<   2015年 05月 ( 52 )   > この月の画像一覧

目黒記念の予想 2015
東京優駿の影響を受ける事もあるレースだが…。


 目黒記念 予想 2015


京都記念6着からのトウシンモンステラ。ココ2戦はGⅡで前が残るなかで後方からの競馬で8着、6着。タイミングや仕掛け次第では可能性はあるはず。レース間隔を開けた分が問題なければ…。


日経賞6着のステラウインド。万葉Sは先行して粘り込んだ。ココ2戦は位置取りが少し後ろだが、昨年は先行しており、今回がどうか…。乗り替わりがいい方に出てくれると信じて。


メトロポリタンS3着のヴァーゲンザイル。前走は上がり最速で詰め寄ったが、ハナ、クビ差届かず。仕掛けるタイミングやペースで交わし切ってもおかしくない。後は他の馬との力関係がどうか。


セントライト記念2着のダービーフィズ。条件戦に戻ってから苦戦していたが、ようやく戻ってきた。素質馬や重賞連対馬相手に勝っており、ココでも通用してもいい。


ココ2走くらい走れるならファタモルガーナ。上でもやれるならレコンダイト。セントライト記念くらい走れるならダービーフィズと差はないアドマイヤスピカ。前走を信じればムスカテール。GⅡでもやれるならニューダイナスティ。ペース次第でメイショウカドマツ。



[PR]
by a_doctrinaire | 2015-05-31 03:24 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

東京優駿(日本ダービー)の予想 2015
馬場状態が分からないので、騎手次第で展開も読めませんが…。


 東京優駿(日本ダービー) 予想 2015


皐月賞馬ドゥラメンテ。前走は「もう1戦してくれれば文句なし…」と思っていたが、かなりのパフォーマンスだった。「能力が高いから勝てるというモノでもないのが今の東京優駿」だが、折り合えばあっさりがあっていい。


皐月賞2着のリアルスティール。前走は完敗も前から良い脚を使った。じっくり構え過ぎると危ういが、同じようなレースで脚をためる事が出来れば或いは…。


弥生賞勝ちのサトノクラウン。前走はスタートの悪さや4コーナーで外を回った影響はあった。その辺りでコースがかわって一変も考えられる。ただ、VTRでは特に不利を受けたようには見えないので、力の差はあるかもしれないが…。


青葉賞勝ちのレーヴミストラル。前走が目一杯ではなさそう。ただ、良くなるのは先のようなので、その辺りがどうか…。


応援馬を初めて予想に入れないという暴挙?に。前走が物足りないので3着候補止まりのポルトドートウィユ。乗り替わりがいい方に出ればサトノラーゼン。枠が内ならキタサンブラック。鞍上次第でミュゼスルタン。1戦使えていればアダムスブリッジ。立ち回りでタンタアレグリア。



[PR]
by a_doctrinaire | 2015-05-31 01:16 | 競馬(GⅠ) | Trackback | Comments(0)

目黒記念の予想候補 2015
過去10年の連対馬をチェックした「目黒記念の傾向 2015」を元にして、目黒記念の予想候補を選んでみます。


実績「「GⅠ10着、GⅡ8着、GⅢ4着以内」、距離「2400m以上連対」、「東京連対か左回り連対」、近走「3戦以内にGⅠ4着GⅢ以上3着以内、OP連対、条件戦1着」を条件にすると…


ヴァーゲンザイル
ステラウインド
ダービーフィズ
トウシンモンステラ
ニューダイナスティ
ファタモルガーナ
ムスカテール
メイショウカドマツ


がクリア。



左回りは2戦してGⅡ7着と500万7着の

アドマイヤスピカ


重賞出走無しの

レコンダイト


はセーフ。




[PR]
by a_doctrinaire | 2015-05-30 00:24 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

東京優駿(日本ダービー)の予想候補 2015
過去10年の連対馬をチェックした「東京優駿(日本ダービー)の傾向 2015」を元にして、東京優駿(日本ダービー)の予想候補を選んでみます。


実績「1800m以上重賞勝ち」、距離「1800m以上勝利」、コース「東京連対か初出走」、前走「GⅠ不問、GⅡ1着」を条件にすると…


キタサンブラック
サトノクラウン
サトノラーゼン
ドゥラメンテ
リアルスティール
レーヴミストラル


がクリア。






東京優駿(日本ダービー)3着の傾向 2015」だと…


実績「重賞2着」、距離「1800m以上連対」、コース「東京連対か初出走」、前走「GⅠ不問、GⅡ連対」で…


コメート
タガノエスプレッソ
タンタアレグリア
ポルトドートウィユ


は3着の可能性がある事に。


重賞出走の無い

アダムスブリッジ


休み明けのスプリングSが後方で、東京もGⅠ3着の

ミュゼスルタン


も残せるか…。



[PR]
by a_doctrinaire | 2015-05-29 00:06 | 競馬(GⅠ) | Trackback | Comments(0)

東京優駿(日本ダービー)の枠順決定! 2015
2015年5月31日(日)に行われるGⅠ東京優駿(日本ダービー)の枠番が発表されました。


 第82回 東京優駿 (GⅠ) 東京 芝2400m 3歳 牡57 (牝55)

※東京10Rで行われます。

1枠 1番 サトノラーゼン 岩田康誠 池江泰寿
1枠 2番 タンタアレグリア 蛯名正義 国枝栄
2枠 3番 コメート 嘉藤貴行 土田稔
2枠 4番 グァンチャーレ 松岡正海 北出成人
3枠 5番 ダノンメジャー 小牧太 橋口弘次郎
3枠 6番 ポルトドートウィユ 武豊 高野友和
4枠 7番 レーヴミストラル 川田将雅 松田博資
4枠 8番 ベルラップ 三浦皇成 須貝尚介
5枠 9番 コスモナインボール 柴田大知 和田雄二
5枠10番 ミュゼエイリアン 横山典弘 黒岩陽一
6枠11番 サトノクラウン C.ルメール 堀宣行
6枠12番 アダムスブリッジ 和田竜二 石坂正
7枠13番 リアルスティール 福永祐一 矢作芳人
7枠14番 ドゥラメンテ M.デムーロ 堀宣行
7枠15番 ミュゼスルタン 柴田善臣 大江原哲
8枠16番 スピリッツミノル 酒井学 本田優
8枠17番 キタサンブラック 北村宏司 清水久詞
8枠18番 タガノエスプレッソ 菱田裕二 五十嵐忠男


10年で「内14:外6」でCコースになる影響か「内有利」。
「馬番」は「1番」が5連対でトップ。「2番」「5番」「7番」の2連対ずつが続く。


皐月賞勝ちドゥラメンテは14番、皐月賞2着のリアルスティールは13番、弥生賞1着のサトノクラウンは11番、青葉賞勝ちのレーヴミストラルは7番、スプリングS1着のキタサンブラックは17番、京都新聞杯勝ちのサトノラーゼンは1番に入った。



※出馬表・成績・オッズ等は主催者発表のものと照合してください



[PR]
by a_doctrinaire | 2015-05-28 14:37 | 競馬(GⅠ) | Trackback | Comments(0)

目黒記念の傾向 2015
東京2500mで行われる古馬ハンデGⅡ「目黒記念」。


2月開催だったが、97年に6月、00年に5月に行われていた。11年を除いて06年から東京優駿(日本ダービー)と同日に行われている。12年から「3歳以上」から「4歳以上」に変更されており、07年には3歳馬ココナッツパンチが2着している。


 目黒記念の傾向 (過去10年の連対馬データから) 2015


<実績>
最低連対ラインは「1000万勝ち」。

該当するのは…

「1600万が7着と12着、OP以上不出走」のイケドラゴン
「1600万不出走、OPは3戦して4着、3着、3着、重賞はセントライト記念8着のみ」の06年時のポップロック


次点「1600万勝ち」。

「OPはホープフルS8着、大阪ハンブルグC4着、重賞が京成杯4着とセントライト記念8着」のマイネルメダリスト
「OPは福島民報杯5着、重賞が5戦して福島記念3着や有馬記念4着など」のラブイズブーシェ
「OP不出走、重賞は天皇賞(春)10着のみ」のトウカイパラダイス
「OP不出走、重賞は青葉賞3着のみ」のハートビートソング
「OPはプリンシパルS10着、重賞はダイヤモンドS6着と阪神大賞典8着」のコパノジングー
「OP不出走、青葉賞12着、神戸新聞杯4着、菊花賞6着、天皇賞(春)4着」のホクトスルタン
「OP3着、朝日CC7着、菊花賞3着、日経賞3着」のオペラシチー


次々点は「OP連対」。

「OP勝ち、重賞6戦ダイヤモンドS3着、神戸新聞杯4着、日経新春杯5着など」のスマートロビン
「OP2着、重賞は5戦して目黒記念6着など」のキングトップガン


残り9頭は「重賞連対」。


ハンデ次第だが、イケドラゴン以外は「GⅠ10着、GⅡ8着、GⅢ4着以内」なので、その辺りがラインか。



<距離>
全馬に共通するのは「2000m以上勝利」。

2000mまでしか連対が無かったのは…

「未勝利2200m3着、2400mが1600万4着とGⅡ8着、有馬記念4着」のラブイズブーシェ
「2200m以上出走無し」の07年は出走可能だった3歳馬ココナッツパンチ


次点「2200m」は

「2400mが芝500万3着、ダート500万8着、2500mが1000万7着」のイケドラゴン


次々点の「2400m勝ち」。

2500m以上が…

「天皇賞(春)10着のみ」のトウカイパラダイス
「目黒記念6着とダイヤモンドS15着」のキングトップガン
「2500m以上出走無し」のハートビートソング
「ダイヤモンドS6着と阪神大賞典8着」のコパノジングー


残り13頭には「2500m以上勝利か連対」があった。



<コース>
「東京連対」12頭、「初出走」4頭。

残りは…

「芝は4戦して目黒記念6着やメトロポリタンS6着2回など」のキングトップガン
「青葉賞3着のみ」のハートビートソング
「目黒記念5着のみ」のアイポッパー
「メトロポリタンS3着のみ」のオペラシチー


東京連対が無かった馬は「中京連対」6頭と「東京OP以上1戦で3着」2頭と「左回り連対か3着」。



<脚質>
「逃げ」3頭、「先行」7頭、「差し」10頭。

だいたいの1000mは60.3、58.6、58.3、59.4(稍重)、62.7、61.6(不良)、59.4、61.9、59.9(稍重)、59.5で速くなる事もある。
直線の長さやペースの割に前が残る。



<その他>
1番人気6連対、2番人気2連対、3番人気2連対。

4番人気2連対、5番人気2連対、7番人気2連対、8番人気2連対で、残りは9番人気と12番人気。
「1~8番人気」が9割を占めている。

3着は4、3、6、6、7、17、2、6、12、7番人気。



「上がり3ハロン3番手以内」は10年で13頭。

直線の長さなどを考えると少なく、Cコース仕様になった影響が出ているかと。
レース内で速い脚を使うよりも、良い位置でタイミングよく仕掛けるのがいい。



「鞍上」は「蛯名正義」騎手と「横山典弘」騎手の2勝がトップ。

「武豊」騎手の1勝と2着1回が続く。
ハンデの影響もあって、リーディング上位にこだわる必要はないかと。



ハンデは51~58.5キロで平均55.225キロ。中央値は56キロ。
58.5キロがいるが、51キロが3頭と下げている感もあるので、判断は難しい。


トップハンデは57.5~58.5キロ。
のべ12頭で2連対と少ない。他馬との比較もあるので、あまりお奨め出来ない。


追記…


「年齢」は「5歳」の9連対がトップ。

「4歳」5連対
「6歳」4連対
「3歳」1連対 ※以前は3歳も出走可能だった
「8歳」1連対

で古馬でも5歳が少し抜けている。2015年は4歳の出走はないが…。



[PR]
by a_doctrinaire | 2015-05-28 01:11 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)

東京優駿(日本ダービー)3着の傾向 2015
過去10年の連対馬をチェックした「東京優駿(日本ダービー)の傾向 2015」に続いて、東京優駿3着馬も見ておきます。


 東京優駿(日本ダービー)3着の傾向 (過去10年の3着馬データから) 2015


【実績】
最低連対ラインは「重賞2着」。

該当するのは…

「京成杯7着と青葉賞2着」のアポロソニック
「共同通信杯4着、スプリングS2着、皐月賞11着」のベルシャザール
「デイリー杯2歳S8着、ラジオNIKKEI杯4着、京成杯2着、きさらぎ賞4着」のシックスセンス

2回2着の

「きさらぎ賞7着、弥生賞2着、皐月賞6着、NHKマイルC2着」のブラックシェル

残り6頭は「重賞勝ち」。

「札幌2歳S5着、ラジオNIKKEI杯2歳S7着、共同通信杯4着、毎日杯1着、青葉賞6着」のマイネルクロップと「シンザン記念1着と皐月賞9着」のアントニオバローズ以外の8頭は「GⅡ以上連対」。

※連対馬が「勝ち」に対して、3着馬は「連対」と少し低くてもココは可能性がある。



【距離】
全馬に共通するのは「1800m以上連対」。

1800mまでだったのは2000m以上が…

「ラジオNIKKEI杯2歳S7着と青葉賞6着」のマイネルクロップ

残り9頭は「2000m以上連対」があった。


3割程が1800mでいい連対馬と違い、3着は「2000m以上連対」率が高い。



【コース】 ※修正
「東京連対」4頭、「初出走」5頭。

残り1頭は

「共同通信杯4着と皐月賞11着(代替)」のベルシャザール

2011年の3着馬で震災時という事で少し例外的にとらえたい。一応、共同通信時は内が粘る所を大外をぶん回して4着という事情も憶えておきたい。



【脚質】
「逃げ」1頭、「先行」4頭、「差し」4頭、「追い込み」1頭。

比率はそれほど連対馬とは変わらないが、ココ5年は先行勢が増えている。
着差は「平均0.6秒差」と大きく11年の0.1秒以外は「0.3~1.4秒差」なので、離される印象もある。



【前哨戦】
「皐月賞(11、1、4、2、2着)」5頭、「青葉賞(6、2着)」2頭、「京都新聞杯1着」1頭、「NHKマイルC2着」1頭、「プリンシパルS2着」1頭。

着順は「GⅠ不問」は連対馬と同じだが、それ以外で「2着や6着」と少し低いレベルでも3着はある。



【その他】
「人気」は12、8、7、8、1、8、6、4、7、7番人気。

上位人気が半分を占めていた連対馬と違い、コチラは「6~8番人気」が中心。
実績の低さや着差が大きい事もあり、3着は人気があまり無くても絡める。



「上がり3ハロン3番手以内」は10年で3頭。

仮柵の移動の影響もあってか、ココ5年に関しては0と早めに動いた馬ばかり。
ただ、上がりが勝ち馬より速かったのは1年だけなので、展開云々よりも能力差の方が…。



鞍上は「岩田康誠」騎手と「四位洋文」騎手は3着が2回ずつ。

1回3着のある「武豊」騎手を含めて3人は10年で上位に3回以上絡んでいる。



連対馬の「1800m以上重賞勝利」に対して3着馬は「1600m以上重賞連対」。

「重賞がシンザン記念1着と皐月賞9着」のアントニオバローズを除いても「1800m以上重賞連対」なので、やはり連対馬よりも劣っているケースが多い。


重複もあるが、連対重賞は10年で…

「皐月賞」3頭、「弥生賞」3頭、「シンザン記念」2頭、「毎日杯」「青葉賞」「京都新聞杯」「スプリングS」「ラジオNIKKEI杯2歳S」「NHKマイルC」「きさらぎ賞」「京成杯」1頭。

連対馬と同じレースが多い。



枠は「内5:外5」で五分で、連対馬ほどは大きな差は無い。

ただ、「馬番」は「3番」3回、「7番」「14番」「15番」2回ずつと偏りがみられる?



[PR]
by a_doctrinaire | 2015-05-27 00:23 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)

東京優駿(日本ダービー)の傾向 2015
東京2400mで行われる3歳GⅠ「東京優駿」。


3歳クラシック3冠の最高峰。イギリスの「Derby Stakes」を模しており、別名「日本ダービー」。他の国や地域でも「Derby Stakes」に倣って、「ダービー」と名のつく競争が開催されている。「有馬記念」と共に競馬を知らない人でも名前くらいは聞いた事のあるレース。

ちなみにフットボールのダービーマッチはダービー市が元になっているらしく別モノとの事。


昔は『皐月賞は「最も速い馬」、東京優駿は「最も幸運に恵まれた馬」、菊花賞は「最も強い馬」が勝つ』と言われていたが、競馬環境も変化し違ってきていた。東京2400mは実力が出しやすいコースとも言われて、「強い馬が勝つ」事が増えていたが、近年は「紛れ」が生じる事もあり、『運』が求められる。



 東京優駿(日本ダービー)の傾向 (過去10年の連対馬データから) 2015


【実績】
最低連対ラインは「重賞勝ち」。

「GⅢ勝ち」はGⅡ以上が…

「弥生賞2着と皐月賞4着」のワンアンドオンリー
「弥生賞4着と皐月賞2着」のエピファネイア
「スプリングS2着、皐月賞3着」のディープブリランテ
「GⅡ出走無し」のエイシンフラッシュとリーチザクラウン

残り15頭には『GⅡ以上勝利』がある。

ただ、昨年の想定通り?ワンアンドオンリーも該当して「GⅡに出走して勝ちなし」がココ3年連続。「理由(ワケ)あり」なのだが「GⅠ含む2戦のGⅡ以上2着」なので、徐々にこちらにスライドしてくると考えておいた方がいい…。


GⅠは「GⅠ連対」8頭、「GⅠ初出走」5頭、「GⅠ3着」2頭。残りは「出遅れ後方皐月賞4着」、2009年の2頭の「きさらぎ賞以来の皐月賞13着」と「-10キロの皐月賞14着」、「皐月賞9着」、「きさらぎ賞以来の皐月賞11着とNHKマイルC11着」。



【距離】
全馬に共通するのは「1800m以上連対」。

1800mが2着までなのは

「2戦目にスローで逃げをさせなかった黄菊賞2着のみ」の牝馬ウオッカ


それ以外には「1800m以上勝利」があり、2000m以上が…

「皐月賞3着のみ」のディープブリランテ
「皐月賞4着のみ」のローズキンダム
「2000m未勝利9着のみ」のディープスカイ
「皐月賞9着のみ」のスマイルジャック
「ラジオNIKKEI杯5着(不利あり)ときさらぎ賞以来の皐月賞7着」のアサクサキングス

で、「1戦かワケあり」くらいだとセーフ。


残り14頭には「2000m以上連対」があるが、時々1800mまでが連対するのであまり気にする必要はない…。



【コース】
「東京連対」11頭、「初出走」8頭。

残りは…

「-8キロでの東京スポーツ杯2歳S6着のみ」のワンアンドオンリー

乗り替わり、初関東などもあったか「1戦くらいはセーフ」。


広い競馬場で直線が長く、能力でこなせる馬もいるので「初出走」でも気にする必要はない。
ただ、「左回り」や「長距離輸送」は得手不得手が分かれるので、走ってダメなら気を付けたい。


初出走の内、左回りに出走があったのは「2戦目の新潟2歳S6着のみ」のインティライミのみ。数年延ばすと「中京2歳S(旧)3着のみ」のネオユニヴァースもいるが。



【脚質】
「逃げ」2頭、「先行」8頭、「差し」10頭。

1000mは59.6、60.3、59.1、62.4(不良)、61.6、59.9(不良)、60.8、60.5、62.5(稍重)、59.9と距離の割には少しペースは速くなる事も。

直線の長さやペースの割に、逃げ~3番手も残っている。


09年には仮柵移動が行われており、ヴィクトリアマイルと優駿牝馬までがBコース、東京優駿の週からCコースとの事。内側が綺麗で、外や後ろからが厳しくなり、内や前が残る。



【前哨戦】
「皐月賞(4、1、2、3、1、3、4、14、13、9、1、1着)」12頭、「青葉賞1着」3頭、「京都新聞杯1着」2頭、「NHKマイルC11着」1頭、「桜花賞2着」1頭。

着順は「GⅠ不問」で「GⅡ1着」。勝ち馬は基本GⅠ組だが、キズナの「GⅡ京都新聞杯勝ち」とアグネスフライト以来の優勝がある。



【その他】
「人気」は1番人気は5連対、2番人気2連対、3番人気4連対。

5番人気3連対、で残りは4、7、10、12、14番人気。
06年まで強い印象のあった1番人気だが、07年以降は少し崩れてきている…。



上位人気で4着以下に敗れたのは…

実績や前哨戦では「皐月賞1~4着」「青葉賞1着」
結果からは「位置取り後方」「出遅れ」、「距離が長かった」や「不良馬場」、「初芝」など

少し過剰人気が結構あったりするので、気を付けたい。



「上がり3ハロン3番手以内」は10年で14頭。

直線の長さもあって脚質の割には多いが、逃げや先行勢は該当しない場合も。
ただ、勝ち馬はディープブリランテ以外の9頭が該当しており、「最速」か「2番手」。脚を殺しても勝ちにいかない限りは良い脚が使えるタイプを狙いたい。

19頭には「連対時に上がり3ハロン2番手以内が2回以上」があり、残り1頭は「上がり最速+3番手」のフェノーメノ。さらに「上がり2番手2回」のアサクサキングスを除く18頭は「連対時に上がり2番手以内が3回以上」があった。



「鞍上」は「武豊」騎手の3連対がトップ。

「横山典弘」騎手と「四位洋文」騎手の2勝、「蛯名正義」騎手と「福永祐一」騎手の2着2回が続く。
優駿牝馬を勝っていても、違ったトコロがあるようで、「東京優駿の経験」というのも必要か…。



「皐月賞馬」は10年で2着、5着、4着、1着、3着、12着、不出走、9着、1着、1着。

9戦3勝2着1回3着1回で、上位に絡むのは半分ほど。距離やコース違いなどもあってか思ったより苦戦する。
皐月賞のパフォーマンスの割に大きく敗れる事もあるので、気を付けたい。



10年で19頭に『1800m以上重賞勝ち』があった。
該当しないのは「出走の無かった」牝馬ウオッカのみで、実績と距離を考えても当然だがクリアしてほしい。

重複もあるが「皐月賞」4頭、「青葉賞」「スプリングS」「ラジオNIKKEI杯2歳S」「東スポ杯2歳S」「毎日杯」3頭、「弥生賞」「京都新聞杯」「きさらぎ賞」2頭辺りと相性がいい?

昨年から無くなった「ラジオNIKKEI杯2歳S」に替わって「ラジオNIKKEI杯京都2歳S」や「ホープフルS」の台頭が今後あるのか…。



仮柵移動の影響もあってか「内14:外6」で「内有利」。

「1番」が5連対でトップ。「2番」「5番」「7番」の2連対ずつが続く。
外が悪いわけではないが、内の方が綺麗な部分を走りやすい。




[PR]
by a_doctrinaire | 2015-05-26 00:20 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)

優駿牝馬の結果 2015
桜花賞よりはマシだが、スローペースとなった優駿牝馬は…


3番人気ミッキークイーンはまずまずのスタート。少し行きたがるのを抑えて馬群の中に。12番手で1コーナーを回る。向う正面でも位置取りは変わらず。1000mを切って少し動いたか、4コーナーでは中を通り、直線に入って外に出す。ムチが入って追い出すと、残り400mを切って7番手、追って追って200mを切って4番手。残り100mからムチの連打に呼応してさらに加速して内の方の1頭交わし、さらに前の2頭もあっさり交わして、1馬身程のリードで優勝。


1番人気ルージュバックはそこそこのスタート。少し仕掛けて外を上がって行く。8、9番手辺りで1コーナーへ。2コーナー辺りで上がって向う正面では5番手の外。4コーナーで仕掛けて、400mを切って3番手に上がる。ムチが入って先頭に立って残り200mを切る。追いとムチで後ろからクリミナルを退けるも、その外から一気に交わされて残り50mで2番手になって2着。


6番人気クルミナルはゲート入りを嫌がって目隠しをするも入らず、さらに後ろ向きで近づいて回ってようやく入る。スタートはお約束の遅れて鞍上が急いで追うかたち。10番手付近で1コーナーを回る。道中はその付近で残り1000mを切って鞍上の手が動いたか。4コーナーは外を回って直線へ。追って内へヨレて、外へ立て直してムチが入る。残り400mで4番手で、追って前との差を縮めて残り200mで2番手に上がる。ルージュバックと併せようとするも競り負け、さらに外から一気に交わされて3着。


4着はアースライズ。5着はアンドリエッテ。2番人気レッツゴードンキは掛かった影響もあってか10着だった。





予想は1着、2着、7着、9着。


馬連1160円は的中。


ただ、最後に迷ってクルミナルを切って3連複を外す…。


クイーンズリングの桜花賞が微妙と感じておきながら、クルミナルを選ばなかったのは失策。ま、チューリップ賞が納得いかなかったのが大きかったですが。


追記…ココロノアイは5月29日に骨折が判明。全治3ヶ月との事。





やっぱり5頭目付近の上位率が高いような…。



[PR]
by a_doctrinaire | 2015-05-25 00:02 | 競馬(GⅠ) | Trackback | Comments(0)

優駿牝馬の予想 2015
桜花賞が今までにないペースだったので、その辺りをどう判断すればいいのか…悩み続けて結論が出ない。


 優駿牝馬(日本オークス) 予想 2015


きさらぎ賞勝ちのルージュバック。桜花賞では乗り方がマズかった。あの時のダメージが無くなっているなら、もう1度ココで見直したい。


チューリップ賞勝ちのココロノアイ。あのパフォーマンスをココでも発揮できるなら通用してもいい。


忘れな草賞勝ちのミッキークイーン。クイーンCでは上がり最速。位置取りを考えるとキャットコインより上でもおかしくない。前走は中団でも競馬が出来ており、ペース次第で変えられるなら…。


フィリーズR勝ちのクイーンズリング。関西馬ながらデビューから2戦は関東と輸送はクリアできそう。前走がやや物足りなさはあるが、ペースがペースだけに…。1800mをクリアしているのもいいかと。


チューリップ賞がまともだったらクルミナルとレッツゴードンキ。仕掛け次第でアンドリエッテ。前走がもう少し良い脚ならシングウィズジョイ。ヤネの頭の中次第でキャットコイン。



[PR]
by a_doctrinaire | 2015-05-24 03:01 | 競馬(GⅠ) | Trackback | Comments(0)


競馬重賞の傾向と嵐世記や太閤立志伝4などのゲーム
検索
最新の記事
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク