<   2012年 05月 ( 64 )   > この月の画像一覧

ユニコーンSの傾向 2012
東京ダート1600mで行われる3歳GⅢ「ユニコーンステークス」。


2、3歳を通して中央で初めて行われるダート重賞。シルクメビウスやカネヒキリなど後にGⅠで好勝負する馬も出ているので注目したい。


 ユニコーンSの傾向 (過去5年の連対馬データから) 2012


<実績>
最低ラインは「500万勝ち」。

ただ、該当するグロリアスノアは「3戦ダート2勝+若葉S16着」で「ダートOP以上への出走が無」かった。
残り9頭には「OP勝ち以上(或いは中央OP勝ち)」があり、コレはクリアしてほしい。


8年前には「OP2着」もあるのでメンバー次第ではあるが…。


<距離>
全馬に共通するのは「1400m以上勝利」。

ただ、1400mまでだったのは「新馬からダート1200~1400m3連勝で、ファルコンS7着」のシルクビッグタイムだけで「1600m以上は初」。
それ以外の9頭は「1600m以上連対」だが、「ダートは1400m3戦3勝で、芝の新馬1600m2着など」のアイアムアクトレス以外は「1600m以上勝利」なので、コチラがメインにしたい。


<コース>
「東京連対」は5頭、「初出走」5頭。

8年前に「1.1秒差だがOP4着のみ」があるので、高いレベルならセーフしれないが…。


<脚質>
「先行」6頭、「差し」4頭。

芝部分を通る影響もあってか、1000m通過は59.0、59.2、59.3(不良)、58.9、59.8と速くなるが、ダートらしく前が有利。直線の長さもあるので差しもとどくが…。。


<その他>
1番人気が4勝2着1回、2番人気が3連対、3番人気が2連対で上位人気が強い。

3着は2、6、3、6、7番人気で、数年延ばすと4番人気や7番人気で、ある程度の人気は来るが、ガチガチばかりではない。


中央で初めてのダート重賞なので、デビューが遅くない限りは、ある程度結果を出していた馬がそのまま活躍するのは当然かと。
レパードSとは違って、東京ダートは出走しているケースも多いので、適性も分かりやすく、人気と結果につながりやすいのでは?


勝ち馬の「上がりは上位3番手以内」。
ダートで位置取りもあるが、現時点での能力差が大きく影響すると考える。
「勝利時に上がり最速」を出している馬を狙ってみるのも一つ。
[PR]
by a_doctrinaire | 2012-05-31 02:41 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)

鳴尾記念の傾向? 2012
阪神2000mで行われるGⅢ「鳴尾記念」。


昨年までは暮れの阪神で開催されており、改修前は2000m、改修後は1800mで行われていた。99年以前はGⅡだったり、97年から99年まで宝塚記念の前哨戦として6月に行われたりしており、都合のいい扱いは、もはやお約束?
条件的には近いですが、さすがに97年~99年とは状況が違うので、参考にすべきではないと考えます。


「有馬記念前の重賞」と「宝塚記念の前哨戦」という意味では12月開催になった金鯱賞とトレードされたカタチ。GⅢとGⅡの違いがあるとは思いますが、ひとまず実績等は使えるかと…。後、秋開催で天皇賞(秋)に向けて他にレースが多いのでメンバー的に大きな違いはあるが、開幕週の阪神2000mGⅢという部分では「朝日CC」が近いか…。


 鳴尾記念の傾向 (過去5年の金鯱賞連対馬データなどを参考に) 2012


<実績> ※金鯱賞のデータから
最低ラインは「重賞2着」。

該当するのはドリームサンデーとマンハッタンスカイの2頭だが、共に2着止まり。

メンバーにもよるが、宝塚記念に向けて勝ち負けしたい馬が出走してくるので、残り8頭が該当する「GⅡ連対+重賞連対」を中心に考えたい。

GⅠは「初出走」2頭、「菊花賞15着のみ」と「天皇賞(秋)14着降着のみ」の1戦の2頭を除く6頭に「GⅠ5着以上」があった。


朝日CCは昨秋「重賞4戦してGⅡ5着とGⅢ5着」でクリアされたが、それまでは「重賞2着」。出走メンバーが違うので高く見積もった方がいい。


<距離> ※金鯱賞のデータから
全馬に共通するのは「2000m以上連対」。

2000mが「GⅡ2着とGⅠ降着14着」のエイシンデピュティ以外には「2000m以上勝利」があった。
コースは違うが、結果が出ている方が良いだろう。


朝日CCは「1800m以上連対」。「2000m3着」や「2000m以上が東京優駿(日本ダービー)15着のみ」なので、「2000m以上連対」がメインだった。


<コース> ※朝日CCのデータから
「阪神連対」5頭、「初出走」2頭。

「7戦GⅡ5着や条件戦4着2回など」、「2戦して新馬8着とOP3着」、「2戦してGⅢ7着とOP5着」なので、「OP以上掲示板」辺りでこなせる可能性は残る。

ただ、急な坂が苦手な馬もいるので、出走が多いなら結果が出ていないと厳しい。


<脚質> ※朝日CCのデータから
「逃げ」1頭、「先行」5頭、「差し」4頭。

開幕週らしく「前有利」だが、頭数が9、9、16、13、10頭とやや少ない事もあって差しも通用していた。

1000mの通過は61.1、61.2、61.0、59.8、62.1で遅めだが、出走メンバーのレベルや頭数も影響しているはず。

もっと速い時計になると考えるが、今年の東京のように高速馬場でもレベル次第ではそのまま押し切れる。


<その他>
金鯱賞の人気は、1番人気が4連対、2番人気が2連対、3番人気が1連対。

宝塚記念へ実力馬が良い状態で出走する影響か上位が多い。
残りは6、8、11番人気だが、いずれも逃げ~3番手でコースに合う競馬をしていた。


朝日CCの人気は、1番人気が4連対、2番人気が1連対、3番人気が2連対。
残りは7、4、4番人気である程度上位だった。


出走してくるメンバーが良いなら、大きな荒れは無いかも。
[PR]
by a_doctrinaire | 2012-05-30 01:47 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)

安田記念3着の傾向 2012
連対馬の傾向に続いて安田記念3着もチェックしてみます。


 安田記念3着の傾向 (過去5年の3着データから) 2012


【実績】
最低連対ラインは「GⅡ連対」。

該当するのは重賞4戦で「中山牝馬S12着、愛知杯8着、阪神牝馬S1着、ヴィクトリアマイル5着」のジョリーダンス。
それ以外の4頭は「重賞2連対以上」。

細かく見ると「GⅡ連対+重賞連対以上」であり、コレはクリアしてほしい。


GⅠに関しては「2着~6着」と「GⅠ連対が多い連対馬」と比べて劣っている。数年延ばすとあっさり破られるが、海外調教馬の成績で、日本馬だと該当していたりする…。


【距離】
全馬に共通するのは「1600m以上連対」。

ただ、1800m以上が「デビュー勝ち後に500万で2000m3着、1800m3着、すみれS5着の3戦だけ」のファリダット以外には「2000m以上連対」があった。


【コース】
「東京連対」4頭。

残りは「NHKマイルC5着と京王杯SC3着の2戦」だったファリダット。
ある程度やれていれば、連は無くてもいいようで。


【脚質】
「先行」2頭、「差し」2頭、「追い込み」1頭。

ココ5年は2着はともかく「勝ち馬より3着馬は位置取りが後ろ」になっている。


【前哨戦】
「マイラーズC」6着と5着と3着の3頭、、「京王杯SC」3着1頭、「ヴィクトリアマイル」5着1頭。

連対馬と比べて着順が悪く、実績か力の問題ではないかと。


【その他】
人気は3、5、10、9、9番人気。

前走着順が「3~6着」なので、その辺りの影響もありそう。
連対馬と比べると上位人気が少なく、下位人気は同じような感じなので、3連単ならそういう買い方がいい?
03年にはローエングリンが1番人気で3着だが…。


08年以外は「上がりでは勝ち馬を上回っていながらの3着」。
該当しなかった年は、勝ったのがウオッカという事もあっただろうが、5年でペースが最も遅かった。

ある程度「逃げ馬が速いペースで後方も有利」になり、「上がりで上回って」いながら「差し切れない」。
力不足もあるだろうが、「レース自体が真ん中辺りから前が有利」と考えていいのでは?


実績であげたが、「GⅠでの成績が2着~6着」。
「GⅠ勝ちか2着」が多い連対馬と比べると明らかに劣っているのだが、コレを「1600~2000mGⅠ」での成績にすると3着馬は「GⅠ5~6着」で、しっかり劣っているのが分かる…。
数年延ばしても日本馬では続いているので、メンバー次第で狙える?

ただ、さすがに今年の出走馬は大半がGⅠ連対なので、コレには該当しそうにないか…。
[PR]
by a_doctrinaire | 2012-05-30 00:02 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)

安田記念の傾向 2012
東京1600mで行われるGⅠで昨年は3歳馬の優勝もあった「安田記念」。


海外、特に香港からの海外調教馬の出走が多い。海外調教馬は馬場の違いなどもあって、判断が難しいが参考までに同じように考えてみる。


 安田記念の傾向 (過去5年の連対馬データから) 2012


【実績】
最低ラインは「重賞2着」。

ただ、該当するのは5戦して「新馬勝ち、京王杯2歳S2着、朝日杯FS2着、ニュージーランドT11着、NHKマイルC3着」の3歳馬リアルインパクト。GⅢへの出走は無かったし、ほぼ重賞勝ちと考えて良い成績だった。次点は「ダービー卿CT勝ち」のショウワモダンだが、「重賞勝ちの後にOP戦に出走して勝利」」しており、他にも「中山記念3着」もあって、「ただのGⅢ勝ちのみではない」かと…。同じく重賞勝ちのストロングリターンだが、コチラは「京王杯SC勝ち」と「GⅡ勝ち」で、重賞は4戦して他にも「ラジオNIKKEI賞3着」もあった。

出走数などによるが、『GⅡ勝ち+GⅡ3着』を、ひとつのラインと考えたい。


GⅠが「初出走」の2頭、「芝は皐月賞16着と東京優駿(日本ダービー)11着」のコンゴウリキシオー以外の7頭には「GⅠ連対」があった。ちなみに「1600m~2000mGⅠ」だったりする。


【距離】
全馬に共通するのは「1600m以上連対」。

最低ラインはリアルインパクトの「1600m2着」だが、コレは「朝日杯FS2着」とレベルも高かった。さらに、未だに苦手だが、急遽変更の関西遠征のニュージーランドT11着を度外視すると、もう1戦もGⅠ「NHKマイルC3着」なので、条件戦レベルなら勝ちがあってもおかしくなかった。

次点は海外馬の1600m勝ちだが、残り8頭の日本馬には『1800m以上勝利』があった。

04年のテレグノシスまでさかのぼれば「1800m2着」があるが相手がタニノギムレットなので、まずはコレをクリアしてほしい。


【コース】
「東京連対」8頭、「初出走」1頭。

残り1頭は「東京優駿(日本ダービー)11着のみ」のコンゴウリキシオー。ただ、中京で重賞2つを含む2勝2着1回で左回りは問題無かった。

数を走ってダメなら危ない場合があるので、気を付けたい。


【脚質】
「逃げ」1頭、「先行」5頭、「差し」3頭、「追い込み」1頭。

800mと1000mは45.4で57.0、44.9で56.3、45.3で57.4、46.2で57.9、45.9で57.5。
56秒台の10年だけが差し2頭で決着しており、ある程度前が残る事が多い。


【前哨戦】
「ヴィクトリアマイル」1着と2着2頭、「マイラーズC」1着と9着2頭、「京王杯SC」1着1頭、「NHKマイル」3着1頭、「大阪杯」2着1頭、「メイS(OP)」1着1頭、「ドバイデューティF]3着1頭、「香港チャンピオンズマイル」1着1頭。

長期休み明けの2戦目だったスーパーホーネットの9着以外は3着以上。
ある程度状態が良い馬が良い。


【その他】
1番人気は1連対、2番人気が3連対、3番人気が1連対で、上位人気が半分。

残りは5~9番人気なのでメンバー次第では少し荒れそう。

数年前でも10番人気辺りまでなので、この辺りまでなら可能性があるか…。


連対馬で上がり3ハロンが最速だったのは08年時のウオッカのみ。残りの年は「上がり2番手」が1頭ずつ絡んでいるので「切れる脚は必要」だが、「前でも使えるタイプ」が良さそう。


実績と距離の併せ業になるが、「東京GⅡ以上連対馬」が8頭。
残りの2頭が「東京優駿(日本ダービー)11着のみ」と「エプソムC6着と東京新聞杯9着」なので、東京GⅡを走っているなら結果が欲しい。


上位人気(1~3番人気)で4着以下に敗れた馬のは9頭いるが、実績「GⅠ連対+重賞連対以上」、距離「1600m勝ち+1800以上連対」、コース「東京重賞連対かGⅠ1戦のみ」、前走「GⅡ上位」に該当していた。

中には「東京GⅢ勝ち」という場合があったが、3頭止まりなので、それだけが原因ではなさそう。ちょっとずつ怪しい所が無いわけでは無いが、コレといった決め手には欠ける。
1戦1戦違うのは承知だが、ダイワメジャーやスーパーホーネットのように上位人気で同じような枠や脚質でも連対できず、連対までに3回ほどかかっており、「流れに乗る?必要」でもあるのか…。
[PR]
by a_doctrinaire | 2012-05-29 02:11 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)

東京優駿(日本ダービー)の結果 2012
仮柵移動と高速馬場の影響がかなり大きかった東京優駿(日本ダービー)は…


3番人気のディープブリランテがスタートして、直ぐ横が抑えて内から行く馬がいなかった事も功を奏して10番からすぐ最内に。道中は5、6馬身後ろの4番手を追走。1000mの通過は60秒くらい。残り600mで3番手に上がり、直線で前を追うと残り200mで先頭に立って勝利。


6番人気のフェノーメノが8番手から7番手。道中は勝ち馬の2馬身ほど後ろの外。直線は残り400mで加速すると、中から一歩一歩差を縮めるもハナ差2着。


7番人気のトーセンホマレボシは2馬身差くらいの2番手を追走。残り700mではムチが入って前に並びかけ、直線で先頭に立って粘るも3着。


4着はワールドエース。5着はゴールドシップ。





予想は4着、5着、10着、18着。


応援馬を入れた部分はありましたが、切った次点3頭で決まるという相変らずのセンスの無さ…。傾向通り「前が有利」だったので、気になった先行勢は入れておくべきでした。仮柵の移動で内が良かったのですが、外枠が先行出来る展開に。


またしても「前走GⅡ勝ち」は2着…傾向を破れず。他にも3着が「2000m以上連対」に対して、勝ち馬は「1800m勝ちで良い」は継続しており、近年のトレンドとなっている。


人気の2頭は1000mで先頭から2~3秒差。位置が悪い。高速馬場で59.1の時計は額面ほど速くない。この日の東京はほとんどが前で、1頭だけが真ん中。戦前から前に行けない馬はいらなかった…。





この馬場作りでは、中山から広い競馬場にかわる意味がない。昔の東京優駿(日本ダービー)とは違うという認識がまず必要かと。
[PR]
by a_doctrinaire | 2012-05-28 01:58 | 競馬(GⅠ) | Trackback | Comments(0)

目黒記念の結果 2012
前後しますか、同じ日の重賞なんですから、どこを走ればいいかは分かりやすかった目黒記念は…


1番人気のスマートロビンが2番手からの競馬で、早めに前に並びかけて勝利。


7番人気のトウカイパラダイスは4番手の競馬で並びかけるも2着。


3着は10番手辺りから差した6番人気コスモロビン。


4着はダノンバラード。5着はユニバーサルバンク。2番人気のタッチミーノットは7着、3番人気のトレイルブレイザーは9着だった。





予想は2着、4着、7着、9着。


敗因は前走の比較でスマートロビンを下に見た事。叩いたタッチミーノットを上に見て失敗。折角、トウカイパラダイスを推せているのに残念。実績はあるが調教師が不安を感じていたトレイルブレイザーを切って、比較的強い1番人気を入れるべきでした。コスモロビンは差す脚質で切ったが3着と見る目が無かった。





良い所で自ら止めているのは頂けない…。
[PR]
by a_doctrinaire | 2012-05-28 00:05 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

東京優駿(日本ダービー)の予想 2012
予想に応援馬をぶっこんでしまうのだから、ハッキリ言って予想では無い。本来はしっかりレースを見ているので、応援馬のレースでの状況は他馬よりも判断しやすいのだが…。


 東京優駿(日本ダービー) 予想 2012


応援馬ワールドエース。皐月賞はアクシデントもあったが、あの位置取りになった時点で勝てない。相手と通った距離が違うが、差もあって、簡単に逆転できるワケではない。ただ、良い脚を使えればいい結果が出てもいい。


同じく応援馬グランデッツァ。前走がまさかの位置取り。最後の脚で止まったのは距離か脚を使える持久力の問題か…。乗り替わりも気になるが、前走とアクシデント明けのラジオNIKKEI杯3着以外は悪くない。良い脚が使えるなら。


皐月賞馬ゴールドシップ。共同通信杯からの直行で結果を出したのは見事。ただ、前走が馬体重がマイナスで出てきている部分と、例年と比べるとレース間隔が詰まっているのは気になる。まともに走れば連はありそうだが。


毎日杯勝ちのヒストリカル。前走はかなり厳しい競馬で勝利し、強さを見せた。さすがに輸送やスタート、位置取りなど問題はあるが、きさらぎ賞を見る限りは良い脚は持っている。それが使えれば…。


位置取りでトーセンホマレボシ。ディープブリランテは折り合い次第。フェノーメノとコスモオオゾラは力が足りれば。トリップとベールドインパクトも先行するなら3着辺りは…。
[PR]
by a_doctrinaire | 2012-05-27 04:10 | 競馬(GⅠ) | Trackback | Comments(0)

目黒記念の予想 2012
ハンデ戦ですが、結構いいメンバーが揃ったように思います。


 目黒記念 予想 2012


皐月賞3着のダノンバラード。惜しいレースが続いているが、脚の使い方などもあるかと。レース間隔も少し詰めてきており、状態次第ではハンデ差があってもやれると考える。


天皇賞(春)10着のトウカイパラダイス。初めてのGⅠや展開を考えると、そんなに悪くない。輸送はポイントになるとは思うが、左回りは中京で2勝しており問題ないと考える。ある程度前で競馬をするのもプラスに出れば…。


休み明けを一つ叩いたタッチミーノット。上積みを考えれば十分やれるはず。重賞は昨年の大阪杯で0.2秒差6着もあり、GⅡでもやると考える。


GⅡ2勝のトレイルブレイザー。アクシデント明けという事だけで評価を下げた。普通に問題が無ければ結果が求められるが、陣営も慎重なようなので…。


スマートロビンは比較で評価を下げた。コスモロビンは迷ったが位置取りで。ユニバーサルバンクは前走がもう少し…。エアポートメサは力が通用すれば。カワキタコマンドは出来次第。サンテミリオンとコパノジングーも状態が良くなってきていれば…。
[PR]
by a_doctrinaire | 2012-05-27 02:00 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

東京優駿(日本ダービー)の予想候補 2012
東京優駿(日本ダービー)はもう「お祭り」。加えて応援馬も出走しており、予想ではなくなるのですが、記事「東京優駿(日本ダービー)の傾向 2012」を参考にして、通常営業?の予想候補を絞る作業はしておきます。


勝ち馬を意識して厳しくし、上位2着までを考えると、実績「GⅡ以上勝利+重賞連対、或いはGⅡに出走がないGⅢ勝ち+重賞連対」、距離「1800m以上勝利」、コース「東京連対か初出走」、前走「GⅠから」が条件になり…


グランデッツァ
ゴールドシップ
ワールドエース


がクリア。


上記に加えて2着以下候補なら、実績「GⅡ以上勝利、或いはGⅡ出走が無いGⅢ勝ち」、距離とコースをそのまま、前走を「GⅠ不問、GⅡ以下勝利」にすると…


コスモオオゾラ
トーセンホマレボシ
ヒストリカル
フェノーメノ


が候補に残る。


GⅡで勝ちがないが1戦して2着、GⅠも3着の

ディープブリランテ

は、折り合い次第で打開できるか…。



ちなみに、同じく記事「東京優駿(日本ダービー)3着の傾向 2012」から3着以下候補を、実績「重賞連対+OP以上連対」、距離「2000m以上連対で、かつ出走最長距離連対」、コース「不問」としても…


トリップ
ベールドインパクト


までという事になったりする…。
[PR]
by a_doctrinaire | 2012-05-27 00:57 | 競馬(GⅠ) | Trackback | Comments(0)

目黒記念の予想候補 2012
記事「目黒記念の傾向 2012」を参考にして目黒記念の予想候補を絞ってみます。


まず実績は「1000万勝ち以上」、距離「2400m以上連対」、コース「東京連対は初出走、3戦程度」、近走「3戦以内にGⅠ5着以上、重賞3着以内、OP連対、条件戦勝利」を条件にすると…


エアポートメサ
コスモロビン
スマートロビン
タッチーミーノット
ダノンバラード
トウカイパラダイス
トレイルブレイザー
ユニバーサルバンク


がクリア。


少し条件に合っていないが、

カワキタコマンド
コパノジングー
サンテミリオン

辺りもセーフか。
[PR]
by a_doctrinaire | 2012-05-27 00:34 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)


競馬重賞の傾向と嵐世記や太閤立志伝4などのゲーム
検索
最新の記事
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク