<   2011年 06月 ( 45 )   > この月の画像一覧

雷狼竜の角破壊
モンスターハンターポータブル3rdで、なかなか「雷狼竜の尖角」が出ないという話を未だに聞きます。


「目当ての素材(アイテム)が出ない」というのは良くあることで、「物欲センサー」という事も言われたりしますが、『部位破壊でのみ』や『捕獲報酬、或いはクエスト報酬で出やすい』など、それなりの対応は必要だったりするかと。


ちなみに、ジンオウガの頭部をしっかり攻撃したり、「眠らせて大タル爆弾Gで頭部を攻撃して起こす」などで、2段階カタチを変えるのが、最低条件。


d0133437_1492673.jpg



ちょっと分かりにくいとは思いますが、『コチラから見て』右側の目にキズが出来て、両方とも角が折れています。この状態で、クエストを終了すると出る可能性があるようです。





ただ、特に部位破壊してもなかなか出ない素材もあって、結局『確率』というのに悩まされるケースも多いのではないでしょうか?


上位のジンオウガの場合、角破壊で70%くらいの確率で「雷狼竜の尖角1つ」が出るらしいですが、ワタクシは10%と言われる「雷狼竜の角2つ」の方が良く手に入ります。


70%と10%だと、7倍出やすいように思うのですが、これもあくまで「確率」ですので、出ない時はなかなか出ない…。


ソロプレイなどでは、非常に難しいですが、やはり数をこなすしか無いかもしれません。


上手くいかないと、イラっとする事も多いですが、数をこなせばある程度の狩猟時間短縮は出来るようになるので、頑張る事に…。


ちなみに、村クエストの★2の「ざわめく森」では角を破壊しても「雷狼竜の角」は出ないようです。
[PR]
by a_doctrinaire | 2011-06-30 02:07 | モンスターハンターP3rd | Trackback | Comments(0)

函館スプリントSの傾向
函館1200mで行われるGⅢ「函館スプリントステークス」。


 函館スプリントSの傾向 (過去6年の函館開催の連対馬データから) 11


<実績>
最低ラインは「1000万勝ち」。

ただ、該当するのは、「5勝中3勝が函館、1勝が札幌と北海道巧者」だったビーナスラインのみで、1600万では3着が2回などで、OP以上への出走が無かった。

他は『OP勝ち、或いは重賞連対』なので、コレを中心に考えたい。

さらに出走した1戦のみの重賞で全レース中で唯一「逃げ」る事が出来なかったサープラスシンガー以外には『重賞3着以上』があり、重賞である程度の結果が出ている方が良いかも。


<距離>
全馬に共通するのは「1400m以上連対」。

1200mへの出走が2度目だったボールドブライアン以外は『1200~1400m連対』だった。


<コース>
「函館連対」4頭、「初出走」6頭。

一見すると初めてでも問題ないようだが、「東京と中山にしか出走が無かった」1頭を除くと、4頭に「札幌連対」か「阪神連対」、残り1頭は「阪神重賞3着」で結果が出ており、その辺りが近い芝と考えられる。


<脚質>
「逃げ」1頭、「先行、マクリ差し」5頭、「差し」4頭。

ある程度前が強いが、後方からも届いており、ペース次第ではないかと。


<その他>
1番人気は3連対、2番人気は2連対。
二桁人気は1連対なので、大きな配当はたまにしか出ていない。
3着も1度を除いては3~5番人気で決まっているので、メンバーが手薄でない限りは難しいかと。


半分を占めるのが「牝馬」。
元々マイル以下では牡馬相手でもそこそこ通用していたが、この距離ならさらにやれている。
軽視するのは危ないようで…。
[PR]
by a_doctrinaire | 2011-06-29 03:17 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)

ラジオNIKKEI賞の傾向
本来は福島1800mで行われる3歳限定ハンデGⅢ「ラジオNIKKEI賞」。


今年は震災の影響もあって中山で行われる。05年以前は別定で「ラジオたんぱ賞」だったが、ハンデ戦になり、現在の名称になった。


過去の連対馬からはスクリーンヒーロー、ソングオブウインドなど後のGⅠ馬の名も見られる。



 ラジオNIKKEI賞の傾向 (過去5年の連対馬データから) 11


<実績>
最低ラインは「500万勝ち」。

ハンデの影響もあってか、出走ラインとも考えられる程度になっている。
ただ、『重賞初出走』の3頭以外には『重賞7着以上』と、重賞である程度やれている必要はありそう。



<距離>
全馬に共通するのは「1600m以上勝ち」。

ただ、最短連対の3頭は「2000m3着」と「2000mOP8着のみ」か「1800mGⅢ12着のみ」で、惜しい内容か1800m以上を使っていなかった。
数を走っているなら「1800m以上」で結果が欲しい。


<コース> ※今年は中山開催です。
「福島連対」はわずかに1頭で、残りは「初出走」だった。

しかし、「直線の急坂」という事もあって、9頭中8頭に「中山連対」か「阪神連対」があった。
残りの1頭は「中山」と「阪神」の両方が「初出走」で、結果こなせたという事かと。


<脚質> ※今年は中山開催です。
「先行途中逃げ」2頭、「先行、マクリ差し」4頭、「差し」4頭。

直線が短い小回りという事で、4コーナーである程度前につけている方が良い。
ただ、差し馬も絡んでいるので、一概には言えないが…。


<その他>
ハンデは52~57キロの平均54.3キロ。中央値54キロ。


1番人気は3着1回と連に絡んでいない。
代わり?に2番人気が3連対しているのだが、ハンデが1番人気より軽かった。

2頭が共に連を外した(3着はある)場合は、1番人気と2番人気のハンデが同じだったので、その影響が少しはあるのかも…。





さて、今年は中山1800m開催という事で、ハンデ戦と別定(定量)戦や開催月は違いますが3歳1800m重賞の「スプリングS」と「フラワーC」の過去5年の連対馬20頭を参考にしてみます。


コースは「中山連対」か「初出走」がほとんどだが、「1戦程度」ならセーフ。
今年は震災の影響で使えていない場合もあるので、判断が難しいかもしれないが…。


脚質は「逃げ」4頭、「先行」9頭、「差し」7頭。
13頭が「4コーナー5番手辺りより前」だが、差しが届いていないワケでは無い。
ハンデ戦という事を考えると、「後ろからでも突っ込んでくる」と考えておきたい。
[PR]
by a_doctrinaire | 2011-06-28 02:15 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)

応援馬たちの宝塚記念
応援馬6頭が出走した宝塚記念でしたが、現場(阪神競馬場)に行かなくて正解!


気持ちの整理が出来なくなるトコロでした。


これも競馬ですが、「納得いかない部分」が多かったです…(以下はただの思い込みからの愚痴ですので、スルーでお願いします)。





まずブエナビスタは有馬記念同様に「位置取り」。


ある程度中団につけても良い脚を使えそうなので、結果を求めるならそういう選択も必要な気が。


それに、改修後に直線が長くなったとはいえ、比較的「先行有利」の阪神コースで何故後方から勝負したんでしょうか…。


レース後にC.ウィリアムズ騎手が「前が遅いように感じた」と言っていたように、先行勢が良い状態で行っている印象があったということかと…ペースが速くても残る場合はたくさんあるだけに、過去の連対馬同様に途中から動く必要もあったのでは?





ローズキンダムは乗り替りもありましたが、今年は「レースの使い方」がチョット…。


有馬記念を回避したものの日経新春杯は要らなかったように感じます。


3歳時に弥生賞に出走しなかったり、皐月に出ないと言ってみたりした辺りから、使い方にちょっと疑問はありましたが…。





ルーラーシップは外々を周った分もあると思いますが、「前走無駄な力を使った」分の影響が大きかったように思います。


やはり能力は見せたものの、アレが無ければ楽にココへ出走できたように思えてなりません。


毎日杯同様にコレがこの馬の力ではないと思いたい。





ドリームジャーニーは一昨年の有馬記念で引退すると思っていました。


まさか昨年現役を続けて、さらに前走で結果が出なかってもココへ来たのがビックリ。


オルフェーヴルとの兼ね合いで種牡馬としても2年損した感じが…。





トゥザグローリーは思った以上に結果が出ず。


前走の大敗の影響もありそうです。一度リズムが崩れると戻らないままというケースも多いだけに…。


それに昨年の使い方もちょっと心配…何もなければ復調を期待します。





フォゲッタブルは、もうすでに輝きが無くなっています。


ダイヤモンドSから天皇賞(春)へ直行した時に嫌な雰囲気があったのが、現実になって後がコレですから…。





応援した馬はやっぱりある程度活躍してほしいのですが、負ける事も多々あります。


ただ、納得いかないレースがあるとイラっとします。


力を出したり、納得いく内容で負けるならまだしも、明らかに負けそうな事をして負けると…爆発しそうになります。


金以上に気持ちを込めているので、精神的なストレスが大きいかと。


本来は、コレを自制できるようにならないと、競馬をしちゃいけないンでしょうね…


『ガラの良い競馬ファンへの道』…果てしなく遠いです。
[PR]
by a_doctrinaire | 2011-06-27 01:57 | 競馬(GⅠ) | Trackback | Comments(0)

宝塚記念の結果
雨を気にしないと不良馬場、雨を気にすると良馬場…当日の深夜や午前中に雨降ってもあがるを繰り返した関西で行われた宝塚記念は…


馬の行く気を削がないようにして、馬の気持ちを大事にしたという佐藤哲三騎手騎乗のアーネストリーが、先行有利の阪神コースを2番手の競馬でレコード勝ち。


11番手辺りで、4コーナーまでにも前目に進出「しなかった」ブエナビスタが2着。


3着は、中団9番辺りでの競馬だったエイシンフラッシュが3着。


4着はローズキンダム、5着はルーラーシップ。





予想は2着、4着、5着、13着。


敗因は、いつも通り応援馬を中心の予想。後、長期休み明けのアーネストリーの前走を過小評価した事かと。自在性のあると思っていた応援馬たちが、軒並み後ろからの競馬をしており、その辺りも考えないとダメでした。


ま、この展開が予想できなかったワケでは無いので、外すべくして外した感じがします…。


ただ、ずっと応援馬の納得いかない「乗り替り」に疑問を持っており、それをふまえた宝塚記念をほぼ佐藤哲三騎手が乗っていたアーネストリーに勝たれたので、気持ちは別のトコロで晴れやか。


来週以降の開催は応援馬もほとんど出ないと思うので、しっかり「予想」したいと思います。
[PR]
by a_doctrinaire | 2011-06-27 01:05 | 競馬(GⅠ) | Trackback | Comments(0)

5馬身かわる騎手…
宝塚記念を勝った佐藤哲三騎手のインタビュー。


「海外には乗り替りで5馬身かわる騎手がいるらしいですが…凱旋門は僕で!」


のような言葉が聞かれました。


東京優駿(日本ダービー)での「デボネアの乗り替り」についての事だと思われます。


特に悪い騎乗をしたワケでも無かったのに、降ろされる事になったキモチのあらわれでしょう。


今回は乗り替りの多い中で、調教もレースも乗っていた騎手が勝ったということで、より説得力があったのではないでしょうか?


頑張ってほしいです。





故障で乗り替りというのもありましたが、最近の競馬では乗り替りが多くなって、「お手馬」って言葉をあまり聞かなくなった気がします。


「この馬にはこの騎手」というイメージがついて「名コンビ」になるのも、競馬の魅力の一つだったと思うのですが…残念です。


オーナーサイドの問題なのか、厩舎サイドの問題なのか、はたまた騎手サイドなのか…安定して騎手を確保するというのが結構重要な気がします。
[PR]
by a_doctrinaire | 2011-06-26 16:28 | 競馬(GⅠ) | Trackback | Comments(0)

宝塚記念の予想
応援馬が大挙して押し寄せたので、予想ではなくなっています。出来れば同着を…。


 宝塚記念 予想


流れの悪さもあって何とか良い結果が欲しい応援馬ブエナビスタ。『鞘』に戻す事を願い続けたが、叶わず…。年齢的なモノもあるので、ソコも考えて頭で応援。


海外を度外視したい応援馬ルーラーシップ。アルメリア賞後の毎日杯でもそうだが、要らぬ力を使った不利の後というのはあまりお奨めできない。ただ、秘めた力の一端は見せたかと。未知の魅力という意味でも期待したい。


コチラも流れが…の応援馬ローズキングダム。前走はレースになっていないし、この距離で見直したい。ただ、馬場が悪くなるのは良くないだろうし、状態次第では?


前走が不満の応援馬トゥザグローリー。元々レースの使われ方に不満があり、そこから考えて、天皇賞(春)への出走に疑問もあった。距離が替わるのは良いはず。前走は距離が向かなかったなら…。


切った応援馬2頭はドリームジャーニーとフォゲッタブル。状態が良くなっていれば選んだが…。普通に考えればエイシンフラッシュかナムラクレセント。ただ、前走の上位人気の敗因次第になるが…。アーネストリーは前走との差次第。トーセンジョーダンはもう1戦使っていれば。
[PR]
by a_doctrinaire | 2011-06-26 04:04 | 競馬(GⅠ) | Trackback | Comments(0)

宝塚記念の予想候補
宝塚記念の傾向」を参考にして予想候補を絞り込みたいと思います。


実績「GⅡ以上勝ち+GⅡ以上連対」、距離「2200m以上連対」、コース「阪神連対か初出走」だと絞りきれないので、前走「4月末には出走し、GⅡ以下勝利かGⅠ5着以内」をプラスすると…


エイシンフラッシュ
ブエナビスタ
ルーラーシップ


がクリアしてるかと。


ただ、前走「不問」にすると、


アーネストリー
トゥザグローリー
ローズキンダム


GⅠ3着2回などをGⅡ連相当と考えれば、

ナムラクレセント


などは問題ないかと。


状態次第では

ドリームジャーニー
トーセンジョーダン


辺りも可能性が…。
[PR]
by a_doctrinaire | 2011-06-26 03:32 | 競馬(GⅠ) | Trackback | Comments(0)

宝塚記念の出走馬
なかなかメンバーが揃ったように思います。順調な馬が有利だとは思いますが…果たして。


 宝塚記念の出走馬


アサクサキングス 牡7 58 浜中俊:

07菊花賞1着 09阪神大賞典1着 09京都記念1着 07東京優駿(日本ダービー)2着など
1600~3000m連対
阪神はGⅡ2連対

10阪神大賞典4着から。


アーネストリー 牡6 58 佐藤哲三:

10札幌記念1着 10金鯱賞1着 09中日新聞杯1着 09アルゼンチン共和国杯2着
1800~2500m連対
阪神は2連対

10天皇賞(秋)3着、10宝塚記念3着。11金鯱賞3着から。


エイシンフラッシュ 牡4 58 安藤勝己・

10東京優駿(日本ダービー)1着 11天皇賞(春)2着 10神戸新聞杯2着 10京成杯1着
2000~3200m連対
阪神はGⅡ2着など2連対

11大阪杯3着、10皐月賞3着など。


シンゲン 牡8 58 藤田伸二

10オールカマー1着 09エプソムC1着 09新潟大賞典1着
1600~2400m連対
阪神は初出走

10天皇賞(秋)5着。10ジャパンカップ12着から。


ダノンヨーヨー 牡5 58 北村友一

10マイルCS2着 10富士S1着
1600~1800m連対
阪神は3連対

11安田記念10着から。


トゥザグローリー 牡4 58 福永祐一 ・

11日経賞1着 11京都記念1着 10中日新聞杯1着 10青葉賞2着
1600~2400m連対
阪神はGⅡ勝ちなど3勝

10有馬記念3着。11天皇賞(春)13着から。


ドリームジャーニー 牡7 58 池添謙一 :

09有馬記念1着 09宝塚記念1着 06朝日杯FS1着 07神戸新聞杯1着など
1400~2500m連対
阪神はGⅠ勝ち、GⅡ2勝、GⅢ勝ちなど4勝

11大阪杯9着から。


トレイルブレイザー 牡4 58 小牧太

11烏丸S(1600万)1着
1800~2500m連対
阪神は1600万で二桁止まり

重賞は10菊花賞8着と11目黒記念4着。


トーセンジョーダン 牡5 58 N.ピンナ ・

11AJC杯1着 10アルゼンチン共和国杯1着 09共同通信杯2着
1800~2500m連対
阪神は初出走

GⅠは10有馬記念5着。11阪神大賞典取り消しから。


ナムラクレセント 牡6 58 和田竜二:

11阪神大賞典1着
1800~3000連対
阪神はGⅡ勝ちなど3連対

11天皇賞(春)3着、08菊花賞3着など。


ハートビートソング 牡4 58 秋山真一郎

11目黒記念2着
2000~2500m連対
阪神は500万勝ち

10青葉賞3着など。


ビートブラック 牡4 58 武豊

11大阪ハンブルクC(OP)1着
1400~2400m連対
阪神は3連対

10菊花賞3着。11天皇賞(春)7着から。


フォゲッタブル 牡5 58 川田将雅 :

09ステイヤーズS1着 10ダイヤモンドS1着 09菊花賞2着
2000~3600m連対
阪神は500万勝ち

11目黒記念12着から。


ブエナビスタ 牝5 56 岩田康誠・

10天皇賞(秋)1着 09優駿牝馬1着 10ヴィクトリアマイル1着 09桜花賞1着など
1600~2500m連対
阪神はGⅠ2勝2着1回、GⅢ勝ちなど4連対

11ヴィクトリアマイル2着から。


ルーラーシップ 牡4 58 横山典弘・

11金鯱賞1着 11日経新春杯1着 10鳴尾記念1着
1800~2400m連対
阪神はGⅢ勝ちなど3勝

10東京優駿(日本ダービー)5着、10有馬記念6着、11ドバイシーマクラシック6着。


ローズキンダム 牡4 58 C.ウィリアムズ ・

09朝日杯FS1着 10神戸新聞杯1着 10ジャパンC1着 10東京優駿(日本ダービー)2着など
1600~3000m連対
阪神はGⅡ勝ち

11天皇賞(春)11着から。
[PR]
by a_doctrinaire | 2011-06-25 02:30 | 競馬(GⅠ) | Trackback | Comments(0)

嬉しい悲鳴?
宝塚記念にデビュー前からの応援馬が出走します。


一応、東京優駿(日本ダービー)で一区切りつけていますが、その後も出来る限りは応援しています。


ココ数年は、運よく数多くの馬が活躍してくれているので、嬉しい限り。


しかし、予想も応援馬を優先して買うようにしているので、かなり劣勢な馬も選ぶ事になったり…。


ただ、今年は1レースの頭数をある程度絞る事にしているので、残念ながら今回は全馬を予想に入れるのを断念する事にします。


宝塚記念に出走する応援馬は…


トゥザグローリー
ドリームジャーニー
フォゲッタブル
ブエナビスタ
ルーラーシップ
ローズキンダム


昨年の有馬記念とほぼ同じですが、今回はしっかりとローズキングダムが出走してくるので、2頭は外す必要が出てくるかと。


もっとも、他にも絡んできそうな馬もいるので、応援馬を入れるのは無謀なのですが…。


元々「応援と予想」を一緒にしているのが大きな問題なので、ソコを何とかすれば良いのですが、POG界?には『馬券は愛』という言葉があるので(笑)。


予算の都合もあって、単勝は買うものの、他はちょいと削減します。





それに、秋にはオルフェーヴルが増えそうなのでJCや有馬記念がコワイ。


ま、何頭かはそろそろ限界っぽいんで、その辺りで好い加減になりそうですけれど。


全然活躍しないのは非常に寂しいので、コレはありがたいと思って喜ぶべき事なのですが…ちょっと複雑。
[PR]
by a_doctrinaire | 2011-06-24 03:15 | 競馬(POG) | Trackback | Comments(0)


競馬重賞の傾向と嵐世記や太閤立志伝4などのゲーム
検索
最新の記事
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク