<   2013年 07月 ( 41 )   > この月の画像一覧

小倉記念の傾向 2013
小倉2000mで行われるハンデGⅢ「小倉記念」。


 小倉記念の傾向 (過去5年の連対馬データを中心に) 2013


<実績>
最低連対ラインは「1600万勝ち」。

該当するのは「重賞4戦して中日新聞杯4着、中山金杯5着、小倉大賞典10着、七夕賞8着」のエクスペディション、「重賞5戦して弥生賞4着、青葉賞8着、ダイヤモンドS3着、阪神大賞典9着、小倉大賞典8着」のキタサンアミーゴ、「重賞6戦して京都大賞典4着、アルゼンチン共和国4着、5着、中日新聞杯9着、京都記念7着、目黒記念13着」のダンスアジョイ、「重賞初出走」のダンシングロウ。

次点は「OP勝ち」で、「重賞10戦して08富士S3着、10七夕賞3着など」のバトルバニヤン、「重賞7戦して09七夕賞3着、07中日新聞杯4着など」のホッコーパドゥシャ。

「重賞連対」が4頭。


「重賞初出走」のダンシングロウを除くと『重賞4着以上』があった。


5年延ばすと「1000万勝ち、1600万不出走、OP3戦3着など、重賞はきさらぎ賞12と京都新聞杯10着」のワンモアチャッター、「1600万勝ち、重賞6戦して06小倉記念3着、07金鯱賞5着、07七夕賞5着など」のニホンピロキース、「1000万勝ち、1600万とOP不出走、重賞は中日新聞杯7着のみ」のサンライズシャークがおり、それ以外は「重賞連対」。
メンバー次第では「1000万勝ち」がラインになる。


<距離>
全馬に共通するのは「2000m以上連対」。

「2200m連対で菊花賞3着など」のあったトーセンラー以外は「2000m以上勝利」があった。

平坦なコースなので、可能性はあると思うが、結果が出ている方がいい。


5年延ばすと「2000m2着、2400m3着など」の04年時のメイショウカイドウ以外は「2000m以上勝利」。ある程度余地はあるが、少し長めでやれていない限りは「2000m以上勝利」が欲しい。


<コース>
小倉連対」5頭、「初出走」5頭。

小回りで直線が短いので、コーナーが苦手なタイプは危ない…。

初出走では「菊花賞5着のみ」のドリームジャーニー以外は「京都連対」があり、直線が平坦で軽めの芝でやれているタイプがいいのかも。


5年延ばすと「GⅢ5着のみ」のヴィータローザ以外は「小倉連対」か「初出走」。1戦程度なら問題無さそう。


<脚質>
「先行、マクリ差し」5頭、「差し」5頭。

1000mの通過は59.0、57.1、58.6、59.2、59.3で開幕週の11年は速かった。

直線が短い事もあって、4コーナーではある程度の位置まで上げてきているケースが多い。


5年延ばすと「逃げ」もいるので、可能性はある。第3回2日目の頃は差しが多かった。


<その他>
ハンデは55~57キロで平均55.9キロ。中央値は56キロ。

10年では53~58.5キロで平均55.63キロ。中央値は55.5キロ。
牝馬が3頭いるので、もう少し重めと考えていた方がいいかと。

平坦コースという事もあって、重めでもやれている。ココ5年は軽い馬が少ないが、以前は来ていた。



1番人気は3連対、2番人気1連対、3番人気1連対。

残りは4番人気2連対、9番人気、15番人気、16番人気。
ココ5年は、出走頭数が多くなった年が荒れており、その辺りで狙い目を変えるのもありか…。

10年でも「4割程度が1、2番人気」で、ある程度上位人気は入れておきたい。


「トップハンデ」は10年で「4勝、2着1回、3着2回(10年は58キロが除外で57キロが繰り上がり2着3着)」。

56.5~59.5キロで56.5~58.5キロは勝っているが、59.5キロは2回出走で11着と6着と厳しい。



「上がり3ハロン3番手以内」は10年間で9割が該当。

後方からの2頭が絡んだ09年だけが該当していないのが興味深い。逃げや先行などでも良い脚が使えている場合が多く、上がりが速く出せる馬を狙いたい。




[PR]
by a_doctrinaire | 2013-07-31 02:06 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)

レパードSの傾向 2013
新潟ダート1800mで行われる3歳GⅢ「レパードステークス」。


新設されて今年で5回目だが、初めの2年間の「グレードレース」を経て、11年に「GⅢ」に昇格。以前は3回(11年は4回)の4日目だったが、昨年は2回の8日目、今年は2回の4日目に行われる。


古代ローマでは『豹』の息には芳香があり、動物はコレに魅了されて刈られてしまうと信じられていた。しかし、ユニコーンだけがこの香りに対抗できたらしい。以前からあった3歳ダート重賞「ユニコーンS」に対して「レパード(豹)S」となったようで。


 レパードSの傾向 (過去4年の連対馬データを中心に) 2013


<実績>
最低連対ラインは「1000万2着」。

コレに該当するのは「連対率100%で、1000万1戦のみ」のグリッターウイングのみ。それ以外は「1000万勝ち以上」があった。

中央ではダート重賞は「ユニコーンS1戦だけ」なので、この程度で問題ないかと。ただ、「OP以上に出走があった場合は4着以内」なので、その辺りはクリアしている方がいいかと。


3着は「1000万出走無し」、「OP2着、1000万2着2回、3着1回」、「1000万勝ち」2頭なので、少し足りていなくても可能性はある。


<距離>
全馬に共通するのは『1800m勝利

平坦だが、直線が長いコースの1800mという事もあって、結果が出ている方がいい。レース数が少ない事もあり、2000m以上で連があったのは2頭なので、あまり気にする必要はないかと。

3着馬も「1800m勝利」なので、コレは必須か。


<コース>
「新潟連対」3頭、「初出走」5頭。

初出走馬は「左回りが初」を除いて、「東京GⅢ3着」や「東京勝ち」、「中京勝ち」があり、左回りである程度結果が出ている。

3着馬は「500万9着のみ」のタナトスと「1000万3着のみ(左回り4連対)」のスタッドジェルランがいるので、連対馬と比べると条件は軽くてもいい。


<脚質>
「先行」5頭、「差し」3頭。

1000mの通過は61.4、62.2(稍重)、60.5、59.7。先行が粘れるが、直線が長くペースの割には後ろからも届く。


3着は「先行」3頭、「差し」1頭。全体でみると前が多い。


<その他>
1番人気は2連対(3着2回)、2番人気3連対、3番人気2連対。

残りは6番人気。
4年で1番人気は3着までには来ており、強い。

ただ、3着は7番人気と12番人気が絡んでおり、荒れる可能性はその辺りにありそう。


連対馬は「上がり3ハロン3番手以内」と良い脚が使えている。
昨年以外は「上がり最速」が勝っており、そこが狙えると的中は近づく。



昨年途切れたが、連対8頭中7頭は「新馬か未勝利勝ち」の後「500万」を連勝していた。

3着まで入れた12頭中でも9頭が該当しており、500万はあっさりクリアする馬が多い。ただ、出走メンバー次第では該当する馬が少なかったりするので、気を付けたい。




[PR]
by a_doctrinaire | 2013-07-30 00:55 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)

アイビスSDの結果 2013
開幕の新潟1000mのアイビスSDは…


1番人気のハクサンムーンは押して押して徐々に外へ向かいながら先行。持ったままで並びかけると、残り200mで仕掛けるとそのまま押し切って勝利。


3番人気フォーエバーマークは4番から外へ向かって1頭抜けて逃げる。早めに仕掛けるも、交わされて2着。


6番人気のリトルゲルダが6番手辺りに押し上げての追走。前2頭の後ろにいたが、勝負所で離されて3着。


4着はレオパステル。5着はデュアルスウォード。2番人気は10着だった。





予想は1着、7着、10着、18着。


敗因は後ろからの馬を重視しすぎた事。予想候補に残した馬である程度前から行く馬を狙えば問題なしでした。


今年も牡馬が勝利。「傾向が変わってくる?」と考えたのは良かったが、展開を軽視したのは失策。馬場の良さからもう少し内ラチも使うのか?と考えましたが、全体的に外へ行っており、その辺りも失敗。出遅れた馬もいましたが、脚質を考えていれば問題無かったので、始まる前にダメでした。





夏は序盤ですが、春の途中から全滅続き…目も当てられません。



[PR]
by a_doctrinaire | 2013-07-29 02:31 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

クイーンSの結果 2013
函館で行われたクイーンSは…


1番人気アイムユアーズが2番手の競馬。400mを切って先頭に立ち、直線を向いて馬場の中ほどを通って最後は詰め寄られるも押し切って優勝。


8頭立ての最低人気スピードリッパーは下げて最後方。4コーナーでは大外を周って追い出し、ムチを叩いて差を詰めるが2着。


3番人気オールザットジャズ内で控えて3番手。4コーナーで少し道が無くなって外に出して追うも3着まで。


4着は2番人気マルセリーナ。5着はキャトルフィーユ。





予想は3着、4着、5着、6着。


敗因は近走を気にした事。連対馬は共に「函館連対」があり、それもいい方に影響したのではないかと。


後方からは厳しいと思っていたが、あっさり追い込まれて外しているので、選択ミス。





8頭立てを当てられないとなると、16頭や18頭が当たるワケがありません(苦笑)。しっかり考え直さないと…。



[PR]
by a_doctrinaire | 2013-07-29 01:17 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

アイビスSDの予想 2013
展開を読むのが難しいレースなので、チャンスの多い馬が多いのかも…。


 アイビスSD 予想 2013


函館SS5着からのスギノエンデバー。枠はちょっと難だが、後ろから行くタイプなので、前に馬を置ける展開になりやすいと考える。脚が上手く使えれば或いは…。


昨年の勝ち馬パドトロワ。59キロは楽ではないが、馬格もあるし、前走で復調しているならココであっさりがあってもいい。実績でやれるなら…。


1600万勝ちのビラゴーティアラ。レース間隔が開いたのは気になるが、新潟1000mで3勝している。最内でラチがある程度頼りやすいのもいい。力が足りるかは分からないが、やれてもいい。


逃げ馬ハクサンムーン。前に馬がいなくてもレースに問題がないのはいい。前走はハンデを背負った割には頑張れた。高松宮記念の結果も信じて問題なさそう。


枠を考えるとレオパステルやリトルゲルダ。前走を信じればフォーエバーマーク。ココでも問題ないならプリンセスメモリー。



[PR]
by a_doctrinaire | 2013-07-28 02:31 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

クイーンSの予想 2013
頭数が少ないので、買い目に気を付けるのが良さそう…。


 クイーンS 予想 2013


前走マーメイドS勝ちのマルセリーナ。コースの問題もあって、切れる脚がどれくらい使えるかと斤量がポイントになりそうですが、復調したならあっさりがあってもいい。


重賞2勝のオールザットジャズ。昨年は5着だったが、今年は勝ち馬との斤量の差が無くなっている。GⅠでは足りていないが、GⅢでは勝ち負けできると考える。


忘れな草賞勝ちのキャトルフィーユ。ローズSでは2着ヴィルシーナに0.2秒差、秋華賞ではアイムユアーズに0.1秒差と重賞常連馬と大きな差はない。叩き3走目で上積みがあるなら、逆転してもおかしくない。


優駿牝馬13着からのセレブリティモデル。前走だけで判断はしない方がいいかも。斤量差を活かす事が出来れば可能性はあるはず。


迷ったアイムユアーズは復調していれば。



[PR]
by a_doctrinaire | 2013-07-28 00:28 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

アイビスSDの予想候補 2013
記事「アイビスSDの傾向 2013」を元にして、アイビスSDの予想候補を選んでみます。


実績「重賞連対、或いは1000万勝ち以上でOP以上1戦」、距離「1200m以上勝利」、新潟1000m「連対か初出走」、近走「3戦以内に芝で1600万3着以内、OPやGⅢは5着以内、GⅠ7着以内」を条件にすると…


スギノエンデバー
ハクサンムーン
パドトロワ
ビラゴーティアラ
プリンセスメモリー
リトルゲルダ
レオパステル


がクリア。



重賞3着のある

フォーエバーマーク


もセーフかと。



[PR]
by a_doctrinaire | 2013-07-27 01:16 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

クイーンSの予想候補 2013
記事「クイーンSの傾向 2013」を参考にして、クイーンSの予想候補を選んでみます。


実績「重賞連対、或いは1000万勝ち以上でOP以上1戦程度」、距離「1800m以上連対」、コース「函館連対か初出走」、近走「3戦以内に1600万とOPは連対、GⅢ以上4着以内」を条件にすると…


オールザットジャズ
マルセリーナ


がクリア。


叩き3走目の

アイムユアーズ


重賞はローズS4着の

キャトルフィーユ


重賞1戦の

セレブリティモデル


はセーフかと。



[PR]
by a_doctrinaire | 2013-07-27 00:30 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

2だけでなく無印へ
「太閤立志伝Ⅳ(4)」や「信長の野望・嵐世記」、「パワフルプロ野球」、「無双シリーズ」など、未だに活躍中の我が家のプレイステーション2。


しかし、最近はさらに古いプレイステーション(1)のソフトも遊びだしています。


特に「チンギスハーン・蒼き狼と白き牝鹿IV」と「水滸伝 天導一〇八星」をプレイ中。


当時はプレイしなかった勢力などをやってみたりも出来るので、まだまだ楽しめます。


攻略のポイントなどは忘れていたりするのですが、思い出した時は小躍りします(笑)。





そういえば、新しいハードの話題で、中古ソフトの使用がどうこうという問題があったりしますが、「以前のソフトを現在のハードで遊べるようにしてほしい」というのはあります。


光栄のソフトなどは、パソコン版もOSの問題や拡張の問題などで対応できていない部分もあって複雑。結果PS版などでしか遊べない事も多い。


会社の合併や倒産や権利?などもあって、色々な部分が難しいとは思いますが、何とかならないモノでしょうか…。


プラモデルなどは、金型の影響もあるでしょうが、昔のモノ(材料の違いはあるでしょうが)が今でも生産されています。さすがに手を全く加えていないワケではないと思うので、お金は少しはかけているかと。


ゲームソフトもそういう風にはならないかなぁ…。


大人になった分、モノがしっかりしているなら、当時と同じくらいの値段でも買いますけどネ。





話が逸れましたが、ファミコンやPS2、PSPに加え、PSなど未だに昔のソフトを堪能中。


「太閤立志伝Ⅳ(4)」やファミコン版「ロイヤルブラッド」など、「調べモノプレイ」に疲れると、すぐに他に逃げたくなります。


そして行き着いたプレイステーションソフトで、また調べるモノが増えてしまうという始末。


いったい1人で何やってんだか…。



[PR]
by a_doctrinaire | 2013-07-25 00:47 | ゲーム | Trackback | Comments(0)

アイビスSDの傾向 2013
新潟1000mで行われるGⅢ「アイビスサマーダッシュ」。


2005年以前は8月の後半に行われていた。12年は2週目だったが、今年は開幕週の二日目に戻る。


 アイビスSDの傾向 (過去5年の連対馬データを中心に) 2013


<実績>
最低連対ラインは「1000万勝ち」。
該当するのは「1600万4戦3着2回、OP以上不出走」のケイティラブのみ。

次点は「OP2着」で、「OP4戦2着1回、重賞は前年のCBC賞18着のみ」のエーブダッチマン。次々点「OP勝ち」は「重賞初出走」のエーシンヴァーゴウ、ジェイケイセラヴィ。

「重賞連対」は6頭。


5年延ばすと「1000万2着、OP4着、1600万と重賞不出走」」のマリンフェスタ、「1000万勝ち、1600万とOP不出走、重賞は阪神JF13着のみ」のサチノスイーティーがいる。2頭とも3歳だが、1000万連対でも上のクラスであまり走っていないならセーフのようで。


<距離>
全馬に共通するのは「1000m以上勝利」。

1000mに出走があったのは5頭なので、特に1000mまでにこだわる必要はない。
「1200m勝利」で対応できている。

以前と比べると1000mが初めてでも対応できている。


<コース>
「新潟連対」4頭、「初出走(芝のみを含む)」4頭。
残りは「1600万4着のみ(ダート連あり)」と「アイビスSD3着のみ」。


通常のココと比べると、「左回りではなく直線」というのでコースで縛るのは危うい。

『新潟1000m』だと…

「連対」3頭、「初出走」6頭、「GⅢ3着のみ」1頭。

5年延ばすと「新潟1000mの1600万6着のみ」がいるので、1戦程度は問題無さそう。


<脚質>
※直線だけという事もあり、前に馬がいない状態が多かったり、カメラワークの影響で番手が分からなかったりするので、パスする。

ちなみに、600mの通過は32.1、32.3、31.8、33.1(重)、32.1と速い時計が多い。


<その他>
1番人気は1連対、2番人気も1連対、3番人気が2連対。

残りは5番人気が2連対、6番人気、7番人気、8番人気、10番人気。
直線で馬を置いての折り合いなどが難しい事もあってか、人気上位馬がそれほど強くない。



「直線のみ」というコースの特性上、『ラチを利用して真っ直ぐ走る』というのが多い。

3着までの15頭中、「1~5番」5頭、「12~18番」が9頭。残り1頭が9番。
スタートしてからの位置取りもあるが、ラチに近い方がよりレースをしやすい。



8月開催時は強かった牝馬。7月開催に変わってからの7回でも「牡(セ):牝」は五分五分。
3着を入れると牝馬が1頭だけ多くなるのが以前ほどではない。

昨年も久しぶりに牡馬が勝っており、ちょっと傾向が変わってくる?



「上がり3ハロン3番手以内」は6頭止まり。
以前はもう少し上がりが必要だったが、最近は少し薄れてきた感がある。

ただ、あまり上がりが速くなかった馬がこのレースに限っては最速を出す事もあるので、その辺りでも難しい。



[PR]
by a_doctrinaire | 2013-07-24 00:52 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)


競馬重賞の傾向とMHP3rd、太閤立志伝4やレトロゲーム
検索
最新の記事
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク