<   2015年 06月 ( 40 )   > この月の画像一覧

ラジオNIKKEI賞の傾向 2015
福島1800mで行われる3歳ハンデGⅢ「ラジオNIKKEI賞」。


05年以前は「ラジオたんぱ賞」の名称で「別定戦」とちょっと条件が違っていた。過去には「2着馬」からスクリーンヒーローやソングオブウインド、別定戦時代にはカンパニーやタイキブリザードなどの後のGⅠ馬が出走している。1着もシンコウラブリイの92年まで戻れば…。以前は3週目に行われてきたが、13年から開幕週の2日目になっており、少し違いがでてくるかも…。

11年は震災の影響で中山開催なので、除いて考えます。ハンデ戦になってからの福島開催分は全部で8回。


 ラジオNIKKEI賞の傾向 (福島開催過去8年の連対馬データから) 2015


<実績>
最低連対ラインは「500万勝ち」。

該当するのは…

「東スポ杯9着、ホープフルS5着、京成杯12着、スプリングS8着、青葉賞8着」のウインマーレライ
「京成杯3着、共同通信杯8着、稲村ケ崎特別(1000万)7着」のケイアイチョウサン
「1000万以上出走無し」のファイナルフォームとロックドゥカンブとソングオブウインド
「スプリングS6着、青葉賞4着」のアロマフェ
「プリンシパルS17着のみ」のサニーサンデー
「ラジオたんぱ杯8着、スプリングS4着、青葉賞7着」のタマモサポート


次点は「1000万勝ち」。

「新潟2歳S7着、プリンシパルS8着」のストロングガルーダ


残りは「重賞連対」1頭と「OP連対」4頭。
ただ、重賞に出走のなかった4頭以外に「重賞で7着以内」があり、コレはクリアしてほしい。

ちなみにOPでは「初乗り替わりでプリンシパルS17着のみ」のサニーサンデーがいる。



<距離>
全馬に共通すのは「1400m以上連対」。

1400mまでなのは…

「1400m2着で、1600m以上はNZT5着(0.3秒差)とNHKマイルC9着(0.5秒差)」のカシノピカチュウ
1600mは2戦と少なく高いレベルである程度やれいたので、条件戦辺りならやれていた可能性は残る。


次点は「1600m」までは…

1800m以上が…

「プリンシパルS8着のみ」のストロングガルーダ
「1800mは未勝利6着、2000mは3戦未勝利3着など」のサニーサンデー
「共同通信杯12着のみ」のレオマイスター

1戦か3着なので、数走ってなければセーフ。

残り12頭は「1800m以上連対」。



<コース>
「福島連対」2頭、「初出走」14頭。

ローカルという事もあるが、開催時期や競馬番組の影響もあって「初出走」が圧倒的に多い。


福島は「直線に急な坂」があり、出走があった馬には「中山連対」か「中山重賞3着」、「阪神連対」があった。



<脚質>
「先行」8頭、「差し」7頭、「追い込み」1頭。

1000mは58.2、60.5、60.5、60.4、60.1、59.9、60.0、60.5(重)とあまり速くならない。
ペースも落ち着いた上に、コースも前目が有利だが後方からでも通用している。


13年から開幕週だが、後方から3頭なので、コースよりもハンデなどの部分が大きいか…。



<その他>
「人気」は1番人気2連対、2番人気4連対、3番人気1連対。

5番人気3連対、8番人気2連対、14番人気2連対、残りは6番人気と13番人気。
ハンデ戦という事もあって、人気薄も絡む。

3着は7、5、16、6、2、1、4、12番人気。



「上がり3ハロン3番手以内」は8回で11頭。

後方からが多いのでいい脚は魅力的。ただ、「最速」は3頭なので、早めに動いている方が多い。
展開などもあるが、残り600mで勝負が動く。



「ハンデ」は福島開催8回で52~57キロで平均54キロ。

中央値も54キロ。
ただ、52キロは南半球生まれで、半年ほど遅く生まれたロックドゥカンブ。それを除くと53キロが最軽量。


トップハンデは56~57キロで、のべ12頭で2着1回と劣勢。

4着が3頭なので明らかに影響が出ており、あまりお奨めできない。
もちろん、馬次第やハンデ次第で可能性は残るが…。



「鞍上」は「蛯名正義」騎手と「内田博幸」騎手の2連対。

後はバラバラだが、やはり関東の騎手が多い。
コースなどの経験も大きく影響してくるレースと考えたい。



実績で「重賞8着」をひとつの基準と考えたが、細かくみると…

レースは「スプリングS」「青葉賞」「きさらぎ賞」「新潟2歳」「皐月賞」「ニュージーランドT」
着順は「4~8着」

ファルコンS2着のカシノピカチュウも「ニュージーランドT5着」があり、該当している。
新潟2歳S7着のストロングガルーダは2戦目以降に重賞への出走が無いので、「3歳1600m以上重賞4~8着以内」。


「上位人気で4着以下」に「重賞2~3着」が半分くらいいるので、ハンデも重たくならない『上位はないがその下あたり』がお奨め。



[PR]
by a_doctrinaire | 2015-06-30 01:34 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)

ポルトフォイユのデビュー戦
阪神1800mの新馬戦に応援馬ポルトフォイユが出走。


JRAのウェブサイトのレース映像で確認。


パドックや返し馬、ゲート入りは分からず。


470キロでの出走で、1.5倍の1番人気でした。





まずまずのスタート。


下がって6、7番手の外。


200mほど走って少しずつ上がって行く。


残り1200mでは4番手。


鞍上は抑えているような仕草で残り1000mで3番手。


4コーナーでは2頭で併せて直線へ。


大きく逃げて直線で外に向かっていたウインクレドのさらに外へ移動。


追いだして残り300m付近でムチが入る。


前の逃げ馬を交わして2頭が内外離れたカタチで追う。


ムチと追いを繰り返すと残り100m辺りで先頭に立ち、追いだけで離して優勝。


勝ち時計は1:50.0で、上がりは36.9で最速でした。





ある程度控えるカタチから、道中で上がって行くという素直?な競馬。直線は進路が決まるまで少し外へ行きましたが、追ってからもまずまず真っ直ぐ走っており、大きな問題はないのかと…。


まずは初勝利おめでとうございます。


お疲れ様でした。



[PR]
by a_doctrinaire | 2015-06-29 02:05 | 競馬(POG) | Trackback | Comments(0)

宝塚記念の結果 2015
1頭で遅れてスローペースになった宝塚記念は…


6番人気ラブリーデイはいいスタートから前へ。2番手で1コーナーへ。向う正面でも1馬身ほど後ろを追走。4コーナーから仕掛け、直線で追う。残り300mで先頭に立つ。残り150m辺りでムチが入り、最後は追って追って粘って優勝。


10番人気デニムアンドルビーはスタートはまずまず。内がぶつかってきて後方に下がる。後ろから2番手の15番手。1000mを切って内を少しずつ上がって1頭交わして、交わされ14、5番手へ。4コーナーでは一気に大外へ持ち出す。追って追ってムチが入って残り300mで13番手。一歩ずつ前を交わしていくが、残り200mを切ってムチの連打。残り100mでは4番手に上がり、内の2頭を交わして前を狙うも2着。


11番人気ショウナンパンドラいいスターから押して前の方へ。6番手の内でコーナーへ。向う正面ではヌーヴォレコルトと並んで7番手。4コーナーでは内で直線に入ってもすぐに追えず。前のトーセンスターダムが安定した残り200mで最内を突く。追ってムチが入って1頭ずつ交し、前を追うも3着。


4着はトーホウジャッカル。5着は3番人気ヌーヴォレコルト。1番人気ゴールドシップはゲートで立ちあがって2秒ほど出ずに(1.2秒差の)15着。2番人気ラキシスは8着。


※出遅れたゴールドシップだが、ゲートは目隠しで入れてその後もかなり落ち着いていた。しかし、最期のゲート入りのラブリーデイが入る前にラキシスとレッドデイヴィス辺りが暴れ、それがトーホウジャッカルにまで移って、ラブリーデイが入った時にはゴールドシップが苛立った後。ゴールドシップが初めに立ちあがった時はゲートは開かなかったが、2度目に立ちあがった時にスタートが切られたカタチ。





予想は1着、8着、11着、15着。


敗因はデニムアンドルビーを前走を気にして予想に入れず。さらに距離で連が無く、近走も良くなかったショウナンパンドラを予想候補にも残さず。


実績不足で通用するのは宝塚記念らしかったが、他の人気馬もさすがに怪しかったか…。





メンバーを考えると少し広げるべきでした…。



[PR]
by a_doctrinaire | 2015-06-29 00:31 | 競馬(GⅠ) | Trackback | Comments(0)

ダノンキャップのデビュー戦
東京1600mの新馬戦に応援馬ダノンキャップが出走。


JRAのレース映像で確認。


パドックや返し馬は分からず…。


516キロの出走で、2.3倍の1番人気でした。





スタートは半馬身くらいの出遅れ。


下がって行くのを鞍上が押す。


300mほどで掛かってクビを上げてバタバタ。


落ちついたのかそのまま上がってあがって残り800mでは3番手。


4コーナーで外を回って直線へ。


追ってムチが入るもすぐに伸びず、残り400m。


ウインファビラスが外から来ると、内のビービーバーレルと挟まれる。


外から押されると力尽きたか下がっていって5着。





掛かった分と途中で上がって行った部分でお釣りは無かったのか…。


芝は大丈夫そうなので、もう1戦見てみたいですが、典さん辺りがよかった。




[PR]
by a_doctrinaire | 2015-06-29 00:08 | 競馬(POG) | Trackback | Comments(0)

宝塚記念の予想 2015
それなりにいいメンバーですが、もう少しメンバーが揃いそうだったのが残念…。


 宝塚記念 予想 2015


3連覇がかかるゴールドシップ。まともに走れば勝っていい。走る気があって鞍上と仲良くやれるなら…。


昨年の東京優駿勝ちワンアンドオンリー。菊花賞以降が物足りなかったが、リズムを崩したのも大きかった。折り合いが問題なければ上位があっていい。


大阪杯勝ちのラキシス。不良馬場で牡馬相手にあのパフォーマンスは見事。同じような状態にあるのなら…。


鳴尾記念勝ちからのラブリーデイ。先行して粘るタイプはこのレースに合っているはず。乗り替わりは気になるが、馬は面白そう。


使っていればトーホウジャッカル。2走前以上ならデニムアンドルビー。復調しているならトーセンスターダム。前走の敗因次第でヌーヴォレコルト。昨年以上でカレンミロティック。



[PR]
by a_doctrinaire | 2015-06-28 01:06 | 競馬(GⅠ) | Trackback | Comments(0)

ダノンキャップのデビュー!
2015年6月28日(日)の東京1600mの新馬戦に応援馬ダノンキャップが出走します。


Danon Cap … 冠名+代表。ダノンを引っ張る中心的存在に…との事。


Iffraaj×ザーキー(Kingmambo)の血統。Mr.Prospectorの4×3とNureyevの3×4の「奇跡の血量」が二つある。Northern Dancerの5×4×5×5なども。半兄ペニーズピクニックはフランスの1200mGⅡやGⅢ勝ち。従兄弟にカレンブラックヒル、レッドアルヴィスがいる。父イフラージはZafonic産駒で、その産駒は日本では走っていないようで。


立ち姿のバランスが好み。ガッチリした体型に見えてパワーのあるタイプか。距離は長く持たないかもしれないが1800付近なら問題ないと考える。1歳のセレクトセール2014でも気になっていたが、グッと好みにかわってきた。当時は全体に今少しながら後ろが印象的だったが、今は前の方の感じがいい。このバランスの良さが走る条件?であってほしい。


父の産駒が日本の芝に合うかどうかが分からないので、先々でもやれそうな感じだとありがたい。


ゴタゴタついでにチェックしておきながら、デビューを忘れる所でした。危うくプロディガルサンの二の舞…。



[PR]
by a_doctrinaire | 2015-06-27 14:13 | 競馬(POG) | Trackback | Comments(0)

宝塚記念の予想候補 2015
阪神開催過去10回分の連対馬をチェックした「宝塚記念の傾向 2015」を元にして、宝塚記念の予想候補を選んでみます。


実績「GⅡ以上勝利+重賞勝ち+重賞連対」、距離「2200m以上連対」、コース「阪神連対か初出走」、前走「3着以内」を条件にすると…


ゴールドシップ
ラブリーデイ
ワンアンドオンリー
ラキシス


がクリア。


GⅡで4着、GⅠで5、6着の多い

カレンミロティック


前走が天皇賞(春)10着の

デニムアンドルビー


順調さを欠いての3歳春だった

トーセンスターダム


重賞2戦でGⅠ1着とGⅢ3着の

トーホウジャッカル


2走前に勝っている

ヌーヴォレコルト


はセーフか。



[PR]
by a_doctrinaire | 2015-06-27 11:24 | 競馬(GⅠ) | Trackback | Comments(0)

ポルトフォイユのデビュー!
2015年6月28日(日)の阪神1800mの新馬戦に応援馬ポルトフォイユが出走します。


Portefeuille … 馬名の意味はフランス語で「大臣、財布」との事。Porteは「扉」、feuilleは「葉」かと。


ディープインパクト×ポルトフィーノ(クロフネ)の血統。全兄に京都新聞杯2着のポルトドートウィユ。母はデビューから2連勝でエルフィンS勝ちなど。ただ、順調に競馬が使えず、回避なども多かった。祖母はエアグルーヴ。伯母にアドマイヤグルーヴ、叔父にルーラーシップ、叔母にグルヴェイグなどがいる。


立ち姿は全体のバランスの良さがいい。全兄の当時の立ち姿と比べるとパワフルな感じ。いい意味で「丸み」があり、キュッと詰まっている印象。幅も広く見えるし、距離もやれるのでは?兄よりもコチラの方が好み。しかし、それで走るかどうかは別なのだが…。


母や兄同様に早いデビューですが、無事に競馬を嫌いにならないで戻ってきてもらいたい…。


私事でゴタゴタして、プロディガルサンを応援馬にし損ねて、ココでのお約束通りデビュー勝ち…苦笑。本馬が今年最初のデビューなので、思い切り応援します。



[PR]
by a_doctrinaire | 2015-06-26 00:38 | 競馬(POG) | Trackback | Comments(0)

宝塚記念の枠順決定! 2015
2015年6月28日(日)に行われるGⅠ宝塚記念の枠番が発表されました。


 第56回 宝塚記念 (GⅠ) 阪神 芝2200m

1枠 1番 ショウナンパンドラ 牝4 56 池添謙一 高野友和
1枠 2番 トーセンスターダム 牡4 58 武豊 池江泰寿
2枠 3番 ネオブラックダイヤ 牡7 58 秋山真一郎 鹿戸雄一
2枠 4番 アドマイヤスピカ 牡5 58 幸英明 松田博資
3枠 5番 カレンミロティック せん7 58 蛯名正義 平田修
3枠 6番 デニムアンドルビー 牝5 56 浜中俊 角居勝彦
4枠 7番 ワンアンドオンリー 牡4 58 M.デムーロ 橋口弘次郎
4枠 8番 ディアデラマドレ 牝5 56 藤岡康太 角居勝彦
5枠 9番 トウシンモンステラ 牡5 58 和田竜二 村山明
5枠10番 オーシャンブルー 牡7 58 松山弘平 池江泰寿
6枠11番 ヌーヴォレコルト 牝4 56 岩田康誠 斎藤誠
6枠12番 レッドデイヴィス せん7 58 松若風馬 音無秀孝
7枠13番 ラキシス 牝5 56 C.ルメール 角居勝彦
7枠14番 トーホウジャッカル 牡4 58 酒井学 谷潔
8枠15番 ゴールドシップ 牡6 58 横山典弘 須貝尚介
8枠16番 ラブリーデイ 牡5 58 川田将雅 池江泰寿


阪神開催10回の連対馬は1~17番で、「内13:外7」で内が多い。
馬番は「8番」「11番」の3連対、「2番」「4番」「9番」「17番」が2連対ずつ。


3連覇がかかるゴールドシップは15番、大阪杯でキズナを破ったラキシスは13番、東京優駿勝ちのワンアンドオンリーは7番、中山記念勝ちのヌーヴォレコルトは11番、菊花賞以来のトーホウジャッカルは14番、鳴尾記念勝ちのラブリーデイは16番、昨年2着のカレンミロティックは5番に入った。



※出馬表・成績・オッズ等は主催者発表のものと照合してください



[PR]
by a_doctrinaire | 2015-06-25 20:31 | 競馬(GⅠ) | Trackback | Comments(0)

宝塚記念3着の傾向 2015
宝塚記念の阪神開催過去10回の連対馬をチェックした「宝塚記念の傾向 2015」に続いて、宝塚記念3着の傾向もみておきます。


京都開催は除いています。


 宝塚記念3着の傾向 (阪神開催過去10回の3着馬データから) 2015


【実績】
最低連対ラインは「GⅡ勝利+GⅢ2着2回」。

該当するのは…

「ラジオNIKKEI杯8着、弥生賞4着、青葉賞5着、神戸新聞杯5着、菊花賞8着、鳴尾記念2着、大阪杯1着、鳴尾記念2着」のショウナンマイティ。


次点は「GⅡ勝ち+GⅢ勝ち+GⅡ2着」。

「日経賞4着、新潟大賞典5着、エプソムC10着、アルゼンチン共和国杯2着、中日新聞杯1着、金鯱賞1着」のアーネストリー


残り7頭は「GⅡ以上勝利+GⅠ連対+GⅡ以上連対」。

GⅠは「GⅠ連対」8頭、「GⅠ初出走」1頭、「菊花賞8着のみ」のショウナンマイティ。


連対馬に比べると実績少し高いケースも多く、実績不足でも連があると考える。
ちなみに低いトコロでは、13年前に「OP勝ち」のローエングリンがいる。3歳で「重賞は東スポ2歳S13着とスプリングS6着のみ」だが、出走メンバー次第では可能性が残る。



【距離】
全馬に共通するのは「2000m以上勝利」。

2000mまでだったのは…

「2200m以上が青葉賞5着、神戸新聞杯4着、菊花賞8着」のショウナンマイティ

残り9頭には「2400m以上連対」、優駿牝馬2着のヴィルシーナ以外には「2400m以上勝利」があった。



【コース】
「阪神勝利」10頭。

ココでも連対馬の「阪神連対」よりも高め。



【脚質】
「逃げ」1頭、「先行」4頭、「差し」4頭、「追い込み」1頭。

連対馬と同じように半分ずつぐらい。



【前哨戦】
「天皇賞(春)2着、13着」、「旧・金鯱賞1着、7着」、「ヴィクトリアマイル1着」、「ドバイシーマC2着」、「鳴尾記念2着」、「安田記念2着」、「目黒記念1着」、「有馬記念1着」。


2頭を除いて「連対」。



【その他】
人気は8、1、6、3、3、1、11、4、2、3番人気。

二桁人気は08年のインティライミくらいだが、出走メンバーのレベルもあった。
連対馬と同じくまずは「6番人気以内」を考えたい。



「上がり3ハロン3番手以内」は阪神10回で8頭。

連対馬と比べて「2番手」4頭、「3番手」4頭で「最速はいない」。
その分で3着という感じは否めない。



「鞍上」は現役では「武豊」騎手の2回。

「佐藤哲三」騎手の上位率が高めだったので、非常に残念…。



「年齢」は…

「4歳」5頭、「5歳」3頭、「6歳」2頭。

連対馬と同じような感じで若い方が多い。



「阪神重賞連対」は10回中8頭。

残り2頭は「阪神重賞初出走」なので、走っているなら連がほしい。
ただ、連対馬は出走して結果が出ていない馬もいるのだが…。



有馬記念やジャパンカップ、東京優駿の連対馬が多い。

「実績の高さ」と「距離の長さ」が影響しているかと。
それで3着なので、『連対』は「中距離の距離適性」や「状態」を重視した方がいい。




[PR]
by a_doctrinaire | 2015-06-24 00:18 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)


競馬重賞の傾向とMHP3rd、太閤立志伝4やレトロゲーム
検索
最新の記事
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク