<   2012年 08月 ( 42 )   > この月の画像一覧

今川家臣での「桶狭間の合戦」
PS2やPSPなどの太閤立志伝Ⅳ(4)のちょこっとプレイ。


以前にも少しやってみたシナリオ0での今川氏真をまたも少しだけプレイ。今川家家臣で『桶狭間の合戦』に勝てるのか?という辺り。以前、1ターン目で義元が倒れて敗北だったので、まずはその確認を。


今回、イベント『桶狭間の合戦』は、1557年の5月1日の評定にてスタート。


ちまちまセーブして、イベント前に記録して挑むと…1ターン目で必ずやられるワケではなかったです。ただ、何度やっても勝てず。他の備えが倒され、士気が1になって鼓舞の前に倒されたり、自分が倒されれなくても義元が倒れたり…が多い。自身以上に他の備え次第かと…。


氏真の能力は…


今回も弓術を狙ってポイント21をすべて武力に振って32にして、アイテムで+10。統率は18にアイテムで+10。水軍3(水軍2でした)を教えてもらえる武将がおらず、「神速」が無理で、足軽を得るためにも必要だと思われたので、弓術3の「内藤正成」を今川家に仕えさせ弓術3+五月雨撃ち。山本勘助に習って軍学3にして、何とか秘策をフルに使えるようにしたのですが…。足軽3の「蜂須賀小六」を斎藤家に奪われて、足軽2止まりで、「追撃」が無し。

今川家に入った直臣の前田慶次、義元家臣の服部半蔵や木下小一郎辺りの修行に期待するも空振り…しかも、半蔵が騎馬1→騎馬3になっているのが、何とも切ない。やはり武力が高いと修行もそっち系が成功しやすいのか?統率の高さで滝川一益を入れておくべきでした…。他にも小一郎の修行で鉱山3になっての「秘策補充」にも期待したが、それも叶わず。


その辺りがあって、信長に直接攻撃できる陣形が続けば…。


ちなみに桶狭間の合戦は…


今川方はいずれも兵数は1000で、士気は低い。今川義元、今川氏真、太原雪斎、前田慶次に…堀尾茂助。半蔵で無かったのは統率の低さでしょうか?
プレイヤーの氏真以外は統率の高い今川義元家臣か氏真家臣となっており、元康家臣はおらず。直臣にできなかったので、義元配下だった小一郎は寄騎になっていて、参戦せず。寄騎にされないように、直臣にしておく必要もあるかと。


織田方は織田信長1400、柴田勝家1200、佐々成政1200、前田利家1000、木下藤吉郎1200でした。


うーん、何とか氏真プレイで桶狭間に勝ちたい。また1からやってみますか…。
[PR]
by a_doctrinaire | 2012-08-30 02:32 | 太閤立志伝4 | Trackback | Comments(0)

小倉2歳Sの傾向 2012
小倉1200mで行われる2歳GⅢ「小倉2歳ステークス」。


以前は新潟2歳Sと同日開催だったが1週早まり、今年は前日の土曜日に札幌2歳Sが行われて、例年とは違う様相を呈している。


 小倉2歳Sの傾向 (過去5年の連対馬データから) 2012


<実績>
最低連対ラインは「未勝利勝ち」。

ただ、該当する3頭はいずれも「2戦目での未勝利勝ち直後」。次点は「新馬勝ち直後」が3頭と、ある程度素質が無いと通用しない(ダートからも絡んでいるので注意!)。
残り4頭は「OP連対」と実績のある馬は軽視しづらい。


<距離>
全馬に共通するのは「1000~1600m勝ち」。

1400m勝ちの連対は無かったが、昨年1600mにしか出走の無かったエピセアロームが勝利した。


<コース>
「小倉勝利」9頭、「初出走」1頭。

昨年は「阪神連対」と「京都連対」のエピセアロームが絡んだが、変則開催の影響もあったかと。やはり小倉で結果がでている方がいい。


<脚質>
「逃げ」1頭、「先行」7頭、「差し」1頭、「追いこみ」1頭。

600mの通過は33.4(稍重)、33.1、33.8、33.2、33.5。
昨年、一昨年と「差し・追い込み」が絡んでおり、やや変わってきているが、前が有利。


<その他>
1番人気は2連対、2番人気は3連対、3番人気は1連対。

残りは5番人気2連対、6番人気、8番人気で、あまり大きく荒れない。


実績の高い1番人気は3着以内が多かったが、昨年1600m未勝利勝ちでも絡んで来た。
差しも通用するようになっており、この辺りも変化が見られるような…。


「浜中俊」騎手が3連対。
地元・小倉という事もあって小倉での実績が高いし、新馬に乗る機会も多い。コースも分かっていると思うので、良い馬に乗ってくるなら狙ってみたい。


「デビュー戦で0.5秒以上差をつけての勝利」や「未勝利戦を好タイム勝利」が人気になる。
絡む事もあるが、飛ぶことも多いので判断が難しい。
「データ外」や「逃げて圧勝した新馬勝ち直後」はやや危険。


追記…

「連対時の上がりは3番手以内」。
芝・ダート、脚質に関わらず、連対時には上がりは速い。
[PR]
by a_doctrinaire | 2012-08-30 02:12 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)

新潟記念の傾向 2012
新潟2000mで行われるハンデGⅢ「新潟記念」。


今年から?新潟2歳Sと入れ替えで、最終週に行われる。微妙な馬場の違いがポイントになってくるかも。


 新潟記念の傾向 (過去5年の連対馬データから) 2012


<実績>
最低連対ラインは「1600万勝ち」。

該当するのは3頭だが、次点「OP勝ち」を入れても、「重賞初出走」のトウショウヴォイスを除く3頭には『重賞3着』があった。
残り6頭は「重賞連対」なので、軽視できない。

ハンデ戦という事もあって条件馬でも通用しそうだが、まずは「重賞実績」は要チェック。


<距離>
全馬に共通するのは「1600m以上勝利」。

ただ、「1800m以上が2戦だけで1000万特別で7着と10着」だったトウショウヴォイス以外には「2000m以上連対」があり、コレが中心。

6年前には「2000m以上が皐月賞10着とセントライト記念13着のみ」のトップガンジョーの「1800m以上勝利」もあり、平坦コースという事もあって、「2戦程度ならセーフ」。

数を走ってダメならさすがに厳しいかと。


<コース>
「新潟連対」は6頭、「初出走(芝)」が4頭。

7年前には「新潟5戦して1000万4着など」のグラスボンバーが連対している。「3連勝の後にGⅢ3着からの参戦」と状態が良かったようなので、その辺りには余地が残る。

「初出走」はいずれも「東京」か「中京」の「左回り連対」があった。
数年延ばしても「左回り2戦3着2回」なので、ある程度左回りでやれている馬がいい。


<脚質>
「逃げ」1頭、「先行」6頭、「差し」3頭。

1000mの通過は60.9、60.6、61.8、58.8、58.1だが、「直線が長い割に、前目が止まらない」。
59秒を切っている2年は差しが届いており、「後方からはペース次第」。

ただ、今年は1週遅れて最終週なので、差しが増える可能性はあるが…。


<その他>
ハンデは52~57.5キロの平均55キロ。中央値は55.5キロ。

昨年は1走前との斤量比較をしたが、上位人気で4着以下の馬も同じようなケースが多かった。
「1キロ増~2キロ減」くらいだとハンデだけでの判断は難しく、プラスよりも「同斤量かマイナス」がいいと感じはするが…。


「人気」では、「1番人気」は4着、6着、5着、18着、6着で全滅。
「2番人気」は2連対だが、「3番人気」も全滅。

その他は5番人気が3連対で、9、10、6、16、10番人気が絡んでおり、荒れている。


1番人気は5頭共に、1走前に「七夕賞2着か小倉記念2、3着」で上がり「最速か3番手」。
前走、小回りの重賞を後方からの競馬で上位に来ており、直線が延びるココで人気を後押ししたカタチ。

ただ、当日の位置取りは「ハイペースの逃げ」や「スローペースの前残りの差しや追いこみ」と、難しいレースをしている事が多い。

対して、連対馬は「上がり3番手以上だが七夕賞3着」や「上がり4番手以下で小倉記念2着」なので、早めに動く競馬を意識しなければならない前走内容だったかと…。

他の上位人気で4着以下に敗れた馬も「実績不足」や「追い込み脚質」、「休み明け」など不安要素があった。


「前走出走時期」は、6年前に「6月初旬のエプソムC勝利から」があるが、ココ5年は「7月初旬」には出走しており、休み明けはマイナス。
着順は、「年内連対」がほとんどで、1頭だけが「昨年末連対」と、あまり近3~4走の着順にこだわる必要はない。
[PR]
by a_doctrinaire | 2012-08-29 00:24 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)

札幌2歳Sの傾向 2012
札幌1800mで行われる2歳GⅢ「札幌2歳ステークス」。


勝ち馬からはロジユニヴァース、アドマイヤムーン、ジャングルポケット。2着馬からはゴールドシップやアヴェンチュラ、3着からはヤマニンシュクル、テイエムオーシャンなどが後にGⅠを勝っており、注目しておきたい1戦。


今年は北海道開催が全体的に早くなって、9月末辺りに行われるのが9月初め。09年と同じような時期に。ちなみに札幌の7週目という事でいつもより1週早い。


<実績>
最低ラインは「未勝利勝ち」。

ただ、「未勝利勝ち直後」はキャリア3戦以下なので、勝ち上がりに時間がかかっている馬は良くない。
細かく見ると、「OP連対」は3頭、「新馬勝ち直後」4頭、「未勝利勝ち直後」3頭。

OPや重賞が少ない事もあって、素質を見極める方が良さそう。


<距離>
全馬に共通するのは「1500m以上勝ち」。

ただ、最低距離該当馬や次点の「1600m勝ち」は「1800m以上が初めて」だった。
「1800mに出走があるなら1800m連対」があり、コレはクリアしてほしい。


<コース>
「札幌連対」8連対、「初出走」2頭。

ただ、「札幌連対」の2着はOPでの結果。「未勝利と新馬」は『勝利』していた。
「初出走」の2頭は共に「阪神新馬勝ち」からの参戦。「新潟勝ちのみ」や「函館勝ちのみ」が3着止まりという事もあって、結びつきは強いと考える。


<脚質>
「途中逃げ」2頭、「先行」5頭、「差し」1頭、「追い込み」2頭。

1000mの通過は61.6(稍重)、61.0、61.7、60.3、61.6とやや遅め。
後ろからでも届いているが、追い込みに関しては、出走メンバーが物足りなかった07年と後の皐月賞ゴールドシップなので、「前有利」と考えたい。

今年は開催が1週早く、芝の状態が違うので、少し違いは出るかもしれない。


<その他>
1番人気は1着、3着、4着、1着、2着。
後方からの競馬になった09年以外は馬券には絡んでいる。

2番人気は2連対、3番人気も2連対、残りは4、5、6番人気なので、あまり荒れない。


上がりは「2番手で途中逃げ」の2頭以外は「上がり3ハロン3番手以内」と、切れる脚は必要。
全馬が勝利時にも「上がり3ハロン3番手以内」なので、前から行っても良い脚が使えるタイプが良い。


ココ5年では安藤勝己騎手が3連対と強い。
素質馬への依頼が多いジョッキーには注目したい。
[PR]
by a_doctrinaire | 2012-08-28 03:02 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)

新潟2歳Sの結果 2012
1週早くなっていた新潟2歳Sは…


3番人気のザラストロが後ろから3番手の外からの競馬。直線を向いて大外に進路を取ると、追い出して残り200mで前2頭まで上がり、ゴール板手前で交わして勝利。


10番人気のノウレッジが9番手の中を追走。馬群が縦長になると内に入って脚をためる。内から早めに先頭に並びかけるが、最後に交わされて2着。


9番人気のサウンドアリーナが5番手の内。直線を向いて前が開いて押し出すも先に行かれた馬に追いつかず、大外から交わされて3着。


4着は1番人気メイショウオオゼキ。5着は2番人気カラフルブラッサム。





予想は1着、4着、6着、17着。


敗因はダート1勝馬ノウレッジを予想候補に入れなかった事。OP2着を蹴って、ダート1戦1勝馬に乗った蛯名騎手の意図を組むべきでした。芝1200mとダート1200mでは同じ距離でも求められるものが違うと考えているので、コレを選ばなかったのは大きな失策。稍重のダートで後ろか差して上がりも最速。芝で走れるかどうかがポイントだけだったかと。


1200m勝ちでも可だったので、ノウレッジを入れ、シゲルイルカザを切れば5頭BOXで3連複は行けたかも…。乗り替わりを考えてサウンドアリーナではなく、クラウンアトラスを入れたのもセンスが無い。





荒れ気味だったので、思い切って1番人気はパスして勝負するくらいでよかったかと…。面子やレースによって、狙いをかえた方が良さそうです。
[PR]
by a_doctrinaire | 2012-08-27 02:12 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

キーンランドCの結果 2012
秋のスプリンターズSに向けてレコード決着となったキーンランドCは…


スタートはそこそこだった3番人気のパドトロワは鞍上が外を見ながら先頭に。4コーナーを周っても並ばれずに直線を向いて抜け出すと、並ばれて交わされるもクビの上げ下げで勝利。


1番人気のダッシャーゴーゴーが4番手の内。4コーナーで逃げ馬の後ろにつけて直線を向き、2頭の間に入ると追って差を詰めるもクビの上げ下げでハナ差2着。


相手を見ながら逃げずに2番手の競馬だった4番人気のテイエムオオタカ。4コーナーで差を詰められず、直線を向いても併せられない間に、中に1頭入られて交わされ3着。


4着はシュプリームギフト。5着はスプリングサンダー。2番人気のドリームバレンチノは7着に敗れた。





予想は1着、2着、3着、5着。


馬連860円、3連複1870円的中。ただ、脚質が不安で鞍上次第と踏んでおきながらスプリングサンダーを上に見たのは失策。1、2着は順番も当たっていたので、2点流していれば3連単11310円も取れた…。





まずは的中して嬉しいが、もう少し詰めて完璧だと文句なし。それを狙いたい。
[PR]
by a_doctrinaire | 2012-08-27 01:31 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

新潟2歳Sの予想 2012
2歳戦の変更に加えて、1週早まっているので、その辺りがどう影響するのか…


 新潟2歳S 予想 2012


新潟1600m勝ちのメイショウオオゼキ。2番手の競馬で上がり2番手。破った2着と4着馬が未勝利勝ちと比較的レベルも高かったのかと。


福島1800m3着の後に、新潟1600m未勝利勝ちのザラストロ。共に上がりは最速で良い脚が使えるタイプかと。フリーズR3着の半姉プレノタート以上の力があるなら上位があるはず。


中京1600m新馬勝ちのシゲルイルカザ。デビュー戦で破った2着馬は3戦目で未勝利勝ち。前走の中京2歳Sは前で決まっており、もう一度見直したい。新潟でレースがしやすければ…。


新潟1600m新馬勝ちのクラウンアトラス。4番手で上がり最速。で勝利。2着馬は次走メイショウオオゼキの2着だったロードシュプリームの2着。それなりの位置にある可能性も。


サウンドアリーナは乗り替わり。エフティチャーミーは新馬が1000mという部分が気になる。後は開催の大幅変更で1800m組のトーセンレディ、カラフルブラッサム、ナンヨーケンゴーがどうなるか…。
[PR]
by a_doctrinaire | 2012-08-26 10:50 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

キーンランドCの予想 2012
今年は出走メンバーの粒が揃ったように感じるので、ココから秋に楽しみな馬が出てほしい。


 キーンランドC 予想 2012


昨年の勝ち馬パドトロワ。前走が1000mのアイビスSDだが、復調がなっているのならココでも勝負になっていい。枠は気になるが、1週早いし、スプリンターズS2着の実績を素直に信じたい。


CBC賞3着からのダッシャーゴーゴー。札幌は初出走だが、阪神で勝っており、問題はないと考える。前走は斤量の割に頑張った。同斤量である程度前からの競馬が出来れば…。


CBC賞2着のスプリングサンダー。開催時期が違うので、後ろからの脚質が気にはなるが、阪神牝馬Sのようなレースが出来るので、鞍上次第かと。


重賞2着1回に3着3回のテイエムオオタカ。惜しいレースが多いが流れ次第でやれる素質はあると考える。前走は控えて勝ったというのも大きい。流れ次第では行って粘れるかと。


ドリームバレンチノは前走くらい走れば。高松宮記念ほど走ればグランプリエンゼル。重賞でもやれるならシュプリームギフト。3歳馬が気になる…。
[PR]
by a_doctrinaire | 2012-08-26 04:09 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

新潟2歳Sの予想候補 2012
記事「新潟2歳Sの傾向 2012」を元にして、新潟2歳Sの予想候補を絞ってみます。


実績「未勝利勝ち以上、2戦以下」、距離「1400~1600m勝ち」、コース「新潟勝利か初出走、或いは1戦」、上がり「最速か2番手」を条件にすると…


クラウンアトラス
サウンドアリーナ
ザラストロ
シゲルイルカザ
メイショウオオゼキ


がクリア。


1000m勝ちで1400m2着の

エフティチャーミー

はセーフか?


ただ…


今年からの東京新馬勝ち

トーセンレディ


面子が違うという部分で1800m勝ち

カラフルブラッサム
ナンヨーケンゴー


辺りも何とかなりそうな気がしなくもない…。
[PR]
by a_doctrinaire | 2012-08-26 03:18 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

キーンランドCの予想候補 2012
いつも通り記事「キーンランドCの傾向 2012」を元にして、キーンランドCの予想候補を考えてみます。


実績は「重賞連対+重賞4着以上」、距離「1200m勝ち」、コース「札幌連対、初出走と1戦程度で阪神か函館連対」を条件とすると…


グランプリエンゼル
スプリングサンダー
ダッシャーゴーゴー
テイエムオオタカ
パドトロワ


がクリア。


重賞初出走の

シュプリームギフト


重賞2戦の

ドリームバレンチノ


もセーフかと。
[PR]
by a_doctrinaire | 2012-08-26 01:32 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)


競馬重賞の傾向とMHP3rd、太閤立志伝4やレトロゲーム
検索
最新の記事
高松宮記念の予想候補 2017
at 2017-03-25 00:56
マーチSの予想候補 2017
at 2017-03-25 00:38
毎日杯の予想 2017
at 2017-03-25 00:16
日経賞の予想 2017
at 2017-03-25 00:01
高松宮記念の枠順決定! 2017
at 2017-03-24 09:48
毎日杯の予想候補 2017
at 2017-03-24 00:15
日経賞の予想候補 2017
at 2017-03-24 00:03
マーチSの傾向 2017
at 2017-03-23 13:00
毎日杯の傾向 2017
at 2017-03-23 01:08
日経賞の傾向 2017
at 2017-03-22 00:54
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク