<   2012年 06月 ( 52 )   > この月の画像一覧

ようやく「ポケモン ホワイト2」クリア!
空いた時間に、ちまちまとメモを取りながらプレイしてた「ポケットモンスター ホワイト2」を、ひとまずクリア。


チャンピオンに勝利しました。


「アシストキー」を手に入れたみたいで、イッシュリンクのキーシステムで、送信が可能になったようです。


ただ、1つだけなので、ブラック2とは別になっているのかと…。


『項目やマップを…』と書いてありましたが、肝心なところを見逃す始末…。


2周目頑張るしかないか?





ひとまずホワイト2をクリアしたので、ブラック2は違いを見ながらのプレイになりそうですが、もう少しホワイト2のその後を楽しむか悩んでいます。
[PR]
by a_doctrinaire | 2012-06-30 19:30 | ポケットモンスター | Trackback | Comments(0)

フリゲートバリアを解除できませぇん!
知人の子どもから、タイトルの電話がやってきたので、私用で使ってしまいます。途中の人はネタバレ注意!


本当なら自力でやってほしいですが、甘いオヂさんはヒントを出します。


後は動いていれば何とかなる!フリゲート内のバリア解除頑張れ!

つづきはこちらから
[PR]
by a_doctrinaire | 2012-06-30 01:41 | ポケットモンスター | Trackback | Comments(0)

CBC賞の傾向? 2012
中京1200mで行われるハンデGⅢ「CBC賞」。


04年以前は12月に別定のGⅡだったり、95年には6月末だったりしています。注目したいのは、「中京コースが新装された」という部分と「開幕週開催」という辺りではないかと。とりあえず、開催は違いますが、過去5回分を元にしてみてみます。


 CBC賞の傾向? (過去5年の連対馬データから) 2012


<実績>
最低ラインは「1600万勝ち」。

ただ、該当するのはOP以上に出走が無かったナカヤマパラダイス。
それ以外には「OP連対」があるので、ひとまずはコレがラインか。

ハンデ戦という事もあって「重賞連対」は4連対。
残りは「初出走」2頭を除くと「GⅠ7着かGⅢ5着」くらいならやれている。


<距離>
全馬に共通するのは「1400m以下連対」。

1200mがOP6着(0.2秒差)のブラックバースピン以外には「1200m連対」があった。

新装中京1200mの連対馬は16頭で、「1200m初」の2頭と「芝1200m初」1頭と「競馬初出走」の1頭以外の14頭に「1200m連対」があるので、あまり違いは無いかと。


<コース> ※今年は新装
新しくなって4週開催されただけなので、現在のコースでの経験は少な目かと。

ただ、改修後は「左回りで連対」しているか、「左回り初」の馬が多い。直線の坂よりも、そちらを気にしたい。もちろん、1戦程度ならあまり気にしなくてもいい。


<脚質> ※今年は新装
新装された中京は前開催のみで1200mは8R。3歳未勝利2戦、500万が3戦、1000万2戦、GⅠ高松宮記念なので、レベルの違いもあってひとまとめにはしづらい。ただ、改修前09年の中京1200mの同じようなレースと比較すると「600mの通過タイムが遅め」、「その割に前が苦戦」、「そして後ろから結構届いている」。

開幕週だが、そこを見ても苦戦していた。2開催目という事でジョッキーたちが掴んでくる可能性もありますが、同じような事になるのなら新装中京の傾向と言えるかも。


<その他>
中京開催の4年では1番人気は全滅、2番人気は2連対、3番人気も全滅。

残りは4~12番人気なので、ハンデもあってあまり堅くは無かった。


コースが替わるとなんとも言えませんが、ハンデ戦なので堅くは無いかと。


ハンデは52~58.5キロで平均は55キロだった。
ただ、芝などやコースで変わってくる可能性もあるが、他の距離と比べると重めでもやれるかと。
52キロが3歳馬なのでその辺りを考えると平均も上がる。
[PR]
by a_doctrinaire | 2012-06-28 02:41 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)

いろいろと違いが…
ぼちぼち進めている「ポケットモンスター ホワイト2」。


ネタばれなどもあって、いろいろなモノをブログに載せる時に少しは考えてみたりしていますが、


かなりの人がプレイして、そこそこの人がクリア頃だろうと思って、ちょっことくらい載せてもいいかと。


疑問も含めて軽く…


アデクさん家のモンスターボール3つは、クリア後に御三家が貰えるって事でしょうか

モンスターボールとスーパーボールを交換しようと言って来る人や、キズぐすり、どくけしなど?をくれる人たちなど、1日1回くれたりする人も増えているようです。

何度も戦ってくるトレーナーのポケモンブリーダーにはちょっと驚き。通るとまたバトルを仕掛けられました…。

ポケモン図鑑の生息地別は意外でした。

ボックスの複数移動の切り替え


などなど。


後は気のせいかもしれませんが、攻撃が抜群になったり、ならなかったりしたような…。そんな仕様とかあるのでしょうか?
[PR]
by a_doctrinaire | 2012-06-27 02:04 | ポケットモンスター | Trackback | Comments(0)

ラジオNIKKEI賞の傾向 2012
福島1800mで行われれる3歳限定ハンデGⅢ「ラジオNIKKEI賞」。


05年以前は「ラジオたんぱ賞」で別定戦だった。過去の2着馬からスクリーンヒーローやソングオブウインド(別定時代にはカンパニー)などが出ており、注目したい。昨年は震災の影響で中山で行われたので、それ以前の5回分を参考に考えたい。


 ラジオNIKKEI賞の傾向 (福島開催の過去5回分の連対馬データから) 2012


<実績>
最低ラインは「500万勝ち」。

ハンデ戦という事もあり、どの馬にもチャンスがあるようで、出走ラインと考えられる程度。

ただ、『重賞初出走』の3頭を除く7頭に『重賞7着以上』があり、出走があるならある程度やれている方がいい。

「重賞初出走」は、「500万勝ち直後」の「芝2戦2連対」のソングオブウインドと「2戦2勝」のロックドゥカンプは未知の魅力があり、「500万勝ち直後にプリンシパルS17着だけ」のサニーサンデーは、1走前のプリンシパルSだけが唯一の乗り替わりで、言い訳が立つ?


<距離>
全馬に共通するのは「1600m以上勝利」。

ただ、最短連対の3頭は1800m以上が「プリンシパルS8着のみ」のストロングリターン、「4戦して2000m未勝利3着」のサニーサンデー、「共同通信杯12着のみ」のレオマイスターで、数を使っていない。

ある程度走っているなら「1800m以上勝利(ダート含む)」は欲しい。


<コース>
「福島連対」1頭、「初出走」9頭。

※昨年の震災の影響もあって、今年は特に出走が少なくなるかと…。

初出走が多いのだが、「直線の急坂」があるので、9頭中8頭に「中山連対」か「阪神連対」があった。
残り1頭はストロングリターンだが、「中山」と「阪神」の「両方が初出走」なので、結果的にこなせたタイプなのかと。


<脚質>
「先行途中逃げ」2頭、「先行、マクり差し」4頭、「差し」4頭。

1000mの通過は60.4、60.1、59.9、60.0、60.5と平均ペースくらい。
直線の短い小回りという事で、4コーナーではある程度前につけている馬が多い。
ただ、差し馬や二桁番手からも絡んでいるので、ペースや馬次第なのかもしれない。


<その他>
ハンデは52~57キロの平均54.3キロ。中央値は54キロ。

トップハンデは10年のガルボ57キロで8着、09年の57キロのイコピコの4着、08年の57キロのノットアローンの2着とサブジェクトの8着、07年の57キロのゴールドアグリの14着、06年の56キロのトウショウシロッコ4着。

人気していない馬もいるが、苦戦している。


1番人気は3着1回と連に絡めていない。。
対して2番人気が3連対、3番人気は1連対と頑張っているが、ハンデが1番人気より軽かった。

2頭が連を外した場合は、「1番人気と2番人気のハンデが同じ」だったので、その影響はありそう。
他は5~14番人気なので、荒れ気味か。


実績で「重賞7着」を一つのラインとしたが、細かく見ると「スプリングS」、「青葉賞」、「きさらぎ賞」、「新潟2歳S」、「皐月賞」、「ニュージーランドT」で、着順では「4~7着」となっている。
デビュー勝ち直後に新潟2歳S7着のストロングガルーダはその後重賞への出走が無かった。

ある程度最近といえる?「3歳1600m以上の重賞」で、ハンデも重くならない「上位は無いがその下」というのが狙い目なのかも…。
[PR]
by a_doctrinaire | 2012-06-27 01:50 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)

早く進めたいけれど、進めない
さっさとクリアしてしまいたい気持はありますが、ちょっとずつメモを取りながら進めている「ポケットモンスター ホワイト2」。


スタート直後は、ママのセリフから全部メモしていたので、まったく進まず。


( ゚д゚)ハッ!


太閤立志伝4じゃなかったヨ。


途中で投げ出して、プレイしたりしましたが、ウトウトしながらプレイしていたら、メモるのを忘れてレポート書いてしまったり…。


後々の苦労を考えて、メモって行こうとしたのに、結果的には2回目以降もメモの必要あり…。





ホドモエのジムも全体を把握するために、戻ってメモ取り直したりしたので、牛の歩みで。


他にも試したいことあるんですが、時間があまりないので、仕方なし。


ぼちぼち頑張ります。
[PR]
by a_doctrinaire | 2012-06-26 01:41 | ポケットモンスター | Trackback | Comments(0)

ラウンドワールドの未勝利戦
応援馬ラウンドワールドの阪神1600mの未勝利戦。


宝塚記念の当日という事もあって、レース(1R)1時間前にすでに人がいっぱいでした。


さて、パドックに入ってきたのが…

d0133437_1152675.jpg


やっぱり良い顔です(笑)。


凛々しさというのが感じられるかと。


人の多さもあったでしょうか、徐々に気が乗ってきたのか、周回を繰り返すと、すこし客席側を気にしていたように感じます。

d0133437_1173053.jpg


まあ、たくさんの人に写真取られたら、そりゃそうなりますネ。


新馬の時のようにいななく馬もいなかったので、影響を受けるような事も無かったかと。





ところで、前回も言いましたが、やはり馬の魅力はコレが大きいっ!

d0133437_1194129.jpg


瞳の美しさといったらありゃしません!


相変らず、濁った目しか持っていないワタクシには、眩しいです(笑)。


ただ、周回する内に少し口元に泡がたまっていたような…。


いつもなら、もう少し粘るトコロですが、1Rでかなりの人の量だったので、さっさっと移動しました。


-4キロの430キロの出走で、単勝130円の1番人気でした。





本馬場入場では少し前の馬と被ってしまい、シャッターチャンスがほとんど無かったので焦りました。

d0133437_1301341.jpg


今回は新馬戦と違って、パドックでつけていたメンコを取った状態でしたので、その辺りの成長?もあるのかと。


他馬と同じようにゆっくりとゴール地点から坂を下って行って、Uターンしての返し馬。

d0133437_1325020.jpg


全体を入れる事が出来なかったのは残念でしたが、珍しくブレずにフレーム内に収める事ができたので、驚き!


コレは1Rという部分も大きかったかな…。





さてレースの方は、


ゲートが開く前に、2番の鞍上が振り落とされましたが、すぐに乗る事が出来て発馬。


スタートはまずまず良い方だったかと。


岩田騎手が内を見ながら先行し、3、4番手の外を追走。


逃げ馬も直線では馬場の内を通らない芝状態でした。


400mほど走って、2番手に上がっています。


道中は折り合いを欠くような感じは無かったようで。残り800mを切っても仕掛けず。


700を切った辺りから仕掛けて並びかけ、内を避けて(外の馬を確認しながら)外に。


直線で右ムチが入ってゴーサイン。


並んでいたのを持ち替えて左ムチが3発で追い、相手が粘っているとみるとさらに右ムチ3発で突き離してゴールイン!


1:35.7の勝ち時計で、上がり3ハロンは33.8で最速でした。





新馬戦で1頭だけ戻ってきた道を、今日はみんなで戻ってきました(笑)。


d0133437_1432658.jpg


良い顔です。


検量室前に馬上で、両手を広げて天を仰ぐ?仕草を岩田騎手がしていましたが、撮り損ね…。


GⅠの当日という事もあって、ウィナーズサークル中の取材陣が多くて多くて…1Rなのに、壁ばっかり。


何とか撮れたのが…

d0133437_1461368.jpg


おめでとうございます。





1勝したという事で、一安心。


前走のややアクシデントも競馬を嫌いにならずにすんで、ホッとしています。





今後のローテーションも気になりますが、まずは無事に。


ひとまず、お疲れ様でした。





ちなみに、応援馬が出走していた宝塚記念は予定もあって、見られずに退散。


しか~し、ディープインパクトやオルフェーヴルの菊花賞もそうだったので、あまり気にしていません(笑)。
[PR]
by a_doctrinaire | 2012-06-25 01:53 | 競馬(POG) | Trackback | Comments(0)

宝塚記念の結果 2012
3冠馬の復活に注目が集まった宝塚記念は…


1番人気のオルフェーヴルが11番手を追走。残り600mで前が一気に変わる中で、そのまま動かず4コーナーで内を狙ってスルスルと進出。直線で3番手に押し上げると残り200mで交わしてそのまま押し切って優勝。


スタートで少し遅れた2番人気のルーラーシップが6番手の中。7番手を追走していたが、残り700mほどで徐々に外を進出して、直線を向いて2、3番手。外を追うも内が抜けており2着。


いつも通りに下げた6番人気のショウナンマイティが後ろから2番手。途中では最後方だったが、3~4コーナーでは勝ち馬の後ろにつけて追い込むも3着。


4着にはウインバリアシオン。5着はマウントシャスタ。





予想は1着、2着、4着、12着。


馬連1010円は的中。傾向で考えた通りに、開催の変更で馬場が後ろからでも届きそうだったので、ショウナンマイティは入れるべきでした。





馬連だけなら3点で勝負するべきでした。考えすぎてダメになっているかも。
[PR]
by a_doctrinaire | 2012-06-25 01:05 | 競馬(GⅠ) | Trackback | Comments(0)

宝塚記念の予想 2012
上半期のグランプリですが、いつも通り応援馬からいってます。


 宝塚記念 予想 2012


応援馬オルフェーヴル。阪神大賞典がすべてでした…。まあ、天皇賞(春)はあの乗り方でなければ、違った結果もあったと思いますが、鞍上が鞍上ですので。ヤネを無視して走ってくれれば。


同じく応援馬ルーラーシップ。3歳当時から、順調なレースは少ないかと。状態が良ければ、良いパフォーマンスを見せてくれると信じたい。


さらに同じく応援馬トゥザグローリー。レースの使い方に納得がいかない事が多いのだが、いつも有馬記念では、惜しいが頑張ってくれる(笑)。夏バテの昨年とは違うらしいが、良い状態でレースをしてほしい。


天皇賞(春)3着からのウインバリアシオン。位置取りが大きいとは思うので、どこにつけるかがポイントになるかと…。


遠征がえりが問題ないならエイシンフラッシュ。脚の使いどころでショウナンマイティ。力が足りればホエールキャプチャ。フェデラリストはレース間隔が開いたのが気になる。ビートブラックは展開次第。他も気になるのがいたりするが、応援馬に勝るもの無し(笑)。
[PR]
by a_doctrinaire | 2012-06-24 01:44 | 競馬(GⅠ) | Trackback | Comments(0)

宝塚記念の予想候補 2012
記事「宝塚記念の傾向 2012」を参考にして、宝塚記念の予想候補を絞ってみます。


実績「GⅡ以上勝利+GⅢ以上勝利+GⅡ連対以上」、距離「2200m以上連対」、コース「阪神重賞連対」、前哨戦「4月以降に出走で、GⅠ不問、GⅡは休み明け以外勝利、それ以下は勝利」を条件にすると…


ウインバリアシオン
オルフェーヴル
トゥザグローリー
ルーラーシップ


がクリア。


レース間隔の開いた

エイシンフラッシュ
フェデラリスト


実績が少し足りない

ショウナンマイティ
ビートブラック


距離が少し足りないくらいの

ホエールキャプチャ


辺りもセーフか。
[PR]
by a_doctrinaire | 2012-06-24 01:15 | 競馬(GⅠ) | Trackback | Comments(0)


競馬重賞の傾向とMHP3rd、太閤立志伝4やレトロゲーム
検索
最新の記事
マーチSの傾向 2017
at 2017-03-23 13:00
毎日杯の傾向 2017
at 2017-03-23 01:08
日経賞の傾向 2017
at 2017-03-22 00:54
高松宮記念の傾向 2017
at 2017-03-21 12:01
フラワーCの結果 2017
at 2017-03-21 00:03
フラワーCの予想 2017
at 2017-03-20 10:02
スプリングSの結果 2017
at 2017-03-20 00:28
阪神大賞典の結果 2017
at 2017-03-20 00:13
スプリングSの予想 2017
at 2017-03-19 08:28
阪神大賞典の予想 2017
at 2017-03-19 00:45
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク