血
ジャパンカップを制したウオッカがレース中に鼻出血を発症していた事が判明。



これにより、『規定』で有馬記念に出走できない…







ですが、個人的な見解としては、元々「秋は、天皇賞(秋)とJCを目標」という話でしたし、有馬記念が向いているとも思えません。



昨年もファン投票で選ばれても出走していないし、同じく宝塚記念にも出走していないので、ここも出走は無さそうかな?と。



時々見かけるのですが、やはりこういうのも競馬なのだと思います…。



有力馬が何度も対決したり、新旧対決などは大変盛り上がりますが、そうもいかない。



馬の適性に加えて、JRAタイトルや負けに妙にこだわったりする事もしばしば。



これは、競馬が引退してからも続き、それに影響するというトコロからもきているのかとも思いますが、チョット後味とかがネ…。



まあ、「レースは出走したメンバーの中でどれが勝ったか?」という程度だ…と思うようにせねば。



ウオッカの今後も気になりますが、とにかく無事に引退して、仔をたくさん出して欲しいです。
[PR]
by a_doctrinaire | 2009-11-29 22:35 | 競馬(GⅠ) | Trackback | Comments(0)

ウオッカJC制覇!
お見事ぉぉぉぉお!!



ウオッカが牝馬として初めてジャパンカップを優勝!



クリストフ・ルメール騎手の見事な手綱捌きもあり、先行して抜け出すと、オウケンブルースリの猛追をハナ差押さえての勝利。



オウケンブルースリは一度ほぼ最後方まで下げて、大外を回っており、ロスを考えると仕掛けひとつで結果がかわっていたかもしれない。



しかし、ルメール騎手の「ウチダさん」の馬が強いと思っていたという所からか、早めに動いた判断は正しかったと思われます。



さらに、やや後ろで競馬をしたレッドディザイアがウオッカの位置での競馬なら、さらに際どかったとも考えられる。



ウオッカの能力にルメール騎手の手綱があっての勝利だったかと。



今回は、ホントに素晴らしかった。



個人的にはオウケンブルースリの後方からの競馬がもったいなかったんですけど…。



ウオッカとルメール騎手、陣営、スタッフの優勝を祝いたいと思います。



おめでとうございます!
[PR]
by a_doctrinaire | 2009-11-29 17:27 | 競馬(GⅠ) | Trackback | Comments(0)

ジャパンカップの予想
またも予想というより、好みです。



 ジャパンカップ 予想



昨年の結果と血統からオウケンブルースリを選ぶ。位置取り次第ではもっと差が縮まったとみており、父ジャングルポケットや祖父トニービンの東京コースへの適性を考えれば、距離がこの辺りなら良いパフォーマンスが見られるかと。



もう一度、狙ってみたいウオッカ。前走は力負けに見えなかったし、手が替わって違った良さが出ればもう少しやれるはず。ここが最高のパフォーマンスを見せる最後のチャンスでは?



3歳牝馬のレッドディザイアに期待。ブエナビスタと差の無い競馬が出来て、脚質に幅がある。斤量が軽いというのが凱旋門賞でも活きてくる時代で、馬場が悪い東京最終週でも有利に働くと考えた。



海外馬コンデュイットを入れる。珍しく大物の参戦だし、堅い馬場が合うタイプかと。状態がイマイチでもある程度やれるくらい海外馬は、まだまだ強いのではないだろうか?



迷ったのは2頭。スクリーンヒーローは関東圏では強そうだが、前走少し走りすぎた感があって、2走ボケを心配して切った。もう1頭はリーチザクラウン。脚質「逃げ」を選択し続ける辺りでパス。違った味を出せば、或いは…。
[PR]
by a_doctrinaire | 2009-11-29 03:11 | 競馬(GⅠ) | Trackback | Comments(0)

ジャパンカップの予想候補
ジャパンカップの傾向」から、実績「GⅡ勝ち以上+GⅠ2着以上+重賞2連対」、距離「2400m以上連対」、コース「東京重賞連対相当」と高めの条件にしてみます。



アサクサキングス
ウオッカ
レッドディザイア
スクリーンヒーロー



と、ここまでが条件をクリア。



ただ、



オウケンブルースリ GⅠ3回、GⅡ3回と出走数の少ないし、東京はGⅠ4着なら
リーチザクラウン 3歳馬で実績がGⅡ勝ちが無い分を良しとする



は、条件クリアの例外と出来るように感じます。



他にもクリアしている馬もいましたが、近走があまりだったりしたので、パスしてみました。



外国馬ではローテーションが厳しいと思いますが、



コンデュイット



の実績の高さは、コワイかと。
[PR]
by a_doctrinaire | 2009-11-29 01:49 | 競馬(GⅠ) | Trackback | Comments(0)

京阪杯的中
1頭増やして挑んだ京阪杯は馬連的中でしたが、



思ったより配当が低かった…。



アルティマトゥーレがもっと人気になって一本被りになっていると思っていたのですが、それほどでも無かったようで、高配当にならず。



4頭目までで的中しているので、1頭余計…5頭に増やした分、配当が少なくなってしまいました。



しかし、アーリーロブストも切ったのは正解でした。



なかなか難しいレースだと思ったんですが、配当が思った以上に低く、やや喜びも少なめ。



数当てるか、大きいのが当たるか、1点で的中なら、嬉しいんですけど…。



結果を出したのに、結構ワガママなワタクシ。



『強欲』が似合うヤロウです。
[PR]
by a_doctrinaire | 2009-11-28 23:33 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

ジャパンカップの出走日本馬
明日のジャパンカップの出走日本馬をチェックしておきます。



 ジャパンカップの出走日本馬



「アサクサキングス」

07菊花賞 07きさらぎ賞 09阪神大賞典 09京都記念 07東京優駿(日本ダービー)2着など
1600~3000m連対
東京はGⅠ2着

今年の春は連勝して期待されたが、天皇賞(春)9着に終った。天皇賞(秋)18着で復帰。乗り替わり。



「ネヴァブション」

07日経賞 09AJC杯 07ステイヤーズS2着など
2000~3600m連対
東京はOP勝ち

昨年7着だが、今年は天皇賞(春)13着以来の競馬



「エアシェイディ」

08AJC杯 09AJC杯2着 07中山記念2着 05AJC杯2着 08有馬記念3着 他GⅢ2着4回
1600~2200m連対
東京はGⅢ2着など

今年は中山記念5着で休養し、新潟記念4着で天皇賞(秋)8着。



「エイシンデピュティ」

08宝塚記念 08金鯱賞 08京都金杯 07エプソムCなど
1000~2200m連対
東京はGⅢ勝ち

故障もあって、1年3ヶ月ほど休養し、今年のオールカマーで14着で復帰。前走の天皇賞(秋)は9着。



「ウオッカ」

07東京優駿(日本ダービー) 08天皇賞(秋) 08と09安田記念 など
1600~2400m連対
東京はGⅠ5勝など

今年ドバイで2連敗したが、日本で東京1600mGⅠ2勝。秋は、毎日王冠は逃げて2着、天皇賞(秋)は後方でモタついた影響もあってか3着。乗り替わり。



「レッドディザイア」

09秋華賞 09優駿牝馬2着 09桜花賞2着 09ローズS2着
1600~2400m連対
東京はGⅠ2着

古馬と初対戦だが、ブエナビスタと差はあまりないので、札幌記念上位はあるかと。



「マイネルキッツ」

09天皇賞(春) 09日経賞2着 08福島記念2着 08新潟記念2着
1800~3200m連対
東京は3勝など

天皇賞(春)戴冠後は、宝塚記念7着。秋は京都大賞典7着からここへ直行。



「リーチザクラウン」

09きさらぎ賞 09東京優駿(日本ダービー)2着 09神戸新聞杯2着 08ラジオNIKKEI杯2着
1600~2400m連対
東京はGⅠ2着

トライアルを使わなかった皐月賞13着と、逃げ粘れなかった菊花賞5着以外は大崩はない。脚質次第も。



「オウケンブルースリ」

08菊花賞 09京都大賞典 08神戸新聞杯3着
2000~3000m連対
東京はジャパンカップ5着と天皇賞(秋)4着のみ

腰が甘いとの事で阪神大賞典7着から休養。京都大賞典を勝って天皇賞(秋)4着。



「ヤマニンキングリー」

09札幌記念 08中日新聞杯 09中山金杯2着 09中京記念2着 09小倉大賞典2着
1800~2000m連対
東京はプリンシパルS3着が最高。

ブエナビスタを破って札幌記念を勝ったが、毎日王冠9着で天皇賞(秋)7着。



「インティライミ」

07京都大賞典 05京都新聞杯 07朝日CC 05東京優駿(日本ダービー)2着 08宝塚記念3着
1800~2400m連対
東京はGⅠ2着

今年は金鯱賞6着で復帰したが、宝塚記念12着、函館記念7着、アンドロメダS8着。



「コスモバルク」

04弥生賞 04セントライト記念 04ラジオたんぱ杯 06エアラインズ・C 04JC2着 04皐月賞2着
1000~2600m連対
東京はGⅠ2着

今年は地方のOPで勝ちはあるが、中央では二桁着順のみ。



「スクリーンヒーロー」

08ジャパンカップ 08アルゼンチン共和国杯 09天皇賞(秋)2着 07ラジオNIKKEI賞2着
1800~2600m連対
東京はGⅠとGⅡ勝ちに、GⅠ2着

春は関西のレースで3戦して阪神大賞典4着、天皇賞(春)14着、宝塚記念5着。阪神大賞典の重馬場が相当厳しいレースだったという話も。久々の天皇賞(秋)を2着。



気のせいかもしれませんが、面子が少々微妙な気がします。面白いメンバーだとは思うんですが…。
[PR]
by a_doctrinaire | 2009-11-28 23:08 | 競馬(GⅠ) | Trackback | Comments(0)

京都2歳S
5頭でのレースとなった京都2歳Sでしたが…



何と!600mを過ぎた辺りで、逃げ馬マイネルゴルトが逸走するというアクシデントがっ!



ラチから外へ向かって行き、他馬が交わした後、なんとか折り合いがついた?ようです。



外へ振れてペースを落としたと思われますが、ひょっとすると、急激なペースダウンなどがあって、故障の可能性を考えて、邪魔にならないように外へ逃げたとか…。



結果、無事に完走していますので、故障ではなかったようです。



そこで2番手追走のアドマイヤプリンスが急遽逃げるカタチに。



3番手ヴィクトワールピサが2番手追走、その後にメイショウホンマルとダノンスパシーバがつける。



4コーナーでは2頭が抜け、その後をメイショウホンマルが追って差をつめる。



残り200mほどで、アドマイヤプリンスのおつりが無くなったようで、ヴィクトワールピサがスッと抜け出し始め、メイショウホンマルが並びかけようとするも脚色が同じに。



最後はダノンスパシーバが3番手に上がったが、ヴィクトワールピサは手を緩めてゴール。



メイショウホンマルが2着だった。



少頭数だとどんなレースになるのか?と思ってたのですが、



ヴィクトワールピサの能力が抜けていたようです。



持ったまま直線を向いて、追い出して抜けて、後は緩める…横綱相撲かと。



久々のレースでキャリア2戦目だったメイショウホンマルの2着もかなり走れていたように見えました。



4着のアドマイヤプリンスも逃げ馬の後ろや馬群で折り合えば、また違ったかもしれません。



アクシデントには驚きましたが、来年が楽しみになるレースでした。



来年のクラシックへ向けて、1頭また1頭と有力馬が揃ってくれる事を願っています。
[PR]
by a_doctrinaire | 2009-11-28 17:25 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

ジャパンカップの前日人気
明日にせまったジャパンカップの前日10時頃のオッズをチェック!



単勝人気は…



5番 ウオッカ  3.5
16番 コンデュイット  5.6
10番 オウケンブルースリ  6.4
9番 リーチザクラウン 7.8
6番 レッドディザイア 9.6
18番 スクリーンヒーロー 9.7


と一桁人気が6頭と「集中人気」しているようです。



馬連は、ウオッカとコンデュイットの12.8倍、ウオッカとオウケンブルースリの13.0倍、コンデュイットとオウケンブルースリの14.2倍の三つ巴がまず人気で、ウオッカとレッドディザイアの14.4倍、ウオッカとリーチザクラウンの15.6倍、ウオッカとスクリーンヒーロー16.0と続いています。



3連複は…



ウオッカ-コンデュイット-オウケンブルースリの17.7
ウオッカ-コンデュイット-スクリーンヒーローの20.9
ウオッカ-オウケンブルースリ-スクリーンヒーローの22.4
ウオッカ-オウケンブルースリ-リーチザクラウンの22.9
ウオッカ-オウケンブルースリ-レッドディザイアの25.7
ウオッカ-コンデュイット-レッドディザイアの26.0
ウオッカ-コンデュイット-リーチザクラウンの27.6



と、ウオッカを中心にコンデュイットとオウケンブルースリ絡みが人気。



ウオッカが中心ですが、他の数頭もかなり支持されています。その影響もあって、上位人気と下位人気がはっきりと分かれたオッズとなっているようです。



※出馬表・成績・オッズ等は主催者発表のものと照合してください
[PR]
by a_doctrinaire | 2009-11-28 10:35 | 競馬(GⅠ) | Trackback | Comments(0)


競馬重賞の傾向とMHP3rd、太閤立志伝4やレトロゲーム
検索
最新の記事
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク