<   2016年 02月 ( 53 )   > この月の画像一覧

中山記念の結果 2016
2冠馬の出走となった中山記念は…


1番人気ドゥラメンテはスタートで少し外にヨレる。しかし、すぐに立て直すとスッと前の方へ。5番手の外で1コーナーを回る。手綱を抑えての追走。前の4頭は離れてた中団。残り700mで仕掛けると一気に上がって行く。少し4コーナーで振られるが、軽い左ムチで制御?し、大外に出る。直線に入ってすぐは少しフワフワしていたが、立て直して残り200mで本格的に追い出して先頭に立つと、ムチで粘って優勝。


4番人気アンビシャスはスタートで立ちあがって、やや後手を踏んで最後方。1、2コーナーで1頭抜いて向う正面では10番手。800mを切った辺りから仕掛けて、残り600mでは9番手。仕掛けると4コーナーは慌てずに回って直線へ。進路を確保して、追いだすと残り200mで6番手でムチが入る。外をいい脚で一気に上がり、詰め寄るもクビ差の2着。


2番人気リアルスティールはいいスタートから内を進んでいく。6番手で1コーナーへ。道中は馬なりで追走か。残り600mで仕掛けて4コーナーも中辺りを回り、直線では外から来たドゥラメンテと入れ替わる。追い出してムチが入るが、ジワジワとしか伸びず。外のアンビシャスに交わされついていくも3着。


4着はフルーキー。5着はレッドレイヴン。3番人気イスラボニータはやや立ちあがって出遅れが1馬身ほどだったが、9着と大敗。





予想は1着、2着、3着、9着。


馬連800円、3連複920円的中。


しかし、怪しかったイスラボニータを切って3頭勝負する必要はあったか…。または鞍上の事を考えれば、3連単で勝負するくらいがよかったようで。





堅いレースでしたが、当たってよかったです。



[PR]
by a_doctrinaire | 2016-02-29 00:48 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

阪急杯の結果 2016
傾向通りに前が残った阪急杯は…


1番人気ミッキーアイルは1歩目はそれほどだったが、2歩目以降が速く、押して押して抜け出して先頭に立つ。1馬身ほどのリードで逃げる。4コーナーでも持ったまま。直線に入って軽く仕掛け、鞭を持ち替えて残り300mでムチが2発入る。追いとムチを繰り返して粘って後続を凌いで優勝。


4番人気オメガヴェンデッタもスタートはそれなりだったが、すぐ動いて先行勢の後ろにつける。8番手の外目。残り800mでは6番手に上がる。600mを切って仕掛けると5番手に上がって4コーナーへ。直線に入ってムチが入って4番手。内のブラビッシモと併せるが、なかなか交わせず。ムチと追いを繰り返し、残り50mを切った辺りで2番手に上がって2着。


5番人気ブラヴィッシモはいいスタート。そのまま上がって行って3番手の内。残り800mで1頭上がって行って4番手。仕掛けて4コーナーは内を回る。直線に入って2頭の外へ出して追い出す。ムチが入って前を追うが、前との差が縮まりだしたのは残り100mを切った辺りから。追って2番手に上がるも、すぐに外から交わされ、ゴール前に一気に来られるも3着を確保。


4着は同着で3番人気ミッキーラブソングと13番人気サドンストーム。2番人気レッツゴードンキは2番手から進めたが6着だった。





予想は1着、2着、4着、12着。


馬連1510円的中。ただ、最後にブラビッシモをミッキーラブソングと迷ってハナ差で3連複を外す。


さらに枠連が1740円と馬連でも損した気分。





特に同じ阪神のアーリントンCに続いての僅差。3連複が惜しいです。



[PR]
by a_doctrinaire | 2016-02-29 00:05 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

阪急杯の予想 2016
出走メンバーが微妙な部分がありますが…。


 阪急杯 予想 2016


京王杯SC3着やスワンS3着のオメガヴェンデッタ。ココ2走は後方からの競馬だが、それ以前は先行も見せている。いいスタートから位置取りが決まれば…。


高松宮記念3着のミッキーアイル。スプリンターズS4着など、短距離でもある程度の能力は見せている。乗り替わりが問題なければ…。


東京新聞杯3着のマイネルアウラート。阪神Cはいつもより後方からの競馬も影響したかと。前走先行して粘れることができたので、ココでもやれるなら…。乗り替わりは気になるが。


京都金杯3着のミッキーラブソング。タンザナイトSでも2着と位置取りがよければ粘れている。セントウルSでも後方からで7着と悪くない。


前走よりもやれるならブラヴィッシモ。距離がやれるならレッツゴードンキ。枠が問題ないならケントオー。芝が問題ないならヒルノデイバロー。休み明けをクリアすればエールブリーズ。



[PR]
by a_doctrinaire | 2016-02-28 10:08 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

中山記念の予想 2016
休み明けの有力馬の仕上げ次第かと…。


 中山記念 予想 2016


菊花賞2着以来のリアルスティール。鞍上次第…。


2冠馬ドゥラメンテ。故障明けという事もあって、仕上がり次第。


天皇賞(秋)5着からのアンビシャス。仕上がりと仕掛けのタイミング一つで通用するかもしれない。


3着続きのイスラボニータ。コチラも鞍上が…。


昨年くらい走ればロゴタイプ。前走以上でフルーキー。転厩初戦が問題ないならラストインパクト。



[PR]
by a_doctrinaire | 2016-02-28 01:36 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

アーリントンCの結果 2016
馬場入場後に跛行でロードブレイドが除外となったアーリントンCは…


4番人気レインボーラインはあまりいいスタートでは無かったかと。鞍上が押していたが、進まずに下がって行く。11番手あたりで止まって外へ。残り800mを切って、外を上がって行くが、後ろのビップライブリーを気にしながら4コーナーへ。直線で外を追い出し、残り200mで6番手で右ムチが入る。80mを切った辺りで外に動いて後ろが狭くなって下がるシーンがあったが、横並びで雪崩れ込むが直前に少し抜け出して優勝。


9番人気ダンツプリウスはまずまずのスタート。内を見ながらの追走して、2番手集団の先頭の8番手の中団につける。残り800mを切って、外をレインボーラインが上がった後に、ビップライブリーがふらついたのか後ろを見る。4コーナーでは外目を回るが、すぐに追いださず。400mを切って追いだしてムチが入る。連打して残り200mを切って5番手。追いとムチで坂を上がるが、外から猛追されて交わされハナ差2着。


7番人気ロワアブソリューは出遅れて最後方。押していって1ハロンで2頭交わして12番手。道中はその位置取り。600mを切って仕掛け、大外を回って直線へ。追って追って交わして行き、残り300m辺りでムチが入る。大きなアクションで回すムチと追いで加速して、ゴール前で3頭併せるも3着。


4着はレオナルド。5着は1番人気アーバンキッド。2番人気ボールライトニングは8着。3番人気ヒルノマゼランは6着だった。





予想は1着、3着、4着、12着。


敗因はダンツプリウスの2走前を気にした事。そこからマディディを上に見たので、予想に入れず…。後の京成杯2着のケルフロイデに0.2秒差の2着があったし、OP勝ちを素直に評価すべきでした。


ちなみにハナ差でロワアブソリューが交わしていれば馬連5740円、さらにハナとクビ差レオナルドが粘っていれば3連複10490円だったので惜しかったです。





上位人気が怪しかった事もあって選ばなかったのはよかったンで、後もう少し。



[PR]
by a_doctrinaire | 2016-02-28 00:06 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

アーリントンCの予想 2016
未対戦の多い出走メンバーなので、どの馬にもチャンスはありそうな気も…。


 アーリントンC 予想 2016


シンザン記念3着のシゲルノコギリザメ。前走は関東遠征や乗り替わりもあってか4着。鞍上も戻るし、関西という部分で期待したい。出来れば1400mで連が欲しかったが、ダート1200mで勝っているし、1600mGⅢ3着なので…。


きさらぎ賞7着のロワアブソリュー。前走は、スタートに失敗して前半行きたがった部分があった。ペースが上がって距離が対応できれば…。


萩S3着のレインボーライン。前走はシンザン記念6着だが、早めに仕掛けられるのがいい方に出れば…。乗り替わりにも期待する。


シンザン記念5着のレオナルド。先行勢が残る中で後方からの競馬で5着。開幕週なので、同じような乗り方では厳しいか。騎手次第の感は否めないが…。


枠を活かせればマディディ。前走以上でダンツプリウス。輸送が問題ないならアーバンキッド。前走の敗因次第でボールライトニング。粘れるならヒルノマルゼン。距離がやれるならオデュッセウス。上のクラスでもやれるならビップライブリーやロードブレイド。芝が問題ないならメイショウカネサダ。



[PR]
by a_doctrinaire | 2016-02-27 02:28 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

阪急杯の予想候補 2016
過去10年の連対馬をチェックした「阪急杯の傾向 2016」を元にして、阪急杯の予想候補を選んでみます。

実績馬が少ないので条件を下げて…

実績「1600万勝ち以上で重賞3着以内かOP以上1戦以下」、距離「1400m連対+1400m以上連対」、コース「阪神連対か1戦以下、または関西馬」、近走「2戦以内に重賞5着か条件戦勝利」をラインにすると…


エールブリーズ(休み明け)
オメガヴェンデッタ
ケントオー
ヒルノデイバロ
ブラヴィッシモ
マイネルアウラート
ミッキーアイル
ミッキーラブソング


がクリア。


1400m以下初の

レッツゴードンキ


近走のラインを下げた方がいいのかもしれないですが…。



[PR]
by a_doctrinaire | 2016-02-27 00:15 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

中山記念の予想候補 2016
過去10年の連対馬をチェックした「中山記念の傾向 2016」を参考にして、中山記念の予想候補を選んでみます。


実績「重賞2連対以上」、距離「2000m以上連対」、コース「中山連対か初出走、または2戦以下」、近走「2走以内に重賞5着以内かOP3着以内」を条件にすると…


イスラボニータ
ドゥラメンテ
リアルスティール
ロゴタイプ


がクリア。


2000m以上が中山金杯3着や菊花賞6着の

フルーキー


重賞がGⅢ勝ち+GⅢ3着2回などの

アンビシャス


中山3戦してGⅡ3着のある

ラストインパクト


もセーフ。



[PR]
by a_doctrinaire | 2016-02-27 00:01 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

アーリントンCの予想候補 2016
過去10年の連対馬は「アーリントンCの傾向 2016」を元にして、アーリントンCの予想候補を選んでみます。


実績「新馬・500万勝ち以上でOP3着か重賞5着以内」、距離「1400m以上連対」、コース「阪神連対か1戦以下」、上がり「連対時に上がり3番手以内」をラインにすると…


アーバンキッド
オデュッセウス
ダンツプリウス
ヒルノマゼラン
ボールライトニング
マディディ
レインボーライン
レオナルド・


がクリア。


1600m3着のある

シゲルノコギリザメ


前走を度外視すると

ロワアブソリュー・


新馬勝ち直後の

ビップライブリー・
ロードブレイド


芝がやれるなら

メイショウカネサダ


もセーフか。



[PR]
by a_doctrinaire | 2016-02-26 00:16 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

阪急杯の傾向 2016
阪神1400mで行われる古馬GⅢ「阪急杯」。


高松宮記念の前哨戦で1着には優先出走権が与えられる。2012年から導入された「1キロ減じます…」でGⅡ同様の措置が取られているはず。06年から1400mの別定戦になったが、以前は違う距離で、(96年から)1200mでハンデ戦など条件が違う時期も。

07年は1着同着だった。


 阪急杯の傾向 (過去10年の連対馬データから) 2016


<実績>
最低連対ラインは「1600万勝ち」。

OP以上が…

「シルクロードS8着のみ」のマジンプロスパー
「OPは葵S5着、重賞5戦して阪神牝馬S3着、ヴィクトリアマイル6着など」のスプリングサンダー
「マーガレットS7着のみ」のコスモシンドラー

次点は「OP2着」。

「重賞6戦して函館SS4着や6着」のブルーショットガン

残り16頭は「重賞連対」。
ただ、「重賞が札幌2歳S12着、キーンランドC2着、スプリンターズS3着、京阪杯6着」のビービーカルダン以外の15頭は「重賞2連対以上」。


「重賞連対馬」では無かった12年と06年は「3番人気が重賞連対なし」で共通しており、出走メンバーのレベルもあった。メンバー次第では条件を下げるのがいいかと。



<距離>
全馬に共通するのは「1400m以上連対」+「1400m連対」。

1400mが2着までだったのは

「1400m2着(0.1秒差)、1600m2着」のロードカナロア
「1500m2着(0.3秒差)など」のビービーガルダン

残り18頭には「1400m以上勝利」があった。


阪神1400m重賞は、暮れのGⅡ「阪神C」や3歳春のGⅡ「フィリーズR」で「1400に出走のない1200m連対馬」がいるので可能性は残るが、1400mになって10年間「1200mまで」の連対はない。



<コース>
「阪神連対」16頭。

残りは…

「アーリントンC8着、阪神C7着、チャレンジC5着、阪神C3着」のダイワマッジョーレ
「阪神C4着のみ」のガルボ
「1000万7着と13着」のビービーガルダン
「500万4着、1000万4着、OP7着」のコスモシンドラー

2戦以上で連の無かった3頭が「関西馬」なので、輸送が短いなら気にする必要はないのかも…。



<脚質>
「逃げ」3頭、「先行」9頭、「差し」8頭。

600mは47.0(重)、44.9、45.6、45.8、44.8、46.2、45.7、46.1、45.7、46.3(不良)で、開幕を考えるとペースは遅い。
その影響もあってか「前の方が多い」。



<その他>
10年で「人気」は1番人気3連対、2番人気4連対、3番人気5連対。

4番人気4連対で、残りは5、7、8、11番人気。
1番人気が少し苦戦しているが、3~5番人気が補填?しており、距離もあってか大きく荒れる事はないかと。
崩れ方でも1番人気がもっとも大きく、2、3番人気の方が掲示板を確保しやすかったりする…。


上位人気で4着以下だったのは競走中止もいるが、「GⅠ3着以内」「前年以前の連対馬」「1400m以下連対なし」「阪神連対なし」「後方からの競馬」などが多い。
4着や5着が多いので判断が難しくはなるが、上位人気というだけで狙うのは危いかと。



「上がり3ハロン3番手以内」は10年で12頭。

前が多い事と距離を考えてもあまり該当してない。
半分以上なので、ある程度の脚は使えた方がいいが、展開を早めに動く馬を1頭は入れておきたい。



「鞍上」は「岩田康誠」騎手と「浜中俊」騎手の3連対がトップ。

「四位洋文」騎手と「吉田豊」騎手の2連対が続く。
ちなみ関東の吉田豊騎手はサンカルロの2回なので、乗り馬のための遠征。後はすべて関西所属の騎手。



「年齢」は…

「5歳」8連対
「4歳」6連対
「6歳」3連対
「8歳」2連対
「7歳」1連対

スタートの重要性もあってか、年齢が高くてもやれている。
ちなみに18頭中「牝馬」は2頭。



開幕週という事もあってか9年で「内14:外6」で「内有利」。

「馬番」は1~15番で…

「2番」が4連対でトップで、「4番」「13番」の3連対、「1番」と「3番」が2連対

など内が多い。



前走は「年明け出走組」が多い。

開催時期が変わる前と後の「阪神C」6頭、「京阪杯」からの11月末からが1頭、香港スプリント1着からの1頭を除く13頭が「年明け出走」。
上位人気で4着以下に敗れた馬に「10月や11月出走」が見られるので、「実績馬ではない限り、使われてきた馬の方が有利」。




[PR]
by a_doctrinaire | 2016-02-25 00:24 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)


競馬重賞の傾向とMHP3rd、太閤立志伝4やレトロゲーム
検索
最新の記事
マーチSの傾向 2017
at 2017-03-23 13:00
毎日杯の傾向 2017
at 2017-03-23 01:08
日経賞の傾向 2017
at 2017-03-22 00:54
高松宮記念の傾向 2017
at 2017-03-21 12:01
フラワーCの結果 2017
at 2017-03-21 00:03
フラワーCの予想 2017
at 2017-03-20 10:02
スプリングSの結果 2017
at 2017-03-20 00:28
阪神大賞典の結果 2017
at 2017-03-20 00:13
スプリングSの予想 2017
at 2017-03-19 08:28
阪神大賞典の予想 2017
at 2017-03-19 00:45
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク