<   2012年 01月 ( 70 )   > この月の画像一覧

肉を切らせて骨を断つ?
お試しプレイ中の太閤立志伝4(Ⅳ)のシナリオ2本願寺家。


普通に織田家と対してもいいのですが、イベントを使うという方法も。


条件である「摂津国」最後の「石山本願寺」を渡してしまえば『事は起きる』ワケで。


ただ当主の場合、そのまま拠点である石山本願寺を落とされてしまうと、あっさりゲームオーバーになってしまいます。


加賀や紀伊に城があったり、城にいなかったとしても…。


そこで拠点を「石山本願寺」以外にしたいのですが、輸送は可能でも拠点変更は「隣接している領地」に限るようで。

なので、いきなり「合戦」で攻め込みます。


河内・和泉国ならどちらでも良いのですが、規模を考えても雑賀城とつながる事を考えても、岸和田城の方が楽かと。


それに初めての月に攻めてこなかった場合にも対応できるので、良いように思います。


事が起きれば、イベントの合戦は仕方ないですが、後は羽柴家が北に向かう通り道を押さえれば、旧織田家で分裂した状態のままなので、やりやすいかと。





家臣でも可能で、事が起きる所までやってみましたが、輸送が使えない分、その後を取り返すのが難しそう。


それでも、織田家から2か月に1度攻められ続けるよりはマシかと思ってみたり…。





武将によっては鉄砲の数次第や身分などで対応できるので、普通に戦うのもいいですが、こういう方法もあるのでは?


人それぞれに楽しみ方があったりすのも、太閤立志伝4(Ⅳ)かと。
[PR]
by a_doctrinaire | 2012-01-31 03:08 | 太閤立志伝4 | Trackback | Comments(0)

小倉大賞典の傾向 2012
小倉1800mで行われるハンデキャップの古馬GⅢ「小倉大賞典」。


一昨年は中京改修の影響で中京1800mで行われたので、2010年分は除外して考えます。


 小倉大賞典の傾向 (過去5年の小倉開催連対馬データから) 2012


<実績>
最低ラインは「1600万勝ち」。

ただ、9頭に「重賞連対」があって、残り1頭も降着になったものの重賞初挑戦で「京都金杯同タイム4位入線」があった。GⅢで結果が出ていない場合はマイナスかと。

さらに6頭には「重賞複数連対」があり、残り3頭には重賞連対+重賞3着」なので、『重賞で何度か連対出来そうな馬』がよさそう。


<距離>
全馬に共通するのは「1800m以上連対」。

ただ、9頭が「2000m連対」しており、残り1頭も「2000mはGⅠ18着とGⅢ3着」なので、一応『2000m』での結果には注目したい。
ちなみに1800m以下で連がなかったサンライズベガは1800mで3戦3着3回とやれそうな気配もあった。


<コース>
「小倉連対」は6頭、「初出走」が2頭。

残りは「小倉大賞典7着のみ」と「北九州記念(1800m)4着のみ」なので、1戦程度なら気にする必要は無さそう。


<脚質>
「逃げ」1頭、「先行」6頭、「差し」3頭。

後方から通用しているが、小回りのコースなので「ある程度前有利」とみる。


<その他>
ハンデは54~57.5キロで、平均56.2キロ。中央値は57キロと少し重目。
重賞実績を考えても、ハンデが重い馬が多いのも納得はできるかと。


1番人気は3連対、2番人気は1連対、3番人気は全滅。

残りは6番人気~11番人気とたびたび荒れるが、単勝人気の割には2000円前後に収まる事もあり、荒れる傾向と判断されて人気割れしている様子。


3番人気は3着1回で、4着以下に敗れた馬は「前年夏の小倉重賞連対で、休養明け何戦目か」や「1800m以上初出走」、「小倉初の牝馬56.5キロ」と不安要素もあった。
ハンデ戦という事でその辺りの判断が明暗を分けそう…。
[PR]
by a_doctrinaire | 2012-01-31 02:14 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)

京都牝馬Sの結果 2012
期間はありますが、ヴィクトリアマイルに向けての1戦京都牝馬Sは…


スタートはあまりよくなかったが、仕掛けて先行し早めに動いたドナウブルーが1頭違う脚であっさり前を捕えてそのまま勝利。


途中まで勝ち馬の前で競馬をしていたが、勝負どころでの反応の違いもあってか内から伸びるも2着。


外々で競馬をしていたアスカトップレディが追い込んで3着。


4着はビッグスマイル。5着にクィーンズバーン。





予想は1着、7着、9着、14着。


敗因はショウリュウムーンとアスカトップレディを切った所。京都金杯の結果を重視すべきでした。牡馬相手での疲れを気にしたのですが、杞憂に終わったようで…。


久々のエーシンリターンズはちょっと無謀だったかも。ダンスファンタジアも結果が出てからの方が良かったかも。





最後に切った馬に来られて残念。ちょっと上位人気を軽視するのが続いています…気をつけねば。
[PR]
by a_doctrinaire | 2012-01-30 01:02 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

根岸Sの結果 2012
いきなり1頭落馬して波乱のスタートとなった根岸Sは…


最後方からの競馬をしていたシルクフォーチュンが、大外を一気に追い込んで勝利。


スタートから逃げるかとも思える先行策で、3番手のトウショウカズンから内から前を捕えるも外から交わされて2着。


後方の外で抑えるのが大変そうだったテスタマッタが、直線を向いて仕掛けるも前に届かず交わされて3着。


4着は逃げて粘ったタイセイレジェンド。5着は追い出しを待ってタイミングを逸した1番人気ダノンカモン。





予想は3着、5着、8着、11着。


敗因は、東京コースと近走を気にしてシルクフォーチュンとトウショウカズンを切った事。予想候補に残すまでは悪くなかったが、選ばないと意味がない。


ダノンカモンは仕掛けどころで追い出しを待っており、仕掛け損ねの感がある。勝ち切れていない現状を考えれば本命に推すのはマズかったか…。勢いで狙ったサクラシャイニーだったが、1600万勝ちに着差がほとんどなく、OP勝ちのトウショウカズンの方を狙うべきでした。後はマイルCS南部杯を重視してダイショウジェットよりシルクフォーチュンを上に見るべきでした。





2番人気と3番人気をあまり有力だと思わなかったのは間違っていなったので、もったいなかった…。
[PR]
by a_doctrinaire | 2012-01-30 00:03 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

トリプルブッキングでしたが…
11-12年度の応援馬がデビュー勝ちが1頭という事で、複数出走のあった新馬戦で敢えて応援馬から外すという手に出てみると…

d0133437_15351351.jpg



狙っていた3頭で上位独占…


応援時には応援馬券を単勝しか買いませんが、馬連と3連複を買ってたら当ってました。


惜しいっ!


それにしても、ブログに上げないと成績が良いって…どういうこと?
[PR]
by a_doctrinaire | 2012-01-29 16:01 | 競馬(POG) | Trackback | Comments(0)

良血目白押し
京都2000mの新馬戦に良血が勢ぞろい。


1番ファシネートダイアは青葉賞勝ちのアドマイヤコマンドの半妹

3番サクラヴィクトリーの母は秋華賞2着のサクラヴィクトリア

4番レッドキングダムの祖母の弟にJCのピルサドスキーで、その妹にエリザベス女王杯や秋華賞勝ちのファインモーション。母はファインモーションと同じくデインヒル産駒。

7番ダノンドリームは朝日杯FS勝ちのゴスホークケンの半弟

8番エアルプロンの母は優駿牝馬2着のエアデジャヴー、叔父に皐月賞と菊花賞勝ちのエアシャカール。半兄にAJC杯勝ちや有馬記念3着のエアシェイディ、姉に秋華賞勝ちのエアメサイア。

9番のサンライズロイヤルの祖母は優駿牝馬やエリザベス女王杯勝ちのダンスパートナー。叔父に中山金杯勝ちのフェデラリスト。

10番ロードアクレイムの母優駿牝馬勝ちのレディパステル。


何頭か候補に残した馬がいるのですが…今年は応援馬にするとデビュー戦勝てないので、密かに応援することにします。敢えて外せばジョワドヴィーヴルだったりしますから。
[PR]
by a_doctrinaire | 2012-01-29 04:29 | 競馬(POG) | Trackback | Comments(0)

京都牝馬Sの予想 2012
注目するのは馬か騎手か…今年初めての「牝馬S」。


 京都牝馬Sの予想 2012


昨年はGⅠ出走が叶わなかったドナウブルー。惜しい競馬が多かったのは位置取りもあったかと。前走は前から押し切る競馬で、脚質に幅ができたのはプラスとみる。1600万への出走はないが、成長があれば…。


カシオペアS2着のコスモネモシン。11札幌記念4着など牡馬相手にある程度結果が出ているのはいい。後は位置取りや仕掛けがうまく行けば結果がついてくるはず。


休み明けが問題なければエーシンリターンズ。決めてに欠ける部分もあるが、GⅠ3着などもあって能力はあるはず。アパパネら5歳世代では実績で威張っても良さそう。


フェアリーS勝ちのダンスファンタジア。昨秋はショウリュウムーンに0.2秒差3着。不良馬場の富士Sはともかく、前走のターコイズSも0.1秒差と大きく負けていない。遠征がこなせるように落ち着きが出ているなら、重賞勝ちの力をだせるはず。


迷ったショウリュウムーンはカシオペアSの結果と前走の疲れが気になり…。レディアルバローザは少し安定感に欠けるので。クィーンズバーンは展開が向けば。アスカトップレディ、スプリングサンダーは力が足りれば。ビッグスマイルは乗り替わりに問題がなければ。ライステラスは京都次第。
[PR]
by a_doctrinaire | 2012-01-29 04:05 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

根岸Sの予想 2012
前日と同様にコチラもGⅠに向けて結果が求められると考えます。


 根岸Sの予想 2012


勝つかどうかはともかく安定しているのがダノンカモン。昨年はGⅠ以外は連を確保しており、この距離では安定して能力を発揮できると考える。


10フェブラリーS2着のテスタマッタ。前走の東京大賞典3着と復調気配。距離短縮が気になるが、流れ次第で上位があっていい。ある程度の位置につけられれば、武蔵野Sよりは差は縮まると考える。


出走取り消しのダイショウジェット。武蔵野S4着と東京もある程度はやれる。前走の影響が出なければ、ココでも面白い。


ダート3連勝中のサクラシャイニー。東京も2勝と左回りもやれる。できれば前走の着差がもう少し欲しかったが、勝っているので未知の魅力はある。展開でなんとかならないか…。


迷ったヒラボクワイルドだがデータを重視してパス。ティアップワイルドとトウショウカズンは東京が問題なければ。シルクフォーチュンは流れに乗れるか。タイセイレジェンドは武蔵野S8着を気にして。セイクリムズンはカペラSが気になり…。
[PR]
by a_doctrinaire | 2012-01-29 03:34 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

京都牝馬Sの予想候補 2012
記事「京都牝馬Sの傾向 2012」を参考にして、京都牝馬Sの予想候補を絞ってみます。


実績「重賞連対か1600万2着以上でGⅢ1戦程度」、距離「1600m以上連対」、コース「京都連対か初出走、或いはGⅠ掲示板」を条件にすると…


クィーンズバーン
コスモネモシン
ショウリュウムーン
ダンスファンタジア
レディアルバローザ


がクリアしているかと。


後は…

前走牡馬相手にGⅢ3着のアスカトップレディ
GⅠ、GⅡ、GⅢで3着のあるエーシンリターンズ
GⅡ3着のスプリングサンダー
1600万への出走がなく牡馬相手のGⅢ4着GⅡ5着のドナウブルー
1600万3着でトライアル重賞4着2回のビッグスマイル
京都はOP14着のみのライステラス

辺りもチャンスはあると考える。
[PR]
by a_doctrinaire | 2012-01-29 02:51 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

根岸Sの予想候補 2012
いつも通り、記事「根岸Sの傾向 2012」を参考にして、根岸Sの予想候補を絞ってみます。


実績「重賞連対か1600万勝ち以上で重賞初出走」、距離「1400m以上勝ち」、コース「東京連対か初出走」、近走「前走勝利、或いはGⅠ出走」を条件にすると…


サクラシャイニー
ダイショウジェット
ダノンカモン
テスタマッタ


がクリアしています。


ただ、少し足りないだけの馬…

実績はタイセイレジェンドとヒラボクワイルド
コースでティアップワイルドとトウショウカズン
近走でセイクリムズン
コースと近走でシルクフォーチュン

にも可能性があるかと。
[PR]
by a_doctrinaire | 2012-01-29 02:21 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)


競馬重賞の傾向とMHP3rd、太閤立志伝4やレトロゲーム
検索
最新の記事
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク