<   2014年 07月 ( 42 )   > この月の画像一覧

クイーンSの傾向 2014
札幌1800mで行われる牝馬限定GⅢ「クイーンステークス」。


以前は旧エリザベス女王杯や秋華賞のトライアルとして秋の中山開催だったが、2000年から札幌にも移って古馬も出走可能となった。一昨年は開幕2週目で行われたが、それまではほとんどが開幕週だった。09年は函館改修の代替をやって引き続きの札幌開催だった。

昨年は札幌競馬場の改修工事のために函館で行われたので、除いて考える。


 クイーンSの傾向 (過去5年の札幌開催連対馬データを中心に) 2014


<実績>
最低連対ラインは「1000万勝ち」。

該当するのは「1600万は7戦して3着など、OPは不出走、重賞は阪神牝馬S15着のみ」のピエナビーナス。ただ、この年は函館の代替の続きで馬場が例年とは違ったか…。

次点は「1600万2着」。

「1600万は2戦2着と8着、OP出走なし、重賞は福島牝馬S6着のみ」のラブフール


残り8頭は「重賞連対」。
細かくみると「重賞勝ち」5頭と「重賞2着2回以上」2頭、「重賞2戦してGⅢ2着とGⅠ4着して故障」。


(5年延ばしても「1000万勝ち、1600万以上不出走」のエルノヴァ以外は「重賞連対」。前述同様に「重賞勝ち」か「重賞2着2回以上」。「重賞2着1回」では危ういか…。



<距離>
全馬に共通するのは「1500m以上連対」。

1500mまでだったのは前述のピエナビーナス。「1600mは3戦して新馬5着、1800mは3戦して1600万6着が最高」だった。
ただ、やや条件が違う時なので、例外とみたい。

次点は「1600m連対」で、1800m以上が…

「優駿牝馬4着のみ」のアイムユアーズ
「優駿牝馬6着のみ」のアプリコットフィズ
「優駿牝馬3着のみ」のレジネッタ

3歳、1600m連対、1800m以上が前走2400mGⅠのみ」だった。

残り6頭には「1800m以上連対」があるので、まずはコレをクリアしてほしい。


(5年延ばしても「1600m以上連対」。1800m以上が「クイーンS4着、秋華賞12着、エプソムC4着」のデアリングハートと「優駿牝馬10着のみ」の03年時のオースミハルカ。残り8頭は「1800m以上連対」。)



<コース>
「札幌連対」5頭、「初出走」5頭。

芝が洋芝なので、「函館」で結果がでている方がいい。
それ以外では「阪神」も連対が多いが、関東馬の場合は「桜花賞9着と中山牝馬S(阪神代替)3着」や「桜花賞5着のみ」くらいでもいいかも。

(5年延ばすと「札幌連対」7頭、「初出走」2頭。残りは「クイーンS4着のみ」のデアリングハート。札幌連対がなかった馬は「函館連対や「阪神連対」があるか、「阪神JF5着、桜花賞4着、阪神牝馬S8着」だった。)



<脚質>
「逃げ」1頭、「先行」5頭、「差し」2頭、「追い込み」2頭。

1000mは60.2、58.4、60.6、60.1、60.9であまり速くならないが後ろからでも通用する。

(5年延ばしても「逃げ」3頭、「先行」5頭、「(マクリ)差し」2頭。1000mは60.2、58.2、59.2、60.0、61.4。)



<その他>
1番人気4連対、2番人気2連対、3番人気1連対。

10番人気2連対、残りは11番人気。
(5年延ばすと1番人気1連対、2番人気2連対、3番人気1連対。5番人気2連対と6番人気2連対で、7番人気と10番人気。)

近年は上位人気が多いが、二桁人気も絡んできたりするので難しい。



「上がり3ハロン3番手以内」は5回で4頭、10回で10頭。

先行勢が多い事もあって、上がりはあまり速くない。
後ろからも届いているが、早めに動いた方が結果に繋がる。



「馬齢」は5回で「3歳」4連対、「4歳」1連対、「5歳」4連対、「6歳」1連対。
「3歳:古馬」は「4:6」だが、09年には3歳の出走自体がなく、数字以上に3歳が活躍している。

ただ、5年延ばすと「3歳」2連対、「4歳」5連対、「5歳」3連対で、以前は4歳が強かった。

10回で勝ち馬では3歳と4歳が4勝ずつだが、連対でみると5歳が1つ抜けていたりする。



「鞍上」は「池添謙一」騎手、「川島信二」騎手の2勝ずつがトップ。

次点は「武豊」騎手の2連対。
3場開催という事もあり、人気薄では若手の活躍もあるので、鞍上だけで切るのはコワイ。




[PR]
by a_doctrinaire | 2014-07-30 01:07 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)

アイビスSDの傾向 2014
新潟の直線1000mで行われるGⅢ「アイビスサマーダッシュ」。


2005年以前は8月の後半(2週目)に行われていたが、06年からは7月の開幕週に移行。番組編成の都合もあってか昨年から開催がさらに1週延びた。12年は2週目開催だったが、また開幕週に戻ってきている。


 アイビスSDの傾向 (過去5年の連対馬データを中心に) 2014


<実績>
最低連対ラインは「1000万勝ち」。

該当するのは「1600万12着、11着、3着、3着、OP以上出走なし」のケイティラブ。

次点は「OP連対」。

「OP2着、重賞はCBC賞18着のみ」のエーブダッチマン
「OP勝ち、重賞初出走」のエーシンヴァーゴウとジェイケイセラヴィ

残り6頭には「重賞連対」があった。


(開催時期が違うが、5年延ばしても「1000万連対」。「1000万1戦2着、1600万出走なし、OP以上はバーデンバーデンC4着のみ」のマリンフェスタ、「重賞が阪神JF13着のみ、1600万とOP出走なし」のサチノスイーティーがいる。次点は「1600万勝ち」で、「OP出走なし、重賞はガーネットS16着のみ」のサンアディユ、「OPは福島民報杯3着のみ、重賞もフェアリーS7着のみ」のタカオルビー。次々点は「OP勝ち」で「重賞4戦フェアリーS4着やファルコンS5着など」のテイエムチュラサン、「重賞はクリスタルC9着と桜花賞18着」のウエディングバレー。残り4頭は「重賞連対」。)



<距離>
全馬に共通するのは「1000m以上勝利」。

1000mまでしか連対の無かったケイティラブ(芝1200mは3戦して3着1回)以外は「1200m以上勝利」。

4頭が「1000mへの出走が初」だった。

(5年延ばすと「1200m以上勝利」。コチラも4頭が「1000mへの出走が初」。)



<コース>
「新潟連対」4頭、「初出走(芝初含む)」3頭。

残りは「アイビスSD1戦のみ」が2頭と「1600万4着のみ」。

(5年延ばすと「新潟連対」6頭、「初出走(芝初含む)」3頭、「1600万6着のみ」1頭。)


通常ココでは「左回り」や「輸送」という部分をチェックしますが、今回は「直線のみ」も見ておきます。

『新潟1000m』だと…

「初出走」は5頭、「連対」は3頭。残りは「アイビスSD1戦のみ(4着と3着)」1頭ずつ。

(5年延ばしても「初出走」が4頭、「連対」が5頭、残りは「1600万6着のみ」のテイエムチュラサン。)



<脚質>
※直線だけという事もあり、前に馬がいない状態が長く続いたり、カメラワークの影響で番手が分からないのでパスします。

ちなみに600mの通過は32.9、32.1、32.3、31.8、33.1(重)。

(5年延ばしても32.1、32.5(重)、32.8、32.4、32.2となっている。)



<その他>
1番人気は2連対、2番人気全滅、3番人気3連対。

5番人気が2連対で、残りは6、7、8番人気。
(5年延ばしても1番人気2連対、2番人気2連対、3番人気2連対。7番人気2連対で、残りは10と13番人気。)

上位人気が半分くらいを占めている。



「上がり3ハロン3番手以内」は5年で7頭、10年で15頭。

直線だけという事を考えると、残り600mを真っ直ぐいい脚を使える馬はいいかと。
ただ、あまり上がりが速くなかった馬が、このコースに変わって最速を出す事もあるので、その辺りには注意しておきたい。



「直線のみ」というコースなので『外ラチを利用して真っ直ぐ走る』というのが多い。

「馬番」の「内:外」は、5年でも10年でも「3:7」と外が有利。
ただ、スタートから内の馬でも外へ向かって走り出して確保したり、内を真っ直ぐ走る場合もあり、内が必ずしも厳しいというワケでもない。



鞍上は10年で…

現役では「村田一誠」騎手の2連対がトップで、それ以外はバラバラ。
3場開催の影響もあってか、騎手が分かれているし、若手の活躍も多い。



「牡:牝」は5年で「6:4」、10年で「9:11」。

8月開催時の牝馬の方が多かったので、牡馬が戻してきている?
さすがに気候的に影響の出やすい牡馬だけに、暑くなるようだと「牝馬」が有利か。

今年は初旬とはいえ8月開催。新潟の気温がどうなるか…。




[PR]
by a_doctrinaire | 2014-07-29 12:59 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)

中京記念の結果 2014
前日に続いてカメラワーク?が悪かった中京記念は…


7番人気サダムパテックは半馬身くらい遅れたスタート。押して押して前の方へ。11番手を追走。4コーナーでは大きく外へ。直線では外から3頭目を追い出す。残り100mでは10番手だったが、ゴール前で一気に差を詰めて内をまとめて交わして、先頭に上がって優勝。


11番人気ミッキードリームはいいスタートから。10番手の外を追走。4コーナーでも外へ。直線では外目をついて開いた外を追い出す。残り100mでも9番手。ムチが連打して一気に上がるも外の脚がよく2着。


6番人気マジェスティハーツはまずまずのスタートだったが、下げて後ろから2番手。少し上げて13番手を追いかける。4コーナーでは中辺りを通る。直線では内目を進んで差を詰める。残り100mを切った辺りでは2番手に上がる。残り30m当りで先頭に立つもゴール直前で2頭に交わされ3着。


4着はブレイズアトレイル。5着はオリービン。1番人気フラガラッハは10着。2番人気クラレントは8着。3番人気サトノギャラントは7着だった。





予想は3着、4着、8着、12着。


敗因は休み明けを気にしてサダムパテックをギリギリ予想に入れず。さらに近走の悪さでミッキードリームを予想候補にも残さず…。


昨年はココ2走が二桁着順だったフラガラッハが勝っており、「状態の見極め」をポイントとしておきながら判断できなかったのは失策。太宰騎手に乗り戻るのをもっとプラスに考えるべきでした。


馬場の内側が悪いという事でクラレントの評価を下げ、サトノギャラントやフラガラッハも軽視していたのだが他を選べず…。





この辺りを当てない事には何とも。



[PR]
by a_doctrinaire | 2014-07-28 01:04 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

エルムSの結果 2014
雨の中不良馬場で行われたエルムSは…


3番人気ローマンレジェンドはそれなりのスタートから前に。4番手の中を追走して、向う正面へ。残り800m当りで外を進出して3番手、500mを切って逃げ馬が沈んで2番手に上がる。直線に入って追い出し、残り200mで並びかけてマッチレースになるもゴール前で少し抜けて優勝。


5番人気クリノスターオーもあまりいいスタートでは無かったようだが、その後前へ。押して押して3番手。1コーナーを回って2番手に。残り500m辺りで持ったままで逃げ馬を交わして先頭に。直線に入って追い出し、残り200mを切って並ばれて粘るもゴール手前で競り負け2着。


10番人気インカーテーションもそれほどいいスタートではないかと。7、8番手の外で1コーナーへ。残り800mを切って外を上がっていって4番手に。残り500m付近で3番手に上がるが、直線で追い出すも差が縮まらず。残り200mで離されていって3着。


4着はグランプリブラッド。5着はクリールパッション。1番人気ジェベルムーサは後方からマクリきれず6着。2番人気ブライトラインは中団追走も10着。





予想は6着、7着、8着、10着。


敗因は休み明けでローマンレジェンドとインカンテーションを、マーチSを参考にしてクリノスターオーを予想に入れず。ジェベルムーサとグレープブランデーは出遅れたが…。


予想候補で7頭に絞ってその内3頭と追加で1頭入れたが、切った4頭中3頭で決まるという始末。いつもながらに予想候補は悪くないのだが…。





選ぶセンスがなってない…。



[PR]
by a_doctrinaire | 2014-07-28 00:03 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

中京記念の予想 2014
新しくなってからはかなり難しくなったかと…。


 中京記念 予想 2014


新潟大賞典2着のマジェスティハーツ。前走はかなり後方からの競馬も影響した。コースが違うので同じような競馬になったとしても結果が違っていい。


米子S2着からのブレイズアトレイル。重賞は3着が最高だが、京都金杯は4着、富士S5着などがあり、ハンデがいい方に出ればココで通用してもいい。


一昨年1番人気だったダノンヨーヨー。それ以降が微妙だったが、ココ2戦は良い脚で上がってきている。上手くはまれば上位があってもいい。


安田記念からのクラレント。ハンデが気になって評価を下げた。目標にされる感は否めないが粘る事が出来れば…。


状態がいいならサダムパテックやダイワマッジョーレ。ハンデが問題ないならフラガラッハ。通用するならサトノギャラント。展開次第でオリービン。



[PR]
by a_doctrinaire | 2014-07-27 03:47 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

エルムSの予想 2014
開催が早いのがどう影響するのか…。


 エルムS 予想 2014


海外遠征帰りのブライトライン。ジャパンカップダート4着やフェブラリーS5着など高いレベルでやれるようになってきた。昨年以上に力はつけていると考えたい。


マーチS2着のジェベルムーサ。後方からのスタートが多いが、4コーナーでマクってくる競馬も多い。小回りのコースでもある程度やれると考える。


平安S2着からのソロル。ある程度前からの競馬も出来ているので、仕掛けが上手くいけば…。


休み明けのグレープブランデー。復調しているなら或いは…。


状態が戻っているならローマンレジェンド。先行争い次第でクリノスターオーやエーシンモアオバー。力が足りて、状態がいいならインカンテーション。



[PR]
by a_doctrinaire | 2014-07-27 03:05 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

中京記念の予想候補 2014
中京記念2回の3着までに加え、1000万クラス以上の新・中京1600m連対馬をチェックした「中京記念の傾向 2014」を元にして、予想候補を選んでみます。


実績「重賞3着以内」、距離「1600m以上勝利」、コース「中京連対か1戦以下」、近走「2戦以内にOP勝ちか重賞連対」を条件にすると…


クラレント
マジェスティハーツ


がクリア。


前走、同タイム3着の

フラガラッハ


前走OP2着の

ブレイズアトレイル


実績でGⅡ4着やGⅢ4着の

サトノギャラント


はセーフか。


他にも近走そこそこの

オリービン
サダムパテック
ダイワマッジョーレ
ダノンヨーヨー


もありか…。



[PR]
by a_doctrinaire | 2014-07-27 01:28 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

アッシュゴールドのデビュー戦
中京1600m新馬戦に、応援馬アッシュゴールドが出走。


電車に乗り遅れるという失態でパドック~返し馬まで見逃してしまう。





426キロで、1.8倍の1番人気でした。





ゲート入りはスムースで、入ってから鞍上がポンポンとクビを叩いて落ち着けていたようでした。


スタートはやや立ちあがるような形で、2馬身ほど遅れてしまう。


しかし、その後の脚がよく、すぐに前を追いかけていく。


前から順に映していたのに、外から1頭行っただけでカメラマンがまた先頭から映しだし…なかなか映らず。


残り1200mでは7番手の内を追走。


折り合いがいい感じには見えず、行きたがっている風にも…。さらに脚のリズムが微妙な感じでした。


残り800mを切って鞍上の手が動くが進まず。


4コーナーでは最内を回って直線へ。


ムチが入って少し外へ移動しようとするが行かず、内に向かうも前に馬がいて、結局外に。


その辺りで脚が劣っていており、前にいた1頭を交わして6着。





鞍上のコメントに「馬場の悪い所を走らされたのが堪えた」というのがあったようですが、スタートで遅れて外に出そうと思えば出せたので、内に進路を取ったのはヤネの判断に感じますが…。


新馬戦はスローペースになるので、もう少し前につけるか、出遅れたので早めに動いて欲しかったが、いつも通り動かず。直線での行ったり来たりも「お約束」。何なんでしょう…。





飛びが綺麗に感じたので、新潟まで待っても良かったかな?と思いました。


次走は馬体重の成長にも期待します。



[PR]
by a_doctrinaire | 2014-07-27 00:03 | 競馬(POG) | Trackback | Comments(0)

エルムSの予想候補 2014
札幌開催の5年+αのエルムSをチェックした「エルムSの傾向 2014」を元にして、予想候補を選んでみます。


実績「OP勝ち以上で、中央重賞3着以内か重賞初出走」、距離「1800m以上勝利」、コース「札幌連対か初出走」、近走「3戦以内に重賞5着以内か2戦以内にOP連対」を条件にすると…


インカンテーション
エーシンモアオバー
クリノスターオー
ジェベルムーサ
ソロル
ブライトライン
ローマンレジェンド


がクリア。


1月以来の休み明けの

グレープブランデー


はセーフか。


初ダートの馬がどうか…。




[PR]
by a_doctrinaire | 2014-07-26 00:30 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

アッシュゴールドのデビュー!
7月26日(土)の中京1600m新馬戦に応援馬アッシュゴールドが出走します。


Ash Gold … グレイがかった金色。たてがみの色より連想との事。Ashが「灰」や「燃えがら」、「青白い」、「遺灰」や「亡骸」など。「gold」は「金」や「黄金」、「金製品」や「富」、「貴重なモノ」や「すばらしいもの」「美しいもの」などの意味がある。


他にもAshには植物の「トネリコ」との意味もある。弾力性に優れバットや杖、スキー板などの材料になる。東北地方から中部地方にかけての山地に自生する。新潟県では水田のはざ木として利用された。弾むようなフットワークで活躍はその辺りが主戦場に?

北欧神話に登場する世界を体現する巨大な木「ユグドラシル(世界樹)」はセイヨウトネリコとの事。「世界を体現する馬になってもらいたい」という願いも込めたい。



ステイゴールド×オリエンタルアート(メジロマックイーン)の血統。ノーザンテーストの4×3で奇跡の血量(18.75%)。全兄に3冠や凱旋門賞2着などのオルフェ―ヴル、有馬記念や宝塚記念、朝日杯FSのドリームジャーニーがいる。全兄や姉も応援馬だが、伯父シュペルノーヴァがスタート。



立ち姿は全体的にまとまっており、バランスもまずまず良い。パワフルな感じという意味では上ではオルフェーヴルに近いが、クビの辺りや体が角ばってみえるのは少し気になる。体もあまり大きく見せないので、馬体重も要チェック!


まずはどのような走り方をするのか見てみたい。



[PR]
by a_doctrinaire | 2014-07-25 00:11 | 競馬(POG) | Trackback | Comments(0)


競馬重賞の傾向と嵐世記や太閤立志伝4などのゲーム
検索
最新の記事
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク