<   2013年 04月 ( 63 )   > この月の画像一覧

NHKマイルC3着の傾向 2013
GⅠですので、NHKマイルCの3着もチェックしておきます。


 NHKマイルC3着の傾向 (過去5年の3着馬データを中心に) 2013


【実績】
最低連対ラインは「OP勝ち」。

該当するのは「毎日杯3着と皐月賞6着」のリルダヴァルと「重賞初出走」のグランプリエンゼル。

残り3頭は「重賞連対」。

10年では「500万勝ち、OP以上はニュージーランドT14着のみ」のムラマサノヨートー(芝は3戦だが)がいる。出走メンバー次第では可能性が残る。他は「OP勝ち」3頭、「重賞連対」なので、5年とあまり変わりない。


【距離】
全馬に共通するのは「1200m以上勝利」。

1200mまでのグランプリエンゼルは「1400m以上がサフラン賞12着のみ」。展開にかなり恵まれた感はあったが、似たような展開になれば可能性がないワケではないかと…。

次点は「1400m連対」で「1600mが500万3着2回とニュージーランドT7着」のダノンゴーゴー。
残りは「1600m以上連対」なので、中心になるが連対馬より低い。

10年でも「1400m勝ちで、1600m以上は2戦目の新潟2歳S5着のみ」のアイルラヴァゲインがいる。

「1800m連対で1600m以下初」のリルダヴァルがいるので、連対同様に距離短縮はやれる。


【コース】
「東京連対」1頭、「初出走」2頭。

残りは「東京スポーツ杯2歳S13着」のクラレントと「サフラン賞12着」のグランプリエンゼル。
1戦程度ならセーフ?

10年では「初出走」か「芝初」が増える。連対馬と同じく以前は「初出走」が多かった。


【脚質】
「先行」1頭、「差し」3頭、「追いこみ」1頭。

09年を除くとほとんど真ん中。それで負けているので、届かずが多いか…。脚で負けている場合もいるので、力が足りていないケースも。


【前哨戦】
「ニュージーランドT7着と11着」、「皐月賞6着」、「弥生賞12着」、「橘S1着」。

連対馬と違い、ニュージーランドT組が4着以下で、あまり気にする必要はないのかも…。
10年でも「OPから」の出走が4頭おり、その辺りも違う。


【その他】
人気は15、4、3、13、14番人気。

5年延ばしても18、6、4、3、6番人気なので、荒れるならココという感じは受ける。


10年で上がり3ハロンは「2番手か3番手」が半分。

連対馬の所でも上がったワケあり?の12年、09年、03年以外は「3着馬は勝ち馬に上がりで負け」ている。
「脚が足りず」に3着なのか、「脚がなくても」3着なのか…。


勝ち馬からの着差が「0.2~1.1秒」で「平均0.5秒」つけられている。

出走メンバーの手薄感は否めず、データ的にもほとんどのラインが連対馬よりも低い。
他のGⅠと比べるとちょっと差が大きいが、メンバー次第で「実力で大きく離されていても3着の可能性はある」。



[PR]
by a_doctrinaire | 2013-04-30 04:00 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)

NHKマイルCの傾向 2013
東京1600mで行われる3歳GⅠ「NHKマイルカップ」。


以前は3歳クラシックに出走できなかった外国産馬や短い距離に適性のある馬が出走するレースでした。解放後などからは「難コース」と言われる皐月賞を避けて、東京優駿(日本ダービー)へ向かう前哨戦とも位置付けられている。


 NHKマイルCの傾向 (過去5年の連対馬データを中心に) 2013


【実績】
最低連対ラインは「重賞2着」。

ただ、重賞が「スプリングS2着のみ」のレッドスパーダと「きさらぎ賞6着、弥生賞2着、皐月賞6着」のブラックシェル以外は「重賞2着+重賞3着」。
次点?の「重賞勝ち」も重賞が「ニュージーランドT1着のみ」のカレンブラックヒルと「朝日杯FS1着、スプリングS12着」のアルフレード以外には「重賞勝ち+重賞3着」があった。

出走が多いなら『重賞連対+重賞3着以上』は欲しい。


10年では「OP勝ちで、阪神JF8着と桜花賞14着」のピンクカメオ、「アーリントンC1着と毎日杯8着」のウインクリュガー」、「小倉2歳S5着とニュージーランドT1着」のエイシンツルギザンがいる。ただ、3頭ともに『重賞2戦以下』と出走が少なく、それ以外は『重賞連対+重賞3着」。

しかもピンクカメオは関東馬で2戦が共に関西GⅠという部分もあり、OPで破った馬が後にフラワーC勝ちと「重賞勝ちの可能性」はあった。出走メンバー次第では出走が少ないなら「重賞勝ち」でもいい。


【距離】
全馬に共通するのは「1600m以上連対」。

ただ、1600mまでだったのは「1800m以上初」のカレンブラックヒル、1800m以上は「スプリングS12着のみ」のアルフレード、「スプリングS(阪神開催)4着のみ」のグランプリボス、「弥生賞4着ときさらぎ賞5着」のダイワバーバリアン、「ダート1700m勝ちで1800m以上初」のジョーカプチーノ。

5頭には「1800m以上連対」があり、当面のGⅠが1600mとなる(1800m以上が少ない)牝馬は別にして、少し長めである程度やれているタイプがいい。


10年では「1800m以上初」が4頭、「皐月賞6着のみ」、「萩S3着のみ」、「きさらぎ賞8着とスプリングS9着」、「皐月賞4着とスプリングS5着」、「毎日杯(2000m時)8着と萩S4着」が増える程度で、1、2戦程度はセーフ。

3頭は「1800m連対で1600m以下が初」と短縮で連対はいる。


【コース】
「東京連対」6頭、「初出走」3頭。

残りは「初芝のクロッカスS7着」のジョーカプチーノのみ。ちなみに「ダート未勝利とファルコンS」で左回りは勝っていた。

初出走馬も「左回り勝ち」か「左回り初出走」なので、数走ってダメなら危ない。

10年では「東京連対」2頭、「初出走」8頭が増えるので、ココ5年で「東京連対」が増えてきている。同じく「左回り初」か「左回り勝ち」なので、走ってダメなら危ないかも。


【脚質】
「逃げ」1頭、「先行」5頭、「差し」1頭、「追いこみ」3頭。

1000mの通過は59.9、57.6、56.3、57.2、59.2(稍重)で、前が速くなる事が多い。
その影響もあってかなり後ろからでも届いているが、3週目で速くても前が粘れるので、直線の長さを過信するのは…。

10年でもペースの割に2~5番手で粘っているので、その辺りは注意したい。


【前哨戦】
「ニュージーランドT(阪神開催含む)」4頭、「毎日杯」3頭、「スプリングS」2頭、「皐月賞」1頭。

着順は「ニュージーランドTは3着以内」、「毎日杯は連対」、「スプリングSは2着と12着」、「皐月賞は6着」となっている。

10年でも前述のピンクカメオの桜花賞14着以外は「1600mからは3着以内」で、それ以外はあまり変わらずといった所。


【その他】
1番人気は4勝。残りは大きく逃げた1頭が沈んで他がなだれ込んだ09年に差して9着のブレイクランアウト。

2番人気は1連対、3番人気が2連対(3着1回)と上位人気がある程度頑張っている。
残りは5番人気2連対と10番人気で09年以外は堅め。

上位人気で敗れた中でマウントシャスタ、アイアンルック、サクラタイリンは「キャリア3戦」。昨年、カレンブラックヒルが勝ったが「3戦3勝」が他馬とは違った。新設当初はそれでも良かったが、近年キャリアが少ない場合はあやうい。
他も実績的に過剰人気と思える馬も多かったので、その辺りの見極めにも注意したい。


10年全体で、1番人気は6連対、他の上位人気は5連対なので、半分くらいは上位人気。
ただ、二桁人気も3回、9番人気が2回など荒れる年もある。


「上がり3ハロン3番手以内」は5年で6連対。

直線は長いので後方からの馬が良いように思えるが、良い脚を使った馬が連対しているワケではない。
10年では13頭に増えるが、7頭は上がり4番手以下。

ただ、1000mの通過が59.9と遅かった12年と前述の09年、メンバー的にかなりの微妙だった03年以外は「上がり3番手以内」が勝利しており、展開やメンバー次第では「ある程度良い脚を使えるタイプを頭に」狙いたい。


東京開催だが、『(1600m以上の)阪神か中山の高いレベルで結果が出ているタイプ』と相性がいい。

中山1600mの朝日杯FS(アルフレード1着、グランプリボス1着、ダイワバーバリアン3着、ローレルゲレイロ2着、コスモサンビーム1着)とニュージーランドT(カレンブラックヒル1着、ダイワバーバリアン2着、ジョーカプチーノ3着、ロジック3着、エイシンツルギザン1着)、菜の花賞(OP時のピンクカメオ)
毎日杯(コティリオン2着、ダノシャンティ1着、ディープスカイ1着、キングカメハメハ1着)
阪神1600m重賞(11年はニュージーランドT代替開催グランプリボス3着、アーリントンCはローレルゲレイロ2着、ロジック2着、ウインクリューガー1着、桜花賞はラインクラフト1着、デアリングハート3着)

弥生賞(ブラックシェル2着)、スプリングS(レッドスパーダ2着)、ラジオNIKKEI杯(コティリオン3着、ダノンシャンティ3着)など。

どちからというと「京都のシンザン記念やきさらぎ賞」、「東京の共同通信杯」よりも「中山や阪神の1600m以上重賞」で好走しているタイプが合うようで…。



[PR]
by a_doctrinaire | 2013-04-30 01:27 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)

継承選手なしのキャットハンズで球速160キロ
部屋の整理をしていたら出てきたので、久しぶりに「パワルフプロ野球10」のサクセスのキャットハンズで遊んでみました。

キャットハンズは登場キャラクターが投手二人で、技術ポイントと変化球ポイントを増やしやすく、ピッチャーを作りやすいかと。後は筋力ポイントを継承選手を作れば問題なし。ただ、「運」の部分が非常に大きく、継承選手を作る事が難しかったです。

早い段階でクビになったり、能力が上がらずに終わってしまうと後が面倒。ですので、当時は「球速160キロ以上」だと難度が高いので、「スタミナ160以上」を作ってから、「球速160キロ以上」を目指すというカタチをとっていました。


しかし今回は、継承選手なしで「球速160キロ」というのをやってみる事に。


参考までに記録を載せてみます。ちょっとデータがテキトー(イベントで得たポイントなどをメモ忘れしたり)ですが、ご了承下さい。ちなみに1回目は2度の2軍落ちもあって、158キロで失敗しています。


細かいトコロでは、「2軍では基本2軍監督と一緒」に、「1軍では基本1軍監督のいないトコロ」で練習しています。親会社も途中で攻略サイト見たので、序盤はコケまくりです。後、ブランクもありましたが、あまりアクション系?は得意ではない(他もですが)ので、試合はなかなか大勝は出来ずに優勝できませんでした。





右投げ右打ち 球速126キロ コントール80 スタミナ44 変化球なし

2月
変化球(監督なし) 制球 変化球(コーチも) スタミナ46に

3月
休む 「能力 スローカーブ1取得」 球速(コーチも) コーチでやる気アップ 休む スタミナ47に

4月
守備(コーチも) 「能力 球速128に」 球速(コーチも) コーチイベントでやる気ダウン

【試合(ベンチ入り)12人被安打3自責点1 三振2?】

スタミナ(コーチも)49に 精神(コーチも)

5月

精神 「能力 球速130キロに」 守備(コーチも)

【試合スタメン 31人 被安打11 自責点2 三振3】

精神(コーチ 矢部も) 精神(コーチも)

1軍昇格

6月
スタミナ(コーチも)51に

「能力 球速131に」

守備(コーチ 矢部と)

【試合 出場なし】

精神(コーチ 矢部と) 守備(コーチ 矢部と)

7月

休む スタミナ52に スタミナ(コーチと)54に スタミナ56に 

8月

スタミナ(あおい コーチと)58に 「能力 球速133キロに」 休む

【試合 出場機会なし】

守備(コーチ)

身売りピンチ スケスケ 玩多堂

守備(コーチ) 

9月
守備(コーチ) 「能力 球速134に」 守備(コーチ)

【試合 出場機会なし】

スタミナ(コーチ)59に

10月

守備(コーチ) スタミナ(あおい)61に 変化球(コーチ) 合コンイベント カレンに合う 休む

11月

変化球(あおい)

アピール 頑多堂へ きまぐれ 泣き落とし…3 物でつる…4 おだてる…別に 残念

アピール スケスケ ゆさぶる…なるほど 普通の性格 物でつる…セコイ男だ 強気…そうは思わん 残念

ポンコツ工業 やる気ダウン

制球(あおい)


12月
「能力 スローカーブ2に」

球速 休む 球速 球速

2年目1月
球速 精神 球速 休む

2年目2月
変化球(みずき) 変化球(みずき コーチ) デート(バッティングセンター) 精神(コーチ 矢部)

身売りピンチ ミゾットとワンマン物産

2年目3月

制球(みずき コーチ)

「能力 球速139 コントロール100 スローカーブ3に」

アピール ワンマン物産 おだてる…そうだろう いやらしい性格… 泣き落とし 押す 残念

【試合 25人被安打7自責点3三振3?3塁打あり】

休み

守備(みずき 矢部 コーチ 監督)矢部イベント 制球(みずき コーチ)


2年目4月
変化球(あおい みずき)あおいイベント1

【試合スタメン 18人被安打6自責点2三振2?】

アピール ミゾット ゆさぶる…わかった 真面目 おだてる…ふむ、ありがたく 泣き落としでさらに…分かった 成功

休む

2年目5月
変化球(コーチ) 「能力 コントロール110に」 変化球(あおい)あおいイベント2

【試合スタメン 23人被安打7自責点2三振3?】

球速(みずき コーチ)みずきイベント1

2年目6月
休む 球速(あおい) 「能力 球速141 シンカー1に」

球速(あおい みずき)みずきイベント2

【試合 24人被安打11自責点3】

球速(コーチ)

チームリーダーに

精神(あおい コーチ)

2年目7月
球速(コーチ) 休む 球速(あおい)

身売りピンチ ラヴとパワリン

制球(みずき タッグ) 

2年目8月
精神(みずき 矢部 コーチ)矢部イベント2…

「能力 球速143 コントロール120 スタミナ80」

制球(みずき タッグ)

【試合チームリーダー 勝ち 左打者苦手 39人被安打11自責点4三振3?】

休む 球速

2年目9月

球速(みずき 監督)評価下がる…

「能力 球速145キロに」

変化球(あおい コーチ)

【試合チームリーダー 負け 35人被安打7自責点2三振5】

休む 制球(みずき 監督)ドロボウやる気ダウン

2年目10月
「能力 コントロール135に」

アピール パワリンドリンク 泣き落とし…5 成功

球速(コーチ) 焼き鳥でやる気ダウン

デート けがしにくい取得

遊ぶ 矢部CD

2年目11月
球速(コーチ)

「能力 シンカー2に」

球速 精神(みずき)みずきとあおいタッグイベント 制球(みずきタッグ 監督)

2年目12月
デート バッティングセンター デート バッティングセンター 休む クリスマスやる気ダウン

遊ぶ やる気アップ

3年目1月
正月 出かけない 投球安定度取得

遊ぶ やる気アップ

球速 球速 デート やる気アップ

3年目2月
球速 精神(みずきタッグ コーチ) 球速(みずき)

身売りピンチ イケテールとデフレーションなにわ

球速

3年目3月

「能力 球速150キロに」

アピール デフレーション 物でつる…大好きなんだよ 泣き虫な性格 ゆさぶる…迷うなぁ 実力勝負変化球5 成功 割引券ゲット!

球速(コーチ)

【試合チームリーダー 引き分け 32人被安打5自責点0三振6】

休み

2軍…の試合でも見れば?コワイコワイ

球速(みずき 監督)監督評価アップ

3年目4月

制球(みずきタッグ コーチ)

「能力 球速152に」

精神(みずきタッグ)

【試合チームリーダー ランナーなしからのエラーで点入れられた… 38人被安打11自責点2三振6】

球速 制球(みずきタッグ)

3年目5月
球速(あおい) マラソン さぼりグセ取得…

「能力 球速153キロ」

デート 工事中やる気ダウン ボンバーズユニフォームやる気アップ

【試合チームリーダー 32人被安打7自責点2三振5】

精神(みずき 矢部) 矢部タッグイベント

さぼる… メンタルコーチのくすり サボリぐせ治る

3年目6月

スタミナ(あおい)82に 「能力 球速154に」 球速

【試合 ヒット1本のみの7回から、9回にヒット2本打たれたが、ツーアウトツーストライクまで持っていったものの、失投をホームランされて4-3に…。勝利するも順位を大きく上げるチャンスも逃す… 左打者苦手も取れそうだったのに…31人被安打4自責点3三振12】

球速(みずき コーチ) 休む

3年目7月

球速(コーチ) 「能力 球速156に」 球速(コーチ)

オールスター出場ならず

球速(みずき コーチ) 球速

3年目8月

休む 「能力 球速157 スローカーブ4に 左打者苦手消去」

制球(みずきタッグ)

【試合チームリーダー 勝利するも左打者苦手取得… 34人被安打7自責点1三振8 3位】

球速(みずき コーチ) 球速(コーチ)

3年目9月

休む 「能力 球速159キロに」 球速(コーチ)

【試合チームリーダー 勝利 32人被安打5自責点0三振10】

終了~

残りポイントを振り分けて…

能力 球速160 コントロール144 スタミナ92 スローカーブ4 シンカー3 
技能 「ケガしにくさ」 「投手安定感」 「左打者苦手」



[PR]
by a_doctrinaire | 2013-04-29 01:33 | ゲーム | Trackback | Comments(0)

天皇賞(春)の結果 2013
ダントツ1番人気が怪しかった天皇賞(春)は…


2番人気フェノーメノもいいスタートから先行争いを見つつ下げてまずは4番手。他に行かせて7、8番手の中で1周目のスタンド前へ。1000mを過ぎて少しずつ進出して、800m過ぎでは3番手の外へ。ただ、押して押してという感じでは無く、持ったままでという印象。600mを過ぎて鞍上の手が動き、直線では先頭に立ちムチが入ると、蛯名騎手が青葉賞と同じような激しいアクションでリードを保ってそのまま勝利。


3番人気のトーセンラーは好スタートから少し下げていき、12番手の内へ。スタンド前では9、10番手。向う正面では少し外を通れる位置に移動。800mでは6番手まで上げ、フェノーメノの横につけて直線へ。ムチが入って前を伺うが、内へ行った前との差を詰められず2着。


6番人気はレッドカドーは1周目には11番手。800mを過ぎて上がって行き、600mを切ると6番手辺り。直線で中をついて前を追い残り200mで3番手に上がってそのまま3着。


4着はアドマイヤラクティ。5着はいつも通りスタートから次の脚がつかず後方からの競馬で、途中で動いた影響か思ったほどの脚が使えず、直線行く場所も失った1番人気ゴールドシップ。





予想は5着、9着、10着、16着。


敗因は「やる気」がなかった事(笑)。いつもなら入れる2頭を外して、余所に走ったのだから的中しなくても当たり前です。海外馬はデータが無く、チェックせずでした。


かなり危なそうなゴールドシップの本命も覚悟の上だったので、あの内容でも特に残念感もなしです。ただ、前のペースが思ったより速くなったのは意外でした。ムスカテールは、クビふりながらそれについて行った時点でナシ。デスペラードはまさかの最後方で、コレもスタートから少しで諦めました。フォゲッタブルは母の追悼も兼ねてですから…ハナからネ。





上位3頭までが、ほぼ同じような位置取りだったので、このペースでは、あの辺りにいる必要があったかと。さすが天皇賞(春)で強い蛯名騎手と武豊騎手でした。折り合いもそうですが、実にお見事でした。母の父デインヒルも少し心配しましたが、杞憂に終わりました。





来週は、やる気アップさせます。



[PR]
by a_doctrinaire | 2013-04-29 00:36 | 競馬(GⅠ) | Trackback | Comments(0)

天皇賞(春)の予想 2013
あまりテンションが上がらないので、その辺りでいつもと違う感じになっています。


 天皇賞(春) 予想 2013


GⅠ3勝のゴールドシップ。4歳世代で上位なのは間違いない。ただ、有馬記念は出走メンバーがかなり手薄で、しかも出遅れたルーラーシップにあそこまで詰め寄られたのは残念。ムチャな競馬をしたのは分かるが、思っていたほど抜けてはいなかったようで。序盤に行きたがらないのは好ましくないので、ちょっとコワイ。天皇賞(春)なので、メジロマックイーンの血に期待。


父マヤノトップガンに母の父サンデーサイレンスの血統的な魅力からムスカテール。長めのGⅡで上位なので、ある程度やれると考える。他がけん制し合ってくれれば、血統が主張してもおかしくない。乗り替わりが良いとは思えないが、折り合いがつくなら…。


阪神大賞典2着のデスペラード。ダート中心から芝へ移っても結果が出ている。長い距離を3戦走って上位と悪くない。父ネオユニヴァースは微妙だが、母の父トニービンや母の母の父ブライアンズタイムなど母系はいい。


応援馬フォゲッタブル。かなり厳しいとは思いますが、入れます!エアグルーヴの訃報の後という事もありますが、一応データはかなり微妙ながらクリアしていますし…。


フェノーメノは蛯名騎手との相性で…。トーセンラーは折り合い次第。カポーティースターは血統が。アドマイヤラクティとジャガーメイルは前哨戦が少し心配。



[PR]
by a_doctrinaire | 2013-04-28 02:04 | 競馬(GⅠ) | Trackback | Comments(0)

天皇賞(春)の予想候補 2013
1頭抜けた人気になりそうですが、記事「天皇賞(春)の傾向 2013」を元にして、天皇賞(春)の予想候補を絞ってみます。


実績「GⅡ連対+重賞2連対」、距離「3000m以上連対か、2500m以上連対で3000m以上1戦以内」、コース「京都連対か初出走」、前哨戦「GⅡ3着以内」を条件にすると…


ゴールドシップ
フェノーメノ
フォゲッタブル


がクリア。


3000m以上初で、GⅡ2連対でGⅡ3着の

ムスカテール


2200m連対だが、菊花賞3着のある

トーセンラー


3000m初でGⅡ2連対の

カポーティスター


前哨戦が気になるが

アドマイヤラクティ
ジャガーメイル


実績が少し不足しているが

デスペラード


辺りも何かあれば…。



[PR]
by a_doctrinaire | 2013-04-28 01:37 | 競馬(GⅠ) | Trackback | Comments(0)

青葉賞の結果 2013
スローペースになった青葉賞は


7番人気のヒラボクディープが前2頭を見ながら3、4番手の内。4番手の内で落ち着き、前3頭から離れた所を追走するカタチ。4コーナーで上がっていって3頭の外へ。直線を向いても400mを切って後ろが来るかを確認してからの追い出し。前を1頭ずつ捕え、残り200mで後1頭になるとムチの連打と手綱捌きでゴール前に交わして勝利。


スタートから押して逃げる9番人気のアポロソニック。1000mを1.5馬身ほどのリードで61.9のペースに落として通過。残り600mでは並ばれそうになるが、直線を向いた時には少しリードを広げる。残り200mでも先頭で、そのまま粘り込みそうだったが、最後に交わされ2着。


2番人気のラストインパクトは7番の中。向う正面では5、6番手に上がる。直線でもまだ内だったが、そこから外へ。前を追いかけて、少しずつ差を詰めるも届かず3着。


4着はサトノノブレス。5着アウォーディー。1番人気レッドレイヴンは11着、3番人気のダービーフィズは12着に敗れた。





予想は3着、4着、11着、12着。


敗因は実績を高めに見積もった事。OP以上が「初芝で京成杯7着のみ」のアポロソニックを切って予想候補にも追加せず。ダートからの転戦を見逃していました…。


ペースが遅かったのは誤算。1番人気のレッドレイヴンは折り合いを欠く仕草が見られ、休み明けの影響などもあって苦しんだようで。ダービーフィズもあの位置取りでは…。61秒台だと前が残るという傾向通りでした。


さらに傾向通りに「関東騎手」のワンツー。特に10年で3連対の「蛯名騎手」の勝利は見事でした。ただ、相性問題が相変らず出てしまう…残念。





最近、人気馬で右往左往している気がします。



[PR]
by a_doctrinaire | 2013-04-28 00:33 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

青葉賞の予想 2013
良血が意外と多かったというのに今頃気が付く始末…。


 青葉賞 予想 2013


すみれS2着のラストインパクト。きさらぎ賞で0.1秒差だったクラウンレガーロが若葉S2着。単純計算でサトノノブレスより少し上。敗れた3戦は前を捕えらなかったので、仕掛けるタイミングがよく、輸送をクリアできればある程度やれてもいいかと。伯父にナリタブライアンやビワハヤヒデ。


休み明けのレッドレイブン。東京スポーツ杯2着は位置取りを考えると悪くない。仕上がり次第になるとは思うが、良い脚が使えるなら面白い。伯父にグラスワンダー。


弥生賞7着のダービーフィズ。東スポ杯2歳S10着でレッドレイヴンに0.5秒差だが、乗り替わりに大いに期待する。伯父にマンハッタンカフェ。


若葉S3着のサトノノブレス。東京スポーツ杯2歳Sは6着でレッドレイヴンに0.3秒差。使われてきた事を考えると十分チャンスはあるかと。ただ、2000mで3着だったので、少し気になる…。


力が足りるならアドマイヤスピカ、ヒラボクディープ、カフェリュウジン。気になったトウシンモンステラやツクバローレルはデータ外なのでパス。



[PR]
by a_doctrinaire | 2013-04-27 01:47 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

青葉賞の予想候補 2013
記事「青葉賞の傾向 2013」を元にして、青葉賞の予想候補を選んでみます。



実績「OPかGⅢ3着以内、GⅡ7着以内」、距離「1800m以上勝利」、コース「東京連対か初出走、或いは1戦のみ」を条件にすると…


サトノノブレス
ダービーフィズ
ラストインパクト
レッドレイヴン


がクリア。


OP以上に出走のない

アドマイヤスピカ
カフェリュウジン
ヒラボクディープ

は残してもいいかと。



[PR]
by a_doctrinaire | 2013-04-27 00:21 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

天皇賞(春)の出走馬 2013
ちょっとメンバー的には寂しいですが、レース内容がよければヨシとします。


 天皇賞(春)の出走馬 2013


アドマイヤラクティ 牡5 58 岩田康誠:

13ダイヤモンドS1着
1800~3400m連対
京都は3連対

重賞は3戦12金鯱賞3着、13AJC杯3着。


カポーティスター 牡4 58 高倉凌:

13日経新春杯1着 13日経賞2着
1800~2500m連対
京都はGⅡ勝ちなど3連対


コパノジングー 牡8 58 国分恭介

10目黒記念1着
1800~2500m連対
京都は5連対

13大阪杯14着から。


ゴールドシップ 牡4 58 内田博幸・

12菊花賞1着 12有馬記念1着 12皐月賞1着 12神戸新聞杯1着など
1800~3000m連対
京都はGⅠ勝ち

13阪神大賞典1着から。


サトノシュレン 牡5 58 幸英明

13湾岸S(1600万)1着
2000~2500m連対
京都は1000万2着

重賞は11京都新聞杯8着のみ。


ジャガーメイル 牡9 58 戸崎圭太:

10天皇賞(春)1着 10京都記念2着 12香港ヴァーズ2着 09アルゼンチン共和国杯2着など
2000~3400m連対
京都はGⅠ勝ちなど2連対

13ダイヤモンドS2着から。


デスペラード 牡5 58 浜中俊:

13阪神大賞典2着
1800~3000m連対
京都は芝は2勝

芝重賞は3戦で11毎日杯14着と12ステイヤーズS3着。


トーセンラー 牡5 58 武豊:


13京都記念1着 11きさらぎ賞1着 11セントライト記念2着 12小倉記念2着など
1800~2200m連対
京都はGⅡ勝ちやGⅢ勝ちなど3勝

11菊花賞3着など。


トウカイトリック 牡11 58 北村宏司:


12ステイヤーズS1着 10阪神大賞典1着 07ダイヤモンドS1着 06阪神大賞典2着など
1800~3600m連対
京都は4連対

13阪神大賞典5着から。


トウカイパラダイス 牡6 58 柴山雄一

12目黒記念2着
1800~2500m連対
京都は4連対

13大阪杯4着から。


フェノーメノ 牡4 58 蛯名正義・

12青葉賞1着 12東京優駿2着 12セントライト記念1着 12天皇賞(秋)2着など
2000~2500m連対
京都は初出走

13日経賞1着から。


フォゲッタブル 牡7 58 和田竜二:

09ステイヤーズS1着 10ダイヤモンドS1着 09菊花賞2着
2000~3600m連対
京都はGⅠ2着など2連対

13阪神大賞典3着から。


マイネルキッツ 牡10 58 C.デムーロ:

09天皇賞(春)1着 10天皇賞(春)2着 11ステイヤーズS1着 10日経賞1着など
1800~3600m連対
京都はGⅠ2連対

13日経賞5着から。


ムスカテール 牡5 58 福永祐一:

13日経新春杯2着 12アルゼンチン共和国杯2着
1800~2500m連対
京都はGⅡ2着

11セントライト記念9着、12新潟記念5着、13日経賞3着など。


メイショウカンパク 牡6 58 藤田伸二

12京都大賞典1着 11福島記念2着
1400~2400m連対
京都はGⅡ勝ちなど3連対

13日経賞8着から。


ユニバーサルバンク 牡5 58 川田将雅

11京都新聞杯2着 11共同通信杯2着
1800~2400m連対
京都はGⅡ2着など5連対

13大阪ハンブルグC11着から。


レッドカドー せん7 58 G.モッセ

海外馬 13ドバイワールドC2着 12香港ヴァーズ1着など


レッドデイヴィス せん5 58 北村友一

11シンザン記念1着 11毎日杯1着 11鳴尾記念1着
1600~2400m連対
京都はGⅢ勝ちなど3連対

13大阪ハンブルグC1着から。



[PR]
by a_doctrinaire | 2013-04-26 12:09 | 競馬(GⅠ) | Trackback | Comments(0)


競馬重賞の傾向とMHP3rd、太閤立志伝4やレトロゲーム
検索
最新の記事
アイビスSDの予想 2017
at 2017-07-29 00:11
クイーンSの予想候補 2017
at 2017-07-28 00:11
アイビスSDの予想候補 2017
at 2017-07-27 18:53
アイビスSDの傾向 2017
at 2017-07-26 00:29
クイーンSの傾向 2017
at 2017-07-25 00:08
大きさにも加減ってモンが必要..
at 2017-07-24 12:32
中京記念の結果 2017
at 2017-07-24 00:21
函館2歳Sの結果 2017
at 2017-07-24 00:01
中京記念の予想 2017
at 2017-07-23 08:29
函館2歳Sの予想 2017
at 2017-07-23 01:39
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク