<   2013年 02月 ( 50 )   > この月の画像一覧

弥生賞の傾向 2013
中山2000mで行われる3歳GⅡ「弥生賞」。


皐月賞のトライアルで本番で同じコースという事もあって有力馬が多い。


過去の勝ち馬からはヴィクトワールピサ、ロジユニヴァース、ディープインパクト、アグネスタキオン、スペシャルウィークらが、皐月賞や東京優駿(日本ダービー)の勝ち馬が出ている。以前は2着馬からもエアシャカールやセイウンスカイなども勝っていた。


 弥生賞の傾向 (過去5年の連対馬データから) 2013


<実績>
最低連対ラインは「未勝利勝ち」。

該当するのは「新馬2着、未勝利2着、未勝利1着」のミッキーペトラ。
次点は「500万勝ち」で「OP以上は共同通信杯5着のみ」のコスモオオゾラ。

それ以外の8頭には『OP連対以上』があった。

「重賞連対」は5頭、残りは「京都2歳S1着でラジオNIKKEI杯4着」のトリップ、「京都2歳S2着で京成杯3着」のプレイ、「ホープフルS2着できさらぎ賞7着」のブラックシェル。

出走メンバーの手薄感のあった昨年以外の4年は勝ち馬には「重賞勝ち」があった。


10年でみると「新馬勝ち直後」のココナッツパンチ、「新馬3着、1着、こぶし賞1着」のスズノマーチがいるので、低いラインは変わりないが、「2戦OP勝ち」のディープインパクト以外には「重賞連対」があった。
勝ち馬も昨年と重賞初出走のディープインパクト以外は「重賞勝ち」があった。


<距離>
全馬に共通するのは「1800m以上勝利」。

1800mまでのサダムパテック、エイシンアポロン、ミッキーペトラの3頭は「2000m以上不出走」。
出走があった7頭には『2000m以上勝利』があった。


ただ、5年延ばすと「1600m新馬1戦のみ」のココナッツパンチ、「1800m以上初」のメイショウボーラー、「1800m3着、1600m1着、1着」のスズノマーチがおり、「1800m連対があるが、2000mはGⅢ12のみ」のグロリアスウィークがいるので、メンバー次第ではその辺りでも可能性はある。


<コース>
「中山連対」4頭、「初出走」4頭。

残りは11年の「朝日杯FS4着のみ」のサダムパテックと「京成杯3着とホープフルS5着」のプレイ。
高いレベルで惜しいトコロならセーフ。トリッキーなコースなので、数を走ってダメなら危ない。


10年でみても「中山連対か初出走」なので、出走があるなら連は欲しい。


<脚質>
「逃げ」1頭、「先行」7頭、「差し」2頭。

1000mの通過は63.1(稍重)、61.7、63.6(重)、62.0(稍重)、61.8で、頭数が落ち着く影響もあってか遅くなっている。
直線の短いコースに加えて前半のタイムも遅くなるので、「前が有利」。


10年でも「差し」は20頭中5頭なので、前目がいい。


<その他>
1番人気は4勝と昨年以外は強い。
チューリップ賞と同じく本番と同じコースなので、最有力馬が出走してくる影響もある。

2番人気は2連対、3番人気は1連対となっている。

上位人気で敗れたのは12年のアダムスピークとフェノーメノ、11年のオールアズワンとターゲットマシン、10年のアドマイヤテンクウ、09年のアリーロブストとセイウンワンダー、08年のアインラクス。
「500万勝ち直後」や「OP勝ちや重賞連対」などで人気をしていたが、「GⅠ前に新生を期待しての過剰人気」の感があったり、「3か月くらいの休み明け」や「後方からの競馬で届かず」というケースも見受けられる。

残りは5、7、9番人気。


「上がり3番手以内」は、過去10年では前半の5年は9頭だったのが、ココ5年は5頭と減ってきている。
雨で馬場が悪い事もあるだろうが、実力の割に前で競馬をする馬が多い影響もあるかと。
メンバー次第では展開で狙うのも一つ。


出走頭数は10~16頭だが、10年で6回が11頭か10頭と少ない。
開幕2週目という事もあって、5年では1~13番で「8:2」、10年も1~13番で「15:5」で「内が多い」。


以前は10年で「武豊騎手」が5連対、「横山典弘騎手」が3連対、「福永祐一騎手」と「松岡正海騎手」が2連対ずつ。
有力馬に乗る機会の多い騎手はコースも分かっていると思うので、連対も多くなるかと。



[PR]
by a_doctrinaire | 2013-02-27 00:55 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)

チューリップ賞の傾向 2013
阪神1600mで行われる3歳牝馬GⅢ「チューリップ賞」。


桜花賞のトライアルで、本番と同じコースという事もあって有力馬の出走が多い。阪神改修後は7年目。


過去の連対馬からはアパパネ、ブエナビスタ、トールポピー、ウオッカ、ダイワスカーレット、スイープトウショウ、スティルイラブ、テイエムオーシャン、エアグルーヴ、ダンスパートナーなどがGⅠ馬となっている。

ちなみに昨年の牝馬3冠を達成したジェンティルドンナは中間の熱発に加えて、直線で前が開かなかった事もあり4着だった。


 チューリップ賞の傾向 (過去5年の連対馬データから) 2013


<実績>
最低連対ラインは「未勝利勝ち」。

ただ、該当するのは「新馬2着、未勝利3着、未勝利1着」のショウリュウムーンのみ。
次点は「500万勝ち」で、「新馬1着、赤松賞7着、菜の花賞10着、500万1着」のハナズゴール、「新馬3着、未勝利1着、サフラン賞1着、京王杯2歳S4着、阪神JF3着」のライステラス、「ダート2戦で新馬1着、500万1着」のサクラミモザ。
次々点は「OP2着」のエアパスカル。500万は13着だったが、急遽芝からダートへの変更になったモノで、OPは紅梅S2着のみで、重賞初出走。
出走があれば「OP2着かGⅠ3着」で、後は「上のクラスに不出走」。

5頭には「重賞連対」があったが、「阪神ジュベナイルF勝ち」4頭と「小倉2歳S1着」のエピセアローム。

特に阪神改修後は『阪神ジュベナイルF勝ち』が6年で5連対で3着1回なので、逆らうのは恐い。


<距離>
全馬に共通するのは「1400m以上勝利」。

ただ、1400mまでに該当するのは、「1600m以上が阪神JF3着のみ」のライステラスと「2戦してダート1200m1着とダート1400m1着」のサクラミモザ。

それ以外には『1600m以上勝利』があり、まずはコチラを考えたい。


<コース>
「阪神連対」6頭、「初出走」2頭。

残りは「阪神JF3着のみ」のライステラスと「未勝利3着のみ」のショウリュウムーン。
直線に急な坂があるので、ある程度走れていない場合はマイナスと考えた方がいい。


<脚質>
「逃げ」2頭、「先行」4頭、「差し」4頭。

1000mの通過は60.2、60.1、60.8(重)、61.3、61.3であまり速くならない。
改修後に直線は伸びているのだが、前も残れているので、後方一気ばかりを狙うのは得策とは言えない。


<その他>
1番人気は4連対(3着1回)で強い。
全馬が「阪神JF勝ち」と、高いレベルの同じコースで結果が出ているので、軽く見る事は出来ない。
ただ、2着や3着に敗れる事はある。

2番人気1連対(3着1回)、3番人気1連対で少し苦戦している。
有力馬が出走するという事もあって、メンバー的に手薄になるケースも多く、本番に向けて新星に期待する過剰人気も考えられる。
もうひとつは、桜花賞へ向けて賞金が足りている馬が「脚質を試す」というのもあるので、注意したい。

残りは4、5、7、9番人気


「上がり3番手以内」は前が多い事もあって10頭中7頭。
重馬場での開催だった10年以外は「上がり最速」が3着以内に入っており、良い脚を使える馬は侮れない。

ただ、休み明け(反応がよくない)という事もあってか阪神JF勝ち馬でも早めに競馬をしている馬もいる。直線の長さに期待して強い馬相手に脚をためる競馬では、レースが終わる事も考えられる。

「自ら動いて行くタイプ」か「脚はあるが早めに仕掛けられるタイプ」を奨める。
一応、過去6年でも全馬が連対時に「上がり2番手以内」に該当しており、それくらいはクリアしてほしい。


改修後で「5着以下」があったのは「500万で7着と10着」のハナズゴール、「休み明け阪神JF8着」のエピセアローム、「芝がダートに変更になったこぶし賞13着」のエアパスカルの3頭。

昨年までは、あまり大崩れしている馬はいなかった。
あくまで出走メンバー次第だが、大崩れしていないのも素質の一つかと。



[PR]
by a_doctrinaire | 2013-02-26 01:16 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)

オーシャンSの傾向 2013
中山1200mで行われる古馬GⅢ「オーシャンステークス」。


高松宮記念に向けて東の前哨戦。GⅢに昇格してから8年目。


 オーシャンSの傾向 (過去5年の連対馬データから) 2013


<実績>
最低連対ラインは「1600万勝ち」。

該当するのは「重賞3戦して函館SS8着(3位入線)、キーンランドC11着、シルクロードS7着」のエーシンエフダンズ、「重賞初出走」のアーバニティ、「アイビスSD9着のみ」のプレミアムボックス。
次点は「OP2着」で「3戦阪神JF10着、セントウルS14着、シルクロードS7着」のコスモベル。
「重賞への出走が3戦以内」なら可能性はありそう。

残りの6頭は「重賞連対」。

実績馬が阪急杯に出走することもあってか、シルクロードS同様に実績はあまり高くない。
ただ、ここ2年は「重賞複数連対」だけが連対しており、傾向が移ってくる可能性も考えられる。


<距離>
全馬に共通するのは「1200m勝ち」。

さすがに距離短縮などでない限り、コレをクリアしていない馬はいないかと。
1400m以上で連対があったのが6頭いるが、1200mまでが4頭なのであまりこだわる必要はないかと。
ちなみに1200mまでの4頭すべてに「中山1200m3着以内」があった。


<コース>
「中山連対」6頭、「初出走」1頭。

残りは「スプリンターズS5着のみ」のワンカラット、「朝日杯FS12着とスプリンターズS4着降着(2位入線)」のダッシャーゴーゴー、「1600万3着とスプリンターズS16着」のエムオーウィナー。

2戦以下で「掲示板以上」があるので、その辺りならセーフかと。
一応、3頭共に「阪神」か「福島」の直線に坂のあるコースでの連対があった。


<脚質>
「逃げ」1頭、「先行」4頭、「差し」4頭、「追い込み」1頭。

600mは33.4(重)、33.6、33.4(重)、33.4(稍重)、34.1。
馬場が悪い方が時計が速くなっているのが印象的。

かなり後ろから通用したのはキンシャサノキセキくらいなので、あまり後方一気はお奨めできない。


<その他>
1番人気は全滅(3着1回)、2番人気が2連対、3番人気も2連対。

残りは5、6、7(2連対)、9、12番人気と荒れ気味。


近走は「休み明け」と「休み明け一叩き」を除くと「3戦以内にOP以上3着」か「条件戦勝利」なので、大敗からの巻き返しは十分に考えられる。
ちなみに「前走」は「GⅠ16着」や「GⅢ7着」、「OP4着」などからでも連があって、コレだけでは判断が難しい。



[PR]
by a_doctrinaire | 2013-02-25 12:45 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)

阪急杯の結果 2013
同じく内が有利と言われていた阪急杯は…


1番人気のロードカナロアがまずまずのスタートから先頭を伺う勢いだったが、他馬が行って2番手。その後、3頭が前に行って離れた5番手の内。3コーナーを過ぎた辺りから仕掛けて前との差を詰め、4コーナーでは外を回る。直線では良い脚で差を詰めて、粘るオリービン相手にムチが入ると交わして1馬身抜けてそのまま勝利。


2番人気マジンプロスパーは好スタートから前を見ながら先行し、抑えて5番手。2頭が行って7番手に下がる。道中はそのままで4コーナーも内のまま。直線を向いて外に出ようとするも出られず、残り200mを切って馬群がバラけた所で追い出すも2着。


11番人気のオリービンがスタートから前へ行って3番手から2番手。1頭外を上がって3番手の内。残り600mを切って仕掛けると4コーナーで先頭に並びかけ、直線を向いて先頭に立つが、200mを切って外から交わされ、ゴール手前でもう1頭に交わされて3着。


4着は3番人気のサンカルロ。5着はシュプリームギフト。





予想は1着、9着、11着、13着。


敗因はマジンプロスパーの復調を疑った事。さらに11番人気のオリービンを予想候補に残したが、阪神Cの結果を重く見て予想に入れなかったのは失敗。


結果的には「内枠」の「前目」が傾向通りに上位。逃げに絡んでこられたクィーンズバーンは仕方ないにしても、外枠のエピセアローム、後方からのブライトラインはちょっと無理があったか…。


「ロードカナロアからの流し」も一つでした。





少し荒れるレースだったので、変に狙いに行き過ぎました。実績の高さも考えて、上位で考えた方が良かったか…。



[PR]
by a_doctrinaire | 2013-02-25 00:52 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

中山記念の結果 2013
内が有利と言われていた中山記念は…


2番人気のナカヤマナイトが大外からのスタートながら前へ。コーナーの影響もあって10番手の外辺りに下がるが、そのまま外を上がっていって6番手まで上げる。残り800mから仕掛けて、3コーナー辺りで4番手のまま4コーナーから直線へ。前が2頭の状態で残り200mを切ってムチが入ると差を詰めて前の2頭を交わして勝利。


3番人気ダイワファルコンはスタートから仕掛けて先行。1コーナーを過ぎて2番手に。道中はずっと2番手で、600mを過ぎて仕掛けるも前との差はなかなか詰まらず。直線でムチが入って単独2番手で前を徐々に差を詰めてゴール前に逃げ馬を交わす直前に外から交わされ2着。


8番人気のシルポートがまずますのスタートからジワっと出して逃げる。1400mを切った辺りから離して逃げる。1000mの通過は58.6。直線を向いても差をつけて逃げていたが、残り200mを切って後続との差が詰まり、ゴール前で2頭に交わされて3着。


4着は1番人気のタッチミーノット。5着はトーセンレーヴ。





予想は1着、3着、6着、8着。


敗因はレース間隔でダイワファルコンを切った事。福島記念の1戦がこたえるか?と思ったが杞憂に終わった。連対馬はオールカマーのワンツーと同じ。入れるべきでした。


ハナ差で馬連が外れ…。もう少し溜めて逃げてくれればシルポートが粘れそうでしたが、判断は悪くなかったかと。少し評価を下げたナカヤマナイトはアクシデントでAJC杯を回避しての出走だったが、特に問題は無かったようで。


しかし、リアルインパクトは最内を通りもしなければ先行もしておらず、完璧に読み違い。距離の危険を内枠で相殺しようとして失策。内枠にこだわったのはマズかった。ダノンバラードも1、2着馬の辺りにいたので、力足らずだったか…。





置きにいきながら少し勝負する程度で良かったようで。



[PR]
by a_doctrinaire | 2013-02-25 00:33 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

阪急杯の予想 2013
GⅠ上位馬はレース間隔が開いており、調子がポイントになりそう。


 阪急杯 予想 2013


スプリンターズS勝ちのロードカナロア。昨年はレース間隔が開くと少し甘くなっており、海外遠征帰りと斤量差が気になるが、それなりの仕上がりにはなっているはず。後は自力に期待する。


京都牝馬S4着からのクィーンズバーン。牝馬限定戦だが阪神1400mGⅡ勝ちやヴィクトリアマイル7着などがあり、過去に連対した牝馬に近いモノはある。位置取り次第では面白い。


スプリンターズS4着のエピセアローム。3歳時の斤量の恩恵もあったがセントウルSを勝っている。1600mで勝ちがないが1400mは向いていると考える。レース間隔が開いたが、牝馬なので仕上がりは早めと考える。


東京新聞杯5着からのブライトライン。後方からの競馬という事もあって結果が出ていないが、ペースや位置取り次第では通用してもおかしくない。阪神は連は無いが重賞で5~7着と悪くない。立ち回り次第では…。


スワンSくらい走れるならオリービン。レオアクティブとサンカルロは位置取り次第。マジンプロスパーは復調していれば。



[PR]
by a_doctrinaire | 2013-02-24 03:27 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

中山記念の予想 2013
少しだけ出走馬に物足りなさを感じますが、そういう年もあるのがこのレースかと。


 中山記念 予想 2013


AJC杯勝ちのダノンバラード。前走はメンバーもあったが、初めての中山で勝った事を評価したい。惜しい競馬が多く、大きく崩れる事は少ない。ある程度の能力はあると考える。位置取りが良ければ、やれてもいい。共同通信杯ではナカヤマナイトに敗れたが、あの時は外を回った馬が軒並み沈んだ。皐月賞の0.2秒先着を信じたい。


昨年3着のリアルインパクト。2、3歳時のように結果が出ていないが、昨年は安田記念6着やマイルCS5着とそこそこやれていた。距離も微妙な感はあるが、内枠で最短距離を走る事が出来れば克服してもいい。前走は+20キロで度外視したい。一つ使って状態が上がっているなら…。


昨年2着のシルポート。昨年秋くらいから衰えは感じるが、マイルCS4着時のようにペースが落せたりすると可能性はある。展開や馬場が味方すれば上位があってもおかしくない。


有馬記念7着からのナカヤマナイト。中山は有馬記念7着以外が連対しており「中山巧者」と言えるかと。レース間隔が開いた部分もあって評価を下げた。


タッチミーノットは毎日王冠以上にやれるなら。ダイワファルコンは少し間隔が開いたのが問題なければ。



[PR]
by a_doctrinaire | 2013-02-24 02:20 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

阪急杯の予想候補 2013
高松宮記念へ向けて、GⅠ上位馬が集まった阪急杯。記事「阪急杯の傾向 2013」を元に、予想候補を選んでみます。


レベルは高いと考えて、実績「GⅡ連対+重賞連対以上」、距離「1600m以上連対」、コース「阪神連対」を条件にすると…


エピセアローム
サンカルロ
レオアクティブ
ロードカナロア


がクリア。


実績が足りず「1400m以下で勝ち」がないが、1400mGⅡ3着のある

オリービン


重賞4戦でGⅠ7着、GⅡ勝ち、GⅢ4着と5着の

クィーンズバーン


GⅡ3着があり、阪神はGⅢ5着、7着とGⅡ6着の

ブライトライン


昨年の勝ち馬

マジンプロスパー


辺りは残せるかと。



[PR]
by a_doctrinaire | 2013-02-24 01:49 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

中山記念の予想候補 2013
メンバー的には後1枚ほしい中山記念。記事「中山記念の傾向 2013」を元に、中山記念の予想候補を選んでみます。


実績「GⅡ以上勝利+重賞勝ち+重賞2連対」、距離「2000m以上勝利」、「中山連対か初出走」、近走「2戦以内に重賞5着以上」を条件にすると…


シルポート
ダノンバラード


がクリア。


重賞初出走の

アンコイルド


GⅡ勝ちが無いが2着がある

ダイワファルコン


GⅡは毎日王冠3着が最高の

タッチミーノット


近走はGⅠ2戦で7着のある

ナカヤマナイト


距離1800mは2着止まりの

リアルインパクト


辺りまではセーフかと。



[PR]
by a_doctrinaire | 2013-02-24 01:38 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

アーリントンCの結果 2013
頭数が少なかったアーリントンCは…


1番人気コパノリチャードは絶好のスタートで、行きたがったが手綱を引いて3番手に下がるが2番手に。道中も手綱を引いていたが、折り合いを欠いている感じではなかったかと。直線を向いても抑えて、残り300mで追い出して先頭に立つと後続を振り切って1馬身2分の1差をつけて勝利。


2番人気カオスモスもスタートから前へ行って2番手だったが、外から行かれて3番手の最内。道中、グッと手綱を引いている様子が印象的。逃げ馬の直後で我慢。直線では外を狙おうとするも開かず。200mの手前で開いて追い出すが、前を捕えきれず2着。


4番人気はレッドアリオンは6番手の内。道中はずっと内だったが、600mを過ぎて外へスライド。直線を向いて前の開いた外を追い出し、残り200mで3番手に上がって前を追うも3着。舌が横に出ていたのが気になりました。


4着は9番人気メイショウヤマホコ。5着は3番人気ラブリーデイ。





予想は1着、2着、5着、6着。


馬連は330円的中!が、取ってマイナス…。頭数も落ち着いて、3頭で勝負するべきでした。


さらに迷って切ったレッドアリオンが3着と失策。出遅れもあったが後方からの競馬になったタガノエンブレムはちょっと無謀だったか…。ラブリーデイは直線でも良さそうだったが、残り300m辺りでバッタリ止まった感じが。レース間隔が開いたのもあったか…。コパノリチャードは逃げなかったので、評価を下げなくても良かったかも。





ココは3連複までしっかり当てる必要ありでした。



[PR]
by a_doctrinaire | 2013-02-24 01:08 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)


競馬重賞の傾向とMHP3rd、太閤立志伝4やレトロゲーム
検索
最新の記事
高松宮記念の予想候補 2017
at 2017-03-25 00:56
マーチSの予想候補 2017
at 2017-03-25 00:38
毎日杯の予想 2017
at 2017-03-25 00:16
日経賞の予想 2017
at 2017-03-25 00:01
高松宮記念の枠順決定! 2017
at 2017-03-24 09:48
毎日杯の予想候補 2017
at 2017-03-24 00:15
日経賞の予想候補 2017
at 2017-03-24 00:03
マーチSの傾向 2017
at 2017-03-23 13:00
毎日杯の傾向 2017
at 2017-03-23 01:08
日経賞の傾向 2017
at 2017-03-22 00:54
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク