<   2015年 09月 ( 40 )   > この月の画像一覧

スプリンターズS3着の傾向 2015
GⅠという事で「スプリンターズSの傾向 2015」に続いて、スプリンターズS3着もチェックします。


 スプリンターズS3着の傾向 (中山過去10回の日本調教3着馬9頭データから) 2015


【実績】 ※海外調教馬除く
最低ラインは「1600万勝ち」。

該当するのは「OP4着、セントウルS7着」のマヤノリュウジン。


残り8頭は「重賞連対」。
内4頭が「重賞複数連対」で残りは…

「重賞3戦して京王杯SC7着、函館SS1着、キーンランドC7着」のドリームバレンチノ
「重賞が札幌2歳S12着とキーンランドC2着」のビービーガルダン
「重賞9戦してオーシャンS1着、NHKマイルC3着やシルクロードS3着など」のアイルラヴァゲイン
「重賞4戦してファルコンS1着、NZT6着、NHKマイルC8着、北九州記念9着」のタガノバスティーユ


「GⅠ」は「GⅠ連対」1頭、「GⅠ3着」1頭、「GⅠ初出走」4頭、「GⅠ4戦して高松宮記念4着など」のサンカルロ、「桜花賞9着とスプリンターズS7着」のカノヤザクラ、「NHKマイルC8着のみ」のタガノバスティーユ。


(ちなみに「桜花賞2着とキーンランドC2着」のレッドオーヴァル。)



【距離】 ※海外調教馬除く
全馬に共通するのは「1200m以上勝利」。

連対馬と違って「1400m勝ち、1200mが高松宮記念4着のみ」のサンカルロがいるので、「1200m勝ちの必要はない」。

さらに「ダート1400m新馬7着のみ」のエーシンヴァーゴウ以外が「1400m以上連対」と、距離の短長でそれぞれ余地がある。



【コース】 ※海外調教馬除く
「中山連対」3頭、「初出走」1頭。

残りは…

「OP4着のみ」のドリームバレンチノ
「1600万11着のみ」のエーシンヴァーゴウ
「フェアリーS5着とスプリンターズS7着」のカノヤザクラ
「葉牡丹賞14着とニュージーランドT6着」のタガノバスティーユ
「スプリンターズS3着のみ」のアドマイヤマックス


中山に連対が無い馬で「阪神連対や福島連対」があったのは4頭で、2頭は「阪神がOP7着のみ」や「阪神重賞3着や4着など」。



【脚質】 ※海外調教馬除く
「先行」4頭、「差し」5頭。

連対馬と比べると後ろからの印象が強いが、それ故に3着とも考えられる。


(ちなみに新潟開催の昨年は「先行」。)



【前哨戦】 ※海外調教馬を除く
「セントウルS(7、1、4、5着)」4頭、「キーンランドC(7、2着)」2頭、「安田記念12着」1頭、「京成杯AH5着」1頭、「北九州記念9着」1頭。



【その他】
人気は15、9、7、7、8、6、5、16、3、8番人気。

連対馬に上位人気が多い事もあるが、3着に人気馬が少ない。
実績も低くても可能性はあるので、人気薄を狙うのはこの辺りか。



「上がり3ハロン3番手以内」は6頭。

連対馬は半分以下なので、それを考えるとやや多い。
ただ、それで3着なので、いい脚を出すよりも仕掛けるタイミングが優先されそう。



「鞍上」は連対にも名前があるのは現役では「池添謙一」騎手や「福永祐一」騎手の1回と複数は少ない。

「武豊」騎手でもココ10回で3着1回で、新潟開催となった02年や12月時には勝利2着やはあるが、今の条件になってからは実績からすると少ないかと。
ある程度「馬の力」が占める割合が高いのかも…。



年齢は10回で海外調教馬を含んで…

「4歳」3頭、「5歳」3頭、「6歳」3頭、「3歳」1頭。

5歳が抜けている連対馬と違い4~6歳が横並び。

ちなみに「牡(せん):牝」は「8:2」と牡馬が多い。




「1400m以下阪神重賞3着以内」は3頭。

残りは「1400m以下阪神重賞」は「4~7着」3頭と「出走無し」3頭。
連対馬と比べるとココも少し劣っており、条件が低めでも可能性はある。



「GⅠ出走なしかGⅠ3着以内なし」の「前哨戦勝利」は1頭のみ。

連対馬と比べると「前哨戦の連対」が少ない。
前走で5~12着でも3着なら十分に考えられる。



「8月以降に出走」は「安田記念12着から」のアドマイヤマックのみ。

連対馬に3頭いた「休み明け」だが、ココでは1頭でコチラも「GⅠ勝ち」。
GⅠ馬はレース間隔が開いていても可能性がある。




[PR]
by a_doctrinaire | 2015-09-30 00:35 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)

スプリンターズSの傾向 2015
中山1200mで行われるGⅠ「スプリンターズステークス」。


99年までは12月開催だったが、00年から9月末か10月初旬に移った。昨年は新潟開催だったので、中山開催10回の連対馬をチェックしてみます。ただ、海外馬の連対(10年で3頭)もありますが、日本馬とは勝手が違うので、「日本調教馬のみ」を。



 スプリンターズSの傾向 (中山10回の日本調教連対馬17頭のデータから) 2015


【実績】 ※海外調教馬の除く
最低連対ラインは「OP勝ち」。

該当するのは…

「重賞3戦してNHKマイルC16着、函館SS6着、キーンランドC3着」のパドトロワ

1走前のキーランドCで、本番でも優勝するカレンチャンと同タイムのクビ、ハナ差と接戦があった。例外とも考えられるが、同じく「OP勝ち、重賞3戦セントウルS3着など」の03年のデュランダルが10年で消えるタイミングで入ってきており、「OP勝ち+重賞3着」で可能性はある。


残り16頭は「重賞勝ち+重賞連対」。
ただ、08年時の「高松宮記念2着、函館SS1着」のキンシャサノキセキ以外の15頭は「重賞2勝以上」。

10頭は「重賞2勝+重賞2連対以上」があった。残りは「重賞4戦3連対」の12年時のカレンチャン、「2勝+2連対+GⅠ3着など」のビービーガルダン、「重賞2戦2勝」のスリープレスナイト、「重賞勝ち+GⅠ2着、GⅠ3着、重賞3着など」のキンシャサノキセキ、「芝重賞3戦2勝」のサンアディユ、「重賞2勝+重賞3着5回など」のカルストンライトオ。


「GⅠ」は「GⅠ連対」9頭、「GⅠ3着」3頭、「GⅠ初」3頭。残りは「NHKマイルC16着のみ」のパドトロワと「朝日杯FS10着とスプリンターズS13着」のカルストンライトオ。


(ちなみに昨年の新潟開催は「芝重賞2着2回(GⅠ1戦)+ダート重賞2着2回」のスノードラゴン、「シルクロードS1着、キーンランドC2着、高松宮記念3着、ヴィクトリアマイル3着など」のストレイトガール。)



【距離】 ※海外調教馬の除く
全馬に「1400m以上連対」。

加えて「1200m勝ち」があり、以前の高松宮記念のように1200m勝ちがない馬が通用する事はないようで…。1200m勝ちの無かったサンカルロが「不利を受けてまで?3着」と、連を外して傾向が続いた。


12年前には「1200勝ち、1400mGⅡ3着や1600m条件戦3着など」のビリーヴがいるので、「1200m勝ちまで」でも可能性はある。


(昨年の新潟開催の2頭は「1200m勝ち+1500m以上連対」。)



【コース】 ※海外調教馬の除く
「中山連対」12頭、「初出走(ダート除く)」3頭。

残りは…

「1600万7着のみ」のパドトロワ
「朝日杯FS(旧)10着とスプリンターズS13着」のカルストンライトオ


中山で連対が無かった馬には「阪神連対」があり、急な坂はクリアしていた。


(昨年の新潟開催は「新潟連対」と「初出走」。)



【脚質】 ※海外馬含む
「逃げ」5頭、「途中逃げ」2頭、「先行」7頭、「差し」4頭、「追い込み」2頭。

600mは32.9、32.7、33.0、33.3、32.9、33.6、33.1(不良)、32.8、32.9、33.6(不良)で、速くなっても前が粘る事も多い。

追い込みは「デュランダルのみ」、差しも中団より前で無いと『連は厳しい』。


(昨年は新潟開催でコースが違い「差し」2頭。)



【前哨戦】 ※海外調教馬の除く
「セントウルS」7頭、「キーンランドC」4頭、、「高松宮記念(セントウルS取り消し含む)」2頭、「北九州記念」2頭、「香港マイル」1頭、「アイビスSD」1頭。


着順はローレルゲレイロの「セントウルS14着」、アストンマーチャンの「北九州記念6着」、メイショウボーラーの「セントウルS7着」以外は「4着以内」。


(昨年の新潟開催時は「キーンランドC8着」と「函館SS11着」。)

海外調教馬は「シャティンヴァーズ14着」、「セントウル2着」、「安田記念3着」。



<その他>
中山10回で海外調教馬含む「人気」は…

1番人気6連対、2番人気6連対、3番人気3連対と「上位人気が7割以上」。

10番人気2連対で、残りは5、6、9番人気。
人気薄も2割ほど絡むので可能性はあるが、メインは人気所か。



「上がり3ハロン3番手以内」は7頭。

他のレースに比べると「上がり3番手以内は重視されない」。
差し馬は絡んでいるが該当しない馬も多く、「最速」はデュランダルの2年連続のみ。
かなり力が抜けていない限り、じっくり構えていてはレースが終ってしまう。



鞍上は中山10回で「池添謙一」騎手の4連対がトップ。

「岩田康誠」騎手の3連対が続くが、現役では後はバラバラ。
同一馬の連対があるので、騎手の重複はあるが、基本的には馬次第の感がある。



「年齢」は日本馬17頭では…

「5歳」8連対、「4歳」5連対、「6歳」2連対、「3歳」1連対、「7歳」1連対。
充実の4歳よりも「5歳」の方がやや多いので、折り合い面やスタートなどが5歳の方がいいのかも。

「性別」は「牡:牝」は「11:6」で、「牡馬」が多い。


海外調教馬は3頭とも「せん馬」で、「6歳」「7歳」「8歳」が1頭ずつ。

(昨年の新潟開催は「牡6」と「牝5」。)



日本調教馬17頭中14頭に『1400m以下阪神重賞3着以内』があった。

残り3頭は「阪神重賞出走なし」なので、出走があるなら3着をクリアしてほしい。
直線に急な坂のある短距離重賞という意味で共通点が多いのかと。



パドトロワ以外の「GⅠ出走なしかGⅠ3着以内なし」は「前哨戦勝利」。

GⅠで上位がなくても「勢い」があれば、ココでも連の可能性はある。
もちろん、パドトロワのように「タイム差なしの3着」、ローレルゲレイロのように「GⅠ連対」があれば前哨戦で14着でも連対はあるが…。



17頭中14頭は「8月以降に出走」。

残り3頭は「高松宮記念(セントウルS取り消し含む)」2頭と「前年の香港マイル」1頭だが、いずれもGⅠ馬。




[PR]
by a_doctrinaire | 2015-09-29 00:09 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)

オールカマーの結果 2015
牝馬が多く出走したオールカマーは…


3番人気ショウナンパンドラは少しだけ遅れた程度だったが、前にスッと入られて下がる。10番手の内を追走。向う正面でもその辺りの位置取り。残り800m辺りから仕掛けて、4コーナーで外へ。直線に入っても10番手辺りだったが、追って追って300mを切った辺りでムチが入る。残り200mで5番手から一気に加速し、残り100mで先頭に立つとリードを広げて優勝。


1番人気ヌーヴォレコルトは好スタートから前に。内を見ながら逃げ馬に並ぶような感じだったが、200mほどから下がって5番手で1コーナーへ。向う正面では鞍上が抑えながらの追走で、残り600mで仕掛けて行くが4コーナーで少し狭くなったか。直線に入って他馬が外に行くと、最内を突いて上がって行く。残り300mで逃げ馬の内の狭いトコロを突くと残り200mで先頭に立つ。ムチを連打するも残り100mであっさり交わされると後続は近寄らせなかったが2着。


7番人気ミトラはまずまずのスタート。前の方に行って5~7番手の中。7番手で1コーナーへ。向う正面では少し上がって行くが、引っ張るような感じで抑える感じで7番手。残り800mを切って仕掛けて6番手。4コーナーでは内目を回って直線に入る。前に馬がいてすぐに出せなかったが、300mを切ってロゴタイプの外へ出す。200mを切って一気に外から交わされるが、その後ろを追いかけると残り50m辺りから3番手に並びかけてゴール前で交わして3着。


4着はハナ差で2番人気でロゴタイプ。5着はマリアライト。





予想は1着、3着、4着、9着。


馬連1010円は的中。


ただ、レース間隔を気にして、予想候補上位のミトラを予想に入れず…。


立ちあがったスタートもあったが、中山が3戦4着2回などのマイネルフロストを無理に入れて失敗…。データをクリアしていたミトラを選ぶべきでした。





予想候補を信じていればいい結果だったので残念。



[PR]
by a_doctrinaire | 2015-09-28 00:32 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

神戸新聞杯の結果 2015
思った以上にペースが遅くなった神戸新聞杯は…


3番人気リアファルは好スタートから2歩目以降もよくスッと先頭に立つ。まず内、そして外からくるティルナノーグを少し鞍上が見ながらも特にペースを上げずに逃げる。2コーナー辺りから2馬身ほどのリードで向う正面へ。残り1000m辺りで1馬身に縮まるも楽な手ごたえで4コーナーへ。直線の手前で仕掛けて、リードを広げて残り300mの手前でムチが入る。200mを切っても3馬身以上のリードがあり、ムチを2度ほど叩いて追うも最後は抑えてゴールし優勝。


1番人気リアルスティールもいいスタート。先行していくも、左右の馬に挟まれて少し行く気になったのか、鞍上が抑えて8番手の馬群の中で1コーナーへ。道中はほとんど抑えていたかと。1000mを切って他馬が外を上がって行くも前が壁で行けず。4コーナーでは他馬がさらに外へ行ったので、外へ出して行く。直線ではバイガエシの外のサラトガスピリットとの間が開く。そこに進路を取って追いだし、ムチが入って残り300mで4番手。200を切って2番手に上がるも3馬身以上の差が。追ってムチも入るが、すでに詰まる差では無く2着。


7番人気トーセンバジルもまずまずのスタート。少し仕掛けて行くも、内へ行ってすぐにブービー。2コーナー辺りで1頭内から交わして13番手。残り1400m辺りで他馬が上がって行って最後方に下がる。少しずつあがってまたも後ろから2番手で残り1000m。4コーナーで内を通って少し番手が上がり、直線では11番手辺り。リアルスティールのすぐ内で追い出し、前がバラけた所を突こうとするもバイガエシが外に動いて少し進路が無くなる。その外へ立て直して追い出すも残り200mで8番手。ムチを入れて追って追って残り100mを切って3番手に上がるも前2頭とはそれぞれ差があり3着。

(中団の内からという指示があの位置取りになったようだが…)。


4着はバイガエシ。5着はジュンスパーヒカル。2番人気マッサビエルは13着だった。





予想は2着、3着、7着、11着。


敗因は展開がペースがあまり遅くなると思わなかった事。予想候補に上位だったが、逃げ馬のリアファルを予想に入れず。長丁場であまり速くはならないと考えたが、さすがにココまでとは…。

後に小倉記念を勝つアズマシャトルを破った前走を信じるべきでした。芝が1戦で、ダートでの重賞実績を軽視したのも不味かった。


馬も良かったでしょうが、ルメール騎手に見事に乗られました。


リアルスティールは鞍上らしさが出た感じで、言葉通りの「正攻法」(苦笑)…いや言うまい。アルバートドックとのココ2走の上がりからトーセンバジルを入れたのがよかったが、そのアルバートドックは途中から最後方で、京都新聞杯の失敗をさらにひどくしたようなイメージ。ティルナノーグも前走のような逃げでは無く後方からと考えたが、2番手からで沈んでいった。





前日に買ったのもありましたが、3番人気はもう少し考えて切らないと…。



[PR]
by a_doctrinaire | 2015-09-28 00:16 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

オールカマーの予想 2015
有力馬に牝馬が多いのがどちらに転ぶのか…。


 オールカマー 予想 2015


皐月賞馬ロゴタイプ。中山記念を考えると鞍上が戻るのだから通用しても不思議ではない。距離は1ハロン程度はどうにでもなるコース。馬の状態次第ではあっさり勝ってもいい。


東京優駿3着のマイネルフロスト。中山記念は4着と大きく負けていない。ヤネの松岡騎手との馬券の相性があまり良くないが、馬はやれてもいい。


中山記念勝ちのヌーヴォレコルト。牡馬相手にもやれそうだったが、ヴィクトリアマイルで牝馬相手に不甲斐無い負け方。前走も中途半端な感じだった。難しさがあるのかもしれない。


宝塚記念3着のショウナンパンドラ。秋華賞でもヌーヴォレコルトに先着している。仕掛けるタイミングや位置取り次第では五分以上にやれそうだが、前走だけでは判断がしづらい。


レース間隔が問題ないならミトラ。ココでも通用するならマリアライト。状態次第でサトノノブレス。重賞でもやれるならタマモベストプレイ。



[PR]
by a_doctrinaire | 2015-09-27 03:24 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

神戸新聞杯の予想 2015
出走メンバーの実績は低いが面白いレースになれば…。


 神戸新聞杯 予想 2015


皐月賞2着のリアルスティール。鞍上が鞍上だけに、東京優駿やスプリングSのような可能性もあるが、能力を発揮すれば上位は外しにくいかと。


白百合S勝ちのアルバートドック。京都新聞杯では差し届かず3着で出走ができなかったが、東京優駿で見たかった。仕掛けるタイミング次第かと…。


京都新聞杯4着のトーセンバジル。ココ2戦は最速の脚を余して敗れている。仕掛け次第の感はあるが、嵌ればあっさりがあってもいい。


応援馬ティルナノーグ。脚はいいが仕掛けが遅い感があった。前走は逃げて1000万勝ち。ある程度早めに仕掛けても大丈夫ならあの脚も活きそう。


輸送が問題ないならマッサビエル。前走以上でリアファル。成長と仕上がり次第でキロハナ。距離が問題ないならタガノエスプレッソ。力が足りるならレッドソロモン。



[PR]
by a_doctrinaire | 2015-09-27 00:24 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

オールカマーの予想候補 2015
中山開催10回の連対馬をチェックした「オールカマーの傾向 2015」を元に、オールカマーの予想候補を選んでみます。


実績「重賞連対+重賞3着以内でGⅡ3着以内」、距離「2000m以上連対」、コース「中山連対か初出走」、近走「3戦以内に重賞3着以内かOP勝ち、または2戦以内に1600万勝ち」を条件にすると…


ヌーヴォレコルト
ミトラ
ロゴタイプ


がクリア。



重賞1戦で2着の

マリアライト


中山は1戦の

サトノノブレス
ショウナンパンドラ


中山はGⅡ4着2回などの

マイネルフロスト


近走はOP2着のある

タマモベストプレイ


はセーフか。




[PR]
by a_doctrinaire | 2015-09-26 00:12 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

神戸新聞杯の予想候補 2015
2400m後の8年の連対馬(+3着馬)をチェックした「神戸新聞杯の傾向 2015」を元にして、神戸新聞杯の予想候補を選んでみます。


実績「GⅠ連対+重賞連対」、距離「2000m以上連対」、コース「阪神連対か初出走」、その他「東京優駿5着以内」を条件にすると…


リアルスティール


のみ。


実績「OP勝ち以上」に下げてみると…

アルバートドック
リアファル
レッドソロモン


がセーフか。



ただ、出走メンバーの手薄感は否めないので


2戦2勝で故障明けの

キロハナ


1000万勝ちの

ティルナノーグ
マッサビエル


敗因に脚質的な部分が大きそうな

トーセンバジル


距離で弥生賞3着のある

タガノエスプレッソ


辺りも可能性ありか。



[PR]
by a_doctrinaire | 2015-09-25 00:04 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

オールカマーの傾向 2015
中山2200mで行われる古馬GⅡ「オールカマー」。


昨年は中山のスタンド改修の影響で新潟開催だった。中山開催10回分の連対馬をチェックしてみる。


 オールカマーの傾向 (中山開催10回の連対馬データから) 2015


<実績>
最低連対ラインは「1600万勝ち」。

該当するのは…

「OPが若葉S13着のみ、重賞が新潟記念10着のみ」のヴェルデグリーン
「OP7着と12着、重賞8戦して新潟記念3着や関屋記念4着など」のトーセンダンディ


それ以外の18頭は「重賞連対」。
内13頭は「重賞連対+重賞連対」で、残りは5頭は「重賞連対+重賞3着」と2回ほど結果が出ている必要がある。

さらに「GⅡ以上連対+重賞3着以内」12頭、「GⅢ連対+GⅡ3着」4頭で、残り2頭が「GⅡ出走無しでGⅢ連対+GⅢ3着」なので、『GⅡ3着以内』も重視したい。



<距離>
全馬に共通するのは「1800m以上勝利」。

1800mまでだったのは…

「2000mが重賞5戦してGⅢ3着など、2200mは500万10着のみ」のトーセンダンディ


次点「2000m連対」。

2000mまでだったのは…

「2200m以上出走なし」のヴェルデグリーンとダイワファルコンとグラスボンバー
「重賞GⅡ3戦3着、4着、10着、2400mは東京優駿12着のシルクネクサス



残り15頭には『2200m以上連対』があった。

有馬記念に代表されるように、中山は少しくらいの距離実績が無くてもこなせるコースなので、余地は残る。



<コース>
「中山連対」16頭、「初出走」1頭。

残りは…

「日経賞4着のみ」のアーネストリー
「新馬15着とオールカマー3着」のシンゲン
「ディセンバーS7着のみ」のトーセンダンディ


中山に連対が無かった馬は「中山GⅡ3着」のシンゲン以外に「阪神連対」があり、直線の急な坂をクリアしていた。腰が甘い?タイプは坂が苦手な場合もあるので、気を付けたい。



<脚質>
「逃げ」3頭、「先行」8頭、「マクり差し、差し」9頭。

1000mは59.6、61.4(重)、60.5、60.0、61.0、61.8、61.0、61.5、64.9(稍重)、61.3(稍重)とあまり速くはならない。
4コーナーまでにある程度進出している馬も多く、かなり後方からでは難しい。



<その他>
中山10回での「人気」は…

1番人気5連対、2番人気4連対、3番人気1連対。

4番人気4連対、5番人気2連対、6番人気2連対、9番人気2連対。
頭数が落ちつく年もあってか、1~6番人気までがほとんど。大きな荒れを期待するのは少し難しいか。

3着は1、6、2、6、2、8、7、6、6、3番人気。



「上がり3ハロン3番手内」は10年で11頭。

逃げ馬の多さもあるが、先週のセントライト記念よりも少ない。
古馬という事もあって粘り切れる部分もあるようで、仕掛けるタイミングがポイントになる。



「鞍上」は「蛯名正義」騎手の2勝がトップ。

「横山典弘」騎手と「勝浦正樹」騎手の1勝2着1回、「池添謙一」騎手の2着2回などが続く。
同日に神戸新聞杯がある影響か、あまり偏りは少ない。



「年齢」は「5歳」が8連対でトップ。

「6歳」6連対、「4歳」4連対、「7歳」2連対と続く。
主要GⅡでは無いという事か、「4歳」よりも「5、6歳」が多い。

(昨年の新潟開催は「6歳」と「4歳」だった。)


性別は「牡馬のみ」。しかし、5回は出走自体が無く、1頭ずつ出走して3着が2回ある。

昨年の新潟開催では4頭が出走してラキシスが連対しているし、今年もGⅠ馬2頭などが出走してくるので、出走メンバー次第では今後傾向が変わってくる可能性も。



10年で14頭が「中山1800m以上のGⅡ3着以内」があった。

残りは5頭が「中山重賞への出走自体なし」と「16000万勝ち直後の初重賞(初輸送)だった日経賞4着のみ」のアーネストリー。
ひとまずはコレをチェックしてみたい。



「6月以前の出走」は20頭中8頭。

使われてきた馬の方が少し多い。7頭は「GⅠから」なのでその辺りの判断がポイントか。




[PR]
by a_doctrinaire | 2015-09-24 00:15 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)

神戸新聞杯の傾向 2015
阪神2400mで行われる3歳GⅡ「神戸新聞杯」。


3着までに菊花賞の優先出走権が与えられる。


以前は2000mで行われていたが、阪神改修と共に2400mに延長されて9年目。改修時は中京2000m開催。京都新聞杯が菊花賞トライアルだった頃はコチラはサブ的な立ち位置だった。


 神戸新聞杯の傾向 (2400m後の過去8年の連対馬データから) 2015


<実績>
最低ラインは「500万勝ち」。

該当するのは…

「1000万以上がラジオNIKKEI賞8着のみ」のロードレクイエム

ただ、この年は故障続出で出走メンバーの手薄感は否めなかった。


次点は「1000万勝ち」。1600万以上が…

「プリンシパルS3着と萩S4着」のマジェスティハーツ

一昨年もメンバー的に物足りなさがあったので、出走馬次第ではセーフ。


次々点は「OP勝ち」。

重賞が「ラジオNIKKEI賞4着のみ」のイコピコ。


残り13頭は「重賞連対」。
内11頭は「GⅠ連対+重賞連対」で、後は「朝日杯FS1着、弥生賞3着と東スポ杯2歳S3着など」のドリームジャーニーと「重賞2戦して京都新聞杯2着と東京優駿11着」のサウンズオブアース。


(2年延ばして中京開催を含む2000m時は「GⅠ連対+重賞連対以上」が4頭。ちなみに3着馬は「1000万連対」が3頭、「OP連対」1頭、「重賞連対」4頭。)


今年はメンバーが手薄なので、実績を下げて考える必要がありそう…。



<距離>
全馬に該当するのは「1600m以上勝利」。

1600mまでだったのは1800m以上が…

「東スポ杯3着、弥生賞3着、皐月賞8着、東京優駿5着」のドリームジャーニー
上がり最速か2番手のみで、仕掛けを誤った感も受ける


次点は「1800m勝ち」。

該当するのは2000m以上が…

「プリンシパルS3着、500万6着」のマジェスティハーツ
「プリンシパルS4着のみ」のイコピコ


次点は「2000m」だが、2200m以上が…

「東京優駿5着のみ」のゴールドシップ
「2200m4着(0.1秒差のみ」のロードレクイエム
「東京優駿3着のみ」のブラックシェル


次々点は「2200m」。

「東京優駿11着のみ」のサウンズオブアース


残り9頭は「2400m以上連対」。


(3着馬も「1600m以上勝利」。1800m以上が「弥生賞3着、皐月賞8着、東京優駿13着」のセイウンワンダー以外は「1800m以上勝利」。2000m以上が「宝塚記念5着のみ」のマウントシャスタと「1800m3戦3勝で出走無し」のフレールジャック以外には「2000m以上連対」。2200m以上が「出走なし」「青葉賞4着のみ」「東京優駿9着のみ」と1戦以下。「2400m連対」がオウケンブルースリのみと連対馬と比べて少ない。)



<コース>
「阪神連対」12頭、「初出走」2頭。

残りは…

「500万6着2回」のロードアクレイム
「ラジオNIKKEI杯2歳S5着と宝塚記念15着」のアサクサキングス

前者は2戦とも0.3秒差と大敗している感も無かったし、当日も0.4秒差。後者は不利があったラジオNIKKEI杯で0.4秒差、3歳での宝塚記念は度外視できる。それくらいなら可能性は残るという事で…。


(3着は「阪神連対」5頭、「初出走(ダート除く)」2頭、「若葉S3着のみ」1頭。)



<脚質>
「逃げ」1頭、「先行」4頭、「差し」10頭、「追い込み」1頭。

1000mは60.8、59.8、60.7、63.5、63.1、60.3、61.3、58.8と、長丁場で遅くなる事が多い。

直線が長く、3週目という事もあり、後ろからが多くなっている。ただ、有力馬がある程度の位置から競馬をすると後ろからでは届かない。

(3着馬は「先行」4頭、「差し」3頭、「追い込み」1頭。)



<その他>
阪神2400mになってからの8年で…


「人気」は…1番人気は6連対と多い。

残り2頭は09年4着のアンライバルドと07年12着のフサイチホウオー。
共に東京優駿でも大きく敗れており、距離の部分もあったか…。

2番人気は2連対(3着4回)、3番人気3連対(3着1回)と上位人気では1、2番人気が3着率が高い。
後は7番人気と8番人気が2連対ずつで、残りは5番人気。

3着も9、2、2、3、5、5、2、2番人気なので、大きな荒れはあまり無い。



「上がり3ハロン3番手以内」は16頭中14頭が該当。

逃げたリーチザクラウンと途中で早めに動いたディープスカイ以外が該当しており、当日に良い脚が使える馬をまず選びたい。
「最速」がのべ7頭でトップ、「2番手」の5連対、「3番手」2連対と続く。
3着は8頭中4頭で、着差も大きい時は0.4~0.8秒なので、上がりが速くなくても可能性はある。



鞍上は2400mになってからの8年で「武豊」騎手の4連対がトップ。

「四位洋文」騎手の3連対、2連対の「福永祐一」騎手(3着2回)と「内田博幸」騎手(3着1回)が続く。
3着2回の「岩田康誠」騎手と「川田将雅」騎手もこれから絡んでくる?



2400m以降では16頭中12頭が『東京優駿5着以上』。

マジェスティハーツ、ロードレイクエム、イコピコは「東京優駿不出走」。
昨年2着のサウンズオブアースは「東京優駿11着」だったが、同タイム3着の「東京優駿不出走」トーホウジャッカルを本馬がウロチョロしてしっかり追わせなかった部分も影響したか…。

距離延長により、東京優駿との結びつきが強くなってきているかと。


1番人気で4着以下に敗れた2頭はコレに該当しておらず、注意したい。
実績を考えれば当たり前だが、「東京優駿連対馬」は出走した中ではスマイルジャック以外がしっかりと連対しており、まずは重視したい。



8年で16頭中12頭が「東京優駿からの直行」。

残りは3頭が「7月出走」、1頭は「宝塚記念15着」からで、8月以降に出走があった馬は連対していない。
レース間隔が2カ月ほど開いているのがいいのかも…。
(ちなみに3着は8頭中5頭が「7月以降出走」。)


ただ、今年は登録時点で実績馬が少なく、東京優駿組は2頭。少し幅を見た方が良さそうな雰囲気。




[PR]
by a_doctrinaire | 2015-09-23 00:01 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)


競馬重賞の傾向と嵐世記や太閤立志伝4などのゲーム
検索
最新の記事
菊花賞の予想 2017
at 2017-10-22 09:53
富士Sの結果 2017
at 2017-10-22 02:54
ブレイニーランのデビュー戦
at 2017-10-22 01:25
富士Sの予想 2017
at 2017-10-21 01:06
菊花賞の予想候補 2017
at 2017-10-21 00:24
富士Sの予想候補 2017
at 2017-10-20 00:40
ブレイニーランのデビュー!
at 2017-10-20 00:04
菊花賞の枠順決定! 2017
at 2017-10-19 14:44
富士Sの傾向 2017
at 2017-10-19 00:01
菊花賞3着の傾向 2017
at 2017-10-18 00:02
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク