<   2016年 05月 ( 51 )   > この月の画像一覧

安田記念の傾向 2016
東京1600mで行われる3歳以上のGⅠ「安田記念」。


海外、特に香港からの外国調教馬の出走が多い。馬場の違いなどもあるので、海外調教馬は除いて考えます。


 安田記念の傾向 (過去10年の日本連対馬18頭のデータを中心に) 2016


【実績】
最低連対ラインは「重賞2着」。

ただ、該当するのは…

「新馬1着、京王杯2歳S2着、朝日杯FS2着、ニュージーランドT11着、NHKマイルC3着」のリアルインパクト

デビュー戦以後は「GⅡ以上にしか出走が無く」、「大敗したニュージーランドTは震災の影響で阪神に変更で初の関西遠征」、「それ以外は勝ち馬グランプリボスの2着か3着」。

普通なら重賞勝ちがあっていい。


次点は「重賞勝ち(1勝)」。

「重賞5戦して京王杯2歳S6着、シンザン記念5着、スプリングS4着、京都新聞杯7着、ダービー卿CT1着」のモーリス
「重賞3戦して京都新聞杯12着、東京新聞杯1着、京王杯SC2着」のヴァンセンヌ
「重賞4戦で毎日杯6着、ラジオNIKKEI賞3着、エプソムC6着、京王杯SC1着」の11年のストロングリターン
「重賞14戦してダービー卿CT1着、中山記念3着、スプリングS4着など」のショウワモダン



残り13頭は『GⅡ以上勝利+GⅡ以上連対』。

前述の5頭中「重賞勝ち+スプリングS4着など」のモーリス以外の4頭に「GⅡ連対+GⅡ以上連対」や「GⅢ以上勝ち+GⅡ以上3着以内」があり、重賞で複数上位が無いと厳しい。

「重賞勝ちのみ」の場合は、重賞勝ちの後にOP勝ちのショウワモダン以外は、「前走GⅡ勝ち」。単発の実績の場合は前走に注目したい。


GⅠは「GⅠ連対」12頭、「GⅠ3着」1頭、「GⅠ初出走」4頭、「芝GⅠ16着と11着」1頭。



【距離】
全馬に共通するのは「1600m以上連対」。

「1600m2着」までだったのは…

「ジュニアC2着のみ」のロードカナロア
「朝日杯FS2着、NZT11着、NHKマイルC3着」のリアルインパクト

「出走数が少ない」のと「高いレベルで2着や3着」とやれそうな気配はあった。


次点は「1600m勝ち」だが…

「1800m以上が休み明けのスプリングS4着のみ」のグランプリボスの2回


残り14頭が「1800m以上連対」。

ちなみに昨年のショウナンマイティは「1800勝ち、1600m以下初出走」の「距離短縮」で連対している。



【コース】
「東京連対」14頭、「初出走」1頭。

残りは…

「京王杯2歳S6着(0.4秒差 2戦目)のみ」のモーリス
「青葉賞5着(0.3秒差)のみ」のショウナンマイティ
「東京優駿11着のみ」のコンゴウリキシオー

左回りは、ショウナンマイティが青葉賞のみ、コンゴウリキシオーは中京GⅡとGⅢ勝ちなど。
初出走のロードカナロアは「高松宮記念1着と3着」など左回りで結果が出ていた。



【脚質】 ※海外調教馬含む
「逃げ」1頭、「先行」4頭、「差し」15頭。

1000mは59.1(不良)、57.0、56.3、57.0、56.3、57.4、57.9、57.5、58.1、57.4で速くなる。
直線の長さとペースもあって後方からが多いが、前も粘る事もある。



【前哨戦】 ※海外調教馬含む
「京王杯SC(2、4、7、1着)」4頭、「ドバイ帰り」3頭、「マイラーズC(9、1着)」2頭、「ヴィクトリアマイル(1、2着)」2頭、「大阪杯(2、2着)」2頭、「チャンピオンズマイル(2、1着)」2頭、「高松宮記念1着」1頭、「マイルCS9着」1頭、「NHKマイルC3着」1頭、「ダービー卿CT1着」1頭、「メイS1着」1頭。

着順は、復調前や叩き台などもあってか、「海外GⅠ15着、GⅡ9着以内、OP5着以内」。距離の違いなどもあってあまりこだわる必要はない。



【その他】 ※海外調教馬含む
1番人気4連対、2番人気4連対、3番人気4連対。

5番人気2連対、残りは6、8、9、10、13、16番人気。
上位人気が半分を超えているが、二桁人気も絡んでおり、荒れる事も。



上位人気で4着以下だったのは10年で30頭中17頭。

実績は「GⅠ連対」、前哨戦は1頭を除いて「GⅡ以上3着以内」、距離やコースもこなせている場合がほとんどなので、判断が難しい。

特にスーパーホーネット、ダイワメジャー、テレグノシスなどは2度以上4着以下に敗れていながら、その後連対している。枠や脚質も近い感じだったのだが…。

「数をこなす(年を取る)」か「流れに乗る」必要があるのかも。



「上がり3ハロン3番手以内」は10年で16頭。

脚質の割に先行勢でもいい脚を使っている馬が多い。
上位人気で4着以下に敗れた馬は8割方が「上がり4番手以下」なので、残り600mで良い脚を使えるタイプがいい。



現役で「鞍上」は「福永祐一」騎手と「岩田康誠」騎手の2連対が複数。

後はバラバラ。上位人気が崩れる事も多く、あまり鞍上で決めるのはお奨め出来ない。



「年齢」は…

「5歳」6連対、「6歳」5連対、「4歳」4連対、「7歳」4連対、「3歳」1連対

6歳や7歳も多く、年齢が高い馬も通用している。4歳や5歳が上位人気になる事も多いが、「3度目の正直など」で連対するケースもあり、年齢を重ねるのがプラスに働く事も考えられる。



13頭に「東京GⅡ以上連対」があった。

海外調教馬2頭を除くと、残りは「初出走」1頭と「京王杯2歳S6着のみ」、「青葉賞5着のみ」、「東京優駿11着のみ」、「東京GⅡ出走無し(芝GⅢは6着と9着)」。




日本馬は「年明けレース数」では「4戦目以下」が多い。

7戦目のショウワモダン、6戦目のアサクサデンエン以外が該当している。
前哨戦が良くても敗れたり、叩いて上積みなどもあって、判断が難しい。



複数連対は10年でグランプリボス(4、6歳)、ストロングリターン(5、6歳)、ウオッカ(4、5歳)の3頭。

1年延ばすとアサクサデンエン(6、7歳)が絡む。




[PR]
by a_doctrinaire | 2016-05-31 00:12 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)

目黒記念の結果 2016
直線が歯がゆかった目黒記念は…


3番人気クリプトグラムもいいスタート。下げて内に入れていく。11番手で1コーナーへ。向う正面では12番手の中を追走。3コーナーは11番手で、仕掛けて、4コーナーは外に出す。直線では狭いトコロをスーパームーンを押して進路を確保。追い出して、ムチが入って残り300m。残り200mで先頭に立って、ムチの連打と追いで凌いで優勝。


1番人気マリアライトは好スタート。8番手で1コーナーへ。向う正面では並んだ10番手。3コーナーでは9番手にあがり、4コーナーは大外を回って直線へ。追い出して、ムチが一発入って残り400m。他馬を待ってか、残り300mで激しく追う。2番手に上がってムチの連打に帰るが、外から交わされる。内に向いながら追いすがって差を縮めるが2着。


8番人気ヒットザターゲットもいいスタートか。スッと内に入って行く。最内の10番手で1コーナーへ。向う正面では抑えて並んだ9番手追走。3コーナーは8番手で、4コーナーは最内を回る。仕掛けて少し外へ行って、追いながら進路が出来るのを待つ。残り300mから開いた所へ追い出す。残り100mを切って抜け出してくるが、外から2頭に行かれて3着。


4着はレコンダイト。5着はモンドインテロ。2番人気タッチングスピーチは6着。





予想は1着、4着、11着、18着。


敗因はトップハンデを気にした事。牝馬の56キロと牡馬の58キロが気になったのですが、問題なし。馬次第の感もあったので、その辺りを重視すべきでした。


さすがに1~8番人気が7割を超えるレースで二桁人気を2頭入れたのは失敗。


ただ、レコンダイトは直線で前が開かず…。前にマリアライト、外にクリプトグラムで、内に行こうとするも2頭ともに内に来て出せず。クリプトグラムの外に出そうとするもスーパームーンがいて、外へ開いたクリプトグラムとマリアライトの間に入れようとするも、またクリプトグラムが内へ。外へ出して追い出したのは残り100mを切っていた…。着差を考えると交し切った可能性が…。





力を出せるかどうかというのもレースでは大事です。



[PR]
by a_doctrinaire | 2016-05-30 12:18 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

東京優駿(日本ダービー)の結果 2016
内枠有利の東京優駿(日本ダービー)は…


3番人気マカヒキはいいスタート。1周目の残り200mハロン棒では4番手、ゴール板は8番手の内で通過。残り1400mでは同じ8番手も前から16馬身以上の差か。向う正面の昇りも影響してか、マークしていた馬を追ってか残り1000mでは前とは7馬身差に詰まる。4コーナーではやや内目を回って、直線では馬場の中ほどに出す。前に馬はいたが、サトノダイヤモンドの内で仕掛けて、前が開くたびに激しい追いを繰り返す。割って入って進路が出来た残り200mからムチを3連打。一気に先頭に立つと激しく大きなアクションで追って追って、外からの猛追をクビ差粘って優勝。


左後肢の落鉄していた2番人気サトノダイヤモンド。好スタートから前の方へ行き、1周目の残り200mハロン棒では5番手。1周目のゴール板では7番手で通過。残り1400mでは7番手で前から15馬身以上の差か。上がって行って400mほどで6馬身に縮める。4コーナーで仕掛けて外を上がって直線へ。エアスピネルの外へ進路を確保して、追い出す。残り300mでムチが入って、200mを切って3番手。内からマカヒキに何度か来られて外に移動したのをムチを入れ修正。2番手に上がって追いとムチを繰り返すも、届かず2着。

落鉄の影響が大きい…。


1番人気ディーマジェスティは少し遅れたスタートか。鞍上が大きなアクションで追う。1周目のゴール板は10番手で通過。道中はほぼその位置。内から2頭目ほどを走る。4コーナーで追って外目に出し、直線へ。追って進路を確保すると、残り400mで左ムチが数回入る。右ムチに持ち替えて5連打入れる。残り200mを切って7番手辺り。内から馬が来て外に移動して行く。左ムチ連打と追いで頑張るも3着。


4着は5番手追走のエアスピネル。5着は返し馬でもクビを上げ下げ、スタート前もうるさく、道中も折り合いを欠いておきながら上がり最速のリオンディーズ。





予想は1着、2着、4着、5着。


馬連700円的中。


ただ、1番人気ディーマジェスティを切って3連複を外す。皐月賞後の鞍上のコメント「今回はすべてが上手くいった」というのを信じたのですが、「他が上手くいかない」方に出てしまう…。


1~3着までは同じ位置取り。縦長で思ったよりも遅いペースを考えても、あそこにいればもっとも上位が狙いやすかった。





落鉄があったり、折り合いを欠いたりしての結果。皐月賞前の武豊騎手の「競馬は強い馬が勝つわけではない」という言葉を思い出す。



[PR]
by a_doctrinaire | 2016-05-30 11:40 | 競馬(GⅠ) | Trackback | Comments(0)

目黒記念の予想 2016
東京優駿(日本ダービー)の影響が少なからずあったりする…。


 目黒記念 予想 2016


ジャパンカップ4着のジャングルクルーズ。出走馬のレベルは微妙な感もあったが、上位に来たのは事実。同じような事がないとは言えない。前走が4か月ぶりを一叩きなので、上積みがあれば。


応援馬リヤンドファミユ。2走前の早春Sではサムソンズプライドに0.2秒差。そのサムソンズプライドがゴールドアクターに0.3秒差やマリアライトに0.2秒差がある。成績に波があるのが気になるがはまれば…。


昨年2着のレコンダイト。その後が物足りなかったが、休養明けの中日新聞杯は3着と良かった。状態次第で通用してもいい。


大阪ハンブルクC勝ちのクリプトグラム。3走前が気になるが、長期休み明けの2走目という事にしたい。このメンバーでどうかの試金石になるのかと。


ハンデもあってマリアライトとタッチングスピーチの牝馬2頭はどう影響するか…。状態次第でヒットザターゲットやスーパームーン。展開一つでタマモベストプレイ。上のクラスでもやれるならモンドインテロ、マドリードカフェ、サムソンズプライド。



[PR]
by a_doctrinaire | 2016-05-29 09:18 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

東京優駿(日本ダービー)の予想 2016
毎年恒例になっていますが、応援馬がいる時はお祭りなので、もう予想ではございません!


 東京優駿(日本ダービー) 予想 2016


応援馬リオンディーズ。弥生賞は休み明けもあって早めに仕掛けた分もあった。皐月賞は強風の中で途中で、掛かった上に向かい風で先頭に立つという不利があっての5着(4着入線)は見事。持っている能力は高いモノがありそう。枠は外だが、力が出せれば勝っていい。


隠れ応援馬サトノダイヤモンド。デビュー3戦は軽く走っての結果。ココが本番という事で、きさらぎ賞からのレース間隔で皐月賞3着。ある程度の位置取りで競馬が出来るというも強み。


同じく隠れ応援馬エアスピネル。朝日杯FSはもう少しためれば違った結果だったかもしれない。弥生賞は休み明けなのでいいが、前走が物足りない。風の影響を受けたとしてももう一つ違う脚を使ってもらいたい。


皐月賞2着のマカヒキ。コレは叔父に応援馬トパンガがいるのに…。常に上がり最速だが、前走はもう少し違った競馬ができたと思え、鞍上が気になる。若駒Sのような競馬が出来るなら或いは。


枠の良さが活きればディーマジェスティ。叩いた効果でプロディガルサン。位置取りでスマートオーディン、ヴァンキッシュラン。他も展開と位置取り次第でどうにでもなる可能性が…。



[PR]
by a_doctrinaire | 2016-05-29 00:59 | 競馬(GⅠ) | Trackback | Comments(0)

東京優駿(日本ダービー)の予想候補 2016
過去10年の連対馬をチェックした「東京優駿(日本ダービー)の傾向 2016」を元にして、東京優駿(日本ダービー)の予想候補を選んでみます。


実績「重賞勝ち」、距離「2000m以上連対、または1800m勝利で2000m1戦」、「東京連対か初出走」、近走「2走以内に連対かつ前哨戦GⅠ不問、GⅡ勝利」、上がり「連対時に上がり3ハロン2番手以内3回以上」を条件にすると…


ヴァンキッシュラン
サトノダイヤモンド
スマートオーディン
ディーマジェスティ
マウントロブソン
マカヒキ
リオンディーズ
ロードクエスト


がクリア。


3着は「東京優駿(日本ダービー)3着の傾向 2016」なので、条件が下がり…

アグネスフォルテ、イモータル、プロディガルサン、プロフェット、マイネルハニー、レッドエルディスト

もあり。


他にも2000mがGⅡ3着とGⅠ4着のエアスピネルも何かあれば…。



[PR]
by a_doctrinaire | 2016-05-28 00:28 | 競馬(GⅠ) | Trackback | Comments(0)

目黒記念の予想候補 2016
過去10年の連対馬をチェックした「目黒記念の傾向 2016」を元にして、目黒記念の予想候補を選んでみます。


実績「1000万勝ち以上、GⅢ4着以上か出走なし」、距離「2500m以上連対、または2400m連対で2500m以上2戦以下」、コース「東京連対か初出走、東京4戦以下で掲示板程度」、近走「3走以内にGⅢ3着、OP連対、条件戦1着」をラインにすると…


クリプトグラム
ジャングルクルーズ
スーパームーン
タマモベストプレイ
ヒットザターゲット
マリアライト
リヤンドファミユ
レコンダイト


がクリア。



重賞が久しぶりの

サムソンズプライド


2400m以上初の

タッチングスピーチ


重賞1戦のみの

マドリードカフェ
モンドインテロ


もセーフか。



[PR]
by a_doctrinaire | 2016-05-27 00:17 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

東京優駿(日本ダービー)の枠順決定! 2016
2016年5月29日(日)に行われるGⅠ東京優駿(日本ダービー)の枠番が発表されました。


 第83回 東京優駿(日本ダービー) (GⅠ) 東京 芝2400m

1枠 1番 ディーマジェスティ 牡3 57 蛯名正義 二ノ宮敬宇
1枠 2番 マイネルハニー 牡3 57 柴田大知 栗田博憲
2枠 3番 マカヒキ 牡3 57 川田将雅 友道康夫
2枠 4番 レインボーライン 牡3 57 福永祐一 浅見秀一
3枠 5番 エアスピネル 牡3 57 武豊 笹田和秀
3枠 6番 アグネスフォルテ 牡3 57 松山弘平 長浜博之
4枠 7番 ロードクエスト 牡3 57 岩田康誠 小島茂之
4枠 8番 サトノダイヤモンド 牡3 57 C.ルメール 池江泰寿
5枠 9番 マウントロブソン 牡3 57 T.ベリー 堀宣行
5枠10番 スマートオーディン 牡3 57 戸崎桁位 松田国英
6枠11番 アジュールローズ 牡3 57 H.ボウマン 古賀慎明
6枠12番 リオンディーズ 牡3 57 M.デムーロ 角居勝彦
7枠13番 レッドエルディスト 牡3 57 四位洋文 笹田和秀
7枠14番 ヴァンキッシュラン 牡3 57 内田博幸 角居勝彦
7枠15番 イモータル 牡3 57 石川裕紀人 須貝尚介
8枠16番 ブレイブスマッシュ 牡3 57 横山典弘 小笠倫弘
8枠17番 プロフェット 牡3 57 浜中俊 池江泰寿
8枠18番 プロディガルサン 牡3 57 田辺裕信 国枝栄


過去10年の連対馬は1~16番で、「内14:外6」で内が多い。
馬番は「1番」の6連対がトップ。「2番」の2連対が複数で後はバラバラ。
ちなみに3着は3~15番で「内5:外5」。「3番」の3回、「7番」「14番」の2回が複数。


皐月賞馬ディーマジェスティは1番、皐月賞2着のマカヒキは3番、皐月賞3着のサトノダイヤモンドは8番、朝日杯FS勝ちのリオンディーズは12番、皐月賞4着のエアスピネルは5番、青葉賞勝ちのヴァンキッシュランは14番、京都新聞杯勝ちのスマートオーディンは10番、NHKマイルC2着のロードクエストは7番に入った。


※出馬表・成績・オッズ等は主催者発表のものと照合してください



[PR]
by a_doctrinaire | 2016-05-26 14:41 | 競馬(GⅠ) | Trackback | Comments(0)

目黒記念の傾向 2016
東京2500mで行われる古馬ハンデGⅡ「目黒記念」。


2月開催だったが、97年に6月、00年に5月に行われていた。11年を除いて06年から東京優駿(日本ダービー)と同日に行われている。12年から「3歳以上」から「4歳以上」に変更されており、07年には3歳馬ココナッツパンチが2着している。


 目黒記念の傾向 (過去10年の連対馬データから) 2016


<実績>
最低連対ラインは「1000万勝ち」。

該当するのは…

「1600万が7着と12着、OP以上不出走」のイケドラゴン
「1600万不出走、OPは3戦して4着、3着、3着、重賞はセントライト記念8着のみ」の06年時のポップロック


次点「1600万勝ち」。

「OPはホープフルS8着、大阪ハンブルグC4着、重賞が京成杯4着とセントライト記念8着」のマイネルメダリスト
「OPは福島民報杯5着、重賞が5戦して福島記念3着や有馬記念4着など」のラブイズブーシェ
「OP不出走、重賞は天皇賞(春)10着のみ」のトウカイパラダイス
「OP不出走、重賞は青葉賞3着のみ」のハートビートソング
「OPはプリンシパルS10着、重賞はダイヤモンドS6着と阪神大賞典8着」のコパノジングー
「OP不出走、青葉賞12着、神戸新聞杯4着、菊花賞6着、天皇賞(春)4着」のホクトスルタン


次々点は「OP連対」。

「OP2着、重賞出走無し」のレコンダイト
「OP勝ち、重賞6戦ダイヤモンドS3着、神戸新聞杯4着、日経新春杯5着など」のスマートロビン
「OP2着、重賞は5戦して目黒記念6着など」のキングトップガン


残り9頭は「重賞連対」。


ハンデ次第だが、イケドラゴン以外は「GⅠ10着、GⅡ8着、GⅢ4着以内」なので、その辺りがラインか。



<距離>
全馬に共通するのは「2000m以上勝利」。

2000mまでしか連対が無かったのは…

「未勝利2200m3着、2400mが1600万4着とGⅡ8着、有馬記念4着」のラブイズブーシェ
「2200m以上出走無し」の07年は出走可能だった3歳馬ココナッツパンチ


次点「2200m」は

「2400mが芝500万3着、ダート500万8着、2500mが1000万7着」のイケドラゴン


次々点の「2400m連対」。

2500m以上が…

「2500m以上出走なし」のレコンダイトとハートビートソング
「天皇賞(春)10着のみ」のトウカイパラダイス
「目黒記念6着とダイヤモンドS15着」のキングトップガン
「ダイヤモンドS6着と阪神大賞典8着」のコパノジングー


残り12頭には「2500m以上勝利か連対」があった。



<コース>
「東京連対」12頭、「初出走」4頭。

残りは…

「目黒記念4着、GⅠ4戦天皇賞(秋)5着など」のヒットザターゲット
「芝は4戦して目黒記念6着やメトロポリタンS6着2回など」のキングトップガン
「青葉賞3着のみ」のハートビートソング
「目黒記念5着のみ」のアイポッパー


東京連対が無かった馬は「中京連対」6頭と「東京OP以上1戦で3着」1頭と「新潟連対」1頭と「左回り連対か3着」。



<脚質>
「逃げ」3頭、「先行」7頭、「差し」10頭。

だいたいの1000mは59.2、60.3、58.6、58.3、59.4(稍重)、62.7、61.6(不良)、59.4、61.9、59.9(稍重)と速くなる事もある。
仮柵移動もあって、直線の長さやペースの割に前が残る。



<その他>
1番人気5連対、2番人気2連対、3番人気2連対。

4番人気3連対、7番人気2連対、8番人気2連対で、残りは5、9、11、12番人気。
「1~8番人気」が7割を占めている。

3着は1、4、3、6、6、7、17、2、6、12番人気。



「上がり3ハロン3番手以内」は10年で13頭。

直線の長さなどを考えると少なく、Cコース仕様になった影響が出ているかと。
レース内で速い脚を使うよりも、良い位置でタイミングよく仕掛けるのがいい。



「鞍上」は「蛯名正義」騎手と「横山典弘」騎手の2勝がトップ。

「武豊」騎手の1勝と2着1回が続く。
ハンデの影響もあって、リーディング上位にこだわる必要はないかと。



ハンデは51~58.5キロで平均55.3キロ。中央値は56キロ。
58.5キロがいるが、51キロが3頭と下げている感もあるので、判断は難しい。


トップハンデは57.5~58.5キロ。
のべ12頭で2連対と少ない。他馬との比較もあるので、あまりお奨め出来ない。


「年齢」は「5歳」の9連対がトップ。

「4歳」4連対
「6歳」4連対
「7歳」1連対
「8歳」1連対
「3歳」1連対 ※以前は3歳も出走可能だった


で古馬でも5歳が少し抜けている。2015年は4歳の出走は無かったが…。



[PR]
by a_doctrinaire | 2016-05-26 00:02 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)

東京優駿(日本ダービー)3着の傾向 2016
過去10年の連対馬をチェックした「東京優駿(日本ダービー)の傾向 2016」に続いて、東京優駿3着馬も調べてみます。


 東京優駿(日本ダービー)3着の傾向 (過去10年の3着馬データから) 2016


【実績】
最低連対ラインは「重賞2着」。

該当するのは…

「京成杯7着と青葉賞2着」のアポロソニック
「共同通信杯4着、スプリングS2着、皐月賞11着」のベルシャザール

2回2着の

「きさらぎ賞7着、弥生賞2着、皐月賞6着、NHKマイルC2着」のブラックシェル

残り7頭は「重賞勝ち」。

「札幌2歳S5着、ラジオNIKKEI杯2歳S7着、共同通信杯4着、毎日杯1着、青葉賞6着」のマイネルクロップと「シンザン記念1着と皐月賞9着」のアントニオバローズ以外の8頭は「GⅡ以上連対」。

※連対馬が「勝ち」に対して、3着馬は「連対」と少し低くてもココは可能性がある。



【距離】
全馬に共通するのは「1800m以上連対」。

1800mまでだったのは2000m以上が…

「ラジオNIKKEI杯2歳S7着と青葉賞6着」のマイネルクロップ

残り9頭は「2000m以上連対」。


3割程が1800mでいい連対馬と違い、3着は「2000m以上連対」率が高い。



【コース】
「東京連対」5頭、「初出走」4頭。

残り1頭は

「共同通信杯4着と皐月賞11着(代替)」のベルシャザール

2011年の3着馬で震災時という事で少し例外的にとらえたい。一応、共同通信時は内が粘る所を大外をぶん回して4着という事情も憶えておきたい。



【脚質】
「逃げ」1頭、「先行」4頭、「差し」5頭。

比率はそれほど連対馬とは変わらないが、ココ5年は先行勢が増えている。
着差は「平均0.6秒差」と大きく11年の0.1秒以外は「0.3~1.4秒差」なので、離される印象もある。



【前哨戦】
「皐月賞(6、11、1、4、2着)」5頭、「青葉賞(6、2着)」2頭、「京都新聞杯1着」1頭、「NHKマイルC2着」1頭、「プリンシパルS2着」1頭。

着順は「GⅠ不問」は連対馬と同じだが、それ以外で「2着や6着」と少し低いレベルでも3着はある。



【その他】
「人気」は3、12、8、7、8、1、8、6、4、7番人気。

上位人気が半分を占めていた連対馬と違い、コチラは「6~8番人気」が中心。
実績の低さや着差が大きい事もあり、3着は人気があまり無くても絡める。



「上がり3ハロン3番手以内」は10年で3頭。

仮柵の移動の影響もあってか、早めに動いた馬が多い。
ただ、上がりが勝ち馬より速かったのは2年だけなので、展開云々よりも能力差の方が…。



鞍上は「岩田康誠」騎手が3着2回。

さらに1回3着のある「武豊」騎手と「四位洋文」騎手を含めて3人は10年で上位に3回以上絡んでいる。



連対馬の「1800m以上重賞勝利」に対して、3着馬は「1600m以上重賞連対」。

「重賞がシンザン記念1着と皐月賞9着」のアントニオバローズを除いても「1800m以上重賞連対」なので、やはり連対馬よりも劣っているケースが多い。



重複もあるが、連対重賞は10年で…

「皐月賞」2頭、「弥生賞」4頭、「シンザン記念」2頭、「毎日杯」「東スポ杯2歳S」「青葉賞」「京都新聞杯」「スプリングS」「ラジオNIKKEI杯2歳S」「NHKマイルC」「きさらぎ賞」1頭。

連対馬と同じレースが多い。



枠は「内5:外5」で五分で、連対馬ほどは大きな差は無い。

ただ、「馬番」は「3番」3回、「7番」「14番」2回ずつと偏りがみられる?



[PR]
by a_doctrinaire | 2016-05-25 00:02 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)


競馬重賞の傾向と嵐世記や太閤立志伝4などのゲーム
検索
最新の記事
菊花賞の予想 2017
at 2017-10-22 09:53
富士Sの結果 2017
at 2017-10-22 02:54
ブレイニーランのデビュー戦
at 2017-10-22 01:25
富士Sの予想 2017
at 2017-10-21 01:06
菊花賞の予想候補 2017
at 2017-10-21 00:24
富士Sの予想候補 2017
at 2017-10-20 00:40
ブレイニーランのデビュー!
at 2017-10-20 00:04
菊花賞の枠順決定! 2017
at 2017-10-19 14:44
富士Sの傾向 2017
at 2017-10-19 00:01
菊花賞3着の傾向 2017
at 2017-10-18 00:02
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク