<   2012年 11月 ( 66 )   > この月の画像一覧

ジャパンカップダートの出走馬 2012
順調な馬が少ない影響もあってか、メンバーが揃ったが予想が難しいのでは?


 ジャパンカップダートの出走馬 2012


イジゲン 牡3 56 R.ムーア・

12武蔵野S1着
1600~1800m連対
阪神は初出走

重賞は2戦して12レパードS3着と。GⅠ初出走。


エスポワールシチー 牡7 57 武豊・

09ジャパンカップダート1着 10フェブラリーS1着 12かしわ記念1着 11みやこS1着など
1200~2000m連対
阪神はGⅠ勝ちなど4連対

12盛岡マイルCS1着から。


グレープブランデー 牡4 57 C.ルメール

11ジャパンダートダービー1着 11ユニコーンS2着
1600~2200m連対
阪神は2連対

12シリウスS3着など。11みやこS6着から。


シビルウォー 牡7 57 内田博幸

12JBCクラシック2着 11と12ブリーダーズゴールド1着 12マーキュリーC1着など
1700~2500m連対
阪神は4戦OP3着

中央は10マーチS3着が最高。


ソリタリーキング 牡5 57 浜中俊:

12東海S1着 12日本テレビ盃1着
1600~2100m連対
阪神は2勝

11JCD8着、11レパードS3着など。12JBCクラシック4着から。


ダノンカモン 牡6 57 池添謙一

10と11武蔵野S2着 11マイルCS南部杯2着 11根岸S2着など
1400~1600m連対
阪神は4連対

12武蔵野S3着から。


トゥザグローリー 牡5 57 C.ウィリアムズ:

12日経新春杯1着 11日経賞1着 11京都記念1着 12鳴尾記念1着など
1600~2400m連対
阪神はダートは初

ダート初出走。


トランセンド 牡6 57 藤田伸二:

11と10ジャパンカップダート1着 11フェブラリーS1着 11マイルCS南部杯1着など
1600~2000m連対
阪神はGⅠ2勝など3連対

12JBCクラシック3着から。


ナイスミーチュー 牡5 57 福永祐一

12シリウスS1着 
1600~2000m連対
阪神はGⅢ勝ちなど3勝

12みやこS8着から。


ナムラタイタン 牡6 57 熊沢重文

11武蔵野S1着
1400~1600m連対
阪神は2勝

12武蔵野S6着から。


ニホンピロアワーズ 牡5 57 酒井学:

12東海S2着 12みやこS2着
1700~2500m連対
阪神は2勝

11JCD9着と12川崎記念5着。


ハタノヴァンクール 牡3 56 四位洋文:

12JDD1着
1800~2000m連対
阪神は未勝利勝ち

12みやこS10着から。


ホッコータルマエ 牡3 56 幸英明:

12レパードS1着
1600~1800m連対
阪神は500万勝ち

12JDD5着。12みやこS3着から。


ミラクルレジェンド 牝5 55 川田将雅

10レパードS1着 12マリーンC1着 10クイーン賞1着 12JBCレディスクラシック1着など
1600~1800m連対
阪神は未勝利勝ち

GⅠは10JDD4着、11JCD6着、12帝王賞5着。


ローマンレジェンド 牡4 57 M.デムーロ・

12みやこS1着 12エルムS1着
1700~1800m連対
阪神は3連対

GⅠ初出走。


ワンダーアキュート 牡6 57 和田竜二:

11東海S1着 11ジャパンカップダート2着 09武蔵野S1着 09シリウスS1着など
1600~2100m連対
阪神はGⅠ2着、GⅢ勝ちなど6連対

12JBCクラシック1着から。



[PR]
by a_doctrinaire | 2012-11-30 03:37 | 競馬(GⅠ) | Trackback | Comments(0)

ジャパンカップダートの枠順決定! 2012
12月2日(日)に行われるGⅠジャパンカップダートの枠番が発表されました。


 第13回 ジャパンカップダート(GⅠ) 阪神 ダート1800m

1枠 1番 ハタノヴァンクール 牡3 56 四位洋文 昆貢
1枠 2番 シビルウォー 牡7 57 内田博幸 戸田博文
2枠 3番 ミラクルレジェンド 牝5 55 川田将雅 藤原英昭
2枠 4番 エスポワールシチー 牡7 57 武豊 安達昭夫
3枠 5番 トゥザグローリー 牡5 57 C.ウィリアムズ 池江泰寿
3枠 6番 ナムラタイタン 牡6 57 熊沢重文 大橋勇樹
4枠 7番 トランセンド 牡6 57 藤田伸二 安田隆行
4枠 8番 イジゲン 牡3 56  R.ムーア 堀宣行
5枠 9番 ホッコータルマエ 牡3 56 幸英明 西浦勝一
5枠10番 ローマンレジェンド 牡4 57 M.デムーロ 藤原英昭
6枠11番 ダノンカモン 牡6 57 池添謙一 池江泰寿
6枠12番 ワンダーアキュート 牡6 57 和田竜二 佐藤正雄
7枠13番 グレープブランデー 牡4 57 C.ルメール 安田隆行
7枠14番 ニホンピロアワーズ 牡5 57 酒井学 大橋勇樹
8枠15番 ソリタリーキング 牡5 57 浜中俊 石坂正
8枠16番 ナイスミーチュー 牡5 57 福永祐一 橋口弘次郎


阪神開催になってからの過去4年では「16→9→6」、「3→14→12」、「1→12→9」、「10→5→6」となっており、内も外も勝ち馬を出している。直後に芝を走るフェブラリーSなどとは違って、スタンド側直線の途中からスタートという事もあってあまり気にしすぎる事もない?


09年の勝ち馬エスポワールシチーは4番、重賞連勝中のローマンレジェンドは10番、JBCクラシック勝ちのワンダーアキュートは12番、圧巻の武蔵野S勝ちイジゲンは8番、連覇中のトランセンドは7番、芝からの転戦トゥザグローリーは5番、休み明けを叩いたハタノヴァンクールは1番に入った。



※出馬表・成績・オッズ等は主催者発表のものと照合してください



[PR]
by a_doctrinaire | 2012-11-29 15:20 | 競馬(GⅠ) | Trackback | Comments(0)

ステイヤーズSの傾向 2012
中山3600mで行われるGⅡ「ステイヤーズステークス」。


 ステイヤーズSの傾向 (過去5年の連対馬データから) 2012


<実績>
最低連対ラインは「1000万勝ち」。

該当するのは「1600万3着、重賞は神戸新聞杯7着のみ」のイグアス、「1600万は不出走、OP4着、重賞6戦して弥生賞5着やアルゼンチン共和国杯3着」のコスモヘレノス。
次点は「1600万勝ち」で、「OP3着などで、重賞3戦で日経賞8着、目黒記念16着、朝日CC3着」のゴールデンメイン、「OP3着で、重賞はアルゼンチン共和国杯15着のみ」のエアジパング、「OP不出走で、重賞4戦して日経新春杯5着、宝塚記念10着、京都大賞典7着、アルゼンチン共和国杯9着」のマキハタサイボーグ。

残り5頭は「GⅡ以上連対」があった。

出走が少ないなら例外だが、「ある程度出走しているならGⅡ掲示板以上」がラインになりそう。


<距離>
最低連対距離は「2000m」。

ただ、該当する3歳コスモヘレノスは2200m以上が「青葉賞10着、セントライト記念17着、アルゼンチン共和国杯3着の3戦」と「2500m」で惜しい所があった。次点「2400m勝ち」までの3歳馬イグアスは「2500m以上初出走」。

残り8頭に『2500m以上連対』があったので、数を走っているならコレはクリアしてほしい。


<コース>
「中山連対」6頭、「初出走」1頭。

残りは「GⅡ3着のみ」、「GⅡ8着のみ」、「1600万11着のみ」と1戦だけ。

中山で連対が無かった4頭は「阪神」や「福島」に連対があり、「直線の坂」には対応できていた。


<脚質>
「逃げ」1頭、「先行」4頭、「マクリ差し」4頭、「差し」1頭。

1000mの通過は61.0(不良)、61.1、65.9、(稍重)、64.0、64.0で長丁場だけに遅くなる。
開幕週に加え、直線の短い中山コース、さらにペースが落ち着く長丁場なので、4コーナーである程度の位置まで進出していないと厳しい。


<その他>
1番人気は2連対、2番人気が2連対。

残りは4~7番人気が5頭で、13番人気が1頭。
たまに二桁人気が来るが、基本はある程度の人気が多い。


菊花賞2着馬など3歳が4連対。

後1カ月ほどで古馬になるのに、今年はまだ斤量の恩恵があるだけに有利。
成長著しい時期でもあると思うので、条件をクリアしているなら狙ってみたい。


反対に8歳や9歳の連対、7歳や8歳の3着など高齢馬の活躍もある。
歳を重ねて折り合いがついてくるという部分もあり、若いだけがいいというワケでもない。


逃げから3番手につけた馬以外には「上がり3ハロン3番手以内」があった。
マクっている馬の多さからも、残り600mで良い脚を使えるのはプラス。



[PR]
by a_doctrinaire | 2012-11-29 00:58 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)

金鯱賞の傾向 2012
中京2000mで行われるGⅡ「金鯱賞」。


昨年まで5月末で宝塚記念への前哨戦だったが、今年から関西開催の大幅変更に伴ってこの時期に。昨年まで2週目に中京で行われていた「中日新聞杯」があったが、ハンデ戦で該当週に阪神にハンデGⅢの「朝日CC」が移ってくる事、GⅢでありながら移った鳴尾記念に金鯱賞当時と同じようなメンバーの集まった事、有馬記念へのレース間隔や条件を考えると、出走メンバー的に例年の「鳴尾記念出走組」がコチラを目指すと考えられる。
GⅡなので出走馬のレベルは上がってくるかもしれないが、連対馬からはショウナンマイティ、ルーラーシップ、ヒルノダムール、エイシンデピュティなどが出ており、「実績」などは「鳴尾記念」から考えたい。
中京競馬場は改修されて今年オープンなので、「距離」に「コース」と「脚質」は今年開催された「中京2000m戦」から考えたい。ちなみに未勝利はデータ的にかなり判断に困るので、「500万以上」にしておく。


 金鯱賞の傾向 (過去5年の「鳴尾記念」や「中京2000m」の連対馬データから) 2012


<実績> ※この時期の鳴尾記念過去5回から
最低連対ラインは「1600万勝ち」。

該当するのは「菊花賞5着」のアクシオン。次点は「OP勝ち」で、「ラジオNIKKEI杯8着、弥生賞4着、青葉賞5着、神戸新聞杯5着、菊花賞8着」のショウナンマイティと「毎日杯5着と東京優駿(日本ダービー)5着」のルーラーシップなので、『GⅡ以上重賞5着』がラインと考えたい。

残り7頭には「重賞連対」で、「GⅢ1戦」のエイシンデピュティ以外には「GⅡ以上連対」か「GⅢ2勝以上」があり、後の活躍馬輩出も頷ける。


<距離> ※新・中京2000mの500万以上連対から
未勝利や500万が多く、出走自体が少ない場合もあるので、他の重賞などからも考えて…

実際の「2000m連対」がほしいが、2000mへの出走が少なければ「1800m連対」でいい。
ただ、直線が長い事もあり、それ以上でも結果が出ている方がいい可能性も。


<コース> ※新・中京2000mの500万以上連対から
新しくなってからは、3月と7月(6月末から7月)に開催された2開催なので、両方に出走が無い限りは新コース連対はない事になる(数頭のみ)。

同じコースに連対がなくても「旧中京」や「東京」、「新潟」の「左回り」に連対があった馬が28頭中15頭。「左回り初(或いは芝左回り初)」が7頭、他は「3着」や「3戦5着」、「1戦のみ」なので、出走が少なければセーフ。


<脚質> ※新・中京2000mの500万以上連対から
「逃げ」5頭、「先行」14頭、「差し」6頭、「追い込み」3頭。

1000mの通過は63.3、62.6、62.6、63.6、63.5(稍重)、62.1(重)、62.0(ここまで3月)、61.3(稍重)、63.4(稍重)、61.1(稍重)、61.4、62.9、64.4(稍重)、63.1(6月末~7月開催)。
全体的に時計がかかっている」のは憶えておきたい。

直線が長い事や、3月は手探り状態という事もあるだろうが、7月に入ってもあまり変わっていないので、こんなモノなのかも…。少し時計が速くなっているのは、季節や馬場の作りの影響だと思うので、今後のその辺りには注目したい。

直線の長さもあって後ろからも届いているが、ココは開幕週なので「前が有利」と考えておきたい。


<その他> ※この時期の鳴尾記念過去5回から
1番人気は2連対、2番人気が1連対、3番人気が2連対。

残りは4番人気が2連対で、6、7、8番人気。

実績の高さや有馬記念への流れを考えても、ある程度の馬が出走してくる。
コース的な妙味?が影響しない限りは、それなりの人気で決まると考えたい。


後1カ月で古馬になるが、まだ斤量の恩恵がある3歳馬。
人気になる事も多いが、飛ぶこともあり、判断が重要になってくる。

「鳴尾記念」では「神戸新聞杯勝ち」が人気になって敗れたが、「阪神1800m」とでは求められるモノの違いもあったかと…。
中京で左回りなので、東京重賞辺りで人気になる馬が出てくるのか?



[PR]
by a_doctrinaire | 2012-11-28 03:06 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)

ジャパンカップダート3着の傾向 2012
GⅠですので、ジャパンカップダートの3着もチェックしておきます。ただ、今年で5年目なので、4頭分なんですが…。


 ジャパンカップダート3着の傾向 (過去4年の3着馬データから) 2012


【実績】
最低連対ラインはダートは「(交流)重賞勝ち」。

ただ、該当するゴールデンチケットはダート重賞は3戦して「兵庫チャンピオンS1着、ジャパンダートダービー3着、シリウスS3着」、さらに芝で「毎日杯2着」があり、ほぼクリアといっていいかと。

GⅠは「3着」のゴールデンチケット以外には「GⅠ連対」があり、全馬が『GⅠ3着以上』。面白い事に、ジャパンカップ(ターフ)と同様に3着の方が条件的には高めになっていたりする。


(東京開催時には「重賞初出走のOP2着」や「重賞2戦してアンタレスS4着と武蔵野S3着」がおり、少し低めでも絡んでいた…。出走メンバー次第では可能性はあるか。)


【距離】
全馬に共通するのは「2000m以上連対」。

連対馬よりも長めになっており、連で求められるモノが違うと考えられる。長めで結果が出ているのがいいというワケではないようだ。


【コース】
「阪神連対」2頭。

残りは「シリウスS3着、(芝は毎日杯2着)」のゴールデンチケットと「ダート初(ラジオNIKKEI杯(当時ラジオたんぱ杯)1着)」のヴァーミリアン。

芝重賞で坂をこなせており、ダートでも問題なかったかと。


【脚質】
「先行、マクリ差し」3頭、「差し」1頭。

差し馬は勝ち馬から0.8秒も離されており、やはりある程度前目が有利。


【前哨戦】
「みやこS1着」、「JBCクラシック3着」、「ブラジルC2着」、「JBCクラシック1着」。

「OP2着」からはさすがにどうかと思うが、0.8秒離されても3着は3着。この年は2着も「OP勝ち」からで、出走メンバー的にセーフの年だったかと。ちなみに両方とも3歳馬だった。

状態がある程度良ければ、後は展開などが絡んでくる可能性はある。


【その他】
人気は2、11、12、1番人気。

3着は二桁人気でも通用しており、高配当を狙うならココかと。


「その年の中央ダート重賞」は「みやこS1着のみ」、「エルムS5着のみ」、「シリウスS3着のみ」、「フェブラリーS1着のみ」。
中央への出走自体が、ゴールデンチケットの「シリウスS3着とOPブラジルC2着との2戦」以外は1戦のみと少ないのだが、連対馬との大きな違いなのかも。


2番手からの競馬だった昨年のエスポワールシチー以外の3頭は「上がり3ハロン3番手以内」。
2着同様に、先頭を行く馬以外は切れる脚が多い。



[PR]
by a_doctrinaire | 2012-11-28 00:23 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)

ジャパンカップダートの傾向 2012
阪神ダート1800mで行われるGⅠ「ジャパンカップダート」。


以前は東京2100mで行われていたが、阪神1800mになって今年で5回目。東京開催時代はかなり好きなレースだったンですが、移行後はやる気が湧きません。「関西にもダートGⅠを」というのは分かりますが、距離の1800mはちょっと…。


 ジャパンカップダートの傾向 (過去4年の連対馬8頭のデータから) 2012


【実績】
最低連対ラインは「重賞勝ち+重賞2着」。

該当するのは重賞4戦の3歳時のシルクメビウス。次点は「GⅢが5戦3連対」のグロリアスノア。
出走がある程度あるなら「重賞勝ち+重賞3連対」は欲しい。

「GⅠ初出走」だった10年のトランセンド以外には『GⅠ5着以上』があり、GⅠ3戦以下のワンダーアキュートとグロリアスノア以外は「GⅠ3着以上」があった。

(東京開催の頃も「GⅠ初出走」のアロンダイト以外に「GⅠ3着以上」なので、このラインでイイとは思うが、当のアロンダイトは「GⅠドコロか重賞初出走」で優勝しており、その辺りに余地は残る…。)


【距離】
最低連対距離は「1600m」。

該当するグロリアスノアは1800m以上が「ジャパンダートダービー4着とレパードS9着(芝では若葉S16着も)」。
数を走っているなら、それ以外が該当する『1800m以上勝利』は必要か。

ただ、一ハロンくらいなら何とかなったりするので、メンバー次第ではその辺りでもやれる可能性も。


【コース】
「阪神連対」6頭。

残り2頭は「ダート初」だが、芝で「毎日杯(2000m時)7着」と「2200m未勝利2着」があった。
坂はある程度こなせている感があったので、基本は結果が出ている方がいいだろう。


秋までのダートの主要レースは「3歳が東京GⅢ→新潟GⅢ→交流GⅠ」、「古馬は「東京か京都GⅢ→東京GⅠ(フェブラリーS)→海外か交流GⅠ」という流れかと。
阪神に2、3歳のダートOPが無いので、早い時期にOP入りした場合、秋にシリウスSに出走しない限りは出走が無い。しかも、シリウスSはハンデ戦なので、まったく目指す必要が無いケースも。

関西馬でも「初出走」も仕方ないか…。


【脚質】
「逃げ」3頭、「先行」1頭、「差し」4頭。

1000mの通過は60.9、60.0(稍重)、60.7、60.2と遅い。
トランセンドとエスポワールシチーと逃げが強かった事もあるが、「差した馬がいずれも2着」という事からも、『前有利』。


【前哨戦】
「JBCクラシック」2頭、「みやこS」2頭、「武蔵野S」2頭、「盛岡マイルCS」1頭、「トパーズS」1頭。

着順は「2年以上の休み明け武蔵野S9着」のカネヒキリ、「5か月以上の休み明けのみやこS4着」ワンダーアキュート以外は「3着以内」。

「状態の良さそう」な馬を選びたい。


【その他】
1番人気は3勝、3着1回と結果は良い。

ただ、2番人気(3着1回)と3番人気が全滅。
「実績馬が前走大きく敗北」や、「海外遠征帰り」、「ダート1戦1勝」や「重賞2連対中」など、ちょっと過剰人気だった感が…。

出走メンバーの手薄感もあり、残りは4~8番人気で決まっているので、迷って押し出されたようなタイプは少し怪しんでかかりたい。


「約2年ぶりを一叩き」したカネヒキリを除く7頭に『その年の中央ダート重賞連対』があった。

地方と中央ではダートの質などが大きく違うようで、さらにレベルも中央の方が高いので、地方交流ばかりに出走している場合は気を付けたい。


4回ともに、2着に「上がり最速」がきている。
前有利なので2着止まりなのだが、1着と比べると人気が無い。
不利だが、切れる脚を使えるタイプは「馬券的にはあり」という事になる。



[PR]
by a_doctrinaire | 2012-11-27 03:57 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)

阪神ジュベナイルFが待ちきれない? 2012
次のGⅠはジャパンカップダートですが、すでに来年の桜を見据えて、逸(はや)っておられる方も多いのでは?


少し早いですが、12月9日に行われる阪神ジュベナイルFの第1回登録馬34頭を軽くチェックしてみます。


回避や取り消しなどがあるかもしれませんが…


ストークアンドレイ 函館2歳S1着
コレクターアイテム アルテミスS1着・
サウンドリアーナ ファンタジーS1着 (よく「アリーナ」と間違いマス…)
エイシンラトゥナ ダリア賞1着:
サンブルエミューズ 芙蓉S1着・ (追記…朝日杯フューチュリティSにも登録)
プリセスジャック ききょうS1着・
コウイエイピース ひまわり賞1着
アユサン アルテミスS2着・
ローブティサージュ ファンタジーS2着・
クロフネサプライズ りんどう賞1着
タガノユーチャン サフラン賞1着 
ディアマイベイビー 白菊賞1着からの中1週 

タプローム 500万1着 出走なら連闘

と、ココまでの13頭が出走可能ラインではないでしょうか?


400万の

アメージングムーン ファンタジーS3着
ヴェリーバンブー ポインセチア賞か千両賞に登録 出走なら連闘
オツウ
オーキッドレイ 京都2歳S4着出走で中1週
ガムザッティ 
カラフルブラッサム
シャスターデイジー 白菊賞3着から中1週
ジーブラック
(タプローム ポインセチア賞に登録 出走なら連闘)
トーセンレディ
ナンシーシャイン
ノボリディアーナ
バリローチェ 白菊賞6着から中1週
ビリオネア
ファンアットコート ベゴニア賞14着から中1週
フィールドメジャー
マイネヴァイザー
メイショウマンボ 新馬勝ちから中1週
レッドセシリア 
レッドマニッシュ


の中から(葉牡丹賞には登録が無いので)特別2戦と中山ダート1200mの500万で勝ち上がって出走してこなければ、抽選で6頭という事になるのではないかと…。

追記…タプロームが勝ち上がったので出走なら5頭で抽選


タンスチョキン 110 JRA転厩 秋明菊賞4着から中1週

の判断は110万でいいのか分かりませんが。



[PR]
by a_doctrinaire | 2012-11-26 02:06 | 競馬(GⅠ) | Trackback | Comments(0)

ジャパンカップの結果 2012
一昨年、そして先週に引き続き、後味の悪い内容となってしまったジャパンカップは…


3番人気の3歳牝馬ジェンティルドンナはまずまずのスタートから前を伺い2番手。1コーナーで3番手の内につけ、道中はほぼその位置。3~4コーナーで外の馬が上がって行ったので、少し下がる事になったが、直線を向いて最内を着くと残り400m付近では逃げ馬の後を3頭で追う形に。中の馬が脱落し、2頭で追うが、逃げ馬が邪魔になり、外の馬に当てて進路を確保して追いだすと残り70mほどで少し抜け出してそのまま勝利。


1番人気オルフェーヴルもスタートは悪くなく、そのまま内に行って12番手。コーナーなどもあって少し下がって13番手の外を追走。残り1000mを切ってから仕掛けて上がっていき、4コーナーでは大外を周って4、5番手。直線を向いて残り500mでは前2頭に。内の馬に併せて走って残り300mで逃げ馬に併せかかるも、内から3回押されて外に振れて立て直すもハナ差届かず2着。


ゲートで座り込んだ2番人気ルーラーシップはまたも出遅れて最後方。最内に入ってから数頭交わして上がっていき、向う上面では12番手。勝負所では動けず、4コーナーでも外目を周って、結局直線を向いた時には後ろから2頭目。そこから大外に出して、一歩ずつ前を交わして残り100mで5番手まで上がるが、前の馬とは差があって、内の馬を交わすも3着。


4着はダークシャドウ。5着はフェノーメノ。





予想は1着、2着、3着、9着。


馬連700円、3連複1010円的中!ただ、4着を外しており、3頭勝負にできなかったのは失策。天皇賞(秋)1、2着馬は共に天皇賞を目標にしてきたとの事だったので、パスしても良かったかと。この辺りで点数を減らせるようにしなければ。





最後の直線では、接触が何度かあったのが残念。馬体重で2キロ負けており、斤量で3キロ重いオルフェーヴルには厳しいアタックだったか…。


ただ、スローになりやすいレースでジェンティルドンナの前目の「位置取り」は良かった。コーナーを周るロスを考えても最内もプラス。斤量を考えても他馬がこたえる馬場も少しはマシなはず。あのぶつけ以外は。
対して4コーナーで大外を周ってきて、馬場の悪い内へ勝負を挑んだオルフェーヴルは痛かった。早めの位置取りや馬場の綺麗な部分を狙うのも一つだったかと。
後ろからの競馬となったルーラーシップだったが、内に潜り込みながら直線では大外を選択。行ったり来たりした部分が無ければもう少し前2頭との差は少なかったかに思え…。

レッドカドーもフェノーメノとトーセンジョダンに進路を邪魔されたようですが…。


馬券が当たっても、レースにアクシデントなどがあると残念です。



[PR]
by a_doctrinaire | 2012-11-26 01:37 | 競馬(GⅠ) | Trackback | Comments(0)

ジャパンカップの予想 2012
日本馬がちょっとメンバー揃いすぎ!と言いたいくらいですが、応援馬の出走があればもう予想ではない?


 ジャパンカップ 予想 2012


応援馬オルフェーヴル。阪神大賞典が無ければね…。海外から帰ってきたが、状態と気持ちが問題なければある程度結果を出してくれていい。


同じく応援馬ルーラーシップ。前走で結果を出してほしかった。いつも言うが、状態が良ければ力はあるので出せるはず。後は運があれば…。


3歳牝馬3冠のジェンティルドンナ。斤量が有利な分をしっかりと活かせば可能性はある。牡馬相手がどうかだが、ある程度結果を出してくれれば、来年が楽しみになる。


迷ったが、天皇賞(秋)勝ちのエイシンフラッシュ。前走が目一杯という話だが、勝った事でいい方に向く可能性も。鞍上が替わるので、また違った面が出てもいい。


フェノーメノも前走が目標だったとの事。疲れが無ければ。ジャガーメイルは年齢はあるが、3着はあっていい。トーセンジョーダンは前走がもう少しやれていれば…。ダークシャドウは乗り替わりだが、メンバー強化が心配。海外馬は分からない…。



[PR]
by a_doctrinaire | 2012-11-25 01:58 | 競馬(GⅠ) | Trackback | Comments(0)

ジャパンカップの予想候補 2012
かなりいいメンバーが揃ったジャパンカップの予想候補を、記事「ジャパンカップの傾向 2012」を元にして選んでみます。


実績「GⅡ以上勝利+GⅠ連対+GⅡ以上3着以内」、距離「2400m以上連対」、コース「東京連対」、前哨戦「GⅠ4着以上、GⅡ勝利」を条件とすると…


エイシンフラッシュ
オルフェーヴル
ジェンティルドンナ
フェノーメノ
ルーラーシップ


がクリア。


休み明けを叩いた

ジャガーメイル
トーセンジョーダン


2400m以上が1000万特別の2600m4着のみの

ダークシャドウ


がセーフか。


海外馬はもう少しGⅠ走ってくれて入れば…。



[PR]
by a_doctrinaire | 2012-11-25 01:42 | 競馬(GⅠ) | Trackback | Comments(0)


競馬重賞の傾向とMHP3rd、太閤立志伝4やレトロゲーム
検索
最新の記事
マーチSの傾向 2017
at 2017-03-23 13:00
毎日杯の傾向 2017
at 2017-03-23 01:08
日経賞の傾向 2017
at 2017-03-22 00:54
高松宮記念の傾向 2017
at 2017-03-21 12:01
フラワーCの結果 2017
at 2017-03-21 00:03
フラワーCの予想 2017
at 2017-03-20 10:02
スプリングSの結果 2017
at 2017-03-20 00:28
阪神大賞典の結果 2017
at 2017-03-20 00:13
スプリングSの予想 2017
at 2017-03-19 08:28
阪神大賞典の予想 2017
at 2017-03-19 00:45
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク