<   2012年 12月 ( 75 )   > この月の画像一覧

グループCウズベキスタン問題?
アメトーークの年末スペシャルを見ました。


笑いのツボが違うので、「徹子の部屋芸人」「デブ芸人vsガリガリ芸人」などはスルー。


「アメトーーク大賞2012」を見ました。


そこで気になる話が。


流行語部門の華丸さんの「グループCウズベキスタン!」は好きなんですが、放送以降はウケなくなっているとか…望まれるけれど笑いは起こらないようで。


サッカーを長年見ているとあの抽選はかなり馴染みがあるので、いつみても面白さは衰えません。


それにしても笑えないのに、なぜ望む?


まあ、世間では、面白いとか実力がどうかではなく、話題になっているとか流行っているというだけで、見てみたいというのがあるようです。


個人的には理解し難い…。


まあ、勝つことを目的に頑張ったスポーツ選手が負けた時に「○○さん(E)!」とか「○○⊿!」と声援送っちゃう人が多い世の中ですしネ…仕方ないか。


おそらく、ほとんどの人が、ハナから見ている所が違うンだと思います。


アメトークの客(ホンモノかどうかは知りませんが)に限りませんが、テレビなどでお笑いを見に行っている客の反応の悪さからしてそうなのではないかと。


ただ、その大半が飽きると消えていく可能性があるのも事実。


変な「一発屋」の生まれる仕組みはコレもあるかと。


あぁ…『ジャイアンツシンドローム』。





((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル


コワいコワい。


見たかったので、「華丸大吉ナイト」の時には喜びましたが、こんな事が重なるようだと危ない。


加地P…華丸大吉をつぶしかねませんぜ!


( ゚д゚)ハッ!


大吉先生のあの時の心配はココだったか!?


さすが大吉さん…読みが深い。


分かる人に分かってもらえたり、飽きられない程度にそこそこというのも芸能界では必要なのかも…。





1つ華丸大吉のネタが葬られかけていますが、


誰が何と言おうとワタクシは「グループCウズベキスタン!」を応援します!(これでいいのか?)



[PR]
by a_doctrinaire | 2012-12-31 01:03 | ひとり言 | Trackback | Comments(0)

ポケモンセンターでも受け取る場所が違う
久しぶりに、「ポケモンセンターオオサカ」に行って参りました。


梅田に行く機会があったので、ついでと言ってはなんですが、「ポケットモンスターブラック2・ホワイト2」の配信ポケモンをゲットしてきました。


今回は「ロケット団のニャース」と「グラードン・カイオーガ」とふしぎなおくりものが二つ。


「ブラック2にグラードン」、「ホワイト2にカイオーガ」で、両方で「ニャース」を受け取りに行きました。


ただ、入り口付近で、いつも配信で人が集まっている所では「ニャース」しか受け取れなかったのです…。


(゚Д゚≡゚Д゚)アレ?


何度かやってみましたが、ふしぎなおくりものを選択するような画面にはならず、ニャースのみ。


もう期間過ぎたのか?とも思いましたが、たしか両方1月10日までと確認してきたはず…。


仕方なし?にスタッフの方にお伺いをすると、「あちらのカウンターの方で…」とフロアの反対方向を指し示してくださいました。


∑( ̄□ ̄;)ナント!!


そんなに広いフロアではなかったと思うのですが、「ワイヤレスで受け取る」にも「範囲」がしっかりあったようで…


「もの知らず」でした。


まさか東と西で配信ポケモンをかえられるとは思ってもおらず、同フロアで2つ選択できるモノとばかり…。


いや~「今までふしぎなおくりものを受け取られた事はございますか?」と気を遣わせてしまいました。


大の大人が何をやっているのか…子どもたちへの対応で大変なのに、スタッフさん…ごめんなさい。





ただ、ワイヤレスの範囲?を知る事が出来たのは良かった。次に同じようなことがあっても、スタッフさんのお手を煩(わずら)わせないようにします。


学はないのも問題ですが、やはり一つ一つ知っていかねば…。



[PR]
by a_doctrinaire | 2012-12-30 02:00 | ポケットモンスター | Trackback | Comments(0)

序盤、座の仕事
PS2やPSPなどの「太閤立志伝Ⅳ(4)」。


ゲーム開始時は、裕福な大名や城主は別にして、浪人や下っ端武将はとにかく「軍資金」が必要に。


給金だけでやっていけるワケもないので、まずは軍資金稼ぎ。


交易品で稼ぐにしても、元手がいるワケでして…。


ギャンブルで稼ぐというのはちょっと抵抗が(ココのブログは大半は競馬ナンですけど…)あるので、地道に座で仕事を。


簡単なのは「借金取りを受けて、回収」→「交易品売買」→「座に借金取り立て報告」なのですが、「操船術秘伝書」で交易品を多く運べるようになるとより稼ぎやすくなるので、まず「4つ座の仕事をこなして」、札を貰うのがよろしいかと。


個人的には…


依頼される数が多く、街道などで襲われる心配があるので、武力に自信のない場合などあまり『交易品輸送』はお奨めしません。近場なら、問題ないとは思いますが。


『特産品調査』は、「交易品相場」をある程度調べられるのは良いのですが、回るのに時間がかかるので、状況に応じて。


『宝物購入』は、ほとんど行商人から購入する事になると思いますが、まず「所持金が400貫以上必要」なのと、「250貫の報酬で予算が200貫」なので、利益は50貫にしかならないのでは?150貫以上持っていて、近くで行商人を確認している場合は早くこなせる利点はありそうですが…。ちなみに同じ宝物を何度も買いに行かされる事も。


武将の居場所を知らなくてもいいですが、知っていると短時間で終わらせることができる『借金取り』と『宝物お届け』がお奨め。


後は、どこに売っているかを知っているなら、『交易品購入』が良いかと。開始直後は在庫が少ないので、多い数を依頼されると厳しいのだが、高めの商品だと購入数が少なくて済み、襲われる可能性も低いかと。最大の特徴?は「購入数に対して予算が多い」という点。報酬以上に稼げるので、その後の仕事にもつなげやすい。能力が低くても達成できるのもいい。


札を取りつつ、軍資金を稼ぎながら、町の交易品の在庫が充実を待ったり、相場の変動をチェックしておきたい。





「太閤立志伝4の序盤」とは、いつも二手三手先を考えて行うものだ。



[PR]
by a_doctrinaire | 2012-12-30 01:09 | 太閤立志伝4 | Trackback | Comments(0)

重賞の1番人気 2012
今年の中央競馬が終わりましたが、来年に向けても少し復習をしておこうかと。


基本、ワタクシが手を出すのは重賞で、全部で124レースありました。


その内「1番人気」は1着33回、2着27回、3着13回で、


「勝率」は26.61%、「連対率」は48.39%、「複勝率」は58.87%


「半分弱が2着、6割くらいが3着に来ている」計算ですが、反対に「半分強は2着にも来ないし、4割は馬券に絡んでいない」ワケで…。その辺りをどう判断するかがポイントになりそうです。





ちなみに4着以下となった51レースの1番人気では…

「連対馬より位置取りが後ろ」
「初コース、初遠征」
「休み明け」
「ハンデ戦でハンデが重い」
「出遅れ」
「レース中故障」

などかと。


さすがにレース前に分からない部分もありますが、過剰人気っぽいのもあったので、その辺りが判断できれば。


「買っていい1番人気」、「買うと危ない1番人気」を判断できるようになるのも、「的中率アップへの近道」かもしれません。





「『1番人気』の性能をあてにしすぎる…『予想』はもっと有効に行うべきだ」



[PR]
by a_doctrinaire | 2012-12-29 00:36 | 競馬(年間収支・データ) | Trackback | Comments(0)

重賞収支 2012
さて、今年のJRAの競馬が終了したという事で、「2012年度の重賞収支」をチェック…。すでにかなり痛い目にあっているのはわかってしますが、現実に目を向けて、凹みたいと思います。


馬券は通常は4頭の馬連BOX(6点)と3連複BOX(4点)で1点100円で計算します。稀に変則があるので、それは※マークで。


 2012年重賞予想結果

レース名 馬連配当 3連複配当 ※変則買い
中山金杯 0 0
京都金杯 0 0
シンザン記念 0 0
フェアリーS 0 0
京成杯 0 0
日経新春杯 510 0
AJC杯 300 560 ※馬連3点 3連複1点
平安S 0 0
シルクロードS 0 0
根岸S 0 0
京都牝馬S 0 0
小倉大賞典 0 0
東京新聞杯 0 0
きさらぎ賞 0 0 ※馬連1点 3連複2点
クイーンC 810 0
共同通信杯 210 640
京都記念 1580 1730
ダイヤモンドS 0 0
フェブラリーS 0 0 ※馬連1点 3連複2点
アーリントンC 0 0
中山記念 0 0
阪急杯 0 0
オーシャンS 0 0
チューリップ賞 0 0
弥生賞 0 0
中日新聞杯 0 0
中山牝馬S 0 0
フィリーズR 0 0
フラワーC 2190 0
ファルコンS 0 0
スプリングS 0 0
阪神大賞典 0 0 ※馬連3点 3連複1点
日経賞 0 0
毎日杯 0 0
高松宮記念 950 1070
マーチS 0 0
ダービー卿CT 0 0
大阪杯 0 0
ニュージーランドT 0 0
阪神牝馬S 0 0
桜花賞 1850 0
アンタレスS 0 0
皐月賞 1220 2050
福島牝馬S  0 0
フローラS 0 0
マイラーズC 0 0
青葉賞 0 0
天皇賞(春) 0 0 ※馬連3点 3連複3点
京都新聞杯 0 0
NHKマイルC 0 0
新潟大賞典 0 0
京王杯SC 0 0
ヴィクトリアマイル 0 0
東海S 0 0
優駿牝馬 820 0
目黒記念 0 0
東京優駿(日本ダービー) 0 0
鳴尾記念 590 0
ユニコーンS 830
安田記念 0 0
エプソムC 0 0
マーメイドS 0 0
函館SS 0 0
宝塚記念 1010 0
ラジオNIKKEI賞 0 0
CBC賞 3110 0
七夕賞 0 0
プロキオンS 0 0
函館2歳S 0 0
函館記念 0 0
アイビスSD 0 0
中京記念 0 0
クイーンS 0 0
レパードS 1230 1170
小倉記念 0 0
関屋記念 0 0
札幌記念 0 0
北九州記念 0 0
エルムS 260 0
キーンランドC 860 1870
新潟2歳S 0 0
札幌2歳S 0 0 ※馬連1点 3連複2点
新潟記念 0 0
小倉2歳S 0 0
セントウルS 0 0
京成杯AH 0 0
ローズS 170 0 ※馬連1点 3連複2点
セントライト記念 0 0
神戸新聞杯 0 0
オールカマー 0 0
シリウスS 0 0
スプリンターズS 510 0
デイリー杯2歳S 0 0
毎日王冠 0 0
京都大賞典 0 0
府中牝馬S 0 0
秋華賞 250 1990 ※馬連1点 3連複2点
富士S 0 0
菊花賞 0 0
スワンS 0 0
天皇賞(秋) 0 0
アルテミスS  0 0
アルゼンチン共和国杯 0 0
みやこS 0 0
京王杯2歳S 4900 0
ファンタジーS 0 0
武蔵野S 0 0
エリザベス女王杯 0 0 ※馬連3点 3連複3点
東京スポーツ杯2歳S 470 2690
福島記念 0 0
マイルCS 0 0
京阪杯 0 0
ジャパンカップ 700 1010
ステイヤーズS 11470 0
金鯱賞 0 0
ジャパンカップダート 0 0
朝日CC 0 0
カペラS 0 0
阪神ジュベナイルF 0 0
愛知杯 0 0
朝日杯フューチュリティS 0 0
ラジオNIKKEI杯2歳S 0 0 ※馬連1点 3連複1点
有馬記念 0 4020 ※馬連1点 3連複2点
阪神C 0 0


合計すると…

馬連は、購入が69900円で、払い戻しは37500円 収支は-32400円 回収率は53.6% 的中率は20.61%
3連複は、購入が47500円で、払い戻しは18800円 収支は-28700円 回収率は39.6% 的中率は8.87%


大赤字でした。今年は上半期や下半期に関係なく、全体的に酷かった…。過去5年の連対馬データに該当しない場合もありましたが、予想候補で絞り過ぎたり、追加がうまく選べていませんでした。センスの欠片もありません…。


結果論ですが、何も考えずに「1~4番人気の上位人気だけをBOX」で買ったとしても「馬連 的中率40.32% 回収率は91.27%」、「3連複 的中率14.51% 回収率93.60%」で、赤字が全然マシに。来年は上位人気の見極めが的中率アップの近道かもしれません…。


そして、今年も変則買いはほとんど失敗…。来年は、混戦模様時の頭数増やす時だけにするようにします。





良かったのは、ステイヤーズSでギリギリ「年1回万馬券」は達成できた事。新潟記念を予想候補で絞った5頭から選べれば、もっと早く達成していましたが…。

他には、本命複勝回収率は101%とプラス(本命複勝率46.0%)だったので、3連複で頭から流すという方法もひとつでした。

後は、馬連の当り25レース中9レースがGⅠレース。ダメな年もありますが、データが多いのがいい方に出ているようで。GⅠだけ楽しむようにした方がよさそう…。


ウインズや競馬場など現場に行っての「勘働き」は冴えており、追加で的中とか多いんですけど、それだとブログにあげるのが直前とかになるので…。もう少し前の時点で「コレだっ!」と思えるようになりたいです。





「当らないからチャレンジしない」っていうのもナンなので、来年もまた頑張ってみます。



[PR]
by a_doctrinaire | 2012-12-27 00:34 | 競馬(年間収支・データ) | Trackback | Comments(0)

ルーラーシップ種牡馬入り
応援馬ルーラーシップが引退する事が発表されたようです。


現役を引退して、社台スタリオンステーションで種牡馬入りするそうで。


父キングカメハメハもそうですが、数多くいるサンデーサイレンスの入った肌馬に対して種付けが出来るというのが非常に大きいかと。エルコンドルパサーやエンドスウィープ、チチカステナンゴなどサンデー系の肌馬につけられる種牡馬が早くになくなってしまった事もあり、その後継としても期待したいです。


日本のGⅠで結果は出ませんでしたが、パフォーマンスは示したと思うので、いい花嫁が集まるといいなぁ…。


現役は引退しますが、次はルーラーシップの産駒の活躍にも期待します。


お疲れ様でした。



[PR]
by a_doctrinaire | 2012-12-26 19:23 | 競馬(POG) | Trackback | Comments(0)

阪神Cの結果 2012
今年最後の重賞となった阪神Cは…


3番人気サンカルロはまずまずスタートから下げて15番手の内。4コーナーでは12~14番手の馬群の中。4コーナーから直線では外に出そうとするも前に馬が来て、追いだせずもう一つ外へ。そこをさばいて追いだすと伸びて、残り50mほどを切って交わして連覇。


14番人気のガルボは良いスタートから内を見ながらの先行で3番手の外。残り600mで仕掛けて4コーナーでは2番手に押し上げ、直線では並びかけて先頭に立つ。残り100mでも先頭だったが、交わされて2着。


2番人気ファイナルフォームは少し仕掛けて10番手辺りに。4コーナーでは抑えて馬群の中。4コーナーから直線では前が開かず、開いている外へ出して追いだす。少しずつ前との差を詰めるが外の脚がよく、先行馬を交わせず3着。


4着はオセアニアボス。5着はクラレント。1番人気のアドマイヤセプターは7着に敗れた。





予想は6、7、8、12着。


敗因は近走を「2戦以内に重賞掲示板、叩き2走で春にGⅡ以上勝利」を加えた事。GⅡへ出走が無く、GⅢ2勝だったガルボを軽視したのはマズかった…。後は逃げ馬が多いので、ペースが速くなると考えたのも失敗。あまりペースは上がらず、開催時期が遅れてもある程度前も残れるのは変わらずでした。


上がり重視した予想で、選んだ上位3頭は「上がり2番手と3番手」と「差し有利の競馬になった時には…」という面では間違っていなかったモノの、そういう展開にならず…大外れ。





最後の重賞が有馬記念ではなくなったのが、ココへきて大きくのしかかります…。


「終わり悪けりゃ、すべて悪し」



[PR]
by a_doctrinaire | 2012-12-25 09:42 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

阪神Cの予想 2012
5週目が9週目にかわって行われるので判断が難しくなっています…ペースや馬場次第の感も。


 阪神C 予想 2012


乗り替わりになってしまったマルセリーナ。前走は位置取りもあって度外視できるし、その割にはやれている。脚質が活きるようなペースになれば、連対してもおかしくないはず。後は乗り替わりか…。


休み明けを一つ叩いたブライトライン。ファルコンSではレオアクティブに先着し、ニュージーランドTではオリービンに先着。前走は休み明けながらクラレントに0.2秒差。ある程度3歳相手ならやれてもいい。


朝日杯FS3着のレオアクティブ。ココ2戦は前目で決まった展開も大きかった。夏、秋と連勝しており、状態が落ちていなければ通用してもいい。展開が向けば。


応援馬アドマイヤセプター。脚質に幅?があるので、良い位置から良い脚を使えれば、可能性はある。


状態が良いならサンカルロ。展開が悪くなければガルボ。位置取りとペース次第でテイエムオオタカ。状態が悪くないのならクラレント、マジンプロスパー。シルポートは久々の1400mが問題ないなら。



[PR]
by a_doctrinaire | 2012-12-24 01:52 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

阪神Cの予想候補 2012
今年最後の重賞になった阪神Cの予想候補を、記事「阪神Cの傾向 2012」を参考に選んでみます。


実績「重賞複数連対」、距離「1400m以上連対」、コース「阪神連対か初出走、阪神重賞5着以内」、近走「2戦以内に重賞掲示板か、叩き2走で春にGⅡ以上勝利」を条件にすると…


シルポート
テイエムオオタカ
ファイナルフォーム
マルセリーナ


がクリア。


GⅡ3着やGⅢ3着があり、阪神も2000m7着の

アドマイヤセプター


3歳でGⅡ3着やGⅠ4着などの

オリービン


コースはOP8着のみの

クラレント


近走がGⅠ2戦して6着と7着の

サンカルロ


休養前にGⅡへの出走が無く今年GⅢ2勝の

ガルボ
マジンプロスパー


3歳でGⅡ3着もあり、休み明け一叩きの

ブライトライン


ペースが合わなかった2走を度外視すれば

レオアクティブ


混戦模様で他も可能性はありそうだが…。



[PR]
by a_doctrinaire | 2012-12-24 01:14 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

有馬記念の結果 2012
少々出走メンバーの手薄感のあった有馬記念は…


1番人気ゴールドシップはスタートは出たものの後手を踏んで後ろから2番手。鞍上の手が動いて徐々に差を詰めて1周目の直線では後ろの馬から1、2馬身の所まで。1周目のゴール板を過ぎて最後方に。残り800mを過ぎると仕掛けて、大外を周って上がり直線を向いて11番目。前のナカヤマナイトを交わすのに外のルーラーシップに近づいて牽制すると追いだして加速すると、前を行く馬を次々交わしてゴール前で先頭に立つと勝利。


10番人気のオーシャンブルーも出が悪く後ろから4頭目。前を伺って前から10番目の中。1周目のゴール板では11番手。直線を向いて10番目の中。一歩ずつ差を詰めて残り200mで1頭抜けたエイシンフラッシュを含めて前5頭。ムチが入って前を交わすも外から交わされ2着。


2番人気ルーラーシップはしゃがんで立ち上がった時にゲートオープンで、さらにそこからジャンプしての大きな出遅れ。先頭からは7、8馬身ほど遅れる。押して前との差を詰めます。1周目の直線では前にゴールドシップを見る位置まで押しあげる。1周目のゴール板を過ぎて徐々に馬群の中に入って3頭交わす。しかし向う正面で2頭が上がっていったので後ろから2頭目。残り800mで1頭交わして、600mでもう1頭交わす。直線では前12頭の大外。ちょっと寄ってこられたが、追いだしてからは離されてしまい、脚が同じになって内の馬も捕えたのがゴール後で3着。


4着は3番人気乗り替わりのエイシンフラッシュ。5着はスカイディグニティ。





予想は1着、3着(2着、8着)。


3連複4020円は的中!ただ、馬連3730円を外す始末…。敗因は馬連を1点勝負にした事。言い訳になりますが、出遅れも考慮に入れていました。が、それでもあそこまでの出遅れとは思わず…。ミルコからの乗り替わりでエイシンフラッシュを切った所までは良かったが。


ただ、乗り替わりが多かった事もあって成績が安定しなかったオーシャンブルーをルメール騎乗で前走がホンモノと見たのは良かった。





それにしても応援馬ルーラーシップの能力の高さは素晴らしかった。あの出遅れでココまでやれるのは凄いの一言。もちろん練習では出さないのに、レースで出すという出遅れ癖は問題なのだが、勝ったものの落馬寸前になったり、厳しい馬場で無茶な競馬をしたりと、レースを嫌いになるような事も多かっただけに、馬を攻める気には…そこも含めて応援していきたい。



[PR]
by a_doctrinaire | 2012-12-24 00:46 | 競馬(GⅠ) | Trackback | Comments(0)


競馬重賞の傾向と嵐世記や太閤立志伝4などのゲーム
検索
最新の記事
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク