<   2012年 02月 ( 66 )   > この月の画像一覧

弥生賞の傾向 2012
皐月賞トライアルで、本番と同じ中山2000mで行われる3歳GⅡ「弥生賞」。


過去の勝ち馬からはヴィクトワールピサ、ロジユニヴァース、ディープインパクト、アグネスタキオン、スペシャルウィークなど皐月賞馬や東京優駿(日本ダービー)の勝ち馬が出ている。


 弥生賞の傾向 (過去5年の連対馬データから) 2012


<実績>
最低ラインは「新馬・未勝利勝ち」。

2頭が該当するが、「3戦1勝2着2回で未勝利勝ち直後」のミッキーペトラと「1戦1勝馬」のココナッツパンチで、OP以上に出走が無かった。
残り8頭が該当する『OP以上連対』を中心に考えたい。

ちなみに勝ち馬に限ると5年とも「重賞勝ち」。2着馬と比べて実績が高くなっている。


<距離>
全馬に共通するのは「1600m以上連対」。

しかし、1600mに該当するのは1戦1勝だったココナッツパンチのみ。
その他が該当する『1800m以上連対』をクリアしている必要がある。


<コース>
「中山連対」は3頭、「初出走」5頭。

残りは昨年の2頭「GⅠ4着のみ」のサダムパテックと「GⅢ3着とOP5着」のプレイ。
トリッキーなーコースなので、数を走って結果が出ていないならかなりマイナスかと。


<脚質>
「逃げ」1頭、「先行」6頭、「差し」3頭。

1000mの通過は61.7、63.6(重)、62.0(稍重)、61.8、59.8で少し遅くなっている。
有力馬が出走したり、頭数が少ないことも多いので、ある程度差しも届くが「前が有利」。


<その他>
1番人気が5年で5連対』と強い。
チューリップ賞と同じく、本番と同じコースなので、最有力馬が出走してくる影響だと考えられる。


2番人気は2着2回3着1回と善戦しているが、3番人気と4番人気が全滅で5年で馬券に一度も絡んでいない。
人気で敗れたタイプとしては、11年のターゲットマシン、10年のミッションモード、09年のケイアイライジン、07年のタスカータソルテなど「500万勝ち直後の馬」と、11年のオールアズワン、10年のアドマイヤテンクウ、9年のアーリーロブスト、08年のアインラクスとフサイチアソート、07年のメイショウレガーロなどの「重賞連対かOP勝ち」に分かれそう。

前者は力が足りなかった感があり「GⅠ前に新星を望んでの過剰人気」気味で、最有力馬が出走することで本番までの対戦を他の陣営が控えるのが原因かと。
後者は「休み明けや後方脚質、過剰人気」などが考えられる。


反対に5~7番人気で「重賞2着や3着」、「OP以上不出走」の方が3着以内に絡んでおり、過小評価されている方が結果が良かったりするのが特徴…。


近年は有力馬の出走が少ないので、あまり面白いレースにはなっていない。
本番のためにも「勝ち負けよりも、レース内容」に注目したい。
[PR]
by a_doctrinaire | 2012-02-29 00:45 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)

チューリップ賞の傾向 2012
桜花賞のトライアルで、本番と同じ阪神1600mで行われる3歳牝馬GⅢ「チューリップ賞」。


過去の連対馬からアパパネ、ブエナビスタ、トールポピー、ウオッカ、ダイワスカーレット、スイープトウショウ、スティルンラヴ、テイエムオーシャン、エアグルーヴ、ダンスパートナーなどGⅠ馬が出ており、先々のためにも要チェック!


阪神改修後は6回目なので、データ的には今年からしっかりした傾向といっていいのかも。


 チューリップ賞の傾向 (過去5年の連対馬データから) 2012


<実績>
最低ラインは「未勝利勝ち」。

ただ該当するショウリュウムーンは3戦して2着、3着、1着で「未勝利勝ち直後」。
次点のダート2戦2勝で「芝初」のサクラミモザと「OP2着」のエアパスカルは重賞初出走と上のクラスでレースはしていない。
それ以外には「重賞連対」か「GⅠ3着」があり、実績の高い馬は強い。

特に改修後の5年で3勝2連対の「阪神ジュベナイルF勝ち馬」に逆らうのは難しい。


<距離>
全馬に共通するのは「1400m以上連対」。

ただ、「ダート1400m勝ちで1600m初」のサクラミモザと「1600mが阪神JF3着のみ」のライステラス以外には『1600m以上勝利」があり、コチラを中心に考えたい。


<コース>
「阪神連対」6頭、「初出走」2頭。

残りは「GⅠ3着のみ」のライステラスと「未勝利3着」のショウリュウムーン。
ある程度の結果が出ていなければ、マイナスと考えた方が良さそう。


<脚質>
「逃げ」3頭、「先行」4頭、「差し」3頭。

1000mの通過は60.1、60.8、61.3、61.3、59.8だが、ダイワスカーレットの59.8を除くと61.3秒が逃げて粘れるラインかと。
コース改修以前は追い込みが通用していたが、直線が長くなったにも関わらず「前有利」になっている。


<その他>
1番人気は5連対、2番人気が2連対、3番人気は全滅。

2番人気で3着以上があったのは重賞連対馬とGⅠ3着馬。
阪神JF勝ち馬が出走しているので、逆転の可能性を考えての過剰人気には注意したい。


「上がり2番手」が絡んでいない。
最速の上がりを持つ馬というのは能力が抜けているケースが多いが、2番手は能力は劣るが上がり勝負をするタイプとも考えられる。
直線の長さに期待して、強い馬相手にじっくり脚をためているようでは、レースが終わりかねない。

自分から動いて行くタイプか、脚はあるが早めに仕掛けられる方が良さそう。
[PR]
by a_doctrinaire | 2012-02-28 04:19 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)

オーシャンSの傾向 2012
高松宮記念へ向けて、中山1200mで行われるGⅢ「オーシャンステークス」。


GⅢに昇格してからは今年で7年目。


 オーシャンSの傾向 (過去5年の連対馬データから) 2012


<実績>
最低連対ラインは「1600万勝ち」。


該当するのは3頭で「重賞初出走」と「重賞3戦以下」、次点は「OP勝ち」2頭で「GⅠやGⅢ3着など」と「重賞3戦以下」なので、重賞で数走ってダメなら難しい。
「重賞連対」は残りの5頭。

実績馬が阪急杯に多く出走する影響か、あまり実績が高くなくても良い。


<距離>
全馬に共通するのは「1200m勝ち」。

さすがにレース数も多いし、これをクリアしていない馬はまずいないはず。
ただ、1200mまでしか連対がない馬が4頭なので、長めで結果が出ている必要はなさそう。


<コース>
「中山連対」7頭、「初出走」1頭。

残りは「1600万3着とGⅠ16着」と「GⅠ12着と4着降着(2位入線)」なので、数を走っていない上にある程度やれていればセーフかと。


<脚質>
「逃げ」1頭、「先行」6頭、「差し」3頭。

かなり後ろからさせたのはキンシャサノキセキくらいなので、真ん中より前にいないと厳しい。


<その他>
1番人気は1連対、2番人気は2連対、3番人気も2連対。

上位人気がかなり負ける事もあり、
実績も高くなくてもいいし、残りは6番人気~12番人気なので、堅くは収まらないかと。


前走は、GⅠはともかくGⅢでも10着や7着からの巻き返しがあり、判断が難しい。
「重賞は不問」で「1600万は勝利」くらいはクリアしてほしい…。


昨年は該当しなかったが、800mの通過が45秒台だと2回逃げ馬が残っている。
2頭とも重賞連対馬だった所が昨年とは違っていた。

重賞で連がある逃げ馬が単騎で行けそうなら、狙ってもいいかと。
[PR]
by a_doctrinaire | 2012-02-28 00:15 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)

クランモンタナのすみれS
応援馬クランモンタナの出走したすみれS。


パドックで久々の対面でしたが、開口一番…


「黒っ!」


でした。


芦毛は時期によってはいろいろな色に見えますが、メンコとブリンカーの影響に加えて、カメラのファインダーから覗いたために、余計にそう感じたのではないかと…。


d0133437_153483.jpg



メンコから出ていた耳がすごく可愛く見えました(笑)。


瞳も荒れている様子はなかったかと。


天候と腕の悪さもあって、うまく写真が撮れませんでした。ただ、ひとつ前のベールドインパクトは毛色と気性もあってか、ピントが合いやすかったような…。


止ま~れ~の合図の後、引き手が二人になった途端にクビを上下させて、遊びだした?ようで。


d0133437_211063.jpg


本馬場入場でも引手が二人なので、ちょっとチャカつく感じで、すぐスタート地点へ返し馬。


-8キロの470キロで4番人気でした。





スタート直前に、1番ニューダイナスティがゲートをくぐってしまい、出て振り返った時に、顔もぶつけたように見えて発走から除外されています。





スタートは普通に出ましたが、内に飛んだ影響もあってか、少し内の馬によられて、よけたかも。


じわっと逃げるような感じでしたが、1コーナー手前で外からメイショウデビッドがハナにたちます。


2馬身ほどの2番手を追走。


1000mの通過が64.9秒とスローですが、頭数が少なくあまり縦長にはならず。


3コーナーで少し仕掛けますが、前との差はすぐに詰まらず。


4コーナーで並びかけて先頭に立ち、直線で併せてきた外のアドマイヤレイを退けますが、その外のベールドインパクトに併せてこられて交わされて、4分の3馬身差の2着。





戻ってきたクランモンタナ…

d0133437_2125961.jpg



お疲れ様でした。





勝ち馬は少しアドマイヤレイの進路を妨害して審議になりましたが、程度が軽いって事でそのままでした。戻ってきて2着の場所に入ったクランモンタナが、その後あっさりと去っていたので、繰り上がりが無いのだと思いました(苦笑)。


2番手に控えたのは先を考えてヨシとしても、早めにロングスパートをかけていれば、何とかなったようにも…。





鞍上はそのままクリスチャンが良かったな…。


次は賞金加算で!
[PR]
by a_doctrinaire | 2012-02-27 02:18 | 競馬(POG) | Trackback | Comments(0)

エボニーナイトの5戦目
阪神1800mの未勝利戦に応援馬エボニーナイトが出走しました。


パドックでは相変わらずで…

d0133437_113849.jpg


目もにらんでいる感じに加えて充血気味で、口から泡出てます…気性ですネ。


さらに…

d0133437_1154361.jpg


尻尾が頻繁に動いていました。


-6キロの508キロでの出走で、4番人気でした。





スタートはフラっと出たかと。


ただ、行き脚が付かず、鞍上の腕が仕切りに動いていました。


その甲斐?もあって3、4番手の内を追走。


道中はあまり大きな動きはなかったかと。


直線に入って追い出すも、あまり切れずジワジワ伸びているようないないような感じで…5着。





勝ち馬とは、近い位置にいただけにそんなに位置取りが悪かったとは思えず。


気性的なモノか、スタート直後の仕掛け分が、切れなかった原因か…。


レースを終えて。

d0133437_1214523.jpg


口の泡は相変わらず。ただ、戻ってきたときの方が少し落ち着いているように見えるのは…気のせい?





性格もあると思うので、乗り替わりも影響あったのか?


次に何とか頑張って!
[PR]
by a_doctrinaire | 2012-02-27 01:25 | 競馬(POG) | Trackback | Comments(0)

阪急杯の結果 2012
出走馬の実績が微妙だと考えていた阪急杯でしたが…


阪神1400mの速い時計を持っていた4番人気マジンプロスパーが好スタートから3、4番手で折り合って直線辺りで仕掛けると抜け出してそのまま勝利。


10番手追走の3番人気スプリングサンダーが4コーナーから仕掛けて直線外を突くも最後は伸びが止まって2着。


13番手の外にいた1番人気サンンカルロは、スプリングサンダーと同様の仕掛けも大外の影響かやはり止まって3着。


4着に5番人気オセアニアボス。5着は2番人気ガルボ。





予想は3着、5着、10着、14着。


敗因はマジンプロスパーを予想候補で切って、スプリングサンダーは前走が物足りず予想に入れた事。予想候補で「出走メンバーの実績が微妙」と考えておきながら、最後まで重賞実績にこだわったのが決定的でした…。阪神1400m開催になった時と同じレベルにしておけば、2頭とも入れられたはず。

傾向通りに10頭中9頭が連対していた「5番人気まで」で5着までを占めており、重賞実績よりそちらの傾向を活かすべきでした。さらに脚質でも書いたように逃げ馬はローレルゲレイロだけだったので、オーセロワはさすがに無謀、上位人気でも厳しい「休み明け」のエーシンリジルは言うに及ばず…。





明らかに迷走中。
[PR]
by a_doctrinaire | 2012-02-27 00:57 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

中山記念の結果 2012
5年でデータ該当馬がいなかった重馬場の中山記念は…


4、5番手を追走していた3番人気フェデラリストが最後に交わして勝利。


速い時計で単騎で逃げたシルポートが残り100mまで粘れそうだったが交わされて2着。


途中で鞍上の腕が動いていたが、差が詰まらなかったリアルインパクトが3着。


4着はネオヴァンドーム。5着はネオサクセス。1番人気のトゥザグローリーは10着、2番人気レッドデイヴィスは最下位11着。





予想は3着、6着、10着、11着。


敗因は予想でフェデラリストを切った事と、予想候補にシルポートを入れなかった事。過去5年のデータに当てはまる馬がいなかった時点で怪しかったし、前日の雨を考えると、一昨年のようになりそうな気配はあったワケで…。

重賞1戦1勝のフェデラリストは実績以外はクリアしており、コースを2戦で3着の無かったシルポートは、実績は問題なかったし「逃げ」も2連対なので候補に残せなくもなかったかと。頭数もありましたが、傾向通りに1~7番人気では決着しており、まったく狙えなかったワケではないだけにもったいない。





危険な感じがあったのに、押し通したのは失敗でした。
[PR]
by a_doctrinaire | 2012-02-27 00:52 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

阪急杯の予想 2012
馬場の状態などで展開がガラっと変わりそうでコワイ…。


 阪急杯の予想 2012


昨年2着のガルボ。前走の勝ち方を考えると、十分に期待できる。ある程度前で競馬が出来るのもプラスと考えた。後は鞍上が阪神のタイミングを合わせれば…。


2連勝中のオーセロワ。前走破ったトーホウシンバルがスプリングサンダーといい勝負。展開次第では残ってもおかしくない。ゆっくり逃げるか、2番手の競馬が出来るとさらに…。


昨年の勝ち馬サンカルロ。本来なら、本命にする所だが、脚質もあって少し評価を下げた。昨年のように中団で競馬をすればあっさり勝っていい。


休み明けのエーシンリジル。CBC賞もセントウルSも6着だが、0.4秒差で大きくは負けていない。成長があれば通用してもいい。



スプリングサンダーは前走が少し物足りない気も。ヘッドライナーは仕上がり次第。マルカフェニックスは長期休み明けが気になる。トウカイミステリー、ルナキッズは脚質。
[PR]
by a_doctrinaire | 2012-02-26 03:54 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

中山記念の予想 2012
随分と出走馬が寂しい気がしますが、そこは内容で何とか…したい。


 中山記念 予想 2012


応援馬トゥザグローリー。データ的にも最も安定している。何とか結果を出してほしい。JCのような場合が最も心配だが、相手が違うので、ある程度格好はつけるはず。


マイルCS2着、朝日杯FS2着のフィフスペトル。休み明けがポイントになりそうだが、昨秋もやれており、問題はないと考える。1800mは2戦して後方から進んだスプリングS3着とOP勝ち。2000mも皐月賞7着のみ。少しくらいやれてもいい。


鳴尾記念勝ちのレッドデイヴィス。有馬記念は9着だが、大きくは負けておらず、今回は2勝している1800m。輸送は問題ないなら上位があるはず。


安田記念勝ちのリアルインパクト。前走の負けは納得いかないが、阪神がお気に召さなかったのかも。東京の方がいいかもしれないので少し評価を下げたが、GⅠ2着のある中山なので状態に問題なければ。


未知の魅力のあるフェデラリストだが、ココが試金石かと。ダイワファルコンも同じくらいの力と考え…。
[PR]
by a_doctrinaire | 2012-02-26 03:23 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

阪急杯の予想候補 2012
阪急杯の傾向 2012」を参考にして、阪急杯の予想候補を絞ってみます。


実績「重賞2連対以上」、距離「1400m以上連対」、コース「阪神連対か2戦程度」を条件にすると…


ガルボ
サンカルロ
ヘッドライナー
マルカフェニックス


がクリア。


ただ、今年は出走馬の実績が微妙な感もあるので、


休み明けの重賞連対馬

エーシンリジル
トウカイミステリー

重賞初出走の

オーセロワ
ルナキッズ

GⅡ3着の

スプリングサンダー


辺りもセーフか…。
[PR]
by a_doctrinaire | 2012-02-26 03:06 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)


競馬重賞の傾向とMHP3rd、太閤立志伝4やレトロゲーム
検索
最新の記事
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク