<   2013年 10月 ( 57 )   > この月の画像一覧

みやこSの傾向 2013
京都ダート1800mで行われるGⅢ「みやこステークス」。


トパーズSからの昇格で今年で4回目。重賞という事で過去3回の3着馬をチェックしてみます。少し開催時期や条件が違うので、トパーズS分を今年は外そうかと…。


 みやこSの傾向 (過去3年の3着以内9頭のデータから) 2013


<実績>
最低連対ラインは「1600万勝ち」。

ただ、連対馬では「OP以上初出走」のトウショウフリークのみ。3着も「OP出走なし、重賞がシリウスS4着のみ」のサクラロミオだけなので、上のクラスで手こずっていると危うい。

7頭には「重賞連対」があり、「中央重賞初、白山大賞典2着のみ」の11年3着時のニホンピロアワーズ以外には「中央重賞連対」があった。



<距離>
9頭全馬に『1800m勝利』があった。

内5頭は「1900m以上連対」があるが、直線は平坦なので、特に気にする必要は無さそう。



<コース>
「京都勝利」8頭。

残り1頭は「新馬11着、500万4着、OP3着」の12年3着のホッコータルマエ。
OPで同タイム3着なので、ほぼクリアとしてもいいかと。



<脚質>
「逃げ」2頭、「先行」5頭、「差し」2頭。

1000mは59.9、59.5、60.6でダートにしてはまずまず早めかと。
3回中2回は3着が連対馬よりも後ろ。



<その他>
人気は1番人気が3年で3連対と強い。

残りは2番人気が1連対、3番人気が1連対、4番人気1連対とある程度上位。
3着は5番人気2回と9番人気1回で少し人気が低め。



「内枠が有利」と言われているが、9頭中8頭が「内」。
唯一の14番も3着なので、基本内に入った方が良さそう。



「上がり3ハロン3番手以内」は9頭中6頭。

逃げや先行が多いが、上がりが速い馬も多めになっており、普段よりも前目でレースをする方がいいのかもしれない。




[PR]
by a_doctrinaire | 2013-10-31 01:06 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)

アルゼンチン共和国杯の傾向 2013
東京2500mで行われるGⅡハンデ戦「アルゼンチン共和国杯」。


連対馬からトーセンジョーダン、アーネストリー、スクリーンヒーロー、ジャガーメイル、アドマイヤジュピタなどが「後にGⅠ馬」になっており、「遅れてきた大器」が現れるかもしれない。


 アルゼンチン共和国杯の傾向 (過去5年の連対馬データを中心に) 2013


<実績>
最低連対ラインは「1600万勝ち」。

該当するのは「OPは3歳に4着と5着、重賞2戦セントライト記念9着、新潟記念5着」のムスカテール、「重賞3戦菊花賞8着、目黒記念4着、宝塚記念8着」のトレイルブレイザー、「重賞3戦日経賞4着、新潟大賞典5着、エプソムC10着」のアーネストリー、「OP以上初」のジャガーメイル。

次点は「OP勝ち」。「重賞2戦して札幌2歳S4着、オールカマー4着」のルルーシュ。


5頭には「重賞連対」があった。

重賞出走があった馬の中で「GⅡに出走が無かった」トーセンジョーダンと「GⅡ休み明けセントライト記念9着のみ」のムスカテール以外には『GⅡ4着以上』があり、ココがひとつのラインになる。


(5年延ばすと「3歳OP2着、1000万勝ち、1600万以上不出走」のアドマイヤジュピタと「1600万以上初」のテンジンムサシがいる。次点は「芝重賞初のOP勝ち」のナチュラルライン。それ以外の7頭には「重賞連対」があった。なお、重賞連対馬には「GⅡ3着以上」があった。)



<距離>
全馬に共通するのは「2000m以上連対」。

ただ、「2200m以上が初」だったトーセンジョーダン以外には『2400m以上連対』があった。


(5年延ばすと短いのは「2200m連対」で「2400m以上初」のアドマイヤジュピタと「2400mは1000万6着と京都大賞典3着、菊花賞6着」のレニングラードがいる。それ以外の8頭には「2400m上連対」があった。)



<コース>
「東京連対」7頭、「初出走」1頭。

残りは「目黒記念4着のみ」のトレイルブレイザーと「エプソムC10着のみ」のアーネストリー。
「左回り」は「初めて」か「2戦以下」なので、あまり数を走ってダメなら左が苦手なのかも。


(5年延ばすと、「500万3着、OP8着、GⅡ15着」のサクラセンチュリー、「GⅠ12着とGⅡ5着」のマーブルチーフがいる。「初出走」は2頭。残り6頭は「東京連対」。)



<脚質>
「逃げ」1頭、「先行」4頭、「差し」5頭。

1000mはだいたい58.9、60.2、58.4、60.8、58.8辺りだが、少し遅めに見た方がいい。
直線の長さもあるが、長丁場だけに前も有利。

(5年延ばしても「先行」5頭、「差し」4頭、「追い込み」1頭。で1000mもだいたい58.6、57.8、60.7、62.4、60.5に少し足した程度)



<その他>
1番人気が2連対、2番人気が3連対、3番人気が2連対と上位人気が多い。

残りは4番人気と11番人気で人気薄はたまに来る。
5年延ばすと1番人気2連対、2番人気3連対、3番人気1連対と半分。しかし、残りは7、8、10、14番人気で人気薄もきている。

3着は6、8、9、10、1、9、6、2、3、8番人気なので、3連複になると少し配当が上がりそう。



ハンデは5年で53~58.5キロで平均55.9キロ。中央値は56キロ。
実績の高さもあってか重めのハンデでも通用している。軽い馬も上位人気になっている。

10年だと50~58.5キロで平均55.68キロ。中央値は56キロなので、あまり大きくは変わらない。

トップハンデは57~59キロ。
さすがに59キロは4着や5着と苦戦しており、お奨めできない。ただ、58.5キロは2着があったりするので、それより軽いと他とのハンデ差もあるが、トップハンデでも可能性は上がりそう。



「上がり3ハロン3番手以内」は10年で20頭中13頭。
直線の長い東京コースだが、あまり悠長に構えてられない。

ある程度切れる脚を持っていても、仕掛け所を誤ると危ない。



ハンデ戦という事もあってか、若手やマイナー騎手の連対も多い。
10年で「横山典弘」騎手の3連対以外は「同じ騎手が連対していない」。

上位人気が多いので、馬をみて鞍上は気にしなくていいのかもしれない…。



GⅡ実績はその年か出走が無ければ前年。
3戦以内に「条件戦連対」か「GⅡ以上4着以内」。



[PR]
by a_doctrinaire | 2013-10-30 02:01 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)

アルテミスSの傾向 2013
東京1600mで行われる2歳重賞「アルテミスステークス」。


昨年新設された重賞。ファンタジーSを1週動かして、同じく東京1600mだったいちょうS(OP)は距離延長、翌週にあった赤松賞(500万特別)を潰して創ったが、来年はいちょうSを1600mに戻して重賞にして東京秋の開幕週に、ファンタジーSを戻して、京王杯2歳Sを動かし、デイリー杯2歳Sを11月の2週目、アルテミスSは天皇賞(秋)と同じく秋1本目の東京の最終週に移る…ええいっ!ややこしい!


新しくできて2年目でデータと呼べるモノは昨年分だけながら、何とかしようと頑張るつもりでしたが、来年はガラっと条件が変わるので、非常にやる気を削がれます。

一応、「昨年の上位3頭」をチェックしてみます。それだけでは足りないので、昨年同様に「近い2歳重賞ファンタジーSと京王杯2歳Sに旧・いちょうSと赤松賞(改修後8回までなので5年分にしておきます)」を添えて。


 アルテミスSの傾向 (昨年の上位馬データと近いレースの連対馬を中心に) 2013


<実績>
勝ち馬コレクターアイテムは「新馬勝ち、デイリー杯2歳S4着」
2着アユサンは「新馬勝ち」、3着ウインプリメーラは「新馬2着、未勝利勝ち」。


条件が違うが、東京1600mの赤松賞(500万)といちょうS(OP)の5年でも半分以上が「新馬・未勝利勝ち直後」。
ただ、赤松賞で2割、いちょうSで4割は「重賞やOP出走組」と軽視しない方がいい。
ちなみに500万は10月開催辺りから始まっているので、数は少ない。


開催時期の近い牝馬重賞ファンタジーSでは

最低連対ラインは「未勝利勝ち」。
ただ、500万に出走があれば「500万連対」、OP以上に出走があった場合は「OP以上5着以内」があった。
「未知の魅力がある」か「上のクラスである程度やれているタイプ」がいい。

京王杯2歳Sは…

「新馬・未勝利勝ち」がラインになるが、OP以上に出走があっても「新馬勝ち直後の重賞7着やOP6着以上」でもセーフの場合も。



<距離>
勝ち馬は「1600m2戦して1着、GⅡ4着」、2着は「1400m1着のみ」、3着は「1600m2着、1着」。


東京1600mの赤松賞といちょうSは「1400m以上連対」。

ファンタジーSと京王杯2歳Sの1400m重賞が「1200m連対」、阪神JFと朝日杯FSとデイリー杯2歳Sの1600m重賞は「1400m連対」と2歳戦のほとんどが『-200m』までセーフとなっている。
3歳戦だが同じ東京1600mのクイーンCも「1400m以上連対」がラインなので、ココはクリアしてほしい。

ほとんどが「その距離で連対」、「+200mが初めて」或いは「+200m以上で3~5着」なので、まずは『1600m以上連対』、そして「1400m以上連対」をチェックしたい。



<コース>
勝ち馬と3着が「初出走」、2着は「東京勝ち」。

以前は東京開催が始まって5週目なので、連闘が少ない事を考えると「初出走」が多かった。
ただ、昨年から2歳戦の開幕が東京で、少しは増えてきてもおかしくない。ちなみに昨年は6月東京勝ちが1頭出走している。


いちょうSは3週目なので「初出走」10頭。赤松賞は500万という事を考えても関西馬の出走が少ない事や新馬や未勝利勝ちからの参戦も多く、半分の5頭が「東京連対」。
左回りでは「新潟連対」が多いが、コーナーも広く直線も長く、「左回り初」でもクリアしているので、あまり気にしすぎる事もないかと。


京王杯2歳Sでもほぼ同じ。



<脚質>
勝ち馬は「差し」、2着は「追い込み」、3着は「2番手」。

1000mは58.9だった。


赤松賞もいちょうSも「逃げ」1頭、「先行」6頭、「差し」3頭×2ずつ。
1000mは赤松賞60.0、60.7、59.9、61.2、61.9(稍重)、いちょうSが63.8(不良)、62.5、60.2、60.2、61.5で遅かった。


頭数が多くなるし、牝馬限定の重賞という事で、今年も速くなるのかも。ちなみに来年は秋1回の4週目に変わる…。



<その他>
人気は勝ち馬は1番人気、2着は4番人気、3着は7番人気。


赤松賞は1番人気が3連対、2番人気2連対、3番人気1連対。
残りは5~8番人気で牝馬限定という部分で少し荒れている。

いちょうSは1番人気3連対、2番人気1連対、3番人気3連対。
残りは4番人気3連対で頭数が少なかった影響もあってあまり荒れていない。



「上がり3ハロン」は、勝ち馬が「2番手」、2着が「最速」。
3頭共に「1戦は上がり最速」があった。

赤松賞も5年で上がり「最速」が5頭。いちょうSも8頭が「上がり3ハロン3番手以内」。
いい上がりを見せている馬を中心に考えたい。



昨年は3頭とも「10月以降に出走」。

赤松賞では10頭、いちょうSは9頭が「前走9月以降に出走」していた。
同じ重賞の京王杯2歳Sでは5年で2頭が3か月ぶりの「休み明け」、ファンタジーSでも2頭が「休み明け」。
数は少ないが、上のクラスではレース間隔が開いての出走も連がある。



[PR]
by a_doctrinaire | 2013-10-29 00:50 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)

注目の3頭の出走した新馬戦
天皇賞(秋)もありましたが、同じ東京2000mで行われた新馬戦に注目。


血統などもあって3頭のディープインパクト産駒に人気が集まっていました。


「ゼウスバローズ」は、ディープブリランテやハブルバブルの全弟。
「ベルキャニオン」は、マウントシャスタやカミノタサハラの全弟。
「ラングレー」はディープインパクトと好相性と言われる母の父Storm Cat。


スタートではラングレーが好スタート、やや後手を踏んだのがベルキャニオン。その間にゼウスバローズでした。


好スタートから内を上がって、先頭が集団になり、逃げるかと思わせる行き方だったのがラングレー。
7、8番手の内にいたのがゼウスバローズ。
9番手で少し後ろ目を追走したベルキャニオン。


スローペースでしたが、1000mを過ぎて5番手の内まで下がったラングレー。4コーナーでは外を回ったゼウスバローズとベルキャニオン。


直線では、外を狙おうとするも前が壁になって最内に移動しなおしたラングレーが抜け出してそのまま勝利。外から2頭が併せて追ってくるも2、3着。


この1戦だけではなんとも言えませんが、3頭とも勝ち上がって再戦すると盛り上がりそうです。


個人的にはPOG関係の本での立ち姿ではラングレーが好みだったので単勝買いました。ゼウスバローズとベルキャニオンはいい馬なのでしょうが、あまり好きな感じでは無かったので…。


ちなみに頭数の影響もあってラングレーは応援馬にはせず…そして新馬勝ち…今年はコレばっかりなので、もう笑うしかないです。



[PR]
by a_doctrinaire | 2013-10-28 01:16 | 競馬(POG) | Trackback | Comments(0)

天皇賞(秋)の結果 2013
良馬場まで回復した天皇賞(秋)は…


5番人気ジャスタウェイはまずまずのスタートから様子を見ながら9番手の外。11番手の外で、長い馬群の中で真ん中辺りだが、後ろを考えるといい位置取り。600mを切った辺りから外をまわて直線へ。追い出して400mを切って、やや内にささりながらも一気に差を詰めると並ぶまもなく交わして先頭に。そのまま差を広げて優勝。


1番人気ジェンティルドンナはいいスタートから前へ向かう。外から行かせるが、2番手で少しかかるのを抑えるような感じ。道中は逃げ馬のすぐ後ろ。直線に入って鞍上が追って、400mを過ぎて前を捕えて先頭に立つも外から交わされて、そのまま前に届かず2着。


3番人気エイシンフラッシュもスタートは悪くなく、下げて7番手の最内へ。向う正面では9番手の内。4コーナーから直線では内を進むが、前が壁になって、外に出して追いだすもジワジワとしか伸びず、後続の中から抜けだしてゴールし3着。


4着はアンコイルド。5着はコディーノ。2番人気トウケイヘイローは10着。


1000mのペースは58.4で「速い!」と言っていたが、昨年や一昨年の方が速く、めちゃくちゃ速かったワケではないかと。NHKの解説では、内はあまり伸びなかったようで、一番いいトコロをジャスタウェイが通ったとの事。





予想は2着、3着、5着、12着。


敗因は「メンバーが微妙…」と考えておきながら実績も距離を高めにした事。さらに「GⅡ勝ち」と「2000m勝ち」のないコディーノを残しておきながら、ジャスタウェイを切ったのが失策。脚質も気にしたのだが、毎日王冠と同じようなレースが出来ており、ココでは残すべきでした。


さすがに10年で3着1頭しかない「6歳馬」を2頭、しかもトゥザグローリーを選んだのはかなり逸脱してました。





メンバーが手薄になった時点で予測できたので、その辺りが課題になりそうです。



[PR]
by a_doctrinaire | 2013-10-28 00:28 | 競馬(GⅠ) | Trackback | Comments(0)

天皇賞(秋)の予想 2013
メンバーと天候で、アクシデント一つでどの馬にもチャンスがありそうにも…。


 天皇賞(秋) 予想 2013


GⅠ4勝のジェンティルドンナ。斤量もあったがジャパンカップを考えると能力はあるかと。ただ、宝塚記念3着を考えると状態か成長が必要ではありそう。


応援馬トゥザグローリー。乗り難しさもあるようで、安定感に欠けるが能力は見せている。特に10年と11年の有馬記念で見せたパフォーマンスはかなりのモノがあった。前走は長い休み明けながら、いい内容だったので復調してきたと考える。年齢的には微妙だが、変にレース数は使っていないので、通用してほしい。鞍上が心配な部分は否めないが、馬がやる気になってくれれば…。


皐月賞3着のコディーノ。朝日杯FSではガツンと行った分が足りなかった。弥生賞は同タイム、皐月賞も3着なので、データ的にはアウトの2000mもセーフと考えたくなる。東京優駿は乗り替わりや距離もあったと思いたい。前走は出遅れて毎日王冠7着。成長があれば、通用してもおかしくない。リスポリ騎手も警戒して…。


対抗にしたかったエイシンフラッシュ。ただ、馬場が悪くなるのはよろしくないとの事で、評価を下げた。後は年齢的な部分でどれくらい上積みがあるのかも気になる…。



状態がいいならトーセンジョーダン。前走がもう少しやれていればダノンバラード。力が足りればヴェルデグリーン。頭数とマークされる形が問題ないならトウケイヘイロー。



[PR]
by a_doctrinaire | 2013-10-27 03:13 | 競馬(GⅠ) | Trackback | Comments(0)

天皇賞(秋)の予想候補 2013
馬場とメンバーが微妙なのが気になりますが、記事「天皇賞(秋)の傾向 2013」を元にして、天皇賞(秋)の予想候補を選んでみます。


実績「GⅡ以上勝利+重賞勝ち+GⅡ以上連対、GⅠ3着以内」、距離「2400m以上連対」、コース「東京連対か初出走」、近走「GⅠかGⅡ5着以上」を条件にすると…


エイシンフラッシュ
ジェンティルドンナ


はクリア。


距離2000mがGⅠとGⅡ3着、前走出遅れ7着の

コディーノ


長期休み明けの前走GⅡ6着の

トゥザグローリー


GⅠは2歳戦4着のみ、距離は2200m以上出走無しの

トウケイヘイロー


東京は3戦GⅠ3着のある

ダノンバラード


重賞2戦してGⅡ勝ちの

ヴェルデグリーン


はセーフかと。


長い休み明けが馬場の悪かった札幌記念13着のトーセンジョーダンをどうするか…。



[PR]
by a_doctrinaire | 2013-10-27 01:05 | 競馬(GⅠ) | Trackback | Comments(0)

スワンSの結果 2013
稍重発表での開催となったスワンSは…


8番人気コパノリチャードがそこそこのスタートから押して押して前へ。内からもテイエムオオタカが来たが、1馬身抜けてそのまま手綱をしっかり引いて逃げる。直線を向いてもリードしたままで、300mを切ってムチが入る。追って追ってセーフティリードのままゴールし、優勝。


4番人気ダイワマッジョーレもまずますのスタートから前目につける。6番手の外目辺りを追走。600mを切って仕掛け始め、4コーナーではしっかり追うが、外を回った影響で番手を下げる。外を追って鞭が入るもなかなか前との差は詰まらず、少しずつ交わしてゴール直前で2着に上がる。


10番人気サダムパテックは少しスタートは遅かったが、それほど離されず。10番手だが縦長では無かったので、前との差はあまり無かった。ただ、直線でも後方の中で、開いた所をついてムチが入り、前を追って行くもなかなか差が詰まらず3着。


4着はレッドオーヴァル。5着は1番人気のマジンプロスパー。2番人気のグランプリボスは7着、3番人気ラトルスネークは6着に敗れた。


予想は1着、7着、10着、12着。


敗因は休み明けと位置取りを気にしてダイワマッジョーレを予想に入れず、さらに58キロを気にしてサダムパテックを予想候補から切った事。ダイワマッジョーレは道中までは理想的な位置取り。4コーナーで前との差が広がったのが痛かったが、あの位置取りなら狙えた…。


またしても蛯名騎手との「買わないと来るし、買うと当らない」馬券の相性問題は相変らず健在!早く改善したい所…。


逃げ馬や先行馬が多く絡むレースで、逃げ馬コパノリチャードを予想候補に入れたのは正解。ただ、出遅れや乗り替わりもありましたが、休み明けのエーシントップはかかるタイプだっただけにちょっと余計だったかも…。テイエムオオタカも昨年ほどの魅力は無かっただけに、ちょっと欲をかいてしまいました。


相変らず上位人気は苦戦。ただ、ラトルスネークは過剰人気だったかと…。





今年も3連複の配当は高めになっています。ただ、以前と比べると荒れる事が浸透してか馬連は人気割れしてきているように感じます…。



[PR]
by a_doctrinaire | 2013-10-27 00:22 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

スワンSの予想 2013
例年より少し出走数が少ないのが気になる所ですが…


 スワンS 予想 2013


昨年の勝ち馬グランプリボス。前走は休み明けながら、前が残る中では走れている。叩いた上積みがあって、まともに走れば力が違っていてもいい。


昨年2着のテイエムオオタカ。今年はあまりいい成績では無かったが、鞍上が戻ってくる今回は期待したい。前走も直線が長いコースで先行してOP3着とそんなに悪くない。馬場が渇いて、状態が良くなってきていれば…。


一つ叩いたコパノリチャード。すんなりと先行して粘れるなら、もう少しやれてもいい。NHKマイルC上位馬が秋にイマイチなのは気になるが、叩いて一変すれば或いは…。


休み明けのエーシントップ。乗り替わりがどうでるか分からないが、折り合いがつき、成長があって、息がもてば…。



マジンプロスパーは距離が問題ないなら。サンカルロ、レッドオーヴァルとアドマイヤセプターは位置取り。ダイワマッジョーレは休み明けと位置取り。サダムパテックは斤量。



[PR]
by a_doctrinaire | 2013-10-26 03:01 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

スワンSの予想候補 2013
GⅠ以外の出走馬を載せるのを止めましたが、記事「スワンSの傾向 2013」を元にして、スワンSの予想候補を選んでみます。


実績「重賞連対+重賞3着以上、マイル以下GⅠ8着以上」、距離「1600m以上連対」、コース「京都連対」、斤量「+1キロ以内」を条件にすると…


アドマイヤセプター
エーシントップ
グランプリボス
ダイワマッジョーレ
テイエムオオタカ
マジンプロスパー


がクリア。



重賞3戦してGⅠ2戦の

コパノリチャード


京都は4戦してGⅡ4着のある

サンカルロ


重賞4戦してマイル以下は「GⅠ2着と出遅れGⅢ7着」の

レッドオーヴァル


もセーフかと。



[PR]
by a_doctrinaire | 2013-10-26 00:17 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)


競馬重賞の傾向とMHP3rd、太閤立志伝4やレトロゲーム
検索
最新の記事
高松宮記念の予想候補 2017
at 2017-03-25 00:56
マーチSの予想候補 2017
at 2017-03-25 00:38
毎日杯の予想 2017
at 2017-03-25 00:16
日経賞の予想 2017
at 2017-03-25 00:01
高松宮記念の枠順決定! 2017
at 2017-03-24 09:48
毎日杯の予想候補 2017
at 2017-03-24 00:15
日経賞の予想候補 2017
at 2017-03-24 00:03
マーチSの傾向 2017
at 2017-03-23 13:00
毎日杯の傾向 2017
at 2017-03-23 01:08
日経賞の傾向 2017
at 2017-03-22 00:54
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク