<   2011年 11月 ( 81 )   > この月の画像一覧

ステイヤーズSの傾向
中山3600mで行われるGⅡ「ステイヤーズステークス」。


JRAで行われる平場重賞の中では最も距離が長い。まあ、ココを勝ったからと言って「日本一のスタミナ」というワケでもないのだが…。


 ステイヤーズSの傾向 (過去5年の連対馬データから) 11


<実績>
最低ラインは「1000万勝ち」。

該当馬は3歳で「1600万に出走が無く、GⅡで3着や5着など」があり、次点「1600万勝ち」だが、「重賞3戦でGⅢ3着とGⅡ8着と16着」、「GⅡ15着のみ」、「GⅠ10着とGⅡ5着、6着、9着」で、「数を走っていない」か「GⅡ掲示板」があった。

残り6頭には「GⅡ以上連対」があり、「GⅡでの結果」は重視したい。


<距離>
全馬に共通する連対距離は「2000m以上」。

ただ、該当するコスモヘレノスは「2500mGⅡ3着」があった。
それ以外の9頭には『2500m以上連対』があったので、ある程度レースを走っているなら結果がほしい。


<コース>
「中山連対」5頭、「初出走」1頭。

残りは「GⅡ3着のみ」、「GⅡ8着のみ」、「1600万11着のみ」、「1600万4着のみ」。
数を走っていないなら、あまり気にする必要はない。


<脚質>
「逃げ」1頭、「先行」5頭、「マクリ差し」3頭、「差し」1頭。

長丁場と直線の短い中山という事で「前有利」。


<その他>
1番人気は3連対、2番人気も3連対。ただ、3番人気は全滅…(3着はあるが)。
ある程度の実績があって、他も問題ないなら、人気を信じてみるのもひとつかも。

13番人気が絡んでいるが、他は5~6番人気なのであまり大荒れはない。
3着も二桁人気は1頭のみで、高配当を狙うのは少しお勧めできない。


菊花賞2着馬など3歳が3連対。

後1か月ほどで古馬となるのだが、まだ3歳という事で斤量の恩恵もあったりする。
成長が著しい時期でもあり、条件をクリアしているなら狙ってみたい。
[PR]
by a_doctrinaire | 2011-11-30 01:59 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)

ジャパンカップ3着馬の傾向
GⅠですので、ジャパンカップダートの3着馬もチェックしてみます。3年なので意味あるかは分かりかねますが…。


 ジャパンカップダート3着の傾向 (過去3年の3着馬データから) 11


【実績】
最低ラインは「(交流)重賞勝ち」。

これに該当するのは芝にも出走していた3歳馬ゴールデンチケット。ダートは「3戦して兵庫CS1着、ジャパンダートダービー3着、シリウスS3着」だし、芝で毎日杯2着があるので、ある意味「重賞勝ち+重賞連対」はクリア済みと言ってもいいかも…。

それに3頭とも「GⅠ3着」はクリアしているので、連対馬と遜色?なさそう。

(東京開催時には「重賞初出走のOP2着」などもいるので、メンバー次第ではその辺りでも通用するかも。)


【距離】
全馬に共通するのは「2000m以上連対」。

連対馬よりも長めなのは、他に要因があると考えた方がいいかもしれない。


【コース】
「阪神連対」1頭、「初出走」1頭。

残り1頭は「シリウスS3着のみ」と惜しい結果だった。初出走は芝重賞で勝っており、坂は問題無かったようだ。


【脚質】
「先行」1頭、「マクリ差し」1頭、「差し」1頭。

差し馬は、勝ち馬とは0.8秒差も離されており、やはりある程度前につけている方がよさそう。


【前哨戦】
「JBCクラシック3着」、「ブラジルC2着」、「JBCクラシック1着」。

ある程度状態がいい方がいいかと。


【その他】
人気は11番人気、12番人気、1番人気。

3着は二桁人気でも通用しており、狙うならココかも…。


「中央ダート重賞連対」は1頭のみ。
中央への出走が「エルムS5着のみ」と「シリウスS3着とブラジルC2着の2戦」と少ないのだが、連対馬との大きな違いかもしれない。
[PR]
by a_doctrinaire | 2011-11-29 03:07 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)

ジャパンカップダートの傾向
阪神ダート1800mで行われるようになって今回で4回目のGⅠ「ジャパンカップダート」。


以前は東京2100mで行われており、個人的にもかなり好きなレースだったのですが、変更後は興味が湧かないレースとなりました。もちろん、関西でダートGⅠが行われるのは良いと思いますが、さすがに距離1800mは「無い」わ…。


 ジャパンカップダートの傾向 (過去3年の連対馬6頭のデータを中心に…) 11


【実績】
最低ラインは「重賞勝ち+重賞2着」。

ただ、GⅠ初出走だったトランセンドを除く5頭に「GⅠ4着以上(交流GⅠを含む)」があり、GⅠ実績も重視したい。

(東京開催の頃を見ると、GⅠ初出走のアロンダイト以外に「GⅠ3着以上」があるのだが、当のアロンダイトは「GⅠどころか重賞も初出走」で優勝しており、メンバー次第という感じもする…。)


【距離】
全馬に共通するのは「1600m以上勝ち」。

一応、最低連対距離のグロリアスノアはダート1800mと2000mが1戦ずつでジャパンダートダービー4着があった。数を走っているなら『1800m以上勝ち』は欲しい気もする。
ただ、メンバー次第では1600mで問題ないかもしれない…。


【コース】
「阪神連対」4頭、「初出走」2頭。

秋までのダートの主要レースは「3歳は、東京GⅢ→新潟GⅢ→交流GⅠ」、「古馬は、東京か京都のGⅢ→東京GⅠ→海外か交流GⅠ」という感じになるかと。
3歳なら春は3歳クラシックなどに出走させたいだろうし、阪神に2、3歳のダートOPは無いし、秋にシリウスSに出走しない限り、結果をだした馬にとっては、阪神ダート特に用は無いのでは?しかもシリウスSはハンデ戦…まったく目指す必要のないケースも考えられる。

関西馬でも「初出走」があるのは仕方ないのかも…。


【脚質】
「逃げ」2頭、「先行」1頭、「差し」3頭。

差しも通用しているが、いずれも2着止まり。0.6秒差の2着なら生粋の差しだが、同タイム2着は4コーナーで7、8番手におり、「ある程度前が有利」と考えたい。


【前哨戦】
「みやこS」1頭、「武蔵野S」2頭、「盛岡マイルCS」1頭、「トパーズS」1頭、「JBCクラシック」1頭。

着順は2年以上の休み明けで武蔵野S9着のカネヒキリ、JBC3着のメイショウトウコン以外は、
「1着」なので「状態のいい馬」を選びたい。


【その他】
1番人気は2勝、3着1回で、良い結果が多い。

ただ、2番人気と3番人気が全滅しており、「故障」などもあったようだが、「実績のない3歳馬」や「状態の微妙な馬」など過剰人気も大いに考えられる。4~8番人気が絡んでいるし、出走メンバーの手薄感も否めないので、その辺りには注意したい。


「約2年ぶりを一叩き」したカネヒキリを除く5頭に『その年の中央ダート重賞連対』があった。

地方と中央ではダートの質などが大きく違うようで、さらにレベルも中央の方が高いので、地方交流GⅠばかりに出走しているよりも、年内に1度は「中央のダート」でやれる所を見せていてほしい。


「前が有利」と言ったが、2着馬はいずれも「上がり最速」。
しかも人気薄の方なので、切れる脚を発揮できるタイプは馬券的には「あり」なのかも…。
[PR]
by a_doctrinaire | 2011-11-29 01:02 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)

阪神JFが待ちきれない?
次のGⅠはジャパンカップダートなんですが、それよりもすでに気分は来年の桜に飛んでいる方も多いかと。


昨年同様に、ちょっと早いですが12月11日に行われる阪神ジュベナイルFの登録馬35頭をチェックしてみます。


連闘や取り消しなどもあるかもしれませんが…


アイムユアーズ ファンタジーS1着 函館2歳S2着
エピセアローム 小倉2歳S1着
ファインチョイス 函館2歳S1着
アラフネ すずらん賞1着
エイシンキンチェム ダリア賞1着
サウンドオブハート 芙蓉S1着
アンチュラス ファンタジーS2着
イチオクノホシ サフラン賞1着
トーセンベニザクラ 赤松賞1着
プレノタート 500万1着
ラシンティランテ 白菊賞1着
レディーメグネイト りんどう賞1着


と、おそらくココまでの12頭が出走可能ラインではないでしょうか。


残り6頭を…


アナスタシアブルー
アンリヴィールド
ヴィルシーナ
カイルアロマンス
カネトシカトリーヌ
ガーネットチャーム
キャトルフィーユ
グインネヴィア
シャンボールフィズ
ジョワドヴィーヴル
スイートスズラン
スタリア
トランドネージュ
ナオミノユメ
ニコールバローズ
ハイリリー
ハッピーウィーク
ヒーラ
フレイムコード
マイネボヌール
マシュマロ
マスイデア
リアライズキボンヌ


の23頭で抽選するという事になってくるのでは。


3年前にはブエナビスタが20頭中6頭(抽選時は17頭)の中に残って勝っています。果たして妹は…





さて、近年は1勝馬の抽選が登録時点で6頭や8頭などでしたが、来年はアルテミスSの新設により、確実に2頭は減ってきます…。しかも2歳馬のデビューが早まるので、その影響が出てくると思います。

2歳戦は、キャリアが少なく実績があまり参考にならないので、1戦1勝馬や牡馬相手に挑戦して上位の馬が出られないとなると、盛り上がりには欠けていきそうで…。一緒に1200mの500万やOPを減らしてくれるなら、バランスは取れそうなんですが。





抽選を突破する馬がどの馬になるかで、阪神ジュベナイルFの売り上げや入場者数が大きく変わるはず…。
[PR]
by a_doctrinaire | 2011-11-28 01:32 | 競馬(GⅠ) | Trackback | Comments(0)

ジャパンカップの結果
こんなペースになるとは思ってもいなかったジャパンカップは…


スタートもよく内枠もあってそのまま先行集団の5、6番手につけたブエナビスタが、直線を向いてから外を意識して…残り400mで外に出すと、一歩ずつ前との差を詰めて交わして勝利。


大外から一気に前を伺って2番手につけたトーセンジョーダンが、押し切ろうとするとも外から交わされて2着。


勝ち馬の2馬身ほど後ろにつけていたジャガーメイルがスルスルと上がって3着。


4着はトレイルブレイザー。5着はウインバリアシオン。1番人気のデインドリームは6着、3番人気ペルーサは16着に敗れている。





予想は1着、5着、13着、16着。


敗因は乗り替りと大外を懸念してトーセンジョーダンの評価を下げた事。休み明けでデータ外のヴィクトワールピサではなく、トーセンジョーダンの方を入れるべきでした。前哨戦を「GⅠ掲示板」にしたのでジャガーメイルを切る事になったのもよくなかった。「GⅠ不問」にしても予想候補は6頭だったので。


まさか1000mの通過が61.8秒になるとは思わず…。途中で動いた安藤勝己騎手は、相変わらず「さすが」だったかと。ヴィクトワールピサはあのペースで最後方からの競馬では…。最下位のペルーサはなんとも分からず。


デインドリームの1番人気にはビックリ!今までもいろいろな海外で結果が出ていた馬がジャパンカップに来たのですが、適性などもあって、結果が出ない事が多かったので驚きました。今年のマイルCS、エリザベス女王杯の印象にも引っ張られた部分があったのでしょうか?もちろん、位置取りや諸々を考えれば、6着は強いとは思いますし、条件が変われば上位があったと思いますが、ちょっと人気し過ぎていたかと。今年の凱旋門賞をテレビでやっていたのも、影響したかな…。





今週は勿体無いレースが2つでした。来週はしっかり的中させたいです。
[PR]
by a_doctrinaire | 2011-11-28 00:21 | 競馬(GⅠ) | Trackback | Comments(0)

ジャパンカップの予想
毎年、ほぼ日本馬の応援になっているジャパンカップ。海外馬が勝ちそうな時でも、ココ数年は日本馬の応援してます。


 ジャパンカップ 予想


応援馬ブエナビスタに頑張ってもらいたい。乗り替り以降パリッとしないが、それでも馬は頑張っているはず。良い結果を臨みます。


休み明けになるヴィクトワールピサ。レースは走っていないが、そんなに悪い状態では無いと思いたい。レース感とミルコの仕掛けと手綱捌き次第では…。


3歳のウインバリアシオン。オルフェーヴルの2着が多いが、この馬がここで通用しないとは限らない。鞍上がブエナビスタを良く知っているのもコワイ。


折り合い次第のペルーサ。前走は展開もあっただろうが、一つ叩いて違う競馬が出来ると面白い。コチラもブエナビスタを知る鞍上だけに、やり方を知っているかも。


応援馬トゥザグローリーとローズキングダムは単勝で応援する事に。トーセンジョーダンは乗り替りが問題無ければ。普通に考えて、馬場が合えばデインドリーム。エイシンフラッシュは乗り替りでパス。
[PR]
by a_doctrinaire | 2011-11-27 02:17 | 競馬(GⅠ) | Trackback | Comments(0)

ジャパンカップの予想候補
ジャパンカップの傾向」を元にして、ジャパンカップの予想候補を絞ってみます。


実績は「GⅡ以上勝ち+GⅠ連対+GⅡ以上3着以上」、距離「2400m以上連対」、コース「東京連対かGⅠ掲示板」、ちょっと微妙だが、前走「10月か11月に出走し、GⅠ掲示板以上かGⅡ勝ち」を条件にすると…


ウインバリアシオン
トーセンジョーダン
ブエナビスタ
ペルーサ


がクリアしているかと。


海外馬は別口

デインドリーム


ただ、

前走6着のエイシンフラッシュ
休み明けがクリア出来ればヴィクトワールピサ
GⅠ3着のトゥザグローリー


は残せるのでは。
[PR]
by a_doctrinaire | 2011-11-27 01:56 | 競馬(GⅠ) | Trackback | Comments(0)

京阪杯の結果
3歳と古馬の対決が注目された京阪杯は…


好スタートから4番手追走のロードカナロアが直線で追い出すと逃げ馬を交わして先頭にって押し切って勝利。


中団から競馬をしたグランプリエンゼルが外から差して2着。


先行勢からワンカラットが3着。


4着は逃げたナイアード。5着はミキノバンジョー。2番人気ジョーカプチーノは9着に敗れた。





予想は1着、3着、6着、15着。


1着と3着は問題無し。敗因は「前哨戦」を入れてグランプリエンゼルの評価を下げた事。出遅れて逃げなかったジョーカプチーノは誤算だったが、出遅れ気味もあったがアーバニティはさすがに入れてはいけなかったか…。データが微妙ながら、予想候補に残したグランプリエンゼルで良かった…。





次は良い結果を出したい所。
[PR]
by a_doctrinaire | 2011-11-27 01:33 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

エックスマークの未勝利戦
応援馬エックスマークの京都1800mの未勝利戦。


パドックはデビュー戦と比べると少し気が入ってきたというか、うるさい所も出てきたかと。


大人しい感じでは無かったように思います。


本馬場入場は、二人引きで行って返し馬へ。


リズムよく走っていたのでは?


1.8倍の抜けた1番人気で、+2キロの464キロでの出走。





スタートは悪くなかったかと(1800mはスタート用に延ばしてあるようなモンで、しかもカメラの位置も悪いから分かりにくい)。


先行勢についていくも8番手に。


前に馬を置くというか…行かれて、両サイドを挟まれるカタチ。


徐々に順位を下げて後ろから6番手まで下がってしまいます。


3コーナー途中から鞍上の手が動き始め…


4コーナーでバラける中を突くのはデビュー戦と同じ。


しっかり追い出すのは直線を向いてからという事もあってか、加速しない。


ようやく加速しだして、数頭交わして、抜けたハッピーウィークとの差が詰まりだした所でゴール。


2着でした…ゴール板過ぎてから交わしてもネ。





4コーナーでは勝ち馬と半馬身~1馬身くらいの外にいたので、クビ差を考えるとやはり位置取りと仕掛けだったかと。


馬場を見る限りは、内も外も変わらないくらいなので、外に進路を取る必要があったのか…疑問。





後、気になったのは、パトロールビデオでは、スタート直後の脚捌きと最後の直線での脚捌きがかなり違う。


最後の直線では、脚(首)がブレている印象を受ける。


緑色が濃いスタート直後は、しっかりと芝を捉えているので、良い馬場でなら違った脚を見せるかも…。


来週なら綺麗な馬場で、3コーナーからある程度加速できるコースだったンですよネ…勝って最終週のラジオNIKKEI杯に出したかったのかも。





奇しくも、この日の9Rに京都2歳Sを勝ったトリップに新馬戦で敗れたエックスマークが、同レース2着のエーシングングンの新馬戦2着だったハッピーウィークに敗れて2着…。


しかも、京都2歳Sは1番人気トリップに9番人気エーシングングン、未勝利はハッピーウィークが9番人気で、エックスマークが1番人気と、曰(いわ)く?付き。


考えようによっては、新馬、未勝利戦のレベルは少しは高かったという事も言えるのかな…


ただ、負けは負けでも同じような乗り方での負けはさすがに、イラっとします。


他の馬たちでも同じような事があったので、余計に目立ちます。


あまり言いたくはないですが、「馬の能力を引き出すのは人」と調教師の方々もよくおっしゃっていますし…


やはり矢面には人が立つべきかと。


祐一…もっと頑張れヨ。





馬には疲れが出ないように願います。
[PR]
by a_doctrinaire | 2011-11-27 00:17 | 競馬(POG) | Trackback | Comments(0)

デジャヴ?
先週、「勘働きが…」などと記事を上げていたら、今週もっ!


ウインズ独特の空気感?によって、働く勘働き…


どうしても11番グランプリエンゼルが気になって仕方がない。


そこで、一応馬連で流してみました。


すると…


馬連1350円的中!(もちろん、通算成績の的中には入れません)

d0133437_21105523.jpg



1着の3番も3着の7番も入れているので、3連複なら3880円だったのに…


いや、そもそも予想に入れとけば問題なかったンです。


相変わらず『予想候補の方』が良いようで…
[PR]
by a_doctrinaire | 2011-11-26 21:15 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)


競馬重賞の傾向と嵐世記や太閤立志伝4などのゲーム
検索
最新の記事
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク