<   2016年 08月 ( 41 )   > この月の画像一覧

新潟記念の傾向 2016
新潟2000mで行われるハンデGⅢ「新潟記念」。


12年から新潟2歳Sと入れ替えで最終週に開催しており、馬場の違いがでてくる可能性も。今年は3着もチェックしておきます。


 新潟記念の傾向 (過去10年の連対馬データ+α) 2016


<実績>
最低連対ラインは「1600万勝ち」。

該当するのは…

「OP以上が京都新聞杯3着のみ」の09年時のサンライズベガ
「OP出走なし、重賞は七夕賞3着とエプソムC5着のみ」のマイネルキッツ
「OP以上出走なし」のトウショウヴォイス


次点は「OP連対」。

「OP勝ち、重賞4戦して中日新聞杯3着など」のマイネルミラノ
「OP1戦すみれS2着、重賞は青葉賞7着」のクランモンタナ
「OP勝ち、重賞は七夕賞3着と天皇賞(春)17着」のユメノシルシ


10年で見ても1戦のクランモンタナ以外は「重賞3着以内」をクリアしていた。出走が少ないならその程度でも可能性はある。


残り14頭は「重賞連対」。

「重賞1戦1勝」のトランスワープ以外には「GⅢ連対+GⅢ4着程度(1頭は入線5着降着)」があり、ある程度出走しているなら重賞連対に加えて、もう少し実績がある方がいい。

(3着の最低ラインは「1600万勝ち」。「OP以上がモンゴル大統領賞16着のみ」のファントムライト。残り9頭は「重賞連対」。うち7頭は「重賞連対+重賞3着以内」。残りは「重賞4戦して重賞連対+重賞6着2回など」が2頭。)



<距離>
全馬に共通するのは「1600m以上勝利」。

1600mまでだったのは…

「1800mが1000万7着、2000mが1000万10着」のトウショウヴォイス


1800mまでは2000m以上が…

「紫苑S3着や愛知杯3着、札幌記念4着など」のコスモネモシン
「皐月賞10着とセントライト記念13着」のトップガンジョー


残り17頭は「2000m以上勝利」があった。

平坦コースという事もあり、ちょっと足りないくらいや出走が少ないならセーフ。

(3着は全馬が「2000m以上連対」。「京成杯2着で、皐月賞5着や弥生賞4着、札幌記念5着、中山金杯3着、函館記念3着など」のメイショウレガーロ以外は「2000m以上勝利」。)



<コース>
「新潟連対」11頭、「初出走(ダート除く)」7頭。


残りは…

「新馬8着と未勝利3着」のマイネルミラノ
「前年の新潟記念4着のみ」のエクスペディション

掲示板くらい走っているなら問題はなさそう。


新潟に連対が無かった馬の内、「左回りが前述1戦のみ」のエクスペディション以外には「東京連対」か「中京連対」の『左回り連対』があった。

(3着は「新潟連対」7頭、「初出走」2頭。残りは「新潟記念3着と新潟大賞典12着」の06年時のヴィータローズ。)



<脚質>
「逃げ」2頭、「先行」9頭、「差し」9頭。

1000mは58.8、59.0、59.9(稍重)、60.4、60.9、60.6、61.8、58.8、58.1、58.3で、ココ3年は最終週に移っている(が、逃げと先行が4頭絡んでいる)。

直線が長く、馬場が悪い割には平坦な影響や騎手心理もあってか「前が絡む」。特に新潟2歳Sとは違って最後方からは厳しい。

(3着は「逃げ」1頭、「先行」3頭、「差し」6頭。)



<その他>
「人気」は、1番人気1連対、2番人気2連対、3番人気全滅と上位が苦戦中。

5番人気が4連対とトップで、4番人気2連対と続く人気が補っているものの、9番人気3連対や10番人気3連対と人気薄も複数回絡んでいる。
残りは4、7、8、16番人気。

3着は13、3、7、8、3、4、12、14、7、9番人気。



1番人気は「1走前に七夕賞2着や小倉記念の2、3着」で「上がり3番手以内」が多い。

前走が小回り重賞ながら後方の競馬で上位に来て、直線が延びるココで人気が後押されたカタチ。
ただ、当日の位置取りが「ハイペースの逃げ」や「スローペースで後方から」など難しいレースをしている事が多い。

対して連対馬は、「前走大敗」や「人気馬よりも上がりや着順で劣って」おり、早めに動く競馬を意識しなければならないタイプが目についた。

他の上位人気で僅かな差で4~6着もおり、ハンデや枠、位置取りなどで4着以下に敗れるケースも。



「ハンデ」は10年で51~57.5キロの平均55.05キロ。中央値は56キロ。

2割ほどが「52キロ以下」で、同じく「56.5キロ以上」も2割とある程度幅があるので絞りづらい。
ちなみに13頭が「前走と同斤量」と多く、「増」が4頭、「減」が3頭。

(3着は54~58キロで平均55.7キロ。中央値は55キロ。)


トップハンデは57.5~58キロでのべ13頭で1連対3着1回。
苦戦しているが、馬次第の感は否めない…。



「上がり3ハロン3番手以内」は10年で8頭。

直線が長い新潟コースではあるが、上がりは全体的に速いので、レース中3番手以内よりも「仕掛けるタイミング」が重視される。
以前から減ってきていたが、ココ3年は最終週だが特に増えた様子はない。

(3着は7頭が該当と連と比べると多い。)



「年齢」は「5歳」の8連対がトップ。

「7歳」の5連対、「4歳」の4連対、「6歳」の3連対はある程度横並び。
ちなみに性別は「牡(セン馬含む)17:牝3」と牡馬が多い。

(3着は「5歳」6頭、「6歳」3頭、「4歳」1頭。性別は「牡(セン馬含む)9:牝1」。)



「鞍上」は10年で現役で「吉田豊」騎手の2連対が複数。

後はバラバラで、3場開催の影響もあって騎手で狙うのは難しいかも。



「馬番」は10年で「5~9番」に20頭中13頭と集中。

レースをしやすい枠かもしれないので、1頭はその辺りから選びたい。
1番や18番は1連対など極端な枠も可能性はあるが、12~17番は14年の2頭のみなので少し不利か…。


(3着も10頭中6頭が「5~9番」。ちなみに14年は15番なので、この1年だけが外に集中している感も…。)



近走は10年で06年のトップガンジョー以外は「7月以降に出走」。

「休み明け」はあまりお奨めできない。
対して着順はあまり良くなくてもいいケースが目立つので、状態の把握が必須かと…。

(3着は15年のファントムライト以外は「7月以降に出走」。)



[PR]
by a_doctrinaire | 2016-08-31 00:12 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)

札幌2歳Sの傾向 2016
札幌1800mで行われる2歳GⅢ「札幌2歳ステークス」。


勝ち馬からはレッドリヴェール(函館開催)、ロジユニヴァース、アドマイヤムーン、ジャングルポケット、2着からはゴールドシップやアヴェンチュラ、3着からはレッツゴードンキ、ヤマニンシュクルやテイエムオーシャンなど「後のGⅠ馬」が出ており、注目のレース。


13年は札幌スタンド改修の影響で函館開催なので、札幌開催分10回をチェックします。今回は3着も。


 札幌2歳Sの傾向 (札幌開催過去10回の連対馬データ+α) 2016


<実績>
最低連対ラインは「新馬・未勝利勝ち」。

細かくみると…

「新馬勝ち」9頭
「未勝利勝ち」4頭

未勝利の内、「新馬3着、未勝利5着、1着」のオリエンタルロック以外は「新馬2着、未勝利1着」。


残りは7頭は「中央OP連対」。OP2着は地方出身馬。

OPや重賞が少ない事もあって、半分以上が「初勝利直後」なので素質を見極められるかがポイントか…。


ちなみに函館開催の13年は「新馬勝ち直後」と「新馬1着とコスモス賞3着」。

(3着は「OP勝ち」4頭。「新馬勝ち直後」4頭。残りは「新馬勝ち+OP5着+GⅢ4着+OP5着」と「新馬5着、未勝利3着、1着、OP4着」。)



<距離>
全馬に共通するのは『1500m以上勝利』。

ただ、1500mや1600mまでの馬は「1800m以上への出走がなし」だった。
「出走があるなら1800m連対」はクリアしてほしい。


函館開催は「1600m勝ち」と「1800m勝ち」。

ちなみに距離延長では、03年に「1200m1戦のみ」のアズマサンダースがいる。

(3着は「1200m以上勝利」。「1800m勝ち」6頭、「1500m勝ちまで」2頭、「1200mまで」1頭、「1200勝ち+1800mOP5着」1頭。)



<コース>
「札幌連対」15頭、「初出走」5頭。

コスモス賞2着のイグゼキュティヴ以外は「札幌勝ち」。

以前は函館から札幌というケースが多かったが、札幌で結果が出ている馬が多かった。最近は2歳戦が東京と阪神からスタートしており、その影響も出てきているようで。


函館開催時は「阪神勝ちのみ」と「福島勝ち、コスモス賞3着」。

(3着は「札幌連対」6頭、「初出走」2頭、「OP1戦(4、5着)」2頭。)



<脚質>
「先行」11頭、「差し」7頭、「追い込み」2頭。

1000mは61.9(稍重)、61.2、60.0、61.6(稍重)、61.0、61.7、60.3、61.6、61.9、61.6とあまり速くならない。

13~14頭に落ち着くし、馬場状態もあって後ろからも届いているが、前が少し多め。

「逃げ」は04年と03年に勝っているので、ダメなワケでは無い。


函館開催時は「差し」と「逃げ」で、1000mは64.0(不良)。

(3着は「逃げ」1頭、「先行」2頭、「差し」6頭、「追い込み」1頭。)



<その他>
「人気」は1番人気7連対、2番人気3連対、3番人気3連対。

5番人気3連対、6番人気2連対で、残りは4番人気と11番人気。
「1~6番人気」がほとんどで人気薄が1頭だが、03年も10番人気と8番人気なので、たまに荒れる。

3着は8、7、9、5、1、6、3、13、2、4番人気。



「上がり3ハロン3番手以内」は10回で17頭。

該当しない馬は「2番手から4コーナー先頭」と「3番手」で、ハッキリ前から行く馬以外は求められる。「最速」と「2番手」が15頭と速い方がいい。
03年には「逃げ」でも上がり2番手を出している馬もおり、良い脚を使えるなら前からでも…。

(3着も8頭と多い。半分以上が「3番手」。)



「鞍上」は札幌10回分で現役で「岩田康誠」騎手の3連対がトップ

「横山典弘」騎手、「藤岡佑介」騎手らが2連対。
(函館開催時は「岩田康誠」騎手と「柴田大知」騎手)



「馬番」は札幌10回分で「11番」の6連対がトップ。

「2番」「3番」「4番」「7番」「10番」「13番」が2連対ずつ。
頭数が12~14頭という事もあるだろうが、やや偏りがあるようにも…。

(3着も「2番」「5番」「9番」が2回ずつで、残りは「4、7、11、13番」。



「前走」では札幌10回分で19頭が「1着」。

2着は「地方出身馬」の「コスモス賞2着」で、高いレベルでの敗戦はセーフか。
ただ、函館開催の昨年に「コスモス賞3着」から連対があったので、メンバー次第では可能性が…。

(3着は8頭が「1着」。残りは「コスモス賞掲示板(4、5着)」。)



[PR]
by a_doctrinaire | 2016-08-30 00:22 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)

ヴァナヘイムのデビュー戦
小倉1800mの新馬戦に応援馬ヴァナヘイムが出走しました。


ウインズで観戦。


パドックは1人引き。


落ちついた雰囲気で、クビも低く目で、尻尾がゆらゆら。


何周か見ましたが、歩様もゆったり。


騎乗後も変わらず落ち着いて、尻尾ふりふり。


ただ、少し後ろ脚が堅くなったような気も…。


馬体重は472キロで、1.3倍の1番人気でした。


本馬場入場は映らず。


返し馬では抑えてクビが高くなるも、掛かることなかったかと。




ゲート入りは少し立ち止まるも入る。


スタートはまずまず。


前の方に向かうも、内から集団が行って6番手を追走。向う正面では7番手。


道中は掛かっている様子はなかったです。


残り900mで仕掛けたか上がって行って4コーナーでは3番手。


直線に入って鞍上の手が少し動いた程度で、馬なりであっさり並び、そのまま少し抜けて勝利。




雨が降っており、稍重発表。


1:53.8の勝ち時計で、上がりは最速で36.1でした。


ムチどころか、追う気配も無かったかと。


ただ、コレではどの程度の力があるかは分からず…。




まずはデビュー勝ち、おめでとう!そしてありがとうございます。


次走に期待します。



[PR]
by a_doctrinaire | 2016-08-29 02:19 | 競馬(POG) | Trackback | Comments(0)

キーンランドCの結果 2016
頭数もペースも落ちついたキーンランドCは…


2番人気ブランボヌールは好スタートから鞍上が何度も内を見て抑えると5番手。さらに抑えて6番手で止まる。4コーナーで仕掛けて、外を回って直線へ。追い出そうとするも内が膨らんできたのを避けて残り200m。修正して残り100mでムチが入ると一気に交わして2番手に。ゴール前でシュウジを交わすと抑えて優勝。


1番人気シュウジはスタートはそれほど速くなかったが、仕掛けてスッと前に。後ろを見て先頭に立つと抑える。1馬身ほどのリードで抑えたまま逃げる。4コーナーでも抑えており、直線に入って仕掛ける。追い出してムチが入って残り200m。ムチと追いで粘っていたが、ゴール前で交わされて2着。


3番人気レッツゴードンキはまずまずのスタートから下げる。9番手で止まって追走。4コーナーで仕掛けると直線で外に出す。追い出すもフラついて修正して250mでムチが入る。さらに内から来て進路修正してムチの連打と追いで交わして行く。ゴール前で3番手に上がったが、大勢決して3着。


4着はソルヴェイグ。5着はナックビーナス。




予想は1着、4着、12着、14着。


敗因は函館SS勝ちを重視した事とペースの読み違い。


まずは傾向で函館スプリントSの最先着馬の上位が多かったので、そのまま採用した事。過去には勝ち馬でも、乗り替わりで7着という事もあったし、やはり1キロの斤量差を考えるとソルヴェイグよりもシュウジを上に見るべきでした。内容的にはレッツゴードンキも良かったのでその辺りも失策。


そしてココ2年はペースが遅かったが、前から行く馬が多いと考えたのですが、今年も600mが遅い展開に。特に争わずに落ち着いてしまう。状態もあったかもしれないが、後方からの2頭は全くいい所なしでした。


傾向で連には1番人気と2番人気が多く絡んでいたので、素直に信じれば良かった…。




人気薄狙いが失敗を増やしています。



[PR]
by a_doctrinaire | 2016-08-29 00:25 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

新潟2歳Sの結果 2016
ペースが落ちついた新潟2歳Sは…


3番人気ヴゼットジョリーは好スタート。鞍上が抑えながら少しずつ下がって行く。8番手辺りで止めると追走。4コーナーでは内から3頭目辺りを回って距離のロスを少なくして直線へ。前が開いていたが、すぐに追わず。アピールバイオが内に入ると外に出してから追い出す。進路を確保して鞭を持ち替えて右ムチが入る。残り250mで4番手で追い出すと交わして先頭に立つ。左ムチを入れてセーフティリードを得るとそのまま追わずにゴールし優勝。


6番人気オーバースペックはココ2走と同じく出遅れ気味で後方から。最後方からの追走。残り800m辺りで伊仕掛けると4コーナーでは大外を回る。直線では前に馬がいて馬群の中にいたが、残り400m辺りで一番外に出す。ムチが入って残り250mで12番手。ムチの連打と追いで次々交わして行ったが、2番手に上がった時に先頭がゴールし2着。


2番人気イブキは絶交のスタート。押して先行に立つも外からアピールバイオが行って2番手。抑えて2頭行って4番手の最内。4コーナーでも内を回って直線へ。内を避けて外目で出しながら先頭に並びかける。残り500m辺りで鞭を抜いてムチが入って先頭に立つ。200mを切って追っていたが、外から一気に交わされるとゴール直前でももう1頭に交され3着。


4着は逃げたアピールバイオ。5着はキャスパリーグ。1番人気モーヴサファイアは枠もあったが、内に閉じ込められ、直線も馬場の悪い内を突いて伸びを欠いたか…。




予想は2着、8着、10着、14着。


敗因は2、3着馬のその後の成績を気にしてヴゼットジョリーを予想に入れず。新馬戦は外目を回って直線でも外を上がっており、レース内容はよかったのに…。さらに1800m1戦を気にしてイブキを切ってしまう。連はいないが、3着ならあったのでソコ狙いで残す必要はあったか。


オーバースペックは堅いと思ったので、「流す」というのも手でした。今回はどの馬にも可能性がありそうだっただけに…残念。


元騎手の佐藤哲三さんの話だとヴゼットジョリーは、4コーナーの回った位置や直線に入ってからなど福永騎手のファインプレーが目立ったようで…。2着のオーバースペックや1番人気のモーヴサファイアは厳しいレースになったかと。




騎手も見ないとダメなようです…。



[PR]
by a_doctrinaire | 2016-08-29 00:09 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

キーンランドCの予想 2016
函館SSに続いて、今年は3歳馬の出走が多いのがポイントになりそう。


 キーンランドC 予想 2016


阪神JF3着のブランボヌール。NHKマイルCは6着だが0.3秒差。逃げ勝ったメジャーエンブレムを追い掛けての内容は悪くない。距離も1200mの方が合うだろうし、差す競馬もできる。


シルクロードS2着などのサドンストーム。3ヶ月ぶりのCBC賞4着でベルカントに0.1秒差。アレが実力ならココで上位があってもおかしくない。前走の敗因が気になるが、差しが決まる展開なら、鞍上も替わって或いは…。


阪急杯2着のオメガヴェンデッタ。重賞を見ても1400mがベストっぽいが、昨年は0.2秒差の4着があるし、ココはそういう馬も絡む可能性がある。鞍上一つ。


函館SS勝ちのソルヴェイグ。前走と比べると斤量が1キロ不利になるが、前走勝った勢いに乗れば。


前走以上でシュウジ。枠が問題ないならセカンドテーブル。斤量差が大丈夫ならアクティブミノル。1200mもココならレッツゴードンキ。古馬ともやれるならナックビーナス。復調次第でサトノルパン。差し決まればオデュッセウス。



[PR]
by a_doctrinaire | 2016-08-28 02:57 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

新潟2歳Sの予想 2016
未対戦の馬が多く、条件も違っていたりするので判断が難しい。


 新潟2歳S 予想 2016


出遅れても直線でカバーできるならオーバースペック。スタートがポイントになりそうですが、それなりに出れば後ろから猛追できるはず。後は仕掛けのタイミング一つか。


阪神1400m勝ちのアンジュシャルマン。2着馬が2戦後に未勝利勝ち。3着以下は離れていたので、能力が抜けている可能性はある。


中京1600m勝ちのモーヴサファイア。スタートがあまりよくなく、脚を使って先行したが、それでも0.4秒差をつけて勝った。さらに上があっていい。


東京1600m勝ちのウインシトリン。2着と3着馬が未勝利勝ちとレベルが高かったかと。レース間隔が開いたのは気になるが、仕上がりが問題なければ…。


前走の着差を信じればアピールバイオ。位置取り次第でキャスパリーグ。前走以上でヴゼットジョリー。実績ではマイネルバールマン。距離が問題ないならイブキ。



[PR]
by a_doctrinaire | 2016-08-28 01:48 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

新潟2歳Sの予想候補 2016
過去10年の連対馬+3着をチェックした「新潟2歳Sの傾向 2016」を元にして、新潟2歳Sの予想候補を選んでみます。


実績「新馬勝ち、または未勝利勝ちで2戦以内」、距離「1200m以上勝利」、コース「新潟連対か初出走、または新潟OP1戦」、上がり「勝利時に最速か2番手」をラインにすると…


アピールバイオ
アンジュシャルマン
イブキ
ウインシトリン
ヴゼットジョリー
オーバースペック
キャスパーリーグ
マイネルバールマン
モーヴサファイア


がクリア。



[PR]
by a_doctrinaire | 2016-08-27 00:06 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

キーンランドCの予想候補 2016
札幌開催の過去9年の連対馬をチェックした「キーランドCの傾向 2016」を元にして、キーンランドCの予想候補を選んでみます。


実績「重賞連対か、OP連対で重賞3着か1戦以下」、距離「1200m連対+1200m以上勝利」、コース「札幌連対か1戦以下」、近走「2戦以内に重賞5着以内か前走OP5着か条件戦勝利」をラインにすると…


アクティブミノル
サドンストーム
シュウジ
セカンドテーブル
ソルヴェイグ
ナックビーナス
ブランボヌール

がクリア。


函館がGⅢ4着とOP4着の

オメガヴェンデッタ


1200mはGⅢ3着のある

レッツゴードンキ


前走がGⅠの

サトノルパン


ダート重賞3着の

オデュッセウス


はセーフか。



[PR]
by a_doctrinaire | 2016-08-26 00:09 | 競馬(重賞) | Trackback | Comments(0)

ヴァナヘイムのデビュー!
2016年8月28日(日)の小倉1800m新馬戦に応援馬ヴァナヘイムが出走します。


Vanaheim … 「北欧神話に登場するヴァン神族の国」との事。おそらくは母グルヴェイグ(ヴァン神族の一員の女神の名)からの連想かと。


キングカメハメハ×グルヴェイグ(ディープインパクト)の血統。母はマーメイドS勝ちで引退しており、実力は未知の部分も。祖母にエアグルーヴ。伯母にアドマイヤグルーヴ、従兄弟にドゥラメンテ。伯父にルーラシップなど。伯母、伯父、母らも応援馬。


立ち姿の写真はバランスが良く好み。全体的にいいが、特に前がしっかりしている。キュッとまとまっているので、馬体重があるようなら期待できそう。フォルムはキングカメハメハ産駒らしさが出ているので、長距離はどうかと思うが、ある程度までは対応できると考える。


仕上がりもあるだろうが、この時期の小倉デビューは先々どうなのか…。


今年初めての応援馬デビューなので、期待してます。



[PR]
by a_doctrinaire | 2016-08-25 19:51 | 競馬(POG) | Trackback | Comments(0)


競馬重賞の傾向とMHP3rd、太閤立志伝4やレトロゲーム
検索
最新の記事
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク