<   2013年 01月 ( 56 )   > この月の画像一覧

きさらぎ賞の傾向 2013
京都1800mで行われる3歳GⅢ「きさらぎ賞」。


過去の連対馬からリーチザクラウン、アサクサキングス、メイショウサムソン、ダンツフレーム、ナリタトップロード、スペシャルウィーク、ダンスインザダークなどが東京優駿(日本ダービー)で連対。さらに皐月賞2着と菊花賞2着のドリームパスポートやロイヤルタッチ、菊花賞への出走が無かったが皐月賞2着のワールドエース、3着や4着からもオルフェーヴル、ハーツクライ、ウインバリアシオン、シックスセンスなど3歳GⅠへの結びつきが強いレース。


11年から共同通信杯と入れ替わり開催が1週早くなっている。


 きさらぎ賞の傾向 (過去5年の連対馬データから) 2013


<実績>
最低連対ラインは「新馬・未勝利勝ち」。

該当するのは4頭だが、「新馬11着と未勝利勝ち」のリキサンマックスと「新馬2着、未勝利2着、2着1着」のネオヴァンドームで、500万以上への出走が無かった。500万に出走があったのは「新馬勝ち、エリカ賞5着、福寿草特別4着」のヒストリカルと「新馬勝ち、エリカ賞3着、福寿草特別3着」のトーセンラー。共に道中の位置取りが悪く、前が残っており、完敗という感じでは無かった。

「500万勝ち」は「福寿草特別勝ち」のレーヴドリアンとリクエストソング、「全日本2歳優駿3着で、もちのき賞勝ち」のレインボーペガサス。
残りは「OP2着」のワールドエースとスマイルジャック、「重賞2着」のリーチザクラウン。

OP以上に出走があるなら、ある程度やれている方がいい。


過去10年でも「500万3着や4着」は前述の2頭のみ。しかも開催のかわったココ2年のモノなので、影響がある可能性も…。


<距離>
全馬に共通するのは「1600m以上勝利」。

最も短かったスマイルジャックは「1800m重賞3着と1800m500万3着」とやれそうな気配はあった。残りは『1800m以上勝利』があり、まずはコチラを考えたい。


10年では1400mまでしか出走が無かったマキハタサーメットの2着があるので、メンバー次第では通用する可能性も。


<コース>
「京都連対」9頭、「初出走」1頭。

3コーナー辺りの上り下りさえ問題なければこなせると思うので、結果は欲しい。

10年では「萩S4着のみ」のメイショウサムソンがいるので、その程度ならセーフ。


<脚質>
「逃げ」2頭、「先行」2頭、「差し」3頭、「追い込み」2頭。

1000mの通過は61.7、60.2、60.4、61.7、60.8で、極端に遅くなる事がたまにある。
ペースが遅くなると前も残っているが、馬場もあってか後方からでも通用している。流れひとつの感も…。

一昨年は60.2秒で時計は速めだったが、後続が前との差を広げ過ぎて前が粘れた。


頭数が少なくなる事が多いが、オルフェーヴルやブラックシェル、ハーツクライなどが後方からの競馬で連を外している。


<その他>
1番人気は3連対、2番人気と3番人気は1連対ずつ。

残りは4番人気、5番人気2連対、8番人気2連対と未対戦の馬も多く少し荒れる。


上位人気で4着以下に敗れたのは「キャリア2戦目」、「距離実績なし」、「後方脚質」、「休み明け」など不安要素もあった。
過剰人気や状態には十分に気を付けたい。


「掲示板を外した馬」が少ない。
10年で見ても「1400m新馬11着」のリキサンマックスと「朝日杯FS8着」のサイレントディールなので、あまり大きく崩れているのはお奨めできない。

昨年あっさりと覆されたが、「新馬戦かOP以上のレース以外で3着を外している馬」も少ない。
前述のヒストリカル以外は「未勝利や500万で4着以下」は無かった。下の条件でもそれなりの結果を出していないココでは厳しい?

メンバー次第にはなるが、出世レースと言われるだけに、連に来るにはある程度の「素質」が必要なのかと。


上がり3ハロンは8頭が「上がり3番手以内」。
さらに、ほとんどが「連対時に上がり2番手以内1回」で「全成績では上がり2番手以内が2回以上」。

後方からでも決まっている事もあって、上がりで良い脚が使えた方がいい。


開催が早まった影響かココ2年は1分47秒台になっている。今後も要チェック。



[PR]
by a_doctrinaire | 2013-01-31 03:43 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)

東京新聞杯の傾向 2013
安田記念と同じ東京1600mで行われる古馬GⅢ「東京新聞杯」。


11年からシルクロードSと入れ替わってココへ。過去の勝ち馬からはローレルゲレイロ、スズカフェニックス、アドマイヤコジーン、キングヘイローが後にGⅠ馬に。左回りのGⅠに出走するタイプには注意したい。


 東京新聞杯の傾向 (過去5年の連対馬データから) 2013


<実績>
最低連対ラインは「1600万勝ち」。

該当するのは「シンザン記念6着、中山記念7着、マイラーズC8着」のキングストリート、「重賞初出走」のアブソリュート、「京都金杯12着のみ」のリキッドノーツ。次点の「OP2着」だが「重賞5戦して朝日CC3着、七夕賞4着、鳴尾記念6着など」のキャプテンベガ。

「数を走っていない」か「GⅢ掲示板程度」なら十分やれるかと。

ただ、6頭には「重賞連対」があり、まずはコレを中心に考えたい。


東京改修後の9年間で「重賞連対」は9頭で前半の4年で頭と比べると、ココ5年の方が実績馬が増えてきている。もちろん出走メンバーなどの影響などもあるだろうが、以前と比べてこの時期からの始動が増えている事もあるはず。気に留めておきたい。


<距離>
全馬に共通するのは「1600m以上連対」。

昨年は「1800m以上連対」を重視したが、2頭ともが1600mまでだった…。
1600mで勝利が無かったのはローレルゲレイロのみだが、「GⅠ2着2回などを含む1600mは重賞4戦2着」で高いレベルで結果が出ていた。ちなみに昨年の2頭も「1600mGⅢ勝ち」があった。

少し長い距離でやれているか、1600m重賞を勝っているくらいが良いかと…。


<コース>
「東京連対」は8頭。

残りは「6戦してGⅡ4着と5着、OP3着や4着」のコスモセンサーと「GⅡ13着のみ」のキャプテンベガ。
ただ、2頭とも「左回り連対」があった。

得手不得手があるので、結果が出ていない場合はよろしくない。


9年18頭中16頭には「東京連対」があるので、「数少ない」か「3着」は欲しい。


<脚質>
「逃げ」1頭、「先行」6頭、「差し」3頭。

800mの通過は46.9、45.6、46.6、47.2(不良)、46.5で、不良の09年以外は「勝ち時計が1:32.8より速い」。
直線の長さもあって後ろから届くが、ペースが速くても粘っており、「ある程度前が有利」。


<その他>
1番人気は1連対、2番人気も1連対。3番人気は全滅で鬼門?

残りは4~15番人気が絡んでおり、荒れ気味。

上位人気組では「京都金杯連対」、「マイルCS以来のレース」や「海外遠征帰り」、「前走重賞で人気馬」などが共通しており、状態や過剰人気には注意したい。


メンバー次第にはなるが、よく荒れる「富士S」よりは堅めだが、人気がくる事もある「安田記念」よりは荒れそう。『東京1600m』は、通常人気になる要素が結果に結びつきにくい。
流れや位置取りなど、その時の判断が大きいか…。



[PR]
by a_doctrinaire | 2013-01-30 03:25 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)

シルクロードSの結果 2013
前日発売が中止になりましたが、雪はたくさん降らず…天気は晴れだが、レース中には雪が舞っていたシルクロードSは…


2番人気ドリームバレンチノはスターがはまずまずで、押して前へ向かい5番手の中。勝負所でも抑えているようで、4コーナーから直線に向いても進路が無く追えず。残り200m辺りで前の馬2頭の外へ進路が取れると追い出してムチが入ると伸びてゴール前で少し出て勝利。


4番人気のダッシャーゴーゴーいいスタートだったが、8番手の一番外。上がっていって残り800mを切って4番手の外。4コーナーから直線では外を通った影響もあって下がって6番手に。追って追って残り200mを切って2番手に上がるり、前を追うが内から差されて2着。


11番人気のメイショウデイムは4番手の中。残り600mでは少し下がって6番手の中。直線では前から4頭目。直線を向いて前を追いかけるもなかなか差が詰まらず。ジワジワと延びるも交わされた後、脚が同じになり3着。


4着はマジンプロスパー。5着はレジェトウショウ。逃げた1番人気のアイラブリリは15着、出遅れた3番人気のサドンストームは14着だった。





予想は1着、2着、7着、9着。


馬連2380円的中。ただ、予想候補に残したメイショウデイムを入れられず…。


開催が開幕週になったココ2年が連は「重いハンデ」での決着だったので、重量の重い馬を狙ったのは正解。しかし、600mが35.0と遅かった事もあって前有利で、1~4着まではほぼ同じような位置にいたので、展開が大きかったかと。後方からのスギノエンデバーには厳しいペースになりました。


ニシノビークイックは少し足りなかったようで。3着くらいはありそうだったのでメイショウデイムを入れても良かったかと…。





予想候補は良いので、この流れで3連複を決めたい!



[PR]
by a_doctrinaire | 2013-01-28 03:22 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

根岸Sの結果 2013
面白そうなメンバーが揃っていた根岸Sは…


5番人気メイショウマシュウは意識的なものかあまりいいスタートでは無かったようだが、そのまま下げて13、4番手の内。残り800mでは後ろから2番手。4コーナーでは最内を通って前にはまだ馬群があり、残り400mを切っても12番手。1頭脱落した所にかわって入り、残り200mで9番手まで上がると徐々に前との差を詰めて、最後の最後に交わして勝利。


1番人気ガンジスはスタート後に押して前へつけて3番手。数頭行かせて6番手の中へ。4コーナーでは前に数頭いて壁の状況だったが、直線を向いて開いた所を抜けて残り400mでは3番手。残り200mで先頭に立つが、最後に外から交わされて2着。


10番人気のセイクリムズンが4番手の内にいたが、外が行って5番手。4コーナーでも最内を通って残り400mでは4番手。前2頭の間を割って出てくるも前との差が縮まらず3着。


4着はスティールパス。5着は2番人気のエーシンウェズン。3番人気のトウショウカズンは7着だった。出遅れたストローハットは競走を中止している。(追記…右腸骨複骨折との事で安楽死の処置がとられた模様)





予想は1着、2着、7着、競走中止。


馬連1380円は的中。ただ、今年カペラS9着で3着セイクリムズンを予想候補にも残さず…。年1頭は先行が来るというのでガンジスを選んだので、先行という部分でも選べず…。


出遅れましたが、競走中止ではストローハットの敗因は分からず。トウショウカズンは、心配した通り昨年が根岸S2着以降が交流中心なのもあったか…。脚質面を考えてもメイショウマシュウの評価をあげるべきでした。





人気サイドですがまずは当たっているのは良い。そろそろ3連複を当てたい…。



[PR]
by a_doctrinaire | 2013-01-28 02:50 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

シルクロードSの予想 2013
雪の影響が気になりますが、とりあえずアップしておきます。


 シルクロードS 予想 2013


北九州記念勝ちのスギノエンデバー。セントウルSと京阪杯は0.4秒と0.5秒差と位置取りもあったかと…。前走も勝利しており、状態もいいと思うので、展開が向けば…。


スプリンターズS3着のドリームバレンチノ。ロードカナロア相手に良い競馬が出来た。京都も3連対と悪くない。状態が良いなら問題はないかと。


スプリンターズS16着からのダッシャーゴーゴー。59キロはポイントになりそうだが、馬体が大きいし昨年CBC賞で59キロで3着がある。力の衰えが無く、状態が良ければやれてもいい。他馬のハンデは気になるが…。


京都金杯10着からのニシノビークイック。道頓堀Sでは後の京阪杯勝ちハクサンムーンの2着、こぶし賞ではカレンブラックヒルの2着などがある。展開が向けば通用してもいい。


流れに乗ればアフォード。位置取り次第でサドンストーム。ココ2走ほど走ればメイショウデイム。ペースが合えばアイラブリリ。



[PR]
by a_doctrinaire | 2013-01-27 03:01 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

根岸Sの予想 2013
メンバー的には面白そうですが、その分悩みます…相性がどうかもポイント?


 根岸S 予想 2013


武蔵野S2着のガンジス。前走も勝利して勢いもある。東京1400mはOP勝ちもあるので、問題はないはず。後は力関係次第かと。


休み明けのギャラクシーS2着のトウショウカズン。昨年の根岸S2着とコースは問題ない。昨年はフェブラリーS以降に交流重賞や中央OPで勝ちきれていないのが気になるが、上積みがあっていいペースになれば…。


ギャラクシーS3着のメイショウマシュウ。上がりはほとんどが最速。休み明けだった神無月Sは8着に敗れたが、+16キロで0.3秒差と悪くない。切れる脚が使えるような展開になれば…。


ユニコーンS勝ちのストローハット。武蔵野Sはレース間隔が開いており、使われてきたガンジスとの差は詰まってもいい。前走はギャラクシーS5着だったが、初関西もあったはず。4歳馬の成長に期待する。


エーシンウェズンは鞍上との相性が…。衰えが無ければダノンカモン。テスタマッタはは状態と斤量。タイセイレジェンドは59キロがこなせれば…。



[PR]
by a_doctrinaire | 2013-01-27 02:02 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

シルクロードSの予想候補 2013
記事「シルクロードSの傾向 2013」を元にして、シルクロードSの予想候補を選んでみます。


実績「重賞連対」、距離「1200m以上勝利」、コース「京都連対か1戦かGⅡ掲示板」、近走「3戦以内に重賞5着以内か、2戦以内にOP連対か条件戦勝利」を条件にすると…


スギノエンデバー
ダッシャーゴーゴー
ドリームバレンチノ


がクリア。


重賞3戦以下の

アイラブリリ
アフォード
ニシノビークイック
メイショウデイム


前走がOP3着の

サドンストーム


はセーフかと。



[PR]
by a_doctrinaire | 2013-01-26 01:27 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

根岸Sの予想候補 2013
記事「根岸Sの傾向 2013」を元に、根岸Sの予想候補を絞ってみます。


実績「中央重賞連対か重賞初出走」、距離「1400m以上勝利」、コース「東京3着以内か初出走、或いは1戦程度」、近走「前走勝利」を条件にすると…


ガンジス


のみに…。


前走重賞2着の

エーシンウェズン


ジャパンカップダート14着からの

ダノンカモン


OP2着で一叩きの

トウショウカズン


OP3着からの

メイショウマシュウ


は過去5年の最低ラインではセーフ。


後は…


叩き3走目の

ストローハット


中央重賞3着の

タイセイレジェンド


JBCクラシック7着からの

テスタマッタ


の判断をどうするか…。



[PR]
by a_doctrinaire | 2013-01-26 00:27 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

シルクロードSの傾向 2013
京都1200mで行われる古馬ハンデGⅢ「シルクロードステークス」。


高松宮記念の前哨戦の一つ。10年までは2月開催で京都6週目?の日曜日でしたが、11年と12年は5週目の土曜日。今年は5週目の日曜日で行われる。


 シルクロードSの傾向 (過去5年の連対馬データから) 2013


<実績>
最低連対ラインは「1600万勝ち」。

ハンデ戦という事もあり、該当するのは「スワンS4着と阪神C5着」のショウナンカザン、「小倉2歳S12着のみ」のアーバンストリート、「阪神C13着のみ」のソルジャーズソングの3頭。次点「OP勝ち」も「重賞3戦で京阪杯11着、NHKマイルC18着、ファルコンS15着」のエーシンダックマン。
あまり重賞を走っていないなら、ハンデ次第でやれる。

ただ、「重賞連対」は6頭と半分以上なので、侮れない。


10年で見ると「OP2着で重賞初出走」のエムオーウィナー、「OP勝ちで重賞6戦してCBC5着やセントウルS6着」などのキーンランドスワンがいるので、その辺りでも可能性は残る…。


<距離>
全馬に共通するのは「1200m勝ち」。

9頭には「1400m以上連対」があり、残り1頭も「1400m3戦して1600万4着など」があった。
が、1200mは数が多いので、少し長めで結果がでている必要はないのではないかと…。


10年でも20頭中3頭なので、少ないっちゃ少ないですが、コースもあって特に厳しいという感じは受けない。


<コース>
「京都連対」6頭と少な目。


残りは「GⅡ3着とGⅠ9着」のジョーカプチーノ、「OP6着とGⅡ4着」のアーバニティ、「GⅢ8着のみ」のアルティマトゥーレ、「GⅡ4着のみ」のショウナンカザンで、「出走数が少ないかGⅡ掲示板程度」なら問題ないようで。


10年では「GⅡ10着とOP3着」や「OP5着のみ」で対応できている。


<脚質>
11年から開催が1週早まっているので、その辺りに微妙な影響があるかも…。

「逃げ」2頭、「先行」1頭、「差し」4頭、「追い込み」1頭。

600mの通過は34.1、34.8、34.4、33.6、33.7(稍重)。1週早くなったが、前半が遅くなっても差し2頭で決まったりと馬次第の感もある…。

京都も使われているので馬場の悪い部分があり、後方からの競馬が通用しているのではないかと。


<その他>
1番人気が2連対、2番人気が1連対、3番人気が2連対。

残りは4、6、7、11、14番人気とハンデもあって人気薄もくる。ただ、ハンデ戦だけに人気割れもあって、あまり大きな配当にはなっていない。


ハンデは54~58キロの平均55.85キロ。中央値は56キロ。
1週早くなってからは57キロ3頭と58キロ1頭なので、馬場の良さ?の影響があるかも…今年は1日早いですが。


1番人気+重めのハンデが来ているのがココ2年。
1日違うが、今年この辺りがどうなるのかはしっかり見ておきたい。



[PR]
by a_doctrinaire | 2013-01-24 01:43 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)

弁舌のミニゲームのコツ?
PS2やPSPなどの「太閤立志伝4(Ⅳ)」の技能の一つである『弁舌』。


算術の技能と共に序盤にあると便利な技能で、出来れば早く上げておきたい。


上げるためには、「同じ大名家、或いは自家と同盟を結んでいる大名家の大名・城主ではない武将」で、「親密度が高く」、「自分より技能が高い」人に師事する必要がある(評定の期間をまたがないなどの条件も)。


師事するといってもミニゲームに挑んで、正しい文章を4つの中から選ばなければなりません。


(追記…

三つ子の魂百まで
三つ子の魂まで
三つの魂百まで
三つ子の百まで

のように、似たような文章だが間違いがある)


6問連続正解で技能が1上昇。


合計が6を超えれば1つは上がるようなので、能力が低い武将プレイやミニゲームが苦手な人でも回数をこなせば獲得できるはず。


ただ、正しい文章を読んで4つと見比べるというのは、時間的にかなり難しいかと。


そこで、問題となる文章(正解)を覚えておくとグッと楽に。


次に間違いのポイントを知っているとさらに正解しやすくなるはず。


文章の順番は変わるので、選択肢をメモって、ポイントをチェックしておくのをお奨めします。「氏真伝9 弁舌の技能を学ぶ」などにもある程度載せています。


後はアイテムでも良いので、「外交力を上げる」事が出来れば、制限時間が延びるので、まず軍資金稼ぎをしてもいい。





初めて挑んだ時は大人になってから、まさか「さ」と「き」を間違えるなんて思っておらずショックでした。平常ではない状況?では、自分は小学生低学年レベルの問題も解けないという事を実感しました。


実に不注意極まりない…「大人(ワタクシだけでしょうが)カッコ悪いよ」です。


ただ、PS2版の場合は出来るだけ大きな画面でプレイすることが良いようで。我が家のブラウン管テレビでは、丼と井の違いが見えにくくて分かりません…。


お~い!○○くーん、例のモノ(天眼鏡)持ってきて~。


学、以前の問題です(苦笑)。



[PR]
by a_doctrinaire | 2013-01-23 02:39 | 太閤立志伝4 | Trackback | Comments(0)


競馬重賞の傾向とMHP3rd、太閤立志伝4やレトロゲーム
検索
最新の記事
アイビスSDの予想 2017
at 2017-07-29 00:11
クイーンSの予想候補 2017
at 2017-07-28 00:11
アイビスSDの予想候補 2017
at 2017-07-27 18:53
アイビスSDの傾向 2017
at 2017-07-26 00:29
クイーンSの傾向 2017
at 2017-07-25 00:08
大きさにも加減ってモンが必要..
at 2017-07-24 12:32
中京記念の結果 2017
at 2017-07-24 00:21
函館2歳Sの結果 2017
at 2017-07-24 00:01
中京記念の予想 2017
at 2017-07-23 08:29
函館2歳Sの予想 2017
at 2017-07-23 01:39
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク