<   2011年 07月 ( 45 )   > この月の画像一覧

小倉記念の予想
ハンデ戦ということもあって、状態の良さの比重が大きいと思いますが、調教が分からず…。


 小倉記念 予想


中山金杯勝ちのコスモファントム。約5か月ぶりの七夕賞で7着と悪くない。大型馬だけに、使った効果が期待できそうだし、ある程度前から競馬が出来るのもいい方にいかないだろうか。


約4か月ぶりのサンライズマックス。09小倉大賞典勝ちで、11小倉大賞典では0.2秒差と悪くなかった。仕上がり次第では上位に絡めると考える。乗り替りも良い方に出れば…。


夏至S4着のホワイトピルグリム。ただ、GⅡでも4着と安定感には欠ける。しかし、これはり脚質の部分も大きいはず。仕掛けドコロ次第では絡める可能性もあるかと。


11中京記念(小倉開催)勝ちのナリタクリスタル。11中山金杯は3着と悪くないが、11小倉大賞典7着と安定感という意味で少し心配な分評価を下げた。


イタリアンレッドは前走程度走れば着て良い。キタサンアミーゴはこの距離が合えば…。サンライズベガは前走が負けすぎ…。ドモナラズは状態次第。トーホウアラン、ホクトスルタン、ヤマニンキングリーは状態次第。アドマイヤメジャーは叩き4走目でちょっと分からない。
[PR]
by a_doctrinaire | 2011-07-31 02:33 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

小倉記念の予想候補
ちょっと前にあげた「小倉記念の傾向」を参考にして、小倉記念の予想候補を絞ってみます。


実績は「重賞連対か、1600万勝ち以上で重賞初出走か重賞3着」、距離「2000m以上連対」、コース「コクラン連対か初出走、或いは1戦程度はセーフ」、近走それなりにとすると…


イタリアンレッド
コスモファントム
サンライズマックス
ナリタクリスタル
ホワイトピルグリム


が残るかと。


休み明けなどや状態が問題無ければ、


アドマイヤメジャー
キタサンアミーゴ
サンライズベガ
ドモナラズ
トーホウアラン
ホクトスルタン
ヤマニンキングリー


辺りも可能性あり?
[PR]
by a_doctrinaire | 2011-07-30 01:33 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

強欲?
毎日はさすがにしないですが、たまに「料理」をします。


今日は無性に鶏のレバーが食べたくなって(鉄分か何かが不足しているに違いない)、料理したのですが…


思い描いた味?にならず。


恒例となりつつありますが、たいてい一番初めにチャレンジした時が美味しい!


というか…2度目以降がうまく行きません。


コレもヴィギナーズラック?なのでしょうか。


数をこなせていないので、思う味にならないのは当然なのですが、特に調理方法を大きく変えているつもりもないので、悩んでしまします。


一気に調理せず、いくつかに分けて、変化を感じながら数をこなす方が良いのかもしれません。


なんとか美味しく作りたい…。


初めは「レバーが食べたい」というだけだったのに、いつのまにか「どうせなら、少しでもおいしくレバーが食べたい」に替わっています。


欲深い性格…全開です!
[PR]
by a_doctrinaire | 2011-07-28 03:33 | ひとり言 | Trackback | Comments(0)

小倉記念の傾向
夏の小倉2000mで行われるハンデGⅢ「小倉記念」。


 小倉記念の傾向 (過去5年の連対馬データから) 11


<実績>
最低ラインは「1600万勝ち」。

次点は「OP勝ち」だが、いずれも「重賞初出走」1頭を除く4頭に「重賞4着」があった。
ただ、「GⅢは1戦で、GⅡ4着2回」のあった1頭を除くと「重賞3着」となる。
「重賞連対」は5頭なので、メインはコレを考えたい。

7年前には「1000万勝ち」直後の馬が連対しているが、重賞は2戦(2年前の3歳時)しかしておらず、3歳時に「OP3着」があった。ハンデ戦ということもあるので、その辺りの余地はみておきたい。


<距離>
全馬に共通するのは「2000m(以上)連対」。

平坦という事もあって、少しくらいならこなせる可能性もあるとは思うが…。


<コース>
「小倉連対」5頭、「初出走」4頭。

残り1頭は「小倉GⅢ5着のみ」。
直線が平坦ということもあって、「中京」や「新潟」、「京都」などで結果が出ていた馬も多い。


<脚質>
「先行、マクリ差し」6頭、「差し」4頭。

差しも届くのだが、直線が短い事もあって、4コーナーで早めに進出していた馬が多い。


<その他>
ハンデは53~57.5キロの平均55.65キロ。中央値は56キロ。
6年前には58.5キロで勝利もあり、平坦なコースだけに克服しやすいようにも感じる。

1番人気は2連対、2番人気は1連対。
半分は6~16番人気なので、荒れる可能性もありそう。


時計は他場と比べて、1分57秒後半から1分58秒後半と少し速めの結果となっている。
[PR]
by a_doctrinaire | 2011-07-27 01:15 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)

函館記念の結果
出走メンバーの実績の低さを心配していた函館記念でしたが…


8番手につけたキングトップガンが、重賞連勝となる優勝。


逃げ馬とそれを追う馬の後ろに位置したマヤノライジンがクビ差2着。


3着は12番手を追走したアクシオン。


4着は逃げたメイショウクオリア、5着はコロンバスサークル。1番人気マイネルスターリーは8着、2番人気ミッキーペトラは16着の最下位。





予想は3着、4着、8着、16着。


敗因は、休み明け一叩きのマヤノライジンを入れ忘れた事…出走馬のトコで改行使って見落としてました。さらに、過去の傾向から人気上位馬が気になったのもマズかった。今回のメンバーの実績の低さから、コースで足りないキングトップガンを予想候補で残したり、予想でマイネルスターリーやエドノヤマトの評価を下げたりしていただけに、判断を誤った感じです。





先週1番人気を切った事に変に反省したのが悪い方向に。ひとつひとつレースは別ですモノね…。しっかり切り替えて挑みたいと思います。
[PR]
by a_doctrinaire | 2011-07-25 00:52 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

函館記念の予想
出走メンバーの実績もあって、どの馬にもチャンスがあるように感じますが…。


 函館記念 予想


久々を勝利したミッキーペトラ。過去に重賞2着やOP2着があり、ココでなら十分通用する実績かと。ある程度前から行く脚質も良い。後は2走目の…が無ければ。


5か月ぶりを一叩きしたアクシオン。昨年は札幌記念でマイネルスターリーに0.2秒先着しており、状態が戻れば結果が出ても良い。ただ大型馬なので、もう一叩きして様子を見たいというのが正直なトコロだが。


叩き3走目のメイショウクオリア。ここ2走は後少し足りていないのだが、上積みがあって、展開が向けば…。もう一つ何か背中を押してくれれば。


昨年の勝ち馬で巴賞勝ちのマイネルスターリー。対戦成績や前走との馬場の違いなどから少し評価を下げた。思ったより人気になっているが、他も物足りないので、当然と言えば当然か…。


ウォークラウンとエドノヤマトは力が足りれば。コロンバスサークルは展開次第で。キングトップガンは函館の芝があえば。マンハッタンスカイは仕上がり次第か。
[PR]
by a_doctrinaire | 2011-07-24 01:39 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

函館記念の予想候補
以前あげた「函館記念の傾向」から、函館記念の予想候補を絞ってみたいと思います。


実績は「重賞連対か、OP2着以上で重賞初出走か重賞3着以上」、距離「2000m以上連対」、コース「函館連対か初出走、或いは1戦程度」、近走「それなりに」を条件とすると…


アクシオン
マイネルスターリー
ミッキーペトラ
メイショウクオリア


辺りがクリアしてるかと。


後、OPに出走の無い

ウォークラウン
エドノヤマト


函館が芝2戦で連が無い

キングトップガン


OP3着と重賞4着の

コロンバスサークル


長期休み明けで5走目、大型馬の

マンハッタンスカイ


追記…休み明け一叩きの

マヤノライジン


辺りは残るかと…。
[PR]
by a_doctrinaire | 2011-07-23 02:38 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

あいかわらずです…ごぶごぶ
ダウンタウンの浜ちゃんと東野幸治の五分五分じゃない番組「ごぶごぶ」。


今月月2回になったって事で、毎日放送内に宣伝しにいく予定だったのに…


あいもかわらず、急遽予定変更!


読売テレビ→ABC朝日放送→関西テレビ


に、アポなしで団扇配りとポスター貼りに出かけてました。


以前は、他局の番組名を出すのもはばかられており、近年その辺りが緩和されたのは、お互いにメリットが(もちろんデメリットも)あると思っていたので、今だからある程度出来たのかな…と。


ただ、各局共に、今回のようにあからさまに他局の番組を宣伝?するのは難しかったとは思いますが、頑張っての大人の対応だったんじゃないでしょうか?





ちょっと浜ちゃんにイラっとする時が多いですが、「ごぶごぶ」見ちゃいます。
[PR]
by a_doctrinaire | 2011-07-23 02:05 | ひとり言 | Trackback | Comments(0)

ジンオウガの角破壊と双剣
元々、普通に攻撃しても届かないジンオウガの角破壊をする必要があり、他にも尻尾切断などでも、リーチがあると攻撃しやすいと思っていたので、大剣を選択していた所もあったのですが…


双剣が意外なほどに使えたのにビックリ!


「蓄電中」、「前足での叩きつけ2回(帯電時は3回)の後」、「疲労静止時」などに、頭を狙うと乱舞がしっかり当たってくれました。


しかも、尻尾切断や爪(前足)破壊も思ったより早い…


スノウジェミニの「氷属性」が良かったのだとは思いますが、まさかここまで使えるとは。


スキルもゴールドルナシリーズに「ランナー」と「捕獲の見極め」なので、さらに早くなる可能性も。


ジンオウガは「雷狼竜の尖角」がなかなか出なかった事もあって、今回1、2を争うほど「よく戦っている相手」なので、他のモンスターよりも動きが分かっていた部分があったとは思います。


それでも、ココまで早いと、当分ジンオウガは双剣で行く事になりそうです。





動きがわかれば、他のモンスターも双剣でやれるんじゃないでしょうか?


日々新しい発見があります。


他にも武器はあるし、まだまだモンスターハンターポータブル3rd…楽しめそうです。
[PR]
by a_doctrinaire | 2011-07-21 03:09 | モンスターハンターP3rd | Trackback | Comments(0)

意外とやれる…双剣
未だにモンスターハンターポータブル3rdをソロだけでプレイ中。


数をこなせば、ある程度やれてくるのが、MHP3rdの良いトコロ?


やはりモンスターの動きや習性?を知っていくのが、上達への近道なようです。


前作「MHP2nd(G)」では片手剣(+大タル爆弾G)で、技術の無さを補って進み…ラオシャンロンの部位破壊全部なぞをやっていましたが、今回の3rdはしっかり技術的なモノを要求されたので、あっさりと大剣に逃げてしまっていました。


ただ、一通り進めたので、他の武器にも手を出す事に…。


大剣を使っていても、ほとんど防御をしない(喰らうの分かっていて攻撃する)ので、「防御できない武器」を選んでみました。


素材があったので、「双剣」をチョイス。


ためしに上位ジンオウガ2頭に行ってみたら…部位破壊完了して、大剣よりタイムが速い!


ほとんど「乱舞」で攻撃して、あまり巧く攻撃を交わせた感はなかったんですが…驚き。


属性と手数がうまくはまったのかな?





そこのアタナ!


自分が得意だと思っている武器よりも、巧くいく武器があるかもしれませんよ。
[PR]
by a_doctrinaire | 2011-07-20 21:23 | モンスターハンターP3rd | Trackback | Comments(0)


競馬重賞の傾向とMHP3rd、太閤立志伝4やレトロゲーム
検索
最新の記事
高松宮記念の予想候補 2017
at 2017-03-25 00:56
マーチSの予想候補 2017
at 2017-03-25 00:38
毎日杯の予想 2017
at 2017-03-25 00:16
日経賞の予想 2017
at 2017-03-25 00:01
高松宮記念の枠順決定! 2017
at 2017-03-24 09:48
毎日杯の予想候補 2017
at 2017-03-24 00:15
日経賞の予想候補 2017
at 2017-03-24 00:03
マーチSの傾向 2017
at 2017-03-23 13:00
毎日杯の傾向 2017
at 2017-03-23 01:08
日経賞の傾向 2017
at 2017-03-22 00:54
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク